人生の転換期に最高の選択を キャリアリメイクブログ

人生の転換期に最高の選択を キャリアリメイクブログ

いまより自信が溢れる生き方、未来があってもいいですよね?
3年後の自分の姿がイメージできなくなったら、簡単な方法で楽しく軌道修正。
就職氷河期世代の底力を信じています!
転職、田舎暮らし、健康生活。
キャリアリメイクで笑顔あふれる豊かな人生を手に入れよう。

 

 

 

それもブームで復活?

 

 

最近、ケミカルウォッシュジーンズ、

また流行っているんですって?

 

 

本当に?

 

 

あれはぼくが中学生のころに流行して、

みんなはいていた記憶があるんですけど、

いま思い出すと小っ恥ずかしい。

 

 

なんかちょっとボンタンっぽくって、

足首がキュってしまっていましたよね?

 

 

昭和レトロブームとはいえ、

ケミカルジーンズまでとはねえ・・・。

 

 

 

 

クリームソーダも流行っていますよね?

 

 

最近は、肥満や健康に気をつけて、

オーガニックだとか、

グルテンフリーなんて言ってるのに、

緑や赤のシロップを入れたソーダですよ。

 

 

クリームソーダを楽しんでいる人の方が、

健康的に見えるのはぼくだけでしょうか?

 

 

なんていう話は置いといて。

 

 

 

 

スキルにレトロはないのかな?

 

 

 

仕事の場面に切り替えてみると、

仕事でレトロブームってなかなかないですね。

 

 

活版印刷などの一部では、

レトロブームは起こりましたけど、

それ以外ではなかなかないですよね。

 

 

とくに、仕事場で使う道具では、

レトロブームは起こらないんですよね。

 

 

知っていても役に立たないことばかりで、

若手社員にしたり顔で話したら最後、

老害認定されそうです。

 

 

 

たとえば、一般的な会社では、

ワープロの使い方は役に立たないですよね。

 

 

モヤモヤさまーずを観ていたら、

アシスタントの子が黒電話を前に、

どう使っていいのか混乱していました。

 

 

でも、家庭の固定電話すら消えつつある中で、

ダイヤル式の黒電話の使い方は今さらです。

 

 

 

そうやって観察すると、

ビジネススキルというものは、

レトロブーム、リバイバルとは無縁です。

 

 

時代の進歩に合わせて常に変化が求められる。

 

 

そんな、世知辛いものだと言えますね。

 

 

 

レトロだって時代に合わせる

 

 

世知辛い、

はさすがに大袈裟かもしれないですけど、

「昔は良かった。」

と言っているだけでは難しいですよね。

 

 

だって、

昭和から営業しているレトロ喫茶だって、

電子マネーに対応したお店が増えてますよ?

 

 

電子マネーに対応するのだって、

時代に合わせたビジネススキルと知識です。

 

 

会社員をしていたって、

この数年の新型コロナの影響もあって、

ZOOMを使ったオンライン会議や、

Slackなどを使うのが当たり前になりましたが、

その使い方もビジネスに必要なスキルです。

 

 

まあ、

ZOOMを飲み会に利用するばかりの人も

いるでしょうが、逆に考えれば、

ものすごい適応能力ですよね。

 

 

 

 

棚卸しは強み探しじゃない

 

 

 

とはいえ、45歳を超えると、

「新しいスキルを身につけるのはしんどい。」

と気が重く感じる人も多いと思うんですよ。

 

 

何せ、副業などの募集案件を見ると、

プログラムや動画編集、

SNSでのマーケティングなど、

流行りのスキルが求められるものが多いです。

 

 

でもね、

ミドルエイジが培ってきた経験は、

流行とは関係なく貴重なものが多いんです。

 

 

ただ、本人が気づいていないだけ。

 

 

だから、経験の棚卸し、

経験の整理をした方がいいんだけど、

ここで勘違いしてしまう人が多いんですよ。

 

 

経験の棚卸しは、強み探しではないんです。

 

 

これから使えそうな経験=自分の強み

 

と短略思考して必殺技ばかり探しているから、

成長が止まってしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

それは、企業も同じことで、

「自社の強みはなんだ?」

と会議をしていても再成長は100%ないんです。

 

 

大切なのは、経験の棚卸しと整理で、

それを冷静に観察をするんです。

 

そして、

何と繋がるのか?

 

どこと繋げられるのか?

 

 

どこに新技術のテコを入れれば、

古いものでもまた活用できるようになるんだ?

 

 

という具合に、

まず、自分を活かせる方法はなんだろう?

と考えることが大切なんですよ。

 

 

新しいスキルを身に付けるのは余裕のある時でOK。

 

 

そこをわからないまま、

新しいスキルの勉強を始めたり、

転職や独立をすると、

本当に後悔することになるんです。

 

 

 

 

ビジネススキルにレトロブームはないけど、

棚卸しと整理することで再び輝くスキルはある!

 

 

いま、仕事で悩んでいる方は、

そこを意識してみてくださいね。

 

 

 

さあ、明日も一緒に機嫌よくいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました

 

フォローしてね

 

 

 

 

 

今回は、

常識の変化に気づけているかな?

という話をします。

 

 

 

おじさんかく語りき

 

 

 

ちょっと前の話なんですけど、

高校生のころからの友だちと、

映画を観に行ってきたんですよ。

 

 

閃光のハサウェイ

っていうガンダムのやつです。

 

 

40代後半のおじさん2人ですが、

あれは三部作なのかな?

 

 

前知識なしで観たので、

プロローグだけで終わった感があって、

消化不良でしたけど楽しめました。

 

 

そんなおじさん2人、

観終わった後は立ち飲み屋で一杯!

 

 

ビールを片手にこんな話をしたんです。

 

 

「おじさんになっても、

普通にアニメを見てるよなあ?」

 

 

「まあな〜。

別に違和感ないもんな。」

 

 

「ホラーも相変わらず観るし。」

 

 

「ホラーは観るだろう。

最近、面白いの見つからないけどな。」

 

 

親友同士の酔っぱらった会話なので、

中身がないのはお許しください。😅

 

 

 

幼少から当たり前にあったもの

 

 

要するに、おじさんがおじさんに、

 

「アニメを観るのって恥ずかしくないよね?」

 

と確認しあっていただけなのですが、

何が言いたいかというと、

ボクも友人も学生のころから、

ゲーム、マンガ、ホラーが好きだったんですね。

 

 

で、アニメはというと、

ボクら40代後半の世代は、

幼少のころは夕方にはアニメの再放送、

夕飯時には新作アニメ、

夏休みは朝からデビルマンなどの再放送、

という感じで、

アニメが毎日当たり前にある生活でした。

 

 

でも、やっぱり、

「大人になると観なくなるんだろうな。」

 

と思っていたんですよ。

 

 

でも、この年齢になって思うのは、

 

アニメにいまさら違和感は感じない。

 

ということだったんですよね。

 

 

というのも、

子どものころから30分アニメを観ていると、

30分の物語展開のテンポが心地いいし、

アニメ的な誇張した表現も心地よくて、

ストレス解消にはむしろピッタリだと、

おそらく脳が感じているんですよ。

 

 

 

常識が変わって一般的に

 

 

 

50歳前後のベテランのお笑い芸人が、

話題のアニメを語ることありますよね?

 

 

あれも、

もちろん精神的に若いんでしょうが、

やっぱり子どものころから親しんできたせいで、

アニメを観るのに抵抗がないんだと思うんです。

 

 

大人になってから、

超合金を集める人も増えてますよね?

 

 

割といい値段がするんですけど、

最近のは完成度が高くて欲しくなりますよね。

 

 

それは、別に精神年齢が幼いわけではなく、

アニメも一般的な表現手段の一つとして、

当たり前に受け入れられるようになった。

 

ということなんですね。

 

 

では、何が起きたのかというと、

ぼくらが子供のころに聞いた、

 

いい大人がマンガなんて読むな!」

「アニメなんて大人が観るものじゃない。」

 

という常識が変わってしまった。

消えてしまったということなんですよね。

 

 

 

常識の変化に気づく

 

 

このような、

子供のころには非常識だったことが、

いつの間にか常識になっていたことが、

あなたにもあると思うんですよ。

 

 

それは、アニメのような一般常識から、

あなたの家庭だけの常識もあると思うんです。

 

 

そんな、いくつかの常識が、

あなたの周りやあなたの中で、

無意識のうちにいつの間にか変わっていた。

 

 

日常の常識が、

いつの間にかひっくり返っていた。

 

 

なんていうことがあるかもしれないですね。

 

 

そして、その変化に気づけていないことが、

あなたが日ごろ感じている息苦しさだったり、

モヤモヤの原因なのかもしれませんよ?

 

 

 

さあ、明日も機嫌よくいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました

 

フォローしてね

 

 

アントニオ猪木さんが、

お亡くなりになりましたね。

 

 

ぼくのような40代の男たちにとって、

アントニオ猪木さんこそカリスマで、

唯一無二のスーパーヒーローです。

 

 

なんか、別格

 

 

だれかと比べるのはナンセンス。

 

 

そういう存在でした。

 

 

週刊プロレス、

すぐに買いに行きました。

 

 

この数年は難病と闘われていましたね。

 

 

その姿もYouTubeで公開されていましたが、

すっかり変わってしまった姿でも、

不思議なほど、がんばろう!

と元気な気持ちをいただけたんですよね。

 

 

 

猪木さんの思い出

 

 

ぼくの猪木さんの思い出といえば、

新日本の名古屋大会を観に行ったことです。

 

当時はたしか、

引退前のファイナルカウントダウンの時で、

名古屋の大会では試合がなかったんです。

 

 

それなのに、

大会の合間の休憩時間に、

そろそろ試合が始まるからと席に戻ると、

不意に、猪木ボンバイエが流れだし、

猪木さんが入場してきたんです!

 

 

その瞬間、

身体中の血液が一気に沸騰した気がして、

 

「イノキ!イノキ!」

 

と叫ばずにはいられなくなりました!

 

 

それはぼくだけでなく、

一緒に行った友達はもちろん、

観客全員が同じ気持ちだったと思います。

 

 

だって、猪木さんの入場のときが、

その日一番盛り上がったんですから😆。

 

 

 

 

ガリガリ君の真相

 

 

YouTubeの話に戻りますが、

猪木さんの最後の映像は観ましたか?

 

 

ちょっとネタバレになってしまいますが、

最後にカメラの前に車椅子で出てきて、

ガリガリ君を食べるんです。

 

 

その動画では、その理由も語られます。

 

 

なんと、

ガリガリのイノキが、

ガリガリ君を食べる。

 

 

というギャグをファンに見せたかったと。

 

 

その真相を知った瞬間、ぼくは思わず、

涙を流しながら笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

その闘魂なら真似できる

 

 

多くの人は、

難病になったときは絶望して、

自分の不幸しか考えられなくなります。

 

 

難病どころか、

仕事で失敗したり、

人に裏切られたときでも、

「もう、ダメかも・・・。」

 

と自分を嘆いてしまうと思います。

 

 

それに比べ、

起き上がるのもままならないはずなのに、

猪木さんは最後までファンを喜ばせようと、

今できることを考えていたんですよ。

 

 

これは本当にすごい話で、

ぼくも真似しなきゃ!

と反射的に思ったほどです。

 

 

ぼくも経験がありますが、

やっぱり仕事や人間関係で、

裏切られたり逆境に陥るようなときは、

気持ちが暗くネガティブになるし、

自分のことばかり考えがちになります。

 

 

でも、猪木さんの姿勢からは、

たとえ逆境に陥っていても、

自分を待っている人はまだ存在している。

 

 

それなら、

ネガティブなことを考えているより、

待っている人が喜ぶこと、

周りの人を元気付けることを考えたい。

 

 

Do my best!

 

ベストを尽くす!

 

とはちょっと違うなあ。

 

 

そのとき、

自分ができる範囲で、

周りに喜ばれることはないか?

 

今、できることは?

 

そういうことばかり考えている。

 

 

そういう人の周りには、

やっぱり人が集まる気がします。

 

 

闘魂の正体って、

そういうことだったのかも。

 

 

そういえば、

猪木さんは技をかけているとき、

2階席のファンにまで目配せしていたとか。

 

 

帰り道、ファンはみんな、

「今日、猪木と目があったんだぜ!」

と興奮して満足げに帰ったんですって。

 

 

さあ、明日も一緒に機嫌よくいきましょう!

 

 

ダーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました

 

フォローしてね!