危ない話

テーマ:

さてやってきました、かの国の人たちが

「やきもき」する期間。


ノーベル賞。


外国籍華人の受賞はあれど、

中国大陸の人の受賞は無い。


と、されていますが・・・


正直な話、

ラマさんはどうなるのか?

亡命中の身ですが、

もらっている賞と、かの国がラマさんに

対する評価は真逆。


しかし、かの国はチベットは

不可分の領土としています。

そこの最高権力者だった人なわけで、

ラマさんはチベット人を強く意識してるかと。

そうなると、


チベット=かの国の一部。

チベット人=チベット地方に住む、または住んでいた民族

ラマさん=チベット人

チベット人=かの国の人


の図式か・・・


亡命政府との間で

「平和的解決」がもたらされたとすると、

やはり、受賞一号はラマさんなのか?

いや、すでに一号なのか。


もしかして、

ラマさんの平和賞を取り下げないと、

かの国はノーベル賞は国内の人に

受賞させないのでは・・・。


受賞できないのではなく

「させていない」のでは?



AD

60周年華誕

テーマ:

かの国では盛大に閲兵式が展開されました。


日本で言う「還暦」に当たるために、

それはそれは盛大に執り行われていました。


某主席の

「同志(人門)好」「同志(人門)辛苦了」二言の繰り返しには、

あれでしたが・・・・。

実は、あれは3D映像で本体では無い(らしい)


とにかく無事に終わってよかったです。


でも、夜の宴は、いただけない気がした。

国を挙げて、あの時間まで子供たちを

躍らせちゃ駄目でしょ。

だから人権どうのこうの言われるんだと思う。


で、オオトリにジャッキー登場。

僕閉口。

なぜジャッキー?しかも口ひげ。

役作りだとしても、あれはいただけないと思う。

でも、あれを許しちゃうのがかの国。


まぁ、

全世界にアピール

→歌で平和に

→世界的に有名な中国人で歌えるのは・・・・

→韓紅(国内では超有名だけど世界的じゃ・・・・)

 →朗朗(歌じゃないけどピアノでは世界的に!いや、オリンピックで去年やっちゃったし。)

  →章子(心台) (歌のほうは・・・・)

   →フェイウォン(まだ復帰してないし・・・・)

    →ジェットリー(歌ってるの見たこと無い)

→やっぱり、ジャッキーしかいない!

という感じでしょうか。

こんなときに「テレサがいたらなぁ」って思います。


AD

何も考えず。

テーマ:

ついこの前、日本で中国の方と話す機会があり、

「中国のどこに行きたいですか?」と聞かれたので、

北京とか、福建とか、広州・シンセン、成都入ったことがあったので、

とっさに

「西部、新疆のほう」と答えました。

すかさず、

「いま、新疆?危ないから2年は行かないほうがいいよ」

と言われてしまいました・・・・。


まぁ、何だ、あれだ。うん。

「政府が大丈夫って言ってるから大丈夫(棒読み)」

AD

オンカホウ コキントウ

テーマ:

・・・・。

で、どっちが主席でどっちが首相?

てか、主席と、首相の違いを意識している人って

どれくらいいるのだろうか・・・・。

 

ぶっちゃけ、

オンカホウであろうが、ウェンジアバオだろうが、

コキントウだろうが、フゥジンタオだろうが、

一般的な市民には何の変わりもない。

 

もし、世界に責任転嫁グランプリがあったら、

トップ3は・・・・・・・

すぐ割り出されるな。

 

 

小学生は・・・・

テーマ:

いや、ここにきて俄然盛り上がってきました!!!!

チュウキョウ万歳!!!

って、あほ。

 

いや、今回の行動どう見ても、

台湾や香港など、

一応国内の二箇所に一気に問題抱えて、

そのタイミングでこれ。

 

さすが!

すごい!

歴害!!

 

面白すぎ。

行動が小学生。

何か不利なことがあったら、

話や、視線をそらす。

で、それにのってしまうノウナシ。

いや、あるんだよ、一応。能。

今よければそれでよっし言うだけの・・・。

 

ねぇ、以後のことを考えたり、予測できるように

学習してたら、

「日本製品不買」とか言ってる場合じゃないですよ。

中国で本当に売ってる日本製品なんて、

少ないですから。

自分たちが世界の工場ってことに・・・・・。

 

やるなら徹底的に手足!!

(って、教育番組でも言ってる)

 

いいよ、いいよ、好きにしてください。

どうせ国内には一流の人はいない国なんだから。

一流は国外に逃げていくんだから。

 

 

最後にひとつ。

 

中国籍の中国人がノーベル賞って獲ってましたっけ?

ノーベル賞受賞者「楊振寧」の国籍は中国ではありませんよねw

いや、でも僕、中国は嫌いじゃないですよ。

本当に。