1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月30日

旧乃木邸

テーマ:住まいづくり入門

旧乃木邸 

 

乃木坂の乃木神社の側にある旧乃木邸を見に行ってきました。

この家で明治の軍人:乃木希典乃夫婦は明治天皇に殉死しました。

例年の公開日は命日を含めた9月12~3日の二日間だけですが、

今年は数年かけた整備が終わったということで12~25日の2週間でした。

建物は控え目の外観で質実剛健な内部でした。

好感を持てました。

この家については近い内に短文を書く予定です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月28日

大妻女子大の講義終了

テーマ:住まいづくり入門
 今日で大妻女子大学での担当講義「福祉住環境論」が終了です。
 大妻のライフデザイン学科には、私は創設以来10数年に渡りお世話になってきました。
 しかし諸般の事情により本年度限りで身を引くことに致しました。
 関係者の皆さん、いろいろどうも有難うございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月18日

Y氏の逝去、若い頃の志

テーマ:住まいづくり入門
旧友Yさんが亡くなったということを、Mさんからの電話で知りました。

「亡くなったのは6月。死因その他詳細は分からず。葬儀は近親で済ませた。」という情報。
MさんもYさんとはここ3年間くらい連絡が取れないでいたようです。
恵まれた状況ではなかったということでした。

Yさんは「塀書庫の家」依頼人(文学部教授)の教え子でした。
ですから、若い頃は文学的志がありました。
一時期は某作家の著作集の編集代表も務めたと聞いています。
しかしその後の数十年間はなぜか文学的活動はほとんど無かったようでした。

勤めや定職には就きませんでした。
独り身で自由そうでした。
しかし両親が亡くなった頃から生活が不安定な様相を呈し、
そして今回の訃報です。
まったくやるせない気持ちです。

若い時に志したことは、細々でも続けて行くべきだと思いました。
不遇な時にはそれは生き方の一つのガイドとなり、
わずかでも身を支える助けとなったのではないでしょうか。

Yさん、これからもたびたび思い出しますよ。
合掌。






  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月13日

葬儀とビデオ

テーマ:住まいづくり入門
 先日の葬儀は、お世話になった施主:S先生のものでした。
 
 待合ロビーにその「塀書庫の家」のテレビ番組録画が流れていました。
 生前の施主が喋ったり歩き回ったりしています。
 はじめは少々戸惑いましたがだんだんと慣れてきまして、
 元気な頃の姿が懐かしく偲ばれるものとなりました。
 
 S先生、親しく付き合って下さって有難うございました。
 ゆっくりとお休みください。
 合掌。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月06日

根津のうどん屋「釜竹」

テーマ:住まいづくり入門
 かつての建築勉強仲間が立ち寄ってくれました。
 昼食時期でしたので、ではウドンでも食べようということになり、、
 近くのうどん屋「釜竹」に行きました。
 建築家:隈研吾氏の設計の有料老人ホームの敷地内にある店です。
 あいにく蔵の中の席はダメでしたが、庭の良く見える大ガラステーブルの席に座りました。
 まずはビールとつまみで一杯。そして近況報告。
 その後、彼は釜揚げうどん、私はざるうどん。美味しかったですね。
 久し振りで軽快な気持ちの午後となりました。
 Sさん、では、また!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月05日

大学時代の旧友

テーマ:住まいづくり入門
上野公園の韻松亭で、会食をしました。
かつて大学で建築を共に学んだ旧友二人とです。
永い時が流れ、三人三様の近況報告になりました。
地域活動に専念、絞った記事づくりで現役、設計仕事の仕上げ。
そして、思い出話。
落ち着いて喋れる年頃です、ゆったりとした気持になることが出来ました。
    *** 
根岸です。
昨夜は楽しいひと時を有難うございました。
皆さんと別れてから一人で夜の上野公園をゆっくりと駅に向かいました。
ところが途中で右手にネットで囲まれた運動場があって「おや?」と思いましたが歩き続け、
今度は前方にライトアップされた東京博物館の車寄せがあまりにも近くに見えて「ええ?」となり、
ついに道を間違ったかと不安になったところに突然右に曲がる道が現れ、
やっと自分の居る場所が理解できて安心となりました。
見て不安になった運動場や東京博物館は実は正しい道を示していたのですね。 
これからの私は本当に迷ってしまうかもしれません。
そんな時にはビートルズの次の歌のような感じでどうぞ私を導いて下さい。
 ○「With A Little Help From My Friends」
   ぼくの歌が調子を外れてたら
   君はぼくのそばでそれを聞いて
   どこが違ってるか いってくれるかい
   そうしたら直すようにするから
   みんなの力を借りればうまくいくよ
   そう みんなの力を借りればうまくいくよ
   きっと みんなの力を借りればうまくいくよ
まだ何回か会えるでしょう。
ではまた。
根岸俊雄


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月29日

コルビュジェの敷地検分

テーマ:住まいづくり入門
 コルビュジェに関する本を読んでましたら、次のようなエピソードが載っていました。

 コルビュジェは日本から国立西洋美術館設計を委託され、1955年に来日します。
コルビュジェは東京に居た4日間で、なんと5回も上野公園の敷地検分のために足を運んでます。

 もう一つは、フィルミニの教会堂の設計中の話です。
建て主側は地盤工事費の削減のため、敷地変更を要求してきます。
しかしコルビュジェは、設計案を別な敷地で建てることを断固拒否します。

 コルビュジェにとっては、敷地はたいへん重要なようです。
彼は建物を敷地環境と不可分な関係なものとして設計するのですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月16日

住宅模型の寄贈

テーマ:住まいづくり入門
 今日、約10年ほど前に制作した住宅模型を、市川工業高校建築科に寄贈しました。

 制作したのは、今は無き「(東京YMCAデザイン研究所。建築二部」の卒業生達です。
 大きな模型で、S=1/10のサイズで畳一畳余あります。
 また精巧にできてますので、写真を撮ると竣工写真と区別がつかないくらいです。
 
 模型は良い場所に収まりました。
 模型が若い高校生達に囲まれ、「あら、まあ、なんて楽しそうなんでしょう!!」などと言ってもらえたら、本望です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月30日

羅須地人協会

テーマ:住まいづくり入門
 家内が友人と花巻に宮沢賢治の羅須地人協会の建物を見に出発しました。
 私はかつて家族一緒にその建物を見たことがあります。
 そしてその建物について小文を書こうとかねがね思ってましたので、建物撮影を頼みました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月03日

越谷で旧友に会う

テーマ:住まいづくり入門
 越谷にかつて務めた設計事務所の同僚が越してきましたので会いました。 
 彼とは調布の社宅で隣り合わせたことがあります。
 彼は再開発担当でした。
 そんなわけで新宿とは別な話で盛り上がりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>