さて、続いては場所を移動してのレポートです。
といっても西京極の敷地内の話。
陸上から体育館に移動しての、B1リーグ観戦となりました。
早速、レポートです。


バスケB1リーグ第25節第1日 京都ハンナリーズ78-89琉球ゴールデンキングス(西京極体)

試合は、1Qは琉球のペースに。
最初は京都が先制も、その後琉球が12得点を叩きだし一気に優位に。
14岸本が得点を重ねる流れになります。
京都はその差を詰められず、1Qは琉球が25-17とリードして折り返し。
2Qはファールも少なくなり、お互いにいい展開の試合に。
ただ、なかなか差は詰まらず、前半は琉球が46-36とリードして折り返し。
3Qになると少しずつ京都が巻き返します。
12岡田に得点が生まれることでリズムに。
さらにバスケットカウントで京都に流れが傾き始めます。
琉球は3Qに差を詰められ、64-58に。
4Qも京都の流れに。
一時は京都が同点まで一気に持っていくも、琉球がここから離す展開に。
31喜多川がフリースローや3ポイントを決めて、京都に一気に差を付けて試合は終了。
結果、琉球が89-78で京都を下しました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの京都。
うーん。流れが良かったのが42コッツィーだけではどうしようもなかったですね。
前半で12岡田がわずか2点しか稼げなかったのが流れを悪くしたかなという感じだと思います。
後半に何とか同点に追い付いての意地は見せましたが、そこからは突き放す流れに。
これでは厳しい結果も無理はないかという結果になりました。
まぁ、明日に点差を付けて勝てばという流れに持ち込みたいですね。
どう切り替えていきますか。

一方、アウェイの琉球。
14岸本がまずは大当たり。
試合を通しての活躍になりました。
また、4Qの31喜多川が当たってましたね。
フリースローを全く外さなかったのも含め、見事なラッシュだったと思います。
ただ、守備には課題も。
今年はなかなか勝ち切れてないなという雰囲気は出してしまいましたかね。
とはいえ、結局は差を付けての勝ちは明日に繋がると思います。
明日も楽しみですね。


琉球、一度は追い付かれるもそこから地力で突き放し先勝。
京都はリズムをつかめない形の時間が長かったなと感じた。
そんな試合でした。
170325_170921.jpg
AD
さて、今日は西京極へ。
まずは陸上競技場でJ2の試合を見に行きました。
早速、レポートです。


J2リーグ第5節 京都サンガFC0-1Vファーレン長崎(西京極)
得点:ファンマ
主審:清水修平(1)

試合は、長崎のペースになります。
長崎はファンマが頑張る展開に。
さらには澤田や島田、養父なども絡んでいく流れに。
京都はなかなかいい展開を作れずに、苦しい流れになります。
長崎ペースで試合が進むと42分、右からのクロスにファンマがうまく走り込んで合わせて先制。
前半は、長崎が1点リードで折り返し。
後半になると、京都は仙頭を投入。
パスは散らせるようになるもなかなかチャンスを作れず。
長崎はしっかり守りを固めていきます。
長崎は中村は北谷を投入してしっかりと得点を守る流れに。
試合は結局、長崎が楽々に逃げ切り成功。
1-0で長崎が京都を下しました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの京都。
うーん。完全に霧の中という感じになりつつあります。
やりたいことも全く見えない状況。
確かにオリスやエスクデロがケガでいないのはありますが、それでも何も出来ない形が目立ちました。
後半に仙頭を入れて少しはマシになりましたが効果的にはならず。
うーん。これは時間がかかるなという感じを受けました。
これだと残留争いがいいところかなという感じにしか見えないですね。
どう改善するかも見えないですが、どうしますか。

一方、アウェイの長崎。
ファンマが前で頑張る。
そこに澤田が切れ込む。
いい形をよく作れていたと思います。
さすがは調子のいいチームだなという形を見せてくれました。
後半は中村が前で頑張る流れも見えましたしね。
チーム外の部分はドタバタはしてますが、調子はいいなという感じを受けました。
守備も田代やGK増田を中心によく守れてました。
今日は増田はあまり仕事をしなくてもいい形ではありましたが。
このまま調子のいいところを見せてほしいですね。
次も楽しみです。


長崎、京都相手に流れを取りきりスコア以上の完勝。
京都はやりたいことすらも見えてこない流れになってるなと感じた。
そんな試合でした。
170325_123323.jpg
AD
さて、今日は木曜日です。
今週末の観戦スケジュールを載せておきましょう。
3月最後の週末になりますね。


03/25
J2リーグ第5節 京都-長崎(西京極)

土曜日は、西京極でJ2観戦といきましょう。
なかなか波に乗れないチームの試合になります。
まずは、ホームの京都。
先週末は、岡山相手に敗れました。
うーん。終了間際に逆転を許し、痛い試合になりました。
今年はなかなか勝てていない状況。
ホームで少し改善が見られるかどうかですね。
どんな試合を見せてくれますか。
一方、アウェイの長崎。
先週末は、金沢相手に勝利しました。
開幕前は外野でドタバタしましたが、チームは好調ですね。
伸びしろのある選手も多いですし、さらに飛躍を期待したいですね。
どんな試合を見せてくれますか。
お互いに3月最後の試合になります。
どんな試合になるか、楽しみですね。


03/26
東京都サッカートーナメント学生系の部Bブロック代表決定戦 早稲田大-国士舘大(国士鶴川)
東京都サッカートーナメント学生系の部Aブロック代表決定戦 明治大-慶應義塾大(国士鶴川)

日曜日は、東京の天皇杯予選へ。
学生の代表決定戦が2試合行われるので、見に行きましょう。
ここから天皇杯まで残り3試合になります。
最初は、第1試合から。
まずは、ホームの早稲田大。
水曜日は、法政大相手に勝利しました。
法政大が先制する流れでしたが、逆転でここに駒を進めてきました。
今回は完全に会場はアウェイ扱いに。
チームとしてまずはどう落ち着いて戦うかになりそうです。
どんな試合を見せてくれますか。
一方、アウェイの国士舘大。
水曜日は、日本体育大に勝利しました。
年末の予備予選は相当苦しんでの試合でしたが、今回はいいスタートになりました。
今回の相手は同じ関東大学2部で戦う早稲田大。
絶対に負けたくはないですね。
どんな試合を見せてくれますか。
続いては、第2試合へ。
まずは、ホームの明治大。
水曜日は、東京学芸大相手に勝利しました。
先制されはしましたが、前半のうちに逆転し優位に試合を進めましたね。
主力を少し温存してたという話もありますし、ここに主力を投入となるかも注目です。
どんな試合を見せてくれますか。
一方、アウェイの慶應義塾大。
水曜日は、駒澤大相手に勝利しました。
完封勝ちでいいスタートを切れたと思います。
相手は関東大学王者の明治大になりますが、同じカテゴリーで戦いますし負けたくはないでしょうね。
どんな試合を見せてくれますか。
2試合とも同じカテゴリーの対戦。
負けたくない気持ちは強そうですね。
どんな試合になるか、楽しみですね。


今週末は、こんな感じです。
まだまだ寒い朝晩のスケジュールにはなりますが、みなさん是非観戦を楽しみましょう!
AD
さて、今日は大阪まで移動してのサッカー観戦に。
吹田サでJ3の試合があったので、見に行きました。
早速、レポートです。


J3リーグ第2節 ガンバ大阪U-23 0-1SC相模原(吹田サ)
得点:保崎
主審:田中玲匡(1)

試合は、G大阪U-23は一美や平尾を中心に頑張る展開に。
相模原は保崎がいい動きでチャンスを作ります。
そうすると、相模原は13分に右からのクロスから保崎が決めて先制。
この後も相模原は保崎を中心に組み立てます。
前半は、相模原が1点リードで折り返し。
後半になるとG大阪U-23に立て続けにアクシデント。
48分には野田が、66分にはペスヨンが2枚目のイエローで退場に。
これで逆に火が付いたG大阪U-23。
食野や妹尾を中心に、チャンスを作っていきます。
逆に相模原はなかなか攻められず、G大阪U-23の気迫に押されるシーンが続きます。
結果、相模原が1-0で何とかG大阪U-23を振り切り、初勝利となりました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームのG大阪U-23。
まぁ、野田とペスヨンは軽率でした。
野田は1枚もらって後ろからタックルはよくなかったし、ペスヨンもハンドで2枚目はいただけなかったなと。
ただ、それ以外のメンバーはよく頑張ってました。
食野は年上の選手相手にも睨みをきかせ引かないプレー。
妹尾や梅津もよく動き回ったなという印象でしたね。
振り切れてからのG大阪U-23の動きはよかったと思います。
それだけに、同点もあり得るかなとは思いましたが、さすがに仕方なかったかなと思います。
とはいえ、次に繋がる試合にはなったと思います。
次に期待ですね。

一方、アウェイの相模原。
うーん。勝っただけの内容。
保崎が前半良くも悪くも目立ったなという形になりました。
後半になってからは体たらくを連発。
早く前から畳み掛けて追加点を奪えばいいのに、全くそこが出来ず。
これでは来週からのリーグ戦に課題しか残らないなという試合になりました。
一気に得失点差も稼げるチャンスになったのに勿体ないなと。
安永監督が切れるのもわかる気がします。
うーん。これでは天皇杯予選も考えると不安しかありません。
また鍛え直してほしいですね。
どう切り替えていきますか。


相模原、内容はイマイチも何とかG大阪U-23を振り切りようやくの初勝利。
G大阪U-23は2人少なくなっても見せ場があり、次に繋がる敗戦に感じた。
そんな試合でした。
170320_123454.jpg
さて、今日は長居から岡山へ移動。
岡山県陸でJ2の試合を見に行きました。
早速、レポートです。


J2リーグ第4節 ファジアーノ岡山2-1京都サンガFC(岡山県陸)
得点:望月 赤嶺2(PK1)
主審:佐藤隆治(1)

試合は、前半はお互いに低調な内容。
前半は岡山も京都もなかなか繋がらない展開に。
京都はなかなか大野に繋がらす、岡山も前へのスピードが遅い流れに。
前半は、スコアレスで折り返し。
後半になると、京都は早々と岩崎を投入。
岩崎投入でリズムをつかみます。
そうすると、京都は61分に右からのクロスに望月がうまく合わせて先制。
しかし京都はこの後ケガ人続出で交代枠を使い果たす展開に。
岡山は大竹、三村や赤嶺を投入し、何とかしようとします。
そうすると、岡山は89分にシュートのこぼれ球から繋いで赤嶺が決めて同点。
さらに90分+4には赤嶺がPKを決めて逆転。
試合は岡山が2-1で京都に逆転勝ちし、リーグ戦初勝利となりました。


というわけで、両チームの指針へ。

まずは、ホームの岡山。
まぁ、流れの悪い展開でしたが よく勝ちましたね。
赤嶺が2得点の大活躍。
途中交代ながらも大活躍でした。
また、三村や大竹も交代ながらチャンスにうまく絡みましたね。
ただ、まだまだかなという内容。
勝ててないのもありますが、守備に関してはまだまだ未完成の雰囲気。
前半はそこから藤本や豊川に繋がらず、苦しい内容になりました。
まぁ、この勝ちで吹っ切れるかなとは思います。
次も楽しみですね。

一方、アウェイの京都。
うーん。波に乗れませんな。
前半は岡山にある意味お付き合いの内容。
なかなか小屋松や大野にボールが繋がらず、苦しい展開に。
後半になって岩崎を投入してようやく流れが出たかなという展開に。
望月がクロスにうまく合わせたなという先制でした。
ただ、ケガで染谷やイヨンジェが交代を余儀なくされたのが痛かったなと。
交代で完全に後ろに比重を置いてしまったのがもったいなかったなと思います。
闘莉王はさすがだったんですが、結局流れを止められなかったですね。
うーん。負けるとこういうのは後に引きずりますね。
早く切り替えたいですね。
どう切り替えていきますか。


岡山、赤嶺の劇的な活躍で逆転勝ちでリーグ戦初勝利。
京都は、岡山の流れを止められず、痛い逆転負けになった。
そんな試合でした。
170319_112159.jpg