アメーバ★吉岡徹治のオフィシャルブログへようこそ! 

てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会(AJGA)のホームページ 

てんとうむしAJGAの You-Tube動画 はこちら 

 アジアから27万人を超えるゴルフファンが見ているゴルフ情報サイト!
 アジアジュニアゴルフ協会(AJGA)のfacebookページ

てんとうむし詳細→アジアジュニアゴルフ協会Facebookページはこちら 













アメーバ2017/2/5(日)~2017/3/2(木)『2017マレーシア&タイスプリングキャンプ 』

【26days キャンプ】AJGAの海外キャンプをパタヤのサイアムカントリークラブ(プランテーションコース&ウォーターサイドコース)開催します!
※どの期間から参加しても構いません。参加期間は自由に選べます。
※2月5日に羽田空港を出発。3月2日帰国。(監督とマネージャーが引率します)。

マレーシアキャンプ (2017/2/5~2/13)1/21最終版
【日本~タイ~マレーシア航空チケット】10名
2月5日(日)TG683 羽田10:35 バンコク15:40 
2月5日(日)TG417 バンコク16:45 クアラルンプール19:55 
2月13日(月)TG416 クアラルンプール13:05 バンコク14:10 
3月02日(木)TG660 バンコク14:50 羽田22:30 
集合場所:羽田空港チェックインカウンター国際線ターミナル
集合時間:2017/2/5(日)8:00
クアラルンプール空港からホテルまで大型バスにて移動(現地マネージャーが手配、現地にて清算片道1名2000円)

【日本~マレーシア航空チケット 2/13帰国(10名)】
2017/2 /5(日)成田/クアラルンプール 全日空(NH815便)17:15-23:35
2017/2/13(月) クアラルンプール/羽田 全日空(NH886便)14:15—22:05
※2名が2/11(土)に帰国
2017/2/11(土) クアラルンプール/羽田 全日空(NH886便)14:15—22:05

集合場所:成田空港ANAチェックインカウンター国際線:第1ターミナル 南ウイング 4階
集合時間:2017/2/5(日)15:15
クアラルンプール空港からホテルまで大型バスにて移動(現地マネージャーが手配、現地にて清算片道1名2000円)

【ゴルフ場予約】 
2/6(月)グランマリーG&CC(Valley コース)AM9:00スタート(5組)
 ※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担25リンギッド
2/7(火)グランマリーG&CC(Valley コース)AM9:00スタート(5組)
 ※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担25リンギッド
2/8(水)グランマリーG&CC(GARDEN コース)AM9:00スタート(5組)
 ※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担25リンギッド
2/9(木)午前中「メイバンクマレーシア選手権」観戦(サウジャナCC)移動
 グランマリーG&CC(GARDEN コース)PM1:00スタート(5組)
 ※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担25リンギッド
2/10(金)グランマリーG&CC(Valley コース)AM9:00スタート(5組)
 ※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担10リンギッド

2/11(土) テンプラパークGC PM1:30スタート(5組)※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担10リンギッド
2/12(日) テンプラパークGC PM1:30スタート(5組)※キャディ付きカートプレー、キャディチップ各自負担10リンギッド

※ ボールは2箱目からは各自で負担となります。例)グランマリーのボールの料金とメンバーと同じ100球で10リンギッド

※ キャディは2人に1人つきます。(テンプラパークGCは4人に1人)運転もキャデ
 ィが行います。保護者は原則コース内には入れません。
 (※監督の見回りに同乗して1名は入れます。)

※ ヨーロピアンツアーとアジアンツアーとの共済試合の「メイバンクマレーシア選手権」
 の入場料は無料です。マスターズチャンピオンのチャール・シュワルツェルやダニー
 ・ウェイレットなどヨーロピアンツアーのトップ選手が出場を予定しています。

※ グランマリーとテンプラパーク共にトーナメント開催実績のあるコースです。

【レストラン予約】
2/6(月)和食レストランとお好み焼き「茶寮京都」pm7::00~
2/7(火)和食レストランとイタリアン「ビストロフォーオ」pm7::00~
2/8(水)和食レストランとお好み焼き「茶寮京都」pm7::00~
2/9(木)和食レストランとイタリアン「ビストロフォーオ」pm7::00~
2/10(金)和食レストランとお好み焼き「茶寮京都」pm7::00~
2/11(土)和食レストランとお好み焼き「茶寮京都」pm7::00~
2/12(日)和食レストランとお好み焼き「茶寮京都」pm7::00~
※日本食、イタリアン(60リンギッド:1,500円/1食)

※チームで予約してあります。メニューはお任せで量は十分だと思います。
 毎日メニューは変わります。現地清算となります。モール内のレストラン
 にて各自で食事を取る場合は事前にお伝えください。
※朝食と昼食は参加費に含まれます。昼食はメニューからアラカルトで選べま
 すが、料金には上限(25リンギッド)があります。超えた場合は各自清算
 となります。(飲み物ジュース等は追加分を現金で各自清算してください)

【送迎】
※空港~ホテル 大型バス利用:1回につき80リンギッド(2000円)
 初日は夜9時と深夜24時の2回送迎となります。
※ホテル~ゴルフ場 参加費に含まれます。

【マレーシアキャンプ参加費】
16000円×9日間=144,000円(プレー代、レッスン代、カート代、キャディーフィー、
 宿泊費、朝昼2食)
保護者
7,000円×9日間=63,000円(ホテルゴルフ場送迎、宿泊費:朝食のみ)

※参加費に含まれないもの
空港~ホテル送迎費80リンギット
キャディーチップ10リンギット
保護者昼ごはん25リンギット
日本食夕食の場合60リンギット
エクストラボール代10~20リンギットプラスα

【タイキャンプ詳細】
◎参加料 約14,000円(4,300バーツ)※バーツレートにより変動あり/1日当たりの料金
 宿泊費(1泊2食)&プレー代金・レッスン代・練習ボール代及び諸経費・移動費込み
夕食は近くの日本食レストラン等で取る予定です。(夕食は現地自己負担払いとなります。)
◎空港~ゴルフ場送迎費片道:2,500バーツ/一台あたりが別途かかります。

◎タイキャンプスケジュール
2/12(日)東京~バンコク~クアラルンプール移動日
2/13(月)-3/1(水)サイアムカントリークラブキャンプ
3/2(木)帰国
【平日(月~金)スケジュール】
サイアムカントリークラブプランテーションコース 午前中8:00~練習:(芝の上からの打撃練習、アプローチ、パター)午後13:40スタート18ホールのラウンド
【土日スケジュール】
サイアムカントリークラブウォーターサイドコース 8:00~午前中練習(芝の上からの打撃練習、アプローチ、パター)夕方9ホールプレー

【エアチケットのご案内】
1)日本 ~KL(クアラルンプール)~バンコク(20172/5-3/2) 
◎2月5日(日)TG683便 羽田10:45 ~バンコク15:40  (乗り換え)TG417便 16:45 ~ KL 19:55
◎2月13日(月)出発便TG416便:KL 13:05 バンコク14:10
日本~KL(クアラルンプール)~バンコク 89,680円予定
2)日本~バンコク(2017/2/13-3/2)
◎2月13日(月)出発便:
 タイ航空TG661便 0:20羽田発~5:20タイ着 
 ※2月12日(日)22:20に羽田空港に集合。マネージャーもこの便で引率します。
◎3月2日帰国便:
 タイ航空(TG660便)14:50タイ発~22:30羽田着
 ※料金
64,000円+羽田空港税2,670円+タイ出国税約2,400円+発券手数料3,240円=約72,310円予定
◎詳細お問い合わせ
     Tel:タイ連絡先直通:   未定     
     E-mail:magicjga@gmail.com

◎航空チケット(羽田~バンコク)こちらまで
東京都知事登録旅行業第3-5067号
株式会社スプラッシュインターナショナルズ
〒173-0004 東京都板橋区板橋3-32-8山本ビル401
TEL 03-5944-3990 FAX 03-5944-3991
E-mail suzuyoy@gc4.so-net.ne.jp
担当 山本 鈴代
◎この件に関する詳細お問い合わせ
     Tel:080-1258-5341
     E-mail:magicjga@gmail.com

【参加費振込先】
社団法人の口座を開設しましたので、こちらの口座にお振込をお願いいたします。
今後のキャンプは、すべてこちらが振込口座となります。

【みずほ銀行 東京中央支店】
(銀行コード:0001 店番号:110)
 口座番号 普)2386155

 社団法人アジアジュニアゴルフ協会

※お手数ですが振込手数料は各自でご負担くださいますようお願い申し上げます。

てんとうむし★AJGAエントリーページはこちら



アメーバ「"2017ミャンマー日本斉唱年国際交流ゴルフフレンドリーマッチ"は日本チームが大会2連覇!」

 最終ポイントは、「日本12.5ポイント Vs ミャンマー8.5ポイント」でした。今回も、
 日本、ミャンマーの勝敗はつきましたが、最後まで全員で選手を応援するなど心温ま
 る光景が見られました。相手のプレーを讃える場面も多く、まさに交際交流と親善試
 合になりました。さて、次回の大会は2017年の10月に日本で開催予定です。


MYANMAR × JAPAN YOUTH EXCHANGE 2017 ミャンマーとの青少年文化交流会


アメーバ『チャイナアマチュアオープンがゴルフ雑誌で特集されました 』

「チャイナアマチュアオープン」を主催した「ゴルフダイジェストチャイナ」から冊子が
 届きました。日本チームが紹介されています!



アメーバ『 AJGAマジックゴルフキャンプ』の今後の予定

★12月24日(土)~12月31日(土)
 アジアンツアーQスクールチャレンジファーストステージセクションA(バンコク:ウィンザーパークGC)
★2017年1月10日(火)~1月14日(土)
 アジアンツアーQスクールチャレンジファイナルステージ
 (バンコク:スワンナプームGC)
★2017年2月5日(日)~2月11日(日)
 マレーシアキャンプ(クアラルンプール:グランマリーG&CC)
★2017年2月12(月)~3月2日 (木)
  タイキャンプ(パタヤ:サイアムカントリークラブ)
★2017年3月31日(金)~4月8日(土) 
 トゥールービジョンインターナショナル選手権(バンコク:スワンナプームGC)

※初めて参加のジュニアのお問い合わせは magicjga@gmail.com
08012585341 まで

てんとうむし★ キャンプスケジュールはこちら

てんとうむし★ 『AJGAマジックゴルフサマーキャンプ』エントリーページ!





アメーバ「男女の脳はすれ違うようにできている!」

 AJGAメンタルスクール講師のよしおかゆうみ著 単行本ソフトカバー596円

男女の違いを知ればもっと恋愛上手になれる
・「自分を知る」自己分析チェック
・「相手を知る」恋愛会話術
・「二人を知る」男女のお悩み相談室
・「結婚を知る」イマドキ男女の結婚学

てんとうむし詳細→男女の脳はすれ違うようにできている! 単行本(ソフトカバー)  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月18日

タイのプロツアーについて調べてみました。

テーマ:ブログ
アメーバ「タイに住んでタイランドPGAツアープロの資格を取る」

 以前、タイのプロゴルフツアー「オールタイランド」を紹介したことがありました。
 これはタイのプロツアーに特化した組織で、日本で言えばJGTOのような感じです。

てんとうむし「アジアの「ASEAN PGA ツアー」をご紹介!」

 

 これは、年間に10−12試合開催されています。他のトーナメントとはちょっと
 違うのは、Qスクールが年に1回開催されるのではなく、毎試合ごとにプレ予選
 と予選が開催されて出場選手を選考するというシステムです。

 例えば「シンハーパタヤオープン」に出るには、月曜日の120人のプレクォリファ
 イでプロの上位30名 アマチュアの上位6名に入って、翌日の火曜日のクォリファ
 イに出られます。

 火曜日のクォリファイでは、さらに120名が出場してプロが上位25名、アマチュア4名
 が木曜日からの本戦にでられる仕組みです。タイ在住のプロや日本人プロ等が腕試しに
 受けに来ますね。

 ちなみのエントリーは、ホームページにアップされて早いもの順だそうです。

てんとうむし「TOURNAMENT INFORMATION SINGHA PATTAYA OPEN」 



アメーバ「気になる賞金額もタイとフィリピンで比較してみました」

 ちょうど今週は、PGTフィリピンゴルフツアーのQスクールが開催されています。
 日本からも17人受けに行っていますね。タイとフィリピンで賞金額を比べてみ
 ました。

てんとうむし「2017 PGTフィリピンゴルフツアーQスクール結果はこちら」 

 気になるタイの賞金額はだいたい1試合あたりの賞金総額700万円~1000万円
 くらいの規模ですね。

 【オールタイランドツアー:SINGHA PATTYA OPEN】
  優勝 43万5000バーツ(140万円)
  2位 25万6000バーツ(83万円)
  3位 16万6500バーツ(54万円)
  10位 56,850バーツ(18万円)
  30位 27,600バーツ(9万円)
  40位 22,800バーツ(7.4万円)
  50位 18,750バーツ(6.8万円)

 フィリピンツアーやアジアのディベロプメントツアーより賞金は1割くらい高いです。
 アジアは物価が安いのいでだいたい3倍くらいしてみてください。日本の賞金額との
 比較ができます。

 【アジアンディベロプメントツアー:PGM CCM Rahman Putra Masters】
 優勝-11 賞金$11,375(130万円)
 10位-5 賞金$1,283(15万円)
 20位-1 賞金$692(7.9万円)
 30位+1  賞金$526(6.0万)
 40位+5  賞金$392(4.5万円)
 50位+7  賞金$308(3.5万円)

てんとうむし「2017 All thailand schedule」 



アメーバ「上位に入れたら試合数の多いフィリピンの方が稼げる!」

 オールタイランドの賞金ランキングもみてみると,(現地の給料は普通に勤務しても
 6万円とか8万円とかですから)十分な額です。
 
【オールタイランドの賞金ランキング】
 1位 ฿1,489,225(481万円)
 2位 ฿1,117,966.67(362万円)
 3位 ฿1,039,875.00(337万円)
 10位 ฿486,641.67(158万円)
 20位 ฿342,550.00(111万円)
 30位 ฿237,950.00(77万円)
 40位 ฿174,966.67(56万円)
 50位 ฿150,250.00(48万円)

 一方、今週開催のフィリピンツアーは16試合あるので出られたら上位の選手はタイ
 の倍くらい稼げますが、20位以下の賞金額はオールタイランドと同じくらいです。

【フィリピンツアー賞金ランキング】
 1位 3,695,948ペソ(850万円)
 2位 2,624,587ペソ(602万円)
 3位 25,694,65(590万円)
 10位 909,824ペソ(208万円)
 20位 525,348ペソ(120万円)
 30位 326,544ペソ(76万円)
 40位 218,632ペソ(50万円)
 50位 163,404ペソ(37.5万円)

 でも、タイは毎試合予選会があるのは魅力です。来たい時に来てエントリーできます
 から試合のない時期に来るのも悪くありません。賞金ランキング50位以内でシード
 権もあるようです。

てんとうむし「PGT Order of Merit 2016」 



アメーバ「タイのゴルフ場に勤務しながらタイのプロになったSくん」

 それとは別に「タイランドPGA」という組織もあります。こちらは、タイのプロゴルフ
 協会です。

 これは、原則タイ在住のプロゴルファーのためにある協会で、日本人でもタイに住ん
 で資格を取ることができます。

 私の教え子で通信制の代々木高校を卒業して、現在パタヤのゴルフ場に勤務して、この
 資格をとった子Sくんがいます。



実技試験に合格すると筆記試験や講習を受けて晴れて会員になれます。

 筆記試験の様子はこちら↓

てんとうむし「Thailand PGA Tour 2017」 



 会員になればタイランドPGAの主宰するトーナメントに出られます。

てんとうむし「Thailand PGA Tour 2017」 



 Sくんに聞いた話では
 
「年間に2回プロテストは開催されていて、どこかで12位タイにはいればプロの
 資格を得られます。今年は、3月と9月に開催予定です。」

「会員になると自分もチャレンジツアーには出られるようです。チャレンジもある程度
 賞金を稼いだら卒業で次はタイランドPGAのレギュラーツアーを目指します。」

 と話してくれました。(Sくんもちょうど12位タイで無事合格でした。)

 次のQスクールは3月です。まだ、エントリー間に合いますね・・・



 会員になればツアーに出ることができます。今年はレギュラーツアー(4日間競技)
 が8試合、チャレンジツアー(2日間競技)も8試合開催されます。

 日本にいてプロゴルファーとして活動するのもいいのですが、アジアでプロとして
 やっていくのは若い人にとってはもっといいかもしれません。

 Sくんも高校生の時からタイのゴルフ場で働いたりしていましたから、今では
 タイ語もかなり話せるようになっていました。将来、アジアで仕事するのも
 すぐできるんじゃないかな。

 興味のある人はタイのマネージャーの筧氏に連絡してください。エントリーやホテル
 送迎の手配をしてもらえます。

 1試合単位ではなく年間を通じてのマネジメント契約となりますのでご了承ください。

 ※問い合わせ:kakei6@gmail.com  筧由希夫+66-87-141-7000











てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2017年01月17日

今日からフィリピンゴルフツアーのQスクールの初日です。

テーマ:ブログ
アメーバ「今年は昨年比3倍の17人の日本人選手がチャレンジしています。」

 今日からフィリピンゴルフツアーのQスクールの初日です。昨年は日本人選手が6名
 しか出ていませんでしたが、今年は昨年比3倍の17人の日本人選手がチャレンジ
 しています。

 アジアンツアーのQスクールから帰国せずにそのままフィリピンに向かった選手も多い
 ようです。このサイトでも紹介しておいてよかったですね!

 初日のティータイムはこちらにアップされています↓

てんとうむし「「2017 Philippine Golf Tour Qualifying School – Day1 Te time」 



アメーバ「今の時代はオフシーズンという考え方はなくなりつつあります」

 フィリピンのプロゴルフツアーに関しては今年の初めにこの記事で紹介してあります。
 興味のある人はもう一度読んでおいてください。

てんとうむし「「フィリピンツアーの概要はこちらのブログ記事」 

 この時期、一昔前まではゴルフもオフシーズンでしたが、今週はシンガポールで
 トーナメントが開催されますし、アジアのQスクールなど来シーズンの試合の出場権
 を開けた予選会も各地で開催されています。

 ※写真は昨年2016年のアジアのADTツアーの時のものです。


 
アメーバ「海外選手は76人参加して上位20位を目指す!」

 そのフィリピンツアーの予選会ですが、今年も海外選手と国内選手を分けて予選会を
 開催していて海外選手は76人参加しています。

 そこで間の出場権のある上位20位を目指すことになります。(20-30位は条件付きの
 シード権が得られます。)

 実は、先週、国内選手の予選会は開催されていて結果も出ています。同じコースです
 から参考にもなると思います。

てんとうむし「「PHILIPPINE GOLF TOUR 2017 QUALIFYING SCHOOL (LOCAL)」 



 先週のローカル予選を-3トップ通過したのはゲナルド・ロサレス選手です。
 
 2016年シーズンはフィリピンツアーで調子が上がらずトップ40に与えられる
 賞金ランキングシードを失ってからの予選会でのシード権獲得となったようです。

 でも、8位のパグンソンは初日82からの最終日は69でシード権を獲得していま
 すね。ここ数年は日本ツアーでも活躍している彼ですが、フィリピンツアーのシー
 ド権は持ってはいないのでQスクールを受けにきているようです。
 
 彼ら以外にもフィリピンのトップアマのアリド選手が3位通過しています。

てんとうむし「「2017 PGT Qschool (Local): Rosales tops PGT Q-School; Juvic regains card」 



 このようにジュニアの皆さんと違ってプロはこの時期の成績で今シーズンの予定が
 決まります。

 先週のアジアンツアーでシード権を取った選手たちのうち上位の6名は、今週の
 シンガポールオープンに早速出られます。

 一方、ウェイティングでシンガポールまで行って出られるかどうか?順番を待って
 いる選手もいます。プロの世界は、出場権がナイト試合にもエントリーできない
 のですから大変ですね。
 
 そういった心配なしに試合に出られる選手などごく一握りです。どこにでも行って
 出られなくても練習して帰ってくるくらいの根性がないとダメですね。

◎速報や出場選手などホームページはこちら

てんとうむし「「2017 Philippine Golf Tour Qualifying School – Foreign Players」 





アメーバ「将来の経費削減を考えて現地のローカルご飯も慣れておいたらどうですか?」

 なので、今からのんびりしている暇はないですね。遠征費が使えるのなら、この時期に
 経験値を上げてライバルと差をつけておきたいものです。

 また、プロになれば遠征費の多い少ないは決定的に差がつきますね。日頃からのスポン
 サーさんへの挨拶やお付き合いは大事です。

 ゴルフの場合は、ボールは黙っていても打てるのですが・・・その辺の人間関係苦手な
 人はプロでやっていくには遠征費に関してはハンディがあると思います。

(アジアの選手たちは大概大金持ちの子息が多いのでまずは経費で差がつきがちです。)





 アジアのご飯は臭いので?日本食しか食べられないとか?言ってないでジュニアのうち
 から慣れてどこででもローカルな生活ができないと遠征費はいくらあっても足りません。

 そういえば、今度のアジアのキャンプも日本食は1500円くらいかかります。一応日本
 食レストランは押さえておきますが、マレージアもキャディ付きプレーなど経費の関係
 で夕食は参加費に含まれません。現地で各自清算となりました。すいません。。。

 でも、安くて美味い!ローカル飯でいい!という人は500円以下で現地料理をチャレ
 ンジしてください。将来アジアを考えている人はオススメです。まずは、アジアのツア
 ーに行く前に食事から慣れておきましょう!

 ということで前回のキャンプでチャレンジした?マレーシア料理(パンミーやナシゴ
 レン、ナシアヤムなどなど)の美味しい写真を紹介しておきます!






















てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2017年01月15日

なぜ日本人選手はハイスコア争いが苦手なのか?

テーマ:ブログ
アメーバ「アジアンツアーのQスクール日本選手シード獲得は一人のみ」

 おはようございます。アジアンツアーのQスクールのファイナルステージが
 昨日終了しました。

 だいたい予想通りのカットラインは35位タイまでの14アンダーというハイ
 スコアの争いになりました。トップは、最終日に1日だけで-10、と-9で
 まくってきたオーストラリア人の二人の選手が−28!という結果でした。

 ※トップ6の選手は次週のSMBCシンガポールオープンに出場ができます。

 ※これはアジアンツアーの歴史の中でも3番目のロースコアのようです。

 今回、ファーストステージに出場した日本人選手は56人、ファイナルに進ん
 だのは12人、ファイナルから出場した5人を合わせて17人がチャレンジしま
 下が、残念な結果でした。(※亀代選手のシード権獲得はもちろん別として)



 私がアジアに来て以来日本人選手が1人しかシードを取れなかったのは記憶の中
 では初めてですね。

 結果的には今年から会場が、バンコクでも最も優しくてスコアの出る?コースに
 変わったことで日本人選手がハイスコア争いについていけなかったということに
 尽きます。

(スワンナプームGCはスコアが出て気分がいいコースとして日本人会のコンペ等に
 人気のあるコースと言われています。)

 ということで、今日は、「なぜ日本人選手はハイスコア争いが苦手なのか?」につ
 いて考察したいと思います。 

てんとうむし「「Qualifying School Final Stage presented by Sports Authority of Thailand」 



アメーバ「日本は耐え忍ぶことを美徳としている?海外はハイスコアこそがプロのゴルフ?」

 アジアのジュニアの試合に来て上がって来たジュニアに親御さんたちが聞くのは
 スコアではなくて「バーディーを幾つとったか?」です。
 
 バーディーをたくさん取れる子を持ち上げる傾向にあります。対する日本では、 
 スコアを幾つにまとめたか?が重要視されます。なので、日本のトップジュニア
 には、ショートゲーム巧者が多く、ショットメーカーは数えるほどしかいません。

 また、そうなる背景として日本アマを始めメジャーの試合ではコースのセッティ
 ング自体も、ラフを伸ばしてグリーンを硬くし、容易にはパーオンさせず、パーで
 しのぐことを「美徳」とする傾向にあります。



 選手たちもグリーン手前をあえて狙ってそこにボールを置いてからきっちり寄せて
 パーを取れるように練習を積みます。それはそれでゴルフの基本ですが、さらにプロ
 になったらショットの精度を磨いていかないといけません。

 ジュニア時代からそうやって育ったので、コースセッティングが難しい方が自然と日本
 人選手には優位になるような気がします。

 しかし、今回もそうですがアジアの下部ツアーなど来てみると普段のコースセッティン
 グとたいして変わらず、とにかくスコアを伸ばさないと上位にいけない試合もアジアに
 は多いのが現状です。

 今回のファイナル通過選手もそういったコースセッティングとハイスコア争いに慣れ
 た選手たち、タイ人が9人、韓国人が7人、米国人が6人、オーストラリア人が4人
 が上位を占める結果となりました。



 アメーバ「出場した日本の選手たちに感想を聞いてみると・・・」

出場した日本の選手たちに感想を聞いてみると・・・

「同じく組の米国選手(William CANNON )が10mくらいパットを5回決めて来て8
 アンダーには参った・・(彼は-16でシード獲得)」

「日本のQTのプロより全然飛ばそうとする。日本のQTの選手はとにかく飛ばない?
 (飛ばさない?)(一緒に回ったSihwan KIM 選手も-20でシード獲得)」

 と通過した選手たちのアグレッシブなプレーにちょっと押された感じがします。
 (あと19歳と言ったら「ベリーヤング!」と驚かれたとか?笑)

「最悪のスタート(パー・パー・ダボ)で気持ちが乗り切れなかった」

 ということでした。

 このスワンナプームGCであと数回はQスクールを開催するでしょうから、次回まで
 に対策を練る必要があります。来年は4日間で16アンダーは出さないと通らないで
 しょう。

 


 アメーバ「今回シード権を獲得した選手たちのコメントや経歴を紹介します。」

 トップは、ベテラン45歳のリチャード・グリーン去年のヨーロピアンツアーを
 21試合プレーしていて、2万ドル差でシード権を逃した(121位)ヨーロピアン
 ツアー3勝、全英オープンも4位の実績があります。

「世界は人の不幸に対して奇妙な形で応えてくれるらしい。去年から新しいコーチと
 契約して数週間練習して来た成果が今回出た。去年ヨーロピアンツアーのシード権を
 失ってがっかりしていたが、また今年は忙しくなりそうだ。」-リチャード・グリーン



 プレーオフで惜しくも負けたトッド・シノットはオーストラリアの練習場でパート
 タイムでボール拾いをしながらプロを目指している選手。アマチュア時代はナショ
 ナルチームに所属し、去年のオーストラリアツアーのQTも2位で通過している実
 力もあり将来を嘱望されている選手

「今回、シード獲得を目標に来たけど達成できた嬉しい。先週も韓国や中国で練習して
 来たからね!今年は、アジアのいろんな国でゴルフができることを楽しみにして
 いるよ。プレーオフでグリーンに負けたのは残念だけど彼を目標に頑張ってみようと
 思っている。」-トッド・シノット(豪州)



 マレーシアのベン・レントン等アジアンツアーですでに複数回勝っていて今回、
 再シードを狙って来た選手たちもいます。

「最終日は優勝を狙っていたんだけど-25でも満足している。今年はツアー3勝目を
 目指してツアーをプレーしようと思っているんだ。」-ベン・ラング(マレーシア)



 去年トップ通過した韓国のチャンイークンは、2016年シーズン13試合に出場して
 95位と振るわず、再び今年Qスクールを受けて-20の8位タイで通過しました。



 その他の上位選手たちは・・・

「今回2度目のチャレンジでアジアンツアーのシードが取れて嬉しいね。実は去年も
 チャレンジして失敗したからね。ということで、今シーズンはアジアンツアーを
 プレーすることになるけど、マジは、気温と湿度を克服しないといけないと思って
 いるんだ。実際、今週も暑くて大変だったし・・・でも、自分で初めて-20以上
 出せたから自信にもなったよ。今シーズンが楽しみだ!」Zheng Ou-yang(中国)



「2012年に手首を痛めてツアーカードも失ったこともあり、今シーズンは練習も控えめ
 にやっていたんだ。怪我を直すのに時間がかかったけど、ようやくQスクールに間に
 合った。最近はゴルフに対するアプローチも自分なりに変えて今回は新しいチャレンジ
 だったんだけどうまくいったよ。2017年は飛躍の年にしたいな!」シン・スージャン

 と選手の経歴やコメントも様々ですが、アジアのレベルも上がって来ていることは
 わかりますね。韓国だけではなく、オーストラリア、タイも日本の好敵手になりそう
 な流れです。

 ジュニアの世代からアジアのライバルとの戦い方を覚えていってくださいね!

 ※記事&コメント、写真はアジアンツアーHPから抜粋しました。

てんとうむし「「What they said | Photo Album | Rd 4 Results」 



















てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2017年01月13日

簡単と言われていたコースに落とし穴があったアジアのQスクール

テーマ:ブログ
アメーバ「真のショットメーカーかパター巧者が勝ち残ることになりました」

 サワディーカップ!残念ながらアジアンツアーのQスクール(最終予選会)を二日間
 で終えて今日は、ホテル近くのスタバで仕事をしています。

 お正月を返上して3週間やってきたのですが力及ばずでした。予選の2日目もずっと
 コース内を歩いて見て回ったり、試合の終えた後に選手たちから話も聞けたりなど
 次に繋がる収穫もありましたのでメモがわりに書いておきます。

 まずは、昨年のQスクールの反省をもう一度読み返しておきます。「同じ轍を何度も
 踏んでいないか?」ですね。

てんとうむし「「アジアQスクールだよりその2」初めてのアジアンツアーは?」 



アメーバ「上位35位タイの枠が2日間で8アンダーのハイスコア争い!」

 昨年のファイナルは、スプリングフィールドGCというジャックニクラウス設計の難し
 いコース、今年は、河川敷?のようなグリーン平らでフェアウェイも広いいわゆる簡単
 なコース。全く状況は違います。

 シード権のカットラインも例年は5−6アンダーですが、今年は15ー16アンダーを
 想定していました。最低でも毎日4アンダーは出さないといけません。

 昨年のようなコースだとナイスパーで粘って数少ないチャンスを待つ展開なのですが、
 今回はひたすらパーオンを続けてバーディーパットが入り始めるまで待つ展開です。

 なので、グリーンを外してナイスパーとかでは盛り上げっていきません。言葉は悪い
 ですが、「350ヤードしかないのになんでパーなんだ?」とストレスが溜まります。

 そこで狙って行って+1とかなると「後5つ伸ばさないと・・・」と焦ってしまい
 ますね。。。グリーンをはずすと河川敷のコースのアプローチ練習みたいでなんか
 寂しくなってしまいます。周囲も「ナイスパー!」とか?声も掛けにくい雰囲気な
 んですよ。

てんとうむし「「Qualifying School Final Stage presented by Sports Authority of Thailand」 



 アメーバ「ということで、ショット巧者になるには何が必要なのか?」

 コースが簡単といいうことは、逆にショットの精度が大きく差が出ることになる
 というのがよくわかりました。

 また、パッティングもまっすぐかちょい切れるラインをポンポン入れて行かない
 とスコアも伸びて行かないですね。

 プロとしてやっていくには、ピンを狙っていけるショットの精度が必要です。
 ということで、ショット巧者になるには何が必要なのか?



 例えば、今回篠くんは、ファーストステージで右にアドレスを向きすぎてまっすぐ
 打とうとしてゴルフを難しくしていました。それでアドレスを修正して臨んだの
 ですが、それまで上半身がクロスして打っていたので、トラックマンで見てもスタ
 ンスだけ直した後のクラブのパス(軌道)はカット(マイナス)のままなんですね。
 
 ラウンドでも右向いてアドレスしていた弊害が出ていま初日pPar3を左20ヤード
 くらいに3回外しましたから・・・(2回をナイスミラクルパー、1回はバンカーの
 土手に突き刺さってボギー)

 やはり、もっとアドレスはコースでも普段から気にしてまっすぐに立つように気をつ
 けておくべきです。
 
 トーナメントで後ろから見ているとシード選手は、どの選手もアドレスのスタンスが
 目標にちゃんと向いています。

 Qスクールを毎年うろうろしている選手は、スタンスが右を向いている選手が多い
 ですね。そもそもまっすぐ立っていないのでまっすぐ飛ばないのでしょう。

 篠くんの場合、具体的には左にハザード(池、OBなど)がある時に、極端に右を向き
 すぎる傾向にあります。アドレスは今後気にするように話しておきました。



  アメーバ「メンタル面、ラフからのショット、パッティングの課題もわかりました。」

 2日目のバックナインの11番で狙いに行ってボギーを打って2オーバーで万事休す
 で、あとは消化試合になってきました。でも何か?収穫はないかな?と思いながら
 ついて歩いてたんですが・・・
 
 そこから急にショットがピンを刺し始めました。続くPar3もあわやホイールインワン
 でバーディーとか?あれだけ右にすっぽ抜けたり外していたウェッジもピンを刺す
 ように見違えるように良くなりました。

 本人に聞いてみると

「そうでしたか?気がつきませんでしたが・・・確かに狙ったところに飛ぶようになり
 ました。何を変えたかというと、もういいや!と思ったんで振り切るようにしました。」

 と話していました。



 ファイナルの週に入ってずっとボールが右に滑っていたのは、気持ちで大事に行き
 過ぎて、振り切らずに合わせていたからだったのがわかりました。大事な試合での
 メンタル面のコントロールがわかったのも収穫でした。

 それから、フックラインをちょっと右に外すのも多かったですね。パッティングの
 アドレスももう一度見直した方がいいかも。

 あと、ラフから飛びすぎたり、それを嫌がって飛ばなさすぎたりと距離感が悪いのも
 気になりました。手首を使って打つタイプなので、ラフからの距離感合わないので
 しょう。

 まあ、アプローチが上手いのでそれでも全部パーは取れるのですが、今回のような
 バーディー合戦に参加するにはその辺の技術も足りません。

 プロのショットの精度は、ラフからでも距離を合わせてくることが求められます。
 もう少し手首の動きを抑えて距離を合わせて打つなど、今後研究することも必要で
 すね。

 ということで気がついたことをメモがわりに書いておきました。公式のコメント
 ではなく私の日記ですので、内容の是非は悪しからずです。



てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2017年01月12日

アジアンツアーQスクール初日にスタートダッシュ失敗

テーマ:ブログ
アメーバ「簡単なコースでも自分の調子次第ではスコアは伸びない・・・」

 サワディーカップ!今日は、アジアンツアーQスクール初日でしたが、スタート
 ダッシュ失敗してしまいました。

 コースは、難しくもなんともないんですが、篠くん、中井くんともにイーブンパー
 。これだと150位前後に沈んでいます。大貫君も+1か・・・
 
 ファーストステージのウィンザーパークGCの方がはるかに狙い所も難しいコース
 だっったのに、どこ打っても良さそうなスワンナプームGCでスタートダッシュに
 みんなで失敗するなんて・・・



 晩御飯の時も嘆いてばかりで・・・

 「ファーストステージ2人で29アンダーだったのに。。囧」

 「今日は2人で+1だった。午後は風吹いいて難しくなってたし。」

 パター外してキャディーからドンマイ的なこと言われたし。」

 「バーディーボギー、バーディーボギーで逆バウンスバックやったし、
 明日からのコースは今日より簡単やし!おはようイーグル行くぜ!」

  とコメントが面白かったです。笑

 実は、4月のジュニア大会のトゥルービジョンは、ここスワンナプームGCで開催
 予定なのです。一度Qスクールの開催されたコースでやってみてください。ハイスコア
 争いのいい練習になると思います。


てんとうむし「ENTRY LIST – 2017 ASIAN TOUR Q-SCHOOL : FINAL STAGE」 



アメーバ「Qスクールの苦労話とハプニングを書いておきましょう!」

 技術的な課題は、各自持ち帰るとして書くことがないので?今回のアジア遠征の
 苦労話とハプニングを書いておきましょう!

ハプニングその1)コースブックをメートルと間違えて買った・・・囧

 中井君が「もう1万円以上コースブックを買ってます。」と・・聞くとメートル
 の方を買ってしまって書き込んでしまったのでもう一回ヤーデージブックを買い
 直す羽目に・・・・涙

 おまけにスワンナプームGCは36ホール全部回るので2冊買うことに1冊900バーツ
 なんで、痛い出費だよね。

 オーストラリアとかメートル表記なので一応売ってるんだけどね。間違えたら
 いかんな。



ハプニングその2)洗濯物に人のが混じってるよ・・・囧

 ミャンマーでもあったんですが、洗濯物がちゃんと戻ってこない。それから人の
 洗濯物が入っている。これもアジア初参戦の中井君。とりあえず文句言って返して 
 もらうらしい。実は、ホテル日引き払ったのに最悪らしい。囧
 アジアでは、まともに洗濯物戻ってこないことあるから高い服気をつけて持って
 こないように!

ハプニングその3)朝、タクシーがこないよ・・・囧

 朝、5時とか出発するとタクシーが来ないと超焦ります。私の大事な仕事は、朝の
 タクシーを呼んで選手を無事にコースに送り届けることです。中井君は、前のホテル
 で指定練習日にタクシーが来ないでタイ人に乗せてもらったようで、2日目からこっ
 ちのホテルに移ってきました。もちろんキャンセルしてもお金は戻りません。これ
 アジアの常識です。

それ以外にも・・・)
 
 ロッカールームに、時計を忘れて!電話でコースに残っている篠君に慌てて見に言っ
 てもらったり、キャディが仕事しないのでもっとマシな?キャディを探してもらった
 り、極め付けはまさかの成田で航空券持たずに空港に来たツワモノ?がいたりとまあ
 まあ大変な遠征でした。

 ということで、遠征にはハプニングもつきもので日本と同じクゥオリティーを求めて 
 はいけません。日本に近い味やサービスで満足しておきましょう。

 明日のQスクール2日目は、後がないので思い切っていけますね。かえってわかりやす
 い状況になって来ました。ガンガン行ってダメならもらいましょう!



 














てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み