さてさて

タスマニアからメルボルン経由で

シンガポールへと 飛行機

 

2月のおはなしです あせる

 

日本へ帰らずに

遊びに来ました 音譜

 

幼馴染のJ子ちゃんが

旦那様の海外赴任で

シンガポールに住んでいるのです

 

コンドミニアムというところは

話には聞いていても

実際に見てみると

「ゴージャス!!」なところ

 

日本では考えられませんね

       

      プール付きです~ 

 

 シンガポールは地震がないところらしく

 ポンポンと高いビルが建つそうな

 

 今回は

 タスマニアのそば粉を使っているお店

 がこの街の「パラゴン」に

 あるということで

 お邪魔しました

 

     

 

 それは

 「新ばし」さん

 

 日本で知り合いになった

 柴崎好範さん(通称よしさん)が

 高円寺にあった「新ばし」を

 たたんで

 シンガポールやマレーシアに

 そば打ちを指導に来ています

 

 パラゴンの新ばしに

 J子ちゃんとおそばを食べがてら

 よしさんに会いに行きました

     

      よしさんとわたし

 

 よしさんと馴染みの

 リックおじさんや

 I さん Y さんたちから

 タスマニアワインを

 お土産にことづかったので

 証拠写真です~~ 赤ワイン

 

 実は

 J子ちゃんの旦那さまの赴任は

 「3月まで」だったので

 もうすでに彼女は日本に帰ってきています

 (今は4月30日)

 それもあって

 今回シンガポールへお邪魔したのですが・・・

 

 「新ばし」さんは

 新しく2店目をオープンすることにななりました

 2017年4月29日

 そうまさに昨日オープンです

     

 

 このお店がオープンした

 「ワールドセンター」は

 な・・・なんと、

 J子ちゃんが3月まで住んでいた

 コンドミニアムの地下 !?

 

 なんという偶然でしょう

 

 もう少しいられたら

 新しいお店にも行けたのにねーー

 残念でした

 

 シンガポールに

 お越しの際は

 ぜひ「新ばし」へおいでやす~ ドキドキ

 

 シンガポールの旅 続きます

  (まだ引っ張るんだ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

  

AD

伊豆栄梅川亭

テーマ:

8日の土曜日は

習志野ロータリークラブ主催の

「伊豆栄梅川亭」での

観桜会でした 桜桜桜

 

       

 

昨年も呼んで頂けましたこの会

今年も感謝でございます

 

      お料理も素敵

      

 

 梅川亭は上野公園内にある老舗なのです

 朝からの雨が上がり

 満開の桜 ラブラブ 音譜 桜

      

 

  お仕事中です マイク義理チョコ

     

 

   振袖(ふりそで)さん(京都で言うところの舞妓はん)

     

 

 今回は習志野だけでなく

 いろんなロータリークラブの方々が集まって

 楽しい人がたくさんおられました

 

 ロータリークラブの皆様

 リックおじさま

 ありがとうございました ドキドキ

      

 

        

AD

Are you Chinese?

テーマ:

先日バスに乗っていたときのこと

18歳くらいの女の子が

私の隣に座るなり

おにぎりを取り出して

食べ始めた

ちょっと「えっ」となったけど

まぁよほどお腹すいてるのかなーと

ただ・・・・

鮭のおにぎりだったらしく

匂いが「ぷ~~ん」とあたりに充満

     びっくり 笑い泣き

隣だし

くさいやら可笑しいやらで

こらえていると

 

「Are you Chinese?]

 

ふと声の方を見ると

女の子のそばに立っていた

OL風の美しい女性

女の子は自分に言われたとは思わなかったようで

黙々と食べていた

 

もう一度今度は女の子の肩を叩きながら

 

「Are you Chineseはてなマークビックリマーク]

 

「へ?英語わかんないです」

「あら、ごめんなさい。

 バスの中での飲食は遠慮してくださいって

 今、バスのアナウンスがあったのに

 食べてらっしゃるから

 日本語がわからない方かと思って」

 

 ガーン あせる あせる 

 

 確かに・・・・

 横浜のバスは

 車内アナウンスでそう言ってるーーー

 

 「バスの車内でのご飲食は他の乗客の

  ご迷惑になりますのでご遠慮下さい」

 

 こんな感じで・・・・

 

 それを聞いた女の子

 「あ・・・はい」

 って言いながらおにぎりをしまった

 

 それで事なきを得たけれど

 私の中ではぐるぐると

 (い・・・今のは日本人だとわかって

  わざと英語で言ったのだろうか?)

 とか

 (学生さんに見えるけど

  英語わかんないって?)

 とか

 (私も気付いた時に

  何か言うべきだったのかな?)

 とか

 (おにぎりを食べてたのが女の子でなく

  怖そうなおっちゃまだったら

  彼女は注意したのだろうか)

 とか

 

そういえば

山手線の電車中でスタバのコーヒーを

持ち込んで飲んでたお兄さんが

咳き込んで吹き出し

運の悪いことに前にいた

こわもてのお兄さんの上着にかかった

「ちょっと次で降りろ!」

って

次の駅で二人降りちゃったけど

あのお兄さんどうしたかなーーーショック!

 

いずれにしても

車中での飲食は考えないとねー

と思った出来事だった

 

      

      今回は写真がないので

      タスマニア州Rossの川沿いの風景を

      ここで発声練習替わりに「トスカ」を

      誰もいないからと思って歌ってたら

      お散歩中の人々が後ろに並んで聴いていて

      拍手もらってびっくり

      自然に向かって歌うのって気持ちいいドキドキ

    

 

 

 

 

 

 

 

AD

タスマニア その4

テーマ:

さてさて

無事に「そば打ちパーティー」が終了し

ほっと一息

あとは遊ぶだけです 赤ワイン 音譜 

 

ロスからホバートに移動し   

今回もピーターさんのヨットに

皆で乗せてもらいました

 

     

     「海の男!!」のピーターさんのヨット

 

     

     舵を取り動かしている「ふう」

 

実際に動いているので

「絶対に舵を動かしてはダメ!!」 なんだとあせる

 

お魚を釣ったりしてのんびり過ごしました

 

そして

ピーターさんのお友達のワインセラーへ

     

     

     出来たての赤ワインを試飲

      その美味たるや・・・・・ びっくり赤ワイン

 

     

 

 そんなこんなで

 すっかりホバートを満喫したのでした

 

 さてビックリマーク

 今回はまだホバートで遊んでいくという

 皆さんと別れ

 私一人で

 次の目的地へ

 

 いざシンガポールへ 飛行機

 幼馴染のJ子ちゃんが

 旦那様の赴任でシンガポールに住んでいるのです

 まだ行ったことのない南の島

 赤道に近い常夏の国 シンガポール

 緯度は「1°」なんだって

 ぎり北半球 音譜

 

 どんなところでしょう

 

      ホバートの空港

     

 

ここからメルボルン経由で

シンガポールへ

 

      さようならタスマニア

     

 

えーーーっと

一人でメルボルンでトランジットするんだけど

できるんやろかーぁ 汗 あせる DASH!

 

    さようならタスマニア

    また来まぁす ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

   

   

 

 

        

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本歌曲の潮流 終了!

テーマ:

21日は

豊洲シビックセンターにて

「21世紀 日本歌曲の潮流」

に出演しました

   

        

 

 豊洲のシビックホールは

 出演するのは初めて

 

 舞台の後方から上手客席に向かって

 ガラス張りになっていて

 外側の壁を開ければ

 外の景色が見えるのです

 

 夜は遠くにレインボーブリッジが見えて

 素敵ですが

 ガラスが鏡の役目をしてしまい

 景色とホールの中身が合わさって見え

 演奏を聴くことに集中できなかったと

 言ってらしたお客様が何人かおられました びっくり あせる 

 

        

 

  今回の歌は

  宮原節子先生の作品

   「時の傾斜」

    1. 幹のない森

    2. ・・・・・・・・・・・・しないで

 

    (・・・が12個つくのが正解だそうです)

 

  表現や音取りが難しいけれど、

  とてもやりがいがありました。

 

        今回の衣装

        

 

 柔らかなオーボエと

 澄み切ったチェロの音色に囲まれて

 とても素敵な時間でした

 

        

 

  オーボエの長田浩一さん

  チェロの森義丸さん

  作曲の宮原節子先生

  スタッフの皆さま

  そしていらしていただきました

  大勢のお客さま

  お疲れ様でした

  ありがとうございました  ドキドキ