読み聞かせの楽しさを伝える絵本読み聞かせ講師・上甲知子の「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本の読み聞かせを味方につけると子育てはもっと楽しくなります
「読み聞かせなんてめんどくさい」という方も、簡単に楽しくできるときだけ続けられる「絵本で子育て」をお伝えします

NEW !
テーマ:



「買う」



絵本は「買う」



以上











あまり、このあたり、大きな声では言えないけれど



なぜ、大きな声で言えないかというと


価値観はひとそれぞれだし

自分のお金をなにに使うか、ってのは、究極的に個人的なことだし

収納の問題もあるし


家族の理解の問題もある



だけどあえて


言わせてもらうならば


絵本は「買う」


いや

「買って」

いや










「買え」





借りてもいい


でも、なんども同じ絵本を借りて返して借りて返して借りて返して

ってしてるんなら






「買え」









「いやあ、とんちゃんが『買え』って言うから、買ったのに、ぜんぜん、読んでも聞いてくれない」




ああ、それは失敗だったのかもね



でも、

「タイミング」ってあるからね


今は、フィットしなかったとしても

いつか、ぴったりフィットするときが来るかもしれない

そのときに、その絵本がそこに「ある」か「ない」か



それは大きな違い


ぴったりフィットしちゃったときの

絵本のもつちから!



それはお金では買えないよ







いつも、そこに、ある

その重要性


たとえ、読まなくても

あの絵本が、いつも、そこに、ある

という安心感


それをわたしは「根っこ」のようなものと思う






「読まないから失敗」なのではない

今までに1回しか読んでなくても

その1回が黄金の時間であったならば

その絵本がうちにある意味がある







いやいや
そんなに安くないでしょ、絵本って


うん

だから

強くは言えない





でも

読みたいときにそこにある、その強さ






うちの「ぐりとぐら」

うちの「おおきなかぶ」


うちの「いないいないばあ」として


子どもとともに成長していくような






そして

その絵本を読むたびに

走馬灯のように

絵本を読む時間をともに過ごした

時間を思い出す

「絵本は心のアルバム」とはよく言ったもんだ






それは

借りてきた絵本ではなく

「うちの」絵本であることが

強い








たくさんなくてもいい

ただ、「これぞ」という絵本は

いつもそこにあること


それがすごくすごくすごく大事

大きな声では言えないけど














こんなところから講座に参加してくれました
【神奈川県】開成町・小田原市・大井町・山北町・松田町・真鶴町・湯河原町・二宮町・平塚市・川崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・伊勢原市・秦野市・海老名市・厚木市・藤沢市・茅ヶ崎市
【東京都】世田谷区・港区・文京区・北区・足立区・江東区
【静岡県】函南町・三島市・静岡市・沼津市・長泉町 など
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わたしにめちゃくちゃヒットした言葉


働く母のための絵本講座に参加してくれた

絵美さんの言葉です



「進化してしまった自分をどう受け入れるか」









要は



「進化してしまった」






子どもを産んで、育てるという経験値から

確実に以前の自分より



「進化している」





がしかし、まわりは、夫は、職場は、変化していないように見える





自分自分が

「進化してしまった自分をどう受け入れるか」


そんなふうに問題の根本をとらえることができたら


すごくいいなあ


「できない自分」「だめな自分」「ちゃんとしなくちゃいけない自分」

ではなくて

「進化してしまった自分」

その自分との折り合いの付け方


{D3AC9580-7506-49AE-ADDF-104CF15B760A}




とにかくわたしの講座に来てくれる人は

なにかを見つけて帰っていきます





そして
わたしにも

いろんなお土産をくれます


今日、いただいたのは
この言葉
「進化してしまった自分をどう受け入れるか」


いいな〜

どんどん進化していって

そしてどんどん受け入れちゃおうよ




女が働くということは

一筋縄ではいかないことも多いけど


働いてても

働いてなくても

いいも悪いも

正解も間違ってるもなくて


ただほんのひとつの事例として「わたしの場合」を皆さんとシェアすることで見えてくるもの


それは毎回、なかなかにスリリングでおもしろい








マミーゴちゃんがブログに書いてくれました




本の紹介もあって
読まない本もあって


読まないんかぁーーーいって


突っ込みそうになったけど。。。。。
ここは、ぐっと堪えて。。。。。


今回は
仕事、家事、育児に奮闘中の働くオカンの講座

行き詰まったときの心が軽くなる魔法の呪文
時短術
絵本を使った子育て学んだよ
後、働くママも凄く子供の事を思い
仕事も育児も頑張ってる!!
参加のみなさんの苦悩や苦労、これからの不安がバンバン聞いた。





マミーゴちゃんが

見つけたことは



私って、スゴくポジティブ育児してる





ってこと

でもそれは

マミーゴちゃんが

進化した自分を受け入れてきたからなんだろうね



全文はこちら ぜひ読んでください






{93123F18-B42B-4A14-B82F-682BD200D410}












次回は、松田町のカフェ うちそらさんであります

まだ、お申し込み可能です







職場復帰ママのための絵本講座


日時 3月15日(水) 10:30〜12:30

場所 うちそら(松田町松田惣領1891)

参加費 3,000円(ドリンク代込み)(ランチ希望の方は別途)


【3月15日(水)子連れ参加可】職場復帰ママのための絵本講座の参加申し込みはこちら




{735B4805-40D0-4F54-8BFD-726D5C4C462B}









4月にもウメコであります

働く母必修(絵本)講座


日時 4月22日(土)10:15〜12:30

   希望者のみ懇談会 15:00まで 途中退出オッケー お昼ご飯を持参してください

場所 おだわら市民交流センター UMECO 会議室5

参加費 おとな3,000円 こども300円

定員 7人



【4月22日(土)】【子連れ参加可】働く母必修(絵本)講座の参加申し込みはこちら


{D687A031-3F36-4AE2-A033-76AB1DDB661B}





今、働いてない、働くかどうしようか迷っている、という方も参加オッケーです
ぜひ、どうぞ














こんなところから講座に参加してくれました
【神奈川県】開成町・小田原市・大井町・山北町・松田町・真鶴町・湯河原町・二宮町・平塚市・川崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・伊勢原市・秦野市・海老名市・厚木市・藤沢市・茅ヶ崎市
【東京都】世田谷区・港区・文京区・北区・足立区・江東区
【静岡県】函南町・三島市・静岡市・沼津市・長泉町 など

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もしかしたら

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが

ブログタイトル変えました



おせっかいなおばさんのおすすめ絵本

このタイトルで

2012年4月から

FCブログで始めました




いちばん最初の日記はこれです



書き方のルールもわからず

今、見ると、いろんな意味でドキドキする



おせっかいなおばさんのおすすめ絵本

というタイトルは


先に「紙」があったんです





絵本コーナーでよく見かける光景

「どれでもいいから、早く選んでよ」

「それは字が少ないからダメ、もっと字の多いのじゃなくちゃ」

「ここで見るだけね、図書館にもあるから」

お母さんが子どもに言うんです。





これを聞くと

ついつい、
よけいなおせっかいを言いたくなってしまうんです。



「どれでもいいってことはないのよ。
子どもをばかにしたような絵本はだめよ。

子どもと真剣に向き合った作られた絵本が、
ほらこれなんて、
ほらこれもそう・・・」


「絵本は勉強のために読むものではないよ、

心を耕すものだよ、

絵で語るいい絵本いっぱいあるのに、
ほらこれも、
ほらこれも・・・」


「図書館の絵本は返さなきゃいけないでしょ、
うちにあれば
好きな時に好きなだけ
何度でも繰り返して読めるでしょ。

なにより、
その子の一生の心の友になるかもしれないのに・・・」




もうほんとに、
何度言いそうになったか知れません。

けれど、
現実の私はまだ本物のおばさんになりきれてなくて、

本物のおせっかい をやくことができません。




だから、
紙に書いて
身近な人に知ってもらおうと思いました。


全文はこちら







それで

チラシのように

「おせっかい」かもしれないけど「おすすめ」の「絵本」を紹介してたんです



それが


「紙」から「網(ネット)」に

なったというわけ







それに、ブログを読んでいる方が

ものすごいおばさんを想像してて

リアルにわたしに会ったときに

「思ってたより若いんだ」と

驚かれたい

という浅ましい(意味のない)(無駄な)ひっかけ









そしてほぼ毎日、書き続けて、5年目?



実態と合わなくなってきた




まず


「おすすめ絵本の紹介をほとんどしていない」


(したとしてもずさん)




絵本読み聞かせ講師を仕事にした



プロの絵本読み聞かせ講師として生きていくことを決めた



そのために

仕事がほしい



まずは、絵本読み聞かせ講師 上甲知子 という存在を知ってほしい




せっかくネット発信しているなら


必要としている人に


潜在的に必要としている人に


うまくヒットしたい




そのために

なんつーか



こんなブログタイトルにしてみました



メルマガ読者さんにご相談もしました


2案提示しまして

どちらのブログタイトルが「知らない人が見てもなんとなくわかる」ブログタイトルでしょう?



A案 
「自分で読めるでしょ」を「読みたい」に変える 絵本読み聞かせ講師 上甲知子



B案
読み聞かせの楽しさを伝える「絵本で子育て講座」出前します【小田原・湘南・横浜・静岡】







たくさんの

ほんとにたくさんのご意見をいただきまして


もう、それだけで感激しました





わたしのブログタイトルごときにこんなにみんな時間をさいて考えてくれるなんて・・・


うれしいです



やっぱり

相談してみるもんだなあと思いました


たくさんの斬新な、自分では気づかない、ご意見をいただきました



そして、


結果的に

いまのブログタイトルになりました




読み聞かせの楽しさを伝える絵本読み聞かせ講師・上甲知子の「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

ブログヘッダ






なが!


露骨!


わたしらしくない!


ざわざわする!




でも、これで行ってみます


ようすをみることにします


どうしても、やだったら

また、変えればいいんだし




おしゃれでスマートなブログタイトル


求めてるのは、そこじゃなくて



プロの絵本読み聞かせ講師として、認知されて、講座の依頼が増えること


それを求めています




おせっかいなおばさんよ、さようなら

ブログヘッダ







つぎの市区町村にお住まいの方が講座に参加してくれました
【神奈川県】小田原市・開成町・大井町・山北町・松田町・真鶴町・湯河原町・二宮町・平塚市・川崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・伊勢原市・秦野市・海老名市・厚木市・藤沢市・茅ヶ崎市
【東京都】世田谷区・港区・文京区・北区・足立区・江東区
【静岡県】函南町・三島市・静岡市・沼津市・長泉町 など






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【質問】何冊絵本を持っているんですか?






このように聞かれることがよくあります

ので


お答えします







【答え】わかりません。
1000冊くらいかなあ
数えてません







数えようかな〜


1000冊のうち

稼働しているのは

30冊くらい?


講座で使う絵本は実は6冊くらいあればいいのね



ほとんどの絵本が頭に埃をかぶっている(動かない証拠)







失敗した絵本もある


あえて反面教師として買った絵本もある


失敗したと思ったけど、年数経ったら、失敗じゃなかった、という絵本もある



子どもに読むためではなく、自分のためだけに買った絵本もある


大切な人からいただいた絵本もある


もう二度と手に入らない絵本もある







だから

減らせない



増やせるけど笑


本棚を増やしたがすでに飽和












もう、増やさない

なんどもそう誓う






けれど

増える


この先もずっと

「1000冊くらいかなあ」などと、ほざいていたい



image




ふつうのご家庭で

絵本を買うか、どのくらい所有するかというのは

また、別に書きたい


ちなみに皆さんは、どのくらい絵本を持っていますか?




image









こんなところから講座に参加してくれました
【神奈川県】開成町・小田原市・大井町・山北町・松田町・真鶴町・湯河原町・二宮町・平塚市・川崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・伊勢原市・秦野市・海老名市・厚木市・藤沢市・茅ヶ崎市
【東京都】世田谷区・港区・文京区・北区・足立区・江東区
【静岡県】函南町・三島市・静岡市・沼津市・長泉町 など
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ディック・ブルーナ氏死去=「ミッフィー」作者
 ディック・ブルーナ氏(ウサギのキャラクター「ミッフィー」の作者)欧州のメディアによると、オランダの..........≪続きを読む≫




うさこちゃんを知らない

という人は少ないのではないでしょうか?


うさこちゃん

もしくは

ミッフィー








わたしの17歳の誕生日に

吹奏楽部の先輩が

プレゼントしてくれたのが






ゆきのひのうさこちゃん






わたしが先輩からもらったのは

旧版でね(1986年69刷)





フォントが違う

言葉遣いが違う

定価が違う(450円税なし!)




17歳の女子高生に「うさこちゃん」って

いいでしょう





子育て初期の頃


絵本なんか全然持ってない頃


ずいぶんお世話になった


(落書きされた、ポケモンのシール貼られた)







ほんとにほんとに

うさこちゃんは


素直な

こころの優しい

いい子なの



そして

それがいやらしくない


でもなんだろ


自分の中に

うさこちゃん


「いい子過ぎじゃない?」



なんというかちょっと

うさこちゃんを

こう

正直に言うと



見下すというか



積極的には読まない時期があったかもしれないな




振り返って思う





どんなときでも

うさこちゃんは


ポーカーフェイスじゃない?


わかりやすいじゃない?


シンプルじゃない?






でもでも



銀座の松屋であった

ミッフィー展のチケットを


ブログの読者さんからいただいて


行ってね


image




なんつーか


なんつーか



うさこちゃん



愛してしまった





image



あのわかりやすさ


あのシンプルさ



そこにいたるまでに


どんだけのディック・ブルーナさんの試行錯誤が隠されていることか!





ここに

暑苦しく書き連ねている






うさこちゃんを語る会

そういえばやってないな





やりたいな





ディック・ブルーナさんのご冥福をお祈りいたします


うさこちゃんを生み出してくれて

ありがとうございました








image










こんなところから参加してくれました
【神奈川県】開成町・小田原市・大井町・山北町・松田町・真鶴町・湯河原町・二宮町・平塚市・川崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・伊勢原市・秦野市・海老名市・厚木市・藤沢市・茅ヶ崎市
【東京都】世田谷区・港区・文京区・北区・足立区・江東区
【静岡県】函南町・三島市・静岡市・沼津市・長泉町 など
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)