型にはまったお菓子なお茶の時間

お菓子の型が当時700超えたのを機に立ち上げたレシピブログです。
手作りでも市販のものでも、お菓子が大好きです!



             

本レシピ本を出版しました。
レシピブログお菓子ジャンルNo.1 レパートリーが増える112レシピ
anのお菓子な時間/河出書房新社
2014.7.22
アマゾン楽天などで発売中です。

本スイーツパッケージのお店・suipaのモニターブロガーです。
 →http://www.rakuten.ne.jp/gold/suipa/moniter/an.htm

コーヒーはたらく女性のための情報サイト「michill」にてブログには載せていないレシピを公開中です。
 →https://michill.jp/writer/an

カメラインスタグラム
 →@teatime_allday

コーヒー材料・お菓子別レシピ一覧はこちら
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12087590342.html

コーヒーお菓子作りにおける材料の働きや作業の意味/型の材質別の特徴や向くお菓子一覧はこちら
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12128501443.html


テーマ:
先日も少し触れていたのですが、昨年度に続きまして今年度もレシピブログ・スパイス大使の一人として活動させていただくことになり、レシピブログ様よりたくさんのスパイスセットが届きました。
ありがとうございます!

今回もハウス食品のチューブシリーズや、簡単に本格的な味になるミックススパイスがたくさん。
1から各種スパイスを揃えるのは大変ですが、必要な種類がブレンドされているものは味も間違いなく、金額もお手頃で、使い切りサイズというのも助かりますよね。





そしてGABANの瓶入りスパイス!
スパイス大使として配れる名刺もいただきました。





周りの友人・知人に配れる”ファーストキット”も充実の内容。
今回は和風のものが多い印象です。





このミックススパイスがまた便利なんですよね。
裏側にブレンドされたスパイスの種類が記載されているので、それを参考に自分で調合してみたり、他の料理に使ったり。
例えば我が家には甲殻類アレルギーが数人いるので、海老ソテー用のスパイス(ブレンドスパイスなのでそれ自体に海老のエキスは入っていません)を本来の目的では使えなかったのですが、炒め物に使うと大好評でした。

ひとふりで雰囲気や印象を変えたり、減塩にも効果的に使うことができるスパイス。
昨年いただいておきながらご紹介できなかったものもありましたので、今年度は毎月のテーマに沿ったもの以外にも、いろいろとスパイスを使ってみた様子を載せられたらと思います。
よろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



子供の人数が少ない地域に住んでいるので、小学校では一通り役員をしてきまして、かけもちしたりもしていましたが、今年は7年ぶりに役が何もないとしかも!と思っていたところ、結局1つ受けることに…今年も忙しくなりそうです。

その役員決めがあった授業参観の日、クラスの場所を聞こうとちょうどそこを通った先生に尋ねたところ、「××中学校の〇〇さん(私の旧姓)じゃない?」と」言われ…
お名前を伺うと、なんと私が中学に通っていたころの保健室の先生でした!

私は特別目立つ生徒でもなかったはずなので、なぜ覚えておられるのか不思議で、私何か目立つようなことをしていましたかと聞いてみたものの(笑)、
「いやいや^^そうじゃなくても覚えていたのよ。ちなみに教頭先生はあのころ生活指導だった□□先生だよ。△△先生もいるよ!」
と、知っている先生の名前が。

そういえば数年前にも、町の学校のPTAの人たちが集まる行事の際、中学の頃に体育でお世話になった先生が、他の小学校の校長先生として参加されていました。
思わず話しかけると名前を憶えてもらえていて、その時も驚いた記憶があります。

毎年数百人の子供たちが卒業していくのに、ものすごい記憶力ですよね。
今度学校に行ったら、次は息子がお世話になりますと挨拶してきたいと思います。

テーマ:
先日12cmのシフォンケーキを載せましたが、あの型はもう販売されていないとのことでした。
型の専門店には、その百均のものと材質が違う同じ12cmサイズのシフォンケーキ型も販売されているのですが、『新しい型を買わずにレシピを試してみたいので、他の型で代用できるものはありますか?』とのお尋ねがありました。

手っ取り早いのは、全く型をお持ちでなければ、そのままプレゼントできるような紙のシフォンケーキ型を使ったり、耐熱の紙コップやマフィンカップなどで作ることです。
ただ個人的には卵1個分の生地を紙型で小さく焼いた場合、側面が乾燥しやすく、しっとりさが減るように感じます。
(紙のサイズや材質、焼く温度などにもよります。卵を2~3個以上を使って1台分焼けるような、大きい紙型で作った場合はそこまで乾燥を感じにくいんですが…)

では金属製の型ではどうかということの理由をその時短くまとめられませんでしたので、今回は金属性の丸型を使って焼いて比較した写真を撮影してみました。
(長文です)


【使用した型・分量・それぞれの冷まし方】

比較のためのシフォンケーキ型、作り方が変わって来る共底・別底のそれぞれの丸型、すべて12cmサイズの3種類の型を使い、配合や焼き時間も同じ条件で作りました。
材質もすべて同じに揃えられたらもっと良かったのですが…

《配合》

☆卵黄生地
 卵黄 M1個分
 グラニュー糖 15g
 サラダ油 10g
 熱湯 15g
 薄力粉 20g
 ベーキングパウダー 0.5g
弱)
 バニラエッセンス 数滴

☆メレンゲ
 卵白 M1個分
 グラニュー糖 10g

《焼き時間》
 180度・20分



↑アルミは10年ほど酷使していてサビが目立ちます…
 この3つを作っても、材料費は17cmのシフォンケーキ1つ分


〔シフォン型〕と〔別底の丸型〕には油など何も塗らずに生地を流し込んで焼き、両方ともひっくり返して冷ましました。

〔共底の丸型〕は底が取れないため、底の部分にのみオーブンシートを敷き、生地を流し込んで焼いたら、ひっくり返さずにそのままケーキクーラーの上で冷ましました。



↑別底の型はこのように縁の部分に紙コップを置いてひっくり返しておいたため、ケーキの端の部分に少し跡が残ってしまいましたが…


丸型で焼くと、オーブンの中では型から溢れそうなほどドーム状に膨らんで、まるで大きなシュークリームの皮のようになって面白いんです。
出した瞬間からしぼむため、写真はオーブンの外から撮影したものなのですが、私のスマホではドアの網目部分や窓に映りこんだ景色に邪魔されてうまくピントが合いません…




そしてひっくり返したほうとそのまま冷ましたほうを、取り出す前に並べて撮影したのがこちらです。
どちらも中央がへこみ気味で、へこみ方もあまり差がないように見えます。



奥はアルミ・手前はステンレスで焼いたもの


【見た目と食感の違い】

それぞれしっかり冷まし、シフォンナイフで取り出しました。




なんとひっくり返さずにそのまま冷ましたほう(右側)は、取り出すとこんなに嵩が減ってつぶれてしまいました。
専用の型で作るシフォンケーキも、焼き時間が足りなかったり冷ます時間が短すぎるとしぼんでしまう傾向にありますが、やはりシフォン生地は「膨らんで型に張り付いた形を保ったまま冷まして、その形を定着させる」ための工程が必要だということですね。

だからと言って、これをひっくり返して冷ましておけばうまくいったのかというと、そうもいきません。
冷ましている間に底に敷いた紙がケーキの重さに引っ張られて、剥がれたまま冷まされてしまい、結局目が詰まってしまうからです。

とにもかくにも薄くなってしまい、カットするとなんだかチーズケーキのような見た目になりました。
それでも、ふわふわとはしていないものの、しっとりとして柔らかい美味しいケーキにはなりましたよ。




そしてひっくり返して冷ました方は、中央が少しへこんでいるものの、取り出しても形は変わらないまま。
中央のくぼみがクリームをトッピングするのに便利です。
この時を思い出します




カットしたあとで断面を撮影してしまったのでわかりにくいのですが、ふわふわ加減はシフォン型で焼いたものと比べてもひけをとりません。




右がシフォン型で焼いたケーキの断面。





【代用できるのは別底の型】

結論として、底が取れる(別底・底取)タイプの型を使い、ひっくり返して冷ませばシフォン型を使った場合と同じように仕上げることができます。
共底だと、紙を敷かないとうまく取り出せず、だからと言って紙を敷いていると逆さにした時にケーキの重みで紙が引っ張られて、結局冷ます間に目が詰まるためです。
気軽に作りたい場合は、紙のシフォンケーキも安価で便利です。


”シフォンケーキの型を何かで代用する”と言えば以前、紙コップや細い耐熱の筒状のものをアルミホイルでまくなどして、丸型の中央に立て、即席のシフォンケーキ型として使っているレシピも見かけたことがあります。



イメージとしてはこんな感じなのですが、面白いですよね。
(写真は21cmの丸型と紙コップ使用)



* * * * * * * *


◆このブログのシフォンケーキレシピ一覧
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12032681845.html

◆シフォンケーキ作りの工程の理由や材料についてなど《逆さに冷ます理由・BPや型についてほか》
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12126125996.html

◆シフォンケーキの主な失敗と原因、その対策《底上げ・膨らみ・焼き詰まり・腰折れ・気泡や空洞など》
 →https://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12126605395.html

◆他お菓子作りにおける材料の働きや作業の意味はこちらもどうぞ
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12128501443.html


テーマ:
レシピブログ×ハウス食品のスパイス大使として、今年度も活動継続が決まりました。
これが今年度一回目の投稿になります。
この一年もよろしくお願いいたします。

今月は《1日を元気にスタート!かんたん♪ハッピー朝ごはん》がテーマということで、まずはスイートバジルが香る、ミートソースとチーズをトッピングしたトーストを作りました。

使用するミートソースは具材の食感を楽しめる&塩分を調整できる手作りのものがぴったり。
今回は1つ前の記事で作ったミートソースを使ったのですが、市販のものでもOKです。
どちらにしてもGABANのスイートバジルの風味が加わるだけで、美味しさがグレードアップします。

特に今回使ったスイートバジルはフリーズドライなので、普通のドライよりも他の材料と馴染みやすく、そのまま食べるサラダなどにふりかけても口に残りにくいタイプです。
またパプリカパウダーもふりかけて彩りアップ(こちらはお好みで)。

休日のブランチの一品にもなりますし、いつもおなかがすいている中学生の息子はおやつに食べることも。
平日の忙しい朝でも簡単に作ることができ、これ1枚と飲み物やサラダだけでも満足です。




【材料】

1枚分

 食パン 1枚(食パン型で焼いた山食 2cm厚さのもの)
 ミートソース 大さじ2~3
 チーズ(ピザ用) 約10g
  (またはとろけるタイプのスライスチーズ1枚)
 GABANスイートバジル〈フリーズドライ〉 10ふり
 GABANパプリカ〈パウダー〉 好みで3ふり


【作り方】

①食パンにミートソースを塗り、スイートバジル〈フリーズドライ〉を6~7ふりほどたっぷりと全体に散らし、チーズを乗せる

②チーズに焦げ目がつくまでトーストし、更にスイートバジル〈フリーズドライ〉とパプリカ〈パウダー〉を全体にふりかける


朝ごはん料理レシピ
朝ごはん料理レシピ  スパイスレシピ検索


テーマ:
ただいまレシピブログの 「トマト・ソースをつかった時短!簡単!トマトレシピ♪」モニターに参加中です。
トマトを使った料理と言えば、我が家で一番作るのはミートソース。
ということで、今回はいただいたデルモンテの「基本の完熟トマト・ソース 濃縮タイプ」を使い、煮込み時間たったの5分!の時短ミートソースを作りました。





トマトを使った煮込み料理は、そんなに手間がかかるものではなくても、煮詰める時間がかかったり、缶やパックのタイプだと使い切りたくて一度にそこそこの量を作ることになりがちですよね。

このパックタイプなら、使いたい時に使いたい分だけ、1人分から作ることができます。
もちろん大皿料理にも便利です。




じっくり炒めた香味野菜やオリーブオイルが入って、ぎゅっと濃縮された美味しい完熟トマトソースのおかげで、時間をかけなくても簡単にコク深い味わいに。
水分量の調整も自在なので、簡単に理想の煮詰め具合に仕上げることができます。





《材料》

3人分

 合い挽き肉 250g
 玉ねぎ 正味200g
 にんにく 1かけ
 セロリ 50g
 デルモンテ「基本の完熟トマト・ソース 濃縮タイプ」 大匙5
 水 160cc
 ローリエ あれば1枚
 チリパウダー 適量(なくても可・風味が更に本格的に)
 オリーブオイル 大さじ1
 塩 必要な場合適宜


《作り方》

①にんにくをスライスし、玉ねぎ・セロリはみじん切りにする

②フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒め、香りが出てきたら玉ねぎ・セロリ・ひき肉の順に炒めて火を通す

③デルモンテ「基本の完熟トマト・ソース 濃縮タイプ」・水・ローリエ・好みのハーブ類を加えて4~5分ほど煮込む

④味を見て塩で調味


時短!簡単!トマト料理レシピ
時短!簡単!トマト料理レシピ


テーマ:
ただいまレシピブログの「キュキュット オーロラポンプ」レポートモニターに参加中です。
今回は期間限定・オーロラデザインボトルの《ビタミンベリーの香り》を使ってみました。

ピンク色のボトルは気分が明るくなり、香りもなんだか甘くて女子らしいイメージです。
とは言え洗い流せばにおいは残りません。





”ボトルを持ち変えずに、ワンプッシュで継ぎ足しできるということが思った以上に便利”だというのは先日も書きましたが、それ以外にもわかったことが、
《手が触れるのはポンプを押す部分のみなので、ボトルの本体部分が汚れにくい》
ということです。

これは本当に気持ちが全然違います。
毎日のことだからこそ、こういう小さな部分のストレスをなくせるのは画期的だと感じました。


キュキュットオーロラポンプお試しレポート
キュキュットオーロラポンプお試しレポート




昨日で本震から2年でした。
なんだか時間の進み方が速かったような遅かったような、不思議な気持ちです。
新聞やラジオ、ニュースなどでいろいろな意見や想いを耳にしますし、あれから生活や考え方が変わった部分もありました。

もうきっとあれほどの大きな地震は来ないだろうと思いつつも、以前も何度か書いたことがある《常時車に積んでいる、避難に必要なセット》の中身を確認し、一部新しいものと取り換えるなどしました。
子供の学校では引き渡しの訓練などが予定されていますし、我が家でも今一度生活や日々の安全対策を見直す時期として今後定着させていければ考えています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。