険悪な人間関係を素敵な人間関係に変える方法

争い

かつては相手を激しく責め、相手の非を見つけては攻撃し合っていた夫婦がいました。

しかし、今ではだれもがうらやむ仲の良い素敵な夫婦がいます!

なぜ、この夫婦は変わったのでしょうか?

それは、夫がある1つのことに気づいたからです。

というのは、相手をいくら責めても変わらないばかりか、より険悪な関係になっていくと言うことを悟ったからでした。

夫は神様にも、妻のことを「ここがダメです!彼女のせいでこうなりました!」と今まで訴えていました。

悔い改め

しかし、あるとき彼は自己中心のありのままの姿、弱さ、罪深さを示されて、それをありのまま主に告白するようになったのです。

それから、妻を責めることを止め、出来るだけ、優しい言葉をかけ、いたわるようになりました。

すると、最初のうちは態度を変えず、反発し、その夫の姿を疑い続けていた妻も徐々に態度を変え、優しくなっていったのです。

このように険悪な人間関係を素敵な人間関係に変えるには、自分自身がまず「今の自分から新しい自分へと変わりたい!」と思わなければならないのです。

夫婦の間に葛藤と憎しみが生じているのであれば、夫が思いを変えるか、妻が思いを変えか、どちらかが変わらなければなりません。

いくら夫が妻に「変わりなさい!変わりなさい!」と言っても変わりません。

妻が夫に「変わりなさい!変わりなさい!」と言えば、夫は更に悪くなります。

良いカップル

相手を変えるには、まず、自分が変わらなければなりません^^

そのためには、まず、心の中で「自分は変わりたい!」という思いを持つことです。

自らの自分中心の生活を悔い改めて、主に自分の弱さを次のように告白することです。

「神様!私の力では変われません。私の力ではいくら愛そうと思っても愛せず、赦そうとしても赦せず、変わらないので、私を助けてください!私は変わりたいのです!」と。

愛

このように願って、祈れば、必ず聖霊様が上からの恵みをくださり、その人を変えてくださるのです!

それが主の御心であるからです。

そして自分が変わると、相手も次第に変わっていきます。

険悪な人間関係であっても、誰もがうらやむ素敵な人間関係へと変えられていくのです!

「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。 」(エレミヤ33:3)

「神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」(詩篇51:17)

聖霊

「聖霊を受けなさい。あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま残ります。」(ヨハネ20:22-23)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

AD

クリスチャンの負債

テーマ:
クリスチャンの負債

イエス・キリストを信じたクリスチャンに罪の負債はあるでしょうか?

いいえ。

ありません!

釘

キリストが私たちの罪を背負われ、ご自身が罪となられたので、キリストを信じる者は何と“神の義”とされ、罪から解放されたからです(Ⅱコリント5:21、ローマ3:21-26等)!

しかし、クリスチャンには負債があります!

その1つが“互いに愛し合うこと”つまり、愛の負債です (ローマ13:8)。

サンダーシング

インドの聖者、サンダー・シングがネパール地方のある山道を歩いていました。

非常に険しい山道を歩いているうちに吹雪になり、体が震えるほどの寒さを覚えました。

しかし歩いていると一人の人に出会い、互いに助け合いながら、その険しい山道を進んで行きます。

すると、ある老人が凍えて倒れています。

サンダー・シングは「この人も連れて行こう」と言いいます。

しかし、彼は「気が狂ったのか!自分たちさえ今にも死にそうなのに、この老人を背負って吹雪の中を行くなんて!冗談じゃない!」と言って、先に行ってしまいました。

けれども、神のしもべであるサンダー・シングはその老人を背負い、汗をかきながら一歩一歩村に向かって下って行きました。

しばらくすると、どれぐらい汗をかいたのか、その熱が老人の体に伝わり、老人は気を取り戻しました。

倒れている人

こうして老人を背負いつつ、村へと下って行ったのですが、村の入り口に着くと誰かが凍死しています。

「一体誰なのか?」と顔を見ると、サンダー・シングを捨てて先に一人で行ってしまった人だったのです!

このように、人は自分勝手にひとりだけで行くなら、死んでしまいます。

人はその字の示すとおり、互いに支えあって生きるものだからです!

このように、クリスチャンの負債とは愛の負債、愛の実践なのです!

しかし、この愛とは神の愛(アガペー)、自己犠牲の愛です。

この愛が私たちの生まれながらの性質にあるでしょうか?・・・・・

いいえ!

しかし、愛そのものでいらっしゃる聖霊様(イエス様)が私たちのうちに来てくださると、私たちは愛の人に変えられます!

愛の実践を頑張って行う方々がいます!

素晴らしく見えます。

しかし、人間的な頑張りは必ず行き詰ります。

愛に満たされた人とは実は聖霊に満たされた人のことなのです^^

自分の愛の無さを悟り、イエス様に心の中心を明け渡した人なのです^^

黙示録3:20

そのために、イエス様は今日も私たちを招いておられます!

「見よ。わたし(イエス・キリスト)は、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」(黙示録3:20)

「御霊に満たされ続けなさい」(エペソ5:18)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

AD
悪感情を断ち切るにはどうしたらよいか?

シェークスピア

イギリスの文豪であるシェークスピアは「人間は感情の動物だ」と言いました。

つまり、人間はいつも感情に引きずられるということです。

怒れば人を殴りたくなるし、嬉しければ飛び上がりたくなります。

でも、私たちは感情のままに生きていけばよいでしょうか?いいえ。

では、一体、私たちはどうしたらよいのでしょうか?

記憶

多くの人々は言います。

「過去の嫌な記憶がよみがえってくるのです」

「ついつい考えてしまうのです」

「頭でわかっていても、心がついて行かないのです」・・・・・。

しかし、実は感情というものはコントロールすることができるのです!

家にいるとき、夫婦で口論になったとします。

夫に対して非常に腹が立って、夫を罵ってしまったとしましょう。

すると、そのとき、チャイムがなりました。

外に立っていたのは、宅急便のお兄さんです。

注文していた品が届いたんです。

その時どうするでしょうか?

「何でこんな時にやって来るのよ!まったく~!」と宅急便のお兄さんに怒りを向けるでしょうか?

大体そうはしないですね(笑)!

宅急便

ちょっと鏡を見て、「ニッコッ」と笑ってみたりして、心を切り替えて出るんじゃないですか?

「あっ、ご苦労様です!」と。

ですから、「頭でわかっていても、心がついて行かないのです」と言う人は実は罠にはまっているのです。

本当は感情というものは意志によってコントロールできます。

まず、人間の脳は「忘れる」ようにできているので、月日が経てば、辛かったこともよき思い出になることが多々あるわけです。

それならどうして感情に負けてしまうのでしょうか?

それは自分が正しいと思い込むからです^^

創世記4章に出て来るカインは神様に対して、自分も立派な捧げものをしたと思っていました。

主に感謝して捧げたのです!

それなのに、弟のいけにえだけが神様に受け入れられたので、非常に腹を立てました。

カインとアベル

そして、受け入れてくださらなかった神様への怒りを弟アベルにぶつけ、彼を殺してしまったのです。

このように、自分は正しいと思い込むことは非常に危険です。

私たちは人から拒絶されたことをなぜ忘れないのでしょうか?

それをわざわざ思い出し、相手への憎しみと自分の正しさを握っていたいからです^^

また「自分は絶対正しい。相手が悪い」と思いこむことがその人のプライドにもなって行きます。

しかし、その思いを捨てないとどうなるでしょうか?

その嫌なことを思い出すたびに、その思いは益々強化されてしまうのです!

雪だるま

これを「雪だるまの法則」と言います。

ある人は医者から言われた言葉に縛られてしまいました。

「あなたはパニック障害ですね。治るかどうか分かりません。薬を飲むしかありませんね」と。

そして、「私、電車に乗ると、ドキドキするので乗れないのです」とカウンセラーに言いました。

しかし、彼女はそう言いながら、カウンセラーに会うために、十数回も電車に乗ってやって来られのです。

解放

私たちは意志によって、ことばや思いの束縛から解放されるのです!

だから、意識的に、嫌なことを考えないようにします。

そのためには「1度に一つの法則」を実践することです。

例えば、集中して映画を見ているとき、誰かが、おしゃべりを始めるとうるさいので、そちらに注意を向けると、そのときの映画の台詞は聞けません。

つまり、人間は1度に2つのことに集中できないのです!

バスケット

ただ一つのことだけに集中できるのです!

だから嫌なことを考える代わりに、ほかの事を考えることです。

そうすると、嫌なことはどこかに飛んで行ってしまうのです。

ですから、切り替えが大切なのです!

嫌なことが出てきたら。すぐに、「あ~やーめた!ばからしい!」と言うのです。

何か別のことに熱中するのです!これを「早変わりの法則」と言います。

嫌なことが思い出されたら、全く別のことを始めるのです!

このようにして、悪感情の連鎖を断ち切ろうではありませんか。
(参考:石井希尚 カウンセリング関連書)

賛美

「キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい」(ガラテヤ5:1)

「御霊に満たされなさい。 詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。 キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。」(エペソ5:18~21)

私たちは弱く、自分の感情に支配されやすいです!

ですから、聖霊に満たされることを主は命じておられます!

その方法は、①賛美、②感謝、③互いに従うこと、によってです。

この3つの事柄を実践していくとき、出来なかったことが容易にできることを体験することができるのです^^

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


AD

信仰の出発点

テーマ:
信仰の出発点

塩狩峠1

実話をもとにして作られた三浦綾子著「塩狩峠」の主人公は、長野信夫(実名は政雄)という青年です。

彼は幼い頃、キリスト教嫌いであったが、ある日、キリスト教伝道師の路傍伝道説教に耳を傾けます。

「キリストはこの世のすべての罪を背負って十字架にかけられたのであります」

彼はその伝道師の説教通り、自分はキリスト信者になったと思いました。

伝道師の「イエスを神の子と思いますか?」との質問にも、また「キリストに従って生活しますか?」との質問にも「はい」と答えたのです。

だが、そんな信夫に対して伝道師は意外な質問をします。

「君は1つ忘れていることがある。君はなぜイエスが十字架にかかったかを知っていますか?キリストを十字架に架けたのはあなた自身であることをわかっていますか?」

長野政雄

信夫は「とんでもない!僕はキリストを十字架につけた覚えはありません」と答えます。

伝道師は言います。「それじゃ、君はキリストと何の縁もない人間ですよ!」。

そこで、伝道師は1つのチャレンジを信夫に与えます。

それは、聖書の中にあるどのみことばでもいいから、そこに書かれている命令を徹底して実行してみるということでした。

よきサマリヤ人

そこで、信夫は、強盗に襲われた人を助けたあの「よきサマリヤ人」になろうとしました。

職場で人のお金を盗んで、職場を辞めざるを得ない危機にある同僚の真の友人になろうとしたのです。

しかし、信夫は「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」のみことばを実践するのですが、相手からは逆に嫌な顔をされ、反発ばかりを受けます。

そして、やがて全く変わらないこの同僚に対し、信夫は心の中で怒ります。

そして彼を見下している自分、みことばを全く実行できない罪深い自分を発見するのです。

このことを通して、信夫は自分の罪のためにイエス・キリストが十字架にかかられたことをはっきり悟り、洗礼を受けます。

これが長野信夫の”信仰の出発点”でした。

この後、信夫は北海道の国鉄のキリスト教集会を導くリーダーとなります。

そして、ふじ子との結婚を控えた結納の日、旭川から札幌行きの列車に乗ります。

しかし、途中、先頭の機関車が外れ、彼の乗った客車は塩狩峠を暴走し始めます。

塩狩峠

信夫は叫び声を上げる乗客を落ち着かせ、備え付けのハンドブレーキを必死にまわしますが、客車を止めることはできません。

彼は天を仰いで祈ります。

そして自分の身を投げ、客車とレールの下敷きになり、乗客全員を救ったのです。

しかし、このような生き方は、助け主、聖霊様の著しい助けがなければ、誰もができるものではありません!

長野青年は、神様が特別に選ばれた器であったことでしょう!

けれども、1つ言えることは、長野青年の信仰の出発点がしっかりしていたということではないでしょうか?

なぜなら、彼はキリストを十字架に架けたのは自分自身(の罪)であることを悟っていたからです!

自分自身がみことばを実践してみるとき、みことばに従えない自分が見えてきます!

霊的な目が開かれた時に、悔い改めるなら、聖霊に満たされます^^

洗足式

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。

人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行なうなら、あなたがたはわたしの友です」(ヨハネ15:14-16)

「神の国は、どのようなものと言えばよいでしょう。何にたとえたらよいでしょう。

それはからし種のようなものです。地に蒔かれるときには、地に蒔かれる種の中で、一番小さいのですが、

それが蒔かれると、生長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が巣を作れるほどになります。」(マルコ4:30~32)

「一番小さい」種とはどのような意味でしょうか?

イエス様の陰に、自分がほとんど隠されている人という意味ではないでしょうか!

あるいはイエス様と一体となっていて、自分が見えなくなっている人!

その時、イエス様(聖霊様)が自由に、著しく働かれ、神の国が無限に拡大されるのです^^

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


「赦す力」(佐々木満男・国際弁護士)

1.赦し難きを赦す

「このようなひどい傷害を私に負わせていながら、私に対して一度の謝罪もない残忍無慈悲な加害者を絶対に赦すことはできません。どうかできる限りの厳しい実刑処分にしてくださいますよう、切にお願いいたします」

被害者のクリスチャン女性が検察官に書いた嘆願書である。

夫からDVを受け逃げてきた妻とその家族を、何年も陰に日向に助けてきた。

DV

事件はある日、逃げてきた妻をかばった彼女に対して、逆切れした夫が殴る蹴るの暴行を働いたものである。

被害者は全身打撲と骨折を伴う大きな傷を負った。

被害現場の状況を思い出すたびに恐怖心にとらわれ、日々の体の苦痛から加害者に対する激しい憎しみのとりこになった。

心身ともに病んで仕事もできなくなった。

どうしても加害者を刑務所に入れなければ気がすまなかった。

私は彼女から被害弁償の示談交渉を頼まれたが、金額の差がありすぎて暗礁に乗りあげてしまった。

証言

そこで、刑事裁判の法廷で被害者の意見を述べることにした。

彼女はありったけの苦い思いを意見陳述書に書き尽くした。

ところが、聖霊が働かれて、結論としては、加害者を赦すようにと促された。

赦さないという肉の思いと赦しなさいという霊の思いの間に、激しい葛藤があった。

加害者が刑務所に入ったら、残された家族が路頭に迷ってしまう。

ついに赦す気持ちが打ち勝った。

さわやか

こうして加害者を赦した途端、心のわだかまりが消えて、彼女の表情が見違えるように穏やかになった。

周囲の人も彼女の変わりように驚くほどであった。

彼女の赦しの意見陳述は、加害者を裁く法廷で関係者の静かな感動を呼んだ。

閉廷と同時に加害者の弁護人が走り寄って、示談の申し入れをした。

示談がうまくいくかどうかはまだわからない。

だが、この赦しを一番喜んでおられる天の父は、被害者の罪をも赦し、彼女を大いに祝福してくださるに違いない。

赦し

2.赦す力

「私は長年にわたって私を刑務所に閉じ込めた白人政府を赦す。多くの黒人を差別し弾圧してきた白人たちを赦す。

憎しみと恐れは、この国の人種問題を解決することはできない。これからは暴力によらず公正な選挙によって、肌の色による差別をしない政治が行われるようにしたい」

人権派の黒人弁護士として活躍していたネルソン・マンデラ氏。

マンデラ

悪名高い南アフリカの人種差別制度・アパルトヘイトに反対し、少数支配の白人政府に怒り憎しみと暴力で対抗した非合法黒人グループのリーダーであった。

白人と黒人の間で、爆破や銃撃戦による流血の惨事が繰り広げられた。

警察に逮捕されたマンデラ氏は、本来なら死刑であるところ、世論を恐れた白人裁判官から終身刑を言い渡された。

大統領特赦で釈放されたが、44歳から71歳までの27年間を刑務所で過ごした。

マンデラ氏は、獄中で自我が砕かれ、すべてのことを神に感謝する祈りの人に変えられた。

恐れと憎しみの暴力主義者から、愛と赦しの平和主義者へと変えられた。

マンデラ1

釈放後、上記の声明を発表したマンデラ氏は、南アフリカ共和国の初代黒人大統領に当選し、人種差別を完全に撤廃した。

後にノーベル平和賞を受賞した。
(引用:http://www.christiantoday.co.jp/articles/13685/20140715/sasaki-mitsuo.htm)

「あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。

人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。

与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」(ルカ6:36~38)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

「バプテスマのヨハネより偉大な者」(マタイ11:11)とは?

イエス様は次のように語られました。

「まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも(しかし)、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です」(マタイ11:11)。

1、「女から生まれた者」の中で最高に優れた存在
「女から生まれた者」というのは旧約の聖徒たち、とくにここでは旧約の預言者たちのことを意味しています。

ところで、旧約の預言者たちを見ると、その成し遂げたみわざの大きさに驚かされます。

モーセ

モーセはかつて紅海を分けて300万のイスラエルの民をエジプトから約束の地に導き、律法を与えた預言者です。

イザヤは深い内容のある預言書を記し、殉教したと言われます。

また預言者エリヤは暴君であるアハブ王と対決し、火の戦車に乗って天に昇っていきました。

この3人を考えるだけでもバプテスマのヨハネ以上の働きをしたと言えるのではないでしょうか?

エリヤ

しかし、ヨハネは旧約時代最後の預言者であって、しかも、ほかの預言者たちとは決定的にちがう点がありました。

ではイエス様がバプテスマのヨハネを最高に優れた者とした理由は何でしょうか?

ここで聖書が訴えている神が「すぐれた」と言われる基準は、彼自らがなし遂げたわざや主の働きや書物を書き記すことではないのです。
彼が神様からいただいた恵みの偉大さなのです。

つまり、旧約の預言者たちは、約束のメシヤに一目でもいいからお目にかかりたいと切に願いながらも、それがかないませんでしたが、ヨハネは、実際に旧約の預言者たちが待ち望んできたメシヤにお目にかかり、「このイエスこそメサイヤ、救世主、救い主キリストである」と直接、人々に指し示したのです。

その点で、彼は女から生まれたどの旧約の預言者たちよりも偉大でした。


2、天の御国の一番小さい者でも、彼(バプテスマのヨハネ)より偉大です

では、「天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です」という意味は何でしょうか?

バプテスマのヨハネの悔い改めのメッセージを通してイスラエル全土から人々がヨルダン川にやってきたのです。

バプテスマのヨハネ

ですから、バプテスマのヨハネは本当にイエス様の前に道を備えた偉大な人物です。

しかし、私たちは、旧約の預言者の中でもっとも偉大なバプテスマのヨハネよりも、さらに偉大であるというのです。

その意味は、いうまでもなく私たちの功績、行った主のわざがヨハネよりも優っているという意味ではなくて、神様からいただいている恵みの大きさにおいて、私たちは旧約時代の誰よりも偉大であるのです。

なぜなら、新約時代に生きる私たちは、ただただ恵みによって、御霊によって新しく生まれた者であるからです。

子羊

ではバプテスマのヨハネと一体何が違っているのでしょうか?

それは主にある身分、立場の違いです。

ヨハネはこう言いました。

「花嫁を迎える者は花婿です。そこにいて、花婿のことばに耳を傾けているその友人は、花婿の声を聞いて大いに喜びます。それで、私もその喜びで満たされているのです。あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」(ヨハネ3:29-30)。

つまり、ヨハネは自分自身を「花婿のことばに耳を傾けているその友人」と言いました。

いわば結婚式におけるベストマン、つまり花婿であるイエス様の付添い人、友人なのです。

私たちはイエス様と結婚した花嫁です。

王様の結婚式

花婿にとって掛買いのない大切な存在、それが花嫁です。

多くの方々は預言者たちがなした大きなわざに注目して、「とてもとても私なんかダメです。小さな者です」と言います。

しかし、主が仰っておられるのは私たちの行ったわざではなく、花嫁、王妃としての身分なのです!

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ43:4)

↓一日一回クリックしていただけると励まされます^^


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

愛は奇跡を呼び起こす!

テーマ:
愛は奇跡を呼び起こす!

赤ちゃん

1952年、メイ・レムキという54歳の女性が、レスリーという6ヶ月の男の赤ちゃんの世話を頼まれました。

レスリーは脳性麻痺で、知的障害があり、眼病のために目を取り除かれ、耳も不自由でした。

医者たちは、「この赤ん坊は長く生きられない!」と診断しました。

しかし、メイは、「この子を絶対死なせない!」と決心し、レスリーに愛を注ぎ続けました。

そして、普通の赤ちゃんのように育て始めたのです。

彼のほほの近くで大きな吸引音を出して、哺乳瓶から普通にミルクが飲めるように教えました。

また友人たちに反対されたのですが、自分の仕事をすぐに辞めました。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-芽生え

しかし、レスリーは10歳になっても手だけしか動かせない状況でした。

事態は、絶望的に見えました。しかし、メイは確信していました。

「子どもは優しさと愛情があれば、必ず治る1時間や1日、1年くらいではダメ。でもいつまでも続く愛があれば、大丈夫です。私は神を信じています。神は必ず私を助けてくださいます!」

赤ちゃん1

メイは、レスリーをおんぶして歩き回り、“愛してる”と耳元でささやき、抱きしめて、愛情を一杯注ぎました。

やがて彼は、フェンスをつかみながら立ち上がり、フェンス伝いに歩くことを覚えました。

メイは、レスリーのために祈り続けました。

「愛する主よ。聖書には、神はすべての人間にタラント(賜物)を与えられた、と書かれています。

この何も出来なくて、ほとんど毎日横たわっているだけのこの男の子にも、賜物(才能)を与えてくださったはずです。どうかそれを見出すことが出来ますように私をお助けください。」

メイはレスリーが音楽に少し反応しているのを見逃しませんでした。

ラジオ

そこで彼女は、夫のジョーと相談し、ピアノを購入し、ラジオやレコードを使ってあらゆる種類の音楽を聴かせました。

レスリーは大きな関心を示している様子で、何時間も音楽を聴いていました。

奇跡は、レスリーが16歳になったある日の朝3時に起こりました。

メイとジョーは、突然なったピアノの音で起こされました。

ピアノ

レスリーがピアノの前に座って、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第一番」を弾いていたのです。

何と、レスリーは突然、才能を開花したのです!

聖書はこう記しています。「愛は・・・すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。 愛は決して絶えることがありません。」(第一コリント13:4~8)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

ヘレン・ケラーを歴史に残る人物としたものは何か?

見ること、聞くこと、話すことという、人間にとって大切な機能に障害を持ちながらも、世界各地を歴訪(訪日歴は3度)し、障害者の教育・福祉に尽力した人物がいます。

それが奇跡の人、ヘレン・ケラーです。

彼女は生後19ヶ月の時に脳脊髄膜炎にかかり、その後、後遺症が残ってしまいます。

ヘレン1

しかし、彼女は成長の過程で、自分と同じ障害者を助けようという夢を抱くようになりました。

そして障害者として初めて学位を取得し、作家として、また社会事業家として活動しながら『光の天使』と讃えられたりもしました。

彼女は「この世で最も哀れに思うことは何ですか?」という質問に、このように答えました。

「試練はあるけれども、夢がない人が一番かわいそうな人です。」

確かに、試練は近づいて来ます。

ヘレン・ケラーは、目も見えず、耳も聞こえない試練が近づきました。

ヘレン・ケラー

しかし、そのような試練を通して夢を頂いたのです!

そして、その夢を捨てなかったのです!

その結果、夢が彼女を歴史に残る人物としたのです。

試練はあっても夢さえ捨てなければ、不可能に見えることをも成し遂げることが出来るのです!

彼女の残した名言があります!

「世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。」

「こつこつと気長にやれば、人が望む、どんなことだってできるものです」

試練が襲ってきても、信仰の夢を抱き続けると、それが忍耐力となり、いのちの冠を受ける人へと変えてくださるのです!

ヘレン2

試練が来るのは、夢を抱くためなのです!

あきらめずに夢を抱き続けましょう!

「いつでも祈るべきであり、失望してはならない」(ルカ18:1)

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。

それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。」(第二コリント1:4-5)

ヤコブ1:12

「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです」(ヤコブ1:12)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

なぜ息子は父を見直したのか?

以下は、ある高校生の作文です。

作文

父親の休日は定まっていなかった。

雨の日以外は日曜日も祭日もなく、お定まりの作業服に汚れた古いオンボロ車を運転して仕事に出かける。

仕事が終わると頭から足の先まで、泥や埃で真っ黒くなって帰り、庭先で衣服を脱ぎ捨てて、褌ひとつになって風呂に飛び込むのが日課である。

僕の友達がいても平気で、そんな父の姿が恥ずかしく、嫌いだった。

小学校の頃、近所の友達は日曜日になると決まって両親に連れられて買い物や、食事に出かけて行き、僕は羨ましく思いながら見送ったものだ。

(みんな立派な父さんがいていいなぁ)と涙が流れたこともあった。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-動物の眠り

たまの休みは、朝から焼酎を飲みながらテレビの前に座っていた。

母は「掃除の邪魔だからどいてよ」と掃除機で追っ払う。

「そんな邪魔にすんなよ」父は逆らうでもなく焼酎瓶片手にウロウロしている。

「濡れ落ち葉という言葉は、あんたにピッタリね・・この粗大ゴミ!」

父の笑い

「なるほど俺にそっくりかハハハ・・うまいことをいうなハハハ・・」と、父は受け流して怒ろうともせずゲラゲラ笑っている。

小学校の頃から、小遣いをくれるのも母だったし、買い物も母が連れて行ってくれた。

運動会も発表会も父が来たことなど一度もない。

こんな父親などいてもいなくってもかまわないと思ったりした。

ある日、名古屋へ遊びに出かけた。

ふと気づくと高層ビルの建築現場に『○○建設会社』と父親の会社の文字が目に入った。

僕は足を止めてしばらく眺めるともなく見ていて驚いた。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-危険2

8階の最高層に近いあたりに、命綱を体に縛り、懸命に働いている父親の姿を発見したのです。

僕は金縛りにあったようにその場に立ちすくんでしまった。

(あの飲み助の親父が、あんな危険なところで仕事をしている。一つ違えば下は地獄だ。女房や子供に粗大ゴミとか、濡れ落ち葉と馬鹿にされながらも、怒りもせず、ヘラヘラ笑って返すあの父が・・・)

僕は体が震えてきた。

とび職

8階で働いている米粒ほどにしか見えない父親の姿が、仁王さんのような巨像に見えてきた。

僕はなんという不潔な心で自分の父を見ていたのか。

母は父の仕事振りを見たことがあるのだろうか。

一度でも見ていれば、濡れ落ち葉なんて言えるはずがない。

僕は不覚にも涙がポロポロ頬を伝わった。

体を張って、命をかけて僕らを育ててくれ、何一つ文句らしいことも言わず、焼酎だけをたのしみに黙々働く父の偉大さ。

それにしても小言しか言えない母親の小さな心の薄っぺらさが情けなくなってきた。

どこの誰よりも男らしい父の子供であったことを誇りに思う。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-動物親子

一生懸命勉強して、一流の学校に入学し、一流の企業に就職して、日曜祭日には女房子供を連れて、一流レストランで食事をするのが夢だったが、今日限りこんな夢は捨てる。

これからは、親父のように、汗と泥にまみれて、自分の腕で、自分の体でぶつかって行ける、そして黙して語らぬ父親の生き様こそ本当の男の生き方であり、僕も親父の跡を継ぐんだ。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-2十字架の愛

この父親の姿のある一面は多くの人々に誤解され、多くの苦しみを経験されたたイエス・キリストの姿とダブります!

キリストは私たちの罪の罰を身代わりに受けるために、ご自身の持っておられた天の栄光を投げ捨て、地上に下ってきてくださったにもかかわらず、多くの人々から受け入れられなかったからです!

しかし、このイエス・キリストにこそすべての問題の解決があるのです!

「すべての人を照らすそのまことの光(キリスト)が世に来ようとしていた。 この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。

国際福音キリスト教会アガペー八王子チャペル-2身代わりの死

この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった」(ヨハネ1:9-12)

「だれでも渇いているなら、わたし(イエス・キリスト)のもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7:37-38)


このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村






だれでも出来る最も効果的な福音の伝え方―Amazing Cut―(2)

アメージングカット

一昨日、ご紹介した―Amazing Cut―の具体的な方法です。

1、 まずハサミと紙を用意します。紙はコピー用紙が使いやすいです。

2、 飛行機を折るように、三角形を作ります。さらに折り返します。

飛行機

3、 上記のものを2:1の割合で2つに折り、点線部分にハサミを入れます。

点線を折る

4、 すると、十字架が現われます。

十字架

5、 その十字架を除くと「HELL(地獄)」になります。

Hell

6、 また十字架を入れないと「死亡」となります。

死亡

7、 しかし、十字架を入れると「永生」、つまり永遠のいのちです。

永遠のいのち

8、 十字架が入る「永生」、永遠のいのちの天国がよいでしょうか?それとも十字架を拒絶して、「HELL(地獄)」に行く、「死亡」がいいでしょうか?

9、 イエス・キリストは私たちの罪のために十字架で死なれました。このことを信じ、イエス様を心に受け入れるなら、永遠のいのちをいただき、天国に入ることができるのです。このイエス・キリストを心の中に受け入れませんか?

10、 お祈りしましょう。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」(ヨハネ3:16)

黙示録3:20

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった」(ヨハネ1:12)

「むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。」(第一ペテロ3:15)

このブログをお読みくださり、ありがとうございます。もし、よろしかったら一日一回クリックしていただけると励まされます^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村