ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から九州まで今、広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

認定トレーナー及びシニアトレーナーによる、
認定講座、上級認定講座、トレーナー講座を
開講日程サイト に本日アップしました。
(2016年9,10月分)

 

 

★講座コンセプト
 『30の言葉で読み解く心のレッスン』として

 2012年4月からスタート。→ こちら
 (登録のトレーナーはおよそ70名、

  認定セラピストはおよそ850名)

 

 

※ワンセルフカード セラピスト認定講座の

 登録トレーナーは主に都市部に集中していますが、

 中には出張講座クローズド開催のトレーナーもいますので
 参加をご検討で日程やエリアが合わない方は本部へ

 お問い合わせくださいませ。→ こちら

 

 

~~~~~~★~~~~~~

 

認定講座の参加者や

このカードのセラピーを体験した方から

こちら本部に様々なメールが届きます。

 

「参加したことで心の霧が晴れてきました」

「モチベーションを保てるようになりました」

「自分らしくていいのだと自己肯定感が高まりました」

 

等などの嬉しいメールを拝見することで

私の感謝のハートの扉が日々開いています。

 


 

そしてきっと送ってくださったご自身の感謝のハートの

ゲートも開いていることでしょう。

 

四半世紀におよびぶ研修・セミナー事業、

 

進行性乳がん体験、


るり子さんとの出会いによる絵の力、

 

そしてこのカードに共感してくださる方々とのご縁、

この四元素のようなバランスにブラボ~!

(*^^)v

 

【補記】メモ 

(1)8/21付で会社のHP を更新

  ※会社のURLが変更になりました→ こちら

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を本日8/26付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

(5)この内容とは別
視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

久しぶりにこちら本部で

ワンセルフカード セラピスト認定講座、

そして上級認定講座を昨日、一昨日と開催。

 

 

 

個人ブログに先日書いたのですが

実は先週の土曜に母の吐血→がんの疑い→検査

→がん宣告→余命宣告と

怒涛のいのちのジェットコースター状態の日々でしたが
ワンセルフカードを熱心に見つめ、

味わい、時にハッとしたり、

涙を流されたりしている参加者と共に

どっぷりこのカードの世界に入り込んだ2日間でした。

 

 

まさに人生とは

せなことばかりが起きるように祈ってもダメだし、

 

有限の人生である私達には

必ず別れの時がやってくるし、

 

悲しみの池のほとりにいる人には

一緒にいることこそが静かな輝きになるし、

 

カードの言葉と絵は実によく出来ていて

(↑おめでたいでしょ~)

ホント、今回は特に助けられました。

 

カードの原点となった16年前の入院日記を

講座開始前にパラパラと見たら

当時消灯後こっそり見ていた海外ドラマ

「ER」(緊急医療室)で研修医である登場人物が

自分のふがいなさに落ち込んで呟いていた

言葉をメモしたものが出てきました。

 

 

”人生の分かれ道

 

 時が導いてくれる

 

 何も尋ねずに従おう

 

 大事なのはその答え

 

 人生はよきせぬことばかり

 

 だから楽しめばいい”

 

本当に人生は計画を立てている時に

想定外のことが起きますね。

 

今回の参加者の中には奇しくも

先月にお父様をがんで亡くされた方が

小さいお子さんたちを預けていらしてくださいました。

 

(↓左が認定講座、右が上級認定)

 

 

一つ一つが今の私にとって

必要なパッチワークのような時間でした。

ありがとうございました。

 

 

※本部開催の認定講座、上級認定について

  次回は未定で開催頻度は年々落とし

  各地のトレーナーに任せています。

  本部ではトレーナー講座と

  有資格者対象の勉強会を各種展開中。

  

【補記】メモ 

(1)8/21付で会社のHP を更新

  ※会社のURLが変更になりました→ こちら

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を7/27付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

(5)この内容とは別
視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

リオデジャネイロオリンピックも終盤になってきましたが

日々、テレビでのメダル報告を見て自覚しますことは

日本人選手、とても調子がいいですね!

 

まだ競技は残っていますが、
すばらしい大会になりましたね。

その中で沢山のドラマがありましたが

表彰台に上がった殆どの選手が

喜びの涙と共にお世話になった方々に

「感謝」えているのが印象的ですね。

 

 

ワンセルフカードにも

金メダル→黄金色を意識したカード『伝』があります。

 

このカードは30枚のカードの中で

一番、描き込んであるものが多いデザインにし、

テキストでは30番目と位置づけています。

 

イメージとしては人生の秋の村祭り、

収穫を喜びあっている人々です。

 

黄金色を手にしている人は自然に感謝のきもちを

色んな人、モノに伝えているのだと思います。

 

 

そして私が注目するのは負けた選手の言葉

というか、本当は「え、負けた直後の選手に

マイクを向けるの!?、

今までもそうだったかしら???、

質問するならもう少し奥深い、

よく練った質問をしてあげてよ~!

という思いでいっぱいです。

 

 

そんなあまりレベルがよろしくないインタビューに対しても

卓球女子で個人戦で敗れ団体戦に臨む前の石川選手や、

男子レスリング57キロ級の樋口選手が

納得がいかない審判で銀メダルになった直後でも

「次を考えたいと思います」とキリっと口にする姿は

神々しささえ滲んでいましたね。

 

そして何よりも昨日の女子レスリングの吉田選手の涙や姿は

色々なことを教えてくれたように思います。

 

私がまず思ったのは「人類最強LADYでさえ、

ずっと金、勝ち続ける人生はないということ」です。

 

でも彼女の蒔いた種が沢山の金になって芽吹き、

早くも次は強化コーチへの打診という報道もあり、

まさにいぶし銀の銀のようにも思います。

 

 

勿論今後はどうなるか?の吉田選手ですが

きっと勝ち続けた成功と今回の敗戦という体験が

彼女にさらに深みを与えていくと思います。

 

今の私に言えることは

辛い体験がない人、

うまく行きすぎている人には

挫折した人の気持ちがわからない

という部分があるということ。

 

私の好きな言葉に下記のようなものがあります。

 

”悲しみの経験が

 喪失そのものの理解を生む”

 

 ~日野原重明(聖路加国際病院名誉院長):著

 『こころ上手に生きる』講談社+α文庫~

 

”人生がつらくなった時に思い出してほしい。

 試練や葛藤は人を育てる。”

 

 ~中野民夫(ファッシリテーター):編

 『自分という自然に出会う』講談社~

 

何度も申し上げてきましたように

ワンセルフカード自体が私の敗者、挫折の経験が

大きなバックボーンになって出来上がっています。

 

ですので例えば『輝』のカードの

サブメッセージには下記のような言葉を入れています。

(小さくて読みにくい方は実物カードを見てね(#^.^#))

 

『輝』だから、キラキラ輝こう、

なんてそんなことは誰でも言えるし、

言っている人は

「一体どんな立ち位置でそれを言っているの?」

と41歳で進行性乳がんとなった私は思うのです。

 

 

リオオリンピックはまだあと少し残っていますが、

勝者の笑顔だけでなく敗者の言葉、

そして今後の人生に私は興味がありますし、

学ぶべきことが沢山あると思っています。

 

 

【補記】メモ 

(1)8/11付で会社のHP を更新

  ※会社のURLが変更になりました→ こちら

   
(2)認定トレーナーの開講日程 を7/27付で更新

(3)ワンセルフカード セラピスト認定講座、 
   およびワンセルフカフェの詳細はこちら

(4)本部の公開講座のカレンダー 

(5)この内容とは別
視点で綴るカードの作者、

   中本雅子のブログ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)