おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

5月21日(日)

  群馬シティフィル創立30周年記念演奏会

でプッチーニ作曲の歌劇「トスカ」が上演されました

 

 人混みが苦手なバアバーは会場に早く行きました

会場の玄関に行くと 群馬シティフィルの方々と思われる人が

並んでいました。 どなたかお出迎えの様です.

チョット気恥ずかしい感じがしました.

 

  会場に入り自分の席に着くと、このところの草むしりや

出かけることが多く 疲れが出たのか気持ちよく午睡の時間に

入ってしまいそうです。今日の上演を楽しみにしていたのですが

眠気には勝てません。 

  関係者の挨拶の後、舞台が始まりました。

イタリヤ語で演じられますが日本語の字幕が出ます。 

 

 政治犯のアンジェロッティが脱獄し教会に入ってくるところから物語は始まり 「トスカ」の恋人カヴァラドッシが アリア「妙なる調和を」を

歌い始めると 眠気は飛んで行き 舞台に引き込まれていきました。

二幕,トスカ役の歌手が歌う「歌に生き恋に生き」も情熱的

最後の三幕は喜びも束の間アッと息を飲むように幕は下りましたが

群馬シティフィルの演奏もとても心に残りました。

1800年代のお話ですが 、歌手の衣裳は現代的で、身近に楽しむことが出来ました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月17日(晴、曇)

ヒカゲツツジを見に、クラブのメンバー、ババーと3人で、坪山に

登って来ました。

 

 高速道路を使って約二時間、上野原市、羽置の里「びりゅう館」に着きました。6::50

 

 

登山口まで車道を歩き

 

 

 

 登山口は四ヶ所有る内、お目当てのヒカゲツツジは西ルートにあるという情報を得ているので、西ルートを登り、「びりゅう館」に下山する。

7::30

 

登山口から少し登ると

集落が見え 夢の様な雰囲気を感じながら登る

 

 

 

西尾根コースを登る7:40

 

 

沢沿いを行くと 丸太の橋が架かっている

 

 

沢がベージュ色している。 沢底の石がベージュなのか

水がベージュ色なのか ?硫黄分があるのかな?

不思議に思う

 

 

  カタクリがチラホある私有地を歩き.丸太橋を渡り、杉林の中に入ると、ガイドブック通り、急登りの登山道をクランク状に登り上げ尾根にでた。我々の前を歩いていた60歳代のご夫婦が休んでいた。

これから登る尾根を見上げてバアバーが「天を突く様な登りで

笑ってしまうわ」と言うと、その奥さんが「この人に花を見に行こうと言われて付いてきたけど、この登りに私後悔してるの」

とババアーに話しかけてきた。ババアーは「ホント、急登ですね、花を楽しみに頑張りましょう」と言って、バアバー達3人は

「一先ずお先に」と尾根を見上げて登り出した。

リーダーが「ゆっくり、ユックリ、登りましょう」と一歩ずつ

歩を進める、その後をバアバーも着実に付く。7: :58

尾根に岩が見え始めてきた。登山道傍に「これから先イワウチワの群生」の立て札があった。枯葉の中に小さな丈の薄ピンクの花が咲いていた。まだ花の時季が少し早い様だ。

 

 

 

さらに登ると、花の写真の立て札があった。少し平らで 丁度休むのによい所、写真を見て一休みする。

 

まだまだ急登り 、登山道は木の根が張り出ている尾根になる。すると「これより先ヒカゲツツジ」の立て札があった。

 

「おお咲いてるよ!!」リーダーの歓声

 

 

ヒラヒラと薄黄色の花びらを見たくて 急登りを我慢して」 

登った甲斐あった!

 

ヒカゲツツジの群落

ミツバツツジと ヒカゲツツジの競演

 

 

ヒカゲツツジ」の街道

ヒカゲ」ツツジに見とれ 遅々と進まない

 

 

細い尾根道は急登り続き  ロープが張ってある

 

イワウチワの群落が満開

 

 

 

 

イワカガミの群落

まだ花の時季は早い

 

 

登山道に脇の足元にイワガガミ」の群落が続く

 

 

ヒカゲツツジのつぼみ

可愛らしい

 

木の合間から集落見える

 

 

細い岩稜帯  をさらに傾斜が強くなっていく

 

 

 

頂上に着きました。 9:35~10:00展望360度 

三頭山をバックに、記念撮影

誰もいない頂上  贅沢なことに 3人で占めてしまい

 早いランチをとる

 

ランチ中 「アレ とまた歓声」 

富士山が見えたのです

 

 

尾根で会ったご夫妻やほかの登山者二人も頂上に着いたので

狭い頂上、ゆっくり休んだので、下山を開始する

 

「びりゅう館」に下山

 

 

 

登りも急だったけど、下りも 急下降である

 

 

後ろを振かえり  坪山の頂を見る

 

下山路も 時々キバナシャクナゲもあり

 

また木の形が変わっていて 面白いのでてきた 

 

 

雑木林になると  まるで小人でも出てくるのではないかと

思うほど 「オトギの国」に迷い込んだような林になった

 

 

急斜面に S字状に登山道がある 。木が伐採されている

が余りにも急斜面でその木をどうやって運び出すのだろうと?

「大事の事」と思いながら下山

 

 

赤いびりゅう館の屋根が見えました 11:55

 

 

 

 

びりゅう館で御蕎麦を頂いて 

朝と同じコースで家についた

高速道路のおかげで 家に着いたのが 明るいうち 

 

ヒカゲツツジが咲くこの季節 、山は登山者で混み、頂上は

狭くゆっくりできないと、聞いていた。しかし登山開始

時間が早かったためか 月曜日だったのでか 登山者は少なく

ゆっくり山を独占状態で 満開に咲くヒカゲツツジ 標高を上げると

可愛い蕾 と充分堪能した山になった。 苦しい急登りも花を愛でた

満足さで不思議と忘れてしまった。

リーダー運転メンバーありがとうございました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月15日(土)

 東武鉄道主催の外秩父七峰縦走路になっている、山に

クラブのメンバー14人で登りました

 

秩父の里は若芽と桜 桃の花、など春爛漫、

車窓からも眩いばかりでした

 

 

コース

釜伏峠→釜伏山→ 釜伏峠→登谷山→皇鈴山→愛宕山

→高原牧場でランチ後 (車で移動)→粥仁田峠→大霧山

→粥仁田峠

 

 

釜伏神社8:50

七峰縦走した時 この神社の前に来ると、ゴールまで 約10km弱

有るのに「あゝ歩けた良かった。」と思ったものでした。そして

此の先の接待場所で、 美味しいお水などを頂き、縦走路で一番時間を取った休憩場所であった。

釜伏神社

 

釜伏山の説明版

釜伏山は蛇紋岩からできている。これは周りのが結晶片岩で風化侵食されやすい岩石で浸食され、釜伏山が残った。

 

雑木の林の中を歩く、目前が釜」伏山の頂

 

岩場を登るメンバー

これが蛇紋岩だろうか

 

釜伏山頂上9:13~9:20

 

 

 

釜伏峠に戻って

登谷山を目指す

山は私有地で 発電パネルが山斜面に設置されていた。

登山道もわずかな踏み跡程度で、テープが張ってあるのを

頼りに登る

 

発電パネル沿いが登山道だったようだが 尾根をまっすぐ

登りあげると登山道が出て来た。そのまま尾根を進むと

花園が開けた。メンバー歓声を上げつつ花に誘われるまま

歩を進める。    枯葉の中に

アケノボソウの群落

 

エンレイソウ

 

色々の種類のスミレの群落

 

 

 

 

カタクリ の群落

 

 

花に誘われるまま 隣の尾根を登りあげてしまった

軌道修正をして、金網が張ってある発電パネル沿いの登山道

に戻った、電波塔も見えた

 

 

雑木林の中に広い登山道があり 登谷山を目指す

 

 

登谷山頂上10:35

七峰縦走の時、登谷山の頂に立った記憶が全くない

白いコンクリートの建物を見て、わずかに記憶がよみがえる。

ここは足早に通り過ぎる場所だった

 

 

頂上からゆっくり眺めみる

前に皇鈴山の姿が見える

 

一端車道を歩く

ダンコウバイの花を愛で 香りをかいたりして楽しむ

 

 

皇鈴山11:05~11:15

 

七峰縦走の時、ここに辿り着いて、やっと歩ける先が見えて

記念撮影をした。

 

 

今日は七峰縦走路とは反対から歩いている、七峰縦走の時はこの笹の道辺りは混み具合も少なくなり、気持ちが良いが、まだまだ気合が入っている所

 

愛宕山11;35

全く記憶ないない山

「関東ふれあいのみち」になっていて ふれあいのマークある

 

 

二本木峠

ここからまで七峰縦走路は牧場から車道歩きである

 

今日は車道を歩かないで尾根を辿る

 

暗い松やヒノキ林のなか踏み跡程度の登山道を歩き

明るい雑木林になった。ジャグルの様な道を木の枝などを

かき分けながら進む。このようにかき分けて登るのも面白

 

 

ミツバツツジが山の斜面に咲いていた

 

鋳薔薇の尾根道になったので、そこを巻くため少し山の斜面を

下り巻き上げる。若芽が気分を和らげる

 

 

車道を歩いて

秩父高原牧場につく12:35~12:38

 

 

ランチをとるメンバー

羊がこちらをむいている

 

牧場から車で移動して

粥仁田峠13:50

 

 

 

大霧山14:30~14:40

 

展望が良い

外秩父七峰縦走の標識があった

七峰縦走の時、ちょっと展望を楽しんで この標識をみて下って

行った

雑木の合間からゴルフ場の芝生がみえ、 雰囲気が良く

苦しい歩きも心和ませてくれた景色だったと 思い起こしながら

 

 

無事粥新仁田峠に下山した15:10

今日歩いてみて、 外秩父七峰縦走を何回もよく歩いたなと

過ぎた日を思い起こし自分に 感心しました

 

 

 

帰路も花爛漫の美しい秩父の里を楽しんた

 

リーダー車のメンバー同行のメンバー

一日ありがとうございました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月8日(曇り)

 

クラブのメンバー9人で歩いてきました

 

第7回で歩いた「麦笛のみち」で大神神社まで歩いたので、

今回は大神神社からJR小金井駅までの約約15.5km

歩きました

このコースは大神神社から南に田園風景の中平坦な道を

歩き下野国庁跡に着く、そこから北に戻る形に歩を進め

今度は、東に向かうと思川に架かる大光寺橋を渡り、

蓮華時に着く。そこから南に向い東に折れると下野国分寺跡で

このあたりが天平の丘公園になっている。

林の中の散策路という風で尼寺跡 紫式部の墓を見て歩く

紫式部の墓は地名にちなんでつけられたとか

そこから田園地帯に菜の花畑が広がる。その奥に琵琶塚古墳が

あった 古墳の前の菜の花畑に 菜の花のイベントが開かれていた

そこでメンバーそれぞれイベントを楽しんで 買い物をして 

その先の摩利支天塚に辿り着く 。一端来た道を戻り田園地帯を

終点の小金井駅を目指す。

 

 

 

前回歩いた「麦笛のみち」 の終点 大神神社 こちら

から今回は歩き出す 大神神社のミツバツツジの花も前回歩いた時は

ちらほら開いていただけだったが 今回は満開であった

 

 

大神神社から先ず下野国分寺跡まで目指す 3,3km である

 

大神神社の東に歩き出すと参道が長く風格がある神社

 

神社を抜けると麦畑の田園風景の中を歩く

 

 

 

 

地蔵尊が祀ってあった

 

 

下野国庁跡

 

 

 

 

バアバーのカメラに不調きたし 全く写真が撮れない

ここからは 頭に風景を焼き付けて歩こう

 

歩いたコース地図

 

天平丘公園内は出店もあり  桜の花見物客でとても賑わっていた。

 

 

麻利支天塚古墳

撮影ポイントで

リーダーに撮って頂いて記録に残す

 

 

麦畑の田園地帯に歴史跡 風情ある林の公園のなか

散策 、 古墳の前の菜の花イベント、 昔と今を感じる

とても良いみちであった。

平坦な道歩きであるが中々体力も必要でもあると感じた。

 

リーダー 車運転のメンバー  同行のメンバー 

お世話様でした 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月9日(雨、曇り、晴れ)

クラブのメンバー19人で登りました

雨模様の中を3台の車に分乗し 登山口に向かう

登山口に着いた時点で雨が降りしきる。リーダーの判断で

登山時間を遅らして様子を見み、予定より一時間遅らして

登山開始する。

 

杏ケ岳林道の974地点に 古くなった板に ←味噌玉岩 

花の里→が書いたのがたっていた。

ここが登山口である。 (この板標の反対側)

花の里って? 

何処にあるのだろうか?行って見たくなるが::

 

林道からいきなりの急登り

 

 

 登山口799m地点から登りあがった所に 祠がある

優しい観音像がほられてある

境界石票がある 。これに沿って歩を進める

 

 

檜の植林帯と落葉樹の雑木の境を登る

 

 

974m地点 三角点    

 

 

樹林から鏡台山が見える

 

 

岩が出て来た

味噌樽岩がどれだろう

 

 

大きな岩がある 

岩の間を急登する

 

登りあがると四角印が

 

岩の間を下り始めると 岩の上に祠らしき物がたっている

あれが 味噌玉岩かな?

 

巌群から急下降する

 

 

アカマツが彼方此方生えてる雑木林の中を行く

 

 

笹の登山道に変わった

 

 

杏が岳 は双耳峰。

美しい山容  樹林の間から見えて、杏が岳の姿を

新たに認識する

 

 

ヤドリギ や熊だながあった

 

等高線が狭くなった最後の急登りを登るメンバー。

ブナの小さな木に枯葉がついて、冬枯れの山のアクセント

になっている

 

 

杏が嶽(1292) 頂上12:31~13:20

 

頂上でランチタイム

 

頂上からの眺め   県庁が山の窪みから見えた

 

 

 

下山

細いブナが混ざる雑木林の尾根を下る

 

枯れた木に白いキノコが花が咲いように生えて

山に色を添える

 

アカマツ が混じる雑木林を眺めながら下山する

 

 

大きな古木のミズナラ

ここまで生きるのにどんな歴史があったのだろうか?

 

 

樹林の間から登った李が嶽の美しい姿が見えた

 

 

鍋割山のアカマツが枯れたのを思い アカマツの元気な姿に

見入りながら下山

 

これが味噌玉岩

岩の上に立つメンバー 

バアバーも登りたいところだが、  景色を眺めて

満足。  榛名山に 包まれ  素晴らしい

 

 

リーダーが、この山に登りたいというHさんネーム

入りのピンクのリボンを木に結んで登った

冬枯れの雑木林の中に良く目立つ

 

冬枯れの雑木林の色々の姿を鑑賞

 

 

祠に着きました

 

祠とアカマツが とてもいい雰囲気であった 

 

 

 

一時間待っての登山の甲斐あって、 頂上では青空も見え

気になっていたいた味噌玉岩、そして杏ケ嶽の美しい姿

を見られ、  渋い登山を堪能した一日でした

 

リーダー、メンバーお世話様でした

 

 

 

 

集合場所の公園は桜が満開、解散後

桜を愛でて 家路に着いた

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。