型にはまったお菓子なお茶の時間

お菓子の型が700超えたのを機に立ち上げたレシピブログです。
基本的な丸やパウンド型などがあれば大抵のお菓子は作れると思います。
でも私の場合は毎日お菓子やパンを作っていて、年に1度も使わない型は1つもない位に型やお菓子(市販含む)が大好きです!



             

本レシピ本を出版しました。
レシピブログお菓子ジャンルNo.1 レパートリーが増える112レシピ
anのお菓子な時間/河出書房新社
2014.7.22 1404yen
アマゾン楽天紀ノ国屋TSUTAYAラッキーズコーヒー、書店にて発売中です。

本ただいまスイーツパッケージのお店・suipa楽天店さんのモニターブロガーをさせていただいています。
 →http://www.rakuten.ne.jp/gold/suipa/moniter/an.htm

本Ameba公式ライターとしてキュレーションサイトに記事を投稿しています。
 →http://by-s.me/writer/4081

●材料・お菓子別レシピ一覧はこちらからどうぞ
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12087590342.html

NEW !
テーマ:
昨日のレシピのアレンジで、抹茶のアイスクリームを抹茶味の求肥で包んだアイスクリーム大福を作りました。
市販の抹茶アイスは季節限定のことも多いので、時期を問わず食べられるよう抹茶アイスの分量も載せていますが、市販・手作りどちらでも作ることができます。
冷凍庫から出して少し待ち、求肥のもっちり感を感じられる柔らかさになってからが食べごろです。

抹茶に関する大福レシピはほかにも3つ載せています。
名前をクリックすると作り方のページが開きます。

抹茶のクリーム大福

抹茶の生チョコ大福

黒豆大福 抹茶あん包み





~作り方~

約7cm大 4個分

☆抹茶の求肥
 白玉粉 50g
 水 90cc
 グラニュー糖 40g
 抹茶 2g
 片栗粉(またはコーンスターチ)適量

☆抹茶アイス(市販品を使う場合は300~320ml分)
 生クリーム(脂肪分35~40%) 200cc
 牛乳 30cc
 卵黄 M~L1個分
 グラニュー糖 50g
 抹茶 5g
 熱湯 20cc


抹茶アイスはこのページを参考に作り、出来上がったらアイススクープですくったり、4等分してラップなどで直径6cm程度の半球に近い形に整えて、再度しっかり冷凍しておく

★あれば直径6~7cmのシリコンゴム製の半円型で固めておくと、形やサイズが揃い、工程⑤で包んだあとにも綴じ目を上にした状態で大福を再度型のくぼみにはめて冷やすことができるなど、形よく仕上げることができます(参考写真はこちらのページの一番下

②白玉粉・水・グラニュー糖・抹茶を耐熱容器でよく混ぜ、ラップをかけずに電子レンジに入れ、500Wで1分加熱

③まんべんなく混ぜて再度500Wで1分加熱し、更に混ぜてつやが出ていればOK(熱が通って伸びる状態)
 →白く加熱されていない部分がある状態、また求肥の量を加減する場合は、様子を見ながらレンジにかける時間を調整

④まな板に片栗粉を大目にふった上に取り出して片栗粉を表面にまぶし、あら熱が取れたら約18cm四方に薄くのばして、包丁などで4等分に切り分ける
 →べたついてきたらすぐに手や生地に片栗粉をまぶす

⑤求肥が冷めたら、中央に冷凍庫から出したてのしっかり凍ったアイスを置いて手早く包み、綴じ目はしっかりつまんで閉じて、再度冷凍庫でしっかりと冷やす
 →伸びやすいので破れないよう注意しながらとにかく手早く行う
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
アイスクリームを求肥で包んだ、雪見だいふく風レシピです。
私が大福を作る時のいつもの求肥と材料は変わりませんが、冷凍しても硬くなりにくい配合になっています。

冷凍庫から出してすぐでもおいしいのですが、少し待つとアイスが柔らかく、より求肥のもっちり感を感じられて食べごろに。
アイスクリームの種類を変えればバリエーションも楽しめます。

●アイスクリームレシピ一覧
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12040337104.html

写真のバニラアイスはこちらのレシピで作ったものですが、もちろん市販のものでも作ることができます。




工程①ではラップで成形する方法を説明していますが、あれば直径6~7cmのシリコンゴム製の半円型で固めておくと、形やサイズがそろうためラップに包んで形を作っておく必要がなく、工程⑤で包んだあとに綴じ目を上にした状態で大福を再度型のくぼみにはめて冷やすことができるなど(レシピ下の写真)、形よく仕上げることができます。


~作り方~

4個分

 白玉粉 50g
 水 90g
 グラニュー糖 40g
 片栗粉(またはコーンスターチ)適量
 バニラアイス 300~320ml分


①バニラアイスはアイススクープですくったり、4等分してラップに包んで直径5~6cm程度の半円に近い形に整えておき、再度しっかり冷凍しておく

②白玉粉・水・グラニュー糖を耐熱容器でよく混ぜ、ラップをかけずに電子レンジに入れ、500Wで1分加熱

③まんべんなく混ぜて再度500Wで1分加熱し、更によく混ぜてつやが出ていればOK(熱が通って伸びる状態)
 →白く加熱されていない部分がある状態、また求肥の量を加減する場合は、様子を見ながらレンジにかける時間を調整

④まな板に片栗粉をたっぷりふった上に取り出して片栗粉を表面にまぶし、あら熱が取れたら約20cm四方に薄くのばして、包丁などで4等分に切り分ける
 →べたついてきたらすぐに手や生地に片栗粉をまぶす

⑤求肥が冷めたら中央に冷凍庫から出したてのアイスを置いて手早く包み、綴じ目はしっかりつまんで閉じて、再度冷凍庫でしっかりと冷やす
 →綴じ目があまりに分厚くなってしまった場合は、少し触ってもアイスが溶けないくらいになるまで凍らせてから、分厚い部分をキッチン鋏で切り落として、切り口に片栗粉をまぶして整えることができる



→今回はこの型を使用してアイスを成形し、出来上がりの形を保ちましたが、似たような形の容器にラップを敷いて代用することもできます。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前の記事をアメーバのトピックスに取り上げていただいたようで、たくさんのいいねや読者登録などありがとうございます!
一人一人にお返しできないのが申し訳ないのですが、嬉しく励みになります^^

ところで明日は『朝時間.jp』の“今日のイチオシ朝ごはん”と言うコーナーにて、水出しハーブティーで作るミックスベリーのフルーツビネガーウォーターレシピが掲載されます。

●朝時間.jp(掲載は25日のみ)
 →https://asajikan.jp/

そのレシピはレシピブログで開催されたフルーツビネガーウォーターコンテストにてブログレシピ部門のグランプリをいただいたレシピなのですが、先日その賞品であるミツカン商品詰め合わせが届きました!





今の時期は特にさっぱりしたものを食べたり飲んだりしたくなるので、とてもありがたいです♪
その中でも初めて見たのが「十目ちらし」
五目ではなく十目、自分でえびやいくらなどの海鮮を載せたらさらに具だくさんで豪華になりますよね!

カンタン酢シリーズは、以前スーパーで試食させてもらって購入したことがあるのですが、ピクルスもマリネもすぐにできちゃうのが本当に便利で助かります。

黒酢は希釈用のブルーベリー味とストレートで飲めるりんご味をいただいたのですが、黒酢ドリンクは癖があるイメージだったので、ジュースみたいな予想以上の飲みやすさにびっくり。
特にお酢の微炭酸のようなのどごしが好きなこともあり、暑くて疲れた日にはとても美味しく感じるのですっかりハマっています。
カロリーオフなのも嬉しいですし、パッケージには”内臓脂肪が気になる方に”と書かれていたので、甘いものが飲みたくなったらジュースよりもこういうドリンクを飲むほうが健康的かもしれませんよね。

レシピブログ様、ミツカン様、本当にありがとうございました!





それからこの度料理研究家に特化したプロダクション【HMH事務所】様よりお声がけいただきまして、これから活動が始まるオフィシャルハンドレッドという47都道府県100名以上の料理ブロガー集団メンバーに加わらせていただくことになりました。
具体的に何かありましたら、いろいろとお知らせしていけたらと考えています。

日本を丸ごと元気に!今世紀最大!
ビッグプロジェクト『47都道府県応援隊』!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レシピブログ内《くらしのアンテナ》コーナーにて、かき氷シロップを使ったシャーベットレシピをご紹介いただきました。
いつもありがとうございます。

●今年の夏は使い切ろう!かき氷シロップ活用法
 →http://www.recipe-blog.jp/antenna/103932

そのレシピブログで開催中の「スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ」モニターに参加中です。
今回はレモングラスでゼリーを作りました。
アガーで固めたので透明感があり、ところてんつきで押し出したので見た目にも涼し気です。

またレモングラスにはリフレッシュ成分や殺菌作用もあるので、風邪の初期症状にも効果的なのだとか。
最近周りに夏風邪をひいている人が多いなと感じるのですが、レモングラスゼリーをおやつに食べれば、ついでに予防効果も期待できるかも?



↑添えているのは、昨日もレシピを載せた和梨のコンポート
 こちらも梨・シロップ共にレモングラス風味で、ゼリーとの相性は抜群です♪


~作り方~

3~4人分

☆ゼリー
 GABANレモングラス 20本
 グラニュー糖 25g
 アガー 8g※
 水 300cc

☆コンポート
 和梨 1個(正味約200g前後)
 水 100cc
 グラニュー糖 40g
 レモンスライス 2枚
 GABANレモングラス 10本


①レモングラス風味の和梨コンポートを作り、冷やしておく

1.コンポート用の和梨は皮と種を除いて16等分して小鍋に入れる
2.ほかのコンポートの材料も加えて火にかけ、煮立ったら弱火で15~20分ほど煮る
3.火をとめて、粗熱が取れたら冷蔵庫へ(時間があれば半日ほど置いておくと味がなじむ)

②レモングラスゼリーを作る

1.ゼリー用のレモングラスと水を小鍋に入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして色と香りが出るまで2分煮出し、一度レモングラスを濾してから鍋に戻す
2.別の容器でアガーとグラニュー糖を混ぜてから、1に入れてよく混ぜながら火にかけ、1分ほど混ぜながら軽く煮立ててアガーを完全に溶かす
3.タッパーや流し缶などの長方形に固められる容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める

③レモングラスゼリーが出来上がったら、ところてん突きに入るサイズに細長くカットして突き出し、コンポートとレモンを添えて食べる

★盛り付け時、レモングラスは取り除きます

さわやか風味の料理レシピ
さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索



ところてん突きと、それに入れやすいサイズにカットしやすい流し缶は、よくセットで使っています。
URLのリンク先は携帯電話で撮影していたころの写真なので今よりも不鮮明ですが、これらを使った水ゼリーレシピもおすすめです。
 →http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-11341141416.html

ところ天突

¥864
楽天

玉子トーフ器 小

¥493
楽天
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レシピブログ内《くらしのアンテナ》にて、葛まんじゅうやわらびもちレシピをご紹介いただきました。
いつもありがとうございます♪

●夏のおもてなしに♪簡単に出来るひんやり和菓子レシピ
 →http://www.recipe-blog.jp/antenna/103885

そのレシピブログで開催中の「スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ」モニターに参加中です。
今回はいただいたレモングラスを使って、和梨のコンポートを作りました。

甘いレモングラスティーで煮たのと同じなので、シロップには爽やかな香りとかすかな苦みを感じられます。
レモングラスには胃腸の調子を整える作用があるので、食後のデザートにもぴったりです。
アイスクリームやヨーグルトによく合います。





~作り方~

作りやすい分量(8人分)

 和梨 2個(正味約400g前後)
 水 200cc
 グラニュー糖 80g
 レモン汁 15cc(またはレモンスライス3枚)
 GABANレモングラス 20本


①和梨は皮と種を除き、それぞれ16等分にして小鍋に入れる

②ほかの材料も加えて火にかけ、煮立ったら弱火で20分ほど煮る

③火をとめて、粗熱が取れたら冷蔵庫へ(時間があれば半日ほど置いておくと味がなじむ)


スパイスでお料理上手 スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ
さわやか風味の料理レシピ
さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。