心理セラピスト 大鶴和江@カズ姐さんのエクセレンスな日々。

心理セラピスト 大鶴和江 カズ姐さんのオフィシャルブログ


テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

3月21日〈火〉に東京千駄ヶ谷の

サンクチュアリ出版さんにて昨年9月以来

2度目のトークイベントを開催することになりました。

昨年9月のサンクチュアリ出版トークイベントのようす

 

テーマはこれ。

望み通りの人生を手に入れるために必要なこと

です。

 

 

今回のテーマはですねー。

自己実現にテーマを絞っています。

 

 

私は問題解決を生業にしているので

基本は専門としている心理的な

いろんな問題解決を取り扱うところなのですが、

今回はまったく違う切り口でお話しします。(゚∀゚)

 

 

そうそう、みなさんは

問題解決にはいくつかの段階が

あるのを知っていますか?

 

 

まずは人生に行き詰まり、スタックする段階

最初はたくさんのトラウマを持って人生が行き詰まり

そのトラウマをある程度解決していくと、次には

自分の人生を生きたいという欲求に繋がっていきます。

 

 

そうして、自分の人生を生きるという段階に入ると

また大きな別の問題が自分の目の前に立ちふさがります。

 

 

じつは自分の人生を生きるって恐怖だったりします。

今までは正しいことや常識に従い、周りの価値観の通り

「普通のわたしが最良」みたいなそこそこの人生でいい

みたいに生きてきたわけですから、

へ?自分の人生ってなに?えええ?となります。

 

 

それがいわゆる一時的な絶望感です。

いやそこを逃げたらあかんのですよ。

 

 

そこをきちんと向き合いながらも、

自分の人生を生きることに許可ができて

はじめて自分らしく生きることになります。

 

 

そうして初めて人は自分らしさや自分の好きを

大事にできるようになったときに無理やりではなく

しぜんに今の自分を素直に愛せるようになります。

 

 

そうやってきがついたらしぜんに

自分のありのままを受け入れ愛せるようになって

初めて他人との関係も自然に好転していきます。

 

 

そうすると、ますます自分が欲しいという欲求や

素直に感じている感情に応じて行動もできるように

なっていくでしょう。

 

 

そこまで行くとしぜーんに

人とつながり愛を分かち合える段階に入り、

人に社会に貢献できるようになるわけです。

 

 

それを多くの人は自分が癒されていないのに

無理に貢献レベルをやろうとするから

苦しくなってきて葛藤が生まれ

自分の心の問題がどんどん露呈し、

人間関係や仕事に影響してしまうのですね。

 

 

無理なく自然に自分を受け入れ愛し、

自分も周りも喜べるような人生を手に入れるためには

まず何から手をつけたらいいのか?

望み通りの人生を手に入れるために必要なことを

心理セラピストの立場からお話ししていきます。

 

 

今回のサンクチュアリ出版トークイベントでは

これらのテーマについて詳しくお話していきます。

 

 

■こういう方はぜひご参加ください
・いろんなセミナーに通ったけど結局変わらない
・夢はいろいろあるのに前に進んで行動できない
・もっと自分らしさを知って自分らしく生きたい
・自分の好きなことがそもそもわからない
・行動しても行動しても変われない
・理想の自分と現実の自分のギャップがあり過ぎる
・決意したのに変われないのは自分のせいだと思う
・家族がいるから自分は何もできないと思っている
・自分の好きがわからない、何をしたいかがわからない

 

■イベント概要
日時:2017年3月21日(火)
  19:00 オープン 19:30 ~21:30 終了予定
参加費:5000円

■お申込み サンクチュアリ出版

 

ちなみに昨年9月はこんな感じでした~!

↓ ↓ ↓

サンクチュアリ出版トークイベント「真実の自分に出会う心理学」

 

 

お仕事帰りにカズ姐さんのマシンガントーク!

いかがですか~~~!(゚∀゚)

 

 

どなたもお気軽にいらしてください!

お会いするのを楽しみにしていまっす!

 

 

ではではまた~(・∀・)

 

 

カズ姐さんの新メルマガ読者募集中です!

ブログよりも濃い記事書くよ~怖いよ~へへへ。( ̄▽ ̄)

 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

東京平日リトリーブサイコセラピー基礎コースが

いよいよスタートしました。

 

 

公認セラピストのセッションに感動したので、

自分も真剣にリトリーブセラピーを学びたい!

まず自分の問題を解決したい!

どこに行っても変われなかったけど今度こそは変わりたい!

 

という方たちばかりが集まりました。

 

 

平日なので1日1日の区切りがはっきりしていて

落とし込みやすいのが平日のいいところです。

 

 

さて、どんな10日間になるのでしょうか。

私もみなさんひとりひとりと

濃い関わりをしていくのでとても楽しみです。(・∀・)

 

 

さてさて話しは変わりますが、、、

自分のことを頭が悪く

物覚えが悪い、と思っている

そんな人ってあなたの周りに多くないですか?

あるいはあなた自身がそう思っている。。。

 

 

たとえばこんな感じです。

 

・仕事の手順が何度やっても覚えられない

・人の話しが途中から頭を素通りして入らない

・人の目を見て聞いていると頭が真っ白になって

何を話ししているのかわからなくなる

・人の問いかけに対してまったく違う応答をしてしまう

・本を何度も何度も読んでも中身が頭に入らない

・特定のことだけ考えられなくなってしまう

・特定の話しをしているとなぜか眠ってしまう、、

などなど。

 

 

人は赤ちゃんで生まれたときにはどの人も

そんなには能力差がないと言われます。

 

 

ではどうしてこんなに世の中は東大出の人と

中学卒の人と格差がでてしまうのでしょうか。

 

 

それは環境です。

 

 

残念ながら

どんな親に育てられたのか?

能力差に結びついてしまうんです。

 

 

良い教育を受けられるか?は

親の経済力のあるなしで

子どもの将来が左右されてしまうという

皮肉な現実が日本にはあるのですね。

 

 

それはどうしようもありません。

 

 

しかし、それとは別に、

心理的な問題で自分は頭が悪い

自分の事を決めつけている場合もあるんです。

 

 

その場合は心理セラピーのセッションで

劇的に解決していきます。

 

 

今までの過去の事例でも3件ほどありました。

 

 

セッション受けたら頭が良くなるなんて!

と思うかもしれませんがほんとなんですよ。

 

 

最近でもセラピスト仲間の子がふとしたときに

自分は人の話しが聞けない、聞いても頭に入らない

問いかけに対して違う答えで返答してしまう、、

という現象を仲間から指摘されて自分はおかしい、と

初めて自覚しました。

 

 

そしてセラピーをこのテーマで受けたんですね。

 

 

そうしたら、今では

人の話しがちゃんと入るようになり、

本の内容が何度も読まなければ入りなかったのに

すっすっと入ってくるようになり、

セラピーでも質問で頭が真っ白になっていたのが

次々に質問の言葉が出るようになったり、

相手の問いかけに答えられるようになり、

劇的に改善したのです。

 

 

これには当の本人がとても驚いていました。

 

 

ちなみにこのセッションを担当したのは

松本美奈子さんです。

 

 

あなたは頭が悪いとあきらめていませんか?

それはもしかしたら思い込みかもしれませんよ。

 

 

さて、その松本美奈子さんもセッションします。

今週末の福岡で開催される

公認セラピストのオープンセッションは残席5名!

人との信頼関係を築くためにどうしたらいいのか?

人と戦わずにいい関係を築くためにできる方法とは?

リトリーブサイコセラピーオープンセッションやります!

 ↓  ↓  ↓

 

 

ではではまた~(・∀・)

 

 

カズ姐さんの新メルマガ読者募集中です!

ブログよりも濃い記事書くよ~怖いよ~へへへ。( ̄▽ ̄)

 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

寒いですね。寒いですね。

もう寒いのが苦手な自分は

この時期はまったくダメです。。(ーー;)

 

 

この2月は長い長い大阪ツアー中ですが

今日はいったん東京に仕事で戻ります。

 

 

さて、大阪で2月11日に開催された

大阪1DAY心理学&オープンセッションのようす、です。

 

これは二人目のセッションのときですね

 

 

午前中の心理学の講義でのテーマは

「人とのつながりやコミュニケーション」

 

 

最近よく2017年は人との関わりやつながりや

コミュニケーションが大事だとよく言われていますが、

じゃあ実際どうなの?と。

 

 

つながる、って意味がわからない、

そんな方が多いんじゃないかと思ったんです。

 

 

そこで急きょそのテーマで脱線に次ぐ脱線で

人と繋がるってこういう意味だよ、という話をしていきました。

 

 

そして特に最近の日本人の傾向として

・人と親密になるのを回避しがちなのははなぜか?

・便利な時代になればなるほど回避傾向は強くなるその理由

・ますます深刻になる愛着障害や発達障害

・回避と子育ての困難さの深い関係性

・では人とつながるとはどういうことなのか?

 

などなどなど、、深い話や笑い話なども交えて

3時間近くのマシンガントークでした。

 

そしてその後は2本のオープンセッション。

テーマはまさに!「3世代間で引き継がれる悲しみと罪悪感」。

 

 

 

 

みなさんの感想は、、

● 世代別に掘り下げていくのはおもしろく興味深かった

●自分が上手くいかない原因や背景がわかった

●リトリーブサイコセラピーを生でみれてよかった

●明確に本質を見抜かれていてびっくりした

 

などなどたくさんのご感想をいただきました。

こちらに一部ですがご紹介させていただきます。

●心野由香さん
今回初受講してカズ姐さんの言葉、セッションをリアルに見聞きして心に深く入り込んでくるものがありました。 セッションはリンクする所が多すぎて、クライアントさんが自分に見えて「今までよくがんばってきたね」と また自分を褒めたくなりました。 今、まだ喉の奥が苦しいです。ゆっくり向き合いたいと思います。

●森田美紀さん
濃くて濃くて濃い一日でした。 お話一つ一つ、セラピーセッションは本当に為になりました。 「リトリーブセラピーすごい!」と改めて思いました。 半径10メートルを意識して日々過ごそうと思っています。 参加して良かったです。ありがとうございました。

● K.Mさん
2本目のセッションは私の実母と似ています。 父も存在が薄く母の支配下での生活でした。毎日が戦い。負けてもいい→今、掘り下げ中です。 また、セミナーに参加したいと思います。 世代別に掘り下げていくのはおもしろく興味深かったです。



●S.Mさん 
2本目のセッションを見せて頂いて自分の親と重なることがたくさんありました。 なぜ、身体がいつも緊張しているのか。熟睡できないのか。 自分の居場所が定まらず、自分が何をしたいのか?どんな人生を歩みたいのか。 今から探っていきたいです。課題が山積みですが1つ1つ丁寧に消化していきたいです。

● E.Mさん  
身体の反応を具体的に聞けたのが良かった。 自分の動画をみた時に、歯を喰いしばったり、唇に力を入れている姿を目にして 何の反応・・何だろうと疑問に思っていました。自分で身体に手を当ててもっと体の声を聞こうと思います。

●K・Mさん
基礎コースのときに両親、祖父母の話をいろいろ聞いていたので三世代の話とても納得でした。 人と繋がるは、私にとってとても大きなテーマです。 諦めずに向き合っていこうと思います。 セッション中のカズさんの顔が美しい(笑)

● K,Oさん  
 お二人のセッションを見させて頂きました。 自分の親子関係をところどころ思い起こす部分があり、小さい頃の記憶が思い出されたりして 気づくことがたくさんありました。 細やかに感情に気づかせていかれるところがすごかったです。 ありがとうございました。

●T.Sさん  
 セッションを受けさせて頂いて、負けるとダメになると思っていたのがそんなに深いんだと知りました。 もう抜けたい。小さな事を負ける事からしていきたいと思います。 ありがとうございました。

● R.Eさん  
 自分の人生がうまくいかない理由を自分でいつも考えたり、本やブログなどで勉強して探そうとしてきましたが 私の家族で何が起こっているのか。あんなに明確に本質を見抜いて頂き、自分では考えたこともなかったような事 だったのでびっくりしましたし、わかって嬉しいです。 家族で起こった事を見つけて頂いて、それと同時に私の中で今まで起こっていたこと(感情など)の色々なものがわかり 本当にびっくりしました。 今日は本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

●松岡美登里さん
 初めて、、リトリーブサイコセラピーを生で拝見しました。ずっとブログを拝読し興味を持っていましたが カズ姐さんのお話を実際聴いて、全て納得ができました。 特に3世代間での問題は、わたしも実際に自分の家系の問題を考え、母や父の育った家庭環境を知れば知るほど 子孫に明確に現れる事を肌で感じました。 自分も心理セラピストのはしくれで、実は自分の家系のことを本に書いていました。 今回カズ姐さんが取り上げてお話をされて驚きました。 カズ姐さんのキャリブレーション力、ポジションチェンジの仕方、3世代間の問題提起がとても明確で わかりやすかったです、 私自身、トラウマやフォビアがまだあります。 しかし、向き合うべきは自分自身として、自身のクリーニングに励みたいと思います。 カズ姐さんを始めスタッフ皆様のようなセラピストになりたいと思います。

● K.Yさん  
 カズ姐さんのブログを読み、私に愛着の問題があるのでは?と思い何らか解釈で理解を増やしたくて 本日は、参加させて頂きました。カズ姐さんの説明は本当に分かりやすく、今まで感じていたこと、上手く いかなかったことについて背景がスルスルと理解できたように思います。 カズ姐さんのセッションをライブで見せて頂けたのには、感激でした。  スタッフの方のきめ細やかなサポートが嬉しかったです。ありがとうございました。

●瀧波綾花さん
 いつもリトリーブの基礎やプロで学んでいることより、また違った学びがありました。 今、自分が抱えている悩みがあったのですが、その原因が何かふとわかってちょっと スッキリしました。 3世代セッション。初めて見ててただひたすら「すげー!」って感じでした。 そりゃ、なんとなく3世代も同じものを引き継ぐとか理屈で知っているつもりでしたが 生で見ると目から鱗でした。 あと、人のセッションを見ていて、境界線引いて冷静に観察しながらクライアントさんに 心の中でめちゃエールを送ってたり、カズさんの目線とか雰囲気を見てたりして 前までとは、全然違う自分がいることにびっくりです。 主訴~契約まで、なんかいとも簡単に20份程度でやってしまって(当たり前ですが)る 所とか「そりゃカズさんだもん!やっぱすごい」とかそんな風にも見ていました。 

●M.Mさん
よかったです。セラピー2本拝見して放心状態になりました。 カズ姐さんは卑弥呼みたいにズバリとご神託をいうオーラも。 2年ぶりくらいに、2回目の1日大阪セミナーです。 午前中のカズ姐さんのトークで「大好きな日本が良くなる為に集合無意識の話と 一人一人の状態が良くなる必要があって、コツコツセラピーをしている。とのお言葉に 胸を打たれました。 「日本を洗濯したく候」といった坂本竜馬のようだ!とカズ姐さんの心意気に目がうるみました。 大きな愛の精神にますますファンになりました。 

● N.Hさん  
 孤独を生きていいける日本人。 それは、決して孤独ではなく回避であって、とても危険な事だということをとても理解できました。 受け皿がどんどん減っていくことにとても不安を覚えました。 自分自身の受け皿をしっかり持てたらいいな。と思いました。 その為にいろいろな事を受け止めて、そして自分の感覚でしっかり持って分別していく。 そんな事を強く感じました。 ありがとうございました。

 

みなさんありがとうございました!

また6月くらいにも大阪でイベント開催しようと思います。

 

 

さて、今週末の福岡で開催される

公認セラピストのオープンセッションは残席5名!

人との信頼関係を築くためにどうしたらいいのか?

人と戦わずにいい関係を築くためにできる方法とは?

リトリーブサイコセラピーオープンセッションやります!

 ↓  ↓  ↓

 

ではではまた~(・∀・)

 

 

カズ姐さんの新メルマガ読者募集中です!

ブログよりも濃い記事書くよ~怖いよ~へへへ。( ̄▽ ̄)

 

どこに行っても私は変われなかった、そんな人でも人生がどんどん変わりだす。東京平日基礎コースは残席2名様となりました!

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 残席2名となりました!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

気が付いたら2月4日は私の起業記念日でした。

旧暦ではこの日から新しい2017年が始まる日です。

 

 

13年前に沖縄で独立起業したのが、じつは

この2月4日ですから忘れるはずもありません。

しっかし、時間が経つのはっやいなあ~~と

ひとり感慨に浸っておりました。

 

 

ほとんどの起業者が4年以内にリタイアし、

10年後は1割しか残っていないと言われますが、

なんとか土俵に残っております。汗

 

 

かなりいい加減な事もやってきたというのに

奇跡のようです。。。(;'∀')

 

 

ひとえに応援して下さった読者の方々や

クライアントや受講生や卒業生や関係者

友人のみなさんから大きな力を得て支えてもらいました。

 

 

ほんとにいつか恩返ししたい、という思い。

ありがとうだよみんな。

 

 

そしてそして!

 

 

この機会に新しいメールマガジン

発刊することにしました。(・∀・)

 

 

といっても3か月前からずっと準備してたのでが、

なかなか忙しさに紛れて手を付けられなかったのですが、

このたびやっと第一号を発行しました。

 

 

新しいメールマガジンのタイトルは、、

「カズ姐さんの真実の自分に出会う心理学」

 

 

リトリーブサイコセラピー®という

新しい考えに基づいた心理療法が誕生してから1年。

 

 

なぜか?ものすごい環境や周りの人々が

大きな変化の流れに乗ってきた1年でしたが、

その流れはますます急加速していっているのを感じます。

 

 

リトリーブサイコセラピー®が全国の関係者にとても

注目されているという声が

あちらこちらから聞こえてきました。

ほんとに嬉しい事です。<m(__)m>

 

 

確実に結果をだせる

高い実力のある心理セラピストの

プロ集団を形成する!

という夢がだんだん現実になってきました。

 

 

今年はいよいよ新たなチャレンジに入ります。

その準備も着々と進行しています。

 

 

ブログよりももっと濃い記事や最新の心理情報や

日々のセッションの中から出てきた心理体験や

セッションで出会うちょっと不思議な現象や

心理セラピストや心理カウンセラーになりたい方に向けた

記事などもメルマガの方に書いていくつもりです。

 

 

そして、最新のイベント情報などもメルマガ優先で

アップしていこうと思います。

 

 

ますますブログはゆっくりになるとは思いますが。。

どうかご了承ください。

 

 

よかったらこちらの新しいメルマガに

ご登録いただけるとありがたいです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。<m(__)m>

ではではまた~(・∀・)

 

 

●久しぶりの大分で個人セッションします!

あさっての大阪ですが残席4名様です!

●大阪1DAY心理学&オープンセッション

 

 

どこに行っても私は変われなかった、そんな人でも人生がどんどん変わりだす。東京平日基礎コースは残席2名様となりました!

 

 

公認セラピストのオープンセッション

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席4名ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 残席2名となりました!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

まずはお知らせを。

●久しぶりの大分で個人セッションします!

あと、来週の大阪ですが残席4名様です!

●大阪1DAY心理学&オープンセッション

 

 

さて、先週になるんですが、、、

1月29日に東京公認心理セラピストによる

オープンセッションが開催されました。

 

 

そこで1セッション収録していたのですが、

そのセッション内容がすごく良くて、、。

まさに子育ての問題

テーマにしていた内容だったんですね。

 

 

クライアントの方は離婚したばかりで

孤独に頑張って子育てに奮闘していたものの

やはり子供の甘えや要求に応じられず、

どうしていいものかわからず困惑してしまい、

自分はいい母親ではないと自分責めに入ります。

 

 

いまそういうお母さんはとっても多いですね。

 

 

今や子育ての問題は日本社会全体の

大きな問題として認識されつつあります。

 

 

昔と違って両親とは別所帯を持ち、

核家族化している分、夫婦は自由ではあるけど

出産子育てをする環境としては

気軽に誰かの手を借りるということが

都会では非常に困難です。

 

 

しぜん自分のやりたいことは制限され、

父親が忙しかったり、不在が多いままだと

母親は孤独に頑張って子育てをすることになります。

 

 

とくに回避で人づきあいが苦手で

他人に助けてが言えない、甘えられない

友達もあまりいないし、弱音を吐けない、

そんなお母さんが行く先はやはり子供。

 

 

イライラやストレスをぶつけてしまったり、

子どもを自分の癒しとして過保護に育てたり

子どもの意志を奪ってまで思い通りにしてしまったり、

イイコや優秀な子供にして自分の優越感の道具にしたり、

それらの行為はすべて自分の淋しさを穴埋めする

ために行われる行為です。

 

 

子どもが甘えてくることに応じられない

どうしていいのかわからない

イライラする

 

 

ストレスが溜まっているといっぱいいっぱいになり

心に余裕がなくなってしまうのでイライラしたり

それを抑えて抑うつ的になってしまう、、

 

 

そういうときは人である以上誰でもあるし

そう感じる自分を責める必要はありません。

 

 

そういうときこそ、

私の淋しさは

いったいどこから来るのだろう?

そう自分に問いかけてみて欲しいのです。

 

 

そして、もうひとつ重要なことは

子育ての問題にはかならず

夫婦問題が裏に隠れています。

 

 

父親はじつはキーパーソンです。

 

 

その父親が子どもや妻に関心がなく

回避で関わることをめんどくさがっていたら、、

妻はストレスが増してますます孤独になり

子どもへの依存が強まってしまいます。

 

 

では、家事や育児を手伝えば

問題が解決するのか?

といえばそうではありません。

 

 

妻が望んでいるのはそこではないのです。

 

 

妻が一番うれしいのは家事とかの行為ではなく、

自分の気持ちに共感してくれたり、応答してくれたり、

気持ちに寄り添って

理解してもらえること、です。

 

 

でも回避の夫だとこれがうまくいかない。

わからないんですね

 

 

自分が母親にしてもらったことがない、、

という場合は悲惨です。

 

 

しかし相手を変えるのは難しいですね。

 

 

でも、

自分の心を満たすことは

今からでもいくらでも可能です。

 

 

そうするとご主人との関係性が自然と変わり

子どももしぜんと良い方向に変わっていきます。

 

 

過去何度もそういう場面に立ち会ってきました。

そういう家族の幸せへの道にたくさん関わる

お仕事に喜びをいつも感じています。

 

 

この記事すごくいいこと書いてます。

 

 

ではではまた~(・∀・)

 

 

どこに行っても私は変われなかった、そんな人でも人生がどんどん変わりだす。東京平日基礎コースは残席3名様となりました!

 

 

■関連記事はこちら ↡ ↡ ↡

結局は親子問題じゃなくて両親の夫婦関係の問題

一番苦しんでいる人が実は家族の救世主である

 

 

公認セラピストのオープンセッション

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席5名ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 残席3名となりました!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

先日ブログの記事について

質問が寄せられましたので

それにお答えする形で記事を書いてみました。

 

こちらの記事ですね。

自分の人生を生きるのはこんなにもシンプルなんだ

 

 

ご質問の内容はこちらです。

●雪だるまさん
カズ姐さん、いつも心にぐっとくる記事をありがとうございます。
 卒業牛さんたち、とても良い顔をされてますね。 心からの「仲間、つながり」が素敵だな、うらやましいなぁと思います。 望んでその場所(リトリーブコース)にたどりついたからこそそんな良いつながりが持てるのですよね?

例えば、私はママ友づきあいがとても苦手です。
ひとりでいるほうがマシだったと、10年たってしみじみ感じています。
回避なんでしょうか。

ママ友みたいなたまたまの偶然性で出会った人たちの場合、どんなに大勢に出会っても、心温まるつながりを持てることは確立的にすごく低かったです。 パートとかで出会う噂好きの主婦さんたちも苦手です。 ボスママとか頭の異常な人にしか思えない人こそ仲良くグループになって大勢に囲まれてます。

 カズ姐さんがおっしゃっている今年のテーマ「つながり」はしかるべきひとと、つながることが大事であるのですよね?

 

雪だるまさん、ありがとうございます。

これはみなさんにとっても疑問だと思うんです。

 

 

この「しかるべき人」という意味が私の考えと

雪だるまさんの意味が合っていればいいのですが

つまりはこういうことですね。

 

 

この場合しかるべき人達という意味は

同じ共有できる価値観や興味が同じ仲間、

が集まった場合という意味ですよね?

 

 

その前提でいえば、

確かに福岡メンバーも

同じ心理セラピーを学ぶ仲間として

各地域から集まってきたのですが、

育った背景や環境や家族関係も地域も違うし

生格や個性もまったく違う人達です。

 

 

みんなひとりひとり違います。

 

 

どっぷり自己否定の強い回避の人もいれば、

積極的に人と関わる人もいるし、

隠れ回避の人もたくさんいます。

人と比較ばかりしてる人、

不安でいつもおどおどしている人、

いつも斜めに構えて近寄らない人、

他人のお世話ばかりする人、

いつもゲラゲラ笑う陽気な人、

いろいろいろいろです。

 

 

で、何が言いたいのか?というと。

 

 

どこでもどんな環境にあろうと

人と仲良くなるかならないか?には

あまり関係ありません。

 

 

雪だるまさんのようにママ友と

積極的に仲良くなれないというケースも

そうなんですが、、、、

 

 

私は無理して好きになる必要はないと思うし

すべての人と仲良くしなくてもいいと思います。

 

 

というか、する必要はないんです。

 

 

日本人はすべての人と仲良くしようとするから

人間関係で苦しむ人が多いのだと思います。

 

 

しかし、ですね。。。

 

 

自分の中でこういう人が苦手で嫌い、という

特定のパターンの人への苦手意識がある場合。

これはほとんどの人がおそらく持っています。

 

 

そういうこんなタイプはいいけどこんなタイプは嫌い

というパターンが存在している場合はとくに

どこに行ってもそういう人が現れると

嫌気がさして相手を避けてしまう、、

という自分の反応が無意識に行動に現れます。

 

 

はい、相手じゃないんです。

自分が反応しているわけです。

 

 

人というものは、、、

自分が避けられている、嫌われている、

なんとなく相手が自分に近寄ってこない、とわかると

相手も自分を嫌って近づいてこなくなります。

 

 

たとえばボスママのような人でも

自分から見ると「なんて傲慢な人なの!怒」と

思うかもしれませんが、周りの人からみると

明るくてアケスケで本音で語れるのが好かれている、

そういう一面もあるのかもしれません。

会ってみないとこればかりはわかりませんが。。。

 

 

一部分だけで判断するものでもなく、

いいところもあれば、裏を返すと短所だったりします。

どんな人もそういう一面を持っていますよね。

 

 

自分があいつサイテーと思っていても、

ボスママがそれでも人気があるのは周りの人の

「好み」の問題でもあったりします。

 

 

じつはこの「好み」がやっかいなんです。

 

 

好みを言い換えると、

あのひと好きあのひとキライ

という意味にもなりますね

 

 

直接被害があったわけでもないのに

あのひとキライという場合は特に要注意。

 

 

自分の過去の未解決の問題が

心の中で疼いている証拠です

 

 

自分の心の中に存在する未解決の問題を

人は他人の中に見出します。

 

 

それが投影と言う心理です。

 

 

すると環境をいくら変えても回避傾向のある人は

不安と怖れの自分の心の世界を投影して見ているため

いろんな人に反応を起こして緊張してしまい

疑心暗鬼になってますます人が信用できなくなり

誰とも関わりたくなくなってしまうでしょう。

 

 

そして、この回避という状態は解決しない限り

どこに行ってもどんな場所に移っても

ずっと同じような問題が繰り返されていきます。

 

 

いま公務員や教員のうつの休職が多いと聞きます。

公務員や教職員には回避の人がたくさんいます。

 

 

感情を切ってひたすら親の願望をかなえるために

イイコの役割を演じてお勉強してきても

予測不可能な人間的な感情や情緒を通じた関係性が

苦手で人と関われないわけです。

 

 

役割を降りると決めたらいいんだけどね。

 

 

この回避傾向の問題を解決しない限り、

職場に復帰したとたんに恐怖と不安状態に陥り

再び休職してしまう、、それがずっと続きます。

 

 

それではいつまでも解決できないでしょう。

 

 

話しを戻します。

 

 

人と繋がるというのは

しかるべき人たちだけ、つまり

特定の自分の心地よい人達とだけつながると

限定しているわけではないわけです。

 

 

むしろ、つながる人を選べる自由があります。

 

 

どんな人ともつながらなければいけない、

というわけないですから。

 

 

違う人達が集まっている場所であっても

自分で人間関係を選んでいれば

別につきあう必要はありません。

 

 

むしろ、問題なのは

私が人と繋がれないことがダメなんだ、

だから嫌だけど

人と繋がらなければならない

と思い込んでいる、こちらの方がはるかに問題です。

 

 

人と関わらないことで得られているメリット、たとえば、

人に関わらなければ傷つかないで済む

人から嫌われたり否定されずに済む

などなどそういう利得があれば関わらなくても

ご飯は食べていけるわけですから

何も問題はないはずです。

 

 

そもそも人と関わるのがめんどくさいし

独りでいる方が楽、親密になるのがうっとうしいし

煩わしい、でも一人でいると怖い、

普通の人と見なされないし孤立する可哀想な人

と思われるのがそもそもイヤダから

人と繋がらなければならないんだ、と思う、

どんな人が来てもメンドクサく感じます。

 

 

でもそれで自分の心の平和が保たれている

というわけですから、

本人にとって問題じゃなければ

それは問題ではありません。

 

 

だから別に人と仲良くできないから問題だ

と思う必要はないんです。

 

 

それで今が楽だから

それを選択しているわけです。

 

 

その代わり生涯誰ともつながれないわけで

一生孤独になっちゃうかもしれないけどね。

 

 

というわけで、

つながらないのが問題なのではなく、

人と仲良くできない自分をつながれないダメな人だと

自分責めをしてしまったり、

つながるのがトレンドなんだから

人と何が何でもつながらなきゃと思って

あせってつながろうとする方がかえって問題なんだ

ということが回答です。

 

 

長くなりましたが今日はこのへんで。

ではではまた。

 

 

どこに行っても私は変われなかった、そんな人でも人生がどんどん変わりだす。東京平日基礎コースは残席3名様となりました!

 

 

■関連記事はこちら ↡ ↡ ↡

認知のゆがみってPPAPなんですよ

自分の人生を生きるのはこんなにもシンプルなんだ

人と繋がるってどういうこと?

受け取ることは繋がること

心の声とエゴのささやきはどう違う?

 

 

回避傾向の方々にもぜひ来ていただきたい。

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 残席3名となりました!(・∀・)
人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。


新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席7名となりました(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)
 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

 

もう先週のことになりますが、、、

福岡リトリーブサイコセラピー基礎コース4期

卒業式が行われました。

 

この支え牛、ですが、牛のこと、ではありません。(笑)

 

 

じつは共依存のテーマでこの人が講義していたとき、

共依存の支え手のことを書いていたら、

この「手」が「牛」になっていたらしく、、、

みなさんが「はあ?支え牛ってなんなんだ?」

みなさん大爆笑となりました。ww

 

 

みんな支え牛を卒業だぜーい!受講生の力作です。素晴らしい!(笑)

 

 

それ以降、共依存の話しをするたびに

支え牛が~とずっと言い続けていたために、

最後の最後まで牛、牛、みんなで連呼するはめに。(笑)

 

ほんとに最後はワイワイみんな仲良しで

楽しい講座の締めくくりになりました。

 

 

ほんとによかったなあ~。

 

感動感動の卒業パーティはみんなでお別れの歌を歌ってくれました。泣

 

みなさん、沖縄から大阪からあちらこちらから

集まっていただいてこの日を迎えられて

またみんなそれぞれの道に進んでいきます。



寂しいのですが、ここで出会えた仲間は

一生のお付き合いになる宝物です。

 

 

さっそくメンバーのひとりから講座の感想を

いただいたので一部シェアしますね。


この方は、自分と向き合うと決めてコースを受講し、

人との関わりは上手なのですが、回避傾向が強くて、

笑顔で頑張るまさに辛い人生をみずから選択して

誰かのために犠牲になって生きる、を実践していた方です。

 

 

その原因はじつは母親との関係にありました。

 

一部名前などを変更して掲載させていただきます。

●H・Rさん
「今度こそ私は変わりたい」と強い決意をして受講させて頂きました。
「母親との関係にも、今の自分からも、絶対に逃げない!絶対に向き合う!」と決めて。。。

最終回の他の方が受けているセッションをぼーっとみていたときのことです。
突如、私の中から「幸せになってはいけない」そんな心の声が聞こえてきました。
その時は、一瞬にして体が硬直し、身震いして、動揺が隠せませんでした。

帰りの列車の中で、恐くて怖くて、冷静さを取り戻したのは翌日の夕方。

まさか自分自身で「幸せになってはいけない」という思い込みがあるとは思ってもなかったから愕然としたけれど、これまでの自分を振り返ると妙に納得しました。

今、家族がいて幸せの中にいるのに、あえて不幸になる選択をしたり、これを掴めば幸せな気分になると分かっててもそれを決して掴むことはなく、別の不幸な選択を選んだりと。。。ここか。。。と、愕然しつつも腑に落ちた瞬間でした。

じゃあ、誰より幸せになったらいけないの?となったら、
母親の苦労話を子供の頃から聞いてきたからだろうか?母親だ!と直結しました。

だからと言って、無理やり私は幸せになっていいと思いたくても、
そう簡単には思えず松本さんに相談したところ、

「今もお母さんは不幸なの?」との質問に、
「いいえ、あの頃に比べたら幸せそう」と答え、
「だったら、お母さんも幸せになったし、もう私も幸せになっていいでいいんじゃない?」と言ってくれました。

とてもシンプルな考え方に「そっか、そうだね」とほっこりしました。
私は難しく考えるくせがあって、考え方をシンプルにする練習を始めることにした。

シンプルに考える練習なんて、
この歳になってするとも思っていなかったけど、今までしてきていなかった分、やってみると、とても難しいのです.。笑

ここでの気づきは、『私は人の言動を気にしすぎるあまりに、時には難しく捉えたり、時には歪曲に捉えたりして生きてきたのだろうか』と。。。

そうして、迎えたオールセッション。
私のテーマは「他人の目を気にしながら今を生きている。私は変わりたい」でした。

他人の目を気にしながら生きてきて、酷く疲れてきっていたわたし。
そして、こんなにも疲れているのに、他人の目を気にしながら生きていることをやめることができない。

しかし、これを手放さないのは他の誰のせいでもなく自分自身でした。

決めたことをやらなかったり、
意志が弱く流されたり、
途中でやめてしまうことで、
まるで自分のダメを証明するかのような生き方をしてきました。

そうやって、ダメな自分を証明した後、決まって「まぁいいか」と自分を慰める言葉を口にして変わろうとすることを決してしない私

オールセッションの中でカズ姐さんが、「好きか嫌いかだけで選ぶ!たったこれだけ!他人は一切取り込まない!それができるようになることだよ。」

そう言われた時、私は、自分がいったい何が好きで何が嫌いかが分からず、何を選択したらいいのかが分からなくなってしまいました。

自由を経験したことがない私。

自由って何?
私の幸せって何?


目の前がグルグルなって頭が真っ白になって、その後カズ姐さんに何を言われたか覚えておらず、後で、○○ちゃんに教えてもらいました。

「これを乗り越えたら人生ガラリと変わるからって、そうカズ姐さんは言ってくれていたよ」って。涙がこぼれるほどありがたい言葉でした。

挫折の中、この言葉が今の私には希望であり、好きか嫌いかだけで選択をするということを足場にして、今、自由の感覚を経験している最中です。

「私の人生を生きる」本当は難しく考えていたのは私で、自分の人生を生きるってとってシンプルな事だったんですね。

 

HRさん、ありがとうございます。

自ら誰かのために捧げる犠牲者となり

人生を辛く難しくしているのは

じつは自分自身なんだ

気が付かれて本当に良かったと思います。

 

 

Hさん、このセッションをした後ほんとうに

自由を選んだことがないのでぼーーっとしていて、

じゃあどう生きたらいいの??という絶望感になりました。

 

 

しかし、その後シンプルに好きか嫌いか?で選ぶという

トレーニングを行動レベルで行ってみて、

それでまだ恐怖が出てくるようであれば、

まだ母親からの支配が強い証拠だよ、と言われると

納得していました。

 

 

それぐらい、母親が彼女を徹底的に支配して

コントロールしていたのですね。

本人も気づかないのです。

 

 

最近金曜の夜の番組のあれ、ですよ。

私もあれを見てひょえーーー怖ええーー!と。。

お母さん、娘をやめていいですか?

 

 

あの番組は事実あると思います。

リアル現実であったことをドラマにしているはずです。

だってリアルすぎる!www

 

 

そうそう、この共依存の支え牛、じゃない、

支え手になるのは娘であったり、パートナーであったり

支える人がいるから共依存って成り立つんです。

 

 

だから自分の人生を本来あるべき

自分の手に取り戻すためには

自分で選んで責任を取る!ことが大事。

 

 

それが自分の人生を生きるということです。

 

 

福岡のリトリーブサイコセラピー基礎コースは

誰かの為にではなく自分の人生を生きよう!

がテーマだったと思います。

 

 

そして、いつでも自分は自由に選べるんだ、ということ

選んでもいいんだ、そして選んだ責任は自分がとる、

それが自由なんだということ。

 

 

自由な人生って楽しいよ。ほんとに。

責任が伴うけどね。(・∀・)

 

いつもの卒業祝いの特大ケーキ!美味しかったーー!

 

福岡リトリーブサイコセラピー基礎コース

4期のみなさん卒業おめでとう!

 

どこに行っても私は変われなかった、そんな人でも人生がどんどん変わりだす。東京平日基礎コースは残席5名様となりました!

 

 

■関連記事はこちら ↡ ↡ ↡

認知のゆがみってPPAPなんですよ

人と繋がるってどういうこと?

受け取ることは繋がること

心の声とエゴのささやきはどう違う?

 

 

回避傾向の方々にもぜひ来ていただきたい。

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 残席4名となりました!(・∀・)
人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。


新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席7名となりました(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)
 

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

カズ姐さんこと大鶴和江です。

 

東京にもどってきてから、

毎日毎日デスクワークばっかし。

目は疲れるし身体はなまるし、足はむくむので、

ほんとに身体動かさないとだめですね。

 

 

 

さてさて、先日は福岡の勉強会で

回避性の愛着スタイルという

人の愛し方のスタイルについて

2時間ほど講義しました。

 

 

これがすごくよかった!と

みなさんにとても好評でしたので

ちよっとだけですがシェアします。

 

 

回避という状態はすべての人を回避して

ひきこもるというのも立派な回避状態なのですが、

そこまで行かなくてフツーに社会生活の中でも

人との関係性が希薄で

人と本音を打ち明け合うような関係はできず、

親密になろうと距離を近づけば近づくほど嫌になり、

感情を伴うような交流はできずに距離のある関係の方が楽で

関係性に責任が伴うような状況を避けたり、

笑顔でその場をやり過ごしてしまい

人と心から繋がることが苦手で独りで頑張るのが好き、

などなどの状態を指しています。

 

 

 

日本人はこの回避状態が強くて

自分だけの世界にひきこもり

人と親密な関係性が保てない

人間関係が続かない、

という人がすごく増えていると感じています。

 

 

ただ、本人がお困りでない場合は

これは別に問題ではありません。

 

 

だってそうすることで得られるメリット(利得)は

たくさんあるからです。

 

 

人と関わらない分自分の世界だけで完結できて

誰にも傷つけられないから非常に楽、

だったりします。

 

 

いや、私は人と関わっていますという方でも

笑顔でその場その場をやり過ごすだけで

じつは心の内側をさらけ出した本音の関わりができず

人と心から繋がるという経験をしたことがない、

という方も多数存在しています。

 

 

心から目の前のパートナーやお子さんや

友人とつながることができないとどうなるのか?

 

 

はい、いろんな問題がたくさん生じます。

だからセラピーに来られる方にこの回避が多いことが

非常に気になっています。

 

 

■回避になってしまうとこんな状態に
・人づきあいがそもそも苦手で家に帰ると一気に疲れが出る
・集団は良くても個室で一対一になると息が詰まる、急に緊張する
・ネットやスマホなどの情報依存になりやすい
・恋愛はあっさりしたものがよくて相手が感情的になると一気に冷める

・恋愛はリアル恋人作るよりアニメキャラなどを好きになる
・信頼関係を他人との間で築きにくい、人を信用できない
・人に助けて欲しいと言えない、甘えることができない
・人に心からの本音を言えない、自己開示できない
・いつもひとりで頑張ってなんとか自分ひとりでこなしてしまう
・人とチームで仕事をすることが苦手、自分の成功を追求したい
・責任をとることがイヤ(結婚、子育てに問題が多い)
・人と共感的な関わりができないし苦手
・自分が何を感じていて何が欲しいのか自分がわからない
・笑顔でシールドを作りその場をやり過ごすクセがある
・子育てが苦痛で子どもに共感的な関わりが出来ない、

 子どもに甘えられたらどうしていいかわからない
・子どもを自分の思い通りにしようと支配する傾向がある
・未知の経験にチャレンジするのが怖くて現状維持に甘んじる
・働きたくない社会と関わりたくないお金だけ欲しいと依存対象に寄生する


ここに10個近く思い当たる場合はすでに

回避の愛着スタイルを維持している可能性大です。

 

 

ではどうすれば克服できるのか??

 

 

まずは順番があります。

 

 

そして、どんな人でも

人と繋がる喜びを得ることができます!(・∀・)

 

 

ここだけでは書ききれない量なので

今日は長文でコラムを書いてみました。

人づきあいが苦手で親密になるのを回避してしまう

 

 

■関連記事はこちら ↡ ↡ ↡

つながっている感覚がないから離れられない

もしかしてあなたは独り言がクセになってませんか?

人の成功や幸福を喜べない~自己愛の傷つき

つながりが大きな結果を生み出していく

 

 

回避傾向の方々にもぜひ来ていただきたい。

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 


 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席2名だそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 募集開始ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

プライドが高いということはいいことだ、と

思われがちです。

 

 

実際、私も二十代はもうそれはそれは

非常にプライドが高くていまの自分から見ても

痛々しくて見るに堪えられないくらいでした。(笑)

 

 

あの時代よりいまは年齢と経験を経てきたこともあり、

また、いっぱい痛い目にも遭い学んできました。(笑)

 

 

そして、

この心理を深く探求する旅にでていったこともあり、

自分のつまらぬプライドを捨てるチャレンジを

いくつもいくつも経験してきました。

 

 

それでも残ったプライドはどうしてもこれだけは!という

譲れぬ一線というものだけ残してあります。

 

 

ただ、人と比較してというもの、ではないんです。

それが昔のプライドと今のプライドの大きな違いですね。

 

 

世にいうプライドが高いということは

言い換えるとこんなかんじ。

 

 

人に見下されたくない、

馬鹿にされたくない

人に負けたくない

頭を下げてお願いしたくない

人に助けて欲しいと言えない

甘えたくない

ありがとうという言葉が言えない

です。

 

 

たくさんの人のセラピーをして日々実感するのは、

これらの他人と比較して負けたくない!という

高い高ーーーいプライドを維持し続けるために

自分のたくさんの自由を捨てているんだ

ということ。

 

 

負けたくないという人は人と比較して

自分はダメだと感じることでとても傷つきます。

 

 

だからそれを感じることを徹底的に避けるために

より自分が優れているんだという立場に

身を置こうとして比較や競争の意識から

頭が離れられません。

 

 

自分が人と比べて劣っているという

無価値観を感じると死にたくなる

も多いです。

 

 

それを覆すために一生懸命完璧さを目指して

頑張り続けては疲弊しそれでも自分を鞭打って

駆り立てて頑張り続けていく。

 

 

プライドの高さと自己価値の低さは同等です。

自己否定の強さがプライドの高さなんです。

 

 

世の中の人の中には自己否定感を感じたくないから

それを感じないように頑張っている人が多いとすれば、

どうでしょうか?

 

 

それで馬車馬のように働けばいつか成功します。

 

 

そしてその頑張りが成功体験として記録に残り

その成功充実感を味わう為にさらにさらに

馬車馬のように自分を駆り立て続けなければなりません。

 

 

私はいつぞやもブログで何度か書いたように

幸せと成功は同じじゃないんです。

 

 

成功しているから幸せだというように勘違いして

成功をずっと追い求め続けていると

何のために生きているのかわからなくなりますよね。

 

 

いい服を来て、いいところに住み、いい車に乗り、

他人を見下して自分は勝ち組だと思っていたら

ある日大きな災害ですべて一夜で失ったときには

生きることすらできなくなってしまうでしょう。

 

 

幸せとはどんな環境にいても

いま生きていることに満足して

心の平安や平和を持てることだと思います。

 

 

人との繋がりや人の優しさや愛に触れたときの

腹の底から湧き上がる喜びや自分が心から納得のいく

人生を味わう充実感や満足感にくらべたら

物やお金の価値は大したことないんです。

それは単なる道具にしか過ぎないから。

 

 

その充実感や満足感を得るための道具として

お金や物があるわけですから。

 

 

そう、頭ではみんなわかるよーと言いますが。。(笑)

 

 

そんな方にこのイベントに来てほしいと思います。

テーマは自己愛の傷つき。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

■関連記事はこちら ↡ ↡ ↡

もしかしてあなたは独り言がクセになってませんか?

人の成功や幸福を喜べない~自己愛の傷つき

誰かのようでなくては生きることができない

人生は勝ち続けなければ意味がない~仁義なき戦い

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席2名だそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 募集開始ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(4)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

昨夜関空から福岡に飛んできました。

夜の移動だったのでさすがにぐったり。。

 

 

今日は大分に所用で出かけます。

 

 

さてさて、本日のテーマです。

あなたは独り言が多いですか?

 

 

私は幼少期はほとんど独り言ばかりでした。(笑)

30代くらいまではあったかな?

 

 

このブツブツ言う独り言、ですね。

 

 

独り言って

自分で自分に言ってます。

 

 

当然ですね。

 

 

じつは、

自分で言っていながら

誰にも聞いてもらえていない。

話しを自分だけが聞いてる、

という状態です。

 

 

寂しいですね。

 

 

独り言を言うことで人と関わらずに

自分の内的世界に引きこもっている、

ということです。

 

 

私も幼少期は母がいつも不在の家で

父が家の金を持ち逃げして放蕩したため

母は私と兄を育てるために小さな体で

朝昼晩と身を粉にして働いていたのです。

 

 

なんとなく母の苦しそうな事情を感じていた私は

母が保育園のお迎えにも来れない状態を察して

私はいつも夕方までひとり遊びしていました。

 

 

そのうち人形を使って独り言を言って会話していたり、

お寺の裏で泥をこねながら泥だんごを作っては

ひとりでいつもぶつぶつ何か言いながら

空想していたのを思い出します。(なんかおかしい(笑))

 

 

これが大人になってもクセになっている人たちを

よくよく見かけます。

 

 

私やりたいんだけどなあ、、うーんでも、、、云々、。

あーあの人変なこと言うんだよね、、、云々、、、。

いいよねーあの人は褒めるけど私には、、云々、、、。

 

 

そんな独り言をぶつぶつつぶやいている人。

いますいます。

 

 

これが周りに人がいない場合はまだわかります。

 

 

しかし!

 

 

目の前に人がいるのに

周りに人がいるのに

独り言をさかんにつぶやく場合は

なにか別の理由があるかもしれません。

 

 

こういう場面を想定してみてください。

 

 

目の前に自分がいて一緒に食事してるのに相手が、、、

私やりたいんだけどなあ、、うーんでも、、ぶつぶつぶつ、、。

あーあの人変なこと言うんだよね、、、ぶつぶつぶつ、、、。

いいよねーあの人は褒めるけど私には、、ぶつぶつぶつ、、、。

 

 

これってリアクションに困ると思いませんか?

こちらもリアクションしていいのかどうか?

 

 

よくありました。

 

 

私もこれが極端に行動パターンとして出ている人と

一緒に過ごしたことがありますが、

このぶつぶつぶつの中にえっ?それって!という

本音ともとれるブラックがチラチラ見えることがあり

ドキッとすることがありました。

 

 

要するに独り言で愚痴っているわけです。

 

 

ああ、言えないからこんな風に

独り言をいうことでストレスを解消しているんだな、

くらいにしかその時は思いませんでした。

 

 

しかし、ある日

それだけじゃないんだなと気づきました。

 

 

人とつながることに

恐怖と不安を感じるからこそ

自分の本音にフタをして隠し

そのストレスから

独り言をいうことでバランスを保ってきた、、

ということに。。

 

 

もしかしたら?

 

 

なんらかの理由で幼少期に、

自分に関心を持ってもらえないことが続き

誰かからの愛情を得られずに育ち

愛情と信頼で人とつながること自体を

幼少期のある時期からあきらめてきた

可能性があります。

 

 

どうせ自分は愛されないのだ仕方がないのだ、と

そう思い込み親の言う通りのイイコになったり、

 

 

どうせ人は信用できないものだ、と

自力で頑張って何でもできる子になってみたり、

 

 

どうせやっても見ても褒めてももらえないのだ、と

拗ねて人をうらやみ妬みひがんで被害者になってみたり、

 

 

そうしているとどんどん身体の中に

毒が溜まるようにブラックが肥大化していくでしょう。

 

 

本音を言えない人は

他人とつながることができません。

 

 

本音を信頼してつながりたい相手に

素直に明かすことができない場合は

相手との関係は距離ができてしまいます。

 

 

そうすると憶測で物事を測るようになり

不信感をますます強めていくうちに孤立して

結局それがさらに人への恐怖となって遠ざけるようになり、

ますます人と繋がることが出来なくなってしまうでしょう。

 

 

個の力で突破していくのも大事です。

 

 

しかし、人は最終的には完全ではないのですから

できないところを認めて受け入れて人に助けを求め

そして人に快く協力し合える関係ができれば

もっともっと人生が楽にうまくいけるのだと思います。

 

 

みなさんも親子や兄弟、友人、パートナーや同僚と

恐怖や不安でつながるのではなく、

本音を言っても引かない関係性

創り上げるといいですね。

 

 

今日明日でできるとは思いません。

 

 

関係性づくりは積み重ねです。

 

 

自分の心や感情が安定していないと

相手を責める口調になってしまいがちになります。

 

 

でも信頼関係が構築されるようになると

いつ何を言っても信頼関係は崩れないようになります。

 

 

人とつながるというのは

独り言で自分の世界にひきこもるのではなく、目の前の相手ときちんと本心からつながること。

 

関係ないけど大阪勉強会のランチは遠足です。(笑)

 

さてさて、東京平日リトリーブ基礎コースが2月から開催します。まだ募集してますよー。

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席2名だそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 募集開始ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)