飯島法久の毎日がプロジェクトマネジメント!

IT業界のプロジェクトは技術の進歩やビジネス要求の変化に伴い、複雑化・複数同時進行型に変化しています。
そんな背景の中、益々プロジェクトマネジメントの重要性が問われるようになりました。弊社はプロジェクトマネジメントに特化したコンサルティング企業です。

このブログの特徴

ビジネス現場で日々実践したノウハウや、IT業界の動向、コンサルタントとしての目線や考え方など、HPに書けないことを自由に更新していきたいと思います。


こんな方にオススメ


1. ITコンサルタントにスキルアップしたい方
2. ITコンサルタントに悪い印象をお持ちの方
3. ビジネス書のお好きな方




本を読んで(インプット)、実際のビジネス現場で実践する(アウトプット)のサイクルを回し、一流企業で通用するビジネススキルを獲得。

営業→SE→コンサルタントへキャリアアップし、大手企業のコンサルティング、プロジェクト支援を手掛ける事業を立ち上げるまでに至った、ビジネス力の磨き方や思考方法などについて、公開しております。

テーマ:

出版原稿ですが、


3章まで書き上げ、4章と5章は1/3くらいまで書き終わりました!

あとは後書き含め、GWで完成出来そうです。





{EBB11AA9-6758-4B5E-A102-6947C46AC18C}




最終的には、ちょうど200ページくらいかな。

ふう、ようやくここまで来ました。



3章まで10月に完成していたのですが、

それから仕事やプライベートで色々あり。。





でも、そのおかげで更に思考や視点に磨きがかかりました。

今思えば、必要な準備だったような気がします。





とりあえず、今の断面をこれから出版社へ送ります。

遅くなってゴメンナサイ。。



GW明けに担当者と打ち合わせし、今後の進め方を確認します。



完成したらまたご連絡しますね!




本日も最後までお読み頂き、誠に有り難うございました!


皆様との良きご縁に深く感謝申し上げます m - - m



読者登録してね




初月無料ですのでお気軽にお試しください。
バックナンバーも購読頂けます。




【弊社のHP】



【弊社のFacebookページ】 ICT Solution合同会社
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プロジェクトマネジメントが専門で、

日々の仕事時間の半分くらいは、

会議や打ち合わせに費やしている僕にとって、

会議で何をするかは仕事のアウトプットに直結します。





大きく分けて、会議は以下の3つの種類に分けられます。


1. 自分が主催する会議

2. 自分が参加する会議

3. 主催も参加もしない会議




{F958D2A0-94AC-4DE3-BAFC-6B92F998723C}



僕の場合は、自分の担当案件においては、

1が7割、2が2割、3が1割くらいの比率です。



多くの人は、2か3が一番多いでしょうが、

PMなんて、そんなモンじゃないでしょうか。






まず、会議のタスクは、

「準備」「参加」「事後のアクション」

に分かれます。





注目して頂きたいのは、


参加しない会議にも「準備」「事後のアクション」があるということです。





参加しなくても、アジェンダを読む時間は取れるし、議事録を読む時間も作れる。




会議のファシリテーターが知らなければならないのは、


理想的には、

「会議に参加しない人も、何が決まって何をすべきか明確になる」

ことです。




そのためには、

アジェンダと議事録は、非常に重要なツールなのです。





なぜならば、前述の通り、参加しない人もアクションが明確になれば、参加せずに自分の担当業務に専念する時間が多く取れる。



でも、これを軽視する人が多いんですよ。






会議を多く主催する僕が言うのも違和感あるかも知れませんが、


大前提として、

「会議はなるべく参加しない」のが、一番効率が良い。





多くの人の時間を同時並行で奪う、会議というシステムは、実はそんなに褒められたものではありません。




ムダな会議に参加するくらいなら、どんどん仕事やった方がいいに決まってる。




だから、

会議の時間は少ないのに越したことはないし、

参加人数は少ないほど良い。





でも、日本企業、特に大企業の会議は、

所謂「大名行列」が多い。



参加しても、特に発言しない人たちが、多く参加しているのをよく見かける。





その原因の一つに、

「決断出来ない」ことが挙げられると思います。




つまり、その場で決められないから、

持ち帰るために沢山の人で問題を共有したがるのです。





でもさ、

会議は本質的に「決める」ためのものだから、

多くの人にとって、会議の中身はどうでもいいんです。




詰まるところ、

「何が決まったか」「どんなアクションが必要か」

こそが、重要なのです。





ダラダラ「誰がどう発言したのか」一言一句書き取ろうとする議事録があるが、僕から言わせれば、正直アフォとしか言いようがない。






少し戻りますが、


決められないのには、大きく分けて2つ理由があります。

1. 決める気がない

2. 決められる立場にない






一見、1の人が論外に見えるけど、

僕から言わせると、どんなにやる気があっても、

2の人は会議には参加する資格がない。





なぜならば、決めるのが会議の役割なんだから。

勿論、決める気が無いのも問題だけど、

はっきり言って、権限が無い人よりはマシ。




だから、

僕はいつも会議のターゲットは、

「決められる立場にある人」だ。




例えやる気が無くても、権限がある人ならば、

口説く価値がある。






これは、結構営業の仕事に似てるんです。


とかく、営業マンは

「厳しいけど儲かる客」よりも、「儲からないけど優しい客」のところに行きがち。




でも、営業マンは売上を上げるのが仕事なんだから、

より効率良く売上を上げられるところへ行かないと。





同じように、

どんなに取っつきづらくても、

権限のある人を説得することに心を砕くのが、

会議のファシリテーターの本質です。





そして、

決めた後は、議事録でしっかり「決定事項」「次のアクション」を書くこと。




特に、日本人は曖昧な言葉を使う人が多いから、

誰が見ても5W1Hが明確になるように議事録を書くのが大切。





それをするか否かで、会議に参加しなくても良い人たちを増やせるのです。





対面でのコミュニケーションも大切だけど、

書面で伝わるコミュニケーションは、もっと重要。





そのためには、

「話す力」と同じくらい「書く力」が必要なんです。

会議のファシリテーターには。





長くなりましたけど、

こうしたポイントを全て全問正解じゃないと、

途端に会議の意義が薄れるんですよね。






整理すると、


・会議は参加しないのが一番

・参加しなくてもわかる議事録を書くことが重要

・会議は決める権限がある人だけが参加する資格がある






その力を身につけるためには?



まぁ、まずはなるべく多くの会議に冒頭の1〜3それぞれの立場で参加して、経験値と視点を養うことですかね。




そして、必ず会議の時間をムダにしないためにはどうすればよいか?を、ひたすら考えること。





そうした貪欲な姿勢の積み重ねが、

会議でレバレッジをかけられるスキルを醸成させるのです。




会議の運営がヘタな人は、優秀なPMにはなれませんから、決してこのプロセスを軽視しないように!







本日も最後までお読み頂き、誠に有り難うございました!


皆様との良きご縁に深く感謝申し上げます m - - m



読者登録してね




初月無料ですのでお気軽にお試しください。
バックナンバーも購読頂けます。




【弊社のHP】



【弊社のFacebookページ】 ICT Solution合同会社
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{461C2752-4AD5-435F-8331-DDC0FABBF07A}


初月無料ですのでお気軽にお試しください。
バックナンバーも購読頂けます。





今月も、更新が遅くなりすみません。


恒例の前月の人気記事ランキングトップ10の発表です。




ちなみに、先月のランキングはこちらです。


■ 2016.2月の記事ランキング
↓   ↓






■ 2017.3月の記事ランキング



第1位 【書評】大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある

毎月トップ5以内をキープするものの、1位にはなれず。。そんな無冠の帝王がついに1位になりました!!
数ある自己啓発本の中で、僕がイチ押し出来る一冊。
「大きく考える」ことで、確実にあなたの人生は変わり始めます!!






第2位  【書評】ディズニー7つの法則―奇跡の成功を生み出した「感動」の企業理念

先月の予告通り、トップが交代しました!
今月は、1位と2位だけが突出している結果となっています。
僕が最初に勤めた会社の社長が薦めてくれた、サービスとホスピタリティの基礎がわかる貴重な一冊!
どんな職業の方も、絶対参考になりますよ!







第3位 【書評】12歳でもわかる!決算書の読み方

http://s.ameblo.jp/nori-shohyo/entry-11752965752.html


一度、「惜しくもランクインしなかった記事」でご紹介した、こちらの書評がいきなり3位に!

会計のことは分かりづらいし、とっつきづらいですよね。

でも、勉強したいんだよね〜、と思ってる方はこの一冊がオススメ!

貸借対照表をテトリスになぞらえる発想は、会計に対するハードルを一気に下げてくれます^_^







第4位 【書評】プロフェッショナルの条件

先月と同じ4位です!
ドラッカーの定番書、プロフェッショナルの定義とその身につけ方について、体系的に学べます。
今の時代に突出する、知識労働者に必要な考え方とは?







第5位 【コラム】なぜ、日本人はシステムに業務を合わせないのか?


初めてのランクインで5位になりました!
日本人は、とかくシステムを業務に合わせたがる。
パッケージに合わせて業務を変えた方が効率良いのに。なぜ?






第6位 【コラム】なぜ、僕は営業からプロマネになったのか?(第10話)


なぜ、僕がプロマネになったかをご紹介するシリーズの第10話がランクインしました!
この時は、ちょうどグローバルプロジェクトで英語を身につけながら奮闘してた頃ですね。。
良かったら、他の回も併せてお読みくださると嬉しいです(^^)




 

第7位 【書評】「脳にいいこと」だけをやりなさい!

先月の7位から一つ順位を上げました。
僕の研究テーマ、脳について学ぶことの重要性を教えてくれる、茂木健一郎さん監修の脳の本。
いつも目標達成する人が心がけてる習慣とは?!




 


第8位  【書評】すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、〈三人称〉で考える。

先月の8位をキープしてます!個人的には、もっと沢山の方にお読み頂きたいくらい、超オススメの内容です。
世の中の問題は、全て「人称」で解決できる!
カリスマ経営コンサルタント石原明さんの、シンプルだけどハンパなく応用が利く、300年後も通用する思考法とは?!






第9位  【コラム】「ジタハラ(時短ハラスメント)」が急増する

先月「惜しくもランクインしなかった記事」でご紹介したものがランクインしました!
残業をムリヤリ抑制するのを、「ジタハラ」というそうです。でも、ジタハラをしたところで、本当に残業は減るのでしょうか?







第10位  【書評】10年後、仕事で差がつく戦略思考


こちらも初のランクインです!
10年後、どうなっていたいですか?
考えていない方は、要注意!!
どうなりたいか?考えていないのに、そうなることは出来ません。
日々の仕事の中での意識の積み重ねが大きな差になる、戦略思考の大切さとは?!







◼︎ 惜しくもランクインしなかった記事

惜しくもトップ10入りは逃したものの、
高いアクセスを集めた記事をご紹介します。




【コラム】カルビー松本会長「ダイバーシティーが嫌いな会社に未来はない」



カルビーの松本会長のインタビューをシェアした記事です。
商社出身の鋭い商売感覚と、既成概念に囚われない柔軟な考え方によって、本当に「場所」「時間」に依存しない働き方を実現している、とても参考になる記事ですよ!




【書評】すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術


最近はランク外に甘んじていますが、
デキるビジネスパーソンの必須スキル「1枚にまとめる力」を学びたい方は、こちらが是非オススメです!




【書評】プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動


僕がこの本を取り上げるのは、
PMという仕事は、ある種のプロデューサーだからです。「プロジェクト管理」ではなく、プロデュース業だと捉えています。
では、プロデュース能力とは?
是非、ご一読ください(^^)









先月もお伝えしましたが、4月からは大きな変化が2つありました。



一つは、長女を預けていた児童施設から無事引き取ることが出来ました!




{BE7D0A33-BA9E-4FB1-85DB-B4883B8A0506}





預けるのは一瞬でしたが、引き取るまで約3年近くかかりました。

でも、ホッとしたのも束の間。
なかなか、朝保育園に行くまで大変です。。


「まーちゃん、保育園行きたくないもん!」


新しい環境に慣れるのは、時間がかかりますね。
パパやママに甘えたい気持ちも、沢山出てくるんでしょう。


少しずつ、お互い時間を取り戻していきたいと思います。






もう一つは、
新たなプロジェクトの立ち上げです。


3月は、既存案件の結合テストクロージングと新案件の外部設計のセットアップが重なり、かなりしんどかったのですが、ようやく落ち着いて来ました。



会社としても、今期から拡大路線に舵を切るため、
契約の見直しや新たな営業先の開拓など、今までやれなかったことに着手して参ります。




というわけで、引き続きなかなか更新頻度が上げられないかも知れませんが、今月もどうぞ宜しくお願い致します。


それでは、また~( ´ ▽ ` )ノ







■ その他のオススメ記事


 【コラム】PMに向いてる人材とは?!(前編)

【書評】一生折れない自信のつくり方


【コラム】ホワイトボックスとブラックボックスの使い分け
【コラム】基礎力は「設計力」「要件定義力」「コミュニケーション力」


【コラム】「タスク」と「課題」の違い



【書評】あなたもいままでの10倍速く本が読める



【書評】20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義


【書評】未来記憶


【書評】ベンダーマネジメントの極意


【書評】企業参謀ノート[入門編]


 【コラム】これからのビジネスマンに必要なスキルについて⑤ 〜ITスキル〜



【書評】あなたの会社が90日で儲かる!


【書評】先制型プロジェクト・マネジメント―なぜ、あなたのプロジェクトは失敗するのか


【書評】どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座

http://ameblo.jp/nori-shohyo/entry-10811412575.html



【書評】イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」


 【書評】3分でわかる ロジカル・シンキングの基本



【書評】あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール


【コラム】論理思考 ロジックツリー


【書評】一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える


【書評】100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる









本日も最後までお読み頂き、誠に有り難うございました!


皆様との良きご縁に深く感謝申し上げます m - - m



読者登録してね




初月無料ですのでお気軽にお試しください。
バックナンバーも購読頂けます。




【弊社のHP】



【弊社のFacebookページ】 ICT Solution合同会社
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。