作家のミソ帳、美容、ときどきトマソン

◆ふられないメール術、ひびく文章の黄金律、難材を出版するヒント、あの売れっ子作家の創作のタネ・・・
22年間、出版業界をほふく前進する (株)『スタジオポケット』 のライター達がわらをもつかむ思いで獲得した【文章・出版のヒント】と、ときとき世迷言をお送りします

【オススメ】デジタル出版社 「マルポン出版」から配信中
【著者岡野ゆかりさん、NHK特番にもご出演】『暴走主婦vs.妄想主婦』
今まで誰も言わなかった神社のお詣りの仕方『恋愛パワースポットのオキテ30』

新聞連載『本のへ理屈ですが』
出版事情あれこれ

「小さな談話室S」「小説の実践サロン」などイベント開催中

「小さなサロンS」よしこさんの極上耳ツボは内臓活性にばっちり【ご予約はこちら

チッチとサリーグッズなど販売中 WEBストア「マルポン良品」オープン

◆漫画家・みつはしちかこ 【公式ブログ】
運営

【イイネ記事】文芸リスト400腸脳マッサージ耳寄りな話です!耳にスワロフスキで内臓活性宮内庁に匿されていた才能死の告知コワイ人から逃げた話LEE(集英社)掲載


テーマ:

 

 長年開発してきました「ちい恋せっけん」が、ついに完成しました。
チッチの大好きなさくらんぼ果実が入った、世界でもめずらしいせっけん。
マルポン良品いちおし作です。
 

肌荒れ、ドライ肌、オイリー肌、吹き出もの、角質ケア、体臭予防、邪気の浄化・・・
赤ちゃんに、アトピー性皮膚炎の方に、いろんなお悩みの方に、お贈りしたいです。
 

 

ーーー『小さな恋のものがたり』の登場人物も、作者も、読者の皆様も、いつまでも若々しくて可愛いのは、 主人公チッチとともに、いつでも乙女に戻れる、素肌のようなこころを持っているから・・?
そんな「ちい恋」のパワーにあやかった、浄化力たっぷりの美肌せっけん。




【アトピーに悩んだ開発者の、20年の研究成果】
佐賀県の85歳になる、がばい職人おじいちゃまが、自身のアトピーに悩まされながら、20年間の研究の末に、開発しました。
素材は、なんと30%濃度の自然の海塩と、せっけん油脂だけ
肌荒れのもとになる添加物はいっさい入っていません。 そのかわり、チッチの愛するさくらんぼの果実パウダーと、天然のアスタキサンチン、ヒアルロンを、美肌のお守りとして入れていただきました。

【世界に1台の機械で作られた、究極の無添加】
も、着色料香料防腐剤も、界面活性剤発泡剤も、アロマすらも加えない、ほんとうにシンプルなつくり。
世界に1台しかない機械で、特別な真空加圧製法による2トンもの力で、塩とせっけん地がぎゅぎゅっと固まっているので、雑菌も水分も、吸わないのです。

湿気の多いおふろ場に置いても、ドロドロ溶けたり形が崩れたりしないので、小さなひとかけらになるまで、お使いいただけます
発泡剤も入っていないので、付属キットの泡立てネットを使い、お湯でせっけんを濡らして、泡を立ててください。

 

【成分はたったこれだけ】

植物性せっけん素地(パーム油)に、これだけの成分でできています。

(1)お肌の角質をとり、浄化する国産海塩30%


ちい恋せっけんの塩は、玄界灘と瀬戸内海産の天然海水を低温蒸発させ、微粉末状態にしているので、生きたままのミネラルがたっぷり。そのため、肌にも目にもよけいな刺激を与えず、安心してお使いいただけます。
塩の浸透によって、余分な脂肪分や汚れを排出させ、殺菌、発汗、毛穴の黒ずみや角質の除去をお助けします。


(2)世界でもめずらしい、さくらんぼ果実パウダー

変型や落下などで市場に出せないさくらんぼでも、一粒でも無駄にしたくないという農家さんの愛情が詰まったさくらんぼ。

そんな、チッチの愛するさくらんぼの果実を凍結乾燥させ、そのまま配合しています。愛らしい つぶつぶ感をお楽しみください。
山形産さくらんぼの中で、抗酸化作用のあるポリフェノールを最も多くふくむ品種です。
抗炎症作用のあるアントシアニン(フラボノイド)も、最もたくさん含んでいます。





(3)お肌の酸化を防ぐ、天然のアスタキサンチン

アスタキサンチンとは、鯛などの赤い魚、エビガニなどの甲殻類に多く含まれる、天然の赤い色素に含まれる成分。活性酸素の弊害を阻止し、細胞老化を予防する抗酸化力で知られます。 チッチのほんのり染まった頬のイメージ、そして美肌のお守りとして、お楽しみください。



(4)うるおいを守る、ヒアルロン酸

お肌の強い味方である、保湿成分。ちい恋せっけんは、製造するときに、水も熱も加えないので、みずみずしいヒアルロン酸の良さがそのまま生きています。


【90グラムのジャンボせっけん。用途はいろいろ】
付属のネットで、もっちり弾力がありながら、洗いギレのよい泡がつくれます。

サッパリとしっとり保湿力を同時に感じられる、なんとも気持ち良い洗い上がりです。

この恋せっけんひとつで(お一人)全身で約2~3カ月、顔のみで4か月ほど使用できます。 ウォータープルーフでなければ、メイクもじゅうぶん落とせます。 クレンジングから、お顔のつけおき洗い(泡を乗せたまま2~3分パック)、シェービングクリームなど、いろんな用途にお使いいただけます。石鹸シャンプーに慣れている方は、ぜひ洗髪にもご使用ください。



お求めはこちら、マルポン良品からどうぞ。

 

※せっけんの表面が白くなる場合がありますが、成分の塩が白浮きしているので、心配ございません。気になる方は、洗い終わったせっけんを、軽くすすいで泡を取ってください。

※お肌に異常がみられる場合は、利用を中止して医師に相談して下さい。







このせっけんでお肌がつるつるになれば、
愛しいあのヒトもいちころよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

皆様ありがとうございます。
ついに、長年、構想しつづけた「理想のせっけん」が、できあがりました。

おおげさと言われるかもしれないけれど、生きているうちにこれがつくれて良かった・・。
 

こどもみたいにかわいいようー

 


私が初めて、せっけんの作りに興味を持ったのは、20歳のとき。

大学からの帰り道、何気なく飛び込んだ、商店街の化粧品店「A」の仕事にかかわるようになったのがきっかけです。

 

そこで聞いた、「A」の創業者の思い・・・原価数十円のものを1万円で売る大手化粧品会社の仕事に嫌気がさし、「土」でできた安全なファンデーションをつくり始めた開発秘話や、

肌や環境を破壊する薬品の話は、衝撃的でした。

そして、10年間悩んだ頑固なニキビが、そこのせっけんでみるみる改善されたことが、もっと驚きでした。

小6のときから、ドクダミを手でつんで鍋で煮込んだり、家出して、東京へ出かけてゲランのニキビカバークリームを買ったりした・・あのせっぱつまった日々はなんだったのか、せっけん一個でこんなに肌は単純に転ぶのかと。

 

迷いましたが、大学卒業後は、化粧品関連ではなく出版の道に進み、ライターになりました。

でも文章や出版道だけでは飽き足らず、美容道が好きで、好きで、自主研究がおもしろくて、いつか、この道とその道を1つにしたいと思うようになりました。

 

楽しくて安心な美容やサステナブルなグッズでいっぱいの遊園地みたいな会社をつくり、その中で出版部門もぞんぶんに生かしたい。


そんな夢に、どれだけ近づけているかわかりませんが、

とりあえず、20歳から44歳の現在まで、合計248種類のせっけんを試してきました。

(だから価格は2480円(税込) にさせていただきます・・原価が高くてこれ以上は下げられなかったの( ;∀;))

 




 

 

2006年からは「小さな恋のものがたり」の仕事を手伝い、“ちい恋”お守りのようなコスメをつくりたいと思うようになりました。

そんなある日、2009年に、自然系化粧品会社を営むUさんという方と出会い、ある職人さんの、特殊な塩せっけんを知ったことが、転機になりました。
 

なんだこのせっけんは!? 肌の細胞の奥から、きれいになるみたい。しかも、すごくシンプル。

 

世界に1台しかないという機械で、特別な真空加圧製法で2トンもの力で圧縮されてつくられているのです。
だから、30%という驚くべき濃度の海塩と、植物性せっけん油だけでできている。
 

天然の塩が防腐剤になるので、ケミカルな防腐剤も着色料も、よけいな添加物はなにも要らない。

なんという潔さ、なんという洗浄力、それなのに、自然な保湿力。

 

 

それからも、数十種類のせっけんを試してみたけれど、その塩せっけんほどシンプルで、機能的で、浄化のパワーを感じるものは、ありませんでした。

248個を試したなかで、私が一番つくりたいせっけんに近いものでした。

その塩せっけんを、7年間かけて、家族や友人にもすすめてみました。
ドライ肌、オイリー肌、ニキビ、角質ケア、体臭ケアなど、いろんな肌荒れを助けてくれることがわかりましたが、とりわけすばらしいと感じるのは、浄化力でした^^



医療関係の方やセラピストなど、日ごろから酒や塩風呂で、邪気対策に気をつける方は多いと思いますが、湯船がめんどうなときも、ちょっとした邪気抜きなら、この塩せっけんで充分だと思います。
 

正直、「浄化におすすめ」というアロマせっけんも、試したことがありますが、この塩せっけんほど「流せる!」と感じるものはありませんでした。
 

人ゴミで疲れやすかったり、人の思念やメディアなどに感応しやすい方、気の汚れをデトックスしたい方は、ぜひ試してみてほしいです。

  

【浄化のコツ】

私個人の方法ですが、付属の泡立てネットで、よく泡を立てて、顔からつま先まで「手」で洗います。足指の先まで1本1本洗ったら、

軽く両手をかけて脚をつつみ、「えい」と古いストッキングを脱ぐようなイメージ・・脱皮のイメージで、ずるっと、つま先まで「汚れ」をはがす。

お風呂上がりには、軽やかさを実感していただけることと思います。

 

これだけでも充分パワフルなせっけんですが、
さらに、「小さな恋のものがたり」のみずみずしい乙女力と、エネルギーにあやかり、
チッチの大好物・さくらんぼ果実をマリアージュさせて戴きました。
 


世界でもめずらしい、さくらんぼ果実パウダーを使用した、赤いつぶつぶの可愛いせっけんです。



山形産さくらんぼの中でも、もっともポリフェノールを多く含んだ品種を使用しています。



●商品の、もっとくわしいご案内記事はこちらになります。

マルポン良品ストアは、こちらからどうぞ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

●精密な「両眼視検査」より、その人の脳の特徴や、性格、ときに人間関係まで言い当てられる。
●いま嗜好している食品だけでなく、ときには子どもの頃の食生活まで当てられる。
●とよふくで組み立ててくれた検査用めがねをかけた瞬間、世界が3Dになる。
●・・・・・・・・めがねをかけた瞬間、みんな、泣いてしまう。

 

など、SNSなどに上がっている体験談が興味深い、「眼鏡のとよふく」。さん

私も、うわさの「魔法の眼鏡」を入手し、脳のパフォーマンスをよくしたいと思い、7月に予約の電話を入れてみました。

すると・・

 「コンタクトレンズをやめられますか? まずはメガネに変えてから、一年ほど過ごしていただかないと検査は承れません」 とのこと。
そこを何とか・・・と懇願して5か月。昨日、千葉県・佐倉市の「眼鏡のとよふく」さんを訪問できました。

 

一見ふつうの、こじゃれた街のめがね屋さん。

 

とよふくさんHPより

 

でも、渡された問診票には、車の運転頻度や、肉・魚・牛乳・スイーツ・嗜好品の摂取などを尋ねる欄がある。むむ。ごまかしても、「目」でばれちゃうんだろうな。


予約をすればマクロビの美味しいランチも食べられる、ふしぎな眼鏡屋さんです。

 

店主のとよふくさんは、上記のような感動体験により、「仙人」などと呼ばれているそうですが、今回、私の検眼を担当してくださったのは、とよふくJr.さん(多分)でした。

 

細身のダークスーツが似合う、マンガキャラでいったら「黒執事」風。東出昌大にちょっと似てないこともない物静かな雰囲気の・・

正直、ホッとしました。こんな年若い方なら私の、脳の癖とか性質を言い当てられて、泣くことはなさそう・・

 

ところが。

棒の先についた「ニコちゃんマークを目で追う」など、うわさ通りの変わった検査を少ししたあと、細い指で検眼グラスを優雅につまみながら、黒執事さんは言いました。


「その目で、ライター業をなさっているのは、並大抵ではないでしょう。とても、我慢をされてきましたね。体の不調もたくさん出ているはずです。本当は、スキューバダイビングのインストラクターなどが、合っている目だと思います」

 

何、それ。

なんだか、自分の中の一番やわらかい部分を掴まれたようで、早くも眼の底が熱くなりました。

でも泣くにはまだ早い。検眼は2時間近くかかるのです。

 

「そ、それは、あとでゆっくり聞かせてください」。
 

その後も、十字架のタテ棒が右に左にびよんぶよん動く映像を目で追ったり、指で作った三角形の中心に光の点をとらえる・・フリーメイソンの合図ごっこみたいなテストをしたり、ふしぎな検査を重ねたあと、
 

「それでは行きましょう」。

黒執事さんはおもむろに、私の目に、組みあがった検眼用めがねをかけ、左側の髪を、それから右側の髪を、繊細なかんじで指で梳き、耳下にふわりと垂らし、そしてフレームを1ミリ、2ミリくらい、静かに動かしました。
 

か。官 能。

 

お断りしておきますが、黒執事さんの仕草は、客観的には完璧な「ミリ単位の微調整をするメガネプロ」の、それでしかありません。

にもかかわらず、私の第2チャクラと第3チャクが・・丹田とか、みぞおちのあたりが、なんだかジワーン。これはまるで、腕のよい整体師やセラピストにロックオンされた時の反応です。

 

そして、ふらふらしながら(床がでこぼこして見える)、黒執事さんについて、店のウインドウから外を眺めると・・。

来る道で眺めてきた、なんということのない冬枯れた街路樹たちが、「飛び出す絵本」になっちゃってる! 

「わあ、」と思ったけど、正直、「世界が3Dになる」とか、ハデな前情報を入れていたせいか、

「特殊アミューズメントパークで、3Dゴーグルをかけたほどではないかも」、と思いました。

 

が・・
 さらに一歩、店外に出ると、歩道の向こうから、ひとりの男の人がやってきました。

その瞬間、「うわっ」とのけぞりました。体的なジョーズがぐいぐいぐいと迫ってくるみたい。
魚しっぽ魚からだ魚あたま魚しっぽ魚からだ魚あたま魚しっぽ魚からだ魚あたまこわいっ


「うわうわうわ」、と見ているので、男の人も「なんだなんだ」という感じで、振り返りながら、歩いていきました。

この、肉迫感。

 

「それが、本来の、人との距離感なんです・・」。執事さんは言います。

 

「本来の、物や人との距離感を失っていたから、脳の中でも、自分と世界との距離感がわからなくなっていたと思います。それは、思考や判断力にも、影響を及ぼしていたはずです」

 

そんな・・・。


「今まで、視力を上げすぎた眼鏡を使って、平面的にギュッと凝縮された世界の情報を、無理やり取り入れさせられて、目も、脳も疲れきっています」

 

「また、今までのコンタクトレンズや眼鏡では、ほとんど、左目しかお使いになっていませんから、そういう意味でも、思考に偏りがあったかもしれません」

 

「今の時代は、視力第一主義になっているけれど、世界はこんなに奥深く、重層的にできている。それを無理なくやわらかく見て、感じればいい。そんなに視力を上げすぎる必要はないんです。目が無理しない状況になれば、近視もじょじょにやわらぎます」

 

えっ。近視が、この歳で回復するの。

じわじわと、喜びがこみあげてきました。

そして再び検眼室に戻り、検眼用めがねをかけたまま文庫本を読まされたとき、私の衝撃はピークに。

文章が流れるようにするする脳に入ってきて、タイムラグなくイメージや絵に変換されていく。

 

 

適切な画像がないので谷川俊太郎さんの電子詩を拝借しますが なんかちょっと違うか・・

 

具体的に言うと、1行目を読んでいる瞬間、

脳の中で既に2行目のイメージが上映され、

同時に3~4行目も、サブウインドウで開いている感じ。

 

これは・・


速読2.0 ?

 

全国の小中高校でこのめがねを義務化したら。偏差値10くらい楽にあがるかも。

 

そして、思い出したんです。自分も小学校3年生くらいまでは、こんなふうに本を読めてた!
昼休みの20分くらいで、江戸川乱歩(こどもシリーズ)を1冊読破していた。そんな子どもはよくいたかもしれないけど、こんなふうに文章が、4~5行、一気にぼわっと頭の中に入っていたんですよね。

 

だけど、そういう幸せな時代はすぐに終わった気がする・・

 

回想にひたっていたら、黒執事さんがまた言いました。

 

「本来、あなたの目は、右目と左目が、バランスよくピントを合わせて像を結ぶことが、苦手です。だから、一文に集中すること、それ自体が、難しいんです。

だから目がとても疲れ、ますますギュッと目を凝らす。すると思考もギュッと固まる。そして同じ文章を何度も読み返して、頭に入ってこなくなる。その状態でライター業として読み書きするのは、本当に大変でいらしたと思います」
 

わーん。

声を出して泣きたくなったけれど、こらえて聞いた。
 

「あのう、じゃ、スキューバダイビングのナントカが向いているというのは、どういうことですか?」

 

「一点に集中するには、難しいタイプの目だけれど、瞬時に、視界に映るさまざまな情報をピックアップし、判断するのには向いていると思います」


あまりにも具体的すぎる適職占い、ビンゴ。かも

 

確かに、自分は、イベントでマイクをもって司会しながら、50m後方の人を気にしつつ、手前の人の表情を観察する・・・みたいな芸当は呼吸をするようにできる。原稿書くより100倍楽かも。

 

そんなことが、検眼でわかってしまうのですね。

 

「でも、そうした持って生まれた目の特徴を、サポートするめがねを作りますから、大丈夫です。これからは、さっき本を読まれた状態のように、情報が無理なくやわらかく脳に入るようになりますよ。すると、思考も、変わります」

 

「目から鱗がおちる」って、これのこと(・・)。


コンタクトレンズも、本当に目(脳)によくない、劣化させてしまうメカニズムを教えてくれました。怖い・・

 

私は、大事なおめめに、なぜそんなサランラップをかけて放置するようなことをしてきたんだ、見てくれのため?

美しくて奥行きがある世界をちゃんと見られないのに、それと引き換えにしてまでコンタクトレンズは必要なのか、うーん


でも、フラメンコを踊るときにはやっぱりコンタクトレンズを使いたいなあ、メガネの踊り子なんていないよ・・ いろいろ悩ましいですが、

とよふくさんの著書によれば、お店に置いてあるめがねフレームは、

「お顔の磁場」を考慮し、使う人の幸せを願い、「パワーダウン」させないようなメーカーに「ご縁をいただいている」そうです。
 パワーフレーム。というわけですか。もうそれだけで気持ちがあがる。

 

2週間後にできあがるというめがねが、待ち遠しいです。世界中からお客さんが飛行機に乗っていらっしゃるらしいので、予約はいつも込んでいるけれど、待つだけの甲斐はあると思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)