1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2017年07月31日

ジュニアが間違えやすいミスの仕方を2つご紹介

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「じっくりと生徒と向き合ってデータを深く掘り下げる機会は初めてかな?」

 みなさんこんにちは!最近、力を入れている練習場でのジュニアのデータ解析レッスン
 ですが、1人の生徒と2時間くらいじっくり向き合って測定する機会って、実は今まで
 なかったかも知れません。

 普段、測定機器を使っているジュニア達とも、10人〜15人とたくさん生徒がいる中で
 やりとりしているので、そこまでデータを深く掘り下げることは少ないんですね。

 今回は、さらに深く掘り下げて色々と新しいことが見えて来たのでレポートでご紹介して
 おきます。



アメーバ「まずは、その子も癖や性格などをデータを見ながら探っていきます」

 まずは、データを計測する時には、10球〜20球、生徒達には何を言わずに打ってもらいます。
 その時に、どんなことを考えているのか?数値から見えて来ます。

 例えば、ボールをまっすぐ行かせようとしてフェース面を手首で操作するなどです。彼ら
 なりに一球ずつ考えて試行錯誤しているのが数値から見て取れますね。



 また、ショートゲームの精度やミドルアイアンの距離感などスコアメイクに必要なデータ
 も集めておきます。特に練習場のボールでコースボールほど飛ばない時など、どんな工夫
 をして距離感を出して来るのか?など興味深い数値が見て取れます。

「今日は、距離が合わなくて・・・」と一日じゅうずっと言い訳をしがちな子は、こんな時
 に、自分の番手や弾道のイメージにこだわって臨機応変に対応できないので、なんとなく
 わかります。」

 また、苦手な距離や得意な距離を、客観的に知っておいてもらうことも重要です。なかなか
 合わせにくい距離は、その子によって違います。
 
 このようにまずは、その子も癖や性格などをデータを見ながら探っていきます。



アメーバ「ウッドとアイアンの球質を揃えるのにジュニア達は独自の工夫しています。」

 今回来た子は、たまたま土曜日がインサイドからクラブを入れるドロー系の子たち、日曜日
 がアウトサイドからカットにクラブを入れるフェード系の子たちでした。

 こうやってじっくり見ていると子ども達は、独自の工夫をやっていることに気がつきます。

 例えば、クラブをかなりインサイドから振るのが身についている(swing Dir=5.6度)子が
 います。例えばこの場合一見するときっちりクラブは入って来ています(Club pass=-0.5
 度)が、実は7.2度もアッパーに打ってクラブの軌道をまっすぐになるように(Attack An
 gle =+7.2度)調節しています。

 なるほど!極端にアッパーに打てば、同じプレーンでもそのぶんクラブは外から入りますか
 らね!なかなかいい思いつきです。






アメーバ「「同じ感覚の打ち方(1つのスイングプレーン)でなんとかまっすぐ打とうとするのです。」

 かと思えば、かなりインサイドからクラブを下ろして来てそのまま、ほぼレベルに振って
 ガツンと横から当ててドローボールを打って来る子もいます。

 実は、クラブの軌道はインサイドから来ても、フェース面さえうまく合わせれば、ドライバ
 ーに関しては、まっすぐ飛ぶことが多いので問題はありません。

 さて、間違いの第一は、実はこの「極端なインサイドのジュニア」の場合に問題となる
 アイアンショットの時です。。。

 彼らは、アイアンに限ってクラブのプレーンを変えたり工夫はしません。プレーンを変える
 のにアドレスやアライメントなどの感覚的な部分を変えるのを嫌がります。

 同じ感覚の打ち方(1つのスイングプレーン)でなんとかまっすぐ打とうとするのです。

 アイアンの場合は、ティーアップしたドライバーのようにアッパーに少しすくい打ち打ち
 をしようと工夫したり(Attack Angleが+)、インサイドからフェースオープンで右に
 打ち出しておいて、手首を捻ってボールにフックスピンをかけて、曲げて戻してこよう?
 とか間違った?工夫します。

 結果的にミドルアイアンが強烈なフックスピン形のボールになったり、すくい打ちで当たり
 の薄いボールになったりしていました。

 これでは、ラフが深くてグリーンの硬くなる公式戦ではボールはグリーンに止まってくれま
 せん。





アメーバ「また、カットにクラブを入れてフェードボールをうまく打つ子もいます」

 また、逆にカットにクラブを入れることが上手な子もいます。以前もコラムに書いて
 あるのですが、カット軌道でフェードボールを打つときは、「カットクローズ(クラブ
 軌道がカットでフェースの向きもクローズ)」が基本です。

 その上で、手首を返さずに腰を止めないように切っていきながら、ボールをうまく
 フェース面ですべらせてフェードボールを打つのですが・・・





アメーバ「でも、カットオープンで右ペラにならないように注意しましょう!」

 でも、時々、フェースにボールを捕まえすぎて左に引っ張ってしまうミスもありがちです。
 
 そこで、間違いの2つ目は引っかけないようにフェース面を軌道に対してオープンに使っ
 てしまって俗いう「右ペラ」気味の弱いボールになってしまいがちです。

 ボールをまずは左に打ち出しておいてから右に滑って戻って来る弾道の方が理想的です。
 
 この時に、しっかりハンドファーストでフェース面を立てているかどうか?インパクト
 ロフトなどもチェックしておきます。

 夏のキャンプで番手ごとのインパクトロフトの平均値あたり集めておこうかなと思って
 ます。

 また、この打ち方(カットオープン)でドライバーを打ってしまうと、スピン量も5000
 回転くらいのひどいスライスになりがちですから注意したいですね・・・

 打ちやすいからといってグリップをウィーク目に握ってしまいがちですが、この辺の細かな
 メカニズムは、スイングコーチの専門家と相談してみてください。

 ということで、ジュニアの間違いやすいミスを2つ紹介しました。

 できたら、両方のボールを遊びでも打てるようになって。、さらにアイアンとドライバー
 でクラブの軌道をうまくコントロールして球質も揃えられるくらいにデータに強くなって
 欲しいですね。

 自分の打ったボールが数値で見えるくらいになればいいかなと思います。
























2017年07月29日

勝つために勝負球をどれにするのがいいのか?

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「関東ジュニアを終えて日本ジュニアの出場選手も揃いました!」

 みなさんこんにちは!今週は、ジュニアの夏の総決算「日本ジュニアゴルフ選手権」
 に向けた各地区大会が終わり、日本ジュニアの出場選手も揃いました。

 私も教え子たちの最後の大一番に向けた戦いを連日、会場まで足を運んで観に行って
 来ました。特に上位の選手たちのプレーは、スタートホールに限りですが観て来た
 ので自分なりの感じたことを書いておきましょう。



アメーバ「捕まり過ぎるドライバーにどう対応するのか?」

 スタートホールを見ていてどの選手も、15年前よりも上手いですね。先日も元水城高
 校の石井貢氏に30年前のジュニアゴルフの話をお聞ききしましたが、当時は特に突出
 した選手だけが毎回優勝争いをしていました。

 バブル期でゴルフ場も混んでいて今ほどジュニアに解放も進んでいない時代で、一部
 の裕福でラウンドができたジュニアだけ上位に来る時代だったようです。

 でも、今回は、上位の選手に練習量やラウンド量の差はないですね。10人から20人
 の選手たちに勝つチャンスはあります。

 また、18歳から25歳までにさらにその練習量や経験の差は埋まって来ますから、これから
 先、どの選手が伸びるか?まだまだわかりません。

 でも、現時点での選手たちを見ると大きく2つに分かれます。まだ、体が出来上がって
 いないので、力がなくて曲がらない選手、とそろそろ体も大きくなり始めて時々大きく
 曲がり始める選手です。



 高校生でも体の選手の細い選手は、大概はドローボール打っています。中学3年生のボー
 ルにちょっと力の入った程度の球ですので、曲がり幅も少ないですね。

 それでも球感のいい子は、この程度の距離のコース( 男子6,948Yards Par 71 )は、アンダ
 ーパーでスコアをまとめて来ます。アジア各地や米国の現在のジュニアトーナメントコース
 に比べて日本のコースはかなり短いため、そこそこ攻め方でも上手くまとまるんですね。

 (例えば世界ジュニアのコースなど7600ヤード近くで全く歯が立たなかったとか・・・)

 そのためその距離では心もとないと早めにトレーニングを始めた選手たちはもいます。そう
 いった子たちは、みんな体の出来上がるにつれて、大学生にもなると特にボールが曲がり始
 めます。特に左に・・・「チーピ、引っ掛け」です。

 メーカーのジュニア担当とも話したのですが、今のクラブは「球が捕まるクラブ」です。
 例えば人気のT社のドライバーにしても、以前のモデルは捕まりにくいように作ってあり、
 それでプロに人気でしたが、最新版は、また捕まるようになっているとか?

 なので、一つ前のモデルの○2か?、さすがに前のモデルは捕まりにくくて今回改良された
 現行モデルの○1がいいと話していましたね。

 (現行モデルの○2は捕まりすぎだとか・・)



アメーバ「上位の選手は、林よりも上げない低いボールをうまく混ぜて使っている」

 確かに見ていてスタートホールのティーショットのミスのほとんどは左です。フェース
 が被った感じのチーピンや、手首を返しすぎた感じのフックが目立ちました。

 特に体の大きくなり始めた選手が高い球を打つとひどい球になります。PGAツアーの
 選手たちのデータを見てもクラブを下から入れてハイランチ&ロースピンのボールで
 300ヤード以上飛ばす選手たちに影響もされるでしょうからね。

 下から入れようとするがあまりに、ボールがばらついてスコアもまとまりません。
 特に体が横揺れする選手は、ひどいフックいに悩まされてました。ある教え子の
 ティーショットを観ていて始動の時にあまりに右に体を揺らすので・・・

「昨日見てたけどスタートホール軸が揺れてるぞ!もっとくるっと回ったら?と翌日の
 スタート前にアドバイスしましたが、その子は予選を通りましたね。よかった。笑」



アメーバ「勝負球は、内角低めのスライダー!高めのボールは見せ球?」

 では、上位選手はどうしているのでしょうか?

 上位の選手は、林よりも上げない低いボールをうまく混ぜて使いながらコースマネジメ
 ントをしているようです。ライナー系のストレートフェードで早めに地面に落として
 狭いホールでもドライバーで距離を稼いでしかも曲げない!という球を多用していました。

 時代に合わせたハイランチ&ロースピンよりもより実践的でスコアメイクに使えるロー
 ボールフェードをマスターした選手が全国でも上位に来るでしょう。

 高校野球で言えば・・・

 「外角高めのボール気味のストレート(ハイランチのドローボール)を見せ球にして、
 勝負球は、内角低めのスライダー(ローフェード)」というところでしょうか?」笑

 また、キャンプに来た時に一緒に研究しましょうか?

◎平成29年度関東ジュニアゴルフ選手権男子15歳~17歳の部決勝競技
 千葉カントリークラブ 野田コース(6,421Yards Par 72)



◎平成29年度関東ジュニアゴルフ選手権男子15歳~17歳の部決勝競技
 紫カントリークラブすみれコース( 6,948Yards Par 71 )















 |  リブログ(0)
2017年07月23日

USジュニアアマは、バック9で4ダウンから大逆転!

テーマ:ブログ
アメーバ「全米ジュニアを優勝した17歳のグッドウィンのインタビューをご紹介!」

 おはようございます!今日は、AJGAのFBページサイトの閲覧者が50万人を
 超えたニュースからお届けします。

 2012年に台湾に住んでいた頃、立ち上げたアジアジュニアゴルフ協会のFBペ
 ージが、4年と8ヶ月で「いいね!」の数が50万人を超えました。

 今後はジュニアゴルフの情報と合わせて、日本の文化も紹介するような内容に
 していこうと思っています。



 
アメーバ「17歳のグッドウィンが昨年の雪辱を果たして優勝!」

 全米ジュニア選手権のファイナルの記事からご紹介します。

 全米ジュニアのファイナルが行われて、優勝したのは17歳のノア・グッドウィン
 選手でした。バックナインで4ダウンから逆転しての優勝は、マッチプレーでは意外と
 珍しことではなく・・・

 2012年 にはアンディスミスが2度目の優勝を目指したジムリュウを5ダウンから、
 2015年にはフィリップバーバリーが、残り8ホールで5ダウンから逆転、今回の
 グッドウィンもそれに続く3人目の大逆転優勝でした。

てんとうむし2017 U.S. Junior Amateur

 ビデオを見てもあと1つ取れば勝ちのアップドーミーからウォルフ選手が、まさかの
 3パットやショートパットもミスして崩れて流れを止められずに、自滅しての逆転
 負けがアップされています。

 つくづく「ゴルフはメンタルスポーツなんだな。」と思いますね。

 ※ビデオはこちら↓

てんとうむしLate Comeback Carries Goodwin to U.S. Junior Amateur Title



アメーバ「コーチはジョーダンスピースと同じキャメロン・マコーミック」

 実はグッドウィンのコーチは、コーチはジョーダンスピースと同じキャメロン・マコー
 ミックですね。
 
 マコーミックの教え子の「全米ジュニアアマチュア選手権」優勝は、グッドウィンで
 なんと4人目となります。

 2009年、2011年のジョーダン・スピースに始まり、2014年のウィル・ザラト
 リス2015年フィリップ・バルバリー、そして2017年のノア・グッドウィン
 となります。

 10年以内に5回も全米ジュニアを勝っているなんて!タイガーの3連覇並みにすごい
 成績だと思いませんか??
 
 日本語で3回にわたる マコーミックの特集が組まれていますので読んで見てください。

てんとうむしスピースが絶大な信頼を寄せるマコーミック(前篇)

てんとうむしスピースは勝つために存在している(中篇)

てんとうむし自分がプレーするよりも教えるほうが向いていた(後篇)

 


アメーバ「テキサス出身としては7人目の全米ジュニアチャンピオン」

 こうして、グッドウィンは17歳で全米ジュニアの頂点に立ちました。また、来年も
 この大会でスピースに並ぶ連覇にチャレンジすることになります。

 マコーミックとグッドウィンとの関係を詳しく書いてある興味深い記事あったので
 簡単に翻訳してご紹介しておきましょう!

 グッドウィンは、幼少の頃テコンドーに打ち込むなどしながら、ゴルフもお父さんと
 一緒にプレーするなどして思えました。でも、彼の育ったオクラホマのコースには
 ジュニア育成のプログラムがなかったようで、あくまでも家族ゴルフだったようです。

 でも次第にゴルフに熱中するようになり、15歳の頃には、1日に3時間〜5時間は
 コースで練習するようになったようです。



アメーバ「彼が熱を入れて練習したのは、ショートゲームだったようです。」

 この頃特に、彼が熱を入れて練習したのは、ショートゲームだったようです。

「いろんな場所にボールを置いてピンに向かって寄せることが特に楽しく感じたんだ」
 と現在の彼のプレーの基礎は、ショートゲームの習得にあったと振り返っています。

 初めてコーチのマコーミックと会った時のこともよく覚えているようで

「彼は、雨が降っていた待ち時間にデータ解析機器でバックスイングを見て”ここまでは
 まあまあだね!”と話していました。その上て、ダウンスイングの課題を指摘してくれ
 ました。」

「特に彼が話してくれたのは、メンタル面でのゴルフの考え方でした。僕はどちらかとい
 うと完璧主義者で、うまくできなかった時にちょっと考えすぎる傾向にあ理ました。」

「そこで、まずマコーミックは、”ゴルフには自分でコントロールできない部分(例えば風)
 がたくさんあるるんだ。だから自分でこうやろうと思って打ったショットは、たとえ予
 想外の結果となってもそれで良しとするしかないんだよ。だから、たとえ何がおきてて
 も考え込む必要はないんだ。”と教えてくれました。」

 と話していました。



アメーバ「ゴルフで唯一、思った通りになるのはコミットメント(自分との約束)だけ」

 をの指導を受けながら、彼は16歳から本格的に全米のジュニアの試合を父親と共に
 参戦するようになりました。

 その頃には、全米中ののジュニアと戦いながら自分の弱点などを見つめてさらに腕も
 上がってきたようです。

「実際に、そのレベルになるといろんなすごい選手とたくさん試合で回るようになった。
 僕は、体も小さかったし、飛ぶほうじゃなかたけど、自分を信じて打つことに関しては
 誰よりも自信があったんだ。その上で飛距離では負けても彼らに勝つ方法をいつも考え
 ていたよ。」

 マコーミックの紹介でデヤンボートあったっり、スピースとラウンドできるようにも
 なりました。15歳では異例のことですね。そんな普通ではない?彼はこう話をまとめて
 いました。

「ゴルフは思った通りにならないスポーツだけど、唯一、思った通りになるのはコミットメ
 ント(自分との約束)だけだよ。こうすると決めたことだけは、やるようにしてます。」

「でも、ゴルフは個人スポーツだから、最後は自分と家族だけだね。どんなに仲良く晩御飯
 食べていても、明日は、やっつけてやる!って誰もが思ってて当然なんです。」

 と個人競技の厳しさも10代にしてわかっているようです。

 インタビューを読んで見て、全米のトップに立つ子がいかに成熟した考えを持っている
 かがわかります。ジュニアには、まずは心の教育をすることがマコーミック氏の根底に
 あるような気がしました。

てんとうむしNorth Texas Breeds Young, Talented Golfers: Noah Goodwin, Next in Line







 |  リブログ(0)
2017年07月22日

USジュニアアマ決勝は、2年連続ファイナルで昨年2位の雪辱なるか?

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「USジュニアに教え子を始め日本人選手が出場しています!」

 みなさんこんにちは!今週は、栃木県の関東高校ゴルフ選手権の会場に来ています。
 高校生のジュニアゴルファーたちの個人戦が行われています。上位の選手40名が
 8月に宇部で開催される「全国高校ゴルフ選手権」の個人の部に出場します。

 チーム戦である団体戦は6月に終わっていて、7月は個人の部なんですね。私が監督を
 している通信制の代々木高校ゴルフ部は、男女で団体戦の全国大会出場を決めています。

 さらに女子は6名が個人戦でも全国大会に出場、男子は全国シードを持っている2名に
 今回、何名追加で入るか?楽しみです。

 待ち時間や夜の時間を利用して、仕事をしたり、調べ物をしたりしてますが、USジュ
 ニアに教え子を始め日本人選手が出場していたのでちょっとネットで調べていました。

てんとうむし2016 Runner-Up Goodwin to Meet Wolff in Junior Am Final



アメーバ「3人の日本人選手が出場して全員マッチプレーまで進出」

 この大会には、3人の日本人選手が出場していて、丸山奨王選手、大西 魁斗選手、森
 山友貴選手です。3人がの日本人がUSジュニアのマッチプレーを戦ったのは素晴らし
 いですね。
 
 特に森山くんは、小学生の頃からAJGAキャンプに来てくれていて、マッチプレー形式
 のキャンプで遊びながら育ったので、実際にUSジュニアに出場しているのを見ると嬉し
 くなりますね!

 




アメーバ「惜しくも日本人選手のベスト8入りはならず・・・」

 3人とも1回戦を勝ち上がって、森山君はメダリストで優勝候補のエクロート選手に惨敗、
 大西君と丸山君は2回戦もか勝ち上がりましたが、丸山くんは、昨年準優勝の実力者の
 グッドウィン選手に、大西くんも15歳のライアンくんに負けてしまいました。

 でも、マッチプレーは誰と当たるか?勝った負けたがはっきりして番狂わせも多く、
 毎日仕切り直しなおしの戦いとなるので結果も見ていて面白いですね。

 日本ジュニア選手権(3日間ストローク競技)も18歳以下総当たりでマッチプレーでやっ
 たら?もっと子どもたちに人気のあるスポーツになると思うのは、私だけでしょうか?笑







アメーバ「昨年2位で、よく年優勝した選手は3人しかいないらしい・・・」

 さて、ベスト8は9月からオクラホマ州立大に進学が決まっているエクロート選手と
 マシューウォルフ選手の注目の対決だったのですが、取った取られたの激戦の末、
 ウォルフ選手が1アップで勝ちました。(事実上の決勝だったかもしれません。)

 また、今年が4回目の出場で、昨年は決勝で負けて2位だった17歳のグッドウィン
 選手も(14歳からUSジュニアにずっと出ているんですね!)今年も決勝まで進ん
 できました。

てんとうむしU.S. Junior Amateur Finalists: Tale of the Tape



 ちなみに、このUSジュニアを連覇したのは、過去には2人だけ。タイガーウッズの3連覇
 (1991年〜1993年)とジョーダンスピース(2009年&2011年)の2連覇です。

 さらに、今回のグッドウィンのように昨年2位で翌年優勝したのは、過去に2人しかいない
 ようです。勝てば3人目になります。

 対するウォルフ選手は準決勝で相手が途中ホール間の移動でカートに乗って(ルールでは
 キャディしかカートに乗ることができない。)そのホールペナルティーで1アップとして
 それから流れを掴んで勝った運も持っています。

 もちろんベスト8で激戦も制していますから、18歳と年上でもありやや有利かもしれません
 ね。

 さて、教え子も出ていたので久しぶりにUSジュニアの記事も書いてみました。興味を持っ
 て英語のサイトも見てもらったらいいですね!
  
 明日の決勝を楽しみにしています!
 
 てんとうむし2016 Runner-Up Goodwin to Meet Wolff in Junior Am Final











 |  リブログ(0)
2017年07月15日

ジュニアゴルフのデータ解析の基本的な数値をご紹介!

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「Air Drop でデータを生徒と共有してより充実しています」

 みなさんおはようございます!今週は、スクーリングや全国大会の合宿から東京に
 戻って来て、すぐに河口湖でキャンプを開催しています。

 今シーズンのキャンプは、データ解析を各ホールごとに行って、選手とデータを「Air
 Drop」で共有して、練習に活かしたり、夜のミーティングでデータ解析の基本を講義
 したりと専門性を高めています。

 「Air Drop」と言うのは、iPhoneでデータや写真、動画をWife接続のみで共有できる
 機能です。実は、スクーリングの新幹線での移動中に、生徒が、変顔とかAir Dropして
 遊んでいて私のiPhoneにもふざけて送って来たんですね。笑

 それで、「あっ!」と気がついて「これってキャンプで測定したトラックマンデータ
 一瞬で生徒と共有できる?」と聞いたら生徒達は、「簡単でっすよ!」と・・・

 それまで、いちいちGmailで送ったり、画面を写真で撮ったりしていたので、「これは
 めちゃくちゃ活用できるじゃん!」と思いついて、「全ホールでデータ計測してAirDrop
 すること」を始めたわけです。
 
 これにより今までより一瞬で膨大なデータを、より多くの生徒と共有できるようになり、
 キャンプの内容も充実して来たと手応えを感じています。 

 だいたい、「いい思いつき」って遊びから発想できるんですから面白いものですね。



アメーバ「元、物理学の教師だった私はこういったデータ解析は専門家です。」

 ラウンド中は、キャンプに参加しているジュニアのお父さんたちにも協力してもらって
 データを集めています。

 各ホールに先回りしてデータ解析機器を設置していきますので、朝から結構忙しいん
 ですね。2台のトラックマンをフル活用しています。

 そのデータの見方の基本をいくつかアップしておきましょう。元、物理学の教師だった
 私はこういったデータ解析は専門家です。笑

◎男女のジュニアのヘッドスピード(ボールスピード)

 多くのジュニアを見て来て、女子は、クラブスピード40.0m/s、ボールスピード60.0m/s
 が標準値です。

 男子は、クラブスピード47.0m/s、ボールスピード70.0m/sを基準値としたいですね。
 まずは、よほどのテクニシャンでない限りこれくらいの数値は中高生として欲しいとこ
 ろです。

 ※小学6年生や中学1年生は、だいたい中高生の女子と同じデータで構いません。





◎ボールが地面に落ちる角度

 スピン量は、弾道との関係もありますが、ドライバーで女子の場合は30度〜35度のラン
 ドアングル(地面に落ちる角度)くらいでしょうか?女子のトーナメントはフェアウェ
 イにローラーがかかっていますから固くなっている地面をうまく利用できる角度がいい
 でしょう。

 男子は、35度〜40度くらいです。男子はそういった配慮?はないです。代わりにボール
 の落ちぎわのラフを極端に伸ばしていたりします。ボールが上がれば上がるほど左右に
 ボールは散ります。どんなスタイルで攻めるかで。落ちる角度も変わってきます。

 また、アイアンの場合は、ボールが止まるためには40〜45度の角度がまずは、欲しいで
 す。35度を切ってくると、止まりません。特に180−190ヤード、200-210ヤードを狙う
 ユーティリティーアイアン、フェイアウェイウッド、ロングアイアインは、数値を見て
 適切なものを入れましょう。

◎ランチアングル(打ち出し角度)

 ドライバーの打ち出し角度は、男子12度、女子14度を基準にしています。
 




◎インパクトロフト&ダイナミックロフト

 インパクトロフトは、男女共15度以下、スピンロフトは12度を基準にします。
 ※ジュニアにもわかりやすくあまり幅は持たせて書いていません。

 これが多すぎる場合に、手首を立ててインパクトロフトを減らすようアドバイスしてい
 ますが、この時、手首を使いすぎてフェースアングルがマイナスになりすぎない(フェー
 スガ被らない)ように注意しなければなりません。

 これができる子は、器用な子、できない子は不器用な子です。「不器用=センスない」と
 いう事ではありません。すぐにできなくても時間をかけてできればいいのです。

◎スピン量

 スピンロフトに関係してくるのは、スピン量です。男子は2200回転前後、女子は、2600
 回転を基準としてます。この数値は、シャフトに影響されますので、専門のフィッティン
 グチームにアドバイスを受けた方がいいですね。シャフトでいろんな数値が大きく変わっ
 てきます。





アメーバ「各数値は、複数の数値を関連付けて見る必要があります。」

◎クラブパス&フェースアングル
 
 ボールの方向性に影響のある数値は、「フェーストゥパス」と「スピンの回転軸」に関連
 付けて数値を見る必要があります。

 基本的なアドバイスとしてドローボールを打つ時には、インサイド(クラブパス)オー
 プン(フェースアングル)、フェードボールを打つ時はカット(クラブパス)クローズ
 (フェースアングル)が望ましいです。

 例えば「カットオープン」など逆の数値は、一見フェードに見えますが、風に弱いボール
 になったりします。

 また、いい数値で入っているのに、フェースの先に当たっているためにフックしたり、
 手首でこねているため、フックする場合もあります。もちろんフェースが被ってフック
 する場合もあります。

 ケースバイケースですのでキャンプに参加した時に、聞いてください。





◎スイングプレーンとクラブパス

 スイングプレーンとクラブパスは違います。これはボールを捉えるインパクト周りの
 「アタックアングル」に関連性があります。アイアンを、ドライバーと同じように振る
 とフックしすぎてしまいがちです。これは、この3つの数値を理解するだけで、弾道が
 ストレートに改善されるはずです。

 この辺の細かいアドバイスもキャンプで質問してくださいね。
 
※私が個人的に集めたジュニア世代のデータですので、プロやアマチュアの世界の一般的
 な数値とは違うかもしれません。また、これでないといけないということもありません。





アメーバ「より悩みの深い症状の場合は、専門医(コーチ)を紹介するようにしてます。」

 あくまでも私が目指すは、「かかりつけの町医者」ですから、より悩みの深い症状の場合
 は、専門医(ゴルフコーチ)を紹介するようにしてます。

 昨日も、久しぶりにキャンプに来てくれたかぶとくんと話していて、「最近アプローチの
 不調に悩んでいるんです。」相談を受けてすぐに専門医(コーチ)を紹介しました。

 実は、すぐにセカンド、サードオピニオンまで連絡して3人のコーチさんにアプローチの
 動画を送りました。これは、ラインやメッセンジャーですぐに送れますね。

 すぐに、とりあえずのアドバイスの返信を3人のコーチからもらって、かぶとくんの
 ラインに転送して、その後、電話でもアドバイスをもらいました。

 それで、イメージを変えて2時間練習して、後半のラウンドでは、ちょっといい感じ
 になって来たようです。




 
 これもインターネットを活用していい効果が得られた実例です。

 キャンプの後、個人的に連絡を取ってもらって、コーチのスタジオや練習場に行って
 詳しく診断(レッスン)を受ければなおいいですね。

 定期的に見てもらって、アプローチイップスや苦手意識などなくなるようになってくれたら
 幸いです。

 他にも、最近ドライバーが上手く打てなくて悩んでいた萌花ちゃんとかのデータを計測
 して、その原因を、クラブフィッティグにあるとアドバイスして、その上で、もっと
 標準値まで、ボールスピードをあげるように指導したりもしました。
 
 また、ユーティリティーのフィッティングも不十分で、止まらないクラブを変えた方が
 いいよ、とデータでしっかり理由付けをして説明したりしました。

 さらに詳しく8月のキャンプの「EVEN GOLF LABO」など専門医の指導を受けた方がい
 いでしょうね。

てんとうむしAJGAサマーキャンプエントリーページ





 こういったアドバイスを、今度キャンプだけでなく練習場でもやっていこうと考えて
 準備しています。第1回目のデータ計測を「せきやどゴルフ練習場」で7月最後の週末
 にやりますので、興味のある方は参加してみてください。

 お問い合わせは「せきやどゴルフ練習場」までどうぞ!

★イベント名『AJGAトラックマンデータ解析レッスン』
◎開催日:2017/7/29(金)~7/30(日)
◎開催場所:せきやどゴルフ練習場(千葉県野田市)
◎時間:9:00~17:00(同時に2名/2打席までレッスン可能/トラックマンを2台使用しての
 レッスンとなります)
◎レッスン内容:費用等はお問い合わせください
・データ解析のみ
・データ解析&距離感テスト(コンバインテスト)1
※計測したデータは全てその場で印刷をして冊子にしてお渡しします。冊子には、データの
 数値の簡単な解説の冊子も綴じられています。
※距離感テストのみは行いません。
 ※打席代とボール代は別途その場でかかります。






































1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース