ミュージカルで大ヒットして日本でも公演されたり、それが映画化されたってことで前から気になっていた作品です。

で、ダンス映画のランキングでも評価が高かったので・・・
 シカゴ [DVD]
レニー・ゼルウィガー,キャサリン・ゼタ=ジョーンズ,リチャード・ギア
 Happinet
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

2003年(第75回)アカデミー賞の作品賞・助演女優賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞・録音賞の計6部門で受賞した作品。

1920年代のシカゴ・・・舞台女優を目指すロキシーは、芸能プロダクションの敏腕マネージャーを紹介してもらうという条件で付き合っていたボーイフレンドが嘘をついていたことに怒り銃で撃ち殺してしまう。

ロキシーが入った刑務所にはキャバレーのスター、ヴェルマがマスコミの注目となっていた。

刑務所の女看守から、無罪を勝ち取るにはお金と優秀な弁護士が必要であることを教えられ、看守にお金を握らせて弁護士を紹介してもらう。

守銭奴のような弁護士ビリー(リチャード・ギア)、ちょっと世間ズレしているロキシー(レエー・ゼルウィガー)、キャバレーの元スターのヴェルマ(キャサリン=ゼタ・ジョーンズ)の間で繰り広げられる公判と奇妙な人間関係・・・

ロキシーと弁護士ビリーはマスコミを味方につけ、陪審員からも支持を得て、無罪を勝ち取れる状況が整いつつあったのだが・・・

【ペップトークの見所】

オイラみたいなスケベ親爺がなんでこの作品をもっと早く観ていなかったのか不思議なくらい・・・目の保養になります(笑)。

いや~、ストーリー展開の面白さや歌と踊りの素晴らしさもありますが・・・

大ヒットした理由に衣装もあるでしょうね。

アカデミー賞で「衣装デザイン賞」も取っているし・・・って、妖艶なコスチュームがストーリーと全く関係ないんだもん。

元々はキャバレーのスターが題材なので、色っぽいコスチューム(というか殆ど下着)で踊るってのは解りますが、他のシーンでもそうなんだもん(笑)。

こりゃあ、世の殿方には応えられませんな。

で、主役ロキシーを演じているレニー・ゼルヴィガーって「ブリジット・ジョーンズの日記」とか「ミス・ポター」とか「かけひきは恋のはじまり」「ザ・エージェント」・・・ってオイラが観た映画ではどっちかっつうと地味な女性のイメージが強かったんですが・・・

歌も踊りもなんでもこなせるし、結構セクシーなお姉さんだったんですね・・・

で、肝心のペップトークですが・・・
裁判の前に不安になるロキシーに対してビリーが優しく不安を取り払うシーンが印象的です。
Chapter:14 1:18’07”~






で、レネー・セルウィガーよりもっとびっくりしたのは・・・
この映画で女看守役のクイーン・ラティファ
なんかこの人、よく見かけるな~って思っていたら
オイラが観た映画だけでも
俺たちヒップホップ・ゴルファー」(2007年)
ヘアスプレー」(2007年)
リリィ、はちみつ色の秘密」(2008年)
デンジャラスな妻たち」(2008年)
「べガスの恋に勝つルール」(2008年)
バレンタインデー」(2010年)
恋のスラムダンク」(2010年)
・・・って、けっこうでてますね。びっくりです。



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD

コメント(2)