私の職場で今、二十歳の女の子が無断欠勤を続けている


職場は勿論十代から六十代まで活躍する

社員、契約社員、パート、アルバイトが入り乱れる所だ

人間関係も他に漏れず色々と、ある


私の部署で一番幅を利かせているのは

四十代のミセス達だ

彼女達は会社立ち上げ当初からいるお局様で

仕事内容も一番難しいと言われるものを任されている

だけど勤務時間は9時から2時半

つまり扶養範囲内に収まる都合の良い時間帯だ


対してそうではない私達は8時から17時

仕事が押せば18時、19時なんてことも日常茶飯事だ


遅れて来て途中で帰るのに関わらず威厳が強いのは

花形と言われる難しい仕事をこなしているからだ


そんな中、残業も快く受け入れ

休日も返上して出勤したりする二十歳の子は部署のサブリーダーに選ばれて

皆に指示をする立場になった


それがどうにもミセス達には気に食わないらしい


誰がどこに就くかという「配置」を決めるのは彼女の役目なのだけれど

それを毎朝取り上げては文句を言っている

分かっている筈なのに「誰がこれ、決めたの?」という具合に

その度に彼女が胃を傷めて、切ない顔をしていたのは知っていた

他にも何か言われたのか私は知らないが何かがあったのだと思う

私はフォローをしていたつもりだったが

恐らく彼女のまだ拙い心にはこちらが思うより深く、傷が付いていたのだろう


自分の娘のような子の言う事に何故攻撃的な言葉を発するのか

それがおばさんというものなのか


派遣社員はおかしなことを言いだしたり、自分の都合を押し付けてきたり

定時になれば蜘蛛の子を散らすように人が消え

思うように仕事が捗らなかったり

責任者としての若い心には色んな憤りや不満があったのだと思う


ある時突然ふらふらと会社から出て行き

lineに一言「もう我慢できないさようなら」と書き込んだ


ミセス達は勿論ブチ切れだ

「勝手なことを」「我儘だ」と彼女を責める

他の人達も

「若い子はこれだから」「どうしようもないな」なんて口にする



おかしいね



私が感じるのは後悔でしか、ない

何でもっと早く彼女の気持ちに寄り添ってあげられなかったのか

薄々感じてはいたのに、何で守ってやれなかったのか

今の子はドライだから、と

どこかで大丈夫だろうと

私はこんだけ若い人達とメールのやり取りをしているのに

それでもリミットを気付けない

そんなに鈍感だったのかと

何の為の同僚だと



だけど

こうも思う

若い時の職場の苛立ちは

自分の成長を見る機会

本気で嫌なら辞めたら良いし

また別の職場なら自分を発揮出来るかも知れない


そうやって彼女はまだ模索途中の輝かしい時期にいる


選べよ

良く考えて

ちゃんと、選べ


慰めメールもしたかったがそれはあえてしなかった

もう、二十歳だもの

自分のことは自分で決めて良い

私の子育てと同じだ


物分りの悪いお局様達は

何でそうなってしまったのだろう?


男も女も、歳を取ると口うるさく嫌味たらしく

過去の自分と比較して

自慢話ばかりしたがる




きっとこれを読んでいても


ひとごとに感じている人が


その当事者であろうと、思う






AD

お久しぶりです

テーマ:

友人が人を殺した夢を見た、と書いた


それは私には少しばかり衝撃で

数時間考えた


私は今まで人を殺すという夢を見たことが無い


勿論長年の間には

あの人、いなくなってくれればいいのに、とか

もう顔も見たくない、とか

そういう感情を抱いたことはあるが


直接「殺す」となると

その人が生まれてから今までのことや

ご両親のお気持ちだとか

全く意味のない人間などいないだろう、などと

そんな理由でそこまでは考え至らないという感じだ


それはきっと私の友人もそうだとは思うのだが


問題は彼が夢で殺意を抱いた相手が

素性も名も知らぬ訳の分からぬ相手で

それが深層心理が招いている、ということだ


つまり彼は暴力的な意味ではなく

自分の中の何かを処理しようとしてそんな夢を見ているのだ




対して私は

よく殺される夢を見る

もう、その頻度は月に数回


必死に逃げるけれど

しまいには殺される


大きなトイレの奥に隠れた私を端から一つずつ開けていく殺人鬼や

強盗に入られ、まず誰を殺すかの物色をされている時に私が選ばれたりとか

信頼していた友人か実は殺意を抱いていて、その依頼をされた人に追い掛け回されたりだとか


共通しているのは

私の「死」が突発的ではないことだ

とにかく怯えて、怖くて、逃げて

最善と思い選ぶのに、必ず殺されてしまうということだ


夢占いには私も興味を掻き立てられ

しばらく調べたりもしていたが


何だか怖くなって、やめた


実際は、死ぬことなど大して怖くない

寧ろ長生きして友を見送ること程怖いことは無いと思っている

うらしま太郎は絶対に嫌だ


怖いのは

追い詰められることだ


隠れてるのに

上手くやっていた筈なのに

それを見透かされて暴かれる

それが一番怖いのだ


夢占いなんて見なくても

概ね分かる




だけど

最近、思う


死ぬ瞬間って


私、今まで演じたりしてきたけど


それがやっとリアルになってきたんじゃないかって


好きなことやって、幸せだったし

やりたいことまだあるけど、概ね叶えちゃった

今に満足してるし

とても幸せだ


それでも固執する生ってのに

足掻いてそんな夢を見るのかなぁ?



答えなんて、ないも同然



心底誰かを愛せたら

その人生は完結出来る






AD

大人の友情

テーマ:

知り合いの男性に子供が生まれた

実にめでたい


彼は仕事が忙しくなかなか子供と触れ合えないと不満を漏らしているが

幸せそうだ



私と彼とは仕事仲間だ

私は普通、仕事仲間を「知り合い」とは呼ばないが

彼とは他の誰よりも私的な会話を交わし

相談にも乗ってきたから

少なからず心の位置が近いので「知り合い」なのだ



彼は若い奥様が妊娠中にも毎週健診に付き添ったり

奥様の具合が悪い時には迷わず当欠して寄り添うことを選んだ


それを職場の人達は

「仕事に甘い」だとか「頼りにならない」だとか非難したが


それには理由があることを私は知っていた



彼には実はもうひとりお子さんがいて

その子は別れた以前の奥様が育てていて

今は会うことがままならない


今の奥様と浮気をしたことを咎められ離婚をしたからだ



まぁ、言ってみれば

ダメな男だ


別れた奥様からしたら

彼のせいで人生を狂わされたと感じても仕方ない


だけどそのダメな男は

会えないお子さんの事をいつも気に掛けている


自分のせいで全てを失ってしまったことも

奥様を傷付けてしまったことも

酷く後悔している


だから

今度だけは

今の家庭だけは

何としてでも大切にしようとしている



ご立派な決意だが

如何せん女好きな彼は

毎日とにかく危うい


若い女の子と話し込んでは

「可愛いね」「いい女だな」なんて言っている


一度私がそんな場面の彼を蹴飛ばした日から

彼は少し変わって

私に馴れ馴れしくなった


苗字ではなく名前で呼ぶようになったし

腕を組んだり、肩を抱いたりしてくる


だけどそれが

若い女の子に求めるときめきなんかじゃなくて

仲間感覚なのが分かるから

無下には出来ない



「私はアンタのお母さんじゃないのよ」

よく口にする私の言葉も

「お母さんだとは思ってないよ。冴ちん今度飲み行こうよぉう」

とヘラヘラ返す始末


良く言えば平和主義者

友愛精神の持ち主だ


だけどとどのつまり

皆に良く思われたい

嫌われることを酷く恐れている臆病な人だ



今朝

珍しく二人きりになったので聞いてみた

「あなたそんなんで大丈夫?もしも物凄く好みの女が現れたら実際の所、どうなのよ?」


そこに私は

か弱い臆病な男の覚悟を見た


「もう泣き顔は見たくないでしょ。子供第一。かみさん第一です。俺も勉強したっつーの。だけどたまには息抜きしたいじゃん。だから冴ちゃん誘ってんじゃん」



あー

私は「女」じゃない訳ね、彼にとって



若くなくて悪かったわねっ!

とも思うが


ま、いっか



私と彼とはひとつしか歳が違わない

学生の頃なら先輩なのだが

大人になれば女の方が遥かに目線は高いように思う



歳を重ねて、色々しでかして

それに後悔して、苦悩して

孤独を味わって、自制するも上手くいかなくて


そういうことは

私も知ってる


同僚とそういうことを共有出来るのは

幸せなことなのかも知れない


なんせ考えていることが分かるので

短い会話で仕事が進む




だけど

二人きりで飲みに行くことは多分しないだろう




私がもしも彼の声に酔ったなら


応援どころか、とんでもないことになるからだ





大人の友情は


この距離でいい








AD

腹をくくれ

テーマ:

久々にPC起動させたらメールが物凄いことになってた

すんません、すんません追ってお返事致します



だいぶお久しぶりですが

普通に生きてます


仕事したり男とデートしたり、女の子と飲んだ暮れたり

また仕事したり家事したり、家飲みで泥のように寝てまた仕事行ったり

時々キレたり、爆笑したり

誰かに癒されたり、刺激されたり


概ね、皆さんと同じような

平凡な毎日を送っとります


PCは開かなくてもスマホがありますから

色んな人のブログや小説、つぶやきも読んでます





同タイトルで

普段お仕事中に出会う人達や、色んな方達に苦言申し上げたく

深夜にポチポチ書いていたら

何やらとても偉そうな上から目線の記事になったので

保留にしました



そんなん言ったって、分からない人には分からないのだし

言うだけ無駄的な諦めの気持ちも湧き出てきました


歳、なんですかねぇ



仕事でちょいと出会った人達なら、もういい

ネットでいらんこと書いてる人達も

私が読まなければ良いだけなので

それも同じく



だけど

私が大切と感じる人達は別だ



私の友人達

特にこれを読むであろう人達は

どなたも魅力的で懸命に生きている方達だ


私はいつもそれに刺激を受け

リスペクトしている


たまの愚痴や涙や怠惰なら

それ位を受け入れる覚悟はある

お互い様だから




そういう人達に

このタイトルを投げ掛けるのは少し気が引けるが


今悩んでいる友へ

送ろう


そして私もまた

腹をくくろう




私は生きることに手を抜かない

貪欲に尽きるまで


絶対に君を裏切らないし

いつでもそばにいる


信じることを曲げないし

優しい刃も手放さない


刺し違えても良いよ

私には覚悟がある



格好良くいこうよ

エンターテイメントで生きるなら

魅せられない生き様に誰が魅了されると思う?



歌舞いていこうぜ




私の数多いる他の友人のように

私は堅実に生きられない


申し訳ないことや、いたたまれないことの連続だ


好き勝手やっているようで実は

コンプレックスの塊



だから

だからこそ

腹をくくって逃げない

逃げたら負ける


その最後の最後でないと

踏ん張れない私の「最後」は

結構効率よく長持ちしてくれていると思う





もう、後半戦だ

あと少し貫けば、いい






いつまでも年上に憧れる女心

テーマ:

暑さもようやく山場を越えたようで

夜も過ごし易くなって参りました


エアコン壊れたまま

ひと夏を乗り切りました

途中、体が溶けてなくなっちまうかと思いましたが

何とか帰還致しました



相変わらず、ドラマとDVDばかり観ています

行きたい舞台はたくさんあるのに

時間的な問題と、金銭的な問題の為

そうそう出向けない欲求をTVで補っているのです



で、今日

私の恋愛感覚において

ちょっとした危機感を感じたので

それを留めにやって参りました



女性は歳を重ねると、何故か若い男性にときめく方が多いと言うが

私はそうではなく、いつまでも年上の男性が好きなのだと

以前にも、どこかに書いた


その「好みの年齢」というものが

思いのほか急上昇していることに気付いた


まぁ、私の年齢が年々上がっているのだから

「好みの年齢」も上がって当然なのだが

それがここへ来て跳ね上がっているのだ



先日書いた「さかい」さんは

まだお若い方で、恋愛相手としては妥当な年齢だ


だけど

私の中で今、じわじわとヒットしているのが「くにむらじゅん」さんだ

何故か性的興味を惹かれる

きっかけはドラマでキスシーンを観たからだ

私にはどっぷり「男」に見えたのだ


彼のことは勿論、最近知った訳じゃ、ない

私が学生の頃からご活躍していらしたベテランさんだ

スクリーンでお見掛けしたことも一度や二度じゃない


「くにむら」さんは現在57歳

私的にはストライクゾーンの範疇なのだが

友人の指摘は冷たい




その他にも

「いちむらまさちか」さんにも激しく惹かれている

彼の首筋の皺がツボ

唇を寄せたい


同じドラマで「おだ」さんがご出演しているが

お若い頃より体格の良くなった彼に好感を抱くのは

走った時などにシャツ越しに分かる胸や腹の肉が揺れるからだと気付いてしまった

こういう趣味、私にあったっけ?


ちなみに「いちむら」さんは現在64歳



他には「よしだこうたろう」さんなどがヒット

私は以前からファンで一度は舞台を観てみたいと思っていた

あうんの人だ

そういや明夫さんも、いた

「よしだ」さんに関しては、お若い頃よりずっとパワフルで

自信の漲る感じがたまらない

強気の目力

Mっ気が騒ぐ


「よしだこうたろう」さんは現在54歳




友人が言った

「あんたの趣味は分かったけど、そのぐらいの年齢の人って・・・出来るのかな?」



何、失礼なことを言っている??

「いちむら」さんはお子様を作ったじゃないか?!


回数とか勢いとか

そういうものは求めてないんだよ


そうじゃないよ

大人の色気なんだよ

分からないかなぁ?


「だけどさ、建設的じゃないよね。その歳の人達って結局結婚してるでしょう?あんたなんて所詮、都合の良い不倫相手の位置しか収まり所がないじゃない」



一般的にはそうだけど

だから色々厄介なんだけど

独身の人もいるもんね!

その歳で独身ってのもまた

色々あって困るんだけど



「もはや、オジサマって言うよりお爺ちゃんの域に達してるよね?」



お爺ちゃんって、誰のお爺ちゃん??

あんたの爺さん幾つよ?70とか80じゃないんかい?

50代60代はまだ「男」だよ

むしろ「お兄様」だよ??

加齢臭大好き!!




そうやってギリギリ言い訳した私だったけれど


今日、決定的なことが職場で起きた



品物を振り分ける私の部署に

見知らぬおっさんが姿を現した

馴れぬ様子でうろうろとしている


そこへ私の相棒若い「まさや」くんが言った

「あのおっさん、誰ですかね?」

「ああ、見ない人だね」

私は答えたけれど


何と、そのおっさんが私に声を掛けた

どうやら探し物らしい

私はそれに付き合って、探し物を探し出し

おっさんはニッコリ「仕事中悪かったね」と去って行った


その笑顔

私の中では音楽が鳴ったのだ

ボーイズタウンギャングの「君の瞳に恋してる」

アイラブユーベイベー、というやつだ


見るところ50代の男性だ、それも後半

声が渋かった


戻って「まさや」くんに言った

「ときめいたかも」


目が点になった若者が問う

「え?あのおっさんに??それはあり得ないでしょう。ヤバイですよ!」

「ヤバイかな?」

「ヤバイです、確実にヤバイです!ここには他にも良い男いっぱいいるじゃないですか!!」

「例えば?」

「例えば、俺です」

「は?」



若さが武器なんて

私は思わないよ

それは一時のもので

誰もが経験して、積んでいくんだよ?

積んだ先に何が残るのか

そこで勝負しないと

老い先悲しいことになるよ?



「君は全然ダメ、私の好みじゃない」

「えー!!そんなハッキリ言わなくても良いじゃないですか―!!」

「だけど積み重ねれば良い男になるかもよ?」

「努力します。あのおっさんに負けてるとは思わないけど・・・」


「見てくれ」重視のうちは、それに気付けない


重いもの

悲しいもの

切ないもの


それらが

傷の生々しさから解放されて


呑み込んで

熟成されて

深く理解した


そういう人に

私は多分、ときめくのだろうと思った



ひとつ、ステージを上がった気もしたが


「ヤバイですよ」の言葉は



確かに

「ヤバイかも」

とも

思った





だって

このまま私が歳をとれば


終いには100歳の爺さんに恋心を抱いたりするのだろうか??




ヤバイわ




それは確かに