元・また食べたい京都ラーメン

予告です。

管理人が糖尿病を患って、糖質制限食を食べているためラーメンサイトとして維持してゆくのが困難になりました。

近いうちにオリーブオイルについてのサイトに模様替えします。過去ログはそのまま残しておきます。


テーマ:
和歌山県北部、和歌山市の東側に那賀郡という六町からなる郡がかつて存在していました。そのうち五町は、いわゆる平成の大合併で「紀ノ川市」と言う市になりましたが、残る一つは合併に遅れること約四ヶ月で単独の市制を施行しました。

それが岩出市です。これに伴い那賀郡は消滅したのです。

このお店はその岩出市から大阪府の関西空港方面に向かう県道沿いにあります。


このお店は広島をベースに中国地方から関西にかけて店舗展開をする20数店舗のチェーン店のようで、埼玉にも出店しているようです。

今回頂いたのは、お店で一番売りにしておられる「ばり濃(コク)」と、ベーシックな「ばり嗎(ウマ)」です。

ばり嗎 まずはベーシックな「ばり嗎」ですが、新和歌山ラーメンを標榜しておられるものの、内容は豚骨鶏がら野菜の、京都では極めておなじみのスープです。ただ、かろうじて和歌山らしさがあるのは濃い味の美味しい甘醤油タレですね。

麺はいただけません。かなり鹹水が強く低加水の細麺です。腰の強いストレート麺は悪くないのですが、湯がきのお湯の扱いが悪いのか、鹹水の渋みというかえぐみが強く残っており、半分くらい食べ終わった頃からその苦味とも嫌味ともつかない味が、せっかくのスープを破壊してゆきます。

このお店で食べるなら、可能な限りすばやく麺を食べてしまうことをおススメします。w

トッピングは結構いい味付けのもも肉チャーシュー、メンマ、ねぎ、和歌山かまぼこです。これと言った特徴こそないものの、どれも美味しいトッピングですので、楽しくいただけます。

ばり濃 「ばり濃(コク)」は、ベーシックラーメンに背脂を強化したものですが、食感からはゼラチンを加えているのではないかと思えるほどゼラチン感が強いものでした。もしかするともみじでも使っているのかもしれませんが、それにしても強烈なゼラチン感です。

個人的には背脂の甘みが効いて、さらにはゼラチンのせいで上に挙げた鹹水のえぐみが消されるこっちのラーメンのほうが美味しく感じました。

麺とトッピングは同じ内容です。

ばり嗎お店 新・和歌山ラーメンを謳い文句にされていますが、本部は広島市、中心展開地域は兵庫県西部から広島県。スープの構成は京都ラーメンに近く、お店のあざといデザインと演出は大阪風です。座った席が悪かったのか、便所の洗剤や消臭剤の臭いが強かったのにも閉口しました。

こう言うとできの悪いキメラのようですが、実際のところラーメンは悪くありません。むしろ湯がきの処理さえなんとかなれば、かなり美味しいラーメンになれる要素を多分に持っています。

と言うことで、まだ、開店して二ヶ月ほどのお店ですから、今後の改善に期待して是非もう一度いってみたいお店ではあります。

場所はこちら ロードサイド店ですから、車で行くのがベストですが、敢えて言うならJR和歌山線岩出駅から徒歩約30分、消費カロリーは男性70kgの人で約160kcalラーメン0.3杯分です。


駐車場はお店の前に20台分くらいが確保されています。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:11:00~26:00
定休日:無休
サービス:5種類の漬物、無料で食べ放題。特にニンニクの芽の唐辛子付けは美味です。
      店内は完全禁煙です。
電話:0736-69-5850


エントリ中の写真は、お店の紹介のほか私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。

広告:大容量の無料レンタルサーバー
広告:日払いアフィリエイト
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都で弘法さんと言えば東寺をすぐに思い浮かべますが、全国的には高野山の金剛峰寺を連想する方のほうが多いかもしれませんね。真言宗の総本山です。

その高野山の山麓に、女性社長が掘り当てて現在経営されている温泉があるそうです。数種類のお湯が出て、その中でも塩水温泉が人気だと聞き及んでいます。

このお店は、その温泉がある和歌山県橋本市神野々(このの)にあります。


このお店は、中京区のいさ美人 と同じく、本来は鶏料理屋さんのようです。しかし、ラーメンがメインメニューになっているようですね。

スープは濃い鶏がらスープにしょうゆ、少々の味噌で調味されたもので、化学調味料や塩味が前面に出た、かなりハードな味付けのスープです。ガツンとしたうまみが好きな方にはおススメかもしれません。

麺は低加水麺で鹹水も普通ながら、強化グルテンを使用した腰の強い細麺ストレートです。ちょっとゴリゴリした食感ですが、鹹水臭さもなく悪くありません。

今回は同じベースラーメンにトッピングで調整した二種類のものを頂きました。

ネギスジラーメン まずは「ねぎスジラーメン」です。

ゴマ、ゆで卵、もやしが乗っており、それにスジ煮込みとねぎがたっぷり乗っています。

このスジ煮込みのせいで、さらに濃厚な味となったラーメンはご飯と一緒に頂いたほうが美味しいかもしれませんね。

私の好みから言うと、ちょっと塩辛すぎました。

とろラーメン もうひとつは「とろラーメン」です。

こちらはチャーシューと生卵、ねぎに加えて、とろろ芋が入っています。このトッピングのおかげで塩辛すぎるラーメンが、ちょうどいい感じになり、大変美味しくいただけました。

好みもあるのでしょうが、塩分が足りなければ後からいくらでも足せますが、塩辛すぎるものから塩分を抜くことはできません。ラーメンに限った話ではありませんが、できれば塩分は薄めの仕上げで、化学調味料ではない旨さで勝負してもらえると嬉しいですね。

と言うことで、機会があればまた寄ってみたいお店ですね。

場所はこちら JR和歌山線紀伊山田駅徒歩約10分、消費カロリーは男性70kgの人で約55kcalです。

Mapionの地図はこちらです。

駐車場はお店の前に数台分が確保されています。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間・定休日等が表示されていませんでした。


エントリ中の写真は、お店の紹介のほか私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。

広告:大容量の無料レンタルサーバー
広告:日払いアフィリエイト
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
和歌山も特徴的なご当地ラーメンを持っている町のひとつです。そして和歌山市の国道26号線沿い、大阪へ向かう道沿いには結構ラーメン店が軒を連ねています。

ところがどうしたことか、数多くのラーメン店は「和歌山ラーメン」を標榜していないんですね。

札幌ラーメンだったり、豚骨ラーメンだったり・・・(^^;)

このお店もいわゆる和歌山ラーメンのお店ではありませんが、ちょっと見た目にチェーン店のロードサイド型店舗かと思いきや、それなりに工夫された単独店舗でした。いずれチェーン店化するのが目標なんでしょうね。


ラーメンのメニューやトッピングもにぎやかで、なかなか楽しいお店なのですが、ちょっと店員が景気よすぎて煩く、客のオーダーを全部聞かずに、一点一点注文を言う度に大声で厨房に怒鳴るのには閉口しました。

この規模のお店でハンディターミナルを使っていないのも珍しいなと思っていたのですが、後で気づけばしっかり使ってました。大声で叫んでいたのはパフォーマンスだったのですね。

正直、店の品格と客の快適さを損なう独り善がりのくだらない演出だと思って不愉快な気分になりました。

それはさておき、まず普通のラーメンです。

スープは豚骨に焼いた鶏がらと思しき香ばしさを持つスープで、しょうゆ味に仕上げられています。濁っていて濃いイメージの外観とは裏腹に、コクの少ないあっさりしたものでした。

麺は普通の細めストレート、加水率も鹹水の量も普通で、これといった特徴はありませんでした。

トッピングは甘く味付けされた三枚肉のチャーシュー、白菜の炒め物、ねぎ、味付け卵でした。

今回はもうひとつ、夏向けのメニューを頂きました。

酢ラーメンです。酸辣湯麺の名のとおり、ベースは鶏塩スープと野菜味の湯麺に酢をあわせてさっぱりさせたものです。

トッピングはもやし、ねぎ、白菜、にんじん、きぬさやを炒めた野菜炒めと茹でた鶏胸肉を細裂きにしたもの、それに味玉です。

全体としてコクのある湯麺スープに生姜と胡椒が強く効いて味が引き締められ、それを酸味でさっぱりと頂く。季節のせいもあったのでしょうが、こちらは大変美味しく頂けました。

と言うことで、和歌山市に立ち寄ったときは、季節ものメニューを食べにまた行きたいお店ですね。

【本生麺】和歌山らーめん(3人前) 場所はこちら。(GoogleMap) 南海電鉄加太線東松江下車徒歩約18分、消費カロリーは約80kcal(成人男性)です。ちょっと遠いですかね。Mapionの地図はこちらです。

駐車場はお店の前と横にたっぷりあります。車のほうが便利そうです。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:11:00~28:00(LO 27:30)
定休日 :なし
電 話 :073-480-4722
サービス:クーポンあり
 ぐるナビ(http://r.gnavi.co.jp/k917400/map1.htm )パソコン用
 e-ポン(http://e-pon.living-web.net/?module=Search&action=Data&id=444&area=3 )携帯用

エントリ中の写真は、お店やラーメンの紹介のほか、私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。
広告:大容量の無料レンタルサーバー
広告:日払いアフィリエイト
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。