映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

過去記事を探しやすいように、
スポーツのジャンル別に検索できる
サテライト・サイトを作りました。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 



【当ブログのおススメCONTENTS】


◆ディズニー映画でペップトーク◆

このブログで紹介したウォルト・ディズニー作品一覧


◆VHS名画発掘シリーズ◆
DVD化されていないスポーツ映画から
ペップトークを発掘中。
現在192本 最新は


◆アメフト映画発掘シリーズ◆
アメフト映画に焦点を当てて
DVD化されていない作品を探しています。
現在34本 最新は




◆母親が娘と観るスポーツ映画(女の子が活躍する作品)◆


主人公が女の子(女性)で
夢を叶えるために頑張っている映画をまとめました。


▼過去のランキングはコチラ▼
スポーツ映画ランキング

▼女性がテーマのランキングはコチラ▼
女性のための映画ランキング


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 








テーマ:

フランスのプロレス映画ってめずらしいですね。


(原題はLES REINES DU RING)


過去に「カリフォルニアドールス」という映画をご紹介しましたが・・・

そもそも「女子プロレス」をテーマにした映画自体が少ないですもんね。

2013制作/2014公開の作品で、後悔当時からリストに載せていたという記憶はあるのですが、なんでこの映画がオイラのリストに入っていたかは思い出せないのです・・・


そんなことはともかく、先日、フランスが大好きなワイフと一緒に楽しめそうな作品がコレしかなかったので・・・


という消去法で選んだ作品なんですけど・・・


もっと早く観ればよかった!


男女を問わず楽しめる作品だと思います。



ママはレスリングクイーン

【ママはレスリングクイーン】













ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆



【ストーリーと背景】


それぞれに問題を抱えながら、夢も希望もない人生を送る中年女性たちが、プロレスの世界に飛び込み、人生の再起かけて奮闘する姿を描いたハートフルなコメディ。



フランス田舎町に住むローズは、罪を犯して収監されていたが、5年の刑期を終えて出所出所するとすぐに最愛の息子ミカエルのもとへと向った。


しかし、里親のもとで平穏に暮らしていたミカエルは、ローズに対してすっかり心を閉ざしてしまっていた


ミカエルが大のプロレス・ファンと知ったローズは、彼に喜んでもらいたい一心で、プロレスラーになることを決意する。


ローズは元プロレスラー、リシャールのジムの門を叩くのだが、素人など相手にするつもりがないリシャールは、「仲間を集めて来い」と無理な条件を付けて追い返す。


ローズは、同じスーパーに勤めるワケアリな同僚3人を説得することに成功。


そんなローズの熱意に押され、リシャールも渋々ながらコーチを引き受けることに。


こうしてローズたち4人はそれぞれの思いを胸に、プロレスデビューという無謀な挑戦に向けて猛特訓を開始するのだが…。


主演は「みんな誰かの愛しい人」のマリルー・ベリ、共演にナタリー・バイ、アンドレ・デュソリエ。


監督はフランスのテレビ畑出身で、これが映画監督デビューのジャン=マルク・ルドニツキ。


【ペップトークの見所】



コメディとはいえ、スポーツ映画ならではの、試合前に戦意を失いかけているローズを励ますペップトークが出てくるのですが・・・


あまりにも当たり前すぎるので、今回ピックアップするのは・・・


自分が「癌」だと落ち込んでネガティブになっている仲間を、ポジティブなイメージに変える見事な「イメージのパラダイムシフト」を行うシーンです。


Chapter:09 1:05’40”~








↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓



人気ブログランキングへ






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *










AD
いいね!(30)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


これは公開時に観たかったのですが・・・




随分時間が経っちゃいました。




で・・・




なんでもっと早く観なかったんだろうって思うほど素晴らしい作品でした。




あ、もちろん、個人的にですけど。




日本のプロ野球のドラフトが「ままごと遊び」に見えます。




もちろん、アメリカという国のプロスポーツが




ビジネスとしても、チームビルディングマネジメントとしても日本よりはるかに成熟しているからということもありますが・・・




それにしても、チームの経営や運営がチームのオーナーと、GMと、監督のバランスがとれていないとうまくいかないってことや




その背景にある選手とのニューマンドラマや・・・




いろんな意味で勉強にもなりましたし、娯楽作品としても超楽しかったです。




ドラフト権のトレードとかって・・・




あ、あまり書くとネタバレになるからやめましょうね。































ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★★
















【ストーリーと背景】





アメリカン・フットボールのプロリーグ「NFL」の一大イベント「ドラフト会議」”をテーマに、ケヴィン・コスナー扮する崖っぷちのGMが、ライバル・チームと繰り広げる熾烈な情報戦や駆け引きの末に迎える運命の一日をスリリングに描くスポーツ・ドラマ。




過去2シーズン、ふがいない成績に終わったクリーブランド・ブラウンズのGM、サニー・ウィーバー・Jr.。




来シーズンこそは、確実にファンや関係者を納得させる成績を残さなければならなかった。




すべては、12時間後に迫ったドラフト会議の成否にかかっていた。




どうしても即戦力となる目玉選手を獲得したいサニー。




そんな彼が喉から手が出るほど欲しい1位指名権の譲渡をライバルチームのGMが提案してきた。




しかし、交換条件は今後3年間の1巡目指名権の譲渡というあまりにも法外な要求だった。




そんな中、人気選手が欲しいオーナーからのプレッシャーに加え、ヘッドコーチをはじめ現場スタッフの猛反発にも晒され、ギリギリまで指名選手を決断できないサニーだったが…。





【ペップトークの見所】




いやあ・・・面白いですよ。




アメフト映画なのにアメフトの試合シーンは少なくって




でも、アメフトの魅力が伝わってくる映画。




残念ながら試合前のペップトークってシーンはないんですけど・・・




ポストコンペティショントーク的な会話なんかもたくさん出てきてそれなりに勉強になります。




で、今回のおススメはペップトークではないんですけど、相手の意思決定を促す短い会話。



Chapter:14 1:30’44”~




相手に相手の意思で何かを決めさせる・・・




でも決定権の意図やイニシアティブはコチラが持っている・・・




ビジネスの交渉の場面でもスポーツのチームビルディングマネジメントのシーンでも必要なシナリオではないかと思います。




















↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓



人気ブログランキングへ






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *










AD
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




(原題:Next Goal Wins)







今年は最低でも月1本は更新しよう・・・




と思っていたのですが、気が付いてみたら2月はゼロで、すでに3月!




「忙しい」とは「心を亡くす」と書くので使いたくない・・・




と言いながらも時間に追われる毎日で、映画を観る時間が中々取れません。




ところが・・・




「鬼の撹乱」とはよく行ったもので、「バカは風邪ひかない」というのにバカなオイラが風邪をひいてしまい、仕事ができなくて、何も手に付かず、映画を観る時間を得ることができました。




病気になって幸せを感じるってなんか変ですね。




で、観ようと思っていた映画、観たいと思っていた映画の中からの今日のチョイスはコレでした。







ネクストゴール




ネクスト・ゴール!

世界最弱のサッカー代表チーム

0対31からの挑戦(字幕版)
















ペップトーク度(最高★×5):★★★★☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆
















【ストーリーと背景】







世界最弱と言われたアメリカ領サモアのサッカー代表チームが、2014年ワールドカップ・ブラジル大会の予選で初勝利を目指す姿を追ったドキュメンタリー。




南太平洋に浮かぶアメリカ領サモアのサッカー代表チームは、アマチュア選手の寄せ集め。




2010年のFIFAワールドカップ予選では、国際Aマッチ史上最大の得点差となる0対31でオーストラリア代表に大敗。30試合で200点以上の失点と全敗で、FIFAランクでも10年以上にわたって最下位。




そんな世界最弱のチームに、アメリカサッカー連盟からやってきたオランダ人監督が就任。




昔気質で口の悪い監督は当初こそ島民の反感を買うが、その指導の下で選手たちは次第に成長。




監督もまた、そんなチームの姿から刺激を受けていく。




やがて14年W杯ブラジル大会の予選が始まり、チームは悲願の初勝利を目指して試合に臨むのだが・・・。






【ペップトークの見所】





号泣はしませんでしたが、じんわりを心に沁み、涙がにじむ作品でした。



ドキュメンタリー映画なので、生のペップトークがたくさんでてきます。



試合前のペップトークはもちろん、練習のときや、試合の最中の言葉がけなど、参考になる部分は本当にたくさんあって書ききれないくらい。



スポーツの指導者にとっては「チーム・ビルディング・マネジメント」の教科書にもなりますし、ビジネスの世界でもプロジェクト・マネジメントで間違いなく役に立つ一作です。



スポーツの世界では、試合後の言葉がけ(ポスト・コンペティション・トーク)が素晴らしい指導者ですので、とても勉強になると同時に、ポスト・コンペティション・トークが次の試合のペップトークの布石として重要であることがとても良く理解できる作品だと思います。







で、素敵なペップトークはたくさん出てくるので本編で学んでもらうとして、今回はオイラの心に最も響いたポスト・コンペティション・トークをご紹介します。




Chapter:09 1:23’33”~





こんな言葉をかけられる指導者・リーダーになりたいもんです。

















↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓



人気ブログランキングへ






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *










AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。