元・また食べたい京都ラーメン

予告です。

管理人が糖尿病を患って、糖質制限食を食べているためラーメンサイトとして維持してゆくのが困難になりました。

近いうちにオリーブオイルについてのサイトに模様替えします。過去ログはそのまま残しておきます。


テーマ:
いつもならこの色の部分には、紹介するお店界隈の薀蓄を書き連ねるのですが、今回はちょっと違います。

かつてネット上に「Team Hillstones」あるいは「元祖京都ラーメン軍団」と言うサイトがありました。おそらく京都のラーメン屋さん情報のうち、インデックス的な要素ではナンバーワンサイトだったと言っても過言ではないでしょう。

そのサイトの管理人さんが、とうとう実店舗経営に乗り出されました。

京都のラーメンサイトの管理人さんらしく、一乗寺のラーメン街道に殴りこんだあたり、さすがと言うべきですね。

ラーメンの味についてはご自身のサイトの掲示板の他、さまざまな場所で評価されています。やはり「あのサイト」の管理人さんが出店されたとあって注目度は抜群です。

しかし注目度の高さは決して好ましい影響ばかりではありません。むしろ揶揄したり必要以上に厳しい評価が下されたり、まったく逆にひいきの引き倒しや歯の浮くような褒め言葉など、実際管理人さん、いえ、今はお店の大将ですね、その気持ちを誤らせるようなことが数多く見受けられるのは、それでもかつてサイト管理人だった大将の負うべきリスクなのでしょう。

でも、このブログのこのエントリを含め、数々の無責任な雑音には耳を貸さず、ご自分のラーメンを貫いて欲しいと思います。


原点ラーメン・ネギ多い目 ラーメンは二種類、原点ラーメンと重厚ラーメンと銘打たれたものです。共通した味の特徴、それはスープのみならずトッピングにいたるまで「塩味」を大事にされているというイメージです。

原点ラーメンは豚骨鶏がらのベーシックなスープ。やや甘みの目立つ味は、出店されたそのロケーションとともに、大将のラーメンの原点が何処にあるのかを如実に語ってくれます。しかし、その原点となったであろうお店のそれよりは、うまみ、コク、温度、麺との絡みなど、どの要素を取ってもはるかに良いスープに仕上がっていると感じました。

麺はやや細めの麺をしっかり湯がいて、それでいて腰がなくなることのないよう見切った旨いものです。麺屋棣鄂と書かれた番重に並んでいましたが、普通よりやや短いタイプの食べやすいものでした。

トッピングは三枚肉チャーシューとねぎ、シンプルなものです。

重厚ラーメン・ネギ多い目 重厚ラーメンはおそらく豚骨のみを徹底的に煮出し、それを丁寧に漉してから小麦粉でとろみをつけられたのでしょう。余分な獣脂は感じられず、麺との絡みがよいスープです。豚骨臭さを消すために使われた生姜がやや前面に出ていましたね。

麺は原点ラーメンと同じ生地なのでしょうが、やや太めで、濃厚なスープに負けない食感を維持しています。

トッピングは原点ラーメンと同じでした。

前回のエントリで、京都ラーメンの凋落振りを嘆き、このお店の登場による効果を期待した内容を書いたのでそれにまつわる話をひとつ。

京都ラーメンの第一世代を天下一品や第一旭に求めると、第二世代はラーメンブームに乗って雨後の筍のごとく現れ、そして多くが消えていった中残った強者たちの店と言えるでしょう。

その第二世代のラーメンは、京都ではありませんがお隣滋賀県の麺屋 風火 やこのお店のすぐそばにある麺重処 亜喜英 で完成されたといっても良いのではないかと感じます。

そして、この「ラーメン軍団」で頂いたラーメンは、第二世代までのラーメンのレベルをクリアしたことを前提に、次なる第三世代が始まる味、そのスタート地点にいることを感じさせてくれました。

まだ、完成された第二世代のラーメンとさしたる差はありませんが、味の向いている方向は明らかに他の店とは異なり、それは未来だと感じました。日常に流されることなく進歩されてゆくことを心から期待します。

と言うことで、一も二もなく是非また行きたいお店ですね。  家から車で一時間以上かかるけど・・・(^^;)困った

場所はこちら。(GoogleMap:実番地登録がないので隣を表示しています。) 叡山電鉄一乗寺駅下車徒歩約6分、消費カロリーは男性70kgの人で約33kcalです。京阪出町柳駅からの乗り継ぎでこれますよ。

Mapionの地図はこちらです。

駐車場はありません。このコインパークが一番近いでしょう。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:18:00~23:00
定休日 :未定
電 話 :075-712-3134
特別営業:11:30~13:30(月曜~金曜のみ)
       原点+ライスで500円のみ。オーダーは聞かれません、無条件でこれだけです。


エントリ中の写真は、お店の紹介のほか私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。
広告:大容量の無料レンタルサーバー
広告:日払いアフィリエイト


ラーメン軍団 (ラーメン / 一乗寺)
★★★★★ 5.0
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都・出町柳 『 粉末寒天 』 出町柳と言う地名は、京都や大阪に住んでいる人にはすっかり有名になりました。京阪電鉄京都線の始発・終着駅だからです。

しかし、京阪電鉄がまだ三条京阪を始発・終着駅としていた昭和60年頃までは、鞍馬や八瀬まで走る京福電鉄の始発駅と言う認識しかなく、地元の路面電車停留所と言った風情でとても有名とは言えない場所でした。

この三条京阪から出町柳までの京阪電鉄の延伸と、三条以南の地下化は昭和5年頃に計画されたそうです。実に戦争を挟んで計画から苦節w55年、本当に実現するとは誰も思っていなかったと言う話を良く聞きます。

このお店はその出町柳の駅から少し北にあります。また、らーめん まあち の二軒おいて南隣という位置関係になります。


スープは「とんこつ」と書いてありますが、実際のところ鶏ガラと魚出汁を合わせたものに豚骨スープの元のような、植物油を乳化させて白濁させるタイプの調味料で味付けした物をスープとして供されます。

それに塩ダレか醤油ダレを使うことで二種類の味を提供される工夫がされていますね。どちらの味もかなりガーリックが利いています。スープの表面に浮かせる、ラードをベースにしたと思われる香味油にはニンニク・葱系の香味野菜がたっぷり炒め込まれているようです。

味のバランスとしてはかなり塩味が強く感じられます。おそらくタレだけではなくスープそのものに予めかなり塩味が付いているのではないかと想像しました。

麺はこの手のスープの割に細麺と言うにはやや太い感じがするストレートです。しかし、ぱらっとしてざっくりとした噛みごたえのある麺は強すぎる塩味には相性がよいように感じました。臭みはないのですが、鹹水が強いのでしょうか、コシがあるのみならず、苦みというかえぐみが麺にまとわりついているのがちょっと残念でした、

千の風になって トッピングは葱、太もやし、チャーシューです。チャーシューは分厚く切った巻きチャーシューを、餃子を焼く鉄板で焼き付けて供されます。

脂身が溶けて美味しくなるようにと言う工夫なのでしょうが、チャーシューが醤油たっぷりに仕上げられている物を焼き付けるので焦げ臭くて苦くなってしまっているのが惜しいです。

と言うことで、まあちが休みの時にはまた行きたいお店ですね。

場所はこちら。(GoogleMap) 京阪出町柳下車徒歩10分Mapionの地図はこちらです。

駐車場はありません。コインパーク などを利用されるのがよいでしょう。

私はラーメンサイトの管理人であることをお店の人に知られることは、お店の客観的な評価をしにくくすると思っているので、京都のお店では写真撮影などをしないようにしています。

幸い京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真などついてはそちらに任せようと横着をさせて貰ってます。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:18:00~25:30
定休日 :日曜日




エントリ中の写真は、私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。
広告:大容量の無料レンタルサーバー
広告:日払いアフィリエイト
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
阿里山高山烏龍茶(青茶)50g 日本中には数多くの神社がありますが、その中でもトップクラスの歴史を持つのが賀茂のお宮さんです。上賀茂下鴨の両神社がありますが、下鴨神社を見てみましょう。

まず、歴史的に創祀の年代を特定することはできないほど古く、日本書紀などによると神武天皇の時代からあると言われており、また紀元前2年の崇神天皇の時代には修理を行ったという記録があるそうです。

それが正確な物なのかどうかはともかく、神社周辺の発掘調査で弥生時代の住居跡などがたくさん見つかっているところから、あながち後年に創作された物とばかりは言い難いようですね。

また、平安京の前、平城京ができる少し前の西暦700年頃には、葵祭で人が集まるから警備を厳重にせよという命令が出たという記録が続日本紀に残されているそうです。当時から葵祭は盛大にとり行われていたんですね。

このお店はその下鴨神社の参道、糺の森の近くにあります。


このお店は中華料理や焼き肉を中心とした朝鮮料理のお店です。しかし、メニューの筆頭にはラーメンが載っている上に、メニューの一つと言う位置づけに甘んじていないラーメンですので紹介してみようかと思いました。

スープは豚と鶏の清湯スープです。それに中華の香辛料と独特の不思議な甘味を加えた醤油ダレで仕上げてあり、やや塩辛さが立つものの、スッキリとした味わいのスープです。

麺は細目のストレート麺。鹹水が多く、加水もいわゆる京都ラーメンのお店の標準的な物よりは多めの麺です。これをやや浅めの湯がきで供されます。おそらく中華の手法で、大きな中華鍋でその時々に湯を張って湯がくのでしょう、鹹水の渋みがやや残る物の、麺の中心まで火が通るギリギリの線でありながら、臭みの少ない湯がき加減は見事です。

トッピングはチャーシュー、ねぎ、もやしです。チャーシューは完全な赤身肉をタレに漬け込んで焼き付け、しっとりとした食感を残しながらも中心部まで味の通った美味しい物です。

久留米ラーメン「魁龍」(1食入) いわゆる中華屋さんのラーメンで、旨味の強さに比べてコクの薄さなど幾分物足りなさは残りますが、すっきりした味わいの一品です。と言うことで、今度は是非チャーシューメンを食べに行きたいお店ですね。

場所はこちら。(GoogleMap) 京阪出町柳下車徒歩10分です。Mapionの地図はこちら

駐車場はありません。コインパーク か、公共駐車場(出町) を利用するのがよいでしょう。私はラーメンサイトの管理人であることをお店の人に知られることは、お店の客観的な評価をしにくくすると思っているので、京都のお店では写真撮影などをしないようにしています。

幸い京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真などついてはそちらに任せようと横着をさせて貰ってます。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。

基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:
定休日 :水曜日
電 話 :075-781-3836
サービス:平日夜12時までやっているランチセット(笑)


エントリ中の写真は、私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。

広告:大容量の無料レンタルサーバー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
身体も肌も若返る!肥満・しわ・しみ・疲れ・むくみに!シーアルパ ビオハート120粒(コエンザ...日本人でノーベル賞を受賞されたのは現在まで12人、そのうち9人が自然科学系の分野での受賞です。人文・社会科学系の三人がいずれも東京大学卒であるのに対して、自然科学系の9人のうち5人までが京都大学卒で、東京大学は2人にとどまっています。

そして、その中でも最初の二人は旧制京都第一中学校の卒業です。同じ中学から二人のノーベル賞学者を輩出したというのは凄いことですね。

面白いことにと言うと失礼ですが、文学賞の川端康成さんを挟んで三人目の物理学賞受賞者である江崎玲於奈博士はこの旧制第一中学の入試に失敗、同志社中学に進みます。そしてその後湯川博士、朝永博士と同じ旧制京都第三高等学校に進まれました。同じ高校から三人のノーベル賞学者というのは世界的にも珍しいそうです。

この旧制京都第一中学は現在の京都府立洛北高等学校になり、このお店はその洛北高校の近くにあります。

スープは白濁した豚骨スープ、いわゆる九州ラーメンに共通するあれですが、良く漉してあり、ザラツキ感のないスムーズな仕上がりです。それに植物性油でニンニクを中心に香辛料や香味野菜を揚げた油で香りを付け、しっかりした塩味の強い、醤油なども入ったタレで調味されています。

麺は中太ストレート麺。九州ラーメンらしく鹹水も加水も少ない麺ですが、やや強力気味の粉の強さと麺の太さや茹で上げ加減が博多や長浜と大きく異なります。こちらのほうが、京都ラーメンを食べ慣れた人には馴染みのある食感ですね。とは言え、豚骨スープに馴染まないかというとそうではなく、むしろ表面に浮いた香味油が染み込みすぎないと言う点で、スープと麺の相性は悪くないと思います。

40度 文蔵原酒【徳利】 720mlトッピングはチャーシューと葱、キクラゲ、薄切りの味付け卵一枚です。ちょっとセコい感じのするトッピングですが、九州の直営チェーンでは一杯500円、このFC店である京都店で580円と言う価格から考えるとやむを得ないのかも知れませんね。

熊本ラーメンの特徴でもあるキクラゲはスープに良く馴染んで良い感じですが、バラ巻きの極薄チャーシューや6枚くらいにスライスされたのであろうゆで卵はちょっと頼りない感じがします。

それでもラーメンとしての仕上がりはそれなりに高得点ですし、京都では他に見あたらないタイプですので、また食べに行きたいお店の一つではあります。

このお店は熊本に本部のあるチェーン店で、ここはFC店です。だから直営店とはメニュー構成や価格が異なるようですね。全部で200軒近いチェーン展開をされており、そのうち80店くらいは熊本県に、そして30店余りが中国(中華人民共和国)にあります。その他海外展開も多く、シンガポールやタイ、インドネシアの他、アメリカやフィリピンにも複数の支店があるようです。

場所はこちら。(GoogleMap)JR京都駅から地下鉄、あるいは近鉄線から直接乗り入れで地下鉄の北大路駅下車。そこから東へ行く市バス、あるいは京都バスならどれでもOKですので洛北高校前下車徒歩5分です。

また、阪急河原町、京阪出町柳からでも洛北高校前バス停へのバスはたくさん出ています。洛北高校前と洛北高校正門前とを取り違えないよう注意して下さい。正門前まで行ってしまうと遠くなります。Mapionの地図はこちら

駐車場はありません。コインパークなどを利用して下さい。

私はラーメンサイトの管理人であることをお店の人に知られることは、お店の客観的な評価をしにくくすると思っているので、京都のお店では写真撮影などをしないようにしています。

幸い京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真などついてはそちらに任せようと横着をさせて貰ってます。

こちらで検索して他のサイトも参考にして下さい。

基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:11:30~14:30 / 18:00~24:00
定休日 :水曜日
電 話 :075-722-4922
サービス:昼時間帯のみライス中(\150)ライス小(\120)を100円で提供。
(毎月22日のサービスデーは2005年10月で終了した模様。)


エントリ中の写真は、私が面白そうだと思ったもの、美味しそうだと思ったものを紹介するアフィリエイトリンクです。

広告:大容量の無料レンタルサーバー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
富久錦 純米原酒『梅酒用』 誤用なのか業界用語なのかという「地名の読み違い」と言うのは全国にあると思います。この京都も難読や聞き違いをしそうな地名が多いため、タクシーの運転手もそうした特殊な読みをすることがよくあります。

碁盤の目と呼ばれる条里制の京都の東西の通りには一条から十条まで数字の付く通りがありますが、四条(しじょう)を「よんじょう」、七条(ひちじょう(@京都弁))を「ななじょう」と読み替えるのがその代表でしょう。

北大路通りと東大路通りの交差点、高野を少し北に上がった「一乗寺北『大丸町』」もタクシー無線では「だいまるちょう」と呼ぶ事が多いようです。実際には「おおまるちょう」なんですし、バス停は「きたおおまるちょう」と書いてあります。

つい先頃オープンしたこのお店は、この北大丸町にあります。


スープは豚骨と鶏ガラですが、主に軟骨や胴ガラ、モミジを多用されているように思いました。豚に由来する出汁はかなり安定したベースとして働いている上、アクや油脂分を丁寧に取っておられるので嫌味が少ない、土台のしっかりしたスープに仕上がっています。

一方、鶏に由来する方は、細かく砕けてしまうまで煮出した胴ガラに由来するのであろう、骨髄の甘味や独特のざらつき、モミジに由来する強烈な膠感が食欲をそそります。

そのせいで匂いはむしろ鶏の物ばかりが前面に出ていますが、それに野菜を合わせておられるのか、かなり濃厚こってりでありながら上品な仕上がりです。

一方、タレの方はシンプルな醤油ダレでありながら唐辛子やニンニクなど、ベーシックな香辛料を上手く配合されて、インパクトも感じさせる味に仕上げておられます。

麺はやや太めで、標準的な鹹水の量よりはやや多いかも知れない程度で、加水率の低いストレート麺を使用されています。もとの粉がグルテンの多い強力系なのでしょう、どっしりとしたたんぱく質のコシが魅力的ですね。ご主人は茹で湯に差し水をしてまで茹で加減のコントロールをしておいででした。

厚焼醤油 トッピングは豚角煮、ねぎ、ステムレタス(山くらげ)です。豚の角煮はあらかじめ煮豚チャーシューとして作った物を厚切りにして、保温鍋で調理液につけこんで暖かい状態で供されます。また堅めに戻してある山くらげは、メンマよりコリコリした歯触りで濃厚スープのラーメンにアクセントを加えてくれます。

このお店の一番の特徴はそのご主人の非常に丁寧な仕事ぶりです。オープンカウンターで見ていても、気持ちよく美味しく頂けます。むしろここまで丁寧に仕事をしていたら、混雑時にクオリティを保てないのではないかと心配になるくらいです。

と言うことで、近ければ毎日食べに行きたいお店です。ウチからは車で片道一時間はかかるのでそうはいきませんが。

東山通りを北上したなら、北大路を超えてすべてのラーメン屋の前を通り過ぎ、北泉通りを右折することになるでしょう。


参考までにお店の名前の由来にもなっているサイドメニューとして「お重」があります。『ぶたばら』か『とりから』が選べます。いわゆるショウガ焼き風の豚の三枚肉か、鶏の唐揚げ5個(!)が乗ったご飯です。ラーメンとセットにするとかなりのボリュームがありますので、自信のない人はミニセットがお勧めですね。

並+並セットを頼んで残してしまいました。ご主人、ごめんなさい。

場所はこちら 。以前「龍」と言うラーメン屋さんが入っていた後を改装された場所です。最寄り駅は叡山電車一乗寺駅。あるいは阪急河原町・京阪四条下車で市バス31系統(修学院・岩倉行)に乗り換え、一乗寺北大丸町下車すぐです。Mapionの地図はこちら

駐車場はありません。コインパーク などを利用して下さい。

私はラーメンサイトの管理人であることをお店の人に知られることは、お店の客観的な評価をしにくくすると思っているので、京都のお店では写真撮影などをしないようにしています。

幸い京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真などついてはそちらに任せようと横着をさせて貰ってます。

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


基礎資料
エントリ作成日時現在の情報ですので、変更されている可能性があります。

営業時間:12:00~14:30 / 18:00~24:00
定休日 :未定
電 話 :075-702-5111
サービス:学生証不要、顔で判断する学割。ふけ顔注意。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
退職祝いくまさんが花をお届け♪【バラ10本と季節の花束】 明治の初め頃に創設され、戦後すぐに五代目の宮様が臣籍降下されて消えた北白川宮家は、悲劇の宮家とも言われていました。家祖智成親王殿下は後伏見天皇から数えて19代目に当たる皇孫で、ご出身は伏見宮です。

しかし宮家創設の後17歳で夭折、跡を継がれた能久親王殿下も49歳の若さで日清戦争の折戦死されています。

三代目、四代目の宮様も30代で亡くなると言う悲劇が続いたためそのように呼ばれたようですね。

この北白川宮家祖智成親王殿下のお墓の近くにこのお店はあります。

元来は学生さんを意識した定食屋さんなのですが、実に美味しいラーメンを提供されます。豚と鶏のスープ、塩味中心のタレなのですが、味のバランスが良く魅力的な味わいです。分類として言えば鶏ガラ塩味背脂ちゃっちゃですね。あらかじめかなり大量の胡椒が入ってくるのは好みが分かれるところでしょう。

麺は多加水気味のストレート、中太麺です。良く湯がかれている割に良い食感があるのは多加水の手柄でしょう。

セルフメンテナンスセットカシオ G-SHOCK The G GW-700J-1JF 【ドライバー付】 #2756 #5724 トッピングはチャーシュー、葱、メンマ。チャーシューは固めに焼かれたオールドタイプで味が良いです。メンマも独自の味付けをされているようですね。

そしてこのお店の何よりの特徴はその価格です。ラーメン350円は激安です。この味のレベルなら充分600円ランクだと思います。定食類も魅力で、日替わり定食にハーフラーメンをセットしたB定食は若い人でも充分満足できるでしょう。

時間帯によっては近くに下宿する京都大学などの学生さんや、お店の裏手にある民族学校の高校生達で賑わっています。この価格ですから無理もないでしょう。

と言うことで、若向けの食事がしたいときには是非また立ち寄りたいお店ですね。

場所はこちら(GoogleMap) 。最寄り駅は京阪出町柳ですが、市バス3系統で折り返しポイントの北白川仕伏町下車、徒歩でもすぐです。Mapionの地図はこちら

志賀越通りの細い道に面していますが、駐車場がお店の北側にあります。

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
===== 開店情報 2005-08-16 20:29:00 =====
ウワサは必ずしもヨタではなかったようです。ただ、場所は百万遍と予想とはやや異なる場所でした。

こちらに開店されます。 以前、「とさか屋」と言う食堂のあった跡地で、とさか屋との提携という話も流れていましたが、現在その表示は出ていません。

ただ、事前アルバイト募集の紙に株式会社REジャパンという名前があったのがちょっと気になります。

船長、ちゃんと復帰してくれるんでしょうね。名前だけの龍馬なんてヤですよ。


前のタイプの地図はこちら です。百万遍のバス停からすぐと言うか、西行きのバス停の前です。

今のところ専用駐車場が確保されているという情報はありません。まったく駐車不可能な場所であるのはちょっとツライかも。

ともあれ、再開店の準備は着々と進んでいるようです。(笑)


町のウワサ@2005.07.09

とあるラーメン店のご主人によると、龍馬の船長、一乗寺付近で物件を物色しているとのこと。東京~横浜へ引っ越しなどと言ってながら、どこで物件漁りをしてるんだと笑っておられました。

これは飽くまでウワサなので、ヨタ話に終わるかも知れません


===== 閉店予告情報 2005-06-14 13:008:00 =====

非常に残念ですが、2005年6月末を持って閉店されるそうです。

ウワサで聞いたので、念のため食べに行ってみました。お店のどこにもそのようなお知らせはなく、ガセであったかとちょっと安心したのですが、帰り際、船長に尋ねたら、呟くような声で「後を継ぐ者もおらんし、今月一杯」、とだけ言って背を向けられました。

ウワサでは神奈川県に移転と言うことを聞いたこともありますが、私にはそれ以上聞くことはできませんでした。

最近、様々な工夫を凝らしながら、いまひとつ売り上げや人気の点で悩み苦しんでいるラーメン店主の皆さんが少なくないと聞いています。

あちこちのラーメンを食べ歩いている顧客の立場から、そうしたお店のご主人にアドバイスしましょう。このお店が閉店するまでに、三回だけ『普通の客』としてラーメンを食べに行き、お店の雰囲気や味などをじっくり御覧なさい。

雑誌に取り上げられ、「らヲタ」に持ち上げられていたのになぜか伸び悩んでいるお店に欠けているものが何か、このお店の味と姿勢を見ればわかるはずです。

そう言わせる何かがこのお店にはあふれていたのに、本当に残念です。

===== 記事初出 2005-04-08 13:27:56 =====

大好きな物とか夢だった物、あるいは自分の最も大切なもの。そうした自分の世界を仕事場にちょっと置いて自分を力付けるコトってありますね。外国映画なんかでは大企業の社長さんが家族のポートレイトを机の上に飾っていたり。

このお店のご主人は海と音楽が大好きなようです。お店にはオーディオマニアと思わせる様々な機器が置いてあったり、海に関する物が飾ってあったりします。その中で私が一番気に入ったのは、カウンターの中の厨房からだけ見える場所に世界地図や帆船のポスターが貼ってあったことです。L字型のカウンター、狭い方の端っこに座るとそこからだけ見えるんですよ。

哲学の道の始点、銀閣寺道の交差点から少しにしにあるこのお店で、なんだかご主人の心の世界をちょっとだけのぞき見させて貰ったような気がしました。


もともとは醤油ラーメンのお店なのですが、最近塩ラーメンを開発され、それがかなりの自信作だそうです。メニューにもイチオシとして出ています。

かなり良い感じの出来上がりですね。非常に華やかな味のラーメンです。同様に無化調で華やかな感じのする塩ラーメンを出すらー麺創房 日本一 よりもシンプルでありながら味の質は一段上のように感じました。さらに価格が安いと言うのもご主人の意気込みを感じさせます。

このお店のスープは海産物中心の和風スープだそうで、「こだわりの」メジカ節を使っていると書いてありました。メジカ節は関西での呼び方で、関東方面で宗田節と呼ばれている物と同じです。

おそらくそのベーススープに昆布と干し椎茸を加え、鶏ガラや鶏ミンチで動物性の味を足して調えておられるのではないかと感じました。

干し椎茸の戻しの際に使われたのでしょう砂糖と思われる甘味も結構あります。タレの塩は天然塩を二種類使っているとポスターに書いてありました。

確かにかなり多い塩分なのですが、舌を刺すような所がないのは天然塩の手柄でしょう。

麺はストレートの中太麺、堅めの茹で上げがこのスープに良く合いますね。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ねぎです。特筆するほどのことはありませんが、チャーシューにしてもスープの邪魔をしない味なので、ラーメンの引き立て役としては非常に上手く使っておいでだと思います。

この「京の塩ラーメン」は500円と安価な上、学生さんにはライスが一杯無料で付きます。メニューには書いてありませんが、タクシーの運転手も無料でライスが頂けることはここだけの話です。(笑)

幕末の立役者坂本 龍馬【送料無料スペシャル】 駐車場がないのが難点ですが、いつでも、ちょっとムリしてでもまた行きたいお店ですね。

場所はこちら 。京阪出町柳、阪急河原町、JR京都駅から市バス17系統錦林車庫行きで銀閣寺道バス停下車西へすぐです。

駐車場はありません。コインパークも近くには見あたりません。離れたところに駐車して徒歩かバスを利用されることをお勧めします。

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
===== 新着情報:2005-06-24 17:40:03 =====

予定より一週間ほど遅れて移転開店されました。今回、そろそろ味も落ち着いた頃だろうと思って食べに行った次第です。

お店の名前も「創作麺屋 新座」から一麺一心 麺屋 新座と改められました。

移転情報と、その動機を聞いたときから危惧していたことはしていたのですが、そのものずばり、現実のものとなってしまいました。

お店は東大路通りを高野から北へ上がった一乗寺、いわゆるラーメン激戦区です。確か小さな散髪屋さんか何かがあった場所を買われたのでしょう。お店はカウンターがほとんどの狭いもので、様々な食材やウンチクのようなものがへたくそな字で書かれたポスターが店を飾っている、まさに今風を意識した店作りです。

お店の名前を冠した新座らーめんはそのまま存在していました。

しかし、以前のまま残っているのは名前と値段だけです。値上がりしたメニューもありますが、お店の名前を関したラーメンはそのままの価格です。そして、どんぶりはちょっとおしゃれにデザインされたものですし、味はまったく違うものになってしまっていました。

スープは油がぎらつく豚と鶏、それにわずかながらの魚系のものです。あらかじめ丼に醤油だれと練ったような背脂、唐辛子と化学調味料をティースプーンに山盛りいっぱい入れておいてそのスープを注ぐのです。

化学調味料の量は、その辺のラーメン屋ならそんなに珍しい量でもないですし、スープの原価を下げるためならそのくらいは常識の範囲でしょう。ただ、あまりにも塩辛すぎます。もともと塩辛い傾向があったお店ですが、正直言って、麺とトッピングを食べつくすまでに絡んでくる塩味だけで苦痛になりました。

カウンターの中には男性が三人で作業されていましたが、麺をゆでていた若い男性はかなりいい腕をしているようです。茹で上がり加減といい、湯きりのしっかりした具合といい、さらにはきれいにさばかれた麺には大変好感が持てます。しかし、スープがあれでは、汗だくになって麺を茹で上げる努力も台無しです。

トッピングは昔ながら、チャーシュー、白髪ねぎ、普通のねぎ、もやし、メンマ、のり、味付け卵半分です。以前浮いていた香り付けの柚子は割愛されていました。トッピングの乗せ方は上京のお店のときより丁寧で好感が持てましたが、チャーシューがいけません。いわゆるほろっと崩れる巻きチャーシューにしたかったのではないかと思いますが、すでにぐずぐずに崩壊した肉のくずと言った風情で悲しかったですね。

もうひとつ苦言を呈するなら、厨房での作業が不潔感あふれるものであるのは残念です。クローズドの厨房なら別に気にもなりませんし、ラーメン屋に清潔感を求めるほうが間違いなのかもしれませんが、それならオープンカウンターで調理場を客に見せるのはやめてほしいと思いました。

ステンレスの調理台の上に直接半分に切った味付け卵を転がしておき、チャーシューは調理台の端に並べているのです。調理台の横は麺茹で釜ですから、チャーシューや卵を保温しておいて冷たくないものを出そうと言う心遣いなのかもしれませんが、オープンカウンターでそれを見ると、調理台の上に落ちているものを拾い集めてラーメンに投げ込んでいるようにしか見えません。食欲は一気に減退しました。

スープは辛くて飲めないから全部残したし・・・と言うことで、ラーメンを食べるダイエットをしたくなったらまた行きたいお店です。

場所は下の記事で紹介したとおりです。京都新聞トマト倶楽部の割引サービスはなくなったようですね。正直言って飲み屋か何か、お金儲けに走るのならそっちのほうが良いと思います。


===== ↓ 前回更新:2005-05-06 01:05:03 ↓ =====

このお店は2005年5月20日で現在の場所での営業を終わり、6月4日から左京区のこのあたり に移転されることが決まったようです。

タクシーの運転手をしていた今年の3月頃、商売柄情報として聞き及んではいたのですが、言いたいのを今日まで我慢してきました。(笑)

小耳に挟んだところによると、現在営業されている上京区は、むしろ蕎麦や饂飩の方が合う地域だそうで、ラーメン店を深夜遅くまで営業するメリットが少ないそうです。

そこで超激戦区の一乗寺ですが、ラーメン好きの多い地域へ移転して深夜遅くまで頑張ってみたいという意気込みだそうです。

実に楽しみな展開になってきたと思います。

引っ越されて味が安定した頃にまた是非行ってみたいと思います。その時にはここで報告しますので楽しみにしておいて下さいね。

===== ↓ 記事初出:2005-03-11 22:29:33 ↓ =====

ラーメンのバリエーションが多いお店です。ベースの醤油味ラーメンで7種類、豚骨ラーメン3種類、味噌ラーメン3種類の合計13種類のメニューがあります。

その中でも醤油味の2種類をお店は勧めておられますので、その片割れでお店の名前を冠した新座らーめんをこのお店の標準ラーメンと考えてご紹介することにします。

スープは豚骨鶏ガラなどの動物系、鯖・鰹などの節、それと野菜のトリプルスープと言うのがこの店の自慢のようです。確かにかなり深みのある味でありながら雑味も少なく丁寧に作っておられることが窺われます。

ただ残念なことに、このバランスの良いスープはその裏返しとして味の個性に乏しく、材料が主張しないので何を食べているのかはっきりしません。比較的前面に出ているのは野菜の甘味でしょう。

タレはこくのある醤油味です。ちょっと濃いめの味付けなので私は苦手なんですが、それでも人気を集めることができる味ではないかと思います。

さらに適量の背脂とが浮いています。このとトッピングの海苔がいい香りのハーモニーを作っていて、どちらかと言うとくどい目の味付けなのにそれをコクに変える役目を担っています。

麺はかなり細めのストレート麺、スープがよく絡みます。

トッピングはチャーシュー、メンマ、葱、白ネギ、海苔、味卵、もやしと盛りだくさんです。

チャーシューはほろっと崩れる巻きチャーシューで味付けは濃いめの醤油味です。好き嫌いはあるでしょうがスープとのバランスはOKです。

ひとつだけはっきり失敗といえるのはメンマでしょう。塩辛すぎます。ただでさえ辛い目のスープの中でも突出して塩辛く感じます。これは一考の余地ありと思いますね。

葱と白ネギは良い感じです。邪魔にならない程度に入っているもやしと相まってラーメンのシャープすぎる塩味を緩和して、なおかつ香り付けや食感の向上にも一役買っていますね。

私の好みからはかなり外れる味なのですが、それでももう一度食べに行こうかなと思わせる味を作っておられるのは見事です

場所はこちら 。JR二条駅が最寄駅なので、そこからタクシーを利用するか、JR京都駅下車市バス50系統(北野天満宮・立命館大学前行き)で智恵光院中立売下車すぐです。

お店に駐車場はありませんが、一軒おいて南側にコインパークがあります。午後8時から午前8時の夜間時間帯は90分100円と割安ですね。このお店が入居しているビルがスイミングスクールの物であるせいか、それ以外にもこの近辺にはコインパークが多いので車で行かれても不自由はしないと思います。

←地元や近郊で、京都新聞を購読しておられる人あればこのカードが配布されていると思います。これを注文時に提示すると50円値引きしてくれます。

あるいは餃子のサービスを選ぶこともできると言うことですので利用すればお得ですね。

このカードについての情報は、京都新聞トマト倶楽部のサイト をどうぞ。


京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
後払いOKイオウの香りで本格温泉気分入浴用岩塩「火山塩の湯」 江戸時代以前、近江から京の都に繋がる道は志賀越と呼ばれ、交通量の多い道だったようです。その道には数々の石仏があったそうです。

現在では、京都から志賀に抜ける道は山中越と呼ばれ、志賀越と言う名は今出川通りから御蔭通までのごく一部となり、今出川との斜め交差点にある通称志賀越えのお地蔵さんが往時を偲ばせているだけです。

このお店は、その志賀越道と今出川の交差点近くにあります。

スープは本格的な九州豚骨です。最近関西で人気が出てきた、ちょっとあざとい感じがする「煮詰め」ではなく、やや軽い感じがするものの、純粋にゲンコツや背ガラを煮だしただけのスープです。

麺は極細多加水麺、意外とスープを良く含み、さっぱりした感じで頂けますね。

トッピングはチャーシュー、もやし、キクラゲ、ねぎ、ゆで卵半分、それに胡麻と胡椒がたっぷり入っています。また、それとは別に紅生姜とピリ辛高菜が別添えで付いてきます。

チャーシューは三枚肉の煮豚タイプ。醤油の味のバランスが良く、スープとの相性がいいと思います。もやしが若干味をスポイルしている感は否めませんが、トッピングも豪華で味のバランスも良く、全体としては良くできたラーメンだと思います。

九州ラーメンが食べたくなったらまた行きたいお店ですね。

場所はこちら 。京阪出町柳、阪急河原町、JR京都駅から市バス17系統錦林車庫行きで銀閣寺道バス停下車西へすぐです。

駐車場はありません。コインパークも近くには見あたりません。離れたところに駐車して徒歩かバスを利用されることをお勧めします。

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
zippoライター メタル・彫刻:クロスシリ-ズzbc-dss3 京都は先端技術の町であり、歴史や観光の町でもあります。そしてもうひとつ、学問の町としての性格も持っています。

下の地図リンクをじっくりご覧頂ければ判りますが、このエリアには国立1、公立1、私立1の3大学の他、高校1、中学4、小学校・幼稚園がいっぱい(笑)。

この学研エリアにこのお店はあります。


メニューはいくつかありますが、お店の名前が付いたものをスタンダードと考えてそれを紹介しましょう。

スープはいわゆる豚骨醤油系ですが、業務用を上手く利用されているようです。単に醤油だけじゃなくタレには味噌や植物油を使った香味油が入っています。ちょっと昔風の味付けなのですが、京都ラーメンらしく背脂がしっかり浮いていますので違和感なく美味しく頂けますね。

麺はやや太めのストレート、鹹水が多く腰の強いものですが、渋みがちょっと気になります。

ウルトラ怪獣シリーズ 59「戦車怪獣 恐竜戦車」 トッピングはチャーシュー、葱、もやし、メンマ、味付けされていない固ゆで卵一個分。チャーシューはもも肉の塊をじっくり調理して辛い目の味付けにしたもので、良く締まった感じで美味しいです。メンマもちょっと塩辛い味付けですが美味しいものが多めに入っています。

全体として塩から目の味付けですが、ギリギリの線でキツ過ぎるということはありません。いわゆる「とても旨いラーメン」を演出したものではなく、ごくごく普通のラーメン屋さんです。

愛想のいいご主人がカウンターで常連客と60年代、70年代の旧作映画の話題に興じているところなんか、ラーメン屋さんと言うより小粋なスタンドバーのような印象さえあって、見ていて楽しいですね。

と言うことで、普通にラーメンが食べたいときに近くを通ったらまた行きたいお店です。

場所はこちら 。JR京都駅、二条駅、京阪出町柳、阪急四条大宮から市バス206号系統で高木町下車すぐです。

駐車場はありません。近くにコインパークがあるのではないかと思いますが、すぐには見あたりませんでした。

京都のラーメンについては数多くのサイトが評価し紹介しています。だからラーメンの写真や他の評価についてはそちらに任せようと言う他力本願な私。(爆)

こちらで検索して他のサイトも参考に して下さい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。