なぞなぞの著作権インデックス


「なぞなぞ」と「著作権」
というキーワードの組み合わせで、
検索していたら、
「著作権フリー」
をうたっているなぞなぞサイト
が、いくつか存在することを知りました。

なぞなぞだけでなく、
クイズや、パズル問題も扱っているサイトも、
中にはあります。

あれれ?
「そもそも、なぞなぞには著作権がない」
のに、
「著作権フリー」
と言うのはおかしいですね。

でも、ここでは便宜上、
「なぞなぞに著作権がある」
と仮定して、
議論を進めてみたいと思います。

────────────────────

そもそも、「著作権フリー」とは、
そのコンテンツを著作権者以外が使用しても、
著作権者は著作権を主張しない、
つまり、
権利侵害だと非難したりしない、
ということです。

著作権フリーのなぞなぞサイトは、
通常、
「運営者自らがなぞなぞを作成して、
その自由使用を認める」
という場合はめったにありません。

たいていは、
掲示板や直接メールによる、
投稿者からの「なぞなぞ投稿」
によって成り立っています。

投稿した場合、
著作権は投稿者ではなく、
サイト運営者に帰属する旨を、
事前に告知(明記)しておくことにより、
投稿されたなぞなぞの著作権は、
サイト運営者に帰属することになります。

そして、サイト運営者は、

「掲載したなぞなぞの使用者に対して、
著作権を主張せず、
誰でも自由に使用してよい」

という旨を、サイト上に明記することによって、
著作権フリーのなぞなぞサイトができあがります。

────────────────────

しかし、ここで疑問が湧いてきます。

もし、なぞなぞに著作権があるならば、
その投稿されたなぞなぞが、
誰かの著作権を侵害した
「コピペ(盗用)」「改変使用」
である可能性は十分あります。

いや、むしろ、
そういう投稿の方が大部分であることは、
よくあることです。

このサイトの運営者は、
著作権を侵害しているかどうか、
常にチェックしているとは思えません。

なぜなら、
これまでに書籍・WEBサイト等で発表されている
既存のなぞなぞと照合するのは、
時間的・労力的に不可能であるからです。

おそらく、著作権侵害だと、
著作権者やその他の人から、
指摘されて初めて、
削除もしくは検討を行うのでしょう。

「転載や複写などはご自由にどうぞ」
と書かれているのですが、
もし、なぞなぞに著作権があるならば、
著作権を侵害している可能性がある投稿なぞなぞ
について、
自由に転載・複写してよい、
と言うのは、あまりにも無責任です。

おそらく、サイト運営者は、
投稿者に著作権侵害の責任を押しつけることで、
自身が「著作権侵害」だと非難されることを
回避しているのでしょう。

中には、
サイト運営者が投稿者になりすまして、
「コピペ」「改変使用」したコンテンツを
投稿している場合も多いと聞きます。

このように、
投稿方式のコンテンツサイトの形態をとれば、
「プロバイダー責任法」によって、
著作権侵害を指摘されたコンテンツだけ
削除すればよく、
サイト運営者は、
なんらおとがめを受けずに済むのです。

うまい抜け道があったものですね。

────────────────────

とは言っても、
「そもそも、なぞなぞには著作権がない」
のですから、
「著作権フリー」
と記述されたところで、
結果的な違いはありません。

しかし、
「著作権フリー」と記述したら、
それは、
「本来なぞなぞには著作権がある」
と言っているのと同じです。

「著作権フリーのなぞなぞ」
という言葉を認めると、
KYなぞなぞ作家が喜んでしまうので、
「それは違うでしょ?」
とつい、いじってみたくなり、
グダグダ論じてみました。

もっとも、
著作権フリーのなぞなぞサイト
にKYなぞなぞ作家が
「自分が作ったなぞなぞだ」
「著作権侵害だ」
「盗作だ」「改変使用だ」
と主張するなぞなぞが掲載されている場合も
時々あるようなので、

「敵の敵だから、
どちらかと言えば味方なのかなあ」
という気がしないでもありません。

────────────────────

【要参照】

1.なぞなぞに著作権はあるか?

2.短いなぞなぞと長いなぞなぞの定義

3.俳句と短歌にあって、なぞなぞにないもの、なーんだ?

────────────────────

なぞなぞの著作権インデックス
AD