多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログ

多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログです。

中間テスト・期末テスト1週間前は毎日特訓!

宮城県の公立高校の入試情報や勉強方法、当YST塾の情報などを公開しております。


テーマ:

多賀城・塩釜地区の中学生は今日が最後の夏休みです。


もう、宿題は終わっているでしょうか?


一方で、二期制の学校では既に学校が始まっているところもあります。


昨日は中1・中2の授業がありましたが、既に向洋中学校では学校が始まっていて、24日が実力テストだったということでした。


仙台市は今日・25日からのスタートになります。


中野中学校の塾生たちは26日にある実力テストに向け、それぞれが総復習をして本番に備えていました。


夏休み期間は、部活動がある人は別ですが、基本的には自分の好きなペースで過ごすことが多くなります。


そのため、生活のリズムを元に戻すのに手間取るケースも少なくありません。


でも結局は、学校がスタートすれば、その時間帯に合わせて過ごしていくことになりますので、そんなに気にすることはないでしょう。


今回は、日々の勉強を行う際に「朝型」がいいのか、「夜型」がいいのかについて、触れてみたいと思います。



少なくとも、社会人になり仕事を持つようになれば、「朝型」に軍配が上がることに異論はないでしょう。


現に、私の起業家仲間のうち、素晴らしい業績を収めている人はすべて「朝型」人間です。


では、中高生の日々の勉強に関してはどうでしょうか?


知人のお子さんで、毎朝5時に起きて「朝勉」をしてから高校に通っていた男の子(K君)がいました。


K君は、県内でも有数の進学校に通っていました。


そして朝勉のお陰か、学年でいつも1・2番をキープしていました。


部活動もバリバリの運動部(ラグビー部)に所属していました。


高校に入学したての頃は、部活動の疲れもあり、帰宅すると勉強どころではなかったそうです。


でも、日々の勉強はこなしていかないといけません。


結果、誰に言われるでもなく、K君は朝早く起きて勉強をするようになったそうです。


そして、学年で1番・2番を取れるまでになりました。


今春、晴れて第1志望の大学に入学していきました。


別の例を紹介しましょう。


私は大学に入学する際、1年浪人しましたが、当時、その予備校に現役(高3生)で通ってきていた、ある双子の兄弟がいました。


最終的に彼らは2人とも地元の国立大学の医学部に現役で合格することになるのですが、彼らも高校時代は5時に起きて勉強をしてから学校に通っていました。


ここまで書いてくると、朝型学習が一番という印象があるかもしれません。


朝早く起きて勉強し、好成績を収めた人の話をするとインパクトがあるので、どうしても朝型が一番という図式になってしまいます。


でも、上の3人と同じくらい、というよりも何十倍もの人数の「夜型人間」の大学時代の友達がいました。


私も含めて夜型人間は「夜の方が集中できる」と言います。


(最近では、脳科学的なアプローチがなされており、どちらがいいかということも話題の1つになっているのも事実です)


夜型人間からすると、「朝起きてやってはみたけど長続きしなかった、効果がなかった」「夜の方が気持ちに余裕があるので、夜の方が絶対いい」ようです。


「朝型」・「夜型」には、遺伝的な要素が関係しているという生物学者もいます。


また、両親など家族の生活スタイルが十分すぎるくらいに影響していることも事実です。


ですので、人によって「朝型がいい」場合もありますし「夜型がいい」場合もあるのだと思います。


何よりも大切なのは、自分が集中して勉強できる時間帯がいつなのかを、しっかりと把握することになります。


勉強時間は、量よりも質が大切です。


自分の適切なスケジュールを見つけて、過ごしていくようにしましょう。


なお入試日当日は、9時前後には学科試験が始まりますので、少なくとも本番より数週間前からは、当日のスケジュールに合わせた、生活時間を確保したいところです。



話を冒頭の二期制の中学校に戻しましょう。


2週間後には前期の期末テストが控えているところもあります。


学校の宿題を提出し終えたからといって気を抜くことなく、直前のテストに向けて頑張っていきましょう!




【多賀城市の学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

AD
いいね!した人

テーマ:

宮城県公立高校・前期選抜の倍率等のデータを掲載します。参考になさって下さい。




http://yst-juku.com/zenkiratio/


普通科の定員は、前期・後期選抜の制度導入当初は20%だったこともあり、出願しても倍率がメチャクチャ高く、合格するのは大変なことでした。


制度導入後3年目から、普通科の定員枠が30%となりました。


実質的には、前制度の推薦入試と同じ定員枠になりましたので、倍率がある程度落ち着いてきました。


出願先の高校・学科によっては、後期選抜よりも倍率が低いところも少なくありません。


そのため、ご自身の希望する高校・学科への出願要件を満たすのであれば、積極的に前期選抜に臨むのも1つの選択肢になります。


なお、掲載校は、多賀城市・塩釜市の中学生が主に受験するところに限定しております。


※スマートフォンでも見やすいようなレイアウトにするのに手こずりました(汗)。



【多賀城市の学習塾】

YST進学研究会

022-366-9415

AD
いいね!した人

テーマ:

今週は中1の夏期講習がありました。


講習会のみ参加のお子さん、更にレベルアップを図るべく参加した中1塾生、今回の講習会から入塾したお子さんもいました。


5日間、頑張った中1生のみなさん、まずはお疲れ様でした。





今回、さしあたり講習会のみに参加したお子さんがいました。


当塾では、ドンドン問題演習して進んでいきますので、短期間のうちに自分の弱点分野が一気に浮き彫りになります。


そのお子さんは、中学校のテストではそれなりの点数をとっていました。


実際、問題演習をしてもらうと、だいたいの問題は順調に解けています。


でも、要所要所で細かいミスをしていました。


自分では何が原因でミスをするか分かっています。


でも、ミスをしてしまいます。


実はこういった現象はこのお子さんに限ったことではありません。


このようなちょっとしたミスを犯す原因は大きく2つあります。



1つ目が「演習量が十分でないこと」、


そして2つ目が「学習したてで自信がないこと」、


です。



では、実際に細かいミスをしてしまう場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?


それは「1に演習、2に演習」。


とにかく良質の問題を適度に演習する以外に方法はありません。


「理屈ではなく、体で覚えていく」という表現が適切かもしれません。


以前、中間・期末テストでいつも450点以上をキープしている中塾生がいました(Tさん)。


学校で新しい分野に入ると、Tさんは、まずはその範囲の基本問題(教科書レベルの問題)を解いていきます。


この際、Tさんは結構計算ミスを犯してしまいます。


数学だけでいえば、中間・期末で毎回95点前後取っているお子さんが教科書の基本レベルの問題で、ちょくちょくミスを犯すんです。


でもTさんは気にしていませんし、私も気にせず、間違えた問題の類題をすぐにプリントアウトして、ドンドン手を動かして解き進んでもらいます。


Tさんに直接聞いたことはないので確証は持てませんが、恐らく彼女は「今度また同じミスをしたらどうしよう」と不安になったことは一度もないと思います。


むしろTさんは、「自分にはこの問題は必ず解けるんだ」という信念をもって問題を解いていったと思います。


良質の問題を数多くこなしていくことで、Tさんは「必ずできるんだ」という確信を持って、中間・期末試験に臨んでいったわけです。


問題を解いていく上で、間違うことは誰にでもあることです。


単にまだ勉強していなかったからとか、基本事項を覚え切れていなかったからとか、やり方は分かっていなのに何故か間違ってしまったとか。


そして、問題演習をして間違うことこそが、勉強の「スタートライン」になります。


ならば、同じミスをしないようどのように修正すればいいのか、そこをコツコツ乗り越えていけるかどうかが、更なる学力アップのカギを握ることになります。


夏休みは、まとまった復習のできる絶好の期間です。


暑さに負けず、頑張っていきましょう!



【多賀城市の学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

AD
いいね!した人

テーマ:

中3の夏期講習が始まり、受験勉強が本格的に始まりました。





科目によっても対策の立て方は変わってきますが、数学と英語はコツコツ積み重ねて勉強していく科目になります。


高校入試の数学では、動点の問題(関数)がよく出てきます。


実はこの分野は中2の関数で扱うものなのですが、久しぶりに問題に取り組むと手こずる中3生が少なくありません。


先日の授業(講習)で、ある生徒がこの問題を解くことになりました。


1回目は分からなくても全然問題ありません。



「間違えながら、自分の分からない問題を見つけ出して、その問題を克服していくこと」



当YSTでは、その1つ1つの積み重ねを大切にして勉強に取り組んでもらっています。


勉強というものは、極論すれば「今日解けなかった問題をしっかり復習し、明日同じ(ような)問題が出てきたら、100%の確率で確実に解けること」の積み重ねなんです。


ですので、1回目は分からなくても全然問題ないんです。


その生徒に、ポイントを説明して理解して頂き、引き続いて同じような問題を即印刷、演習して頂きました。


ここからは個人差があります。


2回目でしっかり解ける人もいれば、やはり、手こずる人もいます。


3回類題を解く必要がある人は3回解けばいいし、2回で大丈夫な人は2回でいいんです。



大切なのは、


最終的に自力で解ける


ようになること。



結局、そのお子さんは、4回同じような問題を解くことになりました。


そして、自力で正答に到達できるようになりました。


仮に、翌日に模擬テストがあって、同じような問題が出てきたら、彼女は完璧に解いていたでしょう。


今のは関数の問題でしたが、他にもマスターすべき基本事項はたくさんあります。


最終的には、その1つ1つの項目が頭の中にしっかり収まって、本番で最高の答案が書けるようになることが目標になります。


特に数学と英語は、入試レベルの問題に対応できるまでには時間がかかりますので、今からコツコツと基本事項を身につけていきたいところです。


理科・社会は暗記的な要素が多いので、まずは1通り復習すること。


とはいうものの、教科書の太字以外にも覚える内容が多いですので、覚えることが半端なくあります。


でも、多いからと言って「入試前にようやく1回終わりました」ではダメです。


少なくとも入試前に3回は繰り返し勉強できるよう、今のうちから、分野を定めて勉強していきたいところです。


そして、現時点で自分の学力がどれだけなのか。


それを客観的に見極めるために模擬テストを受け、自分の得意・不得意を確認する。


その後は、得意分野を伸ばしつつ、不得意分野の学力がアップするよう、対策を練っていく。


やるべきことはたくさんありますが、子どもたち1人1人と1つずつこなしていきたいと思います。


【多賀城市の学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

部活動と勉強の両立。大変ですね。


でも、部活動がどんなに忙しくても、「自分」をしっかりと持っているお子さんは、勉強でも結果を出しています。



中2の3月から通い始めた女の子がいました。


実は彼女は、入塾当初から安定した学力を持っていました。5教科で401点。


ただ、彼女には1つ不安材料がありました。数学が他の教科の足を引っ張っていたんです。


当YSTのカリキュラムは演習中心になっています。


ただし、やりっ放しというわけではなく、間違った問題があれば、同じような問題を理解できるまで、徹底的に繰り返し演習して知識を「すり込んで」いきます。


その結果、入塾直前71点だった数学が、入塾後最初の前期中間テストで、なんと、94点になったのです。


また、もともと得意だった英語でも、グンっと点数がアップしました。


  入塾直前 → 入塾後最初のテスト
数学    71点       94点
英語    81点       90点
合計   401点      445点


彼女は、仙台市宮城野区から通ってきていました。ですので、通塾は何かと大変だったと思います。


彼女は最初から仙台三桜高校が第1希望でした。そこで好きな部活(新体操)を続けたい。


普段のニコニコした表情からは想像できない、しっかりとした目標を持っていました。


テストの前には、学校の範囲表を持ってきて、「数学はこことここ、英語はここ、理科はこことここの問題を作って下さい」というように、常に自分から目的意識を持って塾の授業に臨んでいました。


当YSTでは、実際に自分の手を動かして問題演習をして、間違った問題の類題を更に演習していきますので、知識が「すり込まれて」いきます。


部活動では県大会に出場を果たしているくらい忙しく、勉強に割ける時間も限られていました。


それだけに、解説中心の授業ではなく演習中心の当YSTの勉強の進め方が、彼女には本当に合っていたんですね。


彼女は見事、第1志望の仙台三桜高校に合格を勝ち取りました!


勉強をやらされるのではなく、自分で目的意識を持って勉強をする。


同じ1時間・同じ2時間でも、受身になって勉強をやらされるのではなく、積極的に自ら進んで勉強をする。最終的に第1志望に合格する人というのは、彼女のように、みんな「自ら進んで勉強をして」います。


既に将来の目標をお持ちの方は別ですが、まだ決まってい ない方は、高校に入学したら何をしたいのか、あるいは高校を卒業したらどういったことをしたいのかを一度じっくりと考えてみてはいかがでしょう。


きっと、勉強に対するモチベーションが変わってくることでしょう。



【多賀城市の学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。