Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
Ghost Riponの屋形(やかた)

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
見出しのページ番号は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』と対応してます。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして解読してください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 18-20]
Video 2: This video shows freshly filled Tap Water. No other impurities (Read no Salts or Acids or anything at all just plain tap water and not distilled water) added.
ビデオ2: このビデオは新たに満たされた水道水を示します。不純物を加えたものではない。(蒸留水ではなく、また、塩や酸を追加していない普通の水道水です)


Additional options
In one of Stans patents he talked about using polyoxymethylene (Derlin) which has a high dielectric constant. He used Derlin on the outside of the outer pipe and the inside of the inner pipe to contain the electron leakage. The barrier formed by the conditioning (explanation below) coating has a comparatively lesser dielectric constant than the Derlin material thickness used. Also D14 originally talked about creating slots in the outer pipes. This has not been confirmed yet, and should be investigated further.
スタン氏の特許のうちのオプションの1つは、高い誘電率(絶縁性)を持っているポリオキシメチレン(デルリン)を使うことについて述べています。彼は、リークを防ぐために、アウターパイプの外側とインナーパイプの内側にデルリンを使用しました。調節(以下で説明)コーティングで形成されたバリアは、デルリンの材料厚より薄く、比較的少ない誘電率を持っています。またD14は、外のパイプにスロットを作成することに関して話しました。これは、まだ確認されていないので、さらに調査されるべきです。

Conditioning
Average time takes 4 weeks, based on Dave's and Ravi's reports. The impurities in the water differ from place to place. This makes a huge difference. You could see this difference by using ground water and water from streams and lakes which has been exposed to sunlight. Ravi chooses to use tap water.Electrode conditioning helps by providing an appropriate insulating layer on the electrodes and that helps to lower useless current leakage through the water. Check this video. You can see the confirmation of non conductivity of the layer formed. The white insulating coating formed during conditioning is non conductive in between the tubes (pipe gap) so you need to take it for granted that the process is basically dielectric breakdown of the bonds. The initial conditioning is very important. Ravi recommends to only using the following process described.
平均的な調節時間は、デイブ氏とラビ氏のリポートによると4週間かかります。水の不純物は、地域によって違います。これは莫大な違いを生じさせます。あなたは日光にさらされている湖水と、川の水、地下水とで違いを見つけることができると思います。ラビ氏は、水道水を使用することを選びました。調節された電極は、電極の上で適切な絶縁層を提供することによって、無駄な(水を通しての)漏電電流を下げるのを助けます。このビデオをチェックしてください。[動画はリンク切れ] 調節層が形成され非伝導になったことを見ることができます。調節時に形成された白い層(絶縁コーティング)が、チューブ(パイプギャップ)の間で非伝導であるので、くっつく過程で、基本的に絶縁破壊されます。初期の調節は非常に重要です。 ラビ氏は、説明された以下のプロセスを唯一推薦します。

DO NOT GO ABOUT CONDITIONING WITH HIGH AMPS ONLY AS YOU'LL ENDUP HAVING A WEAKLY BONDED COAT ON YOUR NEGATIVE TUBES. LOW AMP CONDITIONING IN EXTREMELY IMPORTANT FOR PROPER BONDING OF LAYERS TO THE BASE METAL and the previous layers.The bond strength of the layer can be increased further as after every cycle of conditioning. You need to stop for an hour at least. During this period you can let the pipes air dry after every er even more due to the loss of moisture from the surface. Then change the water and go about the next conditioning cycle. Never touch the layer till it dries up completely.
高いアンペアだけで、調節に取り組まないでください。(-)極のチューブのコーティングの接着が弱く剥がれやすくなります。低いアンペアから調節をはじめることが重要で、そうする事により、コーティングの適切な接着が得られ、層が厚くなります。層の付着強度はあらゆる調節サイクルの後に、さらに増加します。調節サイクル終了後、少なくとも1時間の間停止する必要があります。あなたがパイプを空気乾燥できるこの期間、表面から湿気を取り除いてください。次に、水を変えてください、そして、次の調節サイクルに取り組んでください。完全に乾燥するまで層には、決して触れないでください。

Ravi's procedure originally given to him by Dave Lawton: 
1. Do not use any resistance on the negative side when conditioning the pipes. 
2. Start at 0.5 Amps on freq gen and switch off after 25 minutes and stop for 30 minutes 
3. Go to 1.0 Amps for 20 min and stop for 30 min 
4. Go to 1.5 Amps for 15 min and stop for 20 min 
5. Go to 2.0 Amps for 10 min and stop for 20 min 
6. Go to 2.5 Amps for 5 min and stop for 15 min 
7. Go to 3.0 Amps for 120 to 150 seconds.
You will then need to check if WFC is getting hot, if it does you need to reduce the time. AFTER THE 7 STEPS ABOVE LET THE WFC STAND FOR AT LEAST AN HOUR BEFORE YOU START ALL OVER AGAIN. You would hardly see any gas generation at the beginning and it makes a lot of brown muck. It took Ravi and Dave about one month before the brown muck disappeared.
1.パイプのコンディショニングを整える時には、電源の(-)極に抵抗をつなげないでください。
2.0.5Aでパルス発生回路をスタートしてください、25分間作動させて、それから30分の間停止してください。
3.そして、1.0Aで20分間作動させて、それから、30分の間停止してください。
4.そして、1.5Aで15分間作動させて、それから、20分の間停止してください。
5.そして、2.0Aで10分間作動させて、20分の間停止してください。
6.5分の間2.5Aで作動させて、15分の間停止してください。
7.120から150秒の間3.0Aで作動させてください。
作動中に、セルチェックをして発熱しているようならば、作動時間を減らす必要があります。
上記7つのステップ終了後に、もう一度始める場合は、その前に最低1時間は、セルを休ませてください。
あなたは、このコンディショニング過程の初期段階では、ほとんどのガス発生も見ないでしょうが、多くの茶色の汚れ(の発生)を目撃するでしょう。茶色の汚れ(の発生)が消滅するのに、ラビ氏とデイブ氏は1ヶ月前かかりました。

$Ghost Riponの屋形(やかた)
Brown muck produced

Change the water after every cycle initially. DONOT touch the tubes with bare hands if the tube ends need to be cleaned of muck use a brush but do not touch!! Ravi's experience showed that leaving the brown muck in water for the next cycle goes on to heat up the water and you need to avoid this. Over a period of time you will see a reduction in generation of the brown stuff. When the muck is reduced you should see a gradual decrease in the Amp draw for the same amount of generation. An artist painting brush would be perfect to clean the tube ends during and after conditioning. When you are conditioning you don't need to connect the VIC -voltage intensifier circuit (Toroid + Inductors). Eventually the pipes will not produce any brown stuff at all. At this point you should now have a very good generation of gas. You will get a whitish powdery coat on the surfaces. Never touch the pipes with bare hands once this comes on.
最初は、あらゆるサイクルの終了のたびに、水を交換してください。その際、素手で電極チューブに触れないでください。チューブの端を掃除する必要があるなら、ブラシを使ってください。ただし、電極には触れないでください!!茶色の汚れが次のサイクルの間、水に残されているなら、水はそれで暖まります、そして、あなたはこれを避ける必要があります。作業の終了は、最終的に茶色の汚れを全く見なくなるでしょう。汚れの減少度合いと比例して、セルでの使用アンペアが減少するでしょう。調節の時、および調節の後に管端を掃除するために、塗装用ブラシを使用するのが良いです。慣らし中は、VIC- 電圧-電流変換器 (Toroid + Inductors)を接続する必要はない。最終的にパイプは、どんな茶色の汚れも全く作り出さなくなるでしょう。この時には、非常によい(多く)ガスの発生が見られるでしょう。チューブは、白っぽい粉末状のコートを表面に得ます。いったんコートが出来たら、素手でパイプに触れないでください。[Pulsed Water-splitters No.4(パルスを用いた水の分解) http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10333372780.htmlと記述内容は同じ]
$Ghost Riponの屋形(やかた)
A white insulation coating formed on the negative

DO THE CONDITIONING IN A WELL VENTILATED AREA OR PREFERRABLY CLOSE THE TOP AND VENT THE GAS OUT IN THE OPEN. AS THE WFC IS LEFT ON FOR QUITE SOMETIME EVEN SMALL AMOUNT OF GENERATION CAN GET ACCUMULATED IN A CONSTRICTED SPACE AND COULD BE A HAZARD. The above process is to be done after annealing the pipes. See to it that no oxide formation is left on the pipe and use a detergent to wash off the pipes and rinse them thoroughly with fresh water. Then assemble the setup including the leads and base. Finally flush the pipes with lots of fresh water do not touch the pipes with bare hands after this.
白い絶縁コーティングが、(-)極に形成されます。必ず風通しの良い場所で調節するか、または、セル(容器)の蓋を閉じてください、そしてガスを戸外へ放出してください。この過程の間、セルはかなりの時間動作しますので、ガス生産が非常に低い速度であっても、非常に危険な水素ガスが相当量蓄積されます。上記のプロセスは、パイプを焼きなました後にすることです。 形成された酸化膜がパイプ上に残されていないように、洗剤を使用してパイプから洗い落し、淡水でそれらを徹底的にすすいでください。そして、リードとベースを組み立ててください。 最後は、綺麗になったバイプにたくさんの淡水を入れてください、この時に素手でパイプに触れてはいけません。

Aaron's video explaining about the non conductive Layer
When the power is switched on you see bubble formation on the external surfaces of the outer tubes just like in the video. This happens all along during the conditioning process. Ravi states he remembers Dave saying that you know the tubes are conditioned when these bubbles stop forming on the external tube surfaces and you see a white powdery coat on the tubes. Ravi went on conditioning even after that and ended up with larger bubbles. 0Ravi states it is critical that people follow the conditioning procedure as you get very uneven coat formation on the surface if you use High Amps for long periods. When you go above 3 Amps there's a possibility of the coating flaking off. The bonding between layers would not be that strong. These layers form one over the other after every cycle of conditioning. The small time high Amp conditioning gives you an uneven coat and the long time low Amp conditioning evens out this more or less. The longer you use Low Amp conditioning the better the end outputs! Ravi has also used 0.2 amps for low amp conditioning. This is ideal how ever time consuming. If you do the procedure described above and still wish too build up a better coat afterwards then you can use the 0.2 amp conditioning process afterwards.
アーロン氏のビデオでは、非伝導の層について、パワーがONされたとき、まさしくビデオのようにアウタチューブの外側の表面で気泡が形成されることを説明しています。[動画はリンク切れ] これは、調節プロセスの間にずっと起こります。 ラビ氏は、「これらの気泡が、外部のチューブ表面に形成されるのを終えて、チューブ上に新たな白い粉末状のコートが形成されることが終了の条件」と、デイブ氏に言われたことを覚えていると述べます。ラビ氏は条件とし、その後の調整が進むと、より大きい気泡が発生すると続けます。もしも長い時間、高アンペアでの調整プロセスを行うならば、それは、表面に非常に不規則なコート形成を招く結果になるので、ラビ氏の調整プロセスに従うべきでしょう 。3アンペア超えで作業を行うとき、コーティングは、はげ落ちている可能性があります。チューブとコートの密着は、それほど強いくはありません。これらの層は、各サイクルの調節後に、1層づつ積層され形成されます。小さい時間の高アンペアでの調節は不ぞろいなコートになり、そして、長い時間の低アンペアでの調節は多少これをならします。あなたが、長い時間、低アンペアの調節をすればするほど、最終的なガスアウトプットは良くなります!ラビ氏は、低アンペア調節のために、0.2アンペアを使用しました。このように時間がかかるが理想的です。 もし上で説明された手順をして、その後、より良いコートを確立したいというなら、後に0.2アンペアでの拡張コンディショニングを行ってください。
$Ghost Riponの屋形(やかた)



[Stanley Allen Meyer Page 21]
A lot of people have been asking what the conditioning coat of Ravi looks like plus why they shouldn't touch and why it can't be dismantled and reassembled. Check: http://www.youtube.com/watch?v=leAtiaCygng WFC Circuits Alternator Stevie's Unit For some there may be more losses in the alternator than the solid state version. The original alternator schematic will be included. It is recommended you use the solid state version and get it working first. The alternator was only done by Dave to mimic the car's operation in Stan's technology.
多くの人々が、ラビ氏の調節コートが何に似てるか、そして、なぜ触れるべきでないのか、およびそれが、分解できず、組み立て直すことができないのかを尋ねています。WFCの回路(交流発電機仕様スティーブ氏のユニット)の交流発電機は、ソリッドステート仕様に比べてロスが多いです。(モーター駆動に2A) そうなった要因は、オリジナルの回路図に交流発電機が含まれていました。実際に製作するならば、ソリッドステートを使用し、それを動作させることを推奨します。 交流発電機仕様は、スタン氏が自動車用に考えた技術で、それをデイブ氏によって復元されただけです。[自動車なら、交流発電機を回す動力は、モーターではなくエンジン。それでも、ソリッドステート仕様の方が効率が良いと思います]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Alternator
Ghost Riponの屋形(やかた)
Stevie’s Unit




[Stanley Allen Meyer Page 22-23]
$Ghost Riponの屋形(やかた)

Bifilar Inductors Test
One needs to experiment and search for superior circuitry as Stan Meyer did. Stan had a better circuit which he never disclosed - the UK TV documentary states that Stan would not even let them point a camera at his more advanced cell. The inductors were actually part of the VIC. Dave had used the exact specs (100 turns, wire dia, etc) of the inductors mentioned in Stan's US Pat 4936961. Then Ravi had later added the toroid and the diode as per the VIC which increased the efficiency compared to using only the inductors. Ravi had not used the variable inductor mentioned in the patent. His were wire wound like the ones mentioned in the old D14, pg7.
スタン・マイヤー氏が実験と解析をして作った、優れた電気回路が必要です。スタン氏は、決して明らかにしなかったより良い回路を持っていました-イギリスのテレビドキュメンタリーは、スタン氏がそれらと高度なセルにカメラを向けさせてもらえなかったと述べます。インダクタは実際、VIC(電圧-電流変換器)の一部でした。デイブ氏は、スタン氏のUS特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf]において言及されたインダクタの正確な仕様(100回巻き、ワイヤの線径22SWGなど)を使用しました。そして、ラビ氏は、後にインダクタだけを使用するのと比べて、効率を増大させたVICに従ってトロイドとダイオードを追加しました。ラビ氏は特許で言及されている可変インダクタを使用していませんでした。彼のものは、古いD14、pg7において言及したように、巻き上げられたワイヤです。
Ghost Riponの屋形(やかた)



[Stanley Allen Meyer Page 24]
Ravi states "The inductor on both positive and negative is a must. I've made it on a Ferrite rod of 25 mm length 100 turns of Double Enameled Electrolytic Copper (99.99%) of 22 SWG (0.711mm dia)" which was what Dave suggested." You will notice an increase in gas generation when the bifilars are connected. Try with one in the beginning if it heats up increase the number of inductors.
「(+)極と(-)極のインダクタは、ともに必要なものです。私は22SWG(線径0.711mm)のエナメル線(銅99.99%)を、長さ25mm(250mm?)のフェラルロッドに2本のエナメル線を平行に100回転巻きつけたもの(バイファイラー巻き)を作りました(デイブ氏が勧めたことでした)。」と、ラビ氏は述べます。 バイファイラーコイルが接続されているとき、あなたは、ガス発生の増加に気付くでしょう。初めに1度テストしてください、もし加熱するようなら、インダクタの数を増やしてください。
Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)



[Stanley Allen Meyer Page 25]
Ravi used 9 individual bifilar wound inductors for 9 tubes with 22SWG magnet wires. The inductors and the toroid (Part of the VIC) do heat up after a while and the efficiency comes down this happens due to the temperature coefficient of resistance of copper. So the answer to this problem would be to use bigger inductors and toroids and thicker wires.
ラビ氏は9本のチューブに対し、9つのバイファイラーコイル(22SWG)を個々に接続しました。 しばらくして、インダクタとトロイド(VICの一部)が加熱して、効率が下がりました、これは銅の抵抗の温度係数のため起こります。 従って、この問題への答えは、より大きいインダクタ、トロイド、および、より太い線径ワイヤを使用することです。
Ghost Riponの屋形(やかた)
Voltage intensifier circuit
$Ghost Riponの屋形(やかた)


[Stanley Allen Meyer Page 26]
The VIC specs give as per patent 4936961 in Stanley Allen Meyer Page 6 of the toroid size would probably be OK for a very small setup but may be not for the lengths and the numbers Ravi is using. Stan gave a basic idea of how it should be but we need to figure out the specs for our own build sizes. My WFC is not a done thing its still in an evolutionary stage and lot of combinations with the inductors are yet to be tried out. The VIC basically needs a toroidal core and a 600V 40A metal diode with a heat sink. The specs of wire sizes and turns are in Stans US pat 4936961. He has a variable inductor in the patent on the -ve side but what Ravi has is a regular inductor, two of them one on positive and one on negative. Ravi states he would not suggest using bifilars as inductors as they ended up shorting three of the tubes.
VICのスペックは、トロイドサイズのページ、スタンリー・アレンマイヤー氏の特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf](6ページ)に従って与えられます、使用には問題ないだろうけども、ラビ氏が使用しているセルのチューブ長と本数用のスペックではないでしょう 。スタン氏は、その部品が必要であるとの基本的な考え方を与えたけれども、私達は、個々のセルサイズのためのスペックを導き出せるようになる必要があります。私のWFCで、インダクタとのたくさんの組み合わせを試されることになっています。基本的にVICには、ヒートシンクを持つドーナツ形をしたコアおよび600V40A金属ダイオードを必要とします。ワイヤサイズと巻き数の仕様は、スタン氏の特許#4,936,961に書かれてます。彼は特許において、-ve側に可変インダクタを持っていますが、ラビ氏が持っているものは、不変のインダクタで、それらのうちの2つのうち、一つは(+)極、もう一つは(-)極のです 。ラビ氏は、結局、3本のチューブをショートさせたので、彼はインダクタとしてバイファイラーコイルを使うことを勧めません。
$Ghost Riponの屋形(やかた)


The 100 ohm 0.25W resistors were replaced with 100 ohm 0.5W as 0.25W kept burning out. The bifilar inductors are wound on ferrite cores using the recommended turns stated in the original D14 document. When using Ravi's version, you must use the diode to cut out the back EMF, Ravi states that this is very important! And is what gives you huge generation, this part is not mentioned by Dave or in D14. You end up getting all the juice from the system only if your tubes are conditioned enough. This video hows the higher output is all to do with the inductors mentioned in the D14 circuit and conditioning and slightly through the resistance wire to reduce the current draw. Even without the resistance you can get the same output but another 0.3 to 0.6 amps extra but I feel this could be offset by making a bigger inductor. Just go on conditioning and keep reducing the amp draw to the WFC gradually and the generation would kind of remain the same even at very low Amps. Once you condition the tubes your generation will dramatically increase and the current required will fall by leaps. It took Ravi almost 3 months approximately to reach these outputs.
100Ω0.25W抵抗器は、焼損し続けたので、100Ω0.5W抵抗器に取り替えられました。バイファイラーインダクタは、オリジナルのD14文書において述べられた推奨された巻き数でフェライトコアに巻かれます。ラビ氏のバージョンを使用するとき、あなたは、逆起電力(back Electromotive Force:EMF)を切るのにダイオードを使用しなければなりません、ラビ氏は、これが非常に重要だと述べてます!そして、これは莫大な発生を与えるものであり、この部分については、デイブ氏またはD14においては言及されていません。もしチューブが十分に調節されているならば、システムから大量のガスを得ることが最終的にできます。このビデオは、より高いアウトプットのすべての理由が、チューブの調節と、抵抗値を下げた導線とともに、D14回路におけるインダクタであることを示しています。抵抗なしで、同等のアウトプットを得られますが、追加で0.3Aから0.6A必要です、しかし、私は、より大きいインダクタを作ることによってこれを相殺できるだろうと感じています。セルを調節し続けて、WFCにおいて消費されるアンペアを(徐々に)減らし続けててください。そうすれば、発生は非常に低いアンペアで同じ量だけ行われるでしょう。セルを調節し続けていると、あるとき劇的に発生が増大するでしょう、そして、必要な電流も飛躍的に落ちるでしょう。これらのアウトプットに達するために、ラビ氏はおおよそ約3ヶ月かかりました。



NEXT>>Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.4
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10350464658.html

■過去記事
Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.1
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10346485209.html
Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.2
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10347229739.html

■関連記事
Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330994478.html
Stanley Meyer Data特許資料(英文) [pdf 221ページ]
http://www.free-energy-info.co.uk/MeyerData.pdf
Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
【資料3】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10343331687.html
各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10335356396.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゴーストライポンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。