Ameba Diary

アメーバブログでインターネット、パソコン、旅行、登山、楽天など通販や仕事の話題が中心のブログ「Ameba Diary」を執筆。ハウツー、旅行写真や感想、自己啓発、評判レビューのネタが多いです。読者登録募集。


テーマ:

私の妻のスマホがdocomoのAndroidスマホから、
楽天モバイルのZenfone GOに機種変更をしたので、
連絡先データの移行をおこないました。

 

妻も私と同様に連絡先の登録を、
Googleにしたりデバイス(本体)にしたりと、
ごちゃごちゃにしていたので「どうやって移行するのかな?」と
少々悩みましたが、以下の方法で簡単にできました。

 

大まかな流れは、

  1. 旧スマホで連絡先をGmailにエクスポート
  2. 新スマホでGmailから連絡先をデバイス(ストレージ)に保存
  3. 新スマホでストレージから連絡先をインポート

というステップを踏めばできます。所要時間は1~2分です。

 

1.旧スマホで連絡先をGmailにエクスポート

まず、連絡先アプリを開きメニューを出します。
「連絡先の管理」→「インポート/エクスポート」を選び、
一覧より「表示可能な連絡先を共有」を選択。
アプリ一覧からGmailを選び自分宛にしてメールを送信します。
これで連絡先のエクスポートは完了。

 

2.新スマホでGmailから連絡先をデバイス(ストレージ)に保存

次に、新スマホでGmailアプリを開き、自分宛に送ったメールを開きます。
そのメールに添付されているvcfファイルをそのままダウンロード。

vcfファイルのダウンロード

これにより新スマホのデバイス(ストレージ)に連絡先が保存されます。
(この段階ではまだ連絡先アプリには情報が入っていません。)

 

3.新スマホでストレージから連絡先をインポート

最後に、連絡先アプリを開き、先ほどの操作と同様に
「連絡先の管理」→「インポート/エクスポート」を選び、
「ストレージからインポート」→「デバイス」を選択します。

ストレージからインポート

デバイスに連絡先を作成

すると「ストレージ内でvCardデータを検索しています...」と表示され、
しばらく待っていれば連絡先データ移行が完了します。

vcfファイルを読み込んで連絡先の移行が完了する

以上が、「機種変更でAndroidスマホの連絡先を
移行(エクスポート/インポート)する方法」でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年購入したZenfone2 Laserの電池ボタン不良で、
先月、ZenFone Maxに機種変更しました。

 

 

楽天モバイルの販売機種ラインナップでは、
ZenFone Maxは入っていないのですが、
候補だったZenFone Goよりも電池持ちが遥かにすごいので、

SIMカードはそのままに機種だけ通販で買うことに。

 

買ったのはYahoo!ショッピングのJoshinで、

価格は27,240円でした。

 

Zenfone2 Laserから取り出したSIMカードを
ZenFone Maxに挿すだけなのですが、

最初、Wifi接続はできても、

4G(LTE)接続、つまりデータ通信ができませんでした。

 

困ってしまって、
楽天モバイルのメンバーズステーションにある、
接続先(APN)情報も再三チェックしましたが、
設定はしっかり合っているし・・・

 

楽天モバイルのAPN情報

 

・・・んで、

ネット上の情報を検索したら、

「SIMカードの挿し直しで繋がった」

という情報を見つけました。

 

え?そんなことで直るの?

(なんて原始的な・・・)

 

と思いながら2度、3度SIMカードを挿しなおしたら、
ちゃんとデータ通信できました(苦笑)

 

原因はなんなのか(接触不良?時間差?)分かりませんが、
結果的に使えるようになってオーケーです。

 

今は機種変更してから3週間ほど経過していますが、
Zenfone2 Laserと比較して感じるのは、

 

・電池持ちが大変良い

・画面が大きい(うしろポケットからはみ出る)

・重い(バッテリーのせいなので仕方ないか)

・背面の質感が高級感がある(購入前に気づかなかった)

 

機種変更を検討した際に、

GOとどっちにしようか迷ったのですが、
GOとの価格差が5000円程度高いだけなのに、
Maxは遥かにバッテリーが強力なのでこちらを選びました。

 

楽天モバイルの販売機種にMaxは無いですが、
僕のように個別に用意してSIMカード挿せば全然使えるので、
動作するか不安な人は迷うことなくGO(笑)だと思いますよ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりのブログ更新になりました!

 

「いろいろ忙しくて・・・」
といつもの言い訳をしつつ本当に忙しかったので。

 

先月10月の終わりに結婚しまして、
その準備のために夏前からいろいろと慌しかった日々でした。

 

新生活が始まった今も、
何かと忙しいのですが日が経つことに慣れてきて
ブログを更新する余裕も生まれてきたという感じです。

 

結婚に際しては、

結婚式、新居(アパート)、ハネムーンと

ブログネタ満載な(笑)日々でしたので、

これから少しでもその経験を記事に残せたらと思います。

 

結婚する!と決めた時に、
『結婚マニュアル本』なるものを一冊買いました。

(書店にはこの類の本がズラリと並んでいます!)

 

何もかもが初めてなので

そのマニュアル本も結構役に立ちましたが、

「実際は○○だった」というマニュアルとは違うことも多々ありました。

 

当たり前な話ですが、

こういった現実の話の方が読んでいる人には

なかなか参考になるんじゃないかと思います。

 

そういったナマの情報をブログで書いていければと思います。

 

虹
挙式日の朝に出た大きな虹

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハワイ旅行(新婚旅行)で外に出歩く時に必要な
インターネット環境を確保するために、Wifi機器が要りますが、
旅行に行く前にどこでレンタルしようか検討しました。

 

自分はヘビーユーザーでも無く、
外でGoogleマップで地図検索したり、
レストランや観光地の案内を検索する程度なので、
1日あたりの容量はそれほど必要ありません。

 

何社か海外Wifiレンタルのサービスを比較検討したけど、
繋がりやすいかどうかの判断はネットだけでは難しく、
正直そこに掲載されている口コミや評判が当てにできるか微妙・・・

 

ですので、実績がありそうなサービスであれば、
どこの会社でもネットの繋がりやすさは問題なさそうだと踏んで、
あとは、料金と容量のバランスで比較しました。

 

ちなみにハワイ(海外)に行く前にレンタルするのか、
現地に到着してからレンタルするかという問題があります。

 

ツアー比較サイトのベルトラではWifi機器レンタルの
キャンペーンなどもやっていて現地で借りるのもいいなと思ったのですが、
ホノルルの空港に着いてから乗り換える必要もあり、
「レンタル場所を探している余裕があるかな?」と不安になったので、
出発前の関空でレンタルすることにしました。

 

関空で海外Wifi機器のレンタルを検索したら、
グローバルWifiがヒットして料金もお手ごろだったので即決定。

 

出発日の2日前にパソコンから申し込んで、
あとは関空で受け取りして、帰国したらまた関空で返却するだけです。

 

ハワイの4GLTEプラン「通常」で、
出発日から起算して9日間のレンタルでしたが、
合計料金は3420円(1日あたり380円)となかなか安かったなという感想です。

 

4GLTEプランには他にも「大容量」、「超大容量」というプランもありますが、
別に、外でYouTubeを見るわけでもなく、「通常」プランで全然余裕でした。

 

コンパクトサイズのWifi機器
ポケットに入る手のひらサイズです。

 

本体にSSIDとPASSが記載されているので、
電源をONにしたらスマホでWifi回線を探索すればすぐにネットに繋がります。

 

※使用国(今回の場合はハワイ)でのみ、
電源を入れるよう注意書きが書いてありました。
ですので日本にいるとき(出発前/帰国後)は電源をオフにしておきます。

 

電源ボタンとUSB差込口
左は電源ボタン、右はUSBケーブルの差込口です。

 

このWifi機器の他に
USBケーブル、電源アダプタ、説明書も付いてきます。

 

他社ではありますが、
「外でWifi機器を使うと電池の消耗が激しい」という口コミを見ていたので、
毎日ホテルに帰ってきたらフル充電は欠かさずやりました。

 

実際に一番外でネットを使った日でも、
電池残量がまだ半分くらい残っていたので、
マメに充電しておけば電池持ちはそれほど心配することはなさそうです。

 

外に出てネットばかりやるわけではないですが、
いざという時のためにも常に繋がる状態の方が安心ですね。

 

ツアーに参加しているときに、
今どのへんにいるのか?をGoogleマップで位置情報から検索したり、
ガイドさんの話で疑問に思ったことをすぐに検索してみたり、
二人でお目当てのレストランに向かう際にグルメアプリを使ったり、
LINEの無料通話で家族に「今ハワイの○○にいるよ~」と電話したり(笑)、
ワイキキのバスの時刻や停留所を調べたり、
博物館めぐりでハワイの歴史をwikipediaで調べながら歩いたり・・・
といったようなことで大変役に立ちました。

 

あと実際にありませんでしたが、
万一、クレジットカードを紛失したとか、移動手段が無いといった場合も、
ネットに繋がるだけで色々と取れる手段が増えると思います。
便利だけでなく、急なトラブルでも外でのネット環境は保険になります。

 

次いつ海外へいけるかわかりませんが、
その際にはまた是非ポケットWifi機器は持参したいなと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハネムーンでのハワイ旅行に利用した、
ハワイアン航空搭乗分をANAのマイルに登録できないかやってみました。

 

いわゆる「事後登録」というやつですが、
以前、インドネシアのジャカルタに仕事で行ったときも、
シンガポール航空分を事後登録した経験があります↓

 

ANAマイルの事後登録と予約クラス確認方法

 

しかしANAの事後登録に関するページで調べてみると、
どうやらハワイアン航空は提携航空会社ではあるものの、
シンガポール航空のようにwebからの申し込みはできず、
郵送でのマイル事後登録しか受け付けていないよう。

 

※ハワイアン航空の他に郵送受付限定の航空会社は、
ヴァージンアトランティック航空です。

 

必要な書類を郵送するだけのようですが、
以下の3つを搭乗から6ヶ月以内に送る必要があります。

 

Eチケット(控え)
Eチケット(控え)

こちらはエクスペディアで印刷したEチケットです。
旅行に持っていたEチケットがそのまま使えます。

 

搭乗券の原券
搭乗券の原券

マイル登録を忘れていたので、
一部の搭乗券を旅行の途中でゴミ箱に捨ててしまいました(泣)

 

関西→ホノルル、ホノルル→コナ、
コナ→ホノルル、ホノルル→関西
の4区間分のうち3区間分を今回提出します。

 

ただし「ハワイ諸島区間でのみマイル登録を受け付ける」
という記述があるため、日本とハワイ間のフライトは無効の可能性が高いです。
でも一応、日本-ハワイ間の搭乗券も申し込みしてみます。

 

マイレージ事後登録申請用紙
マイレージ事後登録申請用紙

この用紙はANA公式サイトよりダウンロードして印刷しました。
説明によると、確認書類は「メモ」でも良いような書き方をしているので、

必ずしもこちらの用紙を印刷する必要はなさそうです、たぶん。

 

ANAお客様番号(10ケタ)、氏名、住所、電話番号を記載します。
 

以上を揃えて、
「ANAマイレージクラブ・サービスセンター「事後登録」係」
というところに郵送します。

 

無事登録されたかどうかは、また後日報告できればと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハネムーン(新婚旅行)で泊まった最初のホテルでは、
ハワイ島のハプナビーチプリンスホテルを選びました。

 

これからハプナに宿泊する方のために、
旅行記(口コミ・評判)を書きたいと思います。

 

ハプナビーチプリンスホテル
ハプナのビーチからホテルを撮影

 

エクスペディアで

プレミアムルームオーシャンフロントの部屋を予約して、

1泊あたり24184円で計3泊しました。

 

ハワイ島への旅行が初めてだったので、

どのホテルがいいのかネットやるるぶ等のガイド本の

情報しかなかったのですが、

他のホテルよりも静かそうな周辺環境で

お部屋から眺めるビーチの眺めが美しそうなので、

ハプナビーチプリンスホテルに決めました。

部屋

自分たちがプレミアムルームオーシャンフロントの部屋を選んだのは、

何といってもビーチの眺望が良いことでした。

 

オーシャンフロントからのビーチの眺め(1)
オーシャンフロントの部屋からはとても良い眺めでした

 

オーシャンフロントからのビーチの眺め(2)
ビーチの波音が耳に心地よかったです

 

ラナイ(お部屋のベランダ)
ラナイにはお決まりのテーブル、椅子、ベンチがありました

 

キングサイズのベッド
キングサイズのベッド

 

テレビやデスクなどの調度品
テレビやデスクなどの調度品

 

ペットボトルの水やコーヒーなどのアメニティ
毎日2本の水(無料)が補充されて有難かったです

 

似たような部屋に、

オーシャンビューというものもありますが、

「オーシャンフロント」の方が前面にブワーッと海が見える部屋でしたので、

選んで正解だったと思います。

 

ですが海の眺望は二の次でいいという場合は、

どの部屋の広さも基本的に59㎡と広く、

海の眺望によって部屋の値段が変わる感じなので

たとえばパーシャルオーシャンビューの部屋にして、

コストを抑える方法も良いと思います。

 

そのコスト分をハワイ島のツアーや、

コーストグリルなどでの美味しいディナーに充てるなどして

旅行を楽しむのも賢いかもしれませんね。

ビーチ

自分たちは海で遊びたい方ではないので、
積極的ではないのですが、それでも1度はビーチを2人で歩きました。

インターネット(Wifi)

部屋に入ると有線LANのケーブルがTVの下に1本ありました。

 

で、Wifiはどうかな?と思ってスマホで回線を調べたら、
ハプナのSSID(名前はHBPHだったかな?)が出てきました。

 

そこに接続してネットをしようとすると、
「1泊あたり14ドルチャージするよ」という案内が出てきます。

(エクスペディアのサイトでは、14.95ドルと書いてありました。)

 

ここで秘密兵器登場です(笑)

新婚旅行の直前に通販で用意しておいた、
ホテルで使えるポケットwifiルーターと有線ケーブルを使います!
↓ハワイに行く前にこれを買いました。

 

 

あまり良くないのかもしれませんが、

1本出ているLANケーブルの元をたどると、
ハブがあってLANケーブルを挿すポートがいくつも空いています。

 

そこに持参したLANケーブルを挿し、
さらにポケットwifiルーターをつなげて電源をオンにします。

 

そしてスマホでそのルーターのSSIDを見つけて接続すると、
(あたりまえですが)「課金するよ」の案内が出ることなく、

普通にネット接続ができました(笑)

 

ハプナの部屋に滞在する間はこのおかげで
快適にネットできたので便利でしたよ。

 

ちなみに、朝食を食べるオーシャンテラスやロビー階では、
wifi接続ができて、部屋内と違い、無料で使えます。
(最初に接続する時に「I agree~」のチェックボックスが出てくるので
そちらにチェックして進めば使えるようになります。)

 

それほどネット接続の必要がない方も多いと思うので、

部屋での接続はせずにロビー近くに行った際に、

ちょっとネットに接続する、というような使い方もアリだと思います。

 

なお、自分もそうでしたが、
旅行期間に合わせてwifiルーターをレンタルした場合は、

ホテルのwifiには接続せず、そちらを利用すればいいと思います。

レストラン(食事)

ホテルの周辺はまったく何も無いので、
ハプナビーチプリンスホテルの宿泊客が食事を考える場合、

ホテル内(or系列のマウナケアビーチホテルへ行く)で済ますか、

タクシーやレンタカーで遠出する必要があります。

 

自分たちはツアー参加などで外で食べた以外は、
すべてホテル内の施設で食事を済ませました。

 

利用したのは、
カフェハプナ、オーシャンテラス、コーストグリル、ビーチバーの4つです。

他にも箱根という日本の料理うやお寿司が食べれる食事処がありますが、
せっかくのハワイだし、ということで敢えて行きませんでした。

 

カフェハプナは、名前はオシャレですが、
言っちゃうと、小さな売店です(笑)
ホテルロビーのすぐ近くにあり「食事に困った時に便利」です。

 

ただし基本的にわずかな食料しか売ってないので

決して日本のコンビニを想像しないようにご注意。

 

オーシャンテラスは、主に朝食ビュッフェを楽しむところでした。
毎朝ここに来て、「メニュー?ビュッフェ?」と聞かれて、
「ビュッフェ」と答え、部屋番号を言って料金をチャージしてもらってました。
正確でないですが、2人の1回の朝食で計70ドルくらいだったと思います。
(エクスペディアでは1人33ドルと書かれてありました。)

 

オーシャンテラス

 

ここの眺望が最高なので、まさにリゾートに来て良かった!と思えました。
ただ食事後に残飯をあさるように鳥が群がってくる光景は微妙でした・・

 

コーストグリルは、ハプナでメインとなるダイニングです。

 

コーストグリル

 

一度だけディナーに利用しましたが風が強かったのもあったのか、

建物内で食事をしました。外で食べるとなかなかの景色でしょう。

お酒は飲まなかったのですが2人でおよそ100ドルほどでした。

 

ビーチバーは、ライブミュージックも行われる、

プールサイドのロケーションでとても開放的です。

 

ビーチバー

 

残念ながらミュージックが終わっているタイミングでしたが、

ジャンキーなハンバーガーやフライドポテトもなかなかGoodでしたよ。

ランチやディナータイムにはおすすめですね。

金額は70ドルほどでした。

 

ちなみにハプナの姉妹ホテルである、
マウナケアビーチホテルでディナーをすることができて、
ハプナから無料のシャトルバスが走っています。

 

午後5時30分から40分間隔で走っているので、

マウナケアのディナーも楽しんでみるのも良かったかもしれません。

詳しい出発時刻はロビーで掲載されているので便利ですよ。

移動(アクセス)

自分もハワイ島に初めて行って驚きましたが、
ひとつひとつのホテルとその敷地が無茶苦茶デカいです!

 

ちょっと大げさに言うと、
幹線道路にハプナビーチプリンスホテルの入り口(門)があって、
「あー自分たちのホテルに着いたー!」と思ってその門をくぐっても、
まだ敷地内を5分ほど走らないと本当のエントランスに着きません(笑)

 

いったい、東京ドーム何個分あるの?と思うような敷地の広さで、
ホテル建物の外にゴルフ場が何個もあるようなイメージです。

 

何が言いたいかと言うと、
日本の感覚と違い、まずホテルから徒歩で出ていって、
コンビニへ買い物に・・・と出歩くことはありえません。

移動はまず車しか考えられません。

 

近くのコンビニ(ABCストア)へ出かけたいのなら、
タクシーを呼ぶ(30~40ドルほど)か、レンタカーを運転して、
ハプナから片道15分ほどはかかります。

 

自分たちは空港の往復とツアー以外はホテルから出ませんでした。

 

コナ空港からハプナビーチに向かう際は、
空港の外で待っていたタクシー斡旋のお姉さんに声を掛けられ、
目的地を伝えたらすぐに配車してくれました。

ハプナまでは45分くらいで料金はおよそ90ドルでした。

 

あとで分かったのですが、
ハプナの場合は「ワイコロア地区とコナ空港間の送迎サービス」を
申し込むとコストを抑えることができます。

1人あたり22ドルという料金ですので、
タクシーより多少時間はかかりますがお得ですね。

 

ちなみにハプナをチェックアウトしてコナ空港に向かう際、

ロビーでシャトルバスについて伺ったのですが、

「シャトルバスは無い」とあっさり言われました。

 

なので帰りはロビーでタクシー配車をお願いしたら、
15分後くらいに来てくれてスムーズでした。

その他

レンタカーでハプナビーチプリンスホテルに来た場合、
駐車料金(パーキング)は1泊あたり31.25ドルかかるようです。

出入庫は自由に出来るそうです。

 

部屋のランドリーサービスはあったのですが利用しませんでした。

コインランドリーのようなものも自分は発見できませんでした。

 

部屋のパジャマ代わりにバスローブがありました。
夜もそれほど寒くは無いのでTシャツで寝たりしてあまり使いませんでした。

 

まわりのお客さんは日本人のハネムーナーや家族連れが2割ほど、
中国系を含む外国人は8割といった感じで、
現役を引退されたようなご夫婦カップルがとても多かったように見受けられました。

 

英語名:Hapuna Beach Prince Hotel

住所:62 100 Kaunaoa Dr, Kamuela, HI, 96743

アクセス:コナ国際空港より北へ車で約40分

チェックイン:15時 / チェックアウト:12時

 

以上、ハワイ島のハプナビーチプリンスホテルの旅行記(口コミ・評判)でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホノルル空港からハワイ島のコナ空港への乗り継ぎ
ちょっとミスったことがあったので記事にしたいと思います。

 

ホノルルの上空
ホノルルに到着する前のハワイ上空より

 

自分達は関空からホノルルに9時30分に到着して
11時40分のカイルアコナ行きの国内線に乗り換えました。

 

いずれもハワイアン航空を選び、
というのも、初ハワイだったので一番安心なのかな?と・・。

 

ホノルル空港に到着して入国審査を済ませ荷物を受け取ります。

 

実はこの荷物の受け取りで、
自分のスーツケースがなかなか見当たらないという大変な目に遭いました。

 

荷物の受け取りはいくつかのターンテーブルがあって、
どこのテーブルで受け取れば良いかは各モニターに、
飛んできた飛行機のフライトナンバーが表示されているのですが・・・

 

自分達の便のところへ行っても、なかなか荷物が回らずイライラ!
混雑しているのか、係員はあえてスーツケースは回さず、
ひとつひとつ床に並べ始めます。

 

と思ったら、今度は違うテーブルへ移動するよう英語で言っているよう・・
でそうこうしているうちにとうとうモニターから便名が消えてしまいました。

 

じゃあ自分のスーツケースは一体どこへ?!と焦りだし、
一生懸命とにかく探して、探して、探したら・・・

ずーっと前から既に到着していたようで、片隅の方に、
ひとつポツンと置かれていました。

 

荷物の受け取りで30分くらいをロスしてしまって、
急いで税関審査を通って、「Exit」が目に入ったのでそこから外に出ました。
しかしこの出口が間違いだった・・・。

 

自分達は向かって右側の個人用出口に出てしまいました。
正解は左側の団体用出口。団体用でも、乗り継ぎの場合はこちらのようでした。

 

外に出てしまったので「あれ?乗り継ぎってどこで?」と分からなくなり、
キョロキョロしていると近くにインフォメーションがありました。

 

そこで聞いてみると乗り継ぎ場所を教えてもらいました。
どうやら結構歩く必要があります。

 

ホノルル空港での乗り継ぎ場所へ

 

図で書くとこんなイメージです。

 

国内線乗り継ぎまでは、
スーツケースをゴロゴロさせながら歩道を歩いていく必要があり、
てっきり空港の建物内を移動するだけかと思ったら違いました。

 

個人用の出口から出てしまったものだから、
乗り継ぎ場所まで余計に距離があって面倒でした。

 

国内線乗り継ぎの場所は外からエスカレーターがあって2階へ行きます。
2階へ行ったらまたよく分からなかったのですが、
あたふたしている内になんとか検査を無事通って(笑)
待合室までたどり着けたので「ふぅ~」と安心したかと思ったら・・・

 

73番ゲートから搭乗するはずが、
ゲート付近に人がほぼいない状態・・・。

 

なんで?と思ってよくあたりを探索したら、
もうひとつ73番と書かれたゲートが向こうにあり人が大勢いる。
あっちかーい!

 

ホノルル空港での乗り継ぎ方法は
もう少し予習しておけば良かったなあと反省しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2人で結婚式をする日に婚姻届を出そうと決めていたので、
結婚式当日の朝に市役所に持っていくことを計画しました。

 

市役所までは車で3分ほどの近くに住んでいるので
時間的な心配はそれほどなく、朝7時30分くらいに、
僕が彼女を迎えに行ってそのまま市役所へ向かいました。

 

事前にネットやゼクシィで調べておいたのですが、
土曜日や日曜日などの休日で市役所がお休みでも、
宿直室で受け付けているとのことでした。

 

実際に自分達が住んでいる自治体(市)のHPで、
「婚姻届 提出」などと検索するとちゃんと案内があり、
“時間外でも宿直室で受け付けします。”
“365日受け付けしています。”
と書かれてありとても安心しました。

 

僕たちの婚姻届は雑誌「ゼクシィ」に付属していた、
ピンク色のかわいいやつ(笑)で、それを事前に2人で書いておきました。
(婚姻届の用紙は必要項目さえあってちゃんと埋まっていれば、
必ずしも市役所でもらったものでなくても良いそうです。)

 

ただし自分達のように時間外で提出する場合は、
記入内容に不備があった場合に訂正が後日になった場合に、
提出日も結婚式当日ではなく、訂正の日になってしまうので、
提出前に漏れや不備が無いかチェックしておくことが大切です。

 

また提出する際に印鑑を持っていくとも大事で、
事前に必要な箇所に印鑑を押してあったとしても、
当日、その場で訂正する際に印鑑が必要になるからです。

 

これらの点が心配な場合は、提出する前に、
市役所に行って記入に不備が無いか、
直接聞いておくと(書いた内容を見てもらうと)安心ですね。

 

自分達が気になったのは、
2人が一緒になった時の本籍地がどこになるかという欄です。

 

2人の実家のすぐ近くに住むことになったので、
結局、本籍地は僕の実家の本籍地を書きましたが、
2人の新居が遠方(他県とか)になる人の場合は、
住民票の取得などでいろいろと不便になる可能性があるので、
本籍地を新居の住所にする場合もあるそうです。

 

婚姻届の書き方はゼクシィなどにも詳しく書いてありますが、
どうしても分からない時は直接聞くのが一番確実だと思います。

 

話がすこしそれましたが、
僕たちは市の宿直室に婚姻届を持っていくと
(なぜか)ちょっと驚いたような顔をされました(笑)

 

男の方2人が宿直されていて確認方法みたいなマニュアルを見ながら
婚姻届をチェックしてもらいました。特に不備なども無かったので、
結局持参した印鑑は使いませんでした。

 

最後に、「結婚したことを新聞に掲載するか?」を聞かれて、
別に断る理由もないので掲載をお願いすることにしました。
(でもその後新婚旅行に行ったのでいつ載ったか不明です 笑)

 

そしてお祝いの言葉を頂き、「市からです」と言われ、
妊婦のための風疹予防みたいなパンフと、
市長の署名(印刷)が入ったお祝いの品をいただいて帰りました。

 

所要時間はものの10分ほどでしたのですぐに済みます。
結婚式の当日に出したかったので無事受理してもらえてよかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、僕たちが結婚式の式場を
どのように選び、いつ決めたかを書いてみたいと思います。
自分達なりにアドバイスできるコツやポイントを交えてお伝えしたいと思います。

式場選びの時期、タイミングは?

僕たちの結婚式は10月の終わりでした。
さあ式場選びだ!と行動を開始したのは6月に入ってからですので、
挙式日の4ヶ月前という時期からスタートしたということになります。

 

この時期は、秋から冬に挙式予定のカップル向けの
ブライダルフェアはぎりぎり最終でやってる
といった感じで、
式場によってはもうやっていない場合もありました。

 

しかし準備時期としては、4ヶ月前ならぜんぜん間に合います。
実際にどこの式場でも「まだまだ間に合いますよ」と言われました。

 

僕たちが結婚式までの一連の準備を終えた上での感想を言うと、
4ヶ月前というのは、「結構余裕があったな」という感じです。
(もちろん、式の1ヶ月前くらいからは慌しくなりますが。)

 

ただし僕たちは、土日が休みで2人がほぼ会える、
さらに家が近いので平日でも仕事終わりにすぐ会える、
という条件下でしのたで、たとえ4ヶ月前でも条件が違えば大変かもしれません。

 

また、時期に余裕があるかないかは、
結婚式にどれだけこだわりを持たせるか(手作りの式にしたいなど)

だと、経験してみて思いました。

 

受付のウェルカムスペース、披露宴の内容(余興など)やBGMなど、
結婚する2人がいろいろとこだわりを出そうとすると、
アイデアをひねったり、創作するのに結構時間を要します。

 

逆に、ほとんど式場まかせにしてしまえば、
準備することもそれほど多くなく、1ヶ月とか短期間でも準備可能なはずです。
 

まあどこの式場も(言っちゃうと)商売でやってますから、
結婚式までの時期があまり無くても何とかして「できます」とは言うでしょうね。

式場選びのコツやポイント

僕たちが結婚式場を選ぶ際に実際にまわった会場は3ヵ所です。

 

結果的には最初に行った式場で決まったのですが、
2番目、3番目に行ったところも比較対象として参考になりました。

 

正直言うと、1番目に行った式場が「本命」だったのですが、
他の式場は本命とどう違うのか?が知りたかった
のです。

 

選ばなかった他の式場の方には申し訳なかったけど、
たとえば料理の内容や値段、結婚式会場のスペースや雰囲気、
披露宴会場の雰囲気、式場の場所(家から遠いか)、
雨が降ったときどうするか(写真は?式から披露宴の移動は?)
などなど、質問し始めると結構いろいろありました。

 

結果的に大きなポイントになったのはやはり、
結婚式と披露宴の会場の雰囲気がどうかという点でした。
この点で本命の式場が、他と比較してやはり優勢でした。

 

ちなみに予算も大事なポイントになりますが、
僕たちの場合は本命の見積もりが一番安く出ましたので迷いませんでした。

しかし見積もりはあくまでも見積もりです。
会場によってどこまで含めるかということもあり、
同じように計れるものでもありませんが、見積書が必ず出してもらえるので、
予算が気になる際はすべての見積書を並べてみて料理、音響など、
ひとつひとつを比較して疑問があれば直接聞くのが早いでしょう。

 

本命の結婚式場もデメリットはありましたが、
結果的にそこで式を挙げれてとても満足しています。
この場所でやって良かったと思えるためにも比較対象の式場に足を運び
会場の良し悪しを考えて見るのがコツだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ユトリ珈琲店に行ってきました。

 

あまりに居心地が良かったので

今日は一人でカウンター席に座ってみました。

 

気に入ったのは店員さんや他のお客さんを気にすることなく、

読書やパソコンができる環境であること。

 

コーヒーの味は・・・正直素人なのでよくわかりませんが

まぁふつうにおいしいですよ(^^♪

 

住んでいるのが田舎なもので

なかなかこういうお店がありません(いや、知らないだけかも。。)

 

休日で暇をもてあそぶとき、

「どっかでゆったり読書やパソコンがしたい」

と思っても、思いつくのは図書館くらい。

 

でも図書館って、

物音を立てらないのでカフェより神経が必要。

カフェのようなざわざわ感がちょうどいい。

 

飲食は基本的に不可で、できるのはガムや飴類、

あるいはペットボトル飲料や水筒程度。

パンをかじったりとかはマナー違反(当然)。

 

あと今の季節(夏)だからだけど、

空調がエコを意識しすぎて微妙に暑かったりする。

(しかし寒がりの女性にはちょうどよいかも。)

 

そしてこれも今だからからもしれないけど、

夏休みの子供とか大勢いて、

そもそも机のある席が取れない場合がある。

(その場合は机の無い席で読書するか、諦めて帰る)

 

今いるユトリ珈琲店は空調もちょうどよく、

コーヒー飲みながらできるし、

席もゆったりしてざわざわしているので周囲も気にならない。

 

ちなみに今お店に入ってから2時間経過しています。

 

さすがに長居はと思って30分ほど前に

コーヒーのおかわりをしていますが、もうそろそろ帰ろうと思います。

(カウンター席もだいぶ混んできましたし。。)

 

※あとから知ったけどコーヒー2杯目以降は半額なんですね!(^^♪

まあそういうコーヒー屋さんも多いですよね。

 

今まで飲食店で長く居座った経験が無いので

どれくらいいても迷惑にならないのかよくわかりませんが、

さすがにコーヒー1杯で粘るのは常識的にNGだと思うので、

おかわりしたり、ケーキ頼んだり、気を付けたいものです。

 

また店内が空いている場合は大目に見てくれそうですが、

ランチタイムなど混んでいる場合は周囲の状況を見て、

出ないといけない場合もあるでしょうね。

 

余談ですがユトリ珈琲店さんは、

全国チェーン店かと思ってました 笑 コメダみたいに。

 

ネットで調べたら福井の会社さんじゃないですか!

で要望が多くて最近石川にも進出したんだとか。

 

この居心地の良さを北陸に、

そして全国に広めてくれていったらいいですね!

応援してま~す(^^♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。