おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
?
一度にいろいろなものを食べようとしなくてもその時その時に合わせたものを食べればいい。
そんなにいろいろなものを食べなくても大丈夫だ。
ドックフードやキャットフード、おやつは本当にものすごい種類のものが入っている。
体はそれをすべて消化していかなければならないので、本当に大変である。
?
それを消化できなかったり、消費できなかったりすれば老廃物となり、老廃物が多くなると体の中にどんどんたまっていき、それが細胞を障害したり、流れが悪くなって滞ったりして、病気の原因になったり、腫瘍の原因になったりする。
悪循環になるのだ。
?
その悪循環を止めるためには、体に必要なものだけを取っていくというシンプルなものになる。
それに適しているのが、手作り食だと思っている。
手作り食には、賛否もあると思うし、100%いいのかといわれればそうではないと思う。
?
しかし、今の世の中でできるとすると手作り食にたどり着く。
生食がいいとか、フリーズドライがいいとか、自然食がいいとかいろいろあると思う。
その中でもやはり自分は手作り食になる。
?
最後まで読んでいただきありがとうございます。
?


AD

犬猫の栄養バランス

テーマ:

おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
?
消化には体力やエネルギーも使うので、なるべくシンプルでなおかつ栄養をバランスよく取っていく必要がある。
?
この栄養をバランスよくというのが、また勘違いをしてしまう原因になる。
バランスよく栄養を取ることが体にいいことだと思うと足りないものを補おうとするために体にいいものを追加しようとする。
一回の食事で、すべての栄養をバランスよくたべるのは基本的には、無理である。
?
どう考えてもこの世の中でバランスよく栄養を取るということは難しい。
そのために一週間やでまかなったり、日によって違うものを食べて補うことになる。
人は、一回の食事で全てもバランスをとれるようにしようと思ってしまうので、足りないものをサプリメントで補ったり、体にいいといわれるものをあれやこれやと食べてしまう。
?
もちろん理想はあるにしても、今日はこれが足りないから、明日はこれを食べようと食べわければいい。
同じものだけを食べ続けなくてもいいのだから。
?
日本には、四季があり、その時、その時の旬の食材があるのだから、それをいただけばいい。
無理に1年中同じものを食べようとしなくても様々食材がある。
?
最後まで読んでいただきありがとうございます。


AD

おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
?
様々なものを入れると味が複雑になっておいしく感じるようになるのではないかと思っているのだが、いろいろなものをいっぱい取りすぎると体には負担になる。

消化は、それぞれ消化酵素を使って消化するのだが、食材ごとや物質ごとに酵素を使わないといけないので、消化にはものすごく負担になる。
そうなると体には負担になる。
その負担をかけ続けていけば、それはいつか体は悲鳴をあげる。
そうなると体のどこかがおかしくなってもおかしくない。
?
前の話に戻ってしまうが、いかに必要なものだけを体に入れていくかということもとても大事なことになるので、いろいろなものが入りすぎているドックフードやキャットフード、おやつはとても消化には大変だ。

若いときは問題ないが、老齢になってくるとそうはいかなくなる。
生きていくためにも体が老化して大変なのにさらに消化でエネルギーを使ってしまうので、さらに体力が奪われてしまう。
?
老齢の動物には消化の体力も結構使うので、食べるだけでしんどくなってしまうこともある。
食べるのは体力を使う。
?
最後まで読んでいただきありがとうございます。


AD