かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓




「レチノール」

と呼ばれる成分をご存知でしょうか。



シミやシワ・たるみなど、

「老化」全般に効果がある…

と最近話題の有効成分です。



レチノールとは

「ビタミンA」の正式名称であり、


パルミチン酸レチノールレチノイン酸酢酸レチノールなど


「ビタミンA誘導体」のことを総じてそう呼ぶこともあります。




昨今このレチノールを配合した

「レチノール化粧品」が数多く商品化されています。





このレチノールが

本当にアンチエイジングに効果がある成分ということであれば、

女性だけでなく全ての人々にとって

大きな意味のある成分ということになるでしょう。



しかしこの 「レチノール」

もちろん単純に使えばお肌が若返るわけではありません。


僕のブログではいつも言っていることです。

「効果がある=副作用がある」


それはかのレチノールでも、当然例外ではありません。



今回は抗老化有効成分「レチノール」の効果とその真相に迫ります。




◎レチノールの効果って?


インターネット上では

「レチノールはシミやシワ、たるみなどに効果的だ!」


というように言われていますね。


一般にレチノールは

・シワ

・たるみ

・シミ

・ニキビ痕

・目の下のクマ



などに有効であると言われているようです。


というのは、


レチノールには皮膚の弾力を司る

「コラーゲン」「エラスチン」

というタンパク質の生成を促進する効果や、


皮膚の細胞代謝(ターンオーバー)を早める効果があるからだとされています。


シワやたるみはコラーゲンやエラスチンが増えることで消え、

ニキビ痕やシミ、クマなどはターンオーバーの促進によって消える、

ということでしょう。




なるほど、

本当にレチノールやその誘導体にそのような効果があれば、

あながち嘘ということではないのかもしれません。



実際のところはどうなのでしょうか?



◎レチノール誘導体(トレチノイン)による「治療」



レチノール誘導体のレチノイン酸、

通称「トレチノイン」は、


古くから美容皮膚科などでニキビ痕の治療用に用いられています。


これは高濃度のトレチノインを含有したクリームを塗布し、

皮膚のターンオーバーを促進することで

ニキビ痕の解消を促します。


詳しくは「美容皮膚科 トレチノイン」などで調べていただけばすぐです。



なるほど、

トレチノインは確かにニキビ痕などに有効であるということのようです。



そもそも現行するレチノール化粧品は、


これらのトレチノイン治療が皮膚科でしかできず

さらに治療費も保険が効かないため高額になりがちである


という理由から作られたものです。



高額の治療を簡単に家で出来れば

それはとても便利ですよね!


化粧品メーカーはそんな消費者の真理を読んで

レチノール化粧品を商品化しました。



しかしこの皮膚科で行われる治療である程度有効だから、

と言って化粧品に応用しても同じ効果が得られるわけではありません。



レチノール化粧品と治療に用いられるトレチノインとでは、

全くその効果は異なります。




◎レチノール化粧品の効果はトレチノインの100分の1以下


実は皮膚科で使われている「トレチノイン」は

化粧品成分として化粧品に配合してはいけないということになっています。


これはトレチノインの効果が大きすぎるためで、

現状では化粧品や医薬部外品の成分として認められていません。


そもそも↓の画像にも載っているように、

皮膚の内部に効果を発揮するのは

レチノイン酸(トレチノイン)だけ※なのです。




皮膚内部では体内から運ばれてきたレチノールを
特定の酵素が分解してレチノイン酸を作り、
生成されたレチノイン酸が皮膚の代謝を促進する働きをしている。
レチノールを外部がら塗布しても特定の酵素が存在しないため
レチノイン酸には分解されず、効果が発揮されない。




そこで化粧品メーカーは

既に化粧品成分として登録されていた

「レチノール(ビタミンA)」に目をつけました。



しかしレチノールはとても不安定な成分なので

外用剤として皮膚に付着するとすぐに分解されてしまいます。


なのでレチノール(ビタミンA)が実際に化粧品に入っていても

皮膚に乗せた瞬間に壊れてしまうため

実際にその効果はほとんど発揮されません。


つまり

「レチノール」そのものが配合されている化粧品を皮膚に塗った所で

その効果はトレチノインのそれには全く及ばないどころか、

何の効果も得られない可能性すらあるのです。




そこでメーカーは新たに

「酢酸レチノール」「パルミチン酸レチノール」

などの誘導体を開発し、

ビタミンAの安定性を高めた成分を化粧品に配合しました。


この成分は確かに安定性が上がっているので

皮膚表面でいきなり分解を受けることはありません。


ですが、

それでもトレチノインに比べれば

「100分の1程度の効果も怪しい」

と言われているのが現状なのです。



◎レチノール化粧品は効果なし!?



結論として、

実際のところ皮膚科で用いられる

「トレチノイン」には大きな効果があるのは確かですが、


その模造品である

レチノールやレチノール誘導体を配合しただけの化粧品には

さほど期待出来るような効果も無い


ということが言えます。



そもそも皮膚科のトレチノインが大きな効果を持つのは

そのトレチノイン製剤が「経皮吸収製剤」だからです。

皮膚を透過してしまう劇薬と一緒に調剤されているのですね。


だから皮膚に浸透するし、

その分大きな効果も得られます。


そしてその分の「副作用」も当然あります。



化粧品レベルのレチノールは

化粧品ということでそもそもからの配合量がとても少ないですし

皮膚を透過できず皮膚表面にしか効果が無いのですから、


ほとんど何の効果も無いというのは仕方のないことでしょう。



実際のところ

化粧品の効果として

「シワやたるみに効果がある」

という成分は現状認められていません。



化粧品広告基準 効能・効果編


このページにあるように、

化粧品の効果として

「乾燥による小じわを目立たなくする」

という程度であれば保湿剤などの効果で広告が可能ですが、


「シワやたるみに有効である」

という成分は今のところ認可されておらず、

そのように広告すると薬事法違反で罰則まで受けることになっています。


ネット上では罰則スレスレ(?)な広告が行き交ってますが、


誇大広告には騙されたくないですね…。







しかしこのレチノール


ただ皮膚に付けて「何の効果も無い」だけならまだいいのですが、



何の効果もなかったで終わらない

のがこの成分の大問題点です。



次回はレチノールの問題点についてまとめていきましょう。

(→有名会社が販売中止!?「レチノール化粧品」の危険性とは


では今回はこのあたりで。


プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ



かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント