2017年03月01日

『英会話・英語を学びたい日本人』へのメッセージ②

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある

「KEN-ELT英語学習専門校」

http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。

 

皆さん、

 

3月になりましたが、

 

まだ寒いですね。

 

いかが

 

お過ごしでしょうか?

 

さて、

 

今回は・・・

 

『英会話・英語を学びたい日本人』

 

へのメッセージ

 

といたしまして、

 

以前にも、

 

「英語学習の落とし穴」シリーズ

 

として

 

まとめてきた記事を

 

少し改良

 

いたしまして、

 

皆さんに

 

『英語学習の極意』

 

をお伝えしていきたい

 

と考えております。

 

 

今回はというと・・・

 

「継続」

 

について

 

お話したいと

 

思います。

 

何でも

 

「続ける」

 

ことって

 

たやすいこと

 

ではない

 

ですよね。

 

ランニングだったり、

 

料理だったり・・・

 

語学も

 

例外ではありません。

 

疲れたときは

 

つい

 

「まあいいか」

 

と思って

 

しまいませんか?

 

これは、

 

人間にとって

 

「当たり前のこと」

 

であると

 

私は思います。

 

疲れている時や

 

何もやる気がしないときは

 

誰にでも

 

ありますよね。

 

ただ

 

「継続は力なり」

 

という日本のことわざ。

 

これは

 

本当に真実である

 

と私は思います。

 

 

Q:毎日、英語を勉強した方がよいでしょうか?

 

 

 

これは

 

よく生徒さんから

 

聞かれる質問

 

ですね。

 

それはもちろん、

 

毎日できるのなら、

 

勉強した方が

 

良いとは

 

思います。

 

ただ、

 

あることの方が

 

もっと重要です。

 

そのあることとは・・・

 

 

*「量」よりも「質」を重視することです。

 

 

これは、特に

 

英語入門者と初心者の方

 

にとっては

 

最も重要なこと

 

です。

 

いくらたくさん

 

英語を聞いたり、

 

読んだりしても、

 

それだけで、

 

英語力が

 

身についていく

 

わけでは

 

ありません。

 

「質」の良い英語に

 

真剣に

 

取り組まない限り、

 

次のレベルへ

 

あがることは

 

残念ながら

 

できません。。

 

*次に「効果的」に英語を学習することです。

 

 

市販の教材などを

 

使って、

 

自己流の

 

英語学習法を

 

自分でみつけることが

 

できれば

 

素晴らしいことです。

 

ただ、

 

そうした学習法を

 

半年から1年

 

続けていて、

 

効果が見えない

 

場合は

 

”問題”です。

 

時間とお金を

 

無駄にしている

 

こととなります。

 

残念ながら、

 

何かが違うのです。。

 

「英語を学ぶ」

 

ということは・・・

 

頭の中に

 

既にある

 

日本語という

 

思考回路に、

 

新しい”英語”という、

 

『全く異なる思考回路』

 

を作る

 

ことです。

 

つまり、

 

全く異なる文章の組み立て方

『文法』


 

全く異なる音の仕組み

『発音』


 

全く異なる意味の違い

『単語・表現』

 

を学んでいくのです。

 

決して

 

簡単なこと

 

ではありません。

 

 

Q:こうしたことができるようになるにはどれくらい時間がかかるのでしょうか?

 

 

これもよく

 

生徒さんから

 

受ける質問

 

ですね。

 

個人差は

 

ありますが、

 

最低1~2年

 

は見てください。

 

これは、

 

入門者・初心者の方が、

 

一通り

 

英語の文法・単語・発音などの

 

全体の仕組みを

 

理解し、

 

使えるようになる

 

期間です。

 

*これは、KEN-ELTで、「週2回」コース」で定期的に学んでいただいた方の基準です。「週1回」コースの方の場合には、当然それ以上の時間はかかります。

 

 

私の周りには、

 

ドイツ語やポーランド語や

 

イタリア語やスロヴェニア語などを

 

それぞれ

 

流暢に話す

 

日本人の友人・知人が

 

います。

 

それらの人に

 

共通しているのは、

 

「例外なく、継続的に努力をしている」

 

ということです。

 

「流暢に」

 

というレベルになると、

 

海外で

 

常に

 

学習言語に

 

触れている環境で

 

早い人で

 

2年から3年、

 

言語の難易度

 

によっては

 

5年はかかっている

 

ようです。

 

 英会話業界では、

 

「簡単に英語がマスターできる」

 

といった

 

うたい文句

 

あふれていますが、

 

こうした人が

 

これを聞いたら

 

どのように思うでしょうか? 

 

語学の学習は地味で、

 

簡単ではありませんが、

 

 

「質」を重視し、

 

効果的な学習法

 

かつ

 

継続的に学べば、

 

入門者であれ

 

初心者であれ、

 

一通り話せる

 

ようになります。

 

 

 

******************

 

 

!!『KEN-ELT受講対象者』は以下の方です!!

 



『英語教育の専門トレーニング』を受けた日本人講師に習いたい方。

②カリキュラムに沿って、『自分のペースで』しっかりと学んでいきたい方。

③「ラクに」ではなく、『たのしく』英語を学んでいきたい方。

『イギリス英語』または『アメリカ英語』にこだわりがある方。


*上の条件に一つでも当てはまった方は、『KEN-ELT受講対象者』となります。

ひとつも当てはまらなかった方は、残念ですが、『KEN-ELT受講対象者』ではありません。

「他の英語教室」をご検討ください。

 

 

******************

 

 

*P.S.さらに詳しく「英語学習」について知りたい方は以下のページをご覧ください*

            ↓↓

http://www.ken-elt.jp/blog-ranking.html

 

 

 

 

KEN-ELT英語学習専門校 東京・大田区

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月21日

**新着情報**『動物も人間と同じインド』

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

   ↓↓

 

『動物も人間と同じインド』
インドに昨年末に滞在していましたが、この国に行くたびに考えさせられることがあります。ずばり・・・「犬」などの動物の存在です。街中を歩き回っていますが、「殺処分が禁止」されている、アジアでは台湾以外の唯一の国です。アジアの仏教の精神はどこにあるのか?インドの懐の広さを感じざるを得ません。

 

以上

  

  ↑↑

 

昨年末、

 

デリーから東、

 

バングラデシュ寄りの

 

コルカタ周辺

 

 

いわゆる

 

『東インド』

 

 

ベンガル地方

 

をしばし

 

回っておりました。

 

今回の記事の

 

テーマである

 

「動物への慈悲」

 

ですが・・・

 

これは

 

かの

 

マハトマ・ガンジー氏も

 

言っていること

 

であります。

 

以下、

 

引用いたします。

 

"The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated."

"国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る"

 

ガンジーが

 

出身の

 

西インド

 

グジャラート州

 

(州都アーメダバード)

 

 

インドで

 

唯一の

 

「禁酒州」

 

として

 

知られております。

 

これには、

 

この州にすむ

 

「ジャイナ教徒」

 

の影響があります。

 

日本では

 

ほとんど

 

知られていない

 

ジャイナ教ですが、

 

インドの思想に

 

影響を与えています。

 

その

 

ジャイナ教の

 

伝統が

 

ずばり・・・

 

「アヒンサー」

 

と呼ばれる

 

「不殺生」

 

の精神です。

 

つまり、

 

ガンジー自身は

 

ヒンドウー教徒

 

でありますが、

 

ジャイナ教徒

 

の多い

 

グジャラート州

 

出身ですので

 

このジャイナ教の

 

影響を受けている

 

と考えられます。

 

やはり、

 

インドでは

 

我々の「常識」

 

としていることを

 

いい意味で

 

壊してくれる

 

「歴史の重み」

 

 

「思想の深さ」

 

 

悠然と

 

存在している

 

のを

 

毎回

 

感じますね。

 

私のライフワーク

 

のひとつ

 

として、

 

インドへの旅には

 

終わりがなさそう

 

です。(笑)

 

 

 

 

 

Kolkata(Calcutta), East  India

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月01日

**新着情報**『カナダ・ケベックのモスクで銃乱射』

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

   ↓↓

 

『カナダ・ケベックのモスクで銃乱射事件』
カナダでは「銃犯罪」がアメリカと比べてほとんどないために、この事件はカナダ人にとってかなりショッキングなものであると思います。ケベックシテイーは、私がトロント留学中、一度行きましたが、カナダのフランス語圏で、『北米で一番歴史的価値のある町』として世界遺産登録もされております。

 

以上。

 

参考URL:

http://edition.cnn.com/2017/01/29/americas/quebec-mosque-shooting/index.html

  

  ↑↑

 

 

ついに

 

カナダでも・・・

 

いわゆる

 

人種や宗教関連の

 

「ヘイトクライム」

(a hate crime)

 

が起きてしまいました。

 

アメリカと比べて

 

カナダという国は

 

銃犯罪は少ない

 

のですが・・・

 

古くから

 

伝統の

 

『狩猟文化』

 

は北米共通ですので・・・。

 

残念ながら

 

今の時代、

 

いくら安全な国でも

 

テロは起こり得る

 

と考えた方が

 

良さそうであります。。。

 

今年は、

 

トランプ大統領になり、

 

早速

 

イスラム教徒の多い国

 

への入国拒否

 

が相次いでおりますし、

 

やはり、

 

『移民問題』

 

 

今年の

 

キーワードに

 

なるのは

 

明らかであります。

 

 

Quebec City, Canada 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。