横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース

 お気に入りのお店の個人的な評価をミシュランと同じようにしています。

☆☆☆(三ツ星) …最高の店。思い出に出てきます。

☆☆彡(二つ星半) …物凄く良い店。この店のために遠くとも行く店。

☆☆(二つ星)横浜・湘南編 …素晴らしく良い店。遠くても食べに行く店。

☆☆(二つ星)東京・地方編 …同上。ちょっと離れた場所の。

☆彡(一つ星半)…とても良い店。近くに行った時に入るお店。

☆(一つ星)…良い店。近くにいれば入る店。

星なし………普通な店。また行きたいと思うほどではない。

 皆様のご意見もお聞かせください~(^ε^)♪


 ラーメンは食べログ をご覧ください。

 ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015   も整理しました♪


テーマ:

「Lien(リアン)」@池尻大橋(☆☆彡)
http://lien-french.com

 池尻大橋にモダンフレンチでありながら、驚愕のコスパを誇る凄まじいお店が。

 一人でもカウンターに入れ、コースからあらかるとまで楽しめます。

 ここは認知されると、予約の取れない店になります。
 
住所:世田谷区池尻3-5-22 グレースマンション 1F
電話:03-6413-8552
定休:月曜・月1回火曜
営業:18時~23時(土日祝12時~15時)
 

 池尻大橋の駅から住宅地に入った場所に当然雰囲気良いお店がありました。店の外壁足元側はレンガのようなもので覆われ、店の前には植栽。向かって右に木の扉。

 中はそれほど大きくない空間。手前の窓側にはテーブル席。

 一段高い奥の厨房前には横並びに白い大理石っぽいカウンター席です。

 グレイのランチョンマットに白いナプキン。

 

16年9月14日夜の来訪。

 19時開始。幹事であった肉系女史は残念ながら来られず、大崎さんら見知ったメンバー4人で横並びでいただきました。
 
ディナー おまかせ 5000円 + ノンアルコールペアリング計3グラス 2000円
 ディナーは3900円から4700円までですが、この日は5000円のおまかせです。
 

 最初のノンアルコールカクテルはシェイカーからワイングラスに。

 グレープフルーツにライチ、マンゴーのジュースです。細かく入ったディルでさらに爽やかに。美味しい~!!
 

 木枠のガラスの箱に。中に描かれているのは秋。
 その絵の上に突き出しがのっています。
 サラダ菜に銚子のメバチマグロ、リコッタチーズとアンチョビの香りのついたキャビア。
 その横に、パルメザンチーズのシュー生地、ハムのムースと牛肉のゼリー寄せ。
 

 次は黒く平たい四角の皿に。

 紙に包まれているのは口当たり濃厚なフォアグラのテリーヌに甘いナッツのヌガー。
 右に自家製のブリオッシュ。
 左にはリンゴのピューレとチーズの濃いパイ生地のスティック。
 

 パンは3種類。中央には甘いレーズンの入る黒いパン。右にバゲット。左には食パン!?
 

 2杯目はチャンシャンウーロン茶と聞こえましたが、調べても出てこない。聞き間違えだったらしい。シャンピン烏龍茶だったか。すっきりしたウーロン茶。
 
魚介とコンソメのカクテル仕立て ホワイトコーンのムース

 下には白く甘いトウモロコシのムース。そしてスパイスの入ったコンソメのジュレ。
 中にはスモークサーモン、カンパチのような白身魚、天使の海老、ホタテ貝柱などの魚介。
 それに赤パプリカ、ニンジン、ズッキーニなどが隠れています。
 上には天使の海老の頭と、ハーブミックス。
 

 サンマのテリーヌ。まったりしたサンマの肝中心のテリーヌをさらに秋刀魚の身で巻いています。黒胡椒をしてオリーブオイルを。
 横にはラヴィオリソース、と聞こえたけど刻み野菜の酸味のあるソースでした。
 それに、カリフラワー、レンコン、ミョウガのピクルスにトマト。そしてサニーレタスです。
 香り付けのライムを出してくださる。
 

 3杯目はアラン・ミリアのメルロー種の赤グレープジュース。
 

 宮崎の甘鯛の鱗焼き。皮がウロコとともにせんべいのように焼き上げられています。上には舞茸。
 ソース代わりに下にはブールブランのような白インゲン豆の煮込み。
 

 京都の鹿モモ肉のロースト。その赤い断面が美しい。
 ソースは赤ワインのソース。
 横の芋のペーストには削り入れたトリュフ。そこに芋のグリルや万願寺とうがらしや椎茸。セルバチコや枝豆、無花果。

 デザートは黒い丸皿に。
 メインとなっているのは山梨のぶどうのゼリー寄せ。レモングラスの香りをつけているそうです。
 横にはイチジクとパイナップルのソテー。
 そしてミルクのジェラート。
 クッキー生地のようなものが撒かれています。
 

 飲み物はコーヒーで。

 会計はコース5000円+ノンアルコールペアリング3杯2000円の7000円ポッキリに消費税で7560円。驚くべきコスパ。

 

リアンフレンチ / 池尻大橋駅駒場東大前駅
夜総合点★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「オクシモロン onari (OXYMORON)」@鎌倉(☆彡)
http://www.oxymoron.jp


 鎌倉小町通りで人気のお店が気がつけば駅の反対側にもできていました。

 かわらず上質で人気があります。
 
住所:鎌倉市御成町14-1 御成町ビル 1F
電話:0467-40-5633
定休:火曜
営業:11時~19時

 紀伊国屋の右隣にあるコンクリの平屋、みたいに見えますが、実際はビルの1階側面のようです。
 黒いひさしにコンクリの壁。左となりはブティックのようで、構造的に中でつながっています。

 その中もとっても簡素でスッキリした空間。コンクリの床に白い壁と天井。木の張りが天井にあり、照明が吊り下がっています。
 中央には大きな木のテーブル。窓側には外を見ていただけるカウンター。奥には2人掛けのテーブルです。

 

16年9月21日昼の来訪。
 11時の開店で先に10人くらい。11時半には満席で外に並びができていました。

エスニックそぼろカリー 1200円

 刻んだ万能ねぎ、パクチー、三つ葉、大葉が四方に乗せられ、中央にはスパイスの効いた豚そぼろ。
 白米はたっぷり。そぼろご飯ですね。
 なるほど、カレーと言われると疑問は残るが、美味しいのは間違いない!! 基本の中辛で指定したからかな。
 レモンを絞るのも結構合います。
 あ、今、隣のお姉さんも「カレーじゃない」って言っている(笑)。
 それに香の物が付いてきます。

ストロングコーヒー 600円

 カリーと飲み物と甘い物合計でセットで300円びきです。
 ビターでコクのあるコーヒーですが、特筆すべきはお酒が入っているかのように香りが良いこと。それなのに酸味がない。
 
ザッハトルテ 500円

 正統派ですね。
 チョコのスポンジにあんずのジャムが2層に。爪のチョコレートで覆われています。あんずのジャムは果肉が入っており砂糖を感じるほどにじゃりじゃりで甘く良い。一方ついている生クリームはしっとりしていて、甘さは控えめ。チョコレートがもう少し強いともっと好みかも。

 紙で包まれたくるみのお菓子がついてきました。カリッカリの飴でコーティングされているようです。

 

オクシモロン onariカレー(その他) / 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「丸山珈琲 鎌倉店」@鎌倉(☆)
http://www.maruyamacoffee.com

 「軽井沢店」「小淵沢店」「ハルニレテラス店」に続き、拡大を続けるこちらの珈琲店が鎌倉にもできているので伺いました。

 スペシャリティコーヒーの名店ですが、酸味のある珈琲は苦手だと改めて実感。

 次は酸味のないものを聞いて頼んでみよう。


住所:鎌倉市雪ノ下1-10-5
電話:0467-40-5776
定休:無休
営業:9時~19時
 
 コンクリ打ちっ放しのビルの1階。
 黒いひさしに黒い看板で白文字のカフェがあります。
 手前右にはテイクアウトのカウンター。

 中に入ると右にキャッシャーがあります。
 奥の方に小さなテーブル4つあり、壁は板張り。テーブルにつき、そちらで注文する形です。

 

16年9月21日朝の来訪。

 以前「ダダ」に来たときテイクアウトしたきりで、珈琲を飲みに来ることはありませんでしたので、昼食までの時間があったからこちらに。
 10時で先客なし。
 
オウロ・ヴェルジ・スカッシュ 680円

 ピーチ、マスカット、チェリーの風味のあるオウロ・ヴェルジのエスプレッソ。
 これをシロップで煮込んだオレンジの入る炭酸水に落として混ぜ合わせた飲み物でした。混ぜる前の写真は撮れず。テーブルに一度置いてくれると嬉しいな。
 薄まった炭酸水のコーヒー味。酸味が強く、ぼくの苦手な味。もう、頼まない~。
 だいたいが、コーヒー自体に果実系の香りがするのであれば、本物の果実を混ぜるとその香りがマスクされてしまうのではないの!?

 

丸山珈琲 鎌倉店コーヒー専門店 / 鎌倉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「カフェ ヴィヴモン ディモンシュ (café vivement dimanche )」@鎌倉(☆彡)
http://dimanche.shop-pro.jp/

 鎌倉で朝カフェといえば、昔からこちらの喫茶店。

 名前が難しくヴィヴモン ディモンシュと読みます。
 アート&カルチャーの発信地であり、場所的に小町通りを外れているためか、ゆったりした時間が流れるカフェ。


住所:鎌倉市小町2-1-5
電話:0467-23-9952
定休:木曜
営業:8時~20時
 
 鎌倉駅から若宮大路には入って最初の十字路を左に行った場所のビル1階に半地下のような形でこちらのお店があります。

 店の前には人が描かれた緑バックの看板。店の前にはベンチや自転車が。

 階段を3段降りて半地下のフロアに。木の椅子とテーブルが並べられ、奥にはコーヒー豆を並べる厨房兼キャッシャー。朝はセルフなので、席に荷物を置き注文しにいく。出来上がると呼ばれます。朝1人で切り盛りされている女性は健康美人風で綺麗な女性。

 

16年9月21日朝の来訪。

 家内が仕事のためぼく一人でおでかけ。
 こちらには05年2月27日に伺って以来11年半ぶりに来たことになります。
 朝だと9時前で先客2組程度。
 
カプチーノ(350円)+ワッフル 600円

 豆をフルーティーなものかビターなものかを選べるとのことで、迷わずビターなものを選択。
 カプチーノは朝飲めるものとしては驚くほど美しい。酸味のないビターな味わいにミルクの香りもほどほど。
 昔懐かしいKISSESのチョコレート付き。
 ペルーサンペドロとコロンビアトロピカルスイートドンハイメナチュラルを選択するのですが、どっちがどっちなのかな?

 ワッフルは大きな丸い薄焼き。表面はカリッとしていてますが、ホットケーキ生地をワッフルの機械に入れて焼いたような印象。
 上にはブロックのバター、横にシロップです。
 
 総評上がって☆彡(一つ星半)に。

 ちなみに昔の記録も引っ張り出しておきました。2005年2月27日です。
 瑞泉寺で梅の観賞。へとへとになって帰ってくるときにお茶をしようということになり、るるぶ掲載のこのお店を見つけて入りました。

 
アポロ・コーヒー 550円

 名古屋で開発されたアポロ・マシーン(真空ドリップ)で抽出したコーヒー。コクがあり、ややトロリとした飲み口はブラックで飲みやすく美味しい。飲み物にはすべて四角く小型の板チョコがついてますね。
 

ゴーフル C-B-S-E 700円

 人気の焼きたてワッフルにバニラアイスをトッピングしたデザート。バニラアイスが上にのせられています。
 

パフェ・ディモンシェ 600円

 コーヒーゼリーと生クリーム、コーヒーシャーベット、バニラアイス、コーヒーを染み込ませたスポンジケーキの上に生クリームといういわばコーヒーパフェ。店の名が冠されるので注文しましたが、苦手のコーヒーゼリーも美味しく食べられました。

 
CACOLAC 500円

 フランス製の冷たいチョコレートドリンク。ビンで提供される。やや甘めで少し重たいチョコレートドリンクです。手作りではなく既製品だから。でも珍しいから良いか。
 

アイン・シュペナー 600円

 ウィーンでも飲んだウインナコーヒー。アイスで注文。さっぱり甘い生クリームにやや濃く美味しいアイスコーヒー。

 
 この当時の評価は総評は☆(一つ星)です。

 

カフェヴィヴモンディモンシュカフェ / 鎌倉駅和田塚駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「日本橋蠣殻町 すぎた」@水天宮前(☆☆☆)


 予約の取れなかった人気店「日本橋都寿司」が移転してこちらになっています。

 予約の取れなささは相変わらずなのが玉に瑕ですが、入ることができれば素晴らしい世界が待っています!!

 自分で予約が取れるといいなぁ〜。

 

住所:中央区日本橋蠣殻町1-33-6 ビューハイツ日本橋 B1F
電話:03-3669-3855
定休:月曜
営業:17時半~/20時半~(土祝17時~/20時~・日曜11時半~/13時半~/18時~)

 

 オフィス街のような場所で夜は暗い立地。

 建物の右側に黒塗りの板張りの入り口。瓦の下には長く白い暖簾。

 少し階段を下り中へ。白木の入り口がまた別にあります。

 中に入れば左にコートのかけられるクローゼットに、待合に使われているサブの部屋。

 その奥には奥に9~10人が座れる白木のカウンターが扇型にあります。
 スッキリきれいなカウンター内。

 

16年1月12日夜の来訪。
 夜はこちらに20時半で。いつも大変お世話になっている友人の肉系女史から予約を譲り受けました。せっかくなのでいまや大御所レビュワーのクワトロ☆さんに一緒に来ていただく。店の前ですぐに会えました。

 

 いただいたのは緑茶。

 

 最初に小さな碗で青ナマコの酢の物。
 これがもう、めちゃくちゃ美味い!
 ナマコは固めで吸い付くような食感。
 横にはキュウリで、上にはおろし生姜。
 酢が美味いので、飲み干しました。酢のもの嫌いのぼくにして、これは自分でも驚き。

 

 醤油と、カワハギの肝醤油、おろしわさびにきめ細かでミネラルを感じる塩。

 つまみからスタートで、左にカワハギ。肝醤油でいただくのですが、凄いコクで激ウマ。
 右には厚切りの北海道オホーツク産の天然ホタテ貝柱。塩とわさびでいただきます。歯切れよく美味い。

 

 こちらの定番である巻物がここで。

 しめ鯖、大葉、アサツキ、ガリの海苔巻き。シャリはありません。たおやかだけど旨味の濃いしめ鯖に香り良い海苔が美味い~。

 

 白子が調理法をかえて2種。
 右は炭火焼の白子です。酢橘を絞ってわさびといただく。むふぅ♪ クリーミーで美味しい。
 左は漬け焼き。これがまた大変香ばしい。

 

 あん肝。あん肝特有のまったりした口当たりに、結構甘い味付け。

 実はこの甘さに合わせる日本酒があります。それが新政の陽乃鳥(ひのとり)。仕込み水の代わりに日本酒を使用した贅沢な貴釀酒。旨味と甘味が凄い日本酒で、日本酒の飲めないこのぼくが美味しいと思ったほどでした。

 

 焼き物の太刀魚。これがまた最高!
 ほどよく脂がのっていて焼きも完璧。大根おろしと酢橘を絞っていただきます。

 

 茶碗蒸しです。
 これが熟成された旨みと塩気の濃いこのわたの茶碗蒸し。
 長芋と梅干しの酸味が合わさっております。
 また食べたい一品。

 

 焼き物ですが、2週間漬け込んだ平貝の西京焼き。
 噛めば噛むほど味が出る。これも激ウマだなぁ。

 佐島のタコの塩茹で。
 超シンプル。佐島のタコもこんなにグラマラスになるのかというサイズ。口の中でブリブリします。
 味付けもシンプルに塩とわさびでいただくド直球♪

 

 牡蠣の味噌漬け。大きいので半分に切ったものを。
 これがまた味わい濃い。

 

 つまみの最後はイカの塩辛。
 辛すぎずクセがない。唐辛子に塩とお酒で3日漬けているのだそう。
 上には刻んだ柚子の皮だったかな。

 

 ガリは漬け込んだものを包丁で切って出される。生姜の良さをきちんといただけます。

 

 握りはコハダから。締め方が抜群に良い
 固めのシャリは口の中でホロリと解ける握りの素晴らしさ。
 やっぱり美味しいね~。

 

 ヒラメの縁側。ハリがあり肉厚で最高!!
 脂ののりと広がる旨味の素晴らしさは普段いただくようなものとは全くの別物です。

 

 ここでお水。富士ミネラルウォーターです。

 

 サワラの藁焼き。
 ほんのりとした藁の香りがしっとりした身とともに口の中で美味しく広がります。

 

 スミイカ。包丁を裏表でバッテンに入れています。
 酢橘を絞ってかけていました。
 イカの身が肉厚で激ウマ!!

 

 まぐろ赤身のヅケ。つけこまれた出汁醤油のものなのか香り良い。

 

 中トロ。背トロです。
 きめ細やかな脂で美味しい!!

 

 淡路の鯵。
 1日経ったものを買った方が美味しいのだと言われていました。

 

 車海老。ムッチリした食感の蒸し加減♪
 頭の方の海老味噌まで楽しめます。

 

 金目鯛。凄い脂の乗り! その脂を気にされたのか、炙りを入れています。
 美味いね~!! やはり脂の乗り過ぎなのか、洋辛子が効いてました。

 

 ムラサキウニ。
 軍艦ではなく、握るところがさすがです。
 口の中で流れ出すウニが激ウマ♪

 

 赤貝。その身がゴリゴリして美味しい。
 キュウリのような爽やかな香り。

 

 焼き穴子。ふんわりした仕上がりでした。
 右に塩、左にツメをぬったものです。
 ツメは黒糖のような香り。

 

 玉。

 

 最後の締めにハマグリのお澄まし。間違いなく美味しいね。

 

 最後に予約を取り、お返ししました。そうしないと、後が続かないのだそうです。

 

日本橋蛎殻町 すぎた寿司 / 水天宮前駅人形町駅茅場町駅
夜総合点★★★★★ 5.0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。