型にはまったお菓子なお茶の時間

お菓子の型が700超えたのを機に立ち上げたレシピブログです。
基本的な丸やパウンド型などがあれば大抵のお菓子は作れると思います。
でも私の場合は毎日お菓子やパンを作っていて、年に1度も使わない型は1つもない位に型やお菓子(市販含む)が大好きです!



             

本レシピ本を出版しました。
レシピブログお菓子ジャンルNo.1 レパートリーが増える112レシピ
anのお菓子な時間/河出書房新社
2014.7.22 1404yen
アマゾン楽天紀ノ国屋TSUTAYAラッキーズコーヒー、書店にて発売中です。

本ただいまスイーツパッケージのお店・suipa楽天店さんのモニターブロガーをさせていただいています。
 →http://www.rakuten.ne.jp/gold/suipa/moniter/an.htm

本Ameba公式ライターとしてキュレーションサイトに記事を投稿しています。
 →http://by-s.me/writer/4081

●材料・お菓子別レシピ一覧はこちらからどうぞ
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12087590342.html


テーマ:
材料は似ていてもレアチーズケーキとはまた少し違う、クリームチーズを使ったババロアのレシピです。
チーズをなめらかに牛乳に溶かすのが、口あたりよく仕上げるポイント。
スポンジケーキを敷いてもケーキ風で美味しいですし、酸味があるベリーやキウイなどの酸味系のフルーツを使ったソースを合わせるのもおすすめです。

今回はシリコン製のダリア型で固めました。
どの角度から見ても、細かい花びらの模様が浮き出て素敵なんです。
もちろんカップで固めても。

◆余った卵白はこちらで消費
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12095068421.html



今回のソースは、冷凍ミックスベリーに3割のグラニュー糖と共に中弱火にかけ、つぶしながらソース状になるまで煮ました。


【材料】

100~110cc容量の型・カップ 4つ分

 卵黄 35g (M2個分)
 グラニュー糖 30g
 クリームチーズ 60g
 レモン汁 5cc
 牛乳 150cc
 生クリーム 100cc
 バニラエッセンス 5滴
 粉ゼラチン 5g
 水 30cc


【準備】
○クリームチーズを室温に戻す
○ゼラチンを水にふり入れ、10分以上ふやかす
 →水をゼラチンに加えるとだまになり溶けにくくなるので、順番を間違えない


【作り方】

①小鍋に牛乳を入れて中火で温め、沸騰直前に火を弱めてクリームチーズを入れ、沸騰したり焦げたりしないよう絶えず混ぜつつ、チーズを溶かし、少し冷ます

②ボウルに卵黄と砂糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜ、そこに少しずつ静かに①を加えて溶きのばす

③②を小鍋に戻し入れ、中弱火~中火程度の火にかけて、ゴムベラで絶えず鍋底を掻くように混ぜながらとろみがつくまで煮て、火を止める

④ゼラチンを500Wのレンジに30秒ほどかけて溶かし、バニラエッセンス・レモン汁と共に④に加えてよく混ぜ合わせたら、漉しながらボウルに移す

⑤ボウルの底を氷水に浸けて、軽く混ぜながらとろみがつくまで冷やす
 →とろみがついて次の工程に移る際、そのまま底を氷水につけて放置しておくと接している底の部分が偏って固まる場合があるので、ボウルは取り出してから⑥へ

⑥生クリームを、すくうと流れて筋が残らない程度の六分立てにする
 →固く泡立てすぎると、次でなめらかに混ざりにくい

⑦とろみがついた⑤と⑥のクリームを底のほうから均一になるように混ぜ、カップに入れて冷蔵庫で冷やし固めるか、型を使う場合は次のどちらかの方法で冷やし固めて盛り付ける

《アルミやステンレスのシンプルな型で固める場合》
 →型から抜きたい場合は、先に型に薄く油を塗ってから流し込み、冷蔵庫で冷やし固め、淵を軽く押さえて空気を入れながら取り出すか、型をさっと湯につけてババロアとの隙間を作り、皿に取り出す

《シリコンの型に流して複雑な形で抜きたい場合》
 →凍庫で冷やし固め、しっかり凍ったら取り出して皿などに乗せ、冷蔵庫で数時間かけてゆっくり解凍してから食べる。
 急ぐ時は常温でも解凍できるものの、目視では食べるタイミングが難しい(早すぎると固く、常温に戻しすぎるとぬるくなるので)


●今回使用した型はこちら。
 この型1枚=ダリア6つ分作りたい場合は、材料を各1.5倍にしてください。

【シリコマート・Silikomart】シリコンフレックスSF078 DAHLIA ビッグ ダリ...

¥1,728
楽天

【スポンジケーキを敷きたい場合】
 レシピはババロアのみですが、5mm厚さのスポンジケーキを直径6cmの丸セルクルでカットしたものを、ババロアの底になる面に軽く埋め、固めます。
 カップで固めたい時にスポンジを使う場合は、先に敷いてからシロップを打ち、生地を流しこんで冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
チョコレート味の濃厚なババロアレシピです。
スプーンを入れても弾力があるのに、口に入れて体温で溶けると、クリームを食べているかのようななめらかさに変化します。
甘さを調整し、チョコレートの種類を変えて作ることもできます。

◆余った卵白はこちらで消費
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12095068421.html





【材料】

80ml容量の型 6個分

 卵黄 35g (M2個分)
 グラニュー糖 25g
 ミルクチョコレート 70g
 牛乳 150cc
 生クリーム  100cc
 バニラエッセンス 5滴
 粉ゼラチン 5g
 水 30cc


【準備】
○ゼラチンを水にふり入れ、10分以上ふやかす
 →水をゼラチンに加えるとだまになり溶けにくくなるので、順番を間違えない
○チョコレートを刻む


【作り方】

①小鍋に牛乳を沸騰直前まで温め、チョコレートを加えて溶かし、粗熱を取る

②ボウルに卵黄と砂糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜ、そこに少しずつ静かに①を加えて溶きのばす

③②を小鍋に戻し入れ、中弱火~中火程度の火にかけて、ゴムベラで絶えず鍋底を掻くように混ぜながらとろみがつくまで煮て、火を止める
 →火を入れすぎるとチョコレートの油脂分が分離するので、

④ゼラチンを500Wのレンジに30秒ほどかけて溶かし、バニラエッセンスと共に④に加えてよく混ぜ合わせたら、漉しながらボウルに移す

⑤ボウルの底を氷水に浸けて、軽く混ぜながらとろみがつくまで冷やす
 →とろみがついて次の工程に移る際、そのまま底を氷水につけて放置しておくと接している底の部分が偏って固まる場合があるので、ボウルは取り出してから⑥へ

⑥生クリームを、すくうと流れて筋が残らない程度の六分立てにする
 →固く泡立てすぎると、次でなめらかに混ざりにくい

⑦とろみがついた⑤と⑥のクリームを底のほうから均一になるように混ぜ、カップに入れて冷蔵庫で冷やし固めるか、型を使う場合は次のどちらかの方法で冷やし固めて盛り付ける

《アルミやステンレスのシンプルな型で固める場合》
 →型から抜きたい場合は、先に型に薄く油を塗ってから流し込み、冷蔵庫で冷やし固め、淵を軽く押さえて空気を入れながら取り出すか、型をさっと湯につけてババロアとの隙間を作り、皿に取り出す

《シリコンの型に流して複雑な形で抜きたい場合》
 →凍庫で冷やし固め、しっかり凍ったら取り出して皿などに乗せ、冷蔵庫で数時間かけてゆっくり解凍してから食べる。
 急ぐ時は常温でも解凍できるものの、目視では食べるタイミングが難しい(早すぎると固く、常温に戻しすぎるとぬるくなるので)





【スポンジケーキ】
 レシピはチョコレートババロアのみですが、写真では5mm厚さのココアのスポンジケーキを直径6cmの丸セルクルでカットしたものを、ババロアの底になる面に軽く埋め、固めました。
 カップで固めたい時にスポンジを使う場合は、先に敷きこんでからシロップを打ち、生地を流しこんで冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです。


●今回使用した型はこちら
Silikomart(シリコマート) シリコンフレックス 半球φ70(6ヶ取)[SF002] ...

¥1,782
楽天
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
黒豆の甘露煮をたっぷり使った、濃厚でなめらかな食感のババロアレシピです。
ラム酒の有無はお好みですが、黒豆の風味とも相性が良く、ラム酒の香りが好きならばぜひ入れることをおすすめします。

黒豆と言えば、もう今の時期からおせちの広告を見かけたりしますね。
少し先の話ですが、黒豆の甘露煮をたくさん作っても余りがちなお正月のあとに、ちょっと雰囲気を変えて食べたいと言った時のリメイクにもぴったりです。


◆ほかの黒豆を使ったお菓子はこちらの一覧から
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12111696312.html

◆余った卵白はこちらで消費できます
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12095068421.html



少し縦長のアルミのプリン型で固めて、黒豆の甘露煮・クリーム・きなこをトッピング。


~作り方~

100cc容量の型・カップ 4つ分

 牛乳 130g
 黒豆の甘露煮 100g
 黒豆の甘露煮のシロップ 30g
 生クリーム 100g
 卵黄 M2個(35g)
 グラニュー糖 30g
 バニラエッセンス 5ふり
 ラム酒 5~8cc
 粉ゼラチン 5g
 水 30cc

★市販品の黒豆の甘煮を使う場合は、シロップの部分は牛乳に変え、甘さを調整する


①ゼラチンを水にふり入れ、10分ふやかす
 →水をゼラチンに加えるとだまになり溶けにくくなるので、順番を間違えない

②牛乳・甘露煮・そのシロップをミルミキサーでなめらかになるまでよく撹拌する

③ボウルに卵黄と砂糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜ、そこに少しずつ静かに②を加えて溶きのばす

④③を小鍋に入れ、中弱火~中火程度の火にかけて、ゴムベラで絶えず鍋底を掻くように混ぜながらとろみがつくまで煮て、火を止める
 →火を入れすぎるともったりしすぎるので、その手前で止める

⑤ゼラチンを500Wのレンジに30秒ほどかけて溶かし、バニラエッセンス・ラム酒と共に④に加えてよく混ぜ合わせたら、漉しながらボウルに移す

⑥ボウルの底を氷水に浸けて、軽く混ぜながらとろみがつくまで冷やす
 →とろみがついて次の工程に移る際、そのまま底を氷水につけて放置しておくと接している底の部分が偏って固まる場合があるので、ボウルは取り出してから⑦へ

⑦生クリームを、すくうと流れて筋が残らない程度の六分立てにする
 →固く泡立てすぎると、次でなめらかに混ざりにくい

⑧とろみがついた⑥と⑦のクリームを底のほうから均一になるように混ぜ、カップに入れて冷蔵庫で冷やし固めるか、型を使う場合は次のどちらかの方法で冷やし固めて盛り付ける

《アルミやステンレスのシンプルな型で固める場合》
 →型から抜きたい場合は、先に型に薄く油を塗ってから流し込み、冷蔵庫で冷やし固め、淵を軽く押さえて空気を入れながら取り出すか、型をさっと湯につけてババロアとの隙間を作り、皿に取り出す

《シリコンの型に流して複雑な形で抜きたい場合》
 →凍庫で冷やし固め、しっかり凍ったら取り出して皿などに乗せ、冷蔵庫で数時間かけてゆっくり解凍してから食べる。
 急ぐ時は常温でも解凍できるものの、目視では食べるタイミングが難しい(早すぎると固く、常温に戻しすぎるとぬるくなるので)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はレシピではないのですが、久しぶりにエンゼルシフォンケーキを焼きました。
最近ババロアばかり続いていたのは、はまっていたからという他にこの卵白で作るケーキが食べたかったからでもあったんです。
でもまだもう少しババロアレシピが続きます♪



↑白いのでパンみたいな見た目です。今の時期だとベリーは冷凍ものですが、クリームとともに必ず添えます。


そういえばその前にクッキーを焼いていてオーブンから天板を出す際、親指と人差し指の間の内側の部分がものすごく熱く感じたので、よく見るとミトンのその部分が破れて火傷していました。
そこは天板を持つと必ず当たる部分だからミトンも劣化していたのかもしれませんが、こんなこともあるんだなとびっくり。
長く使ってはいるので、ほかの部分も少し薄くなってきたような感じがしないでもありませんが、買い換えるか、まだ縫って使うか迷うところです。

ついでに驚いたといえば、11年使ってきた冷蔵庫内の電球が初めて切れました。
考えたら、毎日何度も開閉していても、こんなに持つものなんですね!


+++++++++++


ところでアクセス解析を見ていたら、泡スプレーへのモニター記事へのアクセスが多いようでした。
CMも見かけますし気になっている方は多いということかもしれませんね。
そういう私もこのモニターをきっかけにスポンジやスクレーパーなどいろいろな洗い物グッズが気になりだし、ボトルブラシを買い換えました。

水筒洗いに欠かせないボトル用のブラシですが、スポンジタイプのものだと汚れるのが早かったりにおいがついたり、ナイロンブラシタイプのものもちょっと使わないでおいておくと抜けやすく劣化していたりと、長く使えるものに出会えなくて困っていたんです。
(いつもあまりそんなに高額ではないものを購入しているからというのもあるのかもしれませんが)

安いものを何度も買い換えるよりは、ちょっと金額を出しても長く使えるものがあればと、以前載せたハリネズミの形をしたテーブルブラシがとてもよかった、REDECKERのソーダボトルブラシを注文してみました。
(今回も同じくBONNEで注文。
今は10/5まで一人一回使える割引クーポンも発行されていて20%OFFのコード番号は、24226307です。
毎月この割引を知るから注文してしまうというのも一理…)





実際に使ってみると、張りのある豚毛が使われているのですがガラスの瓶を傷つけることもなく、先端の毛流れが異なる作りになっているので、奥で軽く回転させるだけでムラなく隅まで洗うことができる優れもの。
(これまでは力を入れて回さないとなかなか隅には届かないものを使っていたので…)

以前使用していたものと比較すると、持ち手がにぎりやすいので滑りにくく、柄もプラスチックではないので適度にしなり、スポンジと比べて泡立ちも良好。
見た目もカラフルすぎないのでキッチンで浮くこともなく、あとはこれが長持ちしてくれるなら言うことはないのですが…大切に使いたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なめらかな食感で、甘さの中にほろ苦いキャラメルの風味もしっかりと味わえる、キャラメルババロアのレシピです。
一人分ずつシリコン製の型に入れて固め、ちょうど作っておいた栗の渋皮煮やキャラメリゼしたナッツ、クリームやピックを飾ったら、今の時期にぴったりのケーキになりました。

キャラメルは、焦がしすぎると食べる時に苦みが強く出てしまうものの、火からおろすのが早すぎても色と風味が薄く、甘みが強くなるので、”そのままで美味しいキャラメルミルク”を作ることがポイント。
トッピングに合わせて焦がし具合や甘さを調整するのもおすすめです。

写真でのババロアには中央が空洞にできあがる型を使ったので、クリームやキャラメリゼしたフルーツを詰めても食べ進めるのが面白いですし、キャラメル味にスポンジケーキを合わせるなら、ココア以外にコーヒー味やプレーンなジェノワーズもぴったりです。

◆ほかのキャラメル味のお菓子はこちらの一覧から
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12016530957.html

◆余った卵白はこちらで消費できます
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12095068421.html





《材料》

100cc容量の型 4個分

 グラニュー糖(キャラメル用) 30g
 生クリーム 100cc
 牛乳 150cc
 卵黄 2個
 グラニュー糖 40g
 バニラエッセンス 5ふり
 粉ゼラチン 5g
 水 30cc 


《準備》
○ゼラチンは水にふり入れて10分以上ふやかす
 →水をゼラチンに加えるとだまになり溶けにくくなるので、順番を間違えない
○牛乳を50度程度に温めておく
 →キャラメルミルクを作る際に砂糖との温度差をできるだけなくして、混ざりやすくはねにくくするため


《作り方》

①小鍋にキャラメル用のグラニュー糖を熱し、紅茶のような色になったら火を止めて、温めておいた牛乳を加えて溶き伸ばす
 →焦がしすぎると食べる時に苦みが強く出てしまうものの、火からおろすのが早すぎても色と風味が薄く、甘みが強くなるので、ここでは”そのままで美味しいキャラメルミルク”を作ることがポイント

②ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜ、そこに少しずつ静かに小鍋のキャラメルミルクを加えて溶きのばす
 →甘さを後から加減したい場合は、ここではグラニュー糖を少な目(30~35g程度)に混ぜておき、あとから④で火を止める前に味を見て加えることもできる

③②を小鍋に入れて中弱火~中火程度の火にかけて、ゴムベラで絶えず鍋底を掻くように混ぜながら、煮立たせないようにしつつしっかりとろみがつくまで煮る

④途中いったん火を止め、ゼラチンを500Wのレンジに30秒ほどかけてなめらかに溶かし、バニラエッセンスとともに小鍋に加えてよく混ぜる
 →一度甘さを見て、甘みが足りなければグラニュー糖を適量加えて溶かす(このあとクリームを混ぜると薄まることを考え、ここではやや甘めに感じるよう調整する)

⑤小鍋の中身をボウルに移し、ボウルの底を氷水に浸けて、軽く混ぜながらとろみがつくまで冷やす
 →とろみがついて次の工程に移る際、そのまま底を氷水につけて放置しておくと接している底の部分が偏って固まる場合があるので、ボウルは取り出して⑦へ

⑥生クリームを、すくうとさらっと落ちて筋が残らない程度の六分立てに泡立てる
 →固く泡立てすぎると、次でなめらかに混ざりにくい

⑦とろみがついた⑤と⑥のクリームをなめらかに混ぜ、次のどちらかの方法で冷やし固めて盛り付ける

★薄く油を塗った型やカップに流して固める場合
 →冷蔵庫で冷やし固め、型から抜く場合は型をさっと湯につけてババロアとの隙間を作り、皿に取り出す

★シリコンの型に流して複雑な形で抜きたい場合
 →凍庫で冷やし固め、しっかり凍ったら取り出して皿などに乗せ、冷蔵庫でゆっくり解凍してから食べる。
 急ぐ時は常温でも解凍できるものの、目視では食べるタイミングが難しい(早すぎると固く、常温に戻しすぎるとぬるくなるので)


【スポンジケーキについて】
 レシピはキャラメルババロアのみですが、写真では5mm厚さのココアのスポンジケーキを型の口の大きさにカットしたもの(写真では7cmの丸セルクルで抜いたもの)を、ババロアに蓋をするように乗せて固め、軽くシロップを打ってから固めました。
 カップで固めたい時にスポンジを使う場合は、先に敷きこんでからシロップを打ち、生地を流しこんで冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです。




●今回使用した型はこちら。
 6個分作りたい場合は各材料を1.5倍にしてください。

注)画像をご覧下さい【シリコマート・Silikomart】シリコンフレックスSF061 FAN...

¥1,728
楽天
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。