杜の精!?

テーマ:

19日の昨日
渋谷の大和田伝承ホールにて
「日本現代音楽展」がありました






今回は女声4部のひとり
各パート2名づつなのです

「女声合唱のための無言歌集」
杜の声

昨年の3月に初演した曲で
今日で二回目です

歌詞がなくて
「ア」のみで表現するのは
簡単なようで
結構むずかしい
何も考えずに「あーーー」って
声を出せばいいものでもなく・・・・・

なんせ
「杜の精」なもので ショック!


音譜 音譜
音譜



今回の衣装


9人いるのはピアニストさんも入っているから


作曲の浅井先生のリクエストにより
みんなで「白」です ラブラブ










出番がひとつしかなく
しかもラストの「とり」
だったので
実は・・・

リハーサルが終わってから本番まで
とても「暇」 あせる ビックリマーク ラブラブ

なので
みんなで写真撮ったり
いろんなお話したり
楽しかったです

いらしてくださいましたお客様
作曲の浅井先生
スタッフの皆さま
出演者の皆さま

ありがとうございました ドキドキ

AD

アンサンブル響V終了!

テーマ:

10日の日曜日は

アンサンブル「響」V(ファイブ) コンサートでした

心配していた雨はなく
見事に晴れ 晴れ

晴れ男と晴れ女二人組のトリオなので チョキ

ちょっと暑すぎた感じではありましたが・・・

夜ともなると涼しい風が吹き

“夏の夜空の物語”は幕を開けました 星空




プログラム




第一部の衣装




会を追うごとに
息が合ってきた私たち

5回目となると
お互いの得意なところ、苦手なところなど
手に取るように分かります




ビヤ樽ポルカより


椿姫の乾杯より



第二部前半の衣装


サマータイムにて


衣装もお互いのを事前に見せ合ったり
リクエストしたりと
みなで構成を考えます

サマータイムは
「少し大人な感じを出して・・・」
という
言さんのアドバイスを取り入れました

ワンピース サンダル



アンコールの
フニクリ・フニクラより



とても楽しく歌えました ラブラブ



終わってほっと一息



暑い中
いらしていただきました沢山のお客様
スタッフの皆様
嶋田言一さん
せきたさらいさん

お疲れ様でした
ありがとうございました ドキドキ





AD

プロムナード・コンサート

テーマ:

今日は 学生時代のお友達が出演する
「プロムナード・コンサート」に行ってきました





場所は「彩の国さいたま芸術劇場」

あせる 汗 ショック!

ってどこにあるんだろう??はてなマーク

後輩や先輩に教えてもらい
埼京線の「与野本町」ってところにあるって ビックリマーク

初めて埼京線で戸田公園より向こうに行ったかも



川越のほんの少し手前・・・ 目



ホールでなくロビーのようなところで行われるコンサート
だから「プロムナード」(散歩道)って呼ばれるのねーーー




ポジティブ・オルガンです

ポジティブ・オルガンとは一段鍵盤の移動ができる
小型のパイプオルガン





中には約200本のパイプが入ってるのですって





オルガンを弾くのはピアニストの「しーちゃん」
ソプラノは 声楽家の「まちこちゃん」
どちらも大学の4年間をともに学んだ良き友人達です

ロビーコンサートというのは誰でも
通りがかりの人が無料で聴けるのですが
「退屈」したり「面白くない」と
途中でお客様は席を立たれます

今日は誰も立つことなく
まさしくパイプオルガンとソプラノの
「天上の音楽」を堪能していました

私も新宿のモノリスビルや
池袋のサンシャイン広場とかで
歌わせていただいたことありますが
最後までお客様を惹きつけるって
ほんとに難しいこと

良い音楽に接することができて
とても幸せな時間でした




んん十年ぶりの再会を果たして





しーちゃん
まちこちゃん
お疲れ様でした

素敵な時間をありがとう ドキドキ



AD

三日月と山 その3

テーマ:

さてさて
今回の旅のメインイヴェントである
「山のホテル」

20年以上前から
芦ノ湖に行くたびに
ここのティールームでコーヒーを飲むのが
楽しみの一つ 音譜
念願かなっての「宿泊」です ラブラブ





お庭の散策もゆったり
やっぱりね
お泊りするとなると
全てが違って見えます









「長生きするもんやねぇ」
と母と叔母
ふたりのばば様にも喜んでもらえて
私も連れてった甲斐があるというもの ラブラブ!

夕食のフランス料理も
ばば様たちは
残すかなぁと思っていたら
ばっちりお腹の中へ

母がワインを飲みたいというので
彼女にはちょいと奮発して高めのシャルドネを
私にはリーズナブルなソーヴィニヨンを

ワイン ワイン

・・・なのに
私のをちょいと飲んだ母は
「こっちのほうがさっぱりしてええやん」

ソーヴィニヨンを取られ

ショック!

ま・・・高級シャルドネが飲めたからいいかな 音譜

叔母といとこたちは一滴も飲めませんので
どうやら
私が酔わないのは
母から受け継いだようです あせる

その代わりというか
なんというか

「あんた食べへんのやったら
ちょうだい」

デザートはすべて
母が私の分までペロリ !!





す・・・すごいなぁ



というわけで
山のホテルの夜は

楽しく更けていったのでした


ホテル三日月
山のホテル
どちらも大変お世話になりました









おしまい ドキドキ



三日月と山 その2

テーマ:

さて日曜日は 早起きして
朝ごはんをおいしく食べ 割り箸

9:00過ぎには荷造りも終わり
いざ出発 !!

車

昨日入れなかった
「海ほたる」へ 晴れ
気持ちよく晴れ渡り
さすが 晴れ女5人組 音譜

パワー全開です


9:30には着いて
並んでなくて入れました チョキ

初海ほたるのいとこたちは、大喜び~~




思わず買ってしまった
「クマ焼き」


朝ごはんいっぱい食べたのにね・・・・


海ほたるをあとにして
次の目的地
「足柄山」
ここの 地蔵堂(じぞうどう)というところには
とても美味しい
「万葉うどん」
という手打ちうどんのお店があるのです
(写真撮るの忘れた~ 汗
ここでおうどん&おでんのランチ

次の目的地は
いとこのリクエストで
「マイセンアンティーク美術館」強羅へ

足柄山から山道をくねくね~~

同乗の4人の口数が極端に少なくなり・・
なんでやろかぁ ドクロ



それでも無事到着
ありがとうナビくん 合格




元日本銀行総裁の
一萬田尚登(いちまだひさと)氏の邸宅を
改造して美術館にしたようです

すごく贅沢なひとときを
過ごしました ラブラブ

カップを買いたかったけど
いち・・じゅ・・ひゃく・・せん・・まん・・じゅぅまん・・
桁が・・・多いので ちょっとねぇ

マイセンのティーカップで
優雅なティータイムをするだけにしました ドキドキ





つづくーーー