作家のミソ帳、読むクスリ、ときどきトマソン

◆ふられないメール術、ひびく文章の黄金律、難材を出版するヒント、あの売れっ子作家の創作の泉・・・
23年間、出版業界をほふく前進する (株)『スタジオポケット』 のライター達による文章・出版のヒントと、ときとき世迷言をお送りします。

【オススメ】デジタル出版社 「マルポン出版」から配信中
【著者岡野ゆかりさん、NHK特番にもご出演】『暴走主婦vs.妄想主婦』
今まで誰も言わなかった神社のお詣りの仕方『恋愛パワースポットのオキテ30』

「小さな談話室S」「小説の実践サロン」などイベント開催中

「小さなサロンS」よしこさんの極上耳ツボは内臓活性にばっちり【ご予約はこちら

チッチとサリーグッズなど販売中 WEBストア「マルポン良品」オープン

“その後のチッチ”の描きおろしを連載中 定期講読誌『ちい恋通信』年4回刊行

◆漫画家・みつはしちかこ 【公式ブログ】
運営

【イイネ記事】文芸リスト400腸脳マッサージ耳寄りな話です!耳にスワロフスキで内臓活性宮内庁に匿されていた才能死の告知コワイ人から逃げた話LEE(集英社)掲載


テーマ:

 

かんかんぽんぽん

原作/岡野ゆかり(こうちゃんママ) 作画/はじめ

 

 

 

以前、「くっく 履こうね」と、友人のお子さん(4歳)に言ったら、「クツのこと?」って言われて、ものすごく恥ずかしかったです。(編集)

 

 

 

 

【こうちゃんママのひとこと】
発達障がい児の中には、教科書で英語を覚えるように、パターンの丸暗記で言葉を覚える子もいます。こうちゃんは、幼いころ覚えた言葉をそのまま今も使います。いい年をした青年がいきなりこれでは、周りは引いてしまいますよね。

 

 


★瀬戸内海の日差しをあびて、ゆっくり歩く21歳のマンモス自閉くん(137kg!)こうちゃんの足どり・・
 自閉くん漫画(1) (2) (3) (4)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

安心します

 

 

 

自閉くんじゃなくても、ちょっとわかります・・。

 

 

 

こんなの欲しいですもの↓

 

 

 

 


★瀬戸内海の日差しをあびて、ゆっくり歩く21歳の大型自閉くん(137kg)こうちゃんの足どり・・
 自閉くん漫画(1) (2) (3)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2歳1ヶ月ごろ

【こうちゃんママのひとこと】
自閉くんは、幼いころは人より物に興味を示しがちです。母親の鼻の穴を、本気でコンセントと認識するなんて、その典型的なエピソード。迷子になっても、泣いて親を探すことはない。この子が私を見て名前を呼んでくれる日なんて、来ないと思っていました。でも、周りの同じお子さんもそうですが、必ずお母さんという大切な人の存在を認識する日が来ます。


★瀬戸内海の日差しをあびて、ゆっくり歩く21歳のマンモス自閉くん(137kg!)こうちゃんの足どり・・
 自閉くん漫画(1) (2)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)