第二回『フルート特殊奏法道場』『特殊音色編』

ブレストーン、ホロートーン、マルチフォニックス、オーバートーン、バズィング、その他諸々・・・
はてなマークウサギはてなマークその音、どうやって出すの?」その秘密は来た人だけ分かる・・・。

2014年8月3日(日)19時開講 北とぴあ・スカイホール(JR王子駅)
ご予約はtakujunflute@yahoo.co.jpまでどうぞ!


音譜CD、楽譜販売ページ音譜
マグナムトリオ、多久潤一朗のCD、楽譜が欲しい!とお思いの素敵なアナタ!
こちらのページ にてお求めください!!

音譜レッスン音譜
プライベートレッスン、随時受け付けております。takujunflute@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。

また、こちらでもレッスンしております。体験レッスンがございますので是非遊びに来て下さい。


三響フルートプラザ(池袋)     東邦音楽学校(新大塚)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
July 25, 2014

マグマルトリオ

テーマ:ブログ
明日はオルセー美術館展×マグナムトリオの最後のイベントです!!

7月25日、マグナムトリオの夕涼みコンサート開催!

以下特設サイトより引用


7月25日、マグナムトリオの夕涼みコンサート開催!


マネ「笛を吹く少年」はいったいどんな音楽を奏でていたのか・・・?
本展のためにオリジナル曲を提供した世界で活躍するフルート奏者3 人組、マグナムトリオが、本展のために再現製作された笛「ファイフ」の音を披露します。
超絶技巧を駆使したマグナムトリオの楽曲を中心に、フルートの限界を超えて縦横無尽に繰り出される笛の音をお楽しみください。

オルセー美術館展開催記念
「国立新美術館×マグナムトリオ 夕涼みテラス de コンサート」
■日時:7 月25 日(金)18:00 ~ 18:40
■会場:国立新美術館・屋外テラス
※雨天の際は会場が屋内になる場合があります。
■出演:マグナムトリオ(多久潤一朗、神田勇哉、満丸彬人)
*入場無料・事前申込不要
*鑑賞の際は、休憩用のテラス席をご利用ください。




満丸くん×マグナムのコラボはこれで一旦終了。
ありがとう満丸君!でも梶原君が帰ってくるかどうかまだ謎だから またすぐお願いするかもしれないけどね!

とりあえず、明日はこのメンバーで素敵なハーモニーを届けましょうぞ!!

えいえいおー
えいえいおー

PR
July 22, 2014

ればれーしょん

テーマ:ブログ

今日は代官山のスタジオにてアニメのED曲の収録。ボサノバだったので久々にボサボサ吹きました。最近コンチェルト形式の仕事が多かったのでブリブリ鳴らしてばっかりだったので、あーやっぱりフルートは力抜けた音が良いよねと再確認。

ちなみに最近、今日も含めて年下の作家さんと仕事する事がひたすら多いんですけど、これは『お前ももういい年なんだからもっと能力高くないと恥ずかしいぞ』という神の啓示なんでしょうか。

30越えてから年を取るスピードが凄い。怖い。まんじゅう怖い。今日から頑張ります。

えいえいおー

ということで空いてる時間は全部作曲に費やす


PR
July 21, 2014

楽しいフルートアンサンブル と 面白い人

テーマ:ブログ

我孫子市にて『楽しいフルートアンサンブルのコンサート』をしてきました。今回は自作自演の小協奏曲あり、モーツァルトの主題での即興アリ、バスフルート芸ありの相変わらずの芸風だったのですが、

僕を舞台に呼ぶ際、司会の播先生によるおやしらず今から物凄いテクニックの彼がとっても面白い事をします!曲も爆笑です!ではどうぞ!!』っていう紹介の仕方はホントやめてください。

クマこれから面白いことやりますよ~♪ って芸に入る芸人いないよ。




今回は個人的に嬉しかったのは3、4年位前から見ている弟子との初共演があったこと。
彼女は自らの笛で前奏を吹き、そしておもむろに笛を置き、見事なソプラノでドンジョバンニのアリアを歌いあげました。

会社員でありながら歌とピアノとフルートと和声のレッスンを受け、自分の信じる音楽をやり続ける。素晴らしいです。



弟子と一緒に本番の舞台に乗る、というのはとても気持ちの良いものです。
何故なら、本番やらなきゃ絶対上手くならないもの。
本番で恥かいて散々な思いして、それで練習するから上手くなるのであって、「自分は結構吹けてるぞ」「このくらい演奏できればいいだろう」という慢心を抱いたまま練習したって結局は『自分の耳や感性がドンドン鈍くなってることにより技術が上達してるように錯覚するだけ』ですから。

本番はいつもと比べて30%位のパフォーマンスしか出来ないんだ、という事を踏まえて練習に臨んでいる人のレッスンは気迫が違います。また、本番の空気の中でどういう風に過ごせばいいのか、これを見せれるのは一緒に舞台に乗った時だけですし、レッスンの実戦編ですね。

とにかく弟子が傷ついて強くなっていく、即ち成長している瞬間に立ち会えるのは師匠としての親心が喜ぶのです。



しかしフルート×歌の素晴らしいチャレンジでした。
彼女は今頃どんな心境なんでしょう。

へこんでいたら励ましてあげましょう。

上手くいった~!と喜んでいたら冷や水ぶっかけてあげましょう。


え?僕の演奏は?

クマそりゃあ上手くいきましたよ!なにせ天才ですから!!ぶははははは!!




クマ冷や水かぶってきます
PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>