Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
分解したので載せておこう。
良い感じです。
さーてできるか、あとは神頼み(笑)


[ハヤコートベースのコート]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
上の画像は、ハヤコートベースのコートをはがしたサンプル。外側は白く、内側(パイプ側)は赤い。
と言うことは、赤いのは塗料が変質したと考えられる。
原因は、塗料に含まれるクロムがHHOのOと結合し赤く変色(三酸化クロム)していると考え、塗料をミッチャクロン(環境にやさしいクロムフリー)に変更することで解消されるか確認した。
解消されました。推測は正解のようです。
これで、詰まりとブラウンマック発生の問題は解消されると思う。

$Ghost Riponの屋形(やかた)
http://www.somayq.com/products/byname/ma/005/index.html
使用したのはスプレータイプです。
コートの密着も当然良い。


Ghost Riponの屋形(やかた)
分解なしで行けるか狙っていたのですが、水の交換時、G1からカスが発生しだしたので、チェックのため分解しました。
良い機会なので、問題のないG1b、T2もチェックのため分解。


[G1]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
G1インナーの様子。(動作:1940時間 主に0.5Aくらい)
黒く焦げてますね。プラズマでしょうか。
コートの密着は良好。汚いけど(笑)
G1がこうなったのは、アウターからのもらいサビが原因と思われます。
アウターの内側を確認したところ、タール状のサビが大量に付着してました。
(G1bとT2はサビの付着もなく良好な状態でした)
それと、発生する泡でコートが削られたような痕跡が見受けられる。


[G1b]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
G1bインナーの様子。(動作:1940時間 主に0.5Aくらい)
美しい(笑)白く綺麗。求めていたのはコレよ。
動作中もブラウンマック&茶色のカス皆無。
コートの密着も良好だが、乗るペースは非常に遅くなった。
推測すると、ハヤコートベースの場合、発生したサビもコートとして付着したため乗るペースが現在に比べ早かった。現在の状況が本来のペースで、もう少し動作アンペアを上げるなり負荷を掛けても良いのかもしれない。ギャップが、コートやサビ=茶色いカスで詰まる心配も無さそう。


[T2]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
T2インナーの様子。(動作:1940時間 主に0.5Aくらい)
下の写真、手前から2本目のギャップ用ポリねじのあたりに、ミッチャクロンの膨れが1箇所あり。
他は大丈夫。
白く綺麗だが、全然コートが乗っていない。
G1bより乗るペースが遅い印象。
この状態なら、ラビ氏レクチャーのステップアップ式で行けるかもしれない。
(以前は、コート剥がれと茶色いカスの詰まりで失敗)
玉状のコートが多く付着しているので、乾燥後、指でこすって軽くならす。
指の腹でこするとポロポロ落ちます。(G1、G1bも同様に作業)


[G1&G1b改造]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
G1とG1bは、以前開けた22.4%位置の穴を利用して、アウターの固定方法を変更。
いわゆる振動構造へバージョンアップ。
板はステン304です。厚さは0.8だったと記憶。
ねじは飛び出すので、リューターに超硬の刃を付けて削りました。
パイプを叩くと良い音します。


[クエン酸が使える]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Ghost Riponの屋形(やかた)
サンポール(塩酸9.5%)がなかったので、酸仲間のポット洗浄中(クエン酸)を試したら使えましたね。
意外や意外、クエン酸ですっごく綺麗に落とせます。(脱脂にも使えそう)
使用方法は、熱湯2Lを容器に入れ、そこにポット洗浄中を2袋(1Lで1袋らしい)、つけ置き時間は30分~1時間です。
量は、水の汚れ具合で調整すればよいと思う。
G1アウターはサビが凄かったので、2セット行いました。普通は1回でOKと思う。(画像はG1の2回目)


[ブラウンマック対策の保険]
Ghost Riponの屋形(やかた)
スプーンの重さ抜きで重曹6g(電解質・アルカリ)を各セルに追加してます。(ブラウンマック対策)
一番小さいG1で水2L、6/2000ですので微々たるものですが、保険と言う意味で追加。
(各セルに、スプーン3杯約20g(重量比1%)入れると、煙が増えて少し変化します)
重曹追加後の動作結果は、
・拡張0.2A動作だと、30分動作・休み15分で、24時間動作(タイマーセット・水交換なし)で少し黄ばむ程度です。
・0.5A動作だと、15分動作・休み15分で、14~16時間動作(タイマーセット・水交換なし)で少し黄ばむ程度です。
コンディショニングを完全に達成出来れば、水の汚れに悩まされることは無いような気がします。

と言うわけで、使用する塗料は重金属&クロムフリーのものを選択する必要がある。
日本なら、今のところミッチャクロンがベストでしょう。(他にもあると思いますが)
スーパーコロナドープも試してみたい、今日この頃であった。


テーマ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html
ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。