1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月12日(金)

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

テーマ:モノ

子供がいる我が家ではAmazonプライムビデオでアニメや仮面ライダーを観る機会が多いのですが、そういう時これまではPS4を使ってリビングのテレビで観ていました。でもPS4をわざわざONにしてゲームのコントローラで操作するのって何か違うよなぁとか不満もあった訳です。

 

そんな悶々している時にCMでテレビのHDMIポートに挿すだけのFire TV Stickがあるのを知って速攻購入。先日届いたので早速レビューしてみようと思います。

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

外箱はこんな感じ、かなり小さいです。『音声認識リモコン付属』と何となく胡散臭い文字が。音声認識ってどこまで使える代物なんだと疑ってかかってた訳ですが、後ほどそうじゃなかった事実をお伝えしないと(汗

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

主な内容が右からFire TV Stick本体、リモコン、MicroUSBケーブル、あとここには写っていませんが電源アダプタとHDMI延長ケーブル、電池も付属します。

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

リモコンのカバーを外して電池をセット。カバーの外し方が分からず焦りました。ずらして取るだけなんですね。ちなみに電池は2本とも同じ向きにセットする仕様のようです。

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

これがリモコン。音声認識ボタン、ナビゲーション兼選択ボタン、ホームボタンなど誰でも分かりそうなボタンです、、、でも電源ボタンが無い様な。

 

どうやらFire TV Stickは電源を切る必要がないとのこと。Amazon Fire TVシリーズヘルプにこの様に書かれています。『Fire TV Stickをオフにするには、USBケーブルを端末または電源から抜きます。』、うわ、毎回抜き差しするのか~。

 

ただこうとも書かれています。『使用後にFire TV Stickをオフにする必要はありません。 Fire TV Stickは、省エネのために30分後にスリープモードになるように設計されています。スリープ中も、重要なソフトウェアアップデートは引き続き自動で受信されます。』、放置でもいい様です。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire TV Stickのハードウェア

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

テレビのHDMIポートに挿してみます。本体をそのまま挿すとFire TV Stickのサイズの関係上、隣接するポートが利用できない状態でした。これはテレビ側のHDMIポートの間隔にもよるんでしょうね。

 

Amazon Fire TV Stick(2017 Newモデル)の音声検索が思いのほか便利な件

 

そんな時は付属のHDMI延長ケーブルを使えば問題は解決できます。

 

で、USB用の電源アダプタを挿していざ視聴。とはならず、初期セットアップ作業に入るんですね。Amazonのロゴが出て、利用するWiFiを設定して完了。WiFiで5GHz帯が選択できないのは解決方法がある様なので今回は2.4GHzで接続。

 

ネットに繋がると利用アカウントとして自分のフルネームが表示されます。あれ?一切個人情報を入力した記憶が無いんだけど何故だろうと思ったところ、これもヘルプページにありますが『Amazonアカウントを使用してAmazon.co.jpからオンラインでAmazon Fire TV端末を購入した場合、お手元に届くときには端末はすでに登録されています』とのこと。これは便利。

 

で、ようやくAmazonプライムビデオの世界に到着。画面レイアウトがPS4のものとは違っていて、メニュー構成も違うのか若干慣れが必要です。Fire TV Stickから入る人にはこの違和感はまったく無いのでご心配無く。

 

WiFi接続なので画質がどうなのか気になっていましたが、フルHDでの視聴ができ個人的には不満無しでした。自宅のテレビがまだ4K対応できていないしフルHDが出れば十分です。で、気になる音声認識エンジンですが非常に優秀でした。誤認識も気にならず応答速度も問題無し。意外と音声認識、あなどれません。我が家もそうですが読み書きできない小さい子供がいるとPS4のコントローラで文字検索は難しいですよね。そんなとき音声認識だと子供でも検索ができ便利です(検索結果でリストが出ると彼らは読めないんですがね)。

 

最後にスティック本体の熱ですが、映画を見ているとほんわか温かくなってます。これで壊れることは無いんじゃないかと思いますが、気になる人はFire TV Stick購入時に延長保証プランも提供されていたので合わせて追加するのもいいでしょうね。

 

これと言って不満の無い新型Amazon Fire TV Stick。値段も手ごろなのでAmazonプライム会員で動画をよく観る人にお勧めです。

 

Amazonプライム・ビデオの30日間無料体験を試す

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年05月03日(水)

CHERRY MXキーキャップでMajestouch MINILA Airをカスタマイズしてみる

テーマ:Majestouch MINILA

静音リングでタイプ音が抑えられたMajestouch MINILA Air。フリーソフトを使ってキー配列も若干カスタマイズできたのでまずまずの使い心地になってきました。しかーし、安定してくると更に手を加えたくなるのがマニア心。今回は実用性と自己満足フィフティフィフティのキーキャップカスタマイズをやってみたいと思います。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

まずはセンチュリーダイレクトの「CHERRY MX軸 104英語キーボード用 2色成型カラーキーキャップ グリーン CK-104GR/E」。2種類の色/素材を組み合わせて1つのキーキャップを作る2色成型キーキャップタイプなので、文字がかすれることが無いのが特徴。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

キーキャップを裏から見ると緑色の本体部分と白色の文字部分の樹脂を組み合わせて作ってあるのが分かるかと思います。印字の文字をキーキャップの表面に貼っている訳じゃないのでかすれることが無いんですねぇ。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

もう1つがサイズの「Cherry MX軸対応 交換用キーキャップすべらないWASD MXKC-WASD」。滑りにくいラバートップ仕様のキーキャップで、矢印キー4つとWASDキー4つの計8キーのセット。ゴムの様なラバー素材で表面に細かな凹凸が付けられているので滑らないとのこと。こちらも2色成型キーキャップ仕様。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

で、それぞれセット!今回目的にしていた「矢印キーをザラザララバーのキーキャップにして触れただけで矢印キーと判断できるようにする」「多用するFnキーを色を変えて目立たさせる」はほぼクリア。スペース脇の2つFnキーがWindowsキーで代用しているのはご愛敬ですが。緑のキーキャップが余ったので幾つかグリーンに交換しましが、緑結構インパクトありますね、グレーとかの方が良かったですかね。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

オレンジのラバーキートップ。タッチ感がまるっきり他と違うので誤タイプすることはほぼ無いんじゃないでしょうか。素晴らしい、パーフェクト!

 

キーキャップなんて普通の人は交換しないところかもしれませんが、やってみるとキーボードに今以上の愛着が湧いてきます。モノを大事にする気持ちは大事ですよね~。と自分を正当化して今回のキーボードカスタマイズ・シリーズは完了です。結局コンパクトなワイヤレスキーボードを探す、というお題から①Majestouch MINILA Airを購入、②Change Keyでキー配列変更、③静音リングセット、④キーキャップ交換、と段階は多かったですが希望していたキーボードが手に入り良かったんじゃないでしょうかね。興味ある人は是非!

 

Majestouch MINILA Airに関しては前にも書いてますが、右シフトキーとDELキーが兼用になっているのが残念ポイントですかね。DIPスイッチで右シフトとDELの優先度の入替はできますが、両方優先度高いキーなんですよね。Change KeyでもDELキーの入替はできず、Fn+MキーのDELキー代用は正直意味不明ですかね。大事なキーにも関わらず小さいのもマイナス。これくらいコンパクトなキーボードだと配置できるキーの数が少ないのでどこかに無理が出てくるはずで、それをどこで吸収するか、メーカーの頑張りどころかなと思ってます。まぁどこも似たようなキー配列になっちゃうとは思うんですがね。

 

そんな感じでMajestouch MINILA Airは右シフトDELキーに違和感がありますが、他に関しては作りもしっかりしていて、ちょいちょいリングを変えてタイプ感を調整したり、気分でキーキャップの色を変えたりするかもしれませんが、長く愛用できると判断できたキーボードでした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月29日(土)

FILCO Majestouch MINILA Air 赤軸に静音リングを付けてみた

テーマ:Majestouch MINILA

前回の続きでFILCO Majestouch MINILA Air JP68キー 赤軸ネタ。このキーボード、Cherry MX赤軸スイッチを採用していて、黒軸のバネ圧60gより軽めの45gと軽いタイプ感で且つメカニカルの中では静音と謳われるキーボードと言われています。

 

軽目の静音と言われると欲しくなってしまう訳で実際購入して1ヵ月ほど使っていますが、軽さで言えば黒軸より確かに軽いタイプ感なのは実感できます。僕個人的にはこれ位の軽さが好きですかね。ただね、底打ち音はしっかり聞こえていて結構カチカチうるさいです。割と静かな自宅で使っているとカチカチ音が隣の部屋まで聞こえそうで、これはいかがなものかと。ということで調べてみるとCherry MX軸対応の静音リングなるものがあるのを発見。速攻ポチってみたので装着感をレビューしようかと思っています。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

静音リングはこんな感じで袋詰めになって135個入っています。Majestouch MINILA Airは68キーなので数的には十分ですね。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

試しにキーキャップを1つ外してリングを装着してみました。こんな感じでキーキャップのプラスチック軸にはめる事で深くタイプした場合でもリングが底打ち音を吸収するはずという理屈なんですかね。では早速すべてのキーを取り外してみます。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

ちなみにキーを取り外す際の工具はMajestouch MINILA Airの付属品として同梱されているので、別途購入する必要はないです。ちなみにキーボードの付属品はまだあって、DIPスイッチで切り替えた用のキーキャップが4つ付いています。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

バラバラと。取り外すのは工具があるので簡単に取り外せます。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

で68キーキャップすべてに静音リングをはめてみました。ここで1点。68キーでほんと良かった。リング取り付けって結構地味で面倒くさいのでフルキーボードだったらこの倍やる羽目でした。

 

リングをはめたキーキャップを元に戻しての早速タイプレビュー。お?なかなかいい感じでは?派手なカチカチ音は完全に消えています。肝心のタイプ感に関しては、若干メンブレンの様なヌコヌコ感と言うか何と言うか、アレです。でも思っていたほど悪くないですね。むしろ静かになってこのタイプ感はありです。

 

静音リングなんて便利なものが世の中にはあったんですね。調べてみるとリングが無かった昔は、薄い小さなゴム板で代用していた方もいた様で。なるほどッス。

 

タイプ音が気になってキーボードを替えようとしている方、替る前に静音リング試す価値有です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月27日(木)

赤軸68キーの Majestouch MINILA Air を1ヵ月使ってみた、その感想は

テーマ:Majestouch MINILA

サイズがコンパクトなキーボードが欲しくてゲットしたFILCO Majestouch MINILA Air JP68キー 赤軸。確かにコンパクトなのでこの点は大大大満足。なんですが、代わりにコンパクトとなった代償でキー数が68キーと少なく幾つかのキーはFnキーと組み合わせで動作する仕様のキーボードになってます。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

68キーの配列はこんな感じ。ファンクションキーとDELキー、日本語英語切替キー、他幾つかのキーがFnキーと組み合わせで動作する配列。且つ68と少ないキー数でも矢印キーを通常キーとして右下隅に配置しているので右シフトキーがスペースの関係上、小さくなっている。

 

Ctrlキーは一般的な左下隅で個人的にGood。この辺はキーボード本体底面にあるDIPスイッチで入れ替えができる。例えばCapsLockキーCtrlキーの入れ替え、両Fnキーのスペースキー化、右シフトとDELキー切り替え等々。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

矢印キーが単独で動作するのはありがたい、と言うかそうじゃなかったらこのキーボードを買ってなかったかな。個人的に矢印キーは必須キー。あと右シフトキーも必須。プログラムを書くとき、{}、[]、()、"、$、&等の記号はほとんど右シフトキー同時押しなんですね。なので右シフトキーが小さかったのはちょっとショック。

 

もう一つ、配列できついのが日本語英語切り替えがFnキーと組み合わせな点。切り替えが1キーに慣れていると「Fnキー + Escキー」と2キーになるのは正直辛い。ストレスそのもの。で今はフリーソフトのChange Keyを使って日本語英語切り替えキーをCapsLockキーと入れ替え。これで1キー且つ同じ左手で切り替えられるのでストレスは軽減。他はファンクションキーがFnキー組み合わせなのは、、、もう仕方ないですかね。コンパクトを望むならここは諦めないといけない点なのかも。

 

「Change Key」非常駐型でフリーのキー配置変更ソフト - 窓の杜ライブラリ

 

と言うことで、キー配列に関してはフリーソフトで入れ替えればある程度カスタマイズできるのでストレスは軽減できます。コンパクトでワイヤレスでキーボードデザインもイケてるって事でまぁ満足なんですが、残り1点、タイプ音がでかい。メカニカルなんでカチカチするのは構造上普通なんだろうけど、静かな自宅で使うにはデカすぎる。そこで探したのがCherry MX軸用静音リング。Cherry MX軸等互換メカニカルスイッチキーボードに対応で、ゴムの様なリングで底打ち音を吸収しようとする代物。ん~、どうなんだ。音だけじゃなくタイプ感も変わるだろうし。いいんだろうか、、、って悩むなら買ってしまえと言うことでこちらも購入。週末届くと言うことでレビューは近いうちに書きます。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月01日(土)

コンパクトなFILCO Majestouch MINILA Airを使ってみた感想

テーマ:Majestouch MINILA

Amazonで購入してから2日後、予定通り「FILCO Majestouch MINILA Air」が到着。HHKBの様なコンパクトなキーボードで、しかもBluetooth接続による無線キーボード。コンパクトでワイヤレス、これだけでも個人的には気になって仕方がない訳なんですね。ただ久しぶりのFnキー組み合わせのファンクションキーだったりの独自キー配列キーボードなので少々不安要素もある感じ。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

箱から出してみると、コンパクトにカチッとまとまった感があるなかなかのイケメンキーボードでした。重量感は思っていた以上にずっしりの729g(エネループ単3電池2本込み)。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

Fnキーがスペースの両側にあるのが特徴らしい。まぁこれは良い点なんだけど、気になった点も幾つかあった。まずはキーのタイプ音。職場ではREALFORCE91U、自宅ではロジクールの薄型無線キーボードとタイプ音がソフトなものを好んで使っていたので、Majestouch MINILAのカチカチ音は慣れるまではうるさいかなと。

 

あとは、日本語英語切り替え。Fnキーとの組み合わせなのでこれまでの様にキーボード左上、ESCの一つ下をポンポンするだけで切り替えられず、Fnキーと組み合わせる必要があるのは正直インパクトがでかい。DELキーも結構変なところにあって、ENTERキーの下、右SHIFTキーと共通になっていて、Fnキーの組み合わせが必要。場所も場所だしこれは慣れそうもないなぁ。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

ワイヤレスだけあって、無線用の通知LEDもある。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

キーボードの背面。実は何もなんですね。もしかしたらUSBとかあるのかなとか思ってましたが、それはあくまで有線タイプの場合のみでした。フツーに考えればBluetoothで繋げているんだからUSBのハブなんて無くて当然ですよねぇ。

 

コンパクトキーボード FILCO Majestouch MINILA Air

 

裏はこんな感じ。Made in Taiwan。電池は単3型が2本。アルカリで約6カ月程度利用できるらし。これくらい使えるならワイヤレスキーボードでも許す。あとは足が両側にあり、起こすと1cm程度角度を付けられます。グラつきは無くゴムも付いているので不必要に滑ることは無いですかね。

 

とまぁこんな感じで使い始めたFILCO Majestouch MINILA Air。コンパクトを生かすが故に標準的なキー配列に慣れているとタイプしずらいシーンがあるところまでは理解しました。あとは何時それに慣れるかまたは慣れないのか。ってとこだけだと思います。キーボードの作りはしっかりしているし本当に小さいので職場・自宅間で持ち運びしても良いかなと思ってます。早く慣れる様に職場に持っていくか、しかしタイプ音が気になるし。自宅用かなぁ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。