memories of rain:メモリーズ•オブ•レイン

信義(シンイ)の二次創作ブログです。
ウンス×ヨン
最終回のその後など。

こちらは、韓国時代劇 信義 シンイ の二次創作ブログです。

二次創作という言葉をご存じない方、嫌悪感を抱かれる方は、ご注意ください。同人作品であり、原作とはいっさい関係はありません。



シンイ二次創作目次はこちらです

シンイ・ヨン周年まつり2016

企画概要、参加者名簿はこちら



シンイで年越し企画2015
企画概要、参加者名簿はこちら

シンイでなつまつり 2015

多数のご参加、応援ありがとうございました!

企画の概要、参加者名簿はこちら

シンイで年越し企画 2014

ご参加ありがとうございました。
企画の概要、参加者名簿はこちら

シンイでなつまつり 2014

まつりは盛況のうちに無事に終了いたしました。心から感謝いたします。

まつりの跡地へ



二次創作を書く方必読のアンケート

二次創作の書き手さんへおくる20の質問


///////////////////////////////////////////////////////////////


二次創作本について ※ お求めのさいは、内容をよくご確認ください

リンク先はわたしが直接注文を受付する自家通販ではなく、
委託販売のサイトです。


///////////////////////////////////////////////////////////////


シンイ二次創作本 【天泣】2014年2月発行
個人の趣向+花より男子+シンイ【just the two of us】2014年7月発行
シンイ二次創作本【祝波】2014年10月発行
シンイ二次創作本【雪花相聞】 2014年12月発行
シンイ二次創作本【朧夜相聞】 2015年2月発行
シンイ二次創作本【恋慕百花】 2015年4月発行
シンイ二次創作本【君を恋いつつ、すごす日々】 2015年6月発行
シンイ二次創作本【光来至宝】 2015年8月発行
シンイ二次創作本【放蕩天女】 2015年10月発行
韓ドラ二次創作本【きみへのみち】 2015年12月発行
【*asterisk(アステリスク)】 2015年12月発行
シンイ二次創作本【清明の比(ころ)】 2016年4月発行
シンイ二次創作本【再会】 2016年9月発行
シンイ二次創作本【星の雨】 2016年10月発行
韓ドラ二次創作本【花香籠・はなかごめ】 2016年12月発行
シンイ二次創作本【恋愛素問】 2017年2月発行



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・自家通販(私が直接本の申し込み受付けをします)不定期受付→ショッピングカートへ


本の買い方


・二次創作本の委託先→ boothへ


※在庫があれば申し込みできます。本の受付について


boothの使い方についてはこちら


【リンクが開けない場合】
https://booth.pm/ja
こちらのアドレスを直接入力していただければ
ブースのサイトにいけると思います。
サイトにたどり着いたら、「天泣」「just the」など本の題名で検索していただけると、商品のページに切り替わると思います。
お試しください。

【boothのユーザー登録について】

pixivのIDを作る必要があります。
なぜかできない。という場合は、下記のアドレスをお試しください。
https://memorie.booth.pm/users/sign_up


////////////////////////////////////////////////////////////////

kampa!(カンパ!)について
わたしのkampa!ページはこちら


///////////////////////////////////////////////////////////////


テーマ:

 

 


典医寺の片隅、先生の部屋にわたしは招かれた。
高麗でわたしが寝泊まりしていた場所だ。
調度品が違うから、雰囲気は違うけど。
こうして座っていると、わたしがこの部屋の主で、向かい合って座っている人が懐かしい友人にみえてくる。肩までの髪をくくり、高麗の衣服に身を包んだ人は、気遣わしげにわたしをみつめた。
「無事で、よかった」
そう言ったけれど、肩に置かれた手は、震えてた。
本当に心配してくれたんだとわかって、うれしくてありがたい。
「チョン先生が王妃様を助けたのね」
元から王様と王妃様を迎えるさい、襲撃をうけて王妃様は傷を負われた。
わたしのするはずだった役を、チョン先生が引き受けた形だ。
チョン先生は表に出ないよう、王様が取りはからってくださったのだという。
「医仙のおじいさんは、大丈夫なの? 悪い人に目をつけられてない?」
案の定、目の敵にしている人たちがいるらしい。
「ウダルチテジャンが目を光らせている。怪しい動きがあれば、知らせてくるだろう」
あいつら、何を考えているのかちっとも油断できない。
「ここへきて、もう一年になる。暮らし心地は悪くはない」
ずっとここにいるのは、無理よね。
チェ・ヨンの顔も、できれば拝みたくない。
あんなに会いたいと思っていたのに、いざとなるとやっぱり臆病になる。
なにもしてあげられなかった不甲斐なさを思い出してしまう。
「戻る手立てはあるかしら」
「……ないこともない」
チェ・ヨンが手を貸してくれるだろう、そうチョン先生は言った。
「彼には貸しがある。ここを出るときは、チェ・ヨンが手助けしてくれるだろう」
王妃様をかばい、チェ・ヨンは傷を負った。
貸しを作るほどの傷なんて、穏やかじゃない。
少しのケガではびくともしない人だ。
……平気そうだったけれど。
ずいぶん前のこととはいえ、ちゃんと治っているんだろうか。
「きみが心配することはない。しっかり処置はしてある」
先生はためいきを吐いた。
「頑固な患者だよ。武士というのは、あきらめがよすぎる。瀕死のくせに、捨て置けと凄むんだ。困ったよ」
チェ・ヨンらしい。
「約束するって言ったのね。よっぽど感謝したんだわ」
チョン先生はまばたきをした。
「とにかく……天門と呼ばれるもの。わたしはそこへ出たんだ。もやの中を歩いていたら、いつのまにか知らない場所にいた。時間も場所も飛び越えて……本当に頭がおかしくなったかと思った」
戻れるんだろうか?
「医仙」の名を負うことはまぬがれていても、そう簡単にここを出られるのかどうか。
「きみたちが好機を運んできた」
碧瀾渡に船が着いて、使節が王宮に来ている。
キ・チョルたちの目はそちらに引き寄せられるだろう。
こっそりと王宮を出て、門へ向かう。
身を潜めて門の開く時を待つという計画だ。
「ハンさんにも話しておいてくれ」
この状況に一番なじんでいるのは、ハンさんかもしれない。
さっきジスを連れて、貴宝館のほうへ行った。
使節がくつろげるよう整えられた場所で、いとしのアマデオもそこにいる。
「アマデオのことがお気に召したみたい。妻を放って美男を拝みに行くなんて」
「眼福だね、確かに」
「冗談言わないで」
チョン先生は笑った。笑い返すと、なぜか鼻の奥がつんとした。
わたしの手に大きな手を重ねた人は、やさしく言った。
「ウンス。きみとジスは、わたしが守るよ」
こんな風に言われて、ぐらつかない女がいるだろうか。
ハンさんがいなくて良かった。ヤキモチをやかれるのは間違いない。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。