正しいファンとは何ぞや

テーマ:

あちら声優さんのニュースが昨夜ネットを駆け巡った


私のところにも方々からご連絡あり

有難う御座いました


あなたのメールで知りました

今夜はご実家かな?



これはもう、有名人には付きまとう問題なのかも知れない


以前も、他の声優さん宅に

ストーカー行為があったとか


スタジオまでウェディングドレスで駆け付けた

なんて、ものもありましたし


愛情の暴走は怖いものだ


「おかしな人」だと括れば

それは、それ

なんだけど


元はと言えば「好き」から始まる行為


何か、切ないわね



アベサダ然り

暴発した愛情は、もう止まらない


それを自制するのは

相手に対しての、礼儀ではないかと私は思う



夢を売る商売の人を好きになれば

殊更、それが必要だ



妄想するなら脳内だけで

何とか留めておけば

誰の迷惑にもならないのに



第一、好きな相手を自ら苦しめるなんてこと

あってはならない


それは

有名人じゃなくたって


愛した相手が幸せなら

それでいいじゃないか


そのお役に立てたら、こんな光栄

ないと思う



容疑者の女性は可哀想な人だ


自分よりも、彼を愛することに失敗した


それは最早、愛では、ない





兄さんも、いつか言ってたね


スタジオだか、球場だかを出た時に

ビニール袋を持って立っている女性に会ったと


「これに息、吹き込んでください!」と言われ

流石に怖かったと・・・


分からんくも、ないよ

彼女の気持ち


私も兄さんの「息」欲しいもん


下手すりゃ、吸い殻や使用した割り箸にまで高額を付けてしまうかも知れない


その位の変態度、皆が持っているものだと思う


追い求めているんだよ

いつでも会える恋人とは違うから


そんなことしても

ご本人の愛情には辿り着かないと知りながら

だったら、せめてって


ファンは、いつも悪足掻きしてるのさ


中学生の時の、私みたいだ


憧れの先輩に向ける愛情に似ている




だけど

大人になったら

一枚ベールが取り払われるように


その方を、ひとりの人間だと考えるようになる


私生活も、悩みもある

ただの人だと


有名人って言ったって

普通に生活してるんだろうし

いつもニコニコなんて、そんなん疲れる


誰にも言えない悩みや葛藤もあるんだろうし

ファンには決して見せない

内なる感情もある筈だ


ただそこに自分の為に立っているのではない


色んな経緯と事情を背負って立っていると思えば


そのお相手にはもう

敬意しか、ない


その邪魔など

死んでもするものか



数回、お会い出来

兄さんに頂いた言葉の数々は

まさに「礼儀」と「誠意」のあるお言葉だった


この人は絶対に私を裏切らない


初めて言葉を交わした時にそう思ったから


私も彼を裏切らない

絶対に





私は

兄さんに出会った全ての人達が

あなたに関してこう思う筈だと思うのですが


そうは思わない人もいるのでしょうか?



兄さんの妨げに、私がなるようなことがあれば

消えてなくなりたい心境だ



永久に

お供する覚悟で出向きます



変なもの送り付けたりしませんから

どうか私を

あなたの親愛なるファンだと認めて欲しいと願っています



願わくば、下らない下ネタを言う

(崇矢さん言うところの)アダルティな女だと

認識して頂けば幸いです




お会い出来るのを楽しみにしています








私は

正しいファンでいるでしょうか?










AD

何で兄さん、ひとつ前の記事消したのかしら??

気になるわぁ。。




何だかニュースが凄いことになってるね


砲撃とかマジでしちゃうんだ


怖いわぁ


色々思う所あるけど

私が政治語るなんてつまんないから


そういうことはキャナ谷さんの替え歌に任せて





私もマッ帰ーの真似をして

昔話でも書いてみよう



砲撃で思い出したけど

私が小学生の頃はやたらはるまげどんが恐れられていて

いつかそれが実現すると、皆思ってたの


クラスの文庫にも、そういう本があったし

見た目ただの髭親父のクセして

ものっそ子供達に影響力のある

のすとらだむす爺さんは、私達のヒーローでもあったの


その予言によると、1999年が世界崩壊の日で

指折り数えて、その頃自分が何歳になってるか考えたものよ


皆同い年なんだから変わらないのにさ

そっかぁ~私、それしか生きられないのか・・・なんて

ちょっとした哀愁を肩に背負ったもんよ


だけど、いざ1999年を迎える頃には

私はいつ死んでもいいくらい遊び倒していたし

酒も浴びる程飲んでいたし

とりあえずひと通りはやった気でいたから

世紀末もなんも怖くなかったわ


かくして生きて2000年を迎えた訳なんだけど

一体あの予言は何だったのかしらね?


ほら

変な宗教団体が出て来て

しょーこーしょーこー♪と歌いながら

地下鉄に猛毒が放たれたことを

はるまげどんだと無理クリこじつけてた評論家もいたけど

あれ、それより5年も前のことだし

逮捕されたしね


あれは神の仕業なんかじゃなく

凶悪犯罪だし!

地球温暖化も、毒入りカレーも

全部、人間のせいだから!!


確かに

大地震あったり、神奈川県なんて大洪水があって

うちの親父が、川で溺れた学生助けて感謝状貰ったりしてたわ

だけど、それを世界の終焉と呼ぶには

あまりにも規模が・・・



そもそも

のすとら爺さんが、恐怖の大王が空から降って来るなんて

ややこしいこと言うから、あんな騒ぎになったんじゃないの?

総じて占い師って人達は、いつも表現を濁すから

何か胡散臭い


解釈の的外れだってあるだろうし・・・



だけど

小学生の頃の私は、本気でそれを信じていたの

だから2000年の自分に向けて手紙を書いていたことなんて

すっかり忘れてたけど、引っ越しをした時にそれが出て来たのよ


冒頭の「私、生きてますか?」という出だしに

もうホロっとしたわ

可愛い時期もあったのね


もし生きてたら、という希望で

あれやって、これやって

こんな大人になって下さい的なことが書かれていたけど


ほぼ叶えてやれていたので安心したわ

唯一、結婚相手が違っていたけど

その辺はほら、大人の事情だ

ガキの思い通りになんて人生は進まねぇんだよ



それにしても

手紙の中の私は酷くはるまげどんに怯えているんだけど


過去へ戻れるなら、教えてあげたいわね


そんなモン、来ねーよ


それより恐ろしいのは、人間だ


無責任なお偉いさんや、人を人とも思わない人達

平気で家族を傷付ける事件

自分の欲望だけで人を殺める人達

自分勝手な、大人

それはニュースの中だけじゃなく

お前のすぐ近くにもいるぞ


占い師の予言に翻弄されてないで

目の前の敵を見据えろ


正しい目で、友を選べ


そして、学べ

色んな事を



ああ

それはやってきた

だけど贅沢言うなら


もうちょっと、人に優しくしてやれよ

そんな余裕のある人間を目標にして欲しいな

そうすれば友はもっと多かった筈だ

それに

死なせずに済んだ命もあった筈



ああ、そうか

それは小学生の頃の私から見れば

今の私の役目か


だって彼女は本気で1999年には死んでしまうと思ってたんだから



永らえた命を何に使おうか?







そう言えば

クラスで世界の終焉の話をしていた時に

おませなけい子ちゃんが言ってた

「せめてえっちなこと、したいよねぇ」


うーん、確かに


えっちなこと、が何なのかはよく分からなかったけど


大丈夫





嫌になる程、するから!!















AD

家族の笑顔が見たいから

テーマ:

Tバックって・・・決定事項だったんだ・・・・・・・・





ぱらのーまるなんちゃら2という外画が公開されたことを受けて


こりゃ、遅れを取ってはならないと


1を借りて来て観賞


ラスト5分で、自分でもビックリするよな絶叫ぶちかまし


見るんじゃなかったと酷く後悔した


劇場内が絶叫の嵐!というコピーは


まんざら張ったりではなかったんだな・・・



ああ、喉が痛い



あれ思い出した


シュワちゃんの、なんちゃらオブ・デイズ?


こう・・・サタンと戦うやつ


もっと語りたいけど

怖いからやめる






仕事のシフト減らされたから

収入が不安で


また色々と別を当たり始めたら

なんと今の職場で突然の退職者が出て


今日の店長からの電話で

急遽私のシフト増えた



なんやねん、もう!

勝手だなぁ、皆



いや、いいけどね

有難いけどね!


店長良い人だけど

きっと私のシフト減らしたこと、悪いと思ってて

真っ先に私に電話くれたんだと思うけどさ


薄らとご都合主義も見え隠れ


きっとこれが下層階級の常識なんだろう


実力で稼いでいる訳ではない

つまり、誰にでも出来る仕事をやっていると

時々、こんな風な切ない目にあう


それはつまり

今の私にはキャリアがなく

それや信頼を築いている最中だから・・・かも知れない



私には唯一無二だとおひとりおひとりを思う

作家さんや、漫画家さんや、役者さんでさえも


努力を怠れば、他の誰かに席を奪われるものね


結局、地道に積み重ねるしか手はないってことか


レジ職を極めたいとも思ってないんだけど、な



親にも言われた

「店長良い人だから・・・」とか

「職場が楽しいから」なんて言ってるけど

生活厳しいんじゃ元も子もないじゃないの


「今更甘っちょろいこと言ってないで

職安行きなさいよ」


うん、まぁ

ぶっちゃけ今は、生活の為に働いてるから

給料良ければ何でも良いんだけど


どこへ行っても、一から始めないとならないことには変わらないよ


いや

そりゃバーシンガーやホステスに戻れれば

(それか親には言えない職とか)

それなりの仕事出来るかも知れないけど

もう、そういうことやってて良い歳じゃないし

今は家族と夜を過ごしたい



それに

こんな仕事・・・と馬鹿にしているうちは

きっと本物になんてなれないと思うから


とりあえず

意地と意地悪出して


「君が辞めたら、困る」


そう言われるようになってから

転職を考えたいものだわ



まだ気持ち

フラフラしてるけど


人だから

考えるんだ


相手も、自分の生活も

(ってか、私は自分の為に働いてる訳じゃないから)



明日は

別会社と今の店長

両方に電話してみよう





ご都合主義と人情の間から









AD

癒された

テーマ:

恒例のイベントに行って来ました


私の重大な癒し行事


これがあるから頑張れる




どの声聞いても好みの美声って


こんな幸せ、他にない



今回はいつもご一緒する方々が

軒並み欠席だった為


家族をひとり連れ立ち、参戦



会場でお会い出来た琉架様。。

相変わらず可愛らしく

ちょっと・・・ムラムラしました



毎回、名刺用意してますが

一度も交換出来たことはなく


問診表も読まれたことは、なく


少し諦め気味でいましたが


とうとう


とうとう



事務長が立ち止まり

目が合って

「はい。あなた!」と仰いました


生千葉っち


痩せてすっかり精悍になられたお顔の美しいこと


それにも増して、最近すっかり色気を大放出なそのお声


でも


お相手がお相手なだけに

私のアドレスや電話番号の入った名刺をこの方に差し上げることになろうとは


なんや色々と考えてしまい

手が・・・震えた



その後、すぐ傍までいらしたミヒャ森さんの


あまりの近さにクラクラしつつ



夜の部では


私の家族の方に、究くんが立ち止まり


「渡すものとか、ある?」と仰いました


今までDVDでしか見ることの叶わなかった方にいきなり声を掛けられ

何も言えない家族になり代り、私が答えた


あのイベントで一番私がドキドキする方と

直接お話し出来るとは!


物凄い至近距離で見た究くんは

物凄い、良い男だった

それにまた痩せてる


二重、デカっ!!



こんな体験が一夜のうちに出来るとは

感激の極みで御座います



やっぱり、どなたも良い方だ・・・




恒例の綿密に計算されたドラマに驚かされ


歌の癒しに癒されて


いや、ブラディにはいつもこっちが緊張するんだけど!



涙が出る程笑い


一緒に歌い


この1年の報われなかった色々が


スッキリ前向きに、明日へ希望を繋げそうです




それにしても


Dr.のあの風を浴びる場面は


何度見ても格好良い


私は何故かいつも、風のせいで露わになった

彼のズボンを


というか、ズボンの中にある脚を見ているのですけれど


相変わらず美しいそのラインに


胸を押さえました




髪バサー!な感じの森田さんは、とてもセクシーでしたし


ケロの論理的発言は相変わらずあのメンバーの要だと思う


ブラ男は、あのまんま

愛すべき存在ですわ



「ニセ医者」とDr.は歌いましたが


私達を癒すには充分な力を持っておいでだ




良い声、万歳




でも今夜は

皆様の優しさに触れることの出来た日でもありました



バンドとダンサーの皆様

イベントに携わった全てのスタッフの方々に

お礼申し上げます




お疲れ様でした












ネットは楽しく

テーマ:

なんかペタがいつもより多かったのは何故なのかしら?


知らない人からいきなり来るとビビるんだけど


だけど

ペタってことは一応、賛同してくれてるんだよね??

「そうそう!」とか「いいね!」って思ってくれてるんだよね??


え?

違う??





色んな人のブログからブログへと旅をしていたら


主さんそっちのけで、コメント内で喧嘩を繰り広げているのを発見した


「そんなこと書くな、ボケ」

「あなたに言われたくありませんね」から始まって


なんとかちゃんねるで見るような

愚かしい小競り合い


暇な人って、結構多いんだな・・・


主さんも、消せば良いのに


関係ないのに、目にしたこっちの胃が痛いわ




ここにも時々、変なコメント来るし


小説サイトの方にも嫌がらせとかあるけど


気に入らなきゃ、読まなきゃいいだけの話じゃないの??


私だったら、そうするけどね




誰が読んでるか分からない媒体なんだからさ


出来ることなら、少しでも読んでる人には笑顔になって欲しいよね?


え?そんなキャラじゃないって?


そうなんだけど、さ


何もわざわざネットで喧嘩したり

悪口言ったりしなくたって


世の中には敵だらけ

痛いこと多くてストレス多いんだから、さ


やたらと言葉の刃振り回さないで

少しは途方もない確立で出会えたことに感謝しては如何かね?


ネットで負を吐くなよ

いい迷惑だ






だから

今夜も欠かさず出向いた神谷さんのブログのお写真に癒される


あの笑顔に

こちらまで笑顔になる

凄いなぁ



それとか兄さんのブログとか


私はてっきり「あの女、良いケツしてるなぁ」って感じかと思ったけど


出向いた店であんな人いたら

私なら絶対、隣の席に座っちゃうけどね!!!



お二人の威力には及ばなくても



私も誰かを笑顔に出来たらいい、なぁ




そういう趣旨でブログやってないけど!!