キッチントレーダーさやた

キッチントレーダーさやた

 産業用太陽光発電、FX、株式、貴金属、REITなど資産運用と、手料理による節約で家族のため戦うサラリーマン。スイーツ、海外旅行、ブラジリアン柔術、グラップリング大好き。太陽光普及でエネルギー争奪の戦争を無くせると信じ発信します!

 6月8日、NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信820株を89380円で売却し、マイナス820円で損切。ダイワ投信日経225を3株72060円で売却し、7488円を利確。

 6月12日、レンゴー100株を86100円で売却し8600円を利確。

 6月18日、三菱ケミカルホールディングス100株を65500円で購入。

 6月22日、同100株を64400円で売却し、マイナス1100円で損切。

 6月25日、コシダカホールディングス100株を43200円で購入。

 7月2日、レンゴー100株を86300円で購入。

 野村原油、日経、レンゴー売却は、相場の過熱感を警戒しポジションを軽くしておく。三菱ケミカルは小林会長のインタビューをWBS

 

 

で見て、「次から次へとWEB会議がアレンジされているから、かえって忙しいんですね。だけど夜(の日程)がない。土曜、日曜も結構本が読める。ワークライフバランスはこういうことなのかと。営業と称して、夜に会合をして、酒を回し飲みして、ゴルフでという時代は終わったんだろう。密着して情の絡んだ世界から、よりクールで理であり、知である世界に転換していく。その大きな流れはもう変わらないでしょうね。 営業というのも足で稼ぐ部分もあるだろうけど、もう少し民民の取引もWEB系、Eコマース的なところに入っていく」「環境問題、CO2は経済が今回これだけ悪くなっても、空気がこんなにきれいになったという場所が世界にあるわけだけど、それでもCO2は減ってないんですね。C O2は2050年ゼロにしなきゃ、おそらく(気温は)3度、5度は上がって、島しょ国はもう水びたし。今日あたりも6月でこんなに暑くなっちゃって、明らかにクライメートチェンジじゃないですか。これはコロナ以上に人類の破滅を意味する。それもただあと20年か30年以内なんですよね。 企業活動がそういう社会的なものをどれだけ変えていけるかという価値がものすごく重要になっている」など、この年齢で新しい価値観やビジネスを受け入れていること、皆がコロナコロナとクレイジーに叫ぶ中、冷静に従来テーマであった環境についても語れるところなど、

こういう人がトップの会社は伸びる

と惚れ込んで買ったが、

3日後に退任が発表され絶望

して株式売却。コシダカ、レンゴーは割安さで購入。

 小林さんの退任は残念だったが、これからも色々とメディアで語ってほしいなあ。

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

 自分には通院するほどの病気ではないが、精神的に追い詰められると激しい頭痛が起こる、疾患めいたものがある。この時、激しい怒りややるせなさを妻にぶつけるような真似は出来ないし、かといって原因であるお義母さんにぶつけるなんてもっての他。そういう八方塞がりの状態は、激しい頭痛を起こさせるに十分だった。
 痛みに耐えられず布団に倒れこんだ俺を心配して、血相を変えた妻が駆け寄ってくる。
妻「大丈夫?!大丈夫なの?!」
さやた「ぐあ・・・・・・・なん・・・・・とか・・・・・」
妻「ごめんね!!ごめんね・・・・・!」
さやた「心配するな。ちょっと待てば治る」
 妻のひざ枕で介抱されながら思った。
これ以上悩んだら、俺の精神がもたない。
 台湾挙式をやるかやめるか、決断しないといけない。台湾挙式を決行するか中止するか。決行した場合は義母と決定的な溝ができ、中止した場合はキャンセル料として全額20万円をドブに捨てることになる。どちらにしても重い選択だったので、妻に全て決めてもらいたかった。とにかく結婚式に関する全てのことを考えたくない・・・。
さやた「お前はどうしたいんだ。決行しても中止しても俺は何も言わん」
妻「その件なんだけど、妹がお母さん説得してみるって」
さやた「お前がいくら言ってもダメだったんだろ。あまり期待は出来ないが、それでも俺たちのために頑張ってくれるのは嬉しい。失敗しても俺の可愛い義妹だし、お礼はしっかりしとかないとな」
 義妹の説得が成功するかどうか見届けてからでも、キャンセルするのはいつでも出来る。ほとんど期待せず待っていた俺たちに、思いがけない報告がもたらされた。

続く(面白かったら、以下クリックお願いします!)


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

  新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

 翌日から、妻はお義母さんの説得に入った。俺が直接会っても良かったのだが、妻は俺がお義母さんとケンカするのを恐れたのか、まずは自分ひとりで説得してみるということだったが・・・。
妻「どうしても台湾には行けないって」
さやた「仕事が休めない件なら、俺が直接お義母さんの職場に乗り込んで頭を下げて『お願いです!私の結婚式に、お義母さんを出席させて下さい!』とお願いしてもいいと言っただろう」
妻「そこまでしてもらうのはイヤだって」
さやた「飼っているペットが気になるなら、ペットホテル代を俺が全額出す」
妻「それは、ニコちゃん(ペットの名前)が人見知りして不安がるからイヤだって」
さやた「お金が無いなら、台湾への往復交通費、現地での滞在費用を俺が全額出す」
妻「そこまでしてもらうのは悪いって」
さやた「単なるワガママじゃねえか」
妻「うん、私もそう思う。こうなったらもう理屈じゃダメ。何言っても聞かないよ」
さやた「じゃあ、お義母さん抜きで台湾挙式するしかないだろう。でも、俺の母親は参加させるぞ」
妻「それはちょっと・・・」
 お義母さんのワガママさ、妻の煮え切らない態度にとうとう我慢の限界が来た。
さやた「もうどうにもならねえじゃねえか!あーあ、台湾で結婚式なんて無理だったんだ!挙式費用は全額払ってるから、キャンセル代の20万円、俺が全額もってやるよ。だがな、これで日本でもう一度挙式したいなんて言うんじゃねえぞ。もし日本でやるなら、俺は1円も出さないからな。何で20万円をドブに捨てた後で、俺がそこまで自腹で出さなくちゃいかんのだ?」
妻「・・・・・・・・・・・・・・」
さやた「そもそもな、俺は結婚式なんてしたくなかったんだよ。世の中、結婚式をしていない夫婦なんていくらでもいるだろう!もうヤメだヤメだ!」
妻「そんな・・・・・・・・」
さやた「う・・・・・ちょ・・・・・イタタタタタタ!」
妻「どうしたの!あなた!!」

続く(面白かったら、以下クリックお願いします!)


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

 新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

 お義母さんの説得に当たる前に、妻に聞くべきことがある。
さやた「なんで俺の母親が出席しちゃダメなんだ?」
妻「だって、私のお母さんが出席しないのに、お義母さんが出るのはおかしいよ」
さやた「ちょっと待てよ。無理に出席者が増えて費用がかさまないように、国内でなく海外挙式するんだから、出席できない人間を無理に連れて行く必要は無いよな?だったらその逆に出席したい、出席できる人間を拒否するのは矛盾している。それに、平日に台湾挙式に来てくれる人間は、本当に心から祝ってくれる人だってことはこれまでのやり取りで分かっただろ。そういう人間を断るなんて、出来るわけないだろう!それに、
息子から『結婚式に来ないでくれ』と言われる母親が、一体どう思うか!」
妻「でも・・・・でも・・・」
さやた「おまえが、俺の母親を嫌いと言うならしょうがない。俺達の結婚式である以上、お前の意見が母親より大事なんだから、嫌いなら俺は堂々と母親に『来るな』と言ってやる。だが、俺の母親を嫌っているわけでもないのに、世間体とかバランスとかそんなあいまいな根拠で来るなとは、俺は絶対に言えない。言うんならお前が直接俺の母親に言え」
 ここまでキツく言ったのは、妻と付き合ってから初めてのことだった。どうやら妻は、新郎(新婦)の親が出席すれば、もう新婦(新郎)の親も出席すべき、という考えや風習にこだわっているようだ。
さやた「新郎新婦それぞれの両親が、揃って結婚式に出席するのは、確かに理想ではある。だがな、俺は片親だし、寝たきりなど体調だとか、色々な問題で互いの両親がどうしても揃わない結婚式は他にいくらでもあるだろう。それで『ウチの親が出席しないので、あなたの親も出席しないで下さい』なんて話をするのが、俺には世間一般の常識とは思えない。だからこそ、様々な理由から出席できなかった人々のために、挙式後個別に挨拶したり食事を共にする機会があるんじゃないのか?お義母さんがどうしても台湾に行きたくないなら、日本で改めて挨拶と報告に行けばいいだろう。それぐらいいつでも何回でもやってやる」
妻「・・・・・・・」
さやた「あのな、台湾だからってわけじゃないがな、ここまで式場を探しまわり、招待状をほぼ全ての人に配り、前金だって払ってる。それをお義母さん一人の都合だけで全部オシャカに出来るのか?」
妻「それはイヤだよ」
さやた「だったら、お義母さんのことは諦めて、その他祝ってくれる全ての人々のため、俺達のために前に進むしかないだろうが。俺も出来る限り説得するけどな、どうしてもお義母さんが来ないというなら、台湾挙式決行か中止かどちらかだ。その覚悟はしておいてくれ」
 妻は半分涙目になっている。心が痛む・・・・。


 続く(面白かったら、以下クリックお願いします!)

 

 


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

 新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

さやた「おい・・・・母さんがお前に何か言ったのか?だったら俺がガツンと言ってやる。結婚式に限らず、結婚した以上、俺にとってはお前が一番大事だ。誰がなんと言おうと絶対に逆らってやる」
妻「ううん、そういうことじゃないの。お義母さんは何も言ってないし、それどころか私に良くしてくれてる」
さやた「なら、何で?!」
妻「私のお母さんが、台湾には行かないって言ってるの」
さやた「・・・・・・・・・・・・・・・・・なんで?」
 この「なんで?」には2つの意味がある。なぜ義母が台湾に行かないのか。なぜ義母が来ないと、俺の母親が台湾に行ってはダメなのか、という2点だ。半分泣き顔になっている妻に、俺がお前に怒っているわけじゃないと諭しつつ理由を聞く。
さやた「なんで、お義母さんは台湾の結婚式に出てくれないんだ?」
妻「仕事の都合が付かないとしか・・・」
さやた「仕事って・・・言っちゃなんだが、警察とか治安や、病院とか人命に関わる仕事じゃないだろう。台湾なら日帰りもできるんだから、有休の1日も取れないっておかしいだろ」
妻「1日も取れないって」
さやた「ひょっとして、俺らの結婚に反対してる?それとも、俺が嫌われてるの?」
妻「それは絶対に無い!私が結婚するの、本当に喜んでたもん」
さやた「ちょっと聞くが、お義母さんは海外初めて?」
妻「初めて」
 なんとなく理由は分かった。とにかく海外に行くのがイヤなのだ。38歳にして初めて海外に出る自分でさえ、多少の怖さや面倒くささを感じるのだから、60年以上も海外に行ったことのない人間が、どれだけ拒絶感を持っているか理解できる。
さやた「なら分かった。お義母さんの説得を進めると同時に、海外に行きたくない理由を一つずつ潰していこう。

金も時間も使える限り使ってやる!」

続く(面白かったら、以下クリックお願いします!)


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

 新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

 もし日本で、土日に挙式していたら、こういう上辺だけの関係でしか、繋がりの無い人間まで参加していただろう。それで膨れ上がった人数をまかなうために、挙式に多大な費用をかける悪循環。そういう無駄を避ける意味では、台湾挙式は大正解だった。
さやた「ああ・・・台湾だが(もういいよ、取り繕わなくても。上辺だけってのは理解したから)」
友人「台湾か~。結婚式ってのはな、家族や友人知人など普段世話になっている人のためにやるものだろ。日本で無く台湾というのはどうなんだ?」
なに人格者ヅラしてやがる。
さやた「日本で挙式する金が無いもんでな。そんじゃ、またな」
 友人の言うことも間違ってはいない。だが、挙式するカップルの意向や経済状態を考慮せず、「私が一番正しい」と強要してくる事例が、どうして冠婚葬祭、中でも結婚式に多いのか。日本の結婚式が、更に嫌いになった。

 その後、俺と妻、それぞれが招待状を送った肉親や友人知人と連絡を取り合い、結婚式に参加するメンバーが固まってきた。
さやた「結局、肉親以外で参加するのは俺の親友1人だけ。な?本当に心から祝ってくれる人間なんて、それぐらいのもんよ。だからこそ、そういう大事な人間には誠意を尽くそう」
妻「私は家族だけだったけど・・・・ちょっといい?」
さやた「何?あらたまって」
妻「お義母さん(さやたの母)には、台湾の結婚式、出てほしくないの」
さやた「・・・・・・・・・・・・・え?なんで・・・・・?」
誰かが妻に何かを言ったのか。いるならそれは一体誰だ?

続く(面白かったら、以下クリックお願いします!)

 


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

 新型コロナウイルスで海外旅行系ブロガー存亡の危機下、ブログ更新のため、日本人同士の結婚なのに、何の縁もゆかりもない台湾で2012年3月に挙式した実体験を掲載。あまりに費用と時間がかかりすぎ、人間関係のしがらみに左右される日本の結婚式に疑問を持ち、海外挙式を計画。38年間の人生で初めて海外に出て、そこで初めて挙式するまで全てが手探り。本企画で、コロナ明け後に一人でも幸せな挙式が出来るよう、実体験やノウハウを紹介する。

 

 外交のことは素人なのでよく分からないが、あれだけ日本のために、世界で一番義捐金をくれた国なのにこの扱い。だからこそ、台湾で挙式して現地にお金を落とし、直接お礼が言いたいという俺の思いは更に強まる。
 友人達に招待状をメール送信し、参加の可能性があるのは2人。そのうちの一人から連絡が入る。
親友「お前の結婚式、出るわ」
さやた「ちょ、日本でなくて台湾だぞ?しかも平日なのに、仕事は大丈夫なのか?」
親友「有休取るよ。海外なら慣れてるから、台湾はそんなに遠くないぞ」
俺にもこんな友人がいた。
さやた「そうか。大変にありがたいが、招待状に書いたとおり、費用はかけられないから、食事もセレモニーも何も無いけどいいのか?」
親友「ああ、台湾観光して帰るから」
 こういうヤツが、本当に祝ってくれるヤツだ。
 携帯電話で話しながら、涙が少々こぼれてきた。
 もう一人、参加の可能性があった友人がいた。
さやた「結婚式、台湾で平日なんよ。だから、無理して来なくても、全く大丈夫だからな」
友人「うーん・・・難しいが、行けるように調整してみるよ」
 1ヵ月後
友人「すまんな~。何とか結婚式に参加できるよう、色々調べたり休み申請してみたんだが、やっぱりダメだった」
さやた「しょうがないさ。平日で海外なんだから、そこまで頑張ってくれただけで嬉しいよ」
友人「参加したかったんだけどな~。それで、海外って台湾だっけ?」
 台湾挙式の日時と場所を記した招待状を受け取り、それをもとに飛行機やホテルなど色々調べ、休みを申請する際に職場へ理由を話しているはずなのに、台湾で挙式することを全く知らない・・・・
こいつは何も調べてないし、行動もしていない。
 台湾に平日行けないなら、正直に「無理」とひとこと言ってくれればいいのに。というか、行く気も全く無く、全く行動もしていないのに、ウソまでついて頑張ったフリをする・・・。
 友人に対して不信感が高まった。
 

続く (面白かったら、以下クリックお願いします!)

 


台湾旅行ランキング にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村