思いがけない恵み(ジェームズ・ レイニー)!

ジェームズ・ レイニー教授は、アメリカのエモリー大学のケンドルロ神学大学の教授でした。

その頃は、健康のためによく歩いて学校に出勤していました。

老人

大学に行くその道は公園の傍を通り過ぎて行くのですが、公園のベンチに朝から一人の老紳士がボーッと座っていました。

それで、「あぁ、一人ぼっちなんだな」と思って、パンとコーヒーを二人分持って行きました。

こうして約2年の間に、非常に親しい友になりました。

ベンチ

しかしある日、大学に出勤しようとそのベンチの傍を通り過ぎたのですが、その老人がいません。

その翌日もおらず、聞いてみると亡くなったというのです。

それで噂を頼りに探しに行きました。

葬式の日に椅子に座っていると、ある人が深刻な表情で一通の封筒を持って来たのです。

遺書

それでレイニー教授は、葬儀場でその遺書を読み始めるや、驚き、腰を抜かしそうになりました。

その人は何とコカコーラの会長だったのです。

引退して、特別に何もすることなく公園に来て座っていたのです。

レイニー教授はこの老紳士が子どもたちも無く、一人ぼっちだと思って友だちになったのですが、何とコカコーラの会長だったのです。

さて、その手紙に何と書いてあったでしょうか?

「あなたは2年余りの間、私の家の前を通り過ぎながら、私の話し相手になってくれた。私の友レイニー!ありがとう。

私はあなたに、コカコーラ株の5%とともに25億ドルを差し上げます。あなたの思うまま使ってください。5%の株はあなたが良いと思う事業に使ってください。」

ドル

25億ドルなので、いまの日本のお金でも約2500億円です!

それでレイニー教授は、このお金を大学に全部捧げました。

その大金を受け取ったエモリー大学は驚くほどに成長し、アメリカ南部の非常に有名な総合大学になり、レイニー教授は16年間、その大学の総長として働くことになったのです。

イエス様はどうであったでしょうか?



弱さを持っていた孤独なひとり一人を愛され、時間を共有されました。

そのために、食いしんぼうの大酒のみ、取税人や遊女や罪人の仲間と中傷されました。

しかし、イエス様のこのような生き方こそが神様の御心の生き方であったのです!

ですからイエス様は次のように仰います!

「受けるよりも与えるほうが幸いである」(使徒20:35)

ルカ10:27

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」(ルカ10:27)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村




AD
パール・バック財団はどうして生まれたのか?

パールバック

アメリカの小説家であったパール・バック女史は『大地』という作品で、アメリカの女流作家として不動の地位を得ました。

しかし彼女には一つの大きな苦しみがありました。

彼女の娘が知的障害者であったからです。

彼女は娘を育てるために、非常に苦労しました。

しかし、その娘を育てる過程で、苦しんでいる障害者を限りなく愛するようになったのです。

母よ、嘆く無かれ

その経験を記録した本が『母よ嘆くなかれ』(The Child Who Never Grew)という偉大な作品なのです。

彼女のしたことはそれだけではありませんでした。

第二次世界大戦で生じた私生児と障害者のために700万ドルを費やして、『パール・バック財団』を作りました。

こうして、孤児の両親の役割をしたのです!

パールバック

彼女は次のように言いました。

「もし私の娘が知的障害者でなかったなら、私は私より劣っている人を蔑視したかも知れない。

しかし神様が知的障害の娘をくださり、全ての人が神様の御前には平等だということを学ぶことができるようにしてくださいました。」

神様は、時に私たちが理解するには苦しい苦難を与えられます。

その理由は、私たちが苦難を克服することによって、さらに信仰が成長し、神様の摂理を悟ることができるようにされるためなのです。

主は私たちを愛するがゆえに、ご自身の栄光のかたちへと導かれるのです(第二コリント3:18)。

しかし、私たちに耐えられない試練は与えられないと約束されているのです(第一コリント10:13)!

頂上

「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」(第一コリント13:13)

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。

自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。」(マタイ6:19-20)

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」(ローマ8:28)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村



AD
12回の癌(がん)手術で死線を通った名医はどのように癒されたのか?

セブランス

韓国にセブランス病院という有名な病院があります。

その癌(がん)センターの所長の名前がイ・ヒデ博士です。

2003年1月、青天の霹靂のように考えられないことがヒデ博士を襲いました。

それは病魔との戦いでした。

ヒデ博士は癌細胞が見つかってから、5度の手術を受け、癌は肝臓と骨盤に移転し、放射線治療を4度受け、また抗癌治療を3回受けました。

逆転

そして、今まで12回癌が再発し、そのたびに手術し、死の闇と戦わざるを得ませんでした。

彼は心の中で思いました。

「なぜ私にこんなことが起きたのだろうか?なぜ私が癌にかからなければならなかったのか?

私は癌の治療では韓国において最高の腕を持つ医者といわれ、私の手による手術で癌治療を受けた人が大勢いるのに、なぜ私なのか?

まだやらなければならないことが多くあるのに・・・。このまま死ぬことが出来るだろうか?」

韓国において最高の癌治療の名医が癌になったのです!

本当に驚くことです。

しかし、博士は癌との戦いの中で、教会に導かれ、クリスチャンになりました。

ジョイ

すると、以前は悔しかったことが、かえって感謝に変わりました。

心が変化したのです。

ヒデ博士は数年間、癌との戦いで闘病しつつ、あるとき、癌患者を集めて、聖書の勉強会を始めました。

今までは癌の医学的説明ばかりをしましたが、変えられたのです。

そして神様を感謝し、賛美する生活を続けました。

すると、どうなったでしょうか?

癌の手術や放射線治療を何度も受けてきたヒデ博士がCT検査をした結果、体の中に残っていた癌細胞を一つも発見できなかったのです!

涙

ヒデ博士は感謝して、感激のあまり、涙が止まらなかったそうです。

ヒデ博士は現在も癌センターの所長として、感謝の心で忙しく患者さんのために働いておられます!

感謝し、賛美する生活こそが身体を癒す最大の治療薬なのです!

「まことに、彼(キリスト)は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった」(イザヤ53:4)

「真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった」(使徒16:25-26)

Praise the lord

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです」(第一テサロニケ5:16~18)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


AD
「子供を育てる母親が気を付けなければならない5つのことば」(ニューヨークタイムズ)

ニューヨークタイムズ

ニューヨークタイムズは、数年前、「子供を育てる母親が気を付けなければならない5つのことば」という内容を掲載しました。

それは以下の通りでした。

1)どうしてお前を産んだのかわからない!

2)お前はどうして他の友達のように出来ないの?

3)お前は一体何歳になったの?

4)この馬鹿が!

5)うるさいわね。お母さんを困らせるんじゃないよ!

こういった言葉は子供の人生に傷を与えてしまいます。

子供達は自信を失い、不幸な人生を生き、そしてそのまま大人になり、死にます。

親子

両親が子供にどのような言葉を使うかが、子供の将来を決定するのです。

もし父親や母親が子供を賞賛し、激励するならば、それは先生が与える賞賛や激励の何倍もの力があるのです。

仲間はずれ

デンマークに文章を書くことが好きな少年がいました。

彼は一生懸命に書いたのですが、だれも、何の感想も言ってはくれませんでした。

それで、この少年はとても落胆し、文章を書くことを諦めてしまったのです。

それを知った母親が息子をお花畑に連れて行きました。

そして言いました。

花畑

「この花を見てご覧。まだ咲く時期ではない花は、つぼみは膨らんでいるけれど、咲いていないだろ?でも時期が着たら咲くよね!お前の文学的な才能はこのつぼみと同じだよ。

確かに今は人々の目に留まらないだろう!でもしばらくすれば、このつぼみがぱっと開き、全世界の人が読むんだよ。私はお前の母親だから、お前のことがよくわかるんだよ。だから気を落としてはだめだよ!」。

この少年は母親の励ましにより、大きな勇気を持ったのです。

「母親が自分を認めてくれた。勇気を出そう」と。

アンデルセン

この少年こそはその後、偉大な童話作家になったハンス・クリスチャン・アンデルセンだったのです。

ここで、もし母親が期待を持ってアンデルセンを励まさなかったら、気を落として、童話作家は生まれなかったかも知れません。

私たちが期待する一言は、相手に大きな勇気と力を与え、その人の中に潜んでいる豊かなものを引き出すのです。

霊の親である神様は、いつもこう叫んでおられます!

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している!だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ!」(イザヤ43:4)

あなたの価値はどのくらいでしょうか?

地球と同じくらいの価値でしょうか?

いいえ!

イエス様のいのちと同じ価値があるのです!!

十字架の愛

なぜなら、天の父がご自分のひとり子を捨てて、あなたを選ばれたからです!

“たとい1つの民族、国家が滅びてもあなただけは救うのだ!”という神様の計り知れない愛を感じていますか?

この神様の愛のメッセージを今日も心にしっかり刻みましょう!

そして、この愛に満たされ、家族に、周囲の方々に接しましょう!

「あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります」(コロサイ4:6)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村