護国夢想日記

 日々夢みたいな日記を書きます。残念なのは大日本帝国が滅亡した後、後裔である日本国が未だに2等国に甘んじていることでそれを恥じない面々がメデアを賑わしていることです。日本人のDNAがない人達によって権力が握られていることが悔しいことです。

NEW !
テーマ:

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月20日(月曜日)弐
         通算第5194号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 「中央アジアの北朝鮮」と言われるトルクメニスタンで
   97%の得票率でベルディムハマドフ大統領が三選
***********************

 2月12日に行われたトルクメニスタンの大統領選挙は、97%という得票率で、現職ベルディムハマドフ大統領が三選された。


同時に大統領の任期は五年から七年に延長された。

 ベルディムハマドフ大統領は元歯科医。医学大学の学長からニヤゾフ前大統領の急死をうけて臨時大統領に。


そのまま権力のトップに居座った。ニヤゾフ大統領の庶子と言われる所以である。

 トルクメニスタンは鎖国をしている不思議の国、全土に金ぴかの大統領像を建立し、街を睥睨しているが、銅像を破壊する動きもなく、やっぱり「中央アジアの北朝鮮」と呼ばれても、そうなんだと納得できる。

 葡萄と果物が意外に豊かで、国民生活は貧窮していない。

 豊富なガスがでるので、中国へ累計8000キロのパイプラインを敷設して、およそ生産の80%、残りをロシアとイランへ輸出し、将来はアフガニスタン経由でインドとパキスタンの港から、世界市場を狙う。

 旧ソビエト連邦の一員だが、独立後、永世中立国を宣言し、国連に認められた。

それ以後、ロシアの言うことをまったく聞かない独自外交と国内的には独裁政治を展開したため、つむじを曲げたプーチン大統領は、トルクメニスタンからガスを買うことを止めた。
その余量が中国へ向かうというわけだ。

 財政が豊かなので、国民の不満がなく、砂漠の酋長は、選挙ではなく村長が撰んできたのであり、投票箱民主主義システムは単にジェスチャーだけ。

 一応、大統領選挙は九人の候補が揃ったが、テレビを独占している与党は、悠然としていた

 昨秋、筆者はトルクメニスタンに団体ツアーに紛れ込んで、各地を見てきたが、首都は摩天楼が林立しているのに居住民が殆ど居ない


ゴーストタウンだった。大理石の建物なので、美しい外見である。国民は、政治が何を行っているのか殆ど興味がない。

 テレビの報道番組を見ていて笑ったのは延々と閣議の模様を放送しているが、大統領と視線を合わせないように、閣僚がメモを懸命に取っていて、どこかの国と似ていると思った(拙著『日本が全体主義に陥る日』(ビジネス社)を参照)。

 バザールに行っても売店には新聞がなく、絵本がちらほら。文房具の質が悪いうえ、中国製だった。


それなのに、国民の多くはスマホを駆使していた。
 ますます不思議の国である。

      ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月18日(土曜日)
         通算第5191号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

「日本は数百年の敵、中国は千年の敵」が朝鮮民族の怨念
  「裏切られた」という意識が急激に中国人に拡がっている
**************************

 ここまで我慢したのに、われわれの忍耐の限度を超えた。


 ついに北朝鮮に裏切られたのか、というのが中国に拡がる意識であるとワシントンポストが分析している(2017年2月18日)。

 金正男を永年に亘って政治的に保護してきた中国は、金正男がマカオを離れて、ちょっと外国へ出た隙に暗殺されたということに衝撃を受けている。

公的機関は一切のコメントを避けている。

 暗殺はミサイルテストの翌日であり、まったく中国が予期せぬタイミングでなされ、しかも金正恩の命令であったことがばれない工夫を凝らしていた。

 「もし金正恩の指令であったことが証明されれば、中国は国連の北朝鮮非難決議に加わるだろう」というコメントに留めているが、中国の静かな怒りは納まっていない。

 「金正恩態勢は残忍このうえなく、しかも移り気で予測不能、何をしでかすか判らない」。


 ということは「暗殺をあれこれ討議するのではなく、われわれがなすことは核戦争に備えることである」
 と政府筋の高官がワシントンポストの貴社に語ったそうな。

 つまり「日本は数百年の敵、中国は千年の敵」というのが朝鮮民族のDNAに深く宿る怨念であり、北京にとっては、「裏切られた」という歴史意識が急激に中国人に拡がっている。
 
      ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)2月17日(金曜日)
         通算第5190号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

丹東は「何事もなかったかのように平静、通常の風景」
  人民日報「金正男暗殺事件が朝鮮半島の安全を不安にする要素はない」
****************************

 中国遼寧省・丹東は、目の前に拡がる鴨緑江の対岸が北朝鮮の新義州である。

 金正男暗殺事件の翌日からも、「街の風景は平常となんら変わりなく、旅行ツアーも貿易業務も通常通り」だと言う(サウスチャイナモーニングポスト、2月16日)。
 
 人民日報は「朝鮮半島の安全保障になんらのインパクトもない」と書いた。

 もとより中国にとっての緩衝地帯である朝鮮半島がおかしくなれば、北朝鮮からの難民が押し寄せる先は地雷のある38度線を越えるより、鴨緑江を容易に渡河できる中国のほうだろう。

しかし中国の静かな反応こそ不気味なのである。

中国はマカオにいた金正男一家をそれとなく保護したが、金が外国へでていくときは保護の対象外として、放置した。

金正男は格安航空券、ボディガードも付けないで飛び歩いていた。


北朝鮮の情報網は、かれの所在を掌握していた。
つぎに狙われるのは金正男の長男、金韓松である。

 それにしても、金正恩の遣り方に煮え湯を飲まされた思いをしたはずの中国が、被保護国の独裁者の暴走にじっと耐えている様は異様である。
      ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。