ネイテイブに学べば話せるようになる


        という"誤解"





*「英語教師の養成 」も行っている英語教室です。*












『KEN-ELT英語学習専門校』

http://www.ken-elt.jp/)
について:





カナダとイギリス(英国)での英語教授法留学をもとに、私Kenが東京・大田区に設立した、TESOL(英語教授法資格)保有の日本人講師による個人英語・英会話学校です。










日本人講師Kenに習うメリット





①「英語力」





②「教授力」





③「TESOL(カナダ)」





④「セミナー(イギリス)」





⑤「カリキュラム・教材開発」





⑥「英語以外の外国語」












無料カウンセリングはこちら





      (7名様限定)






”あなたの英語学習観が間違いなく変わられることと思います。”












































1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月10日

**新着情報**アメリカ人のカナダ移住加速か??

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

   ↓↓

『アメリカ人のカナダ移住加速か?』

今年の6月の「イギリスのEU離脱」に続き、ついにアメリカでも「トランプ氏選出」というサプライズが起きました。ただ、本当にサプライズなのか?は疑問です。アメリカ国民の中で長年溜まっていた不満が噴きだしただけなのでは??イギリスでも移民排斥路線が強いように、アメリカでも。やはり近年は「移民」がキーワードになっていますね。アメリカ人の「カナダ移住」が増えるかもしれません。

 

参照URL

http://jp.reuters.com/article/canada-trump-idJPKBN1340M7

 

以上。

    ↑↑

 

昨日の

 

アメリカ大統領選は・・・

 

アメリカ国民の

 

長年の不満が

 

吹き出た形

 

となったのでしょう。

 

イギリスのEU離脱でも

 

そうでしたが・・・

 

『移民問題』

 

が焦点に

 

なっております。

 

とはいっても・・・

 

アメリカには・・・

 

だいぶ前から

 

「アフリカ系黒人」

 

 

「中南米のヒスパニック」

 

は住んでいるわけで、

 

何も

 

最近の問題では

 

ありませんよね。

 

それこそ

 

彼らの多くは、

 

アメリカで生まれた

 

二世、三世

 

 

英語を母国語

 

としているわけです。

 

それでも

 

いまだ、

 

「人種差別」

 

などが

 

問題になってしまう・・・

 

この現状自体が

 

アメリカという国の

 

病的な一面

 

であります。。。

 

そんな

 

アメリカから

 

カナダへと

 

移住する人も

 

増えるかもしれません。

 

アメリカ人が

 

カナダへ移住する

 

ことが意味すること・・・

 

それは、

 

アメリカ人が

 

カナダでは

 

『移民』

 

になるわけです。

 

「北米」

 

という同じ文化圏

 

であります

 

両国ですが・・・

 

私自身の経験から

 

『まったく違う国』

 

であります!

 

文化背景は

 

似ていますが・・・

 

カナダには・・・

 

「銃犯罪」

 

「人種差別」

 

といった

 

アメリカに蔓延する

 

社会問題が

 

ほとんどありません。

 

そんなカナダで、

 

アメリカ人が

 

打ち解けられるのか?

 

私には

 

疑問であります。(笑)

 

カナダ人の

 

アメリカに対する態度

 

をカナダ留学中、

 

いやというほど

 

耳にしましたので。(笑)

 

似ている英語を

 

話す両国ですが・・・

 

それがゆえに、

 

海外に出たときには

 

「カナダ人」

 

 

アメリカ人に

 

間違われるのを

 

嫌がっているのを

 

皆さんは

 

ご存じでしょうか?

 

そうした時は

 

スーツケースを

 

見てみてください!

 

そこに

 

「カナダの国旗」

(メープルリーフ)

    ↓↓

   カナダ

 

がついていたら、

 

それは・・・

 

間違えられたくない

 

からであります!(笑)

 

 

 

Quebec City , Canada 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月25日

**新着情報**中南米・キューバの姿Part2(『9月投稿』のまとめ)

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

9月に

 

投稿いたしました

 

『中南米・キューバの姿』

 

のまとめPart2です!

 

    ↓↓

 

『中南米・キューバの姿』
(Latin America, Cuba)

今回のオリンピックは、中南米という地域の「治安」や「インフラ」といった課題が浮き彫りになりました。そんな中南米で「治安の良い」国がずばり・・・キューバです!

 

Part1

写真は・・・

ハバナの広場です。

キューバ中、

『革命の英雄チェ・ゲバラ』

ばかりであります!

 

 

 

Part2

キューバのホテルでは・・・

写真のような

ューバ音楽の『生演奏』

があります!

 

 

Part3

キューバの夜は

「トロピカーナ」のショー

で決まりです!

 

以上、

 

8月に続き

 

9月も

 

中南米

 

キューバ

 

を特集いたしました。

 

最近、

 

アメリカ国内に

 

キューバ土産の

 

葉巻が

 

持ち込めるように

 

なったようです。

 

私が行ったころより

 

確実に

 

アメリカ人の

 

観光客が

 

増えている

 

と思われます。

 

観光地化

 

してしまっている

 

ことは否めませんが・・・

 

中南米という

 

地域が

 

キューバへ行くと

 

よくわかるので

 

アフリカと

 

ヨーロッパとの

 

融合文化に

 

興味のある方には

 

おススメです!

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月04日

**新着情報**『カナダ・バンクーバーの現実』

テーマ:**新着情報**

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

Facebook

https://www.facebook.com/keneltjp

 

にアップ

 

した内容を

 

ブログでもシェアいたします!

 

 ↓↓

『行方不明の日本人女性、遺体で発見 男を逮捕 カナダ』

(Vancouver, BC, Canada) 

カナダ西海岸の都市バンクーバーで日本人女性が殺害されてしまいました。。。私も以前バンクーバーに滞在していたことがあります。カナダという国は『比較的』安全な国であります。しかし、やはり危険はあります。特にバンクーバーは麻薬中毒者が多いです。(チャイナタウンの周辺・ダウンタウンイーストサイド)これから留学される方はくれぐれも注意を怠らないよう生活に慣れてきても、『油断』はしないでください!

 

参照URL

:http://matome.naver.jp/odai/2137428573119565701

 

以上。

          ↑↑

 

今回は・・・

 

カナダ西海岸

 

バンクーバー

 

 

日本人留学生

 

が殺害

 

されたことを

 

受けて、

 

『注意喚起 』

 

をいたしました。

 

留学は・・・

 

人生で

 

一度は

 

経験するべき

 

ことである

 

と思うぐらい、

 

『人生観』

 

 

変えることも

 

あります。

 

しかし、

 

その一方で・・・

 

1か月・・・

 

3か月・・・

 

と滞在するうちに

 

生活に

 

『慣れ』

 

というものが

 

出てきます。

 

それに対して、

 

英語力は・・・

 

そう簡単に

 

上達

 

いたしません。。。

 

そのギャップ

 

が危険を

 

誘います。

 

つまり、

 

このような

 

留学初期に

 

日本語で

 

現地人から

 

話しかけられると・・・

 

つい

 

『油断』

 

してしまうのです。。。

 

現地情報

 

については、

 

現地の人

 

に聞くのが

 

最善

 

であります!

 

しかし、

 

その英語力が

 

なければ・・・

 

難しい。。。

 

と言わざるを

 

得ません。。。

 

海外旅行へ

 

個人で

 

行く際も

 

そうですが・・・

 

最低限の

 

英語力を

 

つけてから

 

出発

 

なさってください!!

 

私は・・・

 

機内で

 

外国人CA

 

 

日本人客への

 

英語の通訳を

 

頼まれることが

 

たまにありますが・・・

 

正直

 

その内容が・・・

 

「飲み物に

 

何がほしいか?」

 

 

「コーヒーは

 

今ないので

 

あとで持ってきます。」

 

といった

 

かなり

 

初歩レベルの

 

内容なのには・・・

 

いささか

 

驚く次第であります。。。

 

結局のところ・・・

 

大学生にしろ、

 

社会人にしろ、

 

退職者にしろ、

 

日本人の多くが・・・

 

「英語のリスニング力」

 

 

圧倒的に

 

欠けている

 

のです!

 

今や

 

世界では・・・

 

英語を

 

発音はともかく

 

聞いて

 

話せる

 

ことは

 

常識

 

になりつつ

 

あります。

 

というよりも

 

既に

 

ほとんどの国では

 

なっております。

 

日本語と

 

全く違う

 

英語を

 

身につけるのは

 

決して

 

やさしい

 

ことではありません。

 

時間もかかります。

 

ただ、

 

『適切な方法』で

 

学び、

 

あきらめなければ・・・

 

身についていくことを

 

実感

 

なさることでしょう!

 

 

 

Vancouver, BC, Canada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。