作家のミソ帳*ときどきトマソン

◆ふられないメール術、笑える文章の黄金律、難材を出版するヒント、あの売れっ子作家の創作のタネ・・・
20年間、出版業界をほふく前進する (株)『スタジオポケット』 のライター達がわらをもつかむ思いで獲得した【文章・出版のヒント】と、ときとき世迷言をお送りします

【オススメ】デジタル出版社 「マルポン出版」から配信中
【著者岡野ゆかりさん、NHK特番にもご出演】『暴走主婦vs.妄想主婦』
今まで誰も言わなかった神社のお詣りの仕方『恋愛パワースポットのオキテ30』

新聞連載『本のへ理屈ですが』
出版事情あれこれ

「小さな談話室S」「小説の課題実践講座」など不定期開催【最近のイベント情報はこちら

「小さなサロンS」◆美顔師シンちゃんの小顔術、結果をお約束します。無料の骨盤調整サービスつき。◆よしこさんの極上耳ツボは内臓活性に。【ご予約はこちら

◆漫画家・みつはしちかこ 【公式ブログ】
運営

【イイネ記事】文芸リスト400耳寄りな話です!耳にスワロフスキで内臓活性宮内庁に匿されていた才能死の告知コワイ人から逃げた話バチルス風呂本予告LEE(集英社)掲載ふんどし女


テーマ:

5年半前、岩手県の大槌町でがれき拾いをしたときのこと、





つぶれた人形、溶けた金庫、司法試験参考書の背だけ、スルメ状になったパンプス、車いすの破片・・。
見慣れた物が見たこともない形になっていて、いちいち衝撃を受けました。



それらは、「瓦礫」とか「屑」という名前ではない、それまで生活の中で生きていたものでした。






そのなかに、ひしゃげたカセットテープも見つけました。

えんぴつで、背には「尾崎豊HIT SONG」と。側面のシートには曲名が、おそらく男性らしい角ばった筆致で、きまじめそうな行頭ぞろえで書いてありました、

なかでも「OH MY LITTLE GIRL」は消しゴムで消した上に、書き直したような跡がありました。特別な曲だったのかなと思いました。






ボランティアは、風呂付のゆとりツアーだったので、最終日に盛岡市の温泉に入れました。

地元のおばちゃんが話しかけてくれたので、よもやま話をし、何気なくテープのことも話しました。丈夫そうな物が壊れて、ああいう物は以外と残っているものですね。
そうしたら彼女は手ぬぐいを顔に当て、自分の娘も、尾崎豊のファンだったと言いました。


「ごめんな。初めて岩手に来てくれたのに。もっと楽しい思い出ができたらよかったな。遊びにくるだけでいいから、また来てよ。次に来てくれたときは、もっと、きれいで、おいしい物を食べさす岩手になってっからな」


なんでおばちゃまが謝るの・・

私が被災地で会った方はどの人も、そんな風で、どう反応したらいいかわかりませんでした。


今年、都内でおこなった展示会で、こんなことをゲストブックに書かれた人もいました。


「全巻、初版でもっていたちい恋は 東北の震災で流されてしまったので 今日全て読み返すことが出来て幸せでした」





・・おばちゃまの言葉を聞いていて、私は、猛烈に、こっちこそ楽しいことを提供するべな!!と思いました。

といっても私には持ち球がねえよ。

そうだ、みつはしさんがいるよ。「小さな恋のものがたり」の展覧会をやろう。


「OH MY LITTLE GIRL」じゃないけど、小さな女の子が主人公のあの漫画、岩手のメンタリティに合うのではないか。なにせ、遠野があるしね。

ざしきわらしみたいなチッチが、、あてもないけれど、5年以内には行くっぺな。


しかし、それから私は具体的な成果を得るでもなく、日々に追われてしまい、気が付いたら5年め・・

まずい、有言不実行だ。
いい加減 後ろめたくなった2015年末になって、
突然、花巻市の美術館からオファーをいただきました。
400点近くを展示する、展覧会をされたいとおっしゃる。びっくりしました。


そういうわけで、5年にはちょっと遅れたけれど、この夏 岩手県へ、東京の「LITTLE GIRL」チッチがおじゃますることになったのです。


7/16~9/25、岩手県 花巻市の萬鉄五郎(よろずてつごろう)美術館にてみつはしちかこの世界展、開催していただきます。
(みつはしちかことの第二弾・握手会の整理券ご応募は8/2から先方で受付ます)


下見に訪れた岩手は3年ぶり。復興はまだまだ終わらず、仮設住宅も残り、インフラ整備も整わず時間も戻らず。
だけど、おばちゃまが言った通りの、おいしいもの、きれいなものを見せてくれました。



地採り野菜、山菜、おばけ椎茸、南部鶏・・・最高だ。





「岩手県花巻市 東和町土沢」は宮沢賢治の故郷であり、興味ぶかい施設や土産品が揃っています。

東京から新幹線で3時間、展覧会がなくても保養に訪れたくなるような、そこはイヤシロチでもありました。


まず、宿泊した「フォルクローロ花巻東和」がよかった。

小洒落てコンパクトで、ごはんよし温泉よし値段よし(オフシーズンにはツインで11000円程度)、御用達のマッサージ師さん(元プログラマー)の腕と論もばっちり。
★★★★★(私的5つ星)


※HPより







おまけに、ホテルのすぐ近くに、社会運に強い アラハバキ神を祭る神社をみつけました。




関東でいうと、江の島も、うわものは「弁天様」ということになっていますが、「中の人」はアラハバキさんです。ですから源頼朝が、戦勝祈願のため熱心に「岩」に参拝したといわれます。

こちらの神社も、もの凄いエネルギーを放出しているので、後から調べてみたら、東北でも屈指の・・そういう所なのだそうです。なのでリンクは貼らん!



訪れた日はなんと貸し切り(私たちのみ)。いいのか。ほんとうにいいのか。★★★★★


御礼とうれしさで、踊りまくる。




「七不思議」伝説とかは、あまり関心がないのですが、




御覧なすって ご本尊「岩」の みごとな男陰と女陰のフォルム・・











からの・・






















萬(よろず)美術館では、直筆サイン本も用意されています。


小さな恋のものがたり スケッチ集 チッチのひとりごと
/学研パブリッシング

¥1,728
Amazon.co.jp





あなたにめぐりあえてほんとうによかった (絆シリーズ特別編)
/ダイヤモンド社

¥1,008
Amazon.co.jp





ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるね
/イースト・プレス

¥1,296
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新作グッズがいっぱいできました。



ドロップス(さくらんぼ味)、ハンカチ、キーホルダー、ギフト袋、一筆せん、葉書など。
ドロップスは今夏限定販売です。


7月16日から、岩手県 花巻市の萬鉄五郎(よろずてつごろう)記念美術館で開催されるみつはしちかこの世界展でお披露目となります。

(7/17みつはしとの握手会 抽選を受けつけています→こちら


何度も試行錯誤し、行きつ戻りつの作業につきあってくださったデザイナーさん、
そして制作を一手に引き受けてくださったT社さん、ありがとうございました。




こちらは・・約20年前、新人のころ、漫画誌でつくっていた懸賞ページなどです。
たかが口絵、されど売れ行きにも響くぞと編集部にどやされながらナイ知恵をふりしぼり、
当時無名だったアオイユウちゃんを双子に見立てた「おそろグッズ企画」など、
凝りすぎて出口がわからなくなったような企画で迷走していたあのころ、

「漫画家○○先生の描き下ろしイラスト入りバッグを大至急、来週まで20個ずつ×5種類!」
みたいな無茶な発注を、一手に引き受けてくださっていたのがT社のH社長でした。

「ちょっと勘弁してよ、その発注、子どものお使いじゃないんだから。うちはいったいどこで採算をとったらいいのよ」

と、しょっちゅうH社長(ライオン似)に吠えられて、逃げ惑いながら、

「お気持ちはわかりますが、編集部からの号令だから仕方ないんですよー」と、、
実はお気持ちなど全く斟酌できずに「中間業者は突き上げられて困るなあ」なんて思っていて。

困った末、愛想のいいよその業者さんにアピールされて浮気して。
その打ち合わせ現場を見られたときには、ばつが悪かったものです。
自由競争なんて言って、まったく市場原理がわかっていないのでした。


やがて自分も独立し、予算にあえぐ編プロなどから、それこそ、どこで採算とれますねーんみたいな発注をいただいた日には、自分も遠吠えすることになるのですが、、
それきりT社さんとはお付き合いできる機会もなく、20年の月日が過ぎました。


今回、かつてない数のグッズを作るというので、ウーンと悩んでいたら、
なぜかフッと、H社長のことが浮かびました。

ご健在かしら…?


恐る恐る20年ぶりに電話をしてみると、応対されたのはご子息。代替わりされたわけではないが、実務を担当されているという。お会いすると、とても感じが良く、話が進み、

「父の代からのご縁で、今回こういうお話がいただけたのは、ありがたいことです…」と、何度も、おっしゃる。

けっこう感激屋さんなのかな。こちらは父上と過ごした90年代が思い返され、

愛しさとーせつなさとー心強さとー♪ 

なんとも言えない複雑な気持ちでいっぱいになったのでした。

この感覚は、あれに似ています。
「あなたが、あのみつはしさんの息子の、あのタッちゃんなんですねー」と、
青木を見て目を細める、おばさま達。

仕事の腕がいいと言っては喜び、優しすぎるといっては心配し、、
親子で仕事するというのはこういう「得」や「徳」があるのかな。



さて、国内外の工場から、ぞくぞくとかわいい小物たちが出来上がり、6月の晴れたある日、ジュニア氏は持参してくれました。

そして、ひととおり検分しあった後、

「実は…」と口ごもられた。


あ。

その瞬間、私は、ジュニアさんの中に感じていた、愛しさとせつなさーと の源流のような、その正体がわかったのでした。



そうか、亡くなられたんだ。


なんでか、それを私は前から予期していたような気がする。
病を患っておられた社長は、ほんの数日前に、旅立たれたそうです。

「今回のお話があったこと、病床の父に伝えたら、喜んでいましたから。せめて、完成したグッズを見せてあげたかったのですが」

ジュニア氏はしんみりと、でも日焼けされた清々しい顔で、おっしゃいました。
お仕事や見舞の多忙をぬって、数日前にお子さんの運動会にでられたそうです。



何だかいろいろ父上に言いたいことがあったのに、二度と言えなくなってしまった。
ごめんなさいとお伝えしたかったような気もするけれど、
ジュニア氏にこれからお返しすることで、いいでしょうか・・


思えば、念の強そうな人だったので、息子さんと私をお引き合わせしたかったんだと思う。






おとうさん。新作グッズが、いっぱい、できましたよ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
よしこ施術
最近、打ち合わせでよその事務所などにお邪魔すると、
「ハヤカワさん、健康に気をつけているから、こんなのどうかしら…」と、恐る恐るおやつなど出されます。
え?いただきますよそのチョコケーキ、自宅だったら2個食いします。

私、もしかして気難しいオーガニック主婦的な感じ? 
ブログでごりごり美容ネタなど書いているからでしょうか。

違う。私はそんな美容マニアではないです、この間もワインを10時間ほど飲んでシメにラーメン大盛りを食しました。

でも、そんなことばかりしてると、元来 強迫観念気味でエラーの多い脳は、中年を迎えますます劣化の一途、
少しくらい自律神経がいかれて仕事が滞るならまだしも、中枢の、偏桃体とかが暴走した日には、空間認識能力までおかしくなり、フラメンコ踊れないどころか車道のど真ん中をふらふら歩いたり、駅のホームから線路に落っこちたり。


だから私の美容健康道は「きれいになりたい」というレベルではなく、「みんなのような、ふつうの頭を保ちたい」と、切実な願いが原動力になっています。
全国に1000万人ほどいそうな発達障害すれすれの人々には、きっとわかって戴けるはず!

年々、外見をこぎれいに保つ美容はどうでもよくなり、かわりに内臓や頭、いわゆる「腸脳力」を保つものに惹かれる、そこに付加価値として美容効果があればもうけもんです。

そんな中年的美容動機変換期において、現在自他ともにおススメしたいのが、手前味噌ながらうちの「よしこさん」の腸もみマッサージ。





ある日、フラメンコのおけいこ中に「ん?」と思ったんです。

ズンドコダダダ


おや。なんか、微妙にいつもより踊れる・・(微妙だけど)。
ブエルタ(回転)してもひっくり返らないし、先生の手拍子コンパスも聞こえるし(いつも聞こえない)、視界が明るくて、みんなの踊っている姿がスローモーションで見える(いつも見えない。皆さんが早送りに見える)。


????? と思ったら、その直前によしこさんの腸マッサージを受けていたんです。



おなかが柔らかくなるだけで、こんなにパフォーマンスに影響するの?? というのも驚きでしたが、

一度、副交感神経へスイッチが切り替わったことで、脳の偏桃体の興奮が止まったり、前頭葉の血流が変わったことも(たぶん)大きいんじゃないかと思う。

いうたら「腸脳力」。

何回か、よしこさんの腸もみを受けてみて、さらにおもしろいのは、


マッサージを開始して数十分すると、よしこさんの手技が“ある”動きをします。
右わき腹のあたりですが、そこに彼女の手がくっと入ったとたん、さーっと上半身に快感の粟が走り、それからスコン、と寝オチするんです。



深いところへ落ちる感じなので、「地球とつながる所」とひそかに呼んでいますが、毎回、同じような動きからの、同じような箇所なので、ふしぎ。


お客さまたちも、スコンと落ちる箇所があるので、なんでしょうね~とよしこさんもおっしゃいますが、同じポイントではないかと思うのです。

右わきばら‥あばらの最下方あたり。ここに、何があるの?



 
ドライオーガズム(子どもが鉄棒などで感じるあれ)の一種? 

と思ったけど、どうも違うみたい。結腸? いやもっと上みたい。肝のしっぽ? 胆のう? 腎の一部? まさかの副腎?
いつも「今日こそ見極める」と思うんだけど、だめなんです。いつもスコーン

新しい企画を導入する打ち合わせとかしてても、スコーン。

ですから、そのポイントが近づくと、あせって少し早口になったりします。でも話し終わる前にスコーン。
さようならよしこちゃん‥最後までしゃべりたかったわ・・。

で、終わったあとは、表情も穏やかになって、結果的にこぎれいになってる(自分比)。
尾籠で恐縮ですが、まんがみたいな色水まで出て、デトックスもしっかり。

合ってる‥ 中年で腸脳のよわった人には、こういう美容術が、合っている・・
と、デルモンテみたいなオレンジ色の液体を見つめながら思うしだいです。

よしこ施術


※希望者には「猫のせ」の無料オプションつき。

風邪をひいたときは喉の上、食中毒のときにはおなかの上、と、痛いところを鎮めてくれるヒーリングキャット。
これは特別な猫なんじゃないかと、先日動物プロダクションの方にドヤ顔で言ったら、
「え、猫って、みんなそうですよ。悪いものを循環させるのでね。芸能界の方とか、よく知ってますよ」と、意外そうな顔で言われました。


まじすか。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)