... 猫 部 屋 ...

三毛猫のお部屋。
美緒・胡桃・花梨・絵梨のゆかいな日常。


テーマ:

にゃりーん。

 

珍しい二匹が一緒にいたので、思わずカメラを構えてしまいました。

美緒と花梨がこんな近い距離にいるなんて!

 

しかも美緒が

花梨のお世話をするなんて!?今日は雨か嵐か!?

 

と思っていたら

 

やっぱりすぐに

ぶはーっ、ぼこぼこぼこっ!!むかっ

 

ってなっちゃいました(^^;)。・・・嫌なんなら、近づかなきゃいいのにねえ~?(笑)

(それにしても、花梨のしょっぱい顔^^;)。

 

そんなこんなで今日も賑やかな三毛田家ですが、

 

にゃりーん!

にょ!?

 

 

花梨嬢、今日で9歳です。

 

ええっ!?花梨てばもうそんな妙齢のご婦人に・・・!?

 

 

いつまでも子供のようで、天真爛漫あんぽんたんな花梨。

ずっとそのまま、愛すべき花梨のままでいてね~。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ福島にも、そして三毛田家にも、ついに待ち望んでいた春がやって来ました!

 

週末に花見山でもらって来た、桜と花桃ちゃん。どちらも蕾の枝をもらって来たのですが、

あっという間に桜が満開に!! (→花見山に行ってきました日記を読む:笑)。

 

にまにましながらひたすら眺めていたら、早速胡桃が来て・・・

くんくん くんくん。

 

「なんだ、食べられないじゃん」(胡桃)

と、見向きもせず(笑)。

 

 

次いでやって来たのは、花梨嬢。

くんくん、くんくん。

やはり見向きもせず。

 

しかして、さっさと立ち去るかと思いきや・・・

 

どすっ!

花瓶の後ろに寝ころび、「チョー面白くな~い」と言わんばかりに

しっぽを びったん びったん びったん びたん。

 

・・・何でしょう、もしかして

「花なんか見てないで花梨を見なさいよ!」

と、ジェラシーメラメラメラメラなんでしょうか・・・。

 

何とも愛いヤツめ。

 

 

 

で、美緒はどうしたって?

花梨の陰にひっそり映り込んでいますが、まるで興味がないそうです、はい。

 

 

三毛隊 三者三様。

 

ちょっとした春の一コマでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この週末は、ばあばのお供で早朝に高速道路をひた走り、福島市の花見山に行ってきました。

 

>>花見山情報(開花情報・交通規制・駐車場・Map・シャトルバス情報など

>>花見山公式HP

>>注意事項他

 

というわけで、折角ですので福島県が全国に誇る「お花見のメッカ」、花見山地区についてご紹介

しちゃいます。なおもし「いいなあ、行ってみようかなあ」なんて思われた方。

特に桜のシーズンは「桃源郷」と言われるように、一見の価値あり!ですよ。

是非トライしてみて下さいね(お花の開花情報は、上記のリンク先でご確認ください)。

 

ちなみに訪れた2017年4月16日(日)は、快晴&地域全体が満開最高潮と、最高のお花見日和と

なりました。

 

(以後、写真がてんこ盛りですので、心してお進み下さい。)

 

 

さあ、やって来たのは福島市の渡利(わたり)地区。

この愛すべき鄙の風景には、そこかしこに美しい花木が点在しております。

 

というのも元々この地域は養蚕が盛んだったのですが、時代の変化を経て次々と花卉園芸農家

へと転身して行ったために、長い年月を経た今では、集落のどこを見ても美しい花木を楽しむ事が

出来るという素晴らしい環境になったのでした。

 

 

おかげで、本当~にどこを見ても、見渡す限りの花、花、花。

赤い木瓜(ぼけ)がとってもきれい。

 

菜の花と桃の花のコントラストが愛らしい。奥に見える雪山は栗子山。

右手のテレビ電波塔(FTV)の後ろにあるのが信夫山。

 

なお春に「桜が美しい名所」はそれこそたくさんありますが、花見山地区の特色と言えばやはり、桜と

同時に多種多様の花木が花をつけるので、赤・黄色・紫・ピンク・白・緑と、それはそれは鮮やかな

風景を楽しむ事が出来るという一言につきます。

ハクモクレン、花桃、桜、雪柳、レンギョウ、木瓜に菜の花が百花繚乱。

 

 

何だか見ているだけでウキウキしちゃいます。春だー!!っと大声で叫びたい気分(笑)。

 

そしてこんな素敵小道を、お花を堪能しながらてくてく歩いて行くと、やがて「花見山公園(という

名の山)」が見えてきます。

 

山がとってもカラフルだ!ちなみにこの山、実は個人宅の「庭」なのです(笑)

 

なおここですぐ花見山公園敷地に入らず、そのまま心臓破りのきつい坂道をどんどん登って行くと

 

ばばーん。

手前にお花が咲きほこる花見山、その奥に福島市のシンボルたる吾妻小富士(あづまこふじ)と

吾妻連峰を一緒に楽しむ事が出来ます。う、美しい・・・。

 

ちなみにこの吾妻小富士。

中央右手の斜面の雪が解けてくると「雪ウサギ」が姿を現し、それが種まきの合図とされてきました。

なお今年は雪解けがちょっと遅く、まだうさぎっぽくありません(何かネコっぽい?:笑)。

 

という事で、花見山公園の外観を楽しんだ後は、いよいよ公園敷地(という名のA様宅のお庭)に

入って行きます。

 

この美しくお手入れされたお庭から、どんどんと山の頂上を目指して登って行きます。

 

すると

 

こんな感じで・・・

 

次々と現れる美しい花々を間近に見ながら、散策する事が出来ます。

ちなみに木瓜。今はピンクや白やまだらや斑や八重など色~んな種類があるけれど、三毛田は

シンプルな赤が一番可愛いと思うのです。

・・・そういや亡き父も赤い木瓜が好きだったわ・・・(似た者親子?笑)。

 

 

ところで花見山地区の花木は販売用の商品なので、普通に山に自由に生えている「木」とは違い

わざと頂芽を切って則枝・ひこばえをたくさん出したり、一枝に山盛りの花芽をつけさせたり

しています。また収穫作業がしやすいようにか、樹高を抑えて樹形を小ぶりに整えたりして

いるので、自然の姿とは違うけれどそれもまた一味変わった独特な美しさがあります。

 

そんなこんなを味わいながら更に高度を上げていくと、まあお茶目。

畑の持ち主さんが、丁度花見山から見える開いている土地に、菜の花でハートを描いてくれたん

ですって。サービス精神が旺盛ですね(笑)。

 

そして頂上近くまで登ってくると・・・

 

渡利地区のみならず、福島市街地や県境の方までしっかりと見ることが出来ます。

それにしても、地面のカラフルな事よ・・・。

(黄色いのはレンギョウや菜の花、赤いのは木瓜、ピンクは花桃)

 

また、こんな桜のトンネルもあったりします。

 

なお一般に「桜並木」と言うと、通常ソメイヨシノがだーっと植わっているものですが

花見山は一味違います。

 

販売用なので(しつこい:笑)、各種桜を取り揃えております。

 

うーん、桜だけで一体何種類植わっているのだろうか・・・。

今度行った時に、しっかり数えてみようかな。

 

 

とそんなわけで、花見山公園内は一番頂上まで歩くコースで一周60分、あとは45分コースと

30分コースが整備されているので、ご都合に合わせて散策頂けるようになっています。

でも一押しはやっぱり60分コース。是非山頂で吾妻小富士と美しい風景を眺めながら、

東屋でゆったりお弁当を食べたりおしゃべりしたりして、心に栄養を補給してほしいと思います。

 

 

なお今回は、シャトルバス発着所横にある本部前で、来場者に一人一束、花木のプレゼント

サービスを行っておりました。お花の種類は日替わりで、椿、花桃、各種桜などなど。

 

いやん、太っ腹!

最高潮の時は一日に何千人と観光客がやって来るのに、一人一枝だなんて凄すぎる・・・!!

 

そんなわけで、三毛田とばあばで2枝を頂戴して来ました。

素敵なお花をこれだけ堪能した挙句、お家の中でも花見が出来るなんて、最高ですね。

 

 

さあ、いかがでしたでしょうか、花見山。

今年の桜、ピークは過ぎたようですが、まだまだ色んなお花が咲き誇っています。

また三毛田の写真では素晴らしさが全然伝わりません。

よろしければ是非、お出かけの上ご自分の目で確かめてみて下さいませ~。

 

新幹線・東北本線でおいでの方には、福島駅からシャトルバスが出ております。

(注:運行期間など必ず事前にHPでチェックしてくださいね!)

 

お車でお越しの方には臨時駐車場が用意されており、そこからシャトルバスが出ております。

(いずれも日記上部のリンクから、HPをチェックチェック!)

 

なお三毛田はいつも阿武隈川沿いの親水公園に車を置いて、始発7:00のシャトルバスを利用

しています。桜の時期は特に、時間が経つほどに観光客が増えてきて出遅れると大変な事に

なるので、早朝が狙い目です・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お家の中をパトロール中の花梨嬢。

宅配便で届いたばかりの荷物を、くんくん、くんくん。

点検中。

 

よし、異常なし!(花梨)

と得意げな花梨さんですが、この大量の猫砂発注の原因は花梨だからね~

 

トイレの砂かきが好きで、大好きすぎて、いつも砂をトイレの外にたくさん

掻き出してくれちゃう困ったちゃんなのでした(^^;)。

 

しかしながら、この短くキュートな足がちょこまかちょこまかと、一生懸命動いて

マメに砂を掻き出している姿を想像すると何だか怒れないのよねえ。はあ(諦め)。

 

にょ!?

 

そんな訳で、今日も花梨は用を足さない時も、トイレで「ざっくざっく」

砂を掘り、掻き出し、ルンルンで砂遊びを満喫しているのでした。

(ちなみに花梨はシステムトイレ嫌いで猫砂大好き派)。

 

♪飾りじゃないのよ 「ばば」達 はっは~ん♪

♪穴掘るだけならいいけど、ちょっと激しすぎるのよキックが、ほっほっほ~♪

♪Oh Oh Oh, Oh No~!?

(ご存知の方は、中森〇菜嬢の節でよろしくDeath!)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた間があいてしまって、ごめんにゃり~ん。

 

最近気温が上がってきたもので、暖房をつけているとちょっと暑いなあ。

でも暖房を止めたら、何か寒くてじっとしていられないなあ。

 

そんな微妙な気温が続く福島ですが、最近我が家ではこちらが大人気です。

中にみっちり詰まっていると、暖房いらずで何となくほかほかする模様。

 

その名も、「ニャンコハウス」(名前に魅かれて買ってしまいました:笑)。

でも花梨が詰まっている時は、恐れて誰も近づかないの(笑)。

 

ちなみに美緒と胡桃だと余裕で2匹が入れますが、花梨だと1匹でいっぱい。

いつもの事ですが、何でだろう?(3匹とも、体重はほとんど一緒)

 

ともあれ、暖房を減らしていくこれからの季節に活躍してくれそうです。

ただ難点は、居心地が良すぎるのか、美緒&胡桃は一度入ると中々出てきて

くれないので、ちょっと膝が寂しい三毛田なのでした。

 

(・・・あああ、またもや楽天スーパーセールに踊らされてしまった!!)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

寒さは緩んで来たものの、くるみお姉妹は今日もべったり。

 

 

ぐ~。

 

仲が良くていいわねー、と思う反面、この子達も今年で11歳になるわけで。

ある日突然どちらかが欠けてしまったら、残された方はどうなっちゃうのかしら・・・。

 

とかふと考えてしまう。

 

姉妹で、そして三毛田一家で、出来るだけ長~く一緒にいられますように。

 

ここの所、にゃんこはうすで長い事お世話をしてきた子達が続けて旅立ってしまった

せいか、ついついそんな事を考えてしまう今日この頃でした。

 

 

なおにゃんこはうすのありこさんボンママさんが、時々震災時の振り返り記事を

書いていらっしゃいますので、興味のある方はたま~に覗いてみて下さいね・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

にゃり~ん。

 

以前半額でついぽちりとしてしまった、このスニーカー型猫ベッド。

意外に人気で大体いつも美緒か胡桃が詰まっています。

 

みっちり、違ったむっちり、いやいや、きゅきゅっと詰まった美緒(笑)。

ぐうぐう。

 

ところで猫もまた夢見る生物ですが、美緒はしょっちゅう夢をみながら

「うにゃ~、うにゃ~あせる、うううう”~」うなされております

 

・・・・・・一体どんな夢をみているんだろう(汗)。

 

あ、でも今日の夢だけは聞かなくてもわかったような気がしますけど。

 

「お前ウザイって言ってるにゃー!(寝言)」

 

・・・絶対、花梨にまとわりつかれて怒ってる夢だ・・・(汗)。

 

 

一方、胡桃さんはというと・・・

 

ああん、くー子さんはどうして何をしていても可愛いの?(←バカ)。

 

スリムなくるみんバージョン(カレンダー壁掛け↓)もいいけど、冬毛で

もこもこ・むっちりしている胡桃嬢も可愛くないですか!?(←大バカ)

 

この「長靴をはいた猫」ならぬ、長靴にはかれた猫。

ちょっとお気に入りの一枚です。

 

またバリエーションとしては「長靴に吐いた猫」もありますが、こちらは残念ながら

お見せする事が出来ません(写真を撮ってから、ゲーがある事に気づいた^^;)。

 

 

ところで、最後に花梨の長靴写真はないのかって・・・?

 

・・・残念ながら靴紐をどれだけ緩めても、花梨がでか過ぎて入れないため

ついに入ろうとする事自体を諦めた模様です・・・残念。

 

実は、今現在3にゃんともそれほど体重には差がない(4.0~4.2kg)のですが、

花梨は全体的に骨太で骨格ががっしりしているせいか、丸まっても美緒や

胡桃のようにちっさくならないのでした・・・ううん、不思議。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あの日から6年が経って。

 

あの日からも3年が経って(ぐすん)。

 

月日の過ぎるのは早いですね。

同僚が、震災の直後で息子の幼稚園卒業式が出来なくて可哀そうだったけど、

その子が今日小学校の卒業式なんだから、もうびっくりだわ。と言っているのを

聞いて、ほんとうに時の流れの速さを思いました。

 

そうか、丁度小学校6年間に相当する時間が経ったんだね・・・。

6年あれば、子供はとっても大きくたくましく成長するけど、原発事故の後始末は・・・。

 

例えば、6年が経ってやっと仮設住宅を出て集合住宅(復興住宅)に移れるようになり、

嬉しいはずなのに、「今度入る集合住宅はペット禁止って言われたんだ」と、辛い時を

支えあってきた大事な家族であるわんこ・にゃんこを、「許してくれ」と泣きながら

山に捨てに行くという。

 

嗚呼・・・il||li _| ̄|● il||li ・・・。

 

じゃんじゃん建てている復興住宅。別に一部をペット可にしたっていいじゃない。

「ペット可仮設住宅」はOKだったのに、何故「ペット可復興住宅」はダメなのか?

(「ペット可仮設住宅」に住んでいる人は、ペットと一緒に転居するに決まっているのに

何故受け皿がないのか?)

 

せめて、一度里親募集ボランティアに連絡してみて下さいって伝えてあげたい・・・。

 

・・・まだまだ色んな事があって悩ましい、福島の6年目です・・・。

 

 

閑話休題。

 

どよーんと気分が落ち込んだ後は、三毛隊を見てると和みます。

 

「胡桃、キレイにしてあげるわ。んべんべ(美緒)」

 

「いやーん、やめてよ美緒~。いっつもついでに私のヒゲ切るでしょ!?」(胡桃)

 

しかし何だかんだと言っても

 

ふー、この窓辺落ち着くわねー胡桃。そうねえ、美緒。

結局は仲が良い姉妹なのでした。

 

そして末の娘はと言うと・・・

 

三毛田の足元で何だかゴロゴロ(枕にしているスリッパ返して)。

 

は~ゴロゴロ。ゴロゴロさいこー!(花梨)

 

そんなわけで、ゴロゴロしまくりものぐさ娘の、あまり動画の意味がない動画で(笑)

今日のところはお開きに(特にオチはないです)。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日もまた、良いお天気でしたね。

 

本日の胡桃嬢は、2階の窓辺を独り占め出来てウハウハなご様子。

うふふ、うふふふ♪

 

ぽかぽかにゃ~ん。ついでになでなでしてくれたら、もっとハッピーにゃん(胡桃)。

三毛田がお休みの日は、朝から甘えっ子モード全開なくー子さんです(笑)。

 

しかしここの所ポカポカすぎたせいか、くー子さんの体はすっかり勘違いしておりまして。

何と、換毛が始まっちゃいました!?

 

ふわふわ冬毛の抜け毛が、すごいのです~。でも、ちょちょちょ、ちょっと待ってー!!

にゃ!? 一体何をそんなに慌てているにゃ?(胡桃)

 

ここ数日は異常気象だったけど、まだまだ3月が始まったばかりなんだからね?

フツーこの辺りでは4月の入学式が終わるまでは雪が降るんだからね!?

今から薄着になったら、胡桃、寒くてこれからチョー困っちゃうよっ!?

 

あちゃー、やってまったー!っていうかこんなに暖かいのに、

まだ雪降るなんてマジー!?(胡桃)

 

簡単に上着を着たり脱いだり出来ない以上、もうちょっと生え変わりは待ってほしい

所なんだけどな~(特に短毛胡桃さんは、寒いとすぐ風邪っぴきになるのにゃー^^;)。

 

 

それにしても、今年の福島の冬は本当に短い気がします。

わかさぎ釣りのメッカ、桧原湖は1月でも氷張ってなかったし(さすがに今はがっつり

凍ってますが)・・・

 

(こちらはお隣秋元湖のわかさぎ。本日大漁!お友達に頂きましたw)

ぴちぴち(笑)。フライにして美味しく頂きました。

 

カランコエは(温室でもないのに)もう満開だし・・・

(カランコエはにゃんこには毒なので、要注意。我が家では三毛隊が

入れないお部屋に置いてあります)

 

庭では、(植えた覚えのない)ふきのとうまでもう顔を出した!

 

いやいや、例年の今頃毎日吹雪で、お外はがっつり氷と雪に覆われている

時期なのですが・・・あり?

 

地球温暖化、怖いですね。

このまま行くと、三毛田が生きているうちに日本は温帯から亜熱帯くらいに

なっちゃうんじゃないかしらと思う、今日この頃です・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。