皆さん、桜の開花が待ち遠しくなってきました今日この頃いかがお過ごしでしょうか

日中の暖かさに騙された服装で、日没からのフェイントに後悔の繰り返しを続けています
心理カウンセラーのてっちゃん先生です

今年度も終わりを迎えていますね、、、


皆さん
新たな年度どのような暮らしが待っていますか?

新たな学校生活
新たな職場
新たな住まい
新たな環境で新たな暮らしが始まる方も多いかもしれません

もしご自身の生活自体が変わりなくとも周りの環境が変化することもあるかと存じます



『初心忘るべからず』



この言葉は新たな生活を送る上でとても大切な概念ですよね

何を行うにせよ

初めに抱いた理想や希望は原点となります

初心こそが今自身の置かれた環境の中に存在する意義かと存じます



でもこの言葉
実は続きがあるんです

知ってました?!


それがこちら
↓↓
是非初心不可忘
時々初心不可忘
老後初心不可忘



現代語訳すると
↓↓
初心忘るべからず
時々の初心忘るべからず
老後の初心忘るべからず




本日は新年度直前とあってこの初心に触れていきたいと思います





|| 世阿弥(ぜあみ)

「初心忘れるべからず」とは
約600年前の世阿弥という室町時代の猿楽師によって言い表されました


世阿弥は猿楽(=能)で大成し、その後多くの書を残しました

その中の『風姿花伝』という著書に初心に関して言及しています

因みに「猿楽」とは江戸時代に「能」と呼ばれるようになった芸能です





|| 本来の「初心」の意味

現代では「初心」を「当初抱く志」と解釈されます

しかし世阿弥の言葉の意味は全く別物です

能の世界では一人前になるのに24~5歳の頃と言われています

一人前として初めて世に出た際
少なからず周囲からの注目を得ます

大きな失敗さえなければその新人に対して大きな期待と評価を称えます

この時に世阿弥は自惚れといった障害を懸念しているのです
そしてこの自惚れを「誠の花に非ず」と表現しています

「この比の花こそ初心と申す」と伝えています


つまり世阿弥の言う「初心」とは
「勘違い」や「自惚れ」や「未熟さ」
を表しているのではないでしょうか



厳しいようですが、
新人に対しての評価はその業界人としての評価ではありません

新人としてへの評価です

ですからハードルが低く評価されているだけなのです

それを勘違いして自惚れてしまい、自分の未熟さに目を向けないことに懸念しているのです



時々の初心とはピーク時を表します

これは能の世界で34~5歳が最も脂の乗った時期とされています

 

体力と経験が最も高い位置でかみ合う時期です

 

この時期に咲かせる花は完璧でなければなりません

しかしその完璧に咲かせた誠の花に慢心してはいけません

 

今後落ちて行く体力には向き合わなければならないのです

 

 

 

老後の初心もしかりです

世阿弥の言う老後とは50歳頃を指します

 

体力が衰えた状態であっても咲かせられる花はあります

ピーク時にはない美しさかもしれませんが

老後独得の美しさを花開かせることができると言います

 

これも

慢心せずひたむきに芸に取り組む姿勢

これがあってこその成し得る業なのかもしれません

 

 

 

せっかくなので

初心忘るべからずの一説をご紹介いたしますね

こちらです

 

少し現代風に書き直された文章ですがご参照ください

 

 

しかれば、当流に、万能一徳の一句あり。 
 初心不可忘。
この句、三箇条の口伝あり。
 是非初心不可忘。
 時々初心不可忘。
 老後初心不可忘。 

(「花鏡」より)





|| 現代での「初心」としての解釈

私は世阿弥の意味での初心は大切な考え方と同時に
現代で言われている志も大変意味のあることかと思います


「初心」
当初抱いていた志
経験や失敗を繰り返しながら現実を見据えることで志を曲げざるを得ない場面もあるかもしれません

世間知らずの志が不本意なプライドとなり現状を悪化させることもあるかもしれません

しかーし
だからと言って
志を捨てる必要はありません

そっと脇へ置いておいていつでも取り出せるようにしておけば良いのです

当初抱いた志こそが原点であり動機の基なのです


一つの目標を達成させる際に多くの手段が選択されます

ここで残念なのが、
手段が目標となり、本来の目標が蔑ろにされてしまう状況です

だからこそ当初抱いた志は忘れてはならないのです



「時々の初心」
志の半ば目標が変わることだってあります
これは決して悪いことではありません

経験を積み重ねると共に目標も成長します

では最も成功した時にどんな志を抱いているのか
ここを理解していないと成功に踊らされているだけにも成りかねます

最も脂の乗った時期に本当にやりたいことができているのか
とても大切な気持ちの持ちようかと存じます



「老後の初心」
最後に晩年の志も外せません

その時に出来ることは限りがあるかもしれません
ただその中でどの様な花を咲かすことができるのでしょう

体力では劣るものの経験の側面では多くの可能性が秘められています

次の世代へと受け渡す際何を伝えたいのか

経験を積み重ねたからこそ抱ける志だってあると思います

志が常にあれば前を向いて生きることができます



これから先の未来を見据えた際
今この瞬間が最も若いんですから、

初心はいつだって抱けますよね♪






クライアントのクライアントによるクライアントの為の心理カウンセリング

↓↓
ハートウッド心理カウンセリング
残念ながら初心を忘れる暇すらありません、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
また遊びに来てくださいね♪
コメントや読者登録も是非!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~

AD


<効能・効果>

悲しみに対する抵抗力を高める

 

 

<成分・分量>

悲しみ ……… 1mℓ

 

 

<製造過程>

① 抗悲物質を製造するには[悲しみ]のみです

 

 

<使用上の注意>

使用の際は必ず支援者同伴でお願いします
成人の方でも一回2錠以上は使用しないでください
少量の[悲しみ]によって抵抗が生まれます。一種のワクチンです

 

 

<副作用>

ワクチンの量によっては抑うつ症状を発症させる場合があります。その場合無理せず心理カウンセリングを受けることをお勧めいたします

 


<製造販売元>

坂村真民


<販売元>

ハートウッド心理カウンセリング

AD

 

かなしみは
みんな書いてはならない

 

かなしみは
みんな話してはならない

 

かなしみは
わたしたちを強くする根

 

かなしみは
わたしたちを支えている幹

 

かなしみは
わたしたちを美しくする花

 

かなしみは
いつも枯らしてはならない

 

かなしみは
いつも湛えていなくてはならない

 

かなしみは
いつも噛みしめていなくてはならない

 

『坂村真民全詩集』第一巻 大東出版社





|| 坂村真民(さかむら しんみん)

哀愁を感じさせる詩ですね
この詩を書いた坂村真民さんは仏教詩人として数多くの詩を残してこられた方です

「癒しの詩人」と呼ばれ、心にそっと寄り添う優しくも地に足の着いた詩が特徴的です


私はこの詩を鎌倉の円覚寺の座禅会に参加した際に和尚さんから教わりました

各地多くの災害が続き日本が悲しみと絆に包まれていた時期
とても心に染み渡りました





|| かなしみの存在意義

私達は今を生きている様で、
その足元は過去から築かれた土台の上に立っています

今後、今この瞬間も過去の土台の一部となります

全ての暮らしは経験の礎から成立ちます

そこには楽しい思い出もあれば悲しいおもいでもあるでしょう

楽しい思い出は大切にしたいものです、
では、悲しい思い出はどうでしょう

無くし去りたいでしょうか、、、、



また別の見方ですが、
今後悲しみを感じることは避けては通れません

今までの悲しみを全て忘れてしまってはまだ見ぬ悲しみに打ちひしがれてしまいます


悲しみを全て書き話すことで自分とは切り離してはならないのです

しっかりとその悲しみを自分の経験として噛み締めることで強くなれるのかもしれません

悲しみの反意語は喜びです

悲しみを感じることができるから喜びを掴み取ることができるのです


・孤独を感じていたから人との繋がりを大切にできる
・挫折を繰り返したから成功をかみしめられる
・病気を経験したから健康に有難味を感じられる
・喧嘩をしたからより強い絆を結べる
・死があるからこそ生きとして生きる



そして何より
自分の悲しみを知っているからこそ
人の悲しみも理解できるのです

ですから
悲しみを感じその苦しみを知ることで人との絆を深めることができるのです


悲しみとは人生にとってのスパイスなのかもしれませんね





|| 悲しみの影に対する光としての幸せ

坂村真民の他の詩として幸せに対して書かれた詩があります
最後にこちらも紹介させてください



すべての人が
幸せを求めている。

しかし幸せというものは
そうやすやすと
やってくるものではない。

時には不幸という
帽子をかぶってやってくる。

だからみんな
逃げてしまうが、

実はそれが幸せの正体
だったりするのだ。






人生で悲しみに耐えられなくなった際
↓↓
ハートウッド心理カウンセリング
皆様にとって光でありたいと願います

~~~~~~~~~~~~~~~~~
また遊びに来てくださいね♪
コメントや読者登録も是非!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~

AD

 

カウンセリングに対して疑心暗鬼のある方もいらっしゃるかもしれませんよね

カウンセリングを疑心暗鬼になっても

私のことは疑心暗鬼にならないでください
、でお馴染みの心理カウンセラー
てっちゃん先生です



よく耳にする言葉として
「カウンセリングを受けたけど質問ばかりされて意味がなかった」
と耳にすることがあります

その点に関しては申し訳ありません

そう思わせてしまうのは
(私も人のことを言えはしませんが)
心理カウンセラーとしての未熟さの結果だと思います


簡潔に言うと
カウンセラー自身のスキルが身についていないとしか言いようがありません

純粋に未熟です(キッパリ)!!



カウンセリングの目的や方法はケースバイケースなので、、、と
それを言っては話が終わってしまいます

なので今回は
「カウンセリングを受けたけど質問ばかりされて意味がなかった」

こちらのご意見にお答えさせて頂きたく存じ上げます候





|| 答えは自分自身の中にある?!

よく耳にします
カウンセラーに話しても聞くだけで何のアドバイスももらえなかったと言うご意見

なぜ多くの心理カウンセラーはアドバイスをしないのか

その訳は
↓↓
人生に必ず正しいことなど何一つ無い
という考えだからです


カウンセラーが助言する場合は、
人生の答えではなく
心理カウンセラー自身の答えです

それがあなた自身にとっての答えとは限りません


心理カウンセラーの答えが人生の答えだとしたらそれはもはや神です、、、この場合は信仰してください


因みに、
カウンセラーの答えが本人にとっても間違っている場合だって、、、ありま
(詳細は割愛させてください、涙をこらえるのに今は必至です、、、)

とにかく、
簡単に答えは自分の中にあるなんて言ってほしくないですよね!





|| 答えは自分自身のどこにある?

答えはいつだって自分の中にある

でも、
その答えが分からないから困っているんです

ですから
カウンセラーの役割とはその答えを引き出す手助けをするのです!
(本当はそれだけではないんですけどね、、)

答えを引き出すにはどうすればよいか

物理的に掴んで引っこ抜ければ楽でしょうが現実問題そうもいきません


じゃあ、答えって何なんだってなりますよね

私の経験から勝手に感じることですが、
クライアントの答えとはクライアントの「本心」である場合が多いです
(必ずしもそうとは言い切れませんけどね、経験上多くの場合そう感じます)


では問題です
人の本心を引き出すにはどうすれば良いのでしょう

それは、本心を語ってもらうのです

↑↑
ここまでは単純です
ここからが複雑なのです
↓↓


では、
どうやって本心を語ってもらうのでしょう?


本心が直ぐに語れるようであれば答えは直ぐに見つかります
語れと言って語れたら苦労はしません

そうじゃないから困っているんです


その為にカウンセラーに出来ることが傾聴と呼ばれるものなのです

はい、傾聴って何って感じですよね
続きます





|| 心理カウンセリングの「傾聴」

傾聴とは聴くことに傾けると書きます

英語ではアクティヴ・リスニング(Active Listening)
積極的に聴くという意味です


重要なのは「聞く」ではなく「聴く」なのです

ただ人の話を聞くだけではなく
ただ質問をする意味でもありません

相手の立場を本当に理解する意味で聴かなくてはなりません

そして言葉としての言語情報を聞くわけではないのです

クライアントの感情や考え方、行動、感覚、想像力、人生の大きな分岐点、過去の忘れられない経験、これからのイメージ、恐怖、喜び、悲しみ、怒り、嫉妬、、現在の人間関係、家族との関係、好きなこと、嫌いなこと、苦手なこと、恥ずかしいこと、挫折したこと、諦めたこと、諦めきれないこと、大切な物、捨てたいもの、得たいもの、、、、

言い出せば限がありませんね、
これらに一つ一つに耳を傾け、一人のクライアントとしての人間性を理解しなければなりません

 

個々の話がどお繋がり相互関係を成しているのかを見出していかなくてはなりません


どのような過去が現在を言い表して未来を予想しているのか、
感情と思考と行動のバランスは
人間関係のパターンなどなど

点でしかない個々の要素を多くの線で結びつける必要があります

そしてその結びつける線となるのが「訊く力」です


傾聴とは理解と質問にありますね



誰にも言ったことのない話
本人さえ気づかなかった盲点
受け入れたくない事実

そんな人の心をえぐるような内容に触れることで心理カウンセリングの傾聴がなされます

頭で理解するのではなく
心で感じ取るのです
(耳と十の目を持って心で聴くのです)


ですから
「聴いてあげる」ではなく、
「聴かせてもらう」べきなのです


精神誠意を込めクライアントの内面に寄添う気持ち
クライアントはカウンセラーに対する安心と信頼を経て自分の本心へと進んで行きます
これ無くして傾聴はあり得ませんからね


今回
私もこの内容をブログで伝えることで戒めと思い精進させて頂きます




もう少し詳しく知りたい方
興味を感じて頂けた方
改めて私のファンになった方
↓↓
ハートウッド心理カウンセリング
無料説明会へ是非お越しください
冷やかし文句でも(本当に)大歓迎!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また遊びに来てくださいね♪
ブックマークや読者登録も是非!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一体、仕事と私のどっちが大切なのよ! この言葉に対する返答は究極の選択でしょう…

全くもって冷や汗ものです

ようやく歩き出した我が子をマイセンの店内に放置するくらい危険です


出来ることなら避けて通りたいこの言葉

私はまだそんなことを言われるレベルにすら達していないのですが…



ではどちらかを選択した結果どうなるかを想像してみましょう

■「仕事」を選んだ方
↓↓
病院で形成外科の予約をお勧めします
近辺の刃物だけには気を付けてください


■「君」を選んだ方
↓↓
就職活動の準備に取り掛かってください
大丈夫、退職理由には一身上の都合という便利な言葉があります



はい、
この選択どう考えても摘みましたね
どう答えても不幸な結果は免れません



では、
最悪のケースを免れるために応急処置をお伝えいたします
↓↓

① 少しの沈黙
② 一言「勿論君が何よりも大切だよ」
③ 沈黙(この間相手は何かと愚痴やら不満やら文句をこぼします)
④ もう少し我慢(この間も理不尽なことを言われても沈黙を保ってください)
⑤ 相手の勢いが収まったところで「君を思ってのことが裏目に出てたんだよね、、、、ごめん」


ただ、これは応急処です

相手が興奮している状態での正論は文句となります

ひたすら受け入れて最後に
こんなに仕事に更けているのも全て君の為なんだよと
出来れば哀愁に満ちて言ってください


ここでのポイントは
沈黙哀愁です

何を言うかではありません!
どの様に言うかです!


この手の質問は相手の反応を見ているのです


*注意
その後の状況には責任は持ちません
一切のクレームを断固拒否します!





|| 裏面的メッセージ

ではここから真面目にお送りいたします
はい、今まではふざけてました



この手の質問に関しては答えを出す前に

質問の意図を探るほうが優先です

なぜそのような質問をぶつけてくるのでしょう
そこを考えなくてはなりません


仕事もパートナーもどちらか一つを選択できるものではありませんよね?!
恐らくそれは誰もが理解できることでしょう

しかしそれでいて
そんな質問を全力投球してくるのです

ここは一つ
胸に手を当ててみてください


頭がカッカしていると
「仕事か私かどちらか一つを選んで」
と解釈してしまいがちですよね


しかし、冷静に考えてみれば

「仕事ばかりしてないでもっと私のことをかまいなさい」
という解釈のほうが正しいでしょう



言葉には裏面的メッセージというのが存在します

この裏面的メッセージとは
エリック・バーン氏の交流分折からなる構造分析の中で言及している概念です

交流分出来とは簡潔に
人と人とがコミュニケーション(交流)を図る心理学的分析です

学術的にはもう少し複雑なのですが詳しい内容はすっ飛ばします
もし、どうしても気になる場合はハートウッド心理カウンセリングの主催するコミュニケーション心理学セミナー迄

↑↑
この場合の裏面的メッセージは「参加してくれ」の意味です(営業)




そしてその中の裏面的メッセージとは なぜコミュニケーションが円滑に行われないのかに目を向けた構造です


つまり
言葉の裏側にある本心を意味しています
↓↓

言葉上の論理的メッセージでは
「仕事と私のどっちが大切なのよ!」
と表明されますが、

感情面の裏面的メッセージでは
「かまってもらえなくて寂しい」

こんな気持ちが隠れているのかも…


今回は、裏面的メッセージで
「私の事ばかり気にしなくていいから仕事しろ!」
のケースはスルーさせて頂きます…






|| これを踏まえてどう対応するか

誰もが理解できるであろう、比べる対象ではない「仕事」と「私」
それにもかかわらずなぜ問いかける訳とは

それこそ本人が本当に伝えたいな思いが隠されているからでしょう


・仕事ばかり一生懸命になりすぎ、パートナーをほっぽらかしにしていた

・家に居る時に向き合うのはパートナーではなくパソコンだった

・休日はひたすら体力回復の為寝てる


そんな自分に一度目を向け、
そこまでの言葉を言わせてしまった相手への理解が大切でしょうね


あっ!そうそう…
口が裂けても発してならない言葉として

「で、何が言いたいの?」とか
「サミシイオモイサセテゴメンネ」とか
「つまり君の裏面的メッセージは何だい?」とかはNGです!

こんな聞き方では
悪意に満ちた純粋な怒りが降臨します
この際に受ける怪我は自業自得でお願いします



では真面目にどう返答するか、
↓↓

それを記入してしまうと教科書通りの機械的な返答になってしまします

言葉の裏側にある相手の気持ちを受け止める

これを踏まえ
後はご自分で絞り出してください





いつでもクライエントの気持ちに寄り添い愛をもって包み込む
↓↓
ハートウッド心理カウンセリング
半分はやさしさで出来ています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また遊びに来てくださいね♪
ブックマークやコメント、読者登録も是非!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~