音譜CD、楽譜販売ページ音譜
マグナムトリオ、多久潤一朗のCD、楽譜が欲しい!とお思いの素敵なアナタ!
こちらのページ にてお求めください!!






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
April 19, 2014

明日は

テーマ:ブログ
明日は~



キラキラ東京タワーにてスペシャルミニライブ!キラキラ




フルート3本だけでアコースティックなパフォーマンスのみですが、新曲3曲含めマグナムらしい演奏をお届けします。

「オルセー美術館展が10倍楽しくなる!」パネル展!
5/15(木)まで、フットタウン3階タワーギャラリーで開催中!
4/20(日)は林綾野&秀島史香トークセッション、マグナムトリオ スペシャルLIVEも!




演奏の模様はUSTREMでライブ配信するそうですよ!
チェケラ!!
PR
April 17, 2014

しずかちゃんは ある意味才能が凄い(大友良英氏垂涎)

テーマ:ブログ
おとめ座家に使ってないバイオリンがあるんですけどいります?』

クマえっ、ください』

キラキラおとめ座はいっ どうぞ!』

というくだりで、とある方から なんとバイオリンバイオリン(ほぼ新品)をいただきました!
キコー

ヒャホークマ     ブタネコそんなのって あり?

ということで久しぶりにバイオリン弾いています!イエイイエイ!(上手くはないですけど)



何でバイオリン弾けるのか、っていうと
実は僕のおじいちゃんはバイオリニストだったのです。

というと、クラシック音楽のサラブレッド感が出ちゃうのですが、実際のところはキャバレーなどでタンゴなどを弾く『スナフキン流しのバイオリン弾き』といった感じのプレーヤーだったそうです。
カッコ良かったのでファンもいたそうだったのですが、フリーのライブミュージシャンの稼ぎで家族が養える訳もなく、看板屋や生け花の先生など色々な職業を兼業する何でも屋さんをしていたそうです。

そんな体験もあり、母は幼少期にひどい貧乏体験をしたらしく、僕は小さい頃から
『音楽家だけには絶対ならないように』
と、口をすっぱくして言われ続けてきました。

しかし覚醒遺伝っていうんですかね。おじいちゃんが僕をとても可愛がってくれていたのも影響してか、結局音楽のほうにどんどんひっぱられてしまい、
藝大合格を最低条件に音楽の道を目指すことに。

しかし現実は甘くなく、1回目の受験はインフルエンザにかかりあえなく撃沈。
そしておじいちゃんも体調を壊し病院に入院することに。


一浪はした方がいい、なんていう話を盾に毎日ノンビリと練習と勉強を繰り返し2度目の受験。しかし、詰めの甘さを自らが知っているからかプレッシャーに負け、また体調を崩し、高熱で受験を受けるも撃沈。

おじいちゃんに良い知らせを届けて元気になってもらおうと思っていたのに・・・


『潤は今年もダメだったみたいよ』
という知らせを聞いたおじいちゃんは、とてもガッカリした様子だったらしくその1週間後に亡くなりました。


僕はその知らせを聞いて、情けなさと不甲斐なさのあまり、多分人生で一番泣きました。
そこからの一年は鬼気迫る思いで練習に打ち込んだ記憶があります。

その瞬間が人生のターニングポイントであるのは間違いなく、泥臭く頑張った一年は『自分はそんなに才能がない』という事実と『必死でやったことしか形を成さない』という一生役に立つ音楽家人生訓を得ることが出来ました。しかし、おじいちゃんが生きているうちにコンサートを聞かせられなかったのは今もなお悔やまれるところです。


バイオリンを弾いていたら懐かしい思い出が色々甦ってきました。


このまま沢山練習して、仕事が出来るようになりたいと思います。
そうすればレコーディングのときにバイオリニストを雇うお金が浮きます。
そういえば『のだめカンタービレ』の時のピアニカはフルートの5倍くらいのギャラでエラい儲かりました。

今まで、歌、ギター、ピアノ、ハーモニカなどでも仕事してきましたが、弦楽器でも仕事とってきちゃう!?

器用な才能は覚醒遺伝しててくれて良かった。 兼業 兼業。ワハハ



天国のおじいちゃん見てますか
あなたの孫はせっかく藝大に受かったのに思いっきり脱線してます

April 16, 2014

ライブの宣伝が遅すぎた、いや、遅すぎない!まだだ!

テーマ:コンサート・ライブ告知
合格今月の30日にクラリネット奏者の吉田佐和子さん主宰のコンサートに出演します。


そろそろ宣伝を・・・と思いつつ締め切りの電話がなりっぱなしの多久先生は毛布を頭から被って五線紙に向かい続ける日々云々言い訳タラタラ~

そんなこんなで何と!残席10ですってよ!!爆弾

クラリネット奏者*吉田佐和子オフィシャルブログ

主宰の吉田さんとは初共演ですが、非常に行動力があって様々なライブを企画しては開催し、大物がいれば飛び込んで共演しちゃうし曲も書く。
クラシック上がりだけどコード譜対応という、僕と似たタイプ(あくまで主観による視点です)の方。
こんなタイプの演奏家ですね



このブログを昔から見てくださっていて僕の事を良くご存知なのでしょうか、
真っ黒な楽譜と、謎のコードチェンジを要するアドリブや特殊管等々、沢山気を使ってくださって
ブタ難し~く
してくださっています。

ブーブーぶーぶー

ここ数年仕事を頼まれるときに

宇宙人「簡単な曲で申し訳ないんですけどお願いできますか?」

おやしらず「フルート吹くだけの仕事でごめんなさい」

この2つは8割方言われるんですけど、声を大にして言います。

クマ僕はフルートで簡単なメロディーを吹くだけの仕事が大好きです!!」

練習してもしなくてもギャランティが変わらない演奏家稼業。時給を上げるには、練習時間をいかにして減らすか、が課題になってくるのです。
練習時間さえ減れば・・・



しかし僕が作る曲は全部難しい。自作自演なのに難しい曲ばかり書いちゃう。
それは何故か。

難しい曲の方が『僕らしさ』が出し易いから。くくく・・・
しょぼん儲からない定め。

でも儲かってもどうせ音楽活動の資金に回すだけだからいいんですけどね。

それはさておき、もう一人の木管、オーボエの宮村さんはこのブログに何回も登場していますが、東京佼成ウインドオーケストラの副コンサートマスターで美音でグルメの巨か・・・巨匠です。僕は宮村さんの音が大好きで、今回も共演できるのが楽しみです。



曲目はダマーズの4重奏(唯一のクラシック)から吉田さんのオリジナル作品、最近ブリブリ売れてる挾間美帆さんがアレンジした吉田さんの作品なんかも、かなりとんがってて面白いです。
確実に面白いコンサートになると思うのですがいかんせん残席わずか!!

興味をお持ちの方
ご予約お急ぎください!

吉田佐和子Quartet Live
2014.4.30.wed
open 18:30 1st 19:30/2nd 21:00
吉祥寺Strings(http://www.jazz-strings.com/index.htm)
MC¥2900
clarinet 吉田佐和子
flute 多久潤一朗
oboe 宮村和宏
piano 轟絵美


今回は難しい譜面、にかけまして難しい漢字を掲載しましたが
下の漢字、何て読むんだと思います?


正解は『テツ』。哲学の哲って意味ですってよ。

中国人、時代を先読みしすぎじゃないの?

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>