音譜CD、楽譜販売ページ音譜

マグナムトリオ、多久潤一朗のCD、楽譜が欲しい!とお思いの素敵なアナタ!
こちらのページ
にてお求めください!!(国内でしたら送料は無料です!お得~♪)



音譜レッスン音譜

プライベートレッスン、随時受け付けております。(1レッスン¥6,000)
takujunflute@yahoo.co.jp
までお気軽にご連絡ください。
また、こちらでもレッスンしております。体験レッスンがございますので是非遊びに来て下さい。




三響フルートプラザ(池袋)(水、金曜)

音譜コンサート情報音譜







音譜マグナムトリオ×ハロミーヤ コラボコンサート音譜

『マグロミーヤのエキセントリック音楽教室』

2016年6月6日(月)19:30開演(19:00開場)

豊洲シビックセンターホール (有楽町線豊洲駅徒歩1分)


一般 3500円 学生 2500円 ペアチケット 6000円



『マグロミーヤのエキセントリック音楽教室』ご予約はコチラ!





音譜第二回『低音フルートを愛でる会』音譜


2016年7月30日(土)18:30start


北とぴあ・ペガサスホール(JR京浜東北線王子駅徒歩2分)


一般前売\3.000 当日\3.500

学生前売\2.000 当日\2.500



『低音フルートを愛でる会』ご予約はコチラ!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
May 27, 2016

マグロリハだん!

テーマ:ブログ
にひひマグナムのリハーサルが行われております~


今回のテーマは「エキセントリック音楽教室」ということで、ハーモニーやリズムやその他音楽の要素をいじくって奇天烈なパフォーマンスを行います。坂東さん作曲超絶難易度曲も必聴です。

動画は僕の曲「春讃」ですが、この普通っぽい曲だけでもスライドヘッドフルートビービーフルートなど特殊フルートが登場。




特殊頭部管と言えば、神田君の得意楽器『尺ルート』のための楽曲も作りました。



改造楽器だけでなく、作品も色々なアイデアに満ち溢れたものばかり。

とにかくネタ✖️ネタ✖️ネタのコンサートです(笑)。


平日夜(19時半開演)の開演なのでご来場は大変かもしれませんが、仕事終わりに一杯引っ掛ける感じで是非遊びに来てください!

皆さんの疲れを吹っ飛ばすくらい演奏者一同ヘトヘトになってパフォーマンスします。ご来場、宜しくお願い致します!



音譜コンサート情報音譜


音譜マグナムトリオ×ハロミーヤ コラボコンサート音譜
『マグロミーヤのエキセントリック音楽教室』
2016年6月6日(月)19:30開演(19:00開場)
豊洲シビックセンターホール (有楽町線豊洲駅徒歩1分)

一般 3500円 学生 2500円 ペアチケット 6000円
ご予約はコチラ!




音譜第二回『低音フルートを愛でる会』
音譜2016年7月30日(土)18:30start
北とぴあ・ペガサスホール(JR京浜東北線王子駅徒歩2分)
一般前売\3.000 当日\3.500学生前売\2.000 当日\2.500
ご予約はコチラ!




AD
いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
May 25, 2016

れこだん

テーマ:ブログ
昨日はアニメのレコーディング。

最近レコーディングに行くと他の共演者が一回り若くて悲しい気持ちになります。おやしらず
今回お初だったのはオーボエの荒川文吉さん(東フィル)。音太いし音程良いしミスしないし、素晴らしいです。

しかし、最初ユニゾンのメロディーが上手く混ざらなくて少々苦心したのですが、
『そうか!東フィルのフルートっぽく吹こう!』と、和志さんや神田くんばりにヴィヴラートや音色を深めにしたらピッタリ合いました。オケのオーボエとフルートってやっぱりセットなんですね。


今回の楽曲は本当に難しく、木管も金管も弦楽器も、国内外のコンクールの覇者達で構成されてるようなオールスターメンバーです。(お金かかってるぅ~¥
昨日はサックスの上野耕平くんや、トロンボーンの藤原功次郎くんなども参加してましたが、流石にナイスな音してます。
そんななか、なんでフルートは無冠のオマエやねん!!と言われそうですが、アニメを見てくだされば分かると思います。譜面が僕を想定して書いてくれてるらしく鬼テクです。
昨日も第4オクターブで高速パッセージ吹きまくりました。集中し過ぎて少しハゲました。

公開されたら宣伝します~
放映をお楽しみに!


音譜コンサート情報音譜


音譜マグナムトリオ×ハロミーヤ コラボコンサート音譜
『マグロミーヤのエキセントリック音楽教室』
2016年6月6日(月)19:30開演(19:00開場)
豊洲シビックセンターホール (有楽町線豊洲駅徒歩1分)

一般 3500円 学生 2500円 ペアチケット 6000円
ご予約はコチラ!




音譜第二回『低音フルートを愛でる会』
音譜2016年7月30日(土)18:30start
北とぴあ・ペガサスホール(JR京浜東北線王子駅徒歩2分)
一般前売\3.000 当日\3.500学生前売\2.000 当日\2.500
ご予約はコチラ!

AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 21, 2016

ゴーシュ ゴーシュ(コントラバスフルートのブレスノイズ)

テーマ:ブログ

本日は一柳慧先生の個展でした。

一柳先生って誰やねん!というかたはコチラのインタビュー記事をどうぞ!



左からサックス大石さん(ヴィオラ)。能楽の石渡くん(ヴァイオリン)。笛たく(チェロ)。チェロ多井くん(ヴァイオリン)。

私たちは弦楽四重奏曲『インナー・ランドスケープ』を演奏しました。

弦楽四重奏曲なのに何で管楽器奏者が?という事で話題を集めた今回の公演。
客席にもこれを目当てにいらっしゃった方が沢山いらっしゃったようで、ほぼ満席。戦略的には成功(笑)?

弦楽器を持ってステージに私たちが登場した時には会場から笑いも漏れました。そりゃそうでしょう。まさか本当に弾くとは思わないでしょうから。


演奏はコントラバスフルートとチェロとピッコロの持ち替えで。
そう、弦楽四重奏と言っても最初はチェロで演奏を初め、その音色感をキープしつつコントラバスフルートに持ち替え、またチェロを弾き、コントラ、そしてチェロで締めるといったもの。

「この曲、普通に弦四で弾いてもつまんないよね」

という感情から演奏家の独断により勝手にアレンジして別楽器でやりましたが、一柳さんは憤慨することなく「おもしろいねー」と一言。素敵なおじいちゃま。ありがとうございます。

こういうことって、なかなか音楽界では見られないことなんですよね。演奏者がクリエイティブな作業に参加するってこと。作曲家と責任を共有しようとすること。ウケたら自分たちの手柄。スベったら曲のせい、それじゃあね。

作曲家は楽器の音色を想像してスコアを書きますから、そうじゃない楽器で演奏するっていうことは必然的に演奏家が音色の責任を負うことになります。
フルートでピチカート、重音、スルポンやスルタスト、トレモロなんかをやることにもなりますし、音域も弦楽器は非常に広いですからね。演奏者が四苦八苦して音色や奏法を探すからこそ産まれる面白さというものがあり、まず「無理」という概念が念頭にあるから打破したときに衝撃を与えうるんですよね。


コントラフルートとチェロはエンドピンがあるので仲間なのだー(笑)


奇抜であることやお客さんに衝撃を与える事は芸術の入り口。

莫大な体力と好奇心も必要ですね。

終演後は聴きに来ていらっしゃったJAZZピアニストの山下洋輔さんが「あんなに上手くコントラバスフルート吹いてるヤツ初めて見たよ!素晴らしかった!」とニコニコしながら言ってくれました。作曲家の池辺晋一郎さんも演奏を食い入るように身を乗り出して聞いていらっしゃって、好評価をいただいたのですけれども…。


僕は逆にあの年になっても演奏会に足を運んで音楽を聞こうとするおじいちゃま達に感銘を受けます。あれは良かった、あれは良くない。そういうやりとりこそが純粋に好きな少年達。
一柳さんとも楽屋でずっとお話させていただきましたが、何だかちょっと上の世代より親近感があるというか、同世代のようです。

僕を押してくださっている日本フルート協会の面々も、おじいちゃま、おばあちゃまばかりですがこれなんなんでしょう。

戦後の人々のエネルギーと僕の反骨っぷりが似てるんでしょうか。ともかく、まだまだ沢山お話を伺いたいので皆さん召される前にお宅に足を運んで知識とエネルギーをじゃんじゃん受け継いでいきたいです。

一柳先生といえば、コンクールの課題曲にもなった
フルートの為の「忘れえぬ記憶の中に」という曲がありますね。

そのまま楽譜通り吹くだけじゃ単なるクソしょうもない曲になっちゃうので、演奏家が色々アイデアだしてアレンジする、という立ち位置で行えばコンクールの課題にもなりえるのかもしれません。

小澤征爾指揮:Life Music (1966)


映像・松本俊夫:Atman (1975)


こういうの聴いてからだと、「何でこんな曲(忘れえぬ記憶の中に)書いちゃったんですか?」と言わざるを得ない。今度お会いしたときに聞いてみよう。


若い人は気付いているかもしれませんが、コンクールはその審査員含めオワコン化。なにせ優勝しても出先がないのですから。

他人の価値基準に迎合するスタイルではなく、自分の哲学と魅力を押し通せるエネルギーを持った人が今後は必要になってくるんでしょうね。

燃えるわぁ

一柳先生 アホな若造と沢山お話してくださって有難うございました。
先生のような 頭の狂った優しいおじいちゃんになりたいです。









AD
いいね!(29)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。