• 19 Feb
    • 凄い凄いッ!!

      旅行から帰って来てから…毎年恒例の1年に1回のボードに行って来ました1年に1回だから全然上達しないから,転びまくり…帰る頃には腕がもう筋肉痛になってて…次の日から身体中,筋肉痛だと思っていましたでも…次の日,ほんのちょっと腕が筋肉痛なだけで他はなんともない!!今シーズンは三元整体とリハビリトレーニングの録音教材とストール二枚のおかげで筋肉痛がないッ疲れもなくて,すっきりボードの次の日なのに朝早くから起きて動き回ってたしッ三元整体とリハビリトレーニングの録音教材の凄さをまたまた体験させてもらいましたありがとうございます

      4
      テーマ:
  • 18 Feb
    • プーケット-慰安旅行④

      毎日夕飯前にショッピングモールに通ったよ今,タイは暑いお仕事モードで…リサーチをしたり,夏の提案用サンプルを購入したり…今年の慰安旅行はデザイナー目線でショッピングモールをまわったよ-*-*-*-*-*-リサーチ情報も購入サンプルも今,提案用に大活躍してるよッ-*-*-*-*-*-毎年,旅行に行く前に行きたくないー‼って,みんなで行ってるケド…行かなきゃ行けないんだったら…で,しっかり楽しんでくる今年も満喫しました

      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • プーケット-慰安旅行③

      ホテルから1時間車で…2時間超くらい船で…ピピ島に行って来ましたこの日だけ曇り…海も空もあまり綺麗に見えなかった…シュノーケリングしたたくさんの魚達と泳いだよかなり画質悪いけど…そのあとは…ビーチではしゃぎまくったつづく

      3
      テーマ:
  • 16 Feb
    • プーケット-慰安旅行②

      プーケットで,トラと触れあってきましたスモールとキッズとキングの3種類の大きさのトラとたくさん写真撮りました初っぱなからキングタイガーめちゃくちゃ怖かったケド,デカイ猫みたいだったよ可愛かったスモールタイガーになるとほぼ抱きついて撮影ホント…可愛かったキングタイガーキッズタイガースモールタイガーつづく

      3
      テーマ:
  • 15 Feb
    • プーケット-慰安旅行①

      1月30日から2月3日まで研修旅行という名の,会社で慰安旅行に行って来ました去年と一緒で,今年もタイ去年はバンコクとパタヤでしたが,今年はプーケットへ…パトンビーチ沿いのホテル…2階建てのコテージみたいなところで宿泊相変わらず,宿泊先はめちゃくちゃいいとこ部屋からの景色は最高でしたッつづく

      1
      テーマ:
  • 14 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-㉑・・・今(2017年)

      去年(2016年)、 年末年始のお休みに入る前… 上司に呼ばれて…   「1月(2017年)からデザイナーとして 営業さんと一緒に商談に同席してほしい」   と…。 本社にいる日はパタンナーとして… 商談日は東京・埼玉まで行って デザイナーとして…   この話を聞いたとき、 これは受けるべきだと思った。 聞こえが変わってきて… 発音が変わってきて… 自分は試されているのだと。   不安はたくさんある。 聞き取れなかったらどうしよう。。。 言葉が詰まってしまったらどうしよう。。。   でも、これを機にもっと 自分が変われるかもしれない!!   そう思った。   デザイナーとして1か月たった。 営業さんには私の耳の聞こえについて しっかり伝えた。 商談後は営業さんと念入りに 打ち合わせを何回もして確認する。   少しづつ流れを掴めてきて、 本社でもデザイナーとしてデザインもし、 パタンナーとして型紙と仕様書の作成。   前の会社のように パタンナーとデザイナー、 両方の仕事をしているこなしているけど、 前とは違う。   一番不安だった商談環境。 大勢の人でざわざわしている場所。 でも、営業さん、バイヤーさん、私の 3人の空間に集中していれば 他の話し声が入ってこなくて 思っていた以上にスムーズに 受け答え出来ている。   前の私には無理だっただろう。。。   今、とても忙しく仕事をしている。 忙しいけど…前より楽しく感じている。   デザインを考えることも、 パターンを引くことも…。 商談中は営業さんとバイヤーさんと たくさん笑って商談している。 (他の会社の方とは違った空間。。。笑) もちろんちゃんとたくさんのオーダー いただきました!!   今年に入ってガラッと世界が変わった。 わくわくしている。   でも気を抜かないように要注意!!   しっかり修練を続けて 今の聞こえを維持する。。。 もっと聞こえが良くなるように。。。 仕事をこなせるように。。。   これからも宜しくお願いします。    

      5
      テーマ:
  • 13 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑳日之本元極・・・変化

      2016年6月頃、 貫頂を毎週1回、 継続して受けた方がいいですよと 提案を頂きましたが…   私はそんなにも出来ん。と、 反発して受講しなかった。 でも母親が何度も説得してくれて 嫌々ながら受けることにした。     そのおかげで 私の耳はさらに変化している。   生まれてから聞こえていない状況にいて、 それが当たり前の感覚だったけど… 受講すればするほど、 あちこちからいろんな音や話し声が 聞こえてきて正直、 どこで何の音がなっているのか… どこで話しているのか… 距離感が分からず、 私宛の音や話し声か 戸惑うことがある。   でもそんなにも 人の話し声が聞こえ初めて 喜びを感じている。   会社の上司から 「あなた最初の頃より 全然聞こえが違うと思うわ。」 と何回か言われるようになった。   声帯にも貫頂をしてもらっているから 「話す言葉の発音がきれいになった。」 「言葉が明確でわかりやすくなった。」 と言われることも増えた。   好転反応で耳の上の聴覚野あたり、 頭痛で辛かったりするけど、 これもいい方向に変化していると 思えば、ありがたいと思える。   相変わらず修練は嫌だけど… 病院に行って、何もわからず 検査ばかりしているより 断然いいですよね。     -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-     なかなか世間の人には 分かってもらえない「感音難聴」の 特殊な聞こえ方。   同じように悩んでいる方が きっとたくさんいる気がする。   何もしないでいるより 何かしら変化が感じられるなら 日之本元極に通いたいと私は思う。   母親が何度も言っていたこと。 私もそう思う。   私の経験が誰かに届いて、 同じように困っている方々に 役立つといいです。   あきらめないでほしいですね。。。  

      6
      テーマ:
  • 12 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑲日之本元極・・・修練の先に

      私は日之本元極を通い始めてから 8年になりました。   この間… もう嫌だ。もうやめる。 なんて、何十回言ったか…。   母親と何度も言い合って、 話し合って、葛藤しつつ、 嫌々ながら今も続けている。   それでも8年も続けているのは 私自身何かしら惹かれることが あるのかもしれない。     去年、2015年11月に 階みの講座を受けた時…   先生の貫頂を受ける際、 「耳の上の聴覚野あたりと 声帯に入れるといいですね。」 と先生から教えてもらいました。   それから先生の貫頂を受けると 声が出しやすくなったり、 耳の聞こえがなんとなく 変わった感じがしていた。   つづく     

      3
      テーマ:
  • 11 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑱日之本元極・・・期待

      二十歳の時、母親の勧められて 日之本元極に通うようになった。   そこで 「気の流れが悪いから 耳たぶも硬いんだよ。」 と教えてもらいました。   私の耳は 横に引っ張ったり 半分に畳んでみたりすると すごく痛い。   普通は痛くないんだそう。   気を流すために 耳を揉んでもらった時は 激痛でしたが、その後は 耳がぽかぽか。   病院では検査しかしないけど ここでは何か変われるかも…と思って、 修練を始めることにした。   つづく     

      5
      テーマ:
  • 10 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑰感謝

      私は障害手帳を持てない… 特殊な難聴で「感音難聴」という 名前があっても…障害者ではない。 だから医療費は出ません。 学生の頃は1年に2回、 社会人になってからは1年に1回、 大学病院での検査費用や補聴器等の費用は 結構な額になる。     私の耳の外見は、左右ともに 穴が小さい。加えて、 耳全体や耳たぶが硬い。   子供の時から、朝から頭が痛く 肩が凝っていることが多く、 母親にマッサージをして、 励ましてもらってから登校していた。     「本当に両親には大変感謝しています」   つづく     

      5
      テーマ:
  • 09 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑯転職・・・受け入れてもらえる喜び

      退職して、 本当になりたかったパタンナーに 転職しました。   今度の会社では 面接初日に「難聴」だと伝えました。   私にっとて幸運なことに 耳関係の障害を持った お子さんがいる上司が居たのです。 結果、受け入れてもらえました。   前の会社に就職できるのは 才能がある人材だと デザイナー、パタンナー、 営業の先輩方が 是非とおしゃっていたそう。   パタンナーの仕事は デザイナーからの依頼を受けて ずっとパソコンに向き合って CADで型紙を引いたり 仕様書の作成をする。   ほとんど話すこともなく ただ黙々と作業をする。   デザイナーの仕事とは大違いです。   でもこの会社でも チャイム音や電話の音がわからず、 最初の1年は 私がどれほど耳が聞こえないのかわかってもらえず、 尻が重いと何度も注意された。   でも、私が聞き取れなかったからと 何度も聞き返すようにしていた為、 会社のみんなが私の反応があるまで 呼んでくださったり、 大きな声でゆっくり話してくださったり…。   思い切って退職して、 自分の欠点をはっきりさせることで 職場の人の輪で働ける喜びを知った。   自分の合った仕事を見つけて 受け入れてもらえて 仕事が楽しくなった。   今もここで続けている。   つづく   

      6
      テーマ:
  • 08 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑮デザイナーという仕事…難聴という壁

      デザイナーは 先輩デザイナーや営業さんとたくさん話す。 トレンドセミナーに行って 何時間も講義を聞いて情報を収集する。 そのあと報告会をする。 あと得意先さんと電話での対応。 もちろん商談もある。   就職してから、必死に人の話し声を聞いて 直感力を働かせて、顔を見て話の内容をつかんだ。   でもセミナーでは マイクを通して講義を聞く。 私はマイクやスピーカーを通した声は 極端に聞こえなくなる。 電話でも何を言っているのかわからず、 すぐに上司に代わってもらうことも。。。 その前に、電話のコール音が聞こえない音領域で 電話が鳴っている事に気付かなかった。   そういえば 中学・高校で英語のリスニングテストで 音がまったく聞き取れなく 白紙で回答することがあった。 マイクを使った放送の音は音量を大きくしても 聞き取れず、逆に音量を大きくすると 耳の中でガサガサと雑音が発生して 何も聞こえなくなってしまう。   私の耳は 機械音と生の声を不思議と 聞き分けてしまう。。。     そのうち 聞こえないことで、出来ないことが増えていき、 自信がなくなって、モゴモゴと話すことになっていた。   すると 上司の反応がどんどん悪くなるので さらに相手の感情に反応して 自信がなくなってモゴモゴと話す…。     このままでは もうダメだと思い、 思い切って退職しました。   つづく   

      4
      テーマ:
  • 07 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑭就職

      私は専門2年の時から行きたい会社があった。   結構、有名な会社。 私はその会社に入ることが出来ました。   CADで型紙を引く…パタンナー デザインを考える…デザイナー   私はパタンナーになるつもりでしたが…   両方を仕事する、 パタンナー兼デザイナー。   でもデザイナーの仕事が主でした。   私は、この会社に入るとき 「難聴」であることを伝えていなかった。   有名な会社…専門学校のプライドもあってか、 伝えない方がいいと説明を受けたから。。。   聞こえないことで、仕事がうまくいかないことが 多々増えていきました。    つづく  

      4
      テーマ:
  • 06 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑬専門学校

      私は高校を卒業後、 服飾の3年制の専門学校に入学。   祖母が服を作る仕事をしていたり… 私と妹が小さかった時 たくさんの服を母親が作ってくれていたり…   服飾関係に興味があった。   専門学校は 小中高と同じように 自分のクラスがあって 担任の先生もいる。   でも 小中高とは違って、 生徒みんなが「服飾」という 専門を学びに来ている。   だから無駄がなく、みんな 集中して授業を受けることができた。   課題でいろんな種類の服を作成する。 デザインは決まっているけど、 型紙を引くことから始まって、 生地の買い出しや裁断、 ミシンで作成。   どの工程も一人で黙々と作業。 分からなかったら先生に聞く。   半分以上の生徒が だいたい途中から 二重、三重と課題が重なっていたけど。。。     私は限られた時間で 時間配分を考えて集中して仕上げる… 陸上部の長距離で身に着けてきたことが 活かされていたと思う。   ほとんど会話することなく、 黙々と作業をして… 期日より早く仕上げていた。 空いた時間は他にも作成したり、 成績はいい方だったと思う。   専門学校は難聴ということに あまり気にすることがなかった。    つづく  

      6
      テーマ:
  • 05 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑫補聴器

      高校生の時に 補聴器を買ってもらいました。   耳の穴に入れ込む小さい補聴器。 とてもとても高価なものです。。。   補聴器はパソコンとつなげて 私の耳に合うように 高い音、低い音を抑えて 一番聞きたい音をよく聞こえるように 調節してもらっていました。   耳にはめたときは すごくよく聞こえて すごく嬉しかった。   でも、どれほど聞こえない音の範囲を調節しても 私の耳の代わりにはならなかった。   人は聞きたくない音を聞き流して どんな騒音の中でも会話ができる「耳」を 持っている。   私の場合、人の話し声を 必死に聞き取ろうとするため、 脳は「音を受け取る能力」を 最大限にあげてしまい・・・ 普通なら聞き流してしまうほどの 「生活の雑音」が、私には とんでもなく大きな音に聞こえてしまう。   一番聞き取りにくい 「女の子の声」の音の高さ以外の 高い音と低い音は普通に聞こえている。 常に脳が必死に音を拾おうとなっているため 聞こえる音に敏感に反応して、 高い音と低い音がうるさい音になってしまう。   だから 補聴器でどんなけ調整をしても やはり器械。   人にとって聞き逃すほどの生活音や雑音、 ちまたにあふれたちょっとした雑音が、 私の耳に「騒音」となってのしかかってきた。   そのため、 聞こえすぎて疲れがたまってしまい、 補聴器を外したら、もっと 聞こえが悪くなっていたりと…   補聴器を使うのを やめてしまいました。   つづく   

      2
      テーマ:
  • 04 Feb
    • あたしの耳Ⅱ-⑪私の耳に届く声

      高校に入っても 陸上部で走り続けていた   試合は中学の頃から 800m・1500m・3000mに出た。   試合中は時間配分を 自分で考えながら走る。   高校に入ってから マネージャーがタイマーを 読み上げてくれる。   競技場はたくさんの人の声援で うるさいのに・・・ 私の耳はマネージャーの声を拾ってくれる。   顧問の声、部員の声、 はっきり聞こえてくる。   これは{感音性難聴}の特徴の 一つみたいです。 「聞きたい声」 「聞いたことのある声」 脳が聞き分けてくれるのかもしれない。   高校駅伝ではアンカーを走り、 私の高校の歴代の先輩を抜いて 好成績を残すことができました。   小さい大会駅伝では 6位に入賞することもできました。   顧問や部活の仲間が コースそれぞれに散らばって 「がんばれ---!!」 って言ってくれた声が しっかり聞こえた。   走るだけの何が楽しいの?って よく聞かれるけど・・・ 今思えば、スポーツができることが うれしく感じていたのかもしれないですね。   *私の耳に声が届いていること。 *ジョギング中は会話だってできちゃう。    つづく    

      5
      2
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 慰安旅行行ってきます‼

      ブログとまってますが…今から慰安旅行でプーケットに行ってきますまた帰国後…ブログ再開しますッ行ってきますッ

      テーマ:
  • 17 Jan
    • あたしの耳Ⅱ-⑩スポーツ・・・陸上競技*長距離

      中学2年生に上がる前陸上部に入った。 後から聞いた話、バスケットボール部の顧問が陸上部の顧問に「あいつは長距離に向いている。 勧誘してもらえないか?」と話してくれていたそう。 とても厳しい顧問だったけどありがたい。 入部してすぐ、長距離の練習メニューを遅れることがあったけど全部こなしていた。 これも後から聞いた話だけど、素人があんなきついメニューを全部こなしていたことに顧問の先生も部員もびっくりしていたそう。 バスケ部にいた頃は顧問や部員の声を聞こうと必至だったけど、陸上部で長距離という種目は自分個人との戦いでスポーツに集中できたし、走っている間に顧問や部員の声がしっかり私の耳に届いた。 練習中、黙々と走っている間、昼間必死に話し声を聞こうとしていたことを忘れることができた。 私にあったスポーツ、長距離を高校に入っても続けた。  つづく  

      4
      テーマ:
  • 16 Jan
    • あたしの耳Ⅱ-⑨スポーツ・・・バスケットボール部

      私は小学生の頃からバスケットボール部に所属していた。 小学生時代はレギュラーで試合に出ていた。教室でいた自分と部活中の自分では全然違っていたと思う。 たくさん走り回って大きい声出して仲間にパスをもらったりパスをしたり。。。 すごく楽しかった。 中学校に入っても迷わずバスケットボール部に入部。 小学校とは違って男女一緒で大人数の部員。 よって、一斉にボールをついたら体育館中にボールの音。 よって・・・顧問の先生のアドバイスや注意が私の耳には届かなかった。 どんどん他の子の成長とかけ離れていって、部員との輪にも入れずつらくなって、やめてしまった。 数か月後、陸上部の友達から「陸上部に入らない?」って、声をかけてもらった。  つづく   

      3
      テーマ:
  • 11 Jan
    • あたしの耳Ⅱ-⑧中学生になって・・・

      中学校に入ってから必至な思いで仲間の輪に入ろうと女の子の会話に神経をとぎすませていた。 学年が上がっても、クラスに馴染んできても、油断は出来なかった。 小学校の頃から一番前の席に座っていた。でも、当時は目の悪い子が一番前を選べるというルールがあった。 私は眼鏡をかけているため耳が悪いとはみんな思っていなかっただろう。 自分から言う必要もないと思っていた。言えなかった…というわけでもなく、友達に私は耳が悪いの。。。と、言うという選択がなかった。 だから、女の子の輪から外れないよう他の人と同レベルについていこうと必至だった。つづく   

      4
      テーマ:

プロフィール

ほにょ☆

自己紹介:
普段の出来事…日之本元極を通しての出来事…ほにょ☆のブログで楽しんでもらぇたらいぃなと思ってますッ≧...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

ランキング

総合ランキング
160298 位
総合月間
187529 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。