2016年07月18日

Y氏の逝去、若い頃の志

テーマ:住まいづくり入門
旧友Yさんが亡くなったということを、Mさんからの電話で知りました。

「亡くなったのは6月。死因その他詳細は分からず。葬儀は近親で済ませた。」という情報。
MさんもYさんとはここ3年間くらい連絡が取れないでいたようです。
恵まれた状況ではなかったということでした。

Yさんは「塀書庫の家」依頼人(文学部教授)の教え子でした。
ですから、若い頃は文学的志がありました。
一時期は某作家の著作集の編集代表も務めたと聞いています。
しかしその後の数十年間はなぜか文学的活動はほとんど無かったようでした。

勤めや定職には就きませんでした。
独り身で自由そうでした。
しかし両親が亡くなった頃から生活が不安定な様相を呈し、
そして今回の訃報です。
まったくやるせない気持ちです。

若い時に志したことは、細々でも続けて行くべきだと思いました。
不遇な時にはそれは生き方の一つのガイドとなり、
わずかでも身を支える助けとなったのではないでしょうか。

Yさん、これからもたびたび思い出しますよ。
合掌。






  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

negishi-archさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。