ネイテイブに学べば話せるようになる


        という"誤解"





*「英語教師の養成 」も行っている英語教室です。*












『KEN-ELT英語学習専門校』

http://www.ken-elt.jp/)
について:





カナダとイギリス(英国)での英語教授法留学をもとに、私Kenが東京・大田区に設立した、TESOL(英語教授法資格)保有の日本人講師による個人英語・英会話学校です。










日本人講師Kenに習うメリット





①「英語力」





②「教授力」





③「TESOL(カナダ)」





④「セミナー(イギリス)」





⑤「カリキュラム・教材開発」





⑥「英語以外の外国語」












無料カウンセリングはこちら





      (7名様限定)






”あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。”












































1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月10日

『英会話・英語を学びたい日本人』へのメッセージ1

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある

「KEN-ELT英語学習専門校」

http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。

 

皆さん、

 

新しい年になり、

 

寒くなってきましたが、

 

いかが

 

お過ごしでしょうか?

 

さて、

 

今回は・・・

 

『英会話・英語を学びたい日本人』

 

へのメッセージ

 

といたしまして、

 

以前にも、

 

「英語学習の落とし穴」シリーズ

 

として

 

まとめてきた記事を

 

少し改良

 

いたしまして、

 

皆さんに

 

『英語学習の極意』

 

をお伝えしていきたい

 

と考えております。

 

まずは・・・

 

英語学習における

 

「暗記」

 

についてです。

 

 

Q:皆さんは暗記することは得意ですか?

 

 

 

私は、小学校時代、

 

唯一暗記が

 

苦ではなかったので(笑)・・・

 

「社会」

 

が得意科目

 

でした。

 

この「暗記」・・・

 

果たして

 

英語学習には

 

役立つのでしょうか?

 

受験英語

 

を経験された方なら

 

おわかりかと

 

思いますが・・・

 

受験で必要となる

 

『文法や単語』

 

は暗記すれば・・・

 

かなり高得点が

 

取れます。

 

なので、

 

予備校などでは

 

暗記が

 

奨励されています。

 

穴埋め問題

 

などであれば・・・

 

とりあえず

 

単語なり文法なりを

 

「項目」として

 

知っていれば・・・

 

解けるはずです。

 

しかしです・・・。

 

英会話では

 

事情が

 

少し違います。

 

 

Q:

 

英会話の役立つフレーズ

 

などを

 

いくら暗記しても、

 

’いざ’というときの

 

会話の場面で

 

皆さんは

 

英語が口から

 

すぐに

 

出てくるでしょうか?

 

 

 

答えが

 

’Yes’

 

でないなら・・・

 

それは・・・

 

 

暗記した

 

としても、

 

『消化』

 

されて

 

いないのです。

 

 

つまり、

 

食事でいう

 

消化不良

 

の状態

 

であります。

 

英語習得論で

 

語られる

 

 

 

「インプット(Input)」

 

とは・・・

 

「リスニングやリーデイング

 

などを通して

 

たくさんの英語を

 

聞いたり、

 

読んだりすることで

 

自分の頭に

 

取り入れていくこと」

 

 

 

を言います。

 

でも、

 

いくらたくさん

 

そうした方法で

 

英語を取り入れようとも、

 

消化

 

されていなければ

 

意味がありません。

 

消化される段階、

 

 

つまり・・・

 

「インテイク(Intake)」

 

されるには・・・

 

”何か”が

 

必要なのです。

 

 

その方法とは・・・

 

 

ずばり、

 

「脳に負担をかける」

 

ことです。

 

 

どのように?

 

KEN-ELTでは

 

それをふまえて、

 

日々、

 

生徒さんに

 

 

『効果的な英語習得方法』

 

 

を伝授しています!

 

*************************

 

 

!!KEN-ELT受講対象者は以下の方です!!

 



『英語教育の専門トレーニング』を受けた日本人講師に習いたい方。

②カリキュラムに沿って、『自分のペースで』しっかりと学んでいきたい方。

③「ラクに」ではなく、『たのしく』英語を学んでいきたい方。

イギリス英語またはアメリカ英語にこだわりがある方。


*上の条件に一つでも当てはまった方は、KEN-ELT受講対象者となります。

ひとつも当てはまらなかった方は、残念ですが、KEN-ELT受講対象者ではありません。

「他の英語教室」をご検討ください。

 

 

*************************

 

 

 

P.S.さらに詳しく「英語学習」について知りたい方は以下のページをご覧ください!

            ↓↓

http://www.ken-elt.jp/blog-ranking.html

 

 

 

 

 

 

KEN-ELT英語学習専門校 東京・大田区

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月13日

**新着情報**『年末年始休校のお知らせ』

テーマ:**新着情報**

*年末年始休校のお知らせ*


以下の期間は、「年末年始休暇」のため、休校とさせていただきます。メール・電話での応対はこの期間以降となりますのでよろしくお願いいたします。

 


    ☆2016年12月22日(木)から 
        2017年1月3日(火)まで☆

 

 

☆Have a happy holiday season, everyone! 
                                 See you later!☆

 

 

 

 

 

 

『KEN-ELT英語学習専門校』公式Facebookもチェック!

               ↓↓

健一鈴木 | バナーを作成

 

 

 

 

 

KEN-ELT教室 東京・大田区

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月10日

**新着情報**アメリカ人のカナダ移住加速か??

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

   ↓↓

『アメリカ人のカナダ移住加速か?』

今年の6月の「イギリスのEU離脱」に続き、ついにアメリカでも「トランプ氏選出」というサプライズが起きました。ただ、本当にサプライズなのか?は疑問です。アメリカ国民の中で長年溜まっていた不満が噴きだしただけなのでは??イギリスでも移民排斥路線が強いように、アメリカでも。やはり近年は「移民」がキーワードになっていますね。アメリカ人の「カナダ移住」が増えるかもしれません。

 

参照URL

http://jp.reuters.com/article/canada-trump-idJPKBN1340M7

 

以上。

    ↑↑

 

昨日の

 

アメリカ大統領選は・・・

 

アメリカ国民の

 

長年の不満が

 

吹き出た形

 

となったのでしょう。

 

イギリスのEU離脱でも

 

そうでしたが・・・

 

『移民問題』

 

が焦点に

 

なっております。

 

とはいっても・・・

 

アメリカには・・・

 

だいぶ前から

 

「アフリカ系黒人」

 

 

「中南米のヒスパニック」

 

は住んでいるわけで、

 

何も

 

最近の問題では

 

ありませんよね。

 

それこそ

 

彼らの多くは、

 

アメリカで生まれた

 

二世、三世

 

 

英語を母国語

 

としているわけです。

 

それでも

 

いまだ、

 

「人種差別」

 

などが

 

問題になってしまう・・・

 

この現状自体が

 

アメリカという国の

 

病的な一面

 

であります。。。

 

そんな

 

アメリカから

 

カナダへと

 

移住する人も

 

増えるかもしれません。

 

アメリカ人が

 

カナダへ移住する

 

ことが意味すること・・・

 

それは、

 

アメリカ人が

 

カナダでは

 

『移民』

 

になるわけです。

 

「北米」

 

という同じ文化圏

 

であります

 

両国ですが・・・

 

私自身の経験から

 

『まったく違う国』

 

であります!

 

文化背景は

 

似ていますが・・・

 

カナダには・・・

 

「銃犯罪」

 

「人種差別」

 

といった

 

アメリカに蔓延する

 

社会問題が

 

ほとんどありません。

 

そんなカナダで、

 

アメリカ人が

 

打ち解けられるのか?

 

私には

 

疑問であります。(笑)

 

カナダ人の

 

アメリカに対する態度

 

をカナダ留学中、

 

いやというほど

 

耳にしましたので。(笑)

 

似ている英語を

 

話す両国ですが・・・

 

それがゆえに、

 

海外に出たときには

 

「カナダ人」

 

 

アメリカ人に

 

間違われるのを

 

嫌がっているのを

 

皆さんは

 

ご存じでしょうか?

 

そうした時は

 

スーツケースを

 

見てみてください!

 

そこに

 

「カナダの国旗」

(メープルリーフ)

    ↓↓

   カナダ

 

がついていたら、

 

それは・・・

 

間違えられたくない

 

からであります!(笑)

 

 

 

Quebec City , Canada 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。