Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
Ghost Riponの屋形(やかた)

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして読んでください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 7]
This replicated version of the Meyer's technology can be done on-board motor vehicles with a small auxiliary device powered by the vehicle's electrical system, in effect allowing the use of water as fuel to act as a boost to the internal combustion engine and improve MPG significantly. The combustible gas mixture produced is generated as needed, and not stored aboard the vehicle, making it possible to burn ordinary water in any Internal Combustion Engine, Turbine, Furnace, or Torch, processing it into fuel on- demand, in real-time, without transportation or storage of compressed or liquid Hydrogen, caustic alkalis, catalytic salts, or metal hydrides. This process yields only water vapor as exhaust, which may be easily recovered by means of a radiator/heat exchanger, and re circulated in the engine system if desired.
これは、自動車の電気系統によって動かされている、車載用セルで、マイヤー氏のレプリカバージョンになります。燃料として水を使用して内燃機関を動かし、MPG(マイル/ガロン:1ガロンあたりの走行距離)もかなり走ります。生産された可燃性の水素混合ガスは、必要に応じて生成され、車には普段蓄えません。これは、結果的に普通の水を、どのような内燃機関、ガスタービン、溶鉱炉で燃やすことを可能にします、また、必要なときにすぐ生成できるので、水素ガスを圧縮したり、液化したり、金属に溶かして運んだりして保存する必要がありません。このプロセスは、排気として水蒸気だけを産出します。それは、ラジエター/熱交換器(冷却)を必要とせず、排気の水蒸気を回収してさらにエンジンを動かす事ができるでしょう。

This is available for any one to replicate now on our on line university. The organization has hundreds of registered engineers who are seeking grants; a host of other water fuel cell engineers have begun to join a distributed research initiative to deliver practical, public domain technologies to the world in an Open Source environment.
これは、現在のオンライン大学の資料で複製可能です。組織には、交付金を求めている何百人もの登録された技術者がいます; 多数の他の水燃料電池エンジニアは、オープンソース環境での実用的な、パブリックドメインの技術を提供する分散型の研究の取り組みに参加し始めている。

All are prepared to collaborate in a resource grant based environment, as can be by done in the non profit organizations proposed granted research and development center, where a whole host of other technologies can be produced, all of which are profiled on the web site. Meyer's original performance levels were reported to be has high as 1700% efficiency from creating molecular resonant frequencies in water. Currently this water fuel cell technology needs further investigation to reach that level, and has allot of potential. Recently tests on the replication of the Meyer's WTF cell also showed effects of cold current electricity. What is cold current electricity; it was used by EVGRAY in his patented radiant energy motors, where he was able to light up light bulb underwater using cold current electricity.
すべてのリソースに対し付与ベースで協力する用意があるので、すべてのWebサイト上で紹介した研究開発センターが協力しテクノロジーを開発することができます。マイヤー氏のオリジナルの性能は、効率1700%であり、水の分子共鳴周波数を作成したことが高い理由だと報告されました。現在、この水燃料電池テクノロジーは、物理の原理原則を超えたレベルに到達し、さらに詳細な調査を必要とします。また最近、マイヤー氏のWTFセルの複製品のテストは、「Cold Electricity」の効果を示しました。 「Cold Electricity」と呼ばれるものとは何か; Edwin V. Gray(EV Gray)は、高電圧コンデンサーの放出が、莫大な静電気の炸裂をリリースするのに使えること発見しました。 このエネルギースパイクは、グレイ氏の電気回路と、氏が「conversion element switching tube」と呼ぶ特別な機器(特許取得済み)により生産されました。 この「conversion tube」を出たエネルギー(Cold Electricity)は、彼のデモンストレーションで電気器具およびモーターを全て動かし、そしてバッテリーを再充電して見せました。水面下で「Cold Electricity」を使用すれば、電球を点灯することができるでしょう。
[The Free Energy Secrets of Cold Electricity http://www.teslatech.info/ttstore/books/330002.htm]
Ghost Riponの屋形(やかた)
Dave Lawton's cold current electricity demo, all photos courtesy of Dave (Thanks Dave!)


[Stanley Allen Meyer Page 8]
EVGRAY, like Meyers was also killed. We at panacea feel that the granted research and development center is needed to create social reform, as the public will know why its there and what subject matter goes on there, the main stream faculties can also benefit from the organizations findings and research and development., but we need grants to survive. In the Mean time, any experimenters can replicate the open sourced findings of this and other technologies which are made available on the panacea online university.
[理念と大学の話、要約は、「寄付してください」 ですので省略]
Ghost Riponの屋形(やかた)



[Stanley Allen Meyer Page 9-12]
Replication
To achieve Ravi's efficiency, a strict selection and preparation of stainless steel tubing is important.The following parameters need to be considered.
(1) Choice of the grade of stainless steel
(2) Tube gap and Thickness / SWG / AWG of tubes
(3) Pre preparation and conditioning [This sanding is typically done by hand or on a belt sander using 60 or 80 grit sandpaper.]
ラビ氏のセルを複製するにはステンレス鋼管の厳密な選択、および調整をすることが重要です。次のパラメータを考慮する必要があります。
(1)ステンレス鋼のグレードの選択 
(2)管のギャップと肉厚/SWG(British Standard Wire Gauge)/AWG(American Wire Gauge)断面積あたりの抵抗値
(3)前準備および調節、[一般に、60番または80番のサンドペーパーを使って手またはベルト研磨機によりされます。]


Choice of the grade of stainless steel
Stan said he used T304 in line 52 of patent # 4936961. Ravi's choice was to use 316L seamless pipes. Use ONLY SEAMLESS PIPES and not seam welded. These tubes were annealed for 3 hours in inert atmosphere of Argon to remove all residual magnetism and cold work stresses before they were assembled. Even Nitrogen can be used as the inert atmosphere. The tubes are annealed to get rid of the crystal lattice imperfections induced due to cold work and any traces of residual magnetism. They have to be in bright finish only you don't want oxides of nickel chromium or iron on the surface (more details in preparation below).
スタン氏の特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf]6ページのライン52にT304を使用したと書いてあります。 ラビ氏の選択は、316Lシームレス・パイプを使用することでした。ステンレス板を丸めて継ぎ目を溶接したパイプではなく、シームレス・パイプを使用してください。SUS316Lシームレス・パイプは、すべての残留磁気を取り除かれ、冷間引抜加工後、アルゴン不活性雰囲気の中で3時間焼きなまされたものです。不活性雰囲気として、窒素も使用することができます。チューブは、冷間加工することによって引き起こされる結晶格子欠陥と残留磁気を取り除くために焼きなまされます。ニッケル、クロムまたは、鉄の酸化物を表面から取り除き、輝いた仕上げにする必要があります。(下での準備で詳細)

You can use most of the 300 series Nickel-Chromium Steels but 316L would be the most preferable and next would be 304L. Never go for 310 as this has the highest resistivity among the 300 series. Avoid Inconel grade (High Nickel Alloys) pipes as well due to their high coefficient of resistance. Just between 316 and 316L there's a lot of difference in resistivity of the material due to carbon presence. Seam welds have magnetized seam lines along the length of the tubes. You must have them annealed after machining/cutting/sanding before being assembled. If considering 316L stainless, the slight increase in Molybdenum, Nickel and Chromium would increase the Electric Specific Resistance of the material ever so slightly, but the thicknesses can offset this problem. One needs to find out if there is any Aluminium content in the grade. If the aluminum content is less than 0.5 Wt% or nil, you could use this if it is easily available in seamless form and your required size.
あなたは、ステンレス300番台(クロム・ニッケル系)のほとんどを使用できますが、316Lが最も望ましいでしょう、そして、次の候補は、304Lでしょう。ステンレス310は、300シリーズの中で最も高い抵抗率を持っているので、決して使用しないでください。それらの抵抗の高い係数のためまた、インコネルグレードパイプを避けてください。(高いNickel含有量)[インコネル:スペシャルメタル社の商品名、ニッケル76%にクロム16%,鉄8%を加えた合金。耐熱・耐食性にすぐれ,900℃以上でも酸化されない。ケイ素を加えて鋳造用としたもの,チタンまたはモリブデンを加えて機械的性質を向上させたものもある。]316と316Lの間にも、炭素含有量の違いにより抵抗率の違いがあります。継ぎ目の溶接によって、管の長さ方向に沿って溶接ラインは磁化します。機械加工/切断/サンディングの後、組み立てる前に、もう一度、それらを焼きなます必要があります。もし316Lステンレスで考えるならば、モリブデン、ニッケル、およびクロムのわずかな増加は、素材の電気抵抗をわずかに増大させるが、厚さを増すことでこの問題を相殺できます。もしグレードにいくらかのアルミニウムの入っているものがあるならば、調査する必要があります。もしアルミニウム含有量が0.5wt%(重量百分率)未満またはゼロで、シームレスタイプの必要なサイズが容易に入手可能ならば、これを使うことができます。

The reason why you need to check for Aluminum content is that it is used as a deoxidizer during the melting and alloying process. So there is a possibility of it remaining in trace amounts based on the amount of O2 available in the bath for it to turn to Alumina and float up in the slag. Aluminum is the main component in Fe-Cr-Al alloys which increases the electrical specific resistance. Incase these manufacturers use Cerium mischmetal or some other Rare Earths for deoxidizing, we don't even need to consider Al. The 316L seamless tubes Ravi used were sourced from a retailer of Sandvik, Sweden'.
[日本では、316Lステンレスの入手が容易ですので、アルミニウム含有のステンレスの説明は省略。316Lのシームレスパイプの選択でよいでしょう。http://www.silicolloy.co.jp/sus316L.html ] ラビ氏が使った316Lシームレスな管は、Sandvik(スウェーデン)の小売店から購入したものでした。

Using 304
Stan claimed he was using T-304 SS. As there is no caustic electrolyte as such, is right to say that 304 grade s/s can be used. However, expect there to be a good deal of brown gunk generated during the conditioning process, with the additional part coming from the 304 material. There are some higher percentages of Ni and Cr in 316 and 2% of Molybdenum. Some of the manufacturers use Cerium Mischmetal (Rare earths) during the melting and pouring operations and this is done in the more expensive alloys like 316 to increase the hot life and the surface layer strength and in case of seamless tubes a little extra silicon is added for free flow in hot condition (Hot Extrusion of seamless tubes).
スタン氏は、T-304 SSを使用していたと主張しました。苛性の電解質が全くないので、304のグレードs/sが使われうると言う判断は正しいです。 しかしながら、コンディショニング過程の間に、304素材から多くの茶色のぬるぬるしたものが発生することを想定しておいてください。316には、NiとCrが高い割合で含まれており、モリブデンは2%です。製造メーカーのうちのいくつかが、316のようにより高価な合金において、セリウムミッシュメタル [複数の希土類元素でセリウムは鉄鋼添加剤:フェロセリウムとしてステンレス鋼などの硫黄や酸素原子による還元作用を、酸化作用で抑制する] を溶融操作で注ぎ、そして、表面層の強さが必要な場合と、シームレスチューブの場合は、少し余分にシリコンを添加し加工しやすくします。(シームレスな管の熱い押し出し)

All these put together add up to different metallurgical properties of the material in our case. When in hot condition the Rare Earths, Silicon, Molybdenum tends to migrate owards the surfaces of the metal and this helps in the formation of a strong protective surface layer (The reason why I said annealing was important). SS 316L is the only SS that can be used in human Medical Implants other than titanium, that's how stable 316L grade is.
In summary -The best grade of SS to use is 316L. Next preference is 316,304L and 304. L stands for Low Carbon in the SS alloy.
これらすべてをまとめ私達の場合には、素材に異なる金属的性質を追加します。 高温の条件下では特に希土類、シリコン、モリブデンは、金属表層に移動する傾向があり、これは、強い保護する表面層の形成において役立ちます。(私が、焼きなましが重要だと言った理由)SS 316Lは、チタンを除いて医療インプラントで使われうる唯一のSSであり、そこから、どれほど316Lグレードが安定しているかわかります。要約すると、SSの中で最高グレードは316Lです。次に良いのが、316、304Lと304です。 「L」は、SS合金の低炭素(Low Carbon)を表します。

316L composition(組成) : %
Carbon(炭素) : 0.03
Manganese(マンガン) : 2.0
Phosphorous(リン) : <0.45
Sulphur(硫黄) : 0.03 max
Silicon(シリコン) : 1.0
Chromium(クロム) : 16 to 18
Nickel(ニッケル) : 12 to 14
Molybdenum(モリブデン) : 2.0 to 3.0
Plain 316 SS nickel range is 10 to 14% and carbon being 0.08% 304 SS has lesser % of Nickel and Chromium and doesn't have Molybdenum at all.
通常の316 は、ニッケル範囲10~14%、炭素0.08%。304 SSは、ニッケル、クロムが316より低い%で、モリブデンが含まれてません。

Tube gap and Thickness / SWG / AWG of tubes
Ravi's tubes sizes used were:
Outer Pipe OD(外側パイプ外径) : 25.317mm
Thickness(肉厚) : 14 SWG or 2.032mm
Outer Pipe ID(外側パイプ内径) : 25.317mm - (2.032mm x2) = 21.253mm
[パイプの肉厚をSWGで表現してます]
Ghost Riponの屋形(やかた)


Inner Pipe OD(内側パイプ外径) : 19.930 mm
Thickness(肉厚) : 14 SWG or 2.032 mm
Gap is 1.323mm ( 21.253mm - 19.930mm )
Ghost Riponの屋形(やかた)


This was adjusted to both the sides as the inside pipe is centered is 1.323/2 = 0.6615 mm on either sides of the inner tube. So effectively the gap between the pipes is less than .670 mm. Ravi went for a lesser gap by increasing the thickness of the outer tube. Ravi had some difficulty in the alignment of pipes as they were shorting. He had to get them straightened on a pipe alignment machine. Ravi does not suggest that people without engineering skills go for this small a gap, but is convinced that the higher output of my setup could be due to this smallgap. SWG stands for Standard Wire Guage Suggestions are, you really don't want an outer tube smaller than one inch, so that pushes us to the 2 mm wall thickness. The inner diameter of a 25.4 mm tube 2 mm thick (14 SWG) is 21.4 mm, so for a 1 mm gap, the inner tube needs to be 19 mm. The outer diameter of a 3/4 inch tube is 19.05mm, which would give a gap of 1.175 mm. For a 1.5 mm gap, you would need an inner tube diameter of 17 mm.
外側パイプと内側パイプのギャップは、1.323mm( 21.253mm-19.930mm)/2=0.6615mmです。実際に、パイプのギャップは0.670mm未満です。ラビ氏は、外側パイプの肉厚を増すことで、より小さいギャップに設定しました。ギャップが狭いと接触してショートしやすいので、ラビ氏は、パイプの整列に苦労しました。彼は、パイプ整列マシンの上で、それらを真っすぐにしなければなりませんでした。ラビ氏は、工学的スキルのない人々がこれほど小さいギャップに設定するのを推奨しませんが、高いアウトプットがこのsmallgap(0.67mm)に起因していることを確信しています。SWG標準ワイヤゲージの提案の場合は、アウタチューブは、1インチより小さくあって欲しくはありません、したがって、外径1 インチ(25.4mm)で、肉厚2mmを私たちを推奨します。厚さ2mmの25.4mmのチューブ(14SWG)の内径は21.4mmなので、1mmのギャップを設けるためには、インナーチューブ外径は、大体 19mmである必要があります。 3/4インチのチューブの外径は19.05mmです。その場合、1.175mmのギャップになります。1.5mmのギャップのためには、外径17mmのインナーチューブが必要です。


If you were to use the 1-inch 16 SWG (1.626mm), then it is difficult to determine the exact wall thickness, so you should check with the supplier. In that case, a 20 mm inner tube would give 1.1 mm (or 1.112 mm) and if the inner tube has a diameter of 3/4 inch or 19.05 mm, it would give a gap of 1.575 mm (or 1.587 mm). Ravi suggests, Order for an outer pipe of 1 inch (25.4mm) OD and a thickness of 16SWG (1.6mm) and an inner tube of 20mm OD. This size should be available commercially anywhere. With this you can get a gap of 1.1mm.If youwant lesser gap than that just increase the thickness to 14SWG (2.0mm), this should give you a gap of 0.7mm but is very difficult to align as the spacing is close. Calculation: (Both setups have same tube diameters) Dave's WFC: 6 tube of 5 inch length. Considering the gas generating heights of 6 tubes x 5 inches = 30 inches in length/height. Ravi's WFC: 9 tubes of 9 inch length. That's an increased reactive surface area of over 150% than Dave's. Dave's and Stan's systems had a spacing of 1/16" (1.5875mm). Ravi's pipes have a gap of less than 0.670mm (could be the main reason for the higher efficiency in his unit).
もし外径1インチ(25.317mm)、肉厚16 SWG (1.626mm)を使用するつもりであったなら、正確な肉厚を決定することが難しい。従って、製造業者とチェックするべきです。 もしこのケースにおいて、20mmのインナーチューブなら、ギャップは1.1mm(または、1.112mm)を与えて、チューブが直径3/4インチ、または、19.05mmなら、その場合のギャップは1.575mmまたは、1.587mm。ラビ氏は提案します、外径1インチ(25.4mm)、肉厚16SWG (1.6mm)のパイプ、および外径20mmのチューブの注文を。このサイズは、どこでも市販で入手できるようにすべきです。 これによって、1.1mmのギャップを得ることができます。 それより少ないギャップが欲しいなら14SWG(2.0mm)に肉厚を増加してください、これはあなたに0.7mmのギャップを与えますが、非常に間隔が近いので整列しづらいです。計算: (両方のセットアップは、同じ管直径を持っています)デイブ氏のWFC: 5インチ長さの6管。 長さ/高さの6管x 5インチ= 30インチのガス発生高さを考慮します。 ラビ氏のWFC: 9インチ長さの9つの管。 それは、デイブのものより、150%以上の増加する反応表面面積です。デイブ氏とスタン氏のシステムは1/16インチ(1.5875mm)のギャップを持っていました。ラビ氏のパイプは0.670mm未満のギャップを持っています。(彼のユニットのより高い効率の主要な理由であるかもしれません)
$Ghost Riponの屋形(やかた)

$Ghost Riponの屋形(やかた)
Dave Lawtons Cell

What also must be taken into account is that Ravi is using 9 tube sets of 9" length and the inner being 1/2" more than the outer for connections. Dave used 6 tubes of length for his 300% OU.
デイブ・ロートン氏のセルとの違いも考慮されなければなりません、それはラビ氏が9インチ長のチューブを9本使った点と、アウターとインナーのギャップが1/2インチ以上ある点です。デイブ氏は、6本のチューブで効率300%でした。


[Stanley Allen Meyer Page 13-14]
Stan's were 9 tubes of 18 inch length on his demonstration electrolyzer and in one of the videos available. In Stan's version there are claims that he's making 1700% OU over Faradays Law. When compared to this efficiency Ravi states he has some more work to do. However any OU is good OU :). Tube holders You Tube tutorial Jamie's Replication - Making of the tube holders
スタン氏のものは、彼のデモンストレーション電解槽、および入手可能なビデオでは、長さ18インチの9本のチューブでした。 スタン氏のバージョンには、ファラデー理論を超えて1700%の効率があるという記述があります。この効率と比べると、ラビ氏のものは、しなければならないいくらかの作業がまだあると述べます。 しかしながら、この効率でも十分です:)[ラビ氏のセルは確か650%]


$Ghost Riponの屋形(やかた)

Preparation of the Tubes: IT IS ADVISED THAT POLISHED TUBES ARE NOT TO BE USED IN MAKING THE WFC. If one is to use them make sure they are not Nickel plated or Hard Chrome plated pipes. If they are Plain SS 304L or 316L but polished you must use a sand paper on them before hand. The brightness of your tubes reflection is based on how small a grit of sand paper you use. The tubes have been fixed to a lathe and sanded with very fine grit paper to remove any oxidation on the surface after annealing of the pipes. The inner tubes need to be sanded to remove all discoloration (oxides). Use as small a grit to get fine scratches and when you condition at low amps the bonding between the white coat (explanation later) and the metal is good. Do not try high amp conditioning at the start as you want a thin fine layer on the fresh metal.
チューブの準備: WFCを作る際には、磨かれている(鏡面仕上げ)チューブを使用してはいけないとアドバイスします。 それらがニッケルメッキかクロームメッキパイプでないことを、必ず確認してください。もし、それらがPlain(メッキ無し)のステンレス304Lか316Lでも、磨かれている(鏡面仕上げ)チューブならば、あなたは、紙やすりを使用して表面を荒らす必要があります。どれ位小さい粒の紙やすりを使用するかは、パイプの明るさ(光の反射)によって判断します。パイプは焼なましの後に生じた酸化皮膜を取り除くために、チューブは旋盤に固定され、非常に細かい紙やすりで研磨されます。チューブの内側もまた、変色(酸化物)を取り除くために、紙やすりで研磨される必要があります。細かい紙やすりを使えば使うほど小さいキズが得られ、コンディショニングの際に発生する白いコート(後で説明)が低アンペアで得られます。(このコートは良い)コンディショニングの際、薄い層(白いコート)が欲しいときは、皮むきした金属に対し、最初から高いアンペアで試みないでください。

If you order large pipes and cut them, you need to get the tubes annealed once they are cut and finished to lengths before being assembled. It's done in a separate inert atmosphere furnace of Nitrogen or Argon. You have people who do heat treatment or metals they'll give you the procedure if you tell them the grade you are using. Tell them that you need a bright anneal in nitrogen or argon atmosphere. Annealing is done after every cold work operation and at the finishing stage to reset the lattice structure. As we are cutting the pipes and slightly finishing the surfaces with sand paper to remove any imbedded impurities during tube drawing, it's all cold working. So you need to relieve these induced stresses in the lattice through annealing. Ravi advises - Use an abrasive cutter or a saw and then anneal them as you induce a lot of stresses in the lattice during cutting due to the hot and cold areas. If you use laser then you could cut the annealed tubes as you are not inducing any mechanical stresses during the cutting but you could check along the length with a compass and see if there's any difference. Take a compass close to the tubes and you can usuallysee it deflecting before annealing but once the annealing is done the deflection is a fraction of what you have seen before on the same tubes or none at all, this is what youwant.
もし長いパイプを注文してそれを切るなら、切断後、組み立てられる前に、チューブを焼きなます必要があります。焼きなましは、窒素またはアルゴンの不活性雰囲気炉で行います。熱処理をする人々に焼きなましを依頼する際、処理時間や手順の指示、目的を聞かれると思いますが、「結晶格子欠陥と残留磁気を取り除くのが目的」と伝えてください。そして、窒素またはアルゴン雰囲気において、「光輝焼なまし」が必要であると伝えてください。[光輝焼なまし:鉄鋼の表面の酸化、脱炭を防ぎ、金属光沢を失わぬように中性ガスまたは真空中で行なう焼きなましを、光輝焼きなましという。主として薄板または仕上がり製品などの焼きなましに応用される。] 格子構造をリセットするために、あらゆる冷間加工後と仕上げの段階で焼きなましを行います。 私たちがパイプを切るとき、引き抜き中に埋め込まれた不純物を取り除くために紙ヤスリで表面をわずかに仕上げるとき、それらはすべて冷間加工に含まれます。従って、焼きなますことによって、ステンレス鋼の残留応力除去を行う必要があります。ラビ氏は助言します-のこぎりや研磨カッターで切断する際、余分な熱や圧力がかからないように作業して下さい。たくさんの圧力や熱をかけてしまった場合は、残留応力除去のため、再度焼きなましてください。もし焼きなまされたチューブの切断にレーザーを使用するなら、機械的なストレスは発生しませんが、回転させたときの長さが正確か(切断面が斜めになっていなか)を確認する必要があります。
$Ghost Riponの屋形(やかた)



[Stanley Allen Meyer Page 15-17]
fraction of what you have seen before on the same tubes or none at all, this is what youwant.
Assembly options- It appears that Dave Lawton used insulated copper wire to connect to his tubes. Ravi used spot welded stainless steel wire on his tubes. Originally Ravi had his wires too long which had a negative impact on his efficiency. He then had to shorten them.
組立時のオプション-デイブ・ロートン氏は、チューブと接続するために、絶縁された銅線を用いました。 ラビ氏は、チューブにスポット溶接されたステンレス鋼ワイヤを使いました。元々、ラビ氏は、ワイヤを長くし過ぎました。(効率面でマイナスの影響がありました)そして、彼はそれらを短くしなければなりませんでした。
Ghost Riponの屋形(やかた)


Video -New copper leads being connected by shortening the length of previous leads As per Stan's Patent each inside tube is connected to an individual variable resistance. He has 18 leads ( 9 +ve and 9 -ve). Ravi has since advised that copper leads covered with high temperature automotive silicone sealant are better than SS leads. The RTV silicone is to be applied only at the exposed copper connecting the pipes and no where else. Or alternatively, you can construct the cell as seen from Panacea's endorsed version.the hydrogen shop"http://www.thehydrogenshop.com/ "
ビデオ-新しい銅線は、それぞれのチューブを個体変数抵抗として接続しているスタン氏の特許に従って、リードの長さを短縮され接続されました。18本の銅線があります。( 9本の+veと9本の-ve) ラビ氏は、銅線を高温用の自動車シリコンシーラントでカバーしたものの方が、ステンレス線より優れているアドバイスします。RTVシリコーンは、パイプと接続する露出された銅部分だけに適用される必要があり、他に適用してはしけません。また、あなたはPanaceaに承認されたバージョンのセルを組み立てることができます。


Another construction option is illustrated in the following isolated wire plexi glass design.
別の構築オプションは、以下の分離された銅線とプレキシガラス(アクリルガラス)デザインにおいて説明されます。
Ghost Riponの屋形(やかた)


If using the sealed copper wire option, the ends of the copper wire needs to be sealed with high temperature heat resistant silicone sealant and should not contact water, as this generates a lot of greenish brown muck. Therefore put silicone sealant or automotive gasket silicon sealant all over it so that the water doesn't touch any of these parts. Then use the sealant over the exposed copper wire. For stainless steel lead in wire, the thinner SS wire you use the higher the electric resistance. If you use SS go for the thickest possible leads you could weld. It is advised toreduce the outside length of the wires as much as possible to reduce resistance. Go for at least 3.0mm or higher to reduce the electrical resistance. Panacea choose to spot wield stainless steel wire onto our tubes. Our wires were 4mm thick. DO NOT USE 316L AS LEAD WIRE THEY HAVE TOO HIGH A SPECIFIC RESISTANCE TO BE USED AS LEADS approximately 46.8 times that of copper. Incase you want to introduce a resistance on the negative lead (to 60n in Stan's Patents) you could always used a wire wound variable resistance. This seems to have been the problem of leads heating up.
密封された銅線オプションを使用するなら、銅線の両端は、高温の耐熱シリコンシーラントで封をされる必要があり、水に接触せてはいけません、接触させると緑青(ろくしょう)を発生させる。したがって、水がこれらの部品のいずれにも触れないように、シリコンシーラントか自動車のガスケットシリコンシーラントを塗ってください。そして、露出している銅線の上にシーラントを使用してください。ワイヤのステンレスリードに使用するSSワイヤが、薄ければ薄いほど、電気抵抗は高くなります。もしSSを使うならば、溶接できる可能な限り厚い導線を使用してください。そして、電気抵抗を減らすために、ワイヤの長さをなるべく減らすようにアドバイスされます。電気抵抗を減らすために、最低3.0mm以上にしてください。Panaceaは、スポット溶接でチューブにステンレス鋼線材を固定する方法を選びます。私たちのワイヤは、厚さ4mmです。316Lのステンレス鋼線材は、電気抵抗値が銅線の約46.8倍と高いので使用しないで下さい。常に使用される(-)極のリード線に抵抗(スタン氏の特許の60n)を導入すれば使用できます。これは、熱くなっている導線に問題があったようです。

Specific Resistances:
Copper(銅) : 1.63 MICROHM-cm(1.63μΩ/cm)
316(ステン316) : 75 MICROHM-cm(75μΩ/cm)
Ravi chooses to use plastic tubing around his wires only to avoid shorting of the positive & negative leads.
ラビ氏は、ワイヤの周りでプラスチック・チューブを使用しますが、(+)と(-)リードのショートを避けるためです。
$Ghost Riponの屋形(やかた)
Ravi's cell showing the plastic insulated SS wire

The SS wires act as resistors. The specific resistance of 316L is around 75 Micro-Ohm-cm and that of copper is 1.72 Micro-Ohm-cm. The leads heat up when higher amps are drawn by the freq gen. I've replaced the leads up to the bottom of the WFC with 4 Sq.mm double insulated copper wire and the heat generation did come down. When choosing clamps for your water fuel cell. Always choose Stainless steel Clamps,never choose galvanized clamps, If the clamps rust then the nickel % is extremely less for it to be used. Galvanized are basically Mild Steel screws / clamps which are zinc plated. The plating would come off in no time and you will have brown muck all over. They have to be SS or the brown muck would never stop. Extra clamps for support are ok but have to be SS. 300 series (302,304,306, 308, 310, 316) only and not 200 or 400 series. For spacing between the tubes any nonconductive flexible material will do even the speaker wire plastic covering will work with this. Video 1: This video shows the innards of the WFC without water
SSワイヤは抵抗器として作動します。316Lの具体的な抵抗は、約75μΩ/cmであり、銅は1.72μΩ/cmです。高いアンペアでパルス波形を描いたときに、導線が加熱するようです。私は導線を、4スケア(平方ミリ)の二重被覆銅線に(WFCの下部まで)取り替えました、そして、熱発生は減りました。水燃料セルのための、クランプ選択。ステンレス鋼クランプを選んでください、亜鉛メッキされた留め金は選択しないでください。次に、ニッケル含有率は非常に少ないもの(抵抗値の低いもの)を選んでください。(304か316製:○、310製:×)亜鉛メッキされている部分は、スチールねじ/留め金です。メッキはすぐに剥がれるでしょう、そして、あなたは茶色の汚れをいたる所にに見るでしょう。それらがステンレス鋼でない場合は、茶色の汚れが決して止まりません。サポートのために追加する留め金には、抵抗値の問題はありませんが、ステンレス鋼でなければなりません。ステンレス300番代 (302、304、306、308、310、316)のみ使用可で、200番代と400番代は使用不可。チューブの間のスペースに関しては、非導電性の柔軟な素材を使用し、スピーカケーブルを巻くプラスチックが意外と使えるでしょう。ビデオ1: このビデオは水なしでWFCの内容を見せています。



NEXT>>Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.3
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10349626443.html


■過去記事
Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.1
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10346485209.html

■関連記事
Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330994478.html
Stanley Meyer Data特許資料(英文) [pdf 221ページ]
http://www.free-energy-info.co.uk/MeyerData.pdf
Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
【資料】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330431267.html
【資料2】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10342515816.html
各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10335356396.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゴーストライポンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。