心理セラピスト 大鶴和江@カズ姐さんのエクセレンスな日々。

心理セラピスト 大鶴和江 カズ姐さんのオフィシャルブログ


テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

昨夜関空から福岡に飛んできました。

夜の移動だったのでさすがにぐったり。。

 

 

今日は大分に所用で出かけます。

 

 

さてさて、本日のテーマです。

あなたは独り言が多いですか?

 

 

私は幼少期はほとんど独り言ばかりでした。(笑)

30代くらいまではあったかな?

 

 

このブツブツ言う独り言、ですね。

 

 

独り言って

自分で自分に言ってます。

 

 

当然ですね。

 

 

じつは、

自分で言っていながら

誰にも聞いてもらえていない。

話しを自分だけが聞いてる、

という状態です。

 

 

寂しいですね。

 

 

独り言を言うことで人と関わらずに

自分の内的世界に引きこもっている、

ということです。

 

 

私も幼少期は母がいつも不在の家で

父が家の金を持ち逃げして放蕩したため

母は私と兄を育てるために小さな体で

朝昼晩と身を粉にして働いていたのです。

 

 

なんとなく母の苦しそうな事情を感じていた私は

母が保育園のお迎えにも来れない状態を察して

私はいつも夕方までひとり遊びしていました。

 

 

そのうち人形を使って独り言を言って会話していたり、

お寺の裏で泥をこねながら泥だんごを作っては

ひとりでいつもぶつぶつ何か言いながら

空想していたのを思い出します。(なんかおかしい(笑))

 

 

これが大人になってもクセになっている人たちを

よくよく見かけます。

 

 

私やりたいんだけどなあ、、うーんでも、、、云々、。

あーあの人変なこと言うんだよね、、、云々、、、。

いいよねーあの人は褒めるけど私には、、云々、、、。

 

 

そんな独り言をぶつぶつつぶやいている人。

いますいます。

 

 

これが周りに人がいない場合はまだわかります。

 

 

しかし!

 

 

目の前に人がいるのに

周りに人がいるのに

独り言をさかんにつぶやく場合は

なにか別の理由があるかもしれません。

 

 

こういう場面を想定してみてください。

 

 

目の前に自分がいて一緒に食事してるのに相手が、、、

私やりたいんだけどなあ、、うーんでも、、ぶつぶつぶつ、、。

あーあの人変なこと言うんだよね、、、ぶつぶつぶつ、、、。

いいよねーあの人は褒めるけど私には、、ぶつぶつぶつ、、、。

 

 

これってリアクションに困ると思いませんか?

こちらもリアクションしていいのかどうか?

 

 

よくありました。

 

 

私もこれが極端に行動パターンとして出ている人と

一緒に過ごしたことがありますが、

このぶつぶつぶつの中にえっ?それって!という

本音ともとれるブラックがチラチラ見えることがあり

ドキッとすることがありました。

 

 

要するに独り言で愚痴っているわけです。

 

 

ああ、言えないからこんな風に

独り言をいうことでストレスを解消しているんだな、

くらいにしかその時は思いませんでした。

 

 

しかし、ある日

それだけじゃないんだなと気づきました。

 

 

人とつながることに

恐怖と不安を感じるからこそ

自分の本音にフタをして隠し

そのストレスから

独り言をいうことでバランスを保ってきた、、

ということに。。

 

 

もしかしたら?

 

 

なんらかの理由で幼少期に、

自分に関心を持ってもらえないことが続き

誰かからの愛情を得られずに育ち

愛情と信頼で人とつながること自体を

幼少期のある時期からあきらめてきた

可能性があります。

 

 

どうせ自分は愛されないのだ仕方がないのだ、と

そう思い込み親の言う通りのイイコになったり、

 

 

どうせ人は信用できないものだ、と

自力で頑張って何でもできる子になってみたり、

 

 

どうせやっても見ても褒めてももらえないのだ、と

拗ねて人をうらやみ妬みひがんで被害者になってみたり、

 

 

そうしているとどんどん身体の中に

毒が溜まるようにブラックが肥大化していくでしょう。

 

 

本音を言えない人は

他人とつながることができません。

 

 

本音を信頼してつながりたい相手に

素直に明かすことができない場合は

相手との関係は距離ができてしまいます。

 

 

そうすると憶測で物事を測るようになり

不信感をますます強めていくうちに孤立して

結局それがさらに人への恐怖となって遠ざけるようになり、

ますます人と繋がることが出来なくなってしまうでしょう。

 

 

個の力で突破していくのも大事です。

 

 

しかし、人は最終的には完全ではないのですから

できないところを認めて受け入れて人に助けを求め

そして人に快く協力し合える関係ができれば

もっともっと人生が楽にうまくいけるのだと思います。

 

 

みなさんも親子や兄弟、友人、パートナーや同僚と

恐怖や不安でつながるのではなく、

本音を言っても引かない関係性

創り上げるといいですね。

 

 

今日明日でできるとは思いません。

 

 

関係性づくりは積み重ねです。

 

 

自分の心や感情が安定していないと

相手を責める口調になってしまいがちになります。

 

 

でも信頼関係が構築されるようになると

いつ何を言っても信頼関係は崩れないようになります。

 

 

人とつながるというのは

独り言で自分の世界にひきこもるのではなく、目の前の相手ときちんと本心からつながること。

 

関係ないけど大阪勉強会のランチは遠足です。(笑)

 

さてさて、東京平日リトリーブ基礎コースが2月から開催します。まだ募集してますよー。

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席2名だそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 募集開始ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

今年は年始のスタートから飛び回り

東京から札幌に飛び、今は大阪。

 

 

先日は土日に大阪プロコースを終えて

またまた今週末は福岡二飛ぶ予定です。

 

 

今年から少し仕事のペースを緩めて、、、と

思っていたのですがやることが満載で

前半はすごくハードになりそうなので、

体力増強のために茶麹や酵素を飲んでます。

 

 

さてさて、先週の月曜日は

東京1DAY心理学&オープンセッション

を開催しました。

 

 

遠くは山口県から来られた方もいらして

ほんとに寒い中をみなさんありがとうございました。

 

東京1DAY心理学&オープンセッションのようす

 

 

午前中の講義は「人生脚本は変えられる!」というテーマで

1時間半くらいのフルスピードで講義を進めていきました。

 

 

そして、三本のオープンセッション。

 

 

今回も濃厚でした。

 

 

なぜこの問題が「そこ」に行きつくのか?

不思議に思われる方が多かったと思います。

 

 

今目の前に起きている自分の問題が

たいしたことないわ、と思っていると

何が何だかわからないけどもやもやしていて

生き辛いという状態に陥ることがあります。

 

 

上司からパワハラを受けているという問題が

じつは父親との関係と深いつながっていたりします。

 

 

結婚できないという問題が、じつは

母親との共依存関係が原因となっていたりします。

 

 

人に言いたいことが言えないという問題が、

じつは、母親の過保護や不安を引き受けていたり、

 

 

いい人がやめられないという問題は

じつは、幼児期に親子の関係で

恐怖を抑圧していることがくるものだったり、します。

 

 

リトリーブのセッションではそこを言葉だけではなく

動的な視覚と体感覚を扱っていくことで

五感を揺さぶって

無意識の内側からの心の声を

身体と感情で表現し解放していきます。

 

 

リトリーブサイコセラピーのセッションを

初めて見た!という方が大半でしたが、

みんな本当に驚いていました。

 

 

●講義が刺さりました

●セッションをみて勇気をもらいました

●セッションの方法が想像と違っていてなんかすごい

●生で3本見る事ができて、為になりました。

●カズ姐さんのセッションすごいですね

 

などなど、

いろんなうれしいご感想をいただきました。

 

●Y,Fさん

著書を読ませて頂いてほどんど自分に当てはまるので、今日のセミナーすごく楽しみでした。恐れを手放す覚悟、少しづつ近づいていきたいです。
 

●藤原智子さん

他人事には思えなくて、込み上げてくるものがありました。安心安全の感覚を育てる事が大事でセッションでの温かいぬくもりや感覚を身体にしっかり思えさせてという言葉に深く腑に落ちました。普通にカウンセリングを受けても本を色々読んでもわからないことなので、カズ姐さんのセッションすごいと思いました。
 

●Mさん
最初の講義、今更ですが今の自分にとても刺さりました。オープンセッションどれも、自分とかぶることがありますが最後の方の親子問題は、特に今日の参考になりました。
 

●Kさん

他の方のセッションを通して苦しくなったり怒りが湧きでて、自分の中に怒りがたくさんたまっている事を感じました。個人セッションでは聞けない話も聞けて良かったです。
 

●Rさん

とても良かったです。自分も受けてみたいと思いました。怖いですが、怖いという感覚が大切だと知れて良かったです。次に進みたいと思います。
 

●T子さん
始めて参加して、見ているだけなのに涙が出たり。あまり感動しないタイプなのに自然と感情が動いたりしたことにびっくりしました。言葉じゃなくて感覚なんですね。自分の感覚を豊かにすることが大切なんだと思いました。
 

●S,Mさん

まだ、触れた事のなかったモヤモヤした心のわだかまりがある事を知りました。
正直、生きづらい・・・人とのコミュニケーションが怖い。そんな風に日常を過ごしていて、みたくない現実を見させられでもそこに解決策があることに希望が見えました。
 

●匿名さん

今日はいろいろな感情が湧いてきました。自分の自信のなさ、人と対峙しようとするとまばたきが多くなる。いろんな自分を感じていました。他の人の話を聞いて、たくさんの気づきがありました。セッションの方法が想像と違っていてなんかすごいなと思いました。
 

●E,Mさん

両親とのかかわり方、境界線のこと。二人の感情をごっちゃにして背負っていました、
同じようなことはたくさん感じたけれど、やはり自分の問題はわからないです。やはりセッションかな・・・ありがとうございました。恐怖では死なないんだな・・・・
 

●A.Tさん

オープンセッションを見て、3本とも入り口は私と遠いかなと思っていましたが、進むにつれていきつき先は「親との関係」なんだなと思いました。
自分の根っこもシングルマザーとの母との関係。自分の子供二人は、各自好きな道を見つけて楽しそうに過ごしているけれど今の私が母との関係を見直せば、何かあった時に連鎖は止められるかなと思いました。
 

●Y.Yさん

今日は来てよかったと思う反面、自分にとっては難しい宿題を頂いてどうしようかと・・
まさか、このような1日になるとはとても驚いています。
とにかくいい1年のスタートが切れたように思います。ありがとうございました。
 

●鈴木恭子さん

生で3本見る事ができて、為になりました。親との問題幼い頃に父親が母親に暴力を振るって何もできないという場面と相談者の方が体感しているのをみた時、わたしの場合は、言葉の暴力を見てきたのですが、それが重なって涙がでました。
しこりになっているのだなと感じた所では、自分と向き合う事がどういうことなのか3本見てきつい事だけどこれは、必要な事だと思いました。ありがとうございました。
 

●T.Iさん

3つのセッションを見て、自分と関係ない問題だなと思っていたものの、カズ姐さんがセッションを進めて深く掘り下げるうちに全て、自分の持っている問題と関わっていてとてもビックリしました。セッションを見ていているうちに、自分でもえっ?と思うようなところで反応したり涙が出たり・・いろいろな物を得る事ができました。
カズ姐さんのセッションやはりすごいですね。見る事ができてとてもよかったです。ありがとうございました。
 

●M.Mさん

母子家庭で、娘を実家に預けて来ましたが来てよかったです。自分自身娘の事が愛せずにカウンセリングを受け心理学のカウンセラースクールにも通い
私と娘の関係は良くなりましたが、まだ感情がわからない事が多いです。
ホームページでカウンセラーとセラピーの違いを読んでわかるような、わからないような…感じでしたが、本日実際にオープンセッションを見てすごく衝撃を受けました。もう一度、自分と本気で向き合います。ありがとうございました。
 

●匿名さん

去年のちょうど今頃、グループワークでこういったセッションを初めて受けて、とても辛く感じ自分と向き合うのを辞めてしまったのですが結果度重なる問題が起き、今というタイミングなのかと思い参加してみました。
3名の方のセッションを見て、自分だったら耐えられなかったかもと思いながらも、勇気をもらった気がします。また、3名の方のどの問題にも思い当たるふしがあり、見つけたいと思います。

 

 

みなさんありがとうございます!(≧◇≦)

 

 

■関連記事はこちら下矢印

自分の中で何が起こっているのか・・・

 

 

 

さてさて、次回は大阪です!

2月は大阪にて2017年のテーマ「つながることの大事さ」についてカズ姐さんの1DAY心理学&オープンセッションでお話しすることになりました。どなたもお気軽にどうぞ。(・∀・)

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席4名だそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!大阪カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 募集開始ですー(・∀・)
2月11日(土) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

先日は東京リトリーブサイコセラピー5期の

感動感動の終了式でした。

恒例の卒業パーティー特大ケーキ!

 

 

毎回毎回メンバーも変わるので場の状態も変わるのですが、

今回の5期生はみんな大人しいいい子ばかりで、、

つつましいというか、自己主張せぬというか、回避というか、、(笑)

 

 

つまり「いい人」「デキル人」という役割人生を

せいいっぱい生き過ぎて倒れそうな人生を送っている方が

息も絶え絶えになってここにやってきたようんな、

そんなかんじでした。

 

 

頑張り屋さんチームでしたね。

いい意味でも。

 

 

私たちは現実を見ているように見えて

意外と現実を見ていません。

 

 

現実には怖い事は起こっていないのに

世の中は怖い怖いと言う。

現実には怒られてもいないのに

あの人が怖い怖いと言う。

現実には意地悪されてもいないのに

あの人は嫌いだ嫌いだと言う。

 

 

そう、現実じゃないんです。

目は開いているのに現実を見てない。

 

 

そういうのを

想像の世界にひきこもる、

という言い方をします。

 

 

そうやって、

妄想や想像の世界の中に身を置いている人は

現実の世界に自分のフィルターがかかっていて

リアルをありのままに捉えることができなくなり

妄想の中で恐怖を膨らませて自分を怖がらせては

他人を怖がって距離を取ってしまう、、という

誠に残念な認知の歪みが生じてしまいます。

 

 

認知の歪みとは?

 

 

現実と妄想の区別がついていない

ということを意味しており、

実際には起こってもいない未来の予期不安に怯えて

他人や周囲が怖くなって避けてしまったり、

言いたいことが言えなくなったり、

行動したいのに行動できなくなったり、します。

 

 

事実を見る、ということができないんですね。

だから妄想の中に生きている、ということになります。

 

 

それはあたかも、

ピコ太郎のPPAPと同じ。

 

 

ペンとアップルとパイナップルを

なんの関係もないのにドッキングさせて

ペンパイナッポーアッポーペン、あれです。

 

 

あれを初めて見たときあまりのくだらなさに

爆笑してしまいましたが、

人間の脳みそなんてまさにみんなあれが

脳内PPAPのようなもんですよ。(笑)

 

 

なんで関係のないものをわざわざ

くっつけて意味づけまでして

自分で自分を怖がらせてるの!って。笑

 

 

だから認知のズレってみんな持ってます。

ええ残念ながら。(笑)

 

 

心理セラピーって脳内PPAPを

元のペンとりんごとパイナップルに戻して

ありのままを認識するということです。

 

 

物は物、その人はその人、現象は現象、

そこに意味付けしているのは自分。

 

 

この大原則に還ることが基本です。

問題解決はそれから。

 

 

この5期生にはコース期間中には

そんな話しをたくさんしました。

 

 

まだまだこのメンバーにはセッションしたいなーと

ここからまだ変化できるんだけどなーと思う場面も

いくつかありました。

 

 

問題を持つメリットが強かったりして

まだ人の支配を受け入る方が楽ちんでいい、

お母さんが可哀想、というポジションに入って

罪悪感をひとりで抱えていたい、という人もいました。

 

 

本当に変わりたいかどうか?は

本人が決めるんですよね。

 

 

2次利得を抱えているけど恐怖だけ取って

私を楽に何も感じないように変えてほしい、では

何も変化することはできません。

 

 

しかし、ほんとに劇的に変ったひとの顔をみて

劇的に変った人は死ぬほどの恐怖を抱えていたり、

もう限界になってここにやってきた、、、

そういう人はほんとに劇的に変化していきます。

 

 

そうやって考えると一時の恐怖や一時の不安は

必要で起こるものであり、その人にとってこのままじゃ

自分は死んでしまう、ダメだという心の叫びなんですね。

 

 

嫌な思いをたくさんして苦労してきた人こそ

変化もものすごく早いものです。

 

 

もうこの問題を抱えて一生苦しみの人生を

繰り返すのはイヤダと思っているから

自分が変るしかないんだ!と決意できるから。

 

 

逆に決意できない場合は

問題を持つメリットの方が大きいのですよ。

 

 

問題を持っているのをわかっているけど

それでも社会的にはうまくいってて成功体験を

いっぱい積んでいるからね。

 

 

さて、それを手放したいかな?

まだ持っていたいかな?

痛いけどまだ楽、だったら手放せないよな。

 

 

さあ、そこは葛藤ですよ!と言い続けました。

 

 

葛藤を乗り越えた人はほんとに強いものです。

成長スピードはどんどん速くなります。

 

 

それでも自分のペースでジっくりと向き合い、

成長していって欲しいなーと強く願います。

 

リトリーブサイコセラピー5期生のみなさん卒業おめでとう!

そしてこれからもよろしくね!

 

 

お知らせです。

2月は大阪にて2017年のテーマ「つながることの大事さ」についてカズ姐さんの1DAY心理学&オープンセッションでお話しすることになりました。どなたもお気軽にどうぞ。(・∀・)

 

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 満員御礼です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー® で 
心の悩みや問題を根本から解決する 
心理セラピスト (サイコセラピスト) 
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

よくある相談ケースに、

親がほんとは嫌いなんたけど

親元から離れられない

という悩み相談はいつもとても多いですね。

 

 

キライなら離れればいいのに、と言うと

ほんとにうっとうしいんですよ、でも、、、と言う。

 

 

じゃあ好きなんだね、と聞くと、

いいえ!絶対に、ほんとに嫌いなんです!

 

 

嫌いな人ほど気になる人と言います。

 

 

事実そうだと思います。

 

 

ほんとに執着しているのは自分であって

相手の問題ではないんだぜ、と指摘しても

ご本人はぜったい違いますっ!と言って

ガンとして受け入れない。。。

 

 

親のこんなことろがあんなところがキライで

褒めてもらったことがなくていつもけなされて

自分が行くといつも都合よく利用されて

文句や愚痴を聞かされて黙って我慢して、、

と言いながらも、

 

 

なんやかやで親の近くにはいるし

離婚してまで実家に戻る人もいるし、

自立しないで親の側にいて衣食住をもらいながら

それでもそれでもいつも親の事が

自分の頭のどこかを支配している。。。

 

 

離れたいのに離れられない。。

どうしたらいいのか。

 

 

そういう方が多い。

 

 

私がそんな話を伺う場合はまず

こう言っています。

 

 

離れることを目的にするのではなく、まずは

自分の心の中で起こっていることは

いったい何なのか?を知ることが必要です。

 

 

親と一緒にいることで離れないことで

何のスイッチが入ってしまうのか?

を知ること。

 

 

そう、知ることは重要なんです。

癒しや解決はまずそこからスタートします。

 

 

ここについて書くと数千文字になってしまうので

アメブロでは割愛しますが、

重要なことをひとつ言います。

 

 

親がキライでも親から心が離れられない、

あるいは親から自立できないという人の多くは

孤独になってしまう恐怖と

居場所のない安心安全基地が

自分の心の中に存在していないこと

が問題なんです。

 

 

人は本来、何かが出来ても出来なくても

存在するだけで自分を肯定されていて

あなたはここにいるだけで愛されてるんだよ、

誰かに愛されている守られているという感覚が

自然に親との間で育まれるもんなんです。

 

 

安心安全と繋がっているんだという信頼感。

これを愛着ともいいます。

 

 

それがなんらかの原因で

親との間に育まれなかったのが一番痛い。

 

 

繋がっているという感覚が得られないから

不安で怖くて親に支配されることを受け入れていた、

だからそうしてあらゆることを我慢していれさえすれば

ここに居てもいい、という居場所を与えられた、という

感覚につながっていたはずです。

 

 

本来人は

視えない愛情や信頼という糸で

誰かと繋がっているという感覚が漠然とあったなら

孤独でいても、独りで何かをしていても

強い不安や恐怖にさらされることは少ないのです。

 

 

むしろ誰かと愛情をベースにした信頼や愛情で

つながりを感じられないからこそ、

パートナーや親や子供や親しい人に執着し

得られないとそれが恨みや嫌悪に繋がりやすいもの。

 

 

愛憎の恨みのベースにはいつも

私のことを見てほしい、愛してほしかった、

それなのに、、、という気持ちが潜んでいます。

 

 

その感情はどこから湧いてくるものでしょうか?

 

 

そう、自分、なんです。

 

 

だから相手をいくら変えようとしても

相手に執着すればするほど苦しくなるわけです。

 

 

相手は変わらないから。

 

 

でも丁寧に自分の感情のひとつひとつに向き合い、

苦しみから逃げようとするのではなく、

自分の中に心の平安を、安全基地を創るための

努力を続けていくと親に対する執着から解放されていきます。

 

 

親と離れてもいいし、

離れなくてもいい、

べつにそれはどうでもいいし

こだわりがない

という状態に必ず変わりますから。

 

 

そうすると

キライという感覚が自分から無くなり

自然なかたちで等身大の親として

見ることが出来るようになります。

 

 

ひとり紹介しましょう。

彼女のここ1年の変化は目を見張るものでした。

苦しんで生きてきた分今はとても幸せそうです。

7年ぶりに実母に会いました

 

 

 

自分の中の不安や恐怖から逃げるのではなく、

きちんと見つめること、すると自分の中に本当は

存在している愛情やつながる能力が芽を覚まします!

 

 

あなたも大丈夫なんだよ。

 

 

2月は大阪にて2017年のテーマ「つながることの大事さ」についてカズ姐さんの1DAY心理学&オープンセッションでお話しすることになりました。本日から募集開始します。どなたもお気軽にどうぞ。(・∀・)

 

 

 

ではではまたー。(・∀・)

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 満員御礼です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

マレーシアから帰国しました。

最終日に行ったパワースポットがよかったんです!

 

ここはバトゥ洞窟というヒンズー教の聖地で、

四億年もの年月をかけた鍾乳洞の奥に

礼拝所が設けられています。

 

 

それにしてもこれ見てください!

この272段の階段を登らないと奥の祭壇には行けません。

暑い中をヒザをがくがくさせながら登りました。

 

 

そして奥にあるこの天窓の美しいこと!

マレーシアに行く機会があればぜひ

こちらのバトゥ洞窟には立ち寄って欲しいですね。

 

 

さてさて、本日のテーマです。

進むことを止めているのはいつも自分

です。

 

 

最近は心理セラピストになりたい、

あるいはセラピーでなくても好きな事で起業したい

という方の相談に乗ることが増えてきました。

 

 

ここ2年くらいで激増していますね。

 

 

ただ、みんながみんな行きたい方向に

スムーズに行けるわけではありません。

 

 

私が相談に乗る時には必ず聞くことが

いくつかあるのですが、まずは動機を聞きます。

 

 

あなたはどうして

この世界に入りたいのですか?

 

 

その質問の答え方次第で

その人がうまくいくのかどうか?が

だいたいわかってしまいます。

 

 

答えはここでは明かしません。

 

 

なぜなら随時そういう方の面談を

する機会が多いので

試験対策みたいなことに

なってしまっては困るからです。(笑)

 

 

正解不正解ではないんですよ。

 

 

ただ、うまくいく人の傾向をここ数年見てきて

気づいたことがいくつかあってそのひとつが

そもそもの動機に何を持つか?です。

 

 

原点ともいうべき行動したい発露ですよね。

 

 

大事なんですよ。

どうしてワタシはこれがしたいのか?って。

 

 

その動機が最初からズレていると

ブレが最後はひどくなってしまい、

失敗することやミスすることに堪えられなくなり

すーーっとフェードアウトしてしまうのです。

 

 

あれ?あんなにやりたいと言ってたのに

どうしてリタイアするんだろう?となります。

 

 

でもリタイアしてもじつは

旦那さんの給料で食べていけるという環境だったり、

今の会社でいいポジションを確保している、とか

実家にいるから両親に頼れる環境だったり、

両親の家業から給料を自動配給される家だったり、

いわゆる安全装置が他にあったりします。

 

 

過去私が携わった案件でも

そういう安全装置が多かった様に思います。

 

 

上手くいく人の傾向のひとつには、

退路を断つことをしている人

だなあ、、と思います。

 

 

例➡この人なんてそうです。

 

 

お料理教室を10年以上もやってきて、

2年前にすべてを整理して友人に譲り渡して

心理セラピスト一本で食っていく!と宣言し、

今では関東では2か月先まで予約がいっばい、まさに

予約の取れない心理セラピストとなりました。

 

 

まさに驚異的な状況ですが、彼女がすごかったのは

退路をまったく絶ったことでした。

 

 

退路を断つという意味はまさに決意。

この世界で行くんだという強い決意なんです。

 

 

そういう人は何があっても続ける力を

持っているから絶対に成功します。

 

 

うまくいくまで続けるからです。

 

 

起業したり、何か好きなことをやろうとしたり

何か新しい場にチャレンジしたり、

やったことのない未知の世界に行こうとしたり、

そういうとき人は未体験の世界には

不安と恐怖がセットになってついてきます。

 

 

人は基本、不安や恐怖から逃げて

安心安全な場に留まりたい生き物なんですね。

 

 

人は基本変わりたくない

現状維持が一番安全装置が働いているときだから。

 

 

ある人は、

未知の世界にチャレンジするのは

どんな冒険が待っているんだろう?わくわく!という人、

 

 

ある人は、

できれば不安で怖い事には進みたくない、

今のまま嫌な事をしぶしぶやっていたら

とりあえずは安心だし安全だから動かない方がいい、

という人も世の中にはたくさんいます。

 

 

私は前者なもんで、どんどん進んでしまい

失敗してガハハハハ!と笑いながらもまた失敗し、(>_<)

を繰り返して進んでいくタイプです。(笑)

 

 

しかし、逆に後者の

不安と恐怖を避ける人生、

ずっと選び続けていると、、

 

 

絶対的な正しさをもとめすぎたり、

常識の範囲の中でとどまろうとしたり、

人と同じでいるか?いないかどうか?

ちゃんとしているか?が基準だったり

自分の感じている感情や感覚よりも

スゴイ人やエライ人探しをしてそこに

依存して居場所を確保するのが楽だったり、、、。

 

 

結局自分の人生ではなくなってしまい、

何が自分が好きなのか?

何が自分のやりたいことなのか?

自分がわからなくなってしまいます。

 

 

結局は恐怖や不安を軸にして安全装置に

逃げ込んでしまったら不自由になるんです。

 

 

 

恐怖や不安を避けているのは本能です。

人間だから誰でもあります。

 

 

しかし、です。

 

 

そこから一歩出たいのに出られない場合は、

自分の中の安全装置

がほどよく機能していて安心安全だから

ということなんです。

 

 

不自由だけど動かなければ安心だから。

ああ、どうすりゃーいいんじゃ!って感じだね。

 

 

行動しなければ、何が起きるか?

 

 

失敗しても責任を取らなくていいし

恥をかかなくてもいいし

負けを認めなくてもいいし

誰かに守ってもらえるかもしれないし、

お金のリスクを負わなくてもいいし、、。

 

 

これが自分の中の安全装置、

つまり、2次利得メリットですね。

 

 

行動できないできない、という方にいくら

強制的にスケジュールたてて行動しよう!と言っても

まずはこの安全装置を外してしまわない

行動できません。

 

 

潜在意識よりもさらに深い無意識の世界では

動かないでいる方が私は安全なんだ!

だから、自分ひとりで動いてはいけない!

という停止装置、ロックがかかっているわけです。

 

 

意識よりも深い無意識の底はなかなか

意識的には変えられません。

それくらい強いものです。

 

 

去年はそんな方々の肩を押したり引いたり

そんな時間がとても多かった。(笑)

 

 

今年もそうなるでしょうきっと。

 

 

これについてはまだまだ

書きたいことが山ほどあるのですが、

どんどん横道にズレて行ってしまいますので

今日はこれくらいにしてまとめます。

 

 

生きたい人生を生きるためには

行きたい道に進むためには

やりたいことをやるためには

その動機がどこから来ているのか?が大事。

↑ 

この答えは1月9日のイベントで回答します。

 

 

そして、自分の足をロックしている

不自由な安心安全装置がどこにあるのか?

そこを知らずしてスムーズには進めません。

自分の足元を確認しましょう!

 

 

ということでした。

 

 

こちら「2017年をスパートするために必要なこと」その辺のお話しも詳しくやっていきます。あと2名なんとか入りそうです~。

 

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席2名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

2017年

明けましておめでとうございます!

 

 

マレーシアにて新年を迎えました。

 

 

写真をがっつり撮ろうと思い三脚持参で

KLCCのツインタワー前に場所取りをしようと

夜の10時過ぎに向かいましたが、、、、。。

 

 

とんでもない人の波にもまれ、(;゚Д゚)

そこから命からがら抜け出して

はーはーぜーぜー(>_<)

 

 

反対側の公園に向かって20分も歩いた結果、

誰もいないベストポジションに恵まれて(・∀・)

おかげでいいショットがいくつか撮れました。

 

 

ツインタワーをバックにした花火は豪快です!

 

さてさて、一時間遅れで年越しを迎えて

とくに何も感慨がない、という自分ですが。。。(笑)

 

 

なんとなくの、思考のグランドデザインくらいで

事細かく決めないで2017年を迎えました。

 

 

なんかよく言うじゃないですか。

 

 

イメージを膨らませて、細かくイメージして、、、

これをこうしてああして、ああやるんだ、みたいなのは

私は超苦手でだめなんですね。

 

 

私の潜在意識はこう言ってます。(笑)

 

 

そんなん事細かく

決めてもうたらおもろないで!

人生はチャレンジや!

何が起こるかわからんのがいいんじゃ!

と。。。。。(苦笑)

 

 

困りましたな。

 

 

でもほんとにそんな感じなので、

来年に向けてイメージしようかなーと思うと、

もう明日どこに遊びに行こうか?となってしまいます。。。(;゚Д゚)

 

 

ああ、これは決めないのがいいんだな、と

あきらめました。

 

 

結局毎年それでやってきているので、

それでいいんだと思います。

 

大事なのはリスクを恐れずにチャレンジし、

起こったことには責任を取る覚悟があれば

何でも自分の信念と直感にしたがっていけばいいと。

 

 

そう思います。

 

 

今年のグランドデザインだけはしっかり描いて

ディテールはどうせ考えてもわからんし、

どんな出会いや出来事が起こるのか?を

今から想像してもキリがないんだよね。

 

 

というわけで、今年も相変わらず

流れに任せよう、ということになりました。

いいのかーそれで。(;'∀')

 

 

基本路線は去年から変わらずに

 (社)日本NLP心理セラピー協会の

活動をますます活発化していくこと、

 

 

心理セラピーの必要性を

喚起していくための

社会的な活動を推進していくことと、

 

 

必ず結果を出すことのできる

優秀なプロ心理セラピストを

たくさん育成し輩出していくことと、

 

 

より社会的貢献度の

高い団体へとシフトしていく為の

チャレンジ 

をいくつもいくつもしていくつもりです。

 

 

そのためには、仲間との力を合わせて

チームで仕事をすることに

ますますシフトしていくつもりです。

 

 

ひとりだけで得る喜びよりも

みんなで得た喜びは何倍にもなる、

ということを去年実感したから。

 

 

だから今年大事にしたいことは

横にも縦にも繋がること、です。

 

 

このキーワードだけはずっと

頭の中にこだましていますよ。

 

 

マレーシアに入ってからもずっと。

来年も人とつながっていこう、と。

 

 

それはもっとこんな感じで、

人の意識や想いなど

見えないものに対する

畏敬の念と意識を向け、

大事にすること、につながります。

 

 

私はそこが今まで薄かったんだなーと

感じた出来事が年末にもありました。。(;´・ω・)

 

 

そう、筋反射って出るんですよね。。汗

筋肉ってうそつけないんです。。

 

 

というわけで、

今年は去年から引き続きますます

疾風怒涛の如く進んでいくつもりです!

 

 

今年1年またみなさんにお会いするのを

楽しみにしています。

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2017.1.1   カズ姐さん

 

 

 

昨夜のカウントダウンの花火をyou tubeで公開してます。

↓  ↓  ↓

 

 

ではではまたー。(・∀・)

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席3名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

なぜか!なぜか?マレーシアに入ったとたん

仕事が増えていくのはなぜーー?

 

 

それは年末だから。(笑)

しゃーーーない。。。

 

 

というわけで、マレーシア3日目です。

 

 

マレーシアに日本人がたくさん移住してる、

という特集がテレビで放送されていましたが、

なるほど住みやすいと感じます。

 

 

第一に多言語でしかも日本語もあちらこちらに

見かけることができて移動も列車がたくさんあり

とっても楽ちんです。

 

 

そして、食べ物に違和感がない!

これが大きい!と感じました。

 

 

どこのショッピングモールに行っても

日本食や韓国料理、中華、マレー料理、洋食など

いろいろあって非常に充実しています。

 

 

ただ私は豚肉大好きユアエクセレンス!と

松本と二人でいるときは連呼していたのですが、

そこはやはりイスラムの国。。

ほとんど見かけることはありません。。涙

 

 

さてさて、本日のテーマですが、

過去を否定しても人生は始まらない

ということで、、。

 

 

年末に向けていろいろ整理しているのですが、

ブログの記事今まで書きためていた分を今頃になって

どんどこアップしています。(笑)

 

 

自分の人生から逃げるってどういうことか?

というと、、たとえばこんな感じです。

 

 

何かの自分の問題が起こっても

人のせいや周りのせいや

環境のせいにして

自分自身の問題から目をそらすこと

です。

 

 

たとえば、心の問題解決をしてきたのに

その2次利得と呼ばれて怖れられている(笑)

問題を持つことで得られるメリット

に触れられるのが嫌で嫌で結局は逃げだしてしまう。

 

 

そこで先日ある友人が

こんなことを言っていたのを思い出しました。

 

 

いろんな心理関係のところに出入りして、

この手法で私は変われました!と言う人が

とても多いのですが、それは良かったものの

そこに過去の否定がくっついてくる人が多い

ことについてそれはなぜだろう?という話しになりました。

 

 

それはある意味、

何らかの後ろめたさがあるのでは?

ということでした。

 

 

であるならばそれは

自分の選択した過去を否定しているに過ぎなくて

実は逃げ出してしまったのを認めたくなくて

過去の自分の選択をを否定して

その周りの人々も同じく否定することで

逃げ出してしまった自分を正当化していることと同じだ、

と言ってました。

 

 

なるほろと思いました。

 

 

正しい正しくないではなく、その時に

やっと自分と向き合えたタイミング

だったのかもしれないのです。

 

 

技術や手法を変えたところで

自分と向き合うということを決めない限りは

問題は一生ついて回るだけだということに

気が付かないと根本からは変われないだろう、と。

 

 

私もそれは実感します。

 

 

だから手法の問題ではないのですよね。

 

 

今いる場所から

他所を批判したり、古巣を批判したり、

そういう人もいるけれども、

 

 

そこで心理と出会ったからこそ今がある、

そこで向き合えなかったからこそ

次の出会いがあったのだし、

そこで自分と向き合えたのだから

それでよしとすればいい。

 

 

過去に出会った人々を場を

わざわざ批判する必要はないのです。

 

 

出会いに感謝して次に進めばいい。

 

 

私たちはどんなルートを通って

どんな学びがあるのか?はわからないもの。

 

 

本当に変化して幸せになれた!という人は

その幸せをかみしめて次に行けばいいだけです。

 

 

わざわざあそこはどうだ、とか過去を否定したり

過去関わった人々を否定するのは

消したい過去の自分を否定しているに過ぎません。

 

 

そんな選択をした自分が馬鹿だった。

あるいはあんな人を選んだ自分がアホだった、と。

 

 

私も何度もそんなときがありましたが、

自虐しても何も始まらないんですね。

 

 

自虐は笑いを取る時だけ!(笑)

 

 

過去の人をしつこく批判し恨みを募らせていても

その人は本当は変ったように見えて表面的で

じつは変われてはいません。

 

 

自分の無意識のなかに巣食うブラックを否定し

相手に投影して無益な戦いを挑んでも

相手がゲームに乗らなければ成立しないのです。

 

 

人は自分のことはわからないもの。

人に指摘されて初めて気づくことが多いもの。

 

 

いろんなこともある。

それでも人は一生かけて成長するんです。

 

 

今の段階はそこの時点でもまたいつか

いろんな出来事や出会いがタイミングがあえば

気づいたりして成長するかもしれません。

 

 

そういうときは

相手を憎むわけでもなくかといって

無理に近づくわけでもなく、

相手の成長を願って黙って離れる

そんなときも必要なんだ思います。

 

 

相手には相手のペースやタイミングは

必ず存在するから。

 

 

そうやってずっと

相手と自分の生き方の違いを確認しては

黙って関係を手ばなしていくことも必要で、

それは人生の中で何度も何度も起こります。

 

 

いつかまた巡り巡って再会を喜びあえる

そんな関係になれたらいいかな、

でもそうでなくてもいいかな

どちらでもいいな、と思えますね。

 

 

そう2016年から2017年の今この時期は

そういう手放し・リリースするという時期でもあります。

 

 

物事、人、仕事に限らず、いろんなことを吟味し

執着せずに、自分の判断で手放していきたい、

そう昨夜つらつらと考えていました。

 

 

さて、マレーシア生活はまだ続きます。

ではではまた明日。

 

 

 

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

 

 

ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席8名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

マレーシアの首都クアラルンプールに

休暇でやってきました。

 

今まで東南アジア大好きでいろいろと

訪問してきましたが、こちらは初めてです。(・∀・)

 

 

早朝に着いたものでホテルのチェックインができず

ぼーーっとホテルのラウンジで過ごしていたら

ななんと午前10時には特別に入れていただけて

爆睡すること7時間!!なんなんだお前!というくらい

牛のように眠り続けておりました。(笑)

 

 

それからむっくりと起き上がり、しばらくして

腹が減ったので近くのショッピングモールに行くと

まあこの国は宗教と民族がスクランブル状態だと

いうのがよくわかります。

 

ちょっとお茶したらでてきたスフレパンケーキの実力にびっくり。

めちゃめちゃ美味かったんです。外はかりっと中はふわふわでした。

 

 

基本イスラムの国のはずなのに、

クリスマスツリーがどこもかしこも飾っており、

ムスリムと一目でわかるファミリーが

がんがんとクリスマスソングが流れるなか

楽しそうに記念写真を撮っておりました。(笑)

 

 

まあええやんけーカタイこと言うな、って

そんな感じです。

 

 

しかしひとつだけ気づいたことが。。

それはどこを見ても

サンタクロースがいない!

ということに。。そこは徹底しています。

 

 

基本ここはアラーの神ですからね。

 

 

そういう意味でもこの国は

戒律厳しいイスラム教の国々とは違い

自由で明るさがあってとてもいい感じです。

 

 

さてさて、昨日の深夜にですが、

こんなことをツイートしていました。

 

 

ええ、私がです。(笑)

↓  ↓  ↓

 

ええ、窓からぼーっと夜景を見ながら

この1年間の振り返りをずっとしていたんです。

 

 

いいことも嫌な事も

いろんなことがあったなあ、と。

 

 

その時にふっと出てきた言葉が

仲間のみんなと仕事をしてきて

ほんとによかった、、と。

 

 

ああ良かったなあ~と言う言葉が

しぜんに出てきました。

 

 

この1年紆余曲折はありました。

 

 

でも同じ志を持つ仲間が集まってきて

同じ意識を共有して同じ目的に向かい、

共に切磋琢磨しながら仕事をするのが

こんなに嬉しくも感動することだとは思いませんでした。

 

 

特に数年前の自分からしたら

考えられないことです。

 

 

自分ひとりの突破力で頑張って来たわけで

他人の助けを借りることよりも

自力で突破して成功してきた実績があるからです。

 

 

その成功体験は過去のものであって

自分だけであれば良かった。

 

 

でもそれだけで進んでいくことは

自然に大きな壁にぶつかるんだということも

いく度となく経験してきました。

 

 

より大きな仕事に向かうときは

自力だけではなく他力も必要なんだ

と学んだとき、

私の中に大きな変化が起こりました。

 

 

同じ世界観を共有し、

同じ目的に向かって

同じ夢を見ている、

それが個人の幸せや喜びにもつながる

そんな世界観を共有できる人達と

本気でつながろうと初めて思えたのです。

 

 

だからこの1年間は

より一層仲間との関係性を強固にして

同じ世界観を共有しながら進んでいく、

そのためにできることは何か?

テーマに進んできた1年だったと思います。

 

 

いろんなことがありました。

 

 

個と個がぶつかるときもありましたが

それでも最後は世界観を共有しているからこそ

お互いに寛容であり和解も早いものです。

 

 

そうやってみんなで切磋琢磨しながら

この1年で大きな結果を結んできました。

 

 

これは私ひとりの力だけではとても

創り上げることはできませんでした。

 

 

仲間のみんなに感謝しています。

 

 

来年もこのテーマは変わらず、

世界観を共有する

仲間との繋がりを大事にする

ということは変わりません。

 

 

そして、(社)日本NLP心理セラピー協会として

日本に発信していく力を蓄えて前に前に

進んでいくための準備を重ねているところです。

 

さて、いよいよこの協会イベントも残席あとわずかだそうです。

 ↓  ↓  ↓

 

来年の2017年の全体のテーマも

つながりです。

 

 

みなさんは誰と?

どんな繋がりを大事にしたいですか?

 

 

ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席8名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー  ® 心理セラピー
心の悩みや問題を根本から解決する
心理セラピスト (サイコセラピスト)
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

先日は東京大忘年会でした。

カズコと聖夜を一緒に過ごしませんか?というタイトルで

最初は募集をしたのですが、、、むりじゃー、

24日のイブには誰も来ねーだろーと。(笑)

 

 

しゃあない、チキンをひとりで丸かじりするでーと

想っていたのですが、あっというま30人超も集まり、、

うれしかったですーーーー!(≧◇≦)

かんぱーーーーーい!

 

 

かわいいケーキもみんなで分け分け~したよ。

 

 

さてさて、今日の話題ですが、

役に立とうとするよりも喜びで選ぼう

ですです。

 

 

何かがわからなくなって

判断や選択や決意が出来ずに

誰かに答えをもらいたい、すがりたい、

 

そんなとき。

 

頭では正しい間違いを探すのではなく

正解や間違いではないんだとわかっていても

なぜかいつも周りを見て正解探しをしてしまう、、、。

 

 

そんな人に向けて書きますね。

 

 

頭ではわかるんです、と言うのですが、

やはり選ぶことや自由になることや

責任をとるのがこわくて判断できないし

行動を前に進めることができない。

 

 

そんな場合、もしかしたら

あなたは誰かを喜ばせたり、

誰かの役に立つ人間になろうとしたり

誰かの為に生きようとしているのかもしれません。

 

 

もちろん、無意識に、です。

 

 

生きること、がそもそも

誰かのために、が前提です。

 

 

だから自由に選ぶことに怖れを感じ

自分で判断することや行動することに不安になり、

責任を持つことができないので、

そのままの「できない自分」であろうとします。

 

 

その方が安心安全だから、です。

 

 

否定されたり、拒否されたり

外されたり、見捨てられずに済むし

みんなのバランスを取ることで

自分自身が安定し安心だから。

 

 

そこに居場所を確保できるわけです。

 

 

そんな恐怖にあい傷つくくらいなら

みんなの正しい答えを探してそれにすがる

そんな生き方の方がラクなんですね。

 

 

楽だと思っているのは一時的なもので

生涯それを貫き通せば不自由な人生になります。

 

 

あなたはどう生きたいんだろう?

そう聞くとかならず、だからここに来たんです、

と答える人がいます。

 

 

それはあなたにしか答えがないし

私が答えるものではないよ、

と言うと不安そうな困った顔をしますが、

そこを自問自答して自分で答えを出していく

ということが大事なんですね。

 

 

というわけで、もう2016年は終わり、

やがてあと数日で新しい年を迎えます。

 

 

責任を取るのが怖いし勇気がいる、

自分の人生を選べない、

だからいつの間にか犠牲の人生に、、

という人もまだまだ多いことでしょうが、

 

 

ちょっと視点を変えて

誰かのために生きるのではなく、

自分の楽しいこと、

素直に喜べることはなんなのか?

を自問自答するといいでしょう。

 

 

私、ことカズ姐さんは

自分が自分だけ利益を得て

ひとり勝ちしてもちっともうれしくないので、

みんなで仲間で友人達で喜べることをするのが

嬉しいし楽しいしやりがいがあるんですね。

 

 

年末に筋反射をしてそれがよく表れたんです。

私が嬉しいことはみんなと喜ぶ事、であり

喜びを分かち合えることが一番の報酬なんだ、と

自覚した出来事でした。

 

 

私もうれしい、みんなもうれしい。

 

 

そこには正しくなければならないとか

怖れや不安を前提にして選んでいないので

喜びしかないんですね。

 

 

みんなが喜ぶ顔がうれしいから、

私もうれしいし、

仕事でお客さんの変化を見て

それがまた楽しいからもっとやれる、

そのサイクルがどんどん回る、

だから仕事が楽しい、になる。

 

 

好きな仕事をするというのは

誰かの役に立とうとするのではなく、

自分が心底から喜べることなんだ、と思います。

 

 

だから、私は来年も

チームで大きな目的に向かって

仕事をしていこうと思っています。

 

 

みなさんも年末年始の休暇の時間を

自分の振り返りの時間にしてみてはどうでしょうか。

 

 

というわけで、本日はいまから

少し早い休暇に行って参ります。

 

 

 

【東京】公認心理セラピストオープンセッション募集中!


ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席8名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


リトリーブサイコセラピー  ® 心理セラピー
心の悩みや問題を根本から解決する
心理セラピスト (サイコセラピスト)
カズ姐さん こと 大鶴和江です。

 

 

12月21日は冬至でしたね。

 

 

この日を境にして2016年から2017年へと

ゆっくりとシフトチェンジしていくといいます。

 

 

私の方は冬至の朝はこちらで迎えました。

鹿児島県の霧島です。

 

ここはほんっとに素晴らしい滝でした。

 

 

さてさて、本日のお話しですが、

たびたび出てくる自由と責任のお話し。

 

 

わがままとありのままの違いは何?と

最近聞かれることが多くなりました。

 

 

以前にも書きましたが、もう一度書きます。

 

 

わがままとは

自分がやりたいことをやるでも責任は取らず、

他人にその行為を認めさせようとしたり、

他人にもそれを強制しようとしたりすること。

 

 

対してありのままとは、

自分の正直な気持ちや行動を

良い悪い関係なくそのまんま自分で認める、

という意味になります。

 

 

つまり自分が中心という意味であっても、

他人をそこに絡めるか否か?

ずいぶんと意味合いも変わってくるものですね。

 

 

つまり、自分と他人との境界線が

明確でない場合に勘違いが起こりやすい、

ともいえます。

 

 

自由には責任が伴うもの、です。

 

 

自分で選択し判断し決断し責任をとる

これが精神的にも成熟した大人

という認識となります。

 

 

しかし、現代人の多くは

失敗したときに責任を取ることが怖いから

誰かすごい人や影響力のある人の下に

居て指示や正しい答えを求めようとします。

 

 

そうしていたら一時的には

不安から逃れられるからね。

 

 

一時的にだけど。。

 

 

確かに、指示をされる方がはるかに楽だし、

何か失敗しても上に誰かがいてどうにかしてくれる、

という安心安全感があるからです。

 

 

それは子ども時代に経験して学んで

見に付けているかもしれません。

 

 

だから決して自立しようとはしない子が

身体は大人になっても責任とれないから

怖くて世間や社会に出られなくてひきこもる、

という若者がますます増えています。

 

 

いつまでも親の言う通りにしようとして

イイコでいた子ほどその傾向は顕著です。

 

 

大人になってもその傾向は強く残り、

自分で判断して決断するということに躊躇して

自分以外の誰かに頼って答えをその人にもらい、

そこで意思決定を自分でしたように見えて

じつは判断を他人に委ねていたりします。

 

 

占い師にハマるというのも

じつはそういう心理状態かもしれませんね。

 

 

韓国の大統領なんて、

国政にまでその方の意思決定を渡して

いま大問題となっておりますが、、。

 

 

が、日本の歴史を振り返ってみても、

過去の女性天皇の時代に道教が皇室を

乗っ取ろうとした大事件もあったわけです。

 

 

それくらい人は選択し、判断し、決断する、

ということに責任という恐怖が付いて回ります。

 

 

先日も

自由になる選択し責任をすることが怖い、

というセッションを立て続けに行いました。

 

 

そこで思ったことはそうやって

責任をとることから避けて

自分で自分を怖がらせて

精神的に自立成長できないように

自分を縛る人がいかに多いことか。。と。

 

 

これって、もったいないんです。

ほんとにもったいない。

 

 

人生はほんとに短いのに、と思います。

 

 

そして、認知の歪みがひどい、と

想えるケースが多々あります。

 

 

それはこういうことです。

 

 

自由に選んでしまったら孤独になる、

孤独になったら死んでしまう。

 

 

という恐怖に直結しているので、

わざわざ自分が何かを選ぼうとして

自分がやりたいことをやろうとすると

身体がフリーズ&ロックしてしまう感じで動けない、

という意味不明の現象で悩むわけです。

 

 

今とっても多いですよ。

 

 

起業の悩みを抱える人たち

にもこれがほんとに多いんです。

 

 

やりたいことがあるのに目の前がどーんと

重くなってやる気がなくなり、

いつまでもいつまでも行動できなくなってくる場合、、

もしかしたら失敗があまりにも怖くて

責任を取るのがあまりにも孤独な感じがして

怖くて不安で足がロックしていくのです。

 

 

ブログが書けないとか、

起業のための一歩が踏み出せないとかも

これです。

 

 

はい、いつまでもロックしてなんかいられないですよ。

人生は短いんですから~。(; ・`д・´)

 

 

さてさて、東京リトリーブサイコセラピー平日コースの募集がスタートしました。土日コースはまだまだ6月以降になりますので、コースに興味のある方はまずはこちらにどうぞ。

 

 

◆関連記事はこちら下矢印

わがままと自分を大切にする、の違い

心の声とエゴの声は違う~抽象度を上げていこう!

やりたいことが見つからない理由はこれ

 

 

【東京】公認心理セラピストオープンセッション募集中!


ではでは~また~(^_-)-☆

 

■(株)ユアエクセレンス セミナー・イベント情報
新春!東京カズ姐さん1DAY心理学&オープンセッション 残席8名です(・∀・)
1月9日(祝) 心理のお話しからブログでは書けないお話しから2017年どう世界は変わるか?まで、私たいろんなお話しをした後、リトリーブサイコセラピーオープンセッションをガンガンやっていきます。リトリーブサイコセラピーってなに?どんなセッションをするの?興味のある方もお気軽にどうぞー(・∀・)

■【東京平日】リトリーブサイコセラピー基礎コース2期 平日コース募集スタート!(・∀・)
2月中旬からいよいよスタートします。人生激変コースと言われていますが、それはじっくりと自分の心と向き合い、個を確立し、人とつながるという意味を知り、怖くて避けていたものが消失していくという体験をしていきます。怖さは実は幻だと気づくとき、人生は劇的に変わり始めます。

 

カズ姐さんのインタビュー動画が視聴できます

 

 

読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)