西池ぶろぐ

西池袋の住人が街のこと、馬や旅のことをつづります。

NEW !
テーマ:
 ベイフロントからMRTダウンタウンラインに乗って、テロックエアへ。そこからマックスウェルフードセンターまで歩いて行こうと思ったら、途中で道に迷っちゃいました。

 やっと道はわかったのですが、シアンホッケン寺院の裏に大繁盛している店があったので、予定を変えて、その店で昼食をとることに。

 瑞記家嫂魚頭米粉(スゥイーキー・フィッシュヌードル・ハウス)というお店で、創業1939年という老舗。


 注文したのはフィッシュ・スライス・ヌードルのスープとドライ。まずはお通しがテーブルに並べられます。奥の緑色のものは私の大好きな唐辛子の酢漬け。これを食べるとシンガポールに来たという実感がします。右はマレー風の漬物。手前は豚の脂カスみたいで、これは麺に入れて食べます。


 こちらがスープ麺。白身の魚が大量に入ってて、麺はラクサのようなビーフン。



 魚は唐辛子醤油につけて食べるようです。海外で知らない店にいったら、まず周りが何をどんな風に食べているのか、チェックすることがポイントだね。


 こちらがドライ。麺はきしめんのような河粉でした。スープ麺はかなりあっさりで、ドライはこってり。こっちの方が好みでした。



 そしてお約束のベジ。シンガポールではベジというのが青菜炒めの総称。これはカイランですが、空芯菜、豆苗など店によっていろいろ。もちろん複数のベジから選べることもできます。私はめんどくさいので、いつも店のおすすめをもらうようにしています。


 ビールを頼んで$42(3350円)とまぁまぁいい値段でしたが、美味しかったです。

 食事の後は、昔の街並が残るアモイストリートを通って、チャイナタウンの中心街へ向いました。


 途中で、最初に行こうと思っていたマックスウェルフードセンターに立ち寄ったのですが、ここは冷房がないのでとても暑く、真っ昼間に食事ができるような環境ではなかったので、ある意味別の店で食べて正解でした。

 つづく。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 宿泊先のペニンシュラエクセルシオールホテルから、マリーナベイまでは歩いて5分くらい。アンダーソンブリッジの下をくぐると、いかにもシンガポールという風景が見えてきます。


 マーライオン様もご健在。


 シンガポールは暑いので(といっても東京の真夏と変わらないけど)、ちょこちょこクーラーの効いた場所に逃げ込まないと前に進めません。ということで、さっそくエスプラネードシアターの中へ。


 トーストボックスという喫茶店で一休み。


 シンガポール名物のカヤトーストセットを注文。


 トーストにココナツから作った甘いカヤジャムとしょっぱいバターが挟んであります。この甘じょっぱさが最高。


 一緒についてくる卵はゆで卵でなく、ポーチドエッグ。このあたりがイギリス植民地の名残でしょうか。


 でも、スプーンでほじくるのではなく、皿に割り入れて醤油をかけて食べるのが、シンガポールスタイル。


 一休みしてから、ヘリックスブリッジを渡り、マリーナベイサンズへ。



 橋をわたると、マリーナベイサンズのショッピングゾーンの3階に到着します。



 ここから連絡橋をわたって、ガーデンズバイザベイに行こうと思い、看板の指示に従ってエスカレータを上っていったのですが、たどり着いた先には、連絡橋などどこにも見当たりません。

 結局いくら探しても行き方がわからなかったので、MRTのベイフロント駅まで行くことにしました。

 ベイサンズのショッピングモールにある運河とゴンドラ。こんな子供騙しに誰が乗るのと思ったら、結構乗っていました。運河の底にはたくさんコインも投げ込まれているし。みんな何考えてるんだろう。


 MRTの駅に着いたら、ちゃんとガーデンズバイザベイへ行く道がわかりました。でも、時間がお昼近くになっちゃったので、とりあえずチャイナタウンへ昼食を食べにでかけました。

 つづく。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 シンガポールのレポートに戻ります。

 今回のシンガポールのホテルは、シティホールにあるペニンシュラエクセルシオール。今回はというより、今回も。シンガポール滞在中の定宿化してきています。


 お気に入りの理由は、1つはシティホール駅から徒歩1分という交通の便がとてもいいこと。もう1つは安くてCPがいいこと。シンガポールのホテルは高いですからね。

 今回泊まった部屋はペニンシュラタワー22階の最上階。ただ、残念ながら山側のお部屋。海側に泊まるとマリーナベイが一望できます。前回の記録を見ると$50(4000円)払って海側の部屋にアップグレードしていました。


 部屋は十分な広さ。


 バスタブとシャワーはセパレート。ただ、お湯の出は悪かったです。ホテルが古いからね。



 21時くらいには部屋に入れたので、夜食を食べに出かけました。ホテルのあるビルの1階、Hill St.側にSIDEWALKというコピティアム(フードコート)があります。ホテルの中からは行けません。



 このコピティアムは、夕方くらいから飲んだくれたオヤジやサラリーマンでいつもいっぱい。その雰囲気が私にはジャストフィットで居心地がいい。


 食べたのはチャーハンとアサリ炒め。どちらも美味しい。



 翌日の朝はホテルで朝食。朝食付きのパックです。


 ホテルの朝食としては一通りのものは揃っているのですが、ローカルフードが少なく、特徴がありません。そこで3日目くらいからは毎日朝食を抜いていました。毎日食べ過ぎて、お腹がすかなかったこともありますが、せっかくシンガポールに来たのだから、一食たりともムダなものを食べたら損しますからね。


 つづく。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日から研修会のため、伊東へ行ってきます。研修会は2泊3日なのですが、私の部が主催の全国セミナーなので、前乗りも含め、4泊5日ホテルに缶づめです(>_<)


 唯一の楽しみは温泉に入り放題ということ。泊まるホテルには源泉掛け流しの浴槽もあり、泉質はなかなか気に入っています。

 気をつけなきゃいけないのは、太ることですね。エレベーターじゃなく、なるべく階段とか使って、運動するようにしないといけませんね。

 うちの妻は今日からロサンゼルスに出張。先週シンガポールから帰ってきたばかりだというのに、夫婦共々忙しい。早く次の旅行先を決めて、鼻先に人参をぶらさげないと、乗り切れませんね。

ペタしてね
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 日曜日は愛馬2頭が出走しました。

 新潟9R村上特別(500万下芝1600m)には、ボーアムルーズが登場。スタートから好位につけて、直線しっかりとした足取りで追い込みましたが6着でした。でも、16番人気ということを考えると大健闘です。


 休み明け後2回目のレースで、丸田騎手も「休み明けを叩いて着実に良化していますね」とコメントしているように、次のレースはもっと上位を期待できそうな予感がします。新潟は相性がよさそうなので、中1週で9/4の芝1400mとかに出走してくれないかな。そしたら応援行っちゃうかも。

 札幌10Rおおぞら特別(1000万下ダ1000m)には、セクシーボーイが登場。スタートから中段につけて、直線追い込みましたが、エンジンがかかり切る前にゴールを迎え5着でした。


 ルメール騎手も「4コーナーで外の馬に被されてしまいスムーズに行けなかった」とコメントしているように、追い出そうという時に外の馬と接触したのが痛かったです。この馬はごちゃごちゃしているところは嫌いで、馬群がばらけてからは末脚が光りましたから、外を捲ってほしかったですね。

 でも、放牧休養あけで差のない5着ですから、得意の中山1200mに戻って期待しましょう。それより、また中央交流で南関東に遠征してくれないかな。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日は昔の職場の部下と3人で、新大久保の美名家へ行ってきました。久しぶりの新大久保でしたが、人が多かったですね。一時の低迷期からちょっと回復したのかな。


 まずはパンチャンでビール。突き出しの豊富さが美名家の魅力。


 肉が食べたいというので、テジカルビを注文。美名家はポッサムが有名ですが、テジカルビも抜群にうまい。



 野菜もちゃんととらないとね。


 焼酎もちゃんと飲まないとね。


 海鮮チヂミも食べないとね。


 第3ラウンドはマッコリで。済州マッコリと釜山マッコリを注文。


 マッコリならチャプチェ。


 〆にキンパプ。大の方を頼んだら、かなりのボリューム。塩辛がのっている海苔巻きが、酒のつまみにもなってGOOD。


 さすがにちょっと食べ過ぎたので、最後はカラオケでカロリー消費をしましたが、今朝体重を測ったら、1.2kg太っていました。シンガポール滞在中は、一日二食だったので、太らないで帰って来れましたが、逆に日本に帰ってきてから太り気味。まずいな〜(><;)

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日は、最後の夏期休暇を使って、大井競馬場へ行ってきました。朝からすっきりしない天気で、何度もにわか雨が。


 1Rにはギリギリ間に合わず、2Rから参戦。まずは昼食を食べに、内馬場のタイフェスへ。


 じゃぶじゃぶ池にはたくさんの子どもたち。すべって転んでたくさんの子どもが泣きわめいていました。


 イサーンソーセージとシンハーの生。ソーセージの中に春雨や香草が入っていて、とっても美味。


 パッタイ。


 3Rの新馬戦には応援している藤田厩舎のミッドアルティザンが登場。グリグリの一番人気に応えて楽勝。でも、馬券はとれず。


 4Rは省吾くん騎乗のポルタジョイエが見事優勝。


 でも馬券は単勝だけ。3連単は3着ヒモぬけでハズレ。6万もついていたのに(T_T)


 8Rには藤田厩舎のボンカマラード。ギリギリ逃げねばって、何と3年ぶりの勝利。でも、ここも馬券取れず。こんなに応援馬が活躍しているのに、金にならないのだから情けない。


 ちなみに、藤田厩舎は1Rのツキノアカリでも優勝していて(坂井騎手1900勝)、この日3頭出しで全頭優勝でした。素晴らしい。

 夜になったので、再度タイフェスへ。じゃぶじゃぶ池もライトアップ。


 セパタクローのデモをやっていました。2.5mくらいの高さのボールをオーバーヘッドで打ち返すのは驚異。一度、生で試合を見てみたいですね。


 パクチーハイボール。パクチー少なすぎてがっかり。


 唐揚、ヤムウンセン、タイソーセージの盛り合わせ。


 私のこの日のメインは最終レース。久々に元愛馬のリブストロングをご対面。でも、パドックは土砂降りで、写真をとるのに一苦労でした。



 省吾くんは他の馬に騎乗していて、リブの鞍上は町田くん。


 スタートはきれいにでたので、このまま先行するのかと思ったら、中段で折り合いをつけてしまい、そのままずるずる後退して4コーナーでは最下位。最後追い込んできたけど8着でした。やっぱり省吾くんじゃないとダメだね。

 この日はちょこっと当たったので、大負けにはならず帰ることができました。

 ところで、日曜日にはうちの厩舎の主戦2頭が出走します。

 新潟9R村上特別にはボーアムルーズ。鞍上は丸田JK。前走は休み明けで大敗しましたが、一度叩いて得意の新潟で復活をとげてほしいですね。今勝てば、まだ秋華賞に間に合うからね。


 札幌10Rおおぞら特別にはセクシーボーイ。何とジョッキーはルメール。本当は札幌まで駆けつけたい気分ですが、冷静になって自宅観戦にします。おおぞら特別は昨年も出走して4着。この時は、明らかに典ちゃんが騎乗をミスっているので、ルメールなら何とかしてくれるんじゃないかな。


 応援よろしくお願いします。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回の旅行は、スクートのバンコク経由のシンガポール行きでした、このフライトは7月に運行開始した新しい路線です。

 スクートのチェックインカウンターはLCCなのにターミナル2。ターミナル3も行ってみたかったので、ちょっと残念。


 10時発のスクートのチェックイン開始は3時間前の7時。LCCだけどツアーのため、席の事前予約などができなかったので、早めにチェックインカウンターに並びましたが、他の航空会社と変わらず、スムーズにチェックインできました。

 荷物は全部機内持ち込みにしました。機内に預けると、スクートスルーサービスをたのまない限り、いったんバンコクで出国審査後、荷物を受け取って再度入国手続きをしなければならないからです。ここは要注意ポイントですね。

 機内持ち込みも7kgのスーツケース+3kgのバッグまで。重量を超えると追加料金をとられます。成田ではチェックインの際に重量を計られました(バッグは計量されず)。ただし、シンガポールでは計量されませんでした。

 出発は到着機が遅れて、20分遅れ。これはLCCにありがちですね。


 エコノミーの座席は十分な広さで、狭くは感じませんでした。ただ、空きがあれば、機内で追加料金を払って広い座席に移ることもできます。このあたりがLCCらしいサービス。

 HPを見たら、座席に電源がついていると書いてあったのですが、5SD$(400円)必要でした。映画も$11で見放題ですが、座席にモニターはなく、自分のスマホやタブレットで見ることになります。


 食事や飲料も有料。持ち込んだ食料品・飲料を機内で食べないでくださいとアナウンスしていましたが、みんなコソコソ食べていました。こういうのは暗黙の了解ってところでしょうか。

 私たちは機内食を食べてみました。注文はCAがとりにきてくれます。

 妻が注文した、鶏肉と豆腐のナシレマ。12SD$(960円)。スパイシーでとても美味しい。J◯Lも見習ってほしいよ。



 私はトムヤムクンヌードル(5SD$)におすすめの煮卵(2$)をトッピング。6時間のフライトなので、これで十分満足。




 バンコクにはほぼ定刻通り到着。このままシンガポールに行く人は、飛行機を降りる時に「乗り継ぎカード」をもらって、出国審査場を通り抜けた先にある、トランジットカウンターで、搭乗エリアに再入場します。出国審査場の前がすごくごったがえしていて、最初どこにいけばいいのかわからなくなり、地上係員に案内してもらいました。

 2時間くらい乗り継ぎ時間があるので、空港内のカフェで軽食。これはバゲットサンド。



 マンゴーと甘いライス。生のマンゴーが2つも入っていて、妻は大喜び。



 バンコクからは定刻出発でシンガポールには定刻に到着。空港からはタクシーでホテルに向いました。空港から中心部までは$25-30(2000-2400円)で着きますし、中国やベトナムと違って、シンガポールの空港タクシーは快適・安全ですから、到着日はタクシーでホテルに行くことをおすすめしますよ。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 お盆休みに行ったシンガポール旅行のレポートをスタートします。

 今回のシンガポール旅行は楽天トラベルで予約しました。スクートを使い5泊7日で95,000円と、お盆シーズンとしては格安の価格設定です。

 スクートは朝10時発。チェックイン開始は7時ということだったので、成田に前泊することにして、19:30発の銀座から成田のホテルまで直行する1000円バスに乗ることにしました。

 ホテルから成田市内にでるのは面倒くさそうだったので、夕食は銀座で寿司を食べることに。といっても、西銀座ビルにある雛鮨へ。ぐるなびを見て、2時間食べ飲み放題5200円のコースを予約しました。


 とりあえずビールからスタート。


 食べ放題だけど1回しか頼めない限定品の大トロ。でも、そんなに感動するほどのものでなし。


 ほかの物は頼み放題なので、まずは、本日のおすすめを中心に一盛り。



 ビールだとお腹がいっぱいになり、寿司が食べられなくなるので、日本酒に変更。白鶴の特別純米酒にしたけど、今一つ。やっぱり大手酒造は「純米」といっても何か違うんだよね。


 後は、ウニトロウニトロと重ねていってもいいのだけど、大人なので、いろんなバラエティーのお寿司を。




 寿司2時間は、現実的には食べ続けられないので、最後は巻物を頼んで、チビチビとお酒を飲み続けました。


 バスの出発時間がきたので、西銀座ビルの真ん前にあるバス停から乗車。


 今回宿泊したのは東横イン成田空港。東横インのくせに部屋がめちゃくちゃ広い。どうも、他のホテルを買収したようです。


 朝起きて、窓から外をみたら、本当に成田空港が目の前。


 送迎バスに乗って、約10分で空港に到着しました。


 前泊と行っても東横インだから2人で8000円弱だし、銀座からバスで直接ホテルに1人1000円で行けることを考えると、午前に発着する飛行機に乗るのだったら、これからは前泊ですね。

 つづく。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 みなさんは海外から帰ってくると、一番食べたい物は何ですか?私は日本蕎麦かな。

 旅行の前の話ですが、ちょっと変わった立ち食いそばのチェーン店、いわもとQに行ってきました。池袋駅からちょっと離れた場所にあるので、気にはなっていたのですが、初体験。


 蕎麦と天ぷらがウリで、立ち食いそばなのに、注文を受けてから蕎麦を茹で、天ぷらを揚げます。


 注文したのは、天ぷらと冷やかけ蕎麦のセット630円。


 立ち食いそばにしては、ちょっと高い値段設定ですが、海老、イカ、キスなど、天ぷらがたくさんついてくるので、CPとしては安い。ただ、揚げたてだけど、天ぷらの質としては、今一つかな。


 何よりビックリしたのは、ブログを書くためにいわもとQのことをググったら、元7-11のスーパーバイザーだった岩本浩治さんが作った店だったこと。私、若い時分に、岩本さんの単品管理研修を受けて感動したことがあります。

商売で大事なことは全部セブン‐イレブンで学んだ/商業界

¥1,728
Amazon.co.jp

 岩本さんの店だったら、もうワンランクステップアップすることを期待したいですね。

ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。