知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

■講座・セミナー詳細はホームページをご覧ください。
⇒ 講座・セミナースケジュール
⇒ 知育玩具インストラクター制度
一般社団法人日本知育玩具協会

愛知県の社会福祉協議会所属保育園合同研修でのテーマは

 

「乳児から取り組むままごと遊び」

 

積木、机上遊び、床積木など

保育環境で取り組める遊びのテーマはありますが

 

保育士全員が最初に取り組む遊びのテーマは、「ままごと」が一番です。

 

ままごと遊びは

0歳児から年長、ひいては学童まで 全クラスが取り組める遊びです。

 

そして保育士の悩みも具体的

 

児童精神科医佐々木正美先生が教える

E.H.エリクソンのライフサイクル理論を具体的に理解する事例が満載

 

お世話遊びから、役割遊び、

そしてお店やさんごっとに成長する中で

 

子どもたちは

基本的信頼を身につけ

自制心、自律心を養い

自己肯定感が育ちます。

 

そして、社会性、勤勉性も

ままごと遊びを通して子どもたちは獲得します。

 

 

保育士、管理者、保護者も

目に見えてその成長の姿を検証できるからです。

 

保育環境コーディネーターは

ベビートイ・マイスター、キッズトイ・マイスター、知育玩具マイスター

3つのマイスター資格取得者のために講座開講しています。

 

法人研修、園内研修に限り、理事長藤田が直接指導します。

 

「保育環境コーディネーター®」は(社)日本知育玩具協会®の登録商標です。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最年少VS.最年長 ~“天才”少年棋士 鮮烈デビュー~

NHKクローズアップ現代 1月16日放送

 

藤井聡太さんが、

3歳のとき夢中になっていたあるものが

彼の天才的な直観力を養っていた ・・・

 

鮮烈のデビュー戦 勝負の決め手は 直感力

 

デビュー戦

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんが

開始わずか2分に指した「8五歩」に注目が集まります。

 

先輩プロ棋士たちでさえ、あたかも無駄な一手であるかのように感じた

 

この一手で

 

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは

最年長プロ棋士加藤九段に逆転勝利をしていくのです。

 

解説の中村 太地六段によると、将棋の手の可能性は、

10の220乗通りあるのだそうで、60手先までを見通すのは不可能なはず。

 

その

 

不可能を 

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは、その奇跡的な直観力によって

可能にしたのです。

 

理化学研究所

脳科学総合センター の 田中啓治先生によると

 

プロ棋士は 無意識の行動をする部分 「直感」をつかさどる部分の

脳の活動が活発

 

↑脳のこの部位

 

そしてそれは

詰め将棋や、立体パズルを繰り返すことで養われる(優れたものになる)のだそうです。

 

実はその直観力、

3歳のときにあるものによって養われていたのです。

 

 

母が明かす 藤井聡太さん の秘密

天才の直観力は積木=立体パズルによって養われていた

 

母親の藤井裕子さんが

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんの3歳の頃を語ります。

 

それが この立体パズル

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは

この立体パズルを与えられ

 

玉の道を積木で組み立てていくのです

 

お母さんには今でも難しいこの木製の立体パズル

 

 

彼は3歳で飽きもせず取り組んでいたのです

 

 

これが3歳のとき作ったパターン

 

そして

将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを育てた積木・立体パズルこそ
スイスの玉の道の積木 キュボロ

キッズトイ1級インストラクターが開講する

 

「初めての玉の道講座」で教える立体パズル

 

将棋の天才 藤井聡太さんは
3歳から何箱ものキュボロを遊びこなしていました

 

キュボロは、直観力を飛躍的に向上させる 積木・立体パズルなのです

 

 

キッズトイ・1級インストラクター養成講座では、この玉の道の教え方を学びます。

初めての玉の道講座 を開講することができます。

 

 

 

この講座は、こちら ↓ のインストラクターが開講しています

 

 

【東京都】 中村 桃子
【東京都】 石村 聖子
【神奈川県】 川合 祐子

【愛知県】 佐藤 槙子
【愛知県】 和田 晶子
【愛知県】 武川 幹子
【愛知県】 蟹江 真理江

【愛知県】 伊藤由見子
【石川県】 織田 侑里
【岐阜県】 山川 眞智子

【沖縄県】 島袋 智子

 

協会認定講師 一覧

 

⇒藤井聡太さん(将棋史上最年少プロ棋士 )の直感力を育てた

 立体パズルのもう一つの秘密とは

NHK名古屋放送局「ナビゲーション」で 1月6日放送

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

知育玩具協会認定の

東京武蔵小金井カルテット幼児教室が 今年スタート

 

 

0歳、1歳、2歳の子どもたちに

知育玩具での遊びを通じて

生きる力の種を 心に蒔いてあげる幼児教室

 

子どもたち一人一人の個性、発達に合わせ

 

その才能を引き出すには

 

豊かな親子関係の確立という土台を わらべうたで作り

 

その上に

 

心を動かし、感受性豊かに刺激する 絵本を読み聞かせ

 

さらに、その上に

 

意欲と想像力を 目覚めさせる知育玩具を

 

与えなければなりません

 

 

創造力を育てる

知育玩具、絵本、わらべうたを 親子で学べる幼児教室です。

 

愛知県を中心に フランチャイズ校開校が始まっているこの教室は、

私のやりがいです。

 

武蔵小金井モデル校と、愛知県刈谷モデル校では、

私が直接指導します。

 

対象の子ども (7ヶ月〜満3歳前まで)がいれば是非

親子で受講してください。

 

一生その子を支える、生きる力の根っこが育ちます。

 

私と一緒に、

子どもの中にその根っこが育つのを教室で確かめながら、

育てていきましょう。

 

→カルテット幼児教室公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わが子は、感性豊かな子どもに育って欲しい というのが親の願いです。

 

だから、赤ちゃんが生まれるといずれは

 

ピアノやリトミック、音楽を習わようか

書道教室に通わせようか

造形や絵画、芸術を習わせようか と

わが子の未来を思い巡らすのです。

 

 

豊かな感性を育てる子育てのスタートは、0歳からはじまります。

 

でも、多くの親は、

 

0歳から 音楽教室はまだ早い

0歳から 書道教室はまだ早い

0歳から 造形教室はまだ早い と思ってしまいます。

 

ところが

0歳からは絵本、そしておもちゃなら、すぐに与えたいと、皆、ピンと来ます。

 

ですから、まずは、

感性豊かな子どもに育てるための

絵本とおもちゃの与え方を教えましょう。

 

ベビートイ・インストラクター2級講座は

赤ちゃんの感性をおもちゃと絵本によって目覚めさせる方法

 

感性豊かな2歳を迎えるための絵本とおもちゃの与え方を学びます。

 

だから

ピアノ教室、書道教室、造形教室に通わせられる

感性豊かな心

落ち着いて、大人とも関わり、お友達とも仲良くできる心が育ちます。

意欲的、創造的な心が育つのです。

 

今年も、銀座校がスタート 

ベビートイ2級インストラクター養成講座が開講されました

 

カリキュラムは

 

1)発達心理学

児童精神科医 佐々木正美先生が紐解く 児童精神分析理論に基づく

基本的信頼の確立

 

⇒落ち着いた子ども、人間関係豊かな子どもが育ちます

 

2)よい絵本の選び方、与え方

15万人の子どもを絵本好きにした「魔法の読み聞かせ」

 

⇒絵本の習慣が身につき、集中力がある子どもが育ちます

 

 

3)よいおもちゃの選び方、与え方

発達心理学に基づく、赤ちゃんの発達に沿ったよいおもちゃの与え方

 

⇒意欲的で、好奇心豊かな子どもが育ちます

 

によって構成されています。

ですから

 

 

 

感性豊かな子どもを育てる教室のあるべき「生徒像」にぴったりの

子どもが育つのです。

 

ベビートイ2級養成講座の対象は

 

1)母親

2)保育士

3)講師になりたい人

 

マイスター資格を取ると、あなたが2級講座を開講できるようになります。

 

あなたが、音楽教室、書道教室、造形教室を開講しているなら

あなた自身が「ベビートイ2級養成講座」を開講して、

 

これらの受講生に豊かな感性を育てる子育てを

教えてあげることができ

自分の教室の将来の生徒たちに出会うことができるのです。

 

次回の講座は

 

「魔の2歳」に育てない木のおもちゃと絵本の与え方_

ベビートイ・インストラクター2級資格講座

 

⇒【岐阜・岐阜市】1月21日(土)

⇒【愛知・刈谷校】2017年1月28日(土)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

史上最年少の将棋の天才 強さは 直観力!

 

 

2016年、史上最年少でプロとなる四段に昇段を決めた藤井聡太さん

その強さの秘密がNHK名古屋放送局「ナビゲーション」で 1月6日特集されました。

 

3f56cfb3-a016-4f6c-be6f-29fea73cfe92

デビュー戦対局相手は、現役最高齢76歳の加藤九段

に対して14歳の四段藤井聡太さんが大逆転勝利

 

形勢厳しい序盤、

なんと終盤大逆転を演じる勝負の駒を 

直感だけで盤上に打ったことに注目が集まりました。

 

何十手も先に勝利の決め手になる この一手を打った

その直感力には

羽生 善治も驚嘆

 

ところが その

「直感力」は、積木=立体パズルによって 育てられ 鍛えられたものだったのです

b5c0d60d-151d-4460-b8c8-c1a422d224e3

 

積木=立体パズルは、

立体・空間的な構造を理解する

 

脳の けつ前部 を活性化する ことが

 

理化学研究所による実験によって証明されました
 

f1150fd6-dd8d-48b8-925e-b7cbd9e1066e
 


s__11411568

そして

将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを育てた積木・立体パズルこそ
スイスの玉の道の積木 キュボロ

キッズトイ1級インストラクターが開講する

 

「初めての玉の道講座」で教える立体パズル

 

将棋の天才 藤井聡太さんは
3歳から何箱ものキュボロを遊びこなしていました

 

キュボロは、直観力を飛躍的に向上させる 積木・立体パズルなのです

 

キッズトイ・1級インストラクター養成講座では、この玉の道の教え方を学びます。

初めての玉の道講座 を開講することができます。

 

この講座は、こちら ↓ のインストラクターが開講しています

 

 

【東京都】 中村 桃子
【東京都】 石村 聖子
【神奈川県】 川合 祐子

【愛知県】 佐藤 槙子
【愛知県】 和田 晶子
【愛知県】 武川 幹子
【愛知県】 蟹江 真理江

【愛知県】 伊藤由見子
【石川県】 織田 侑里
【岐阜県】 山川 眞智子

【沖縄県】 島袋 智子

 

協会認定講師 一覧

 

⇒もう一つの放送 将棋の天才の育て方 NHKクローズアップ現代 1月16日放送より

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

「魔の2歳」を恐れていませんか?

2歳のイヤイヤ期は、赤ちゃんの健康な発達によって、訪れる

成長のために欠かせない大切な時期

 

この時期の迎え方を間違えると

大人と子どもとの間に大きな溝が生まれ理解しあえなくなる

その結果 

 

「魔の2歳」

 

という残念な親子関係が起こります。

 

正しいおもちゃの与え方をしていくと

子どもの心に寄り添い続けられる

 

いつも赤ちゃんの心を満ち足りた状態にして育ててあげられるので

大人と子どもがお互いに分かりあいながら、信頼し合いながらこどもが育っていく

 

だから

こどものおもちゃを理解して、子どもに関われるようになると、

「魔の2歳」は訪れないのです。

 

その仕組みを学ぶのが この講座

 

 

ベビートイ2級インストラクター養成講座 です

 

赤ちゃんの心と体の発達を学び

良いおもちゃの選び方、与え方が1日で学べる講座です。

 

子育てのためのおもちゃ

保育環境を整えるための理論が学べます。

 

また

この2級講座を修了すると

積木の講座が開講できる

 

 

ベビートイ・1級インストラクター養成講座の受講資格を取得できます。

 

「魔の2歳」に育てない 木のおもちゃと絵本の与え方

ベビートイ・インストラクター2級資格講座

 

お申込みはコチラ↓

 

⇒【東京・銀座校】2017年1月9日(月・祝)

⇒【岐阜・岐阜市】1月21日(土)

⇒【愛知・刈谷校】2017年1月28日(土)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フジテレビで 1月2日放送のバラエティ番組

「100人のススメ!答えの出ない悩み」にコメント協力をしました。

 

知育玩具が伸ばす子どもの能力は、「記憶力」とか「漢字の読み書き」のように

子どもの能力の一つのパーツではありません。

 

意欲、社会性、美に対する感性などが、

「記憶力」「言語能力」「空間認知」などの能力と

同時的に一緒に育つのです。

 

ですから、よいおもちゃに出会うと子どもは、そのおもちゃとの出会いをきっかけに

様々な能力を開花させることになるのです。

 

「頭のよくなるおもちゃ」という言い方は、少々テレビ的。

是非、ごらん頂いた皆さんには

知育玩具の体験の奥深さ

感じていただければ

と思っています。

 

 

また、今回は、マイスターも「脳科学・教育の専門家100人」に選ばれ

アンケートに協力させていただきました。

 

 

⇒推薦されたおもちゃについてはコチラ

 

よいおもちゃのある幸せが日本中に拡がりますように。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

NHKニュースまちかど情報室の祝日特集で
知育玩具インストラクター養成講座が放送で紹介されましたね。

 

ディレクターさんからの取材依頼の相談は、11月のはじめにありました。

 

「デジタルゲームやスマホと子どもの関係で苦しんでいる親子が多い
それを知育玩具で解決できる講座を
是非取材させて欲しい」と

 

密着取材1日目、銀座校で開催された2級講座では

「知育玩具インストラクター養成講座をなぜ受講するのですか?」
と受講生の皆さんにインタビューしていました。

 

「小学生になった子どもにおもちゃを増やしていいのか迷ったんです。」
「いいおもちゃとを子どもとどうやって楽しんだらいいのかわからなくて。」
と受講生の皆さん。 

 

その答えが、知育玩具インストラクター養成講座の中で

次々引き出されていきます。

幼児期後半、学童期の発達課題にはじまり、
テレビゲーム、SNS、スマホの危険性と付き合い方。

そして、これからの年齢に与えたいドイツゲーム、
知育玩具、絵本の選び方、与え方を
体験しながら学びます。

 

この講座を受けると、

想像力を育てる おもちゃの与え方がわかるのです。

 

 

 

取材は、2日間にわたり
2日目は受講生一児の母への密着取材でした。

 

小学校に入り、遊びが停滞していた我が子を見て、
講座受講を決心した母親が、受講後どう変わったのか。

 

 

実は、お子さんには、
その能力に見合うおもちゃが 不足していたのです。

知育玩具は、学ぶおもちゃ。
成長した能力に見合った質と量が必要だったのに、
それに対しておもちゃが足りなかった。

 

 

そこで、適切な量と質のおもちゃを整えるため、
「知育玩具ホームスタディ」を受講してもらい、
お子さん彼の前で
母親がおもちゃに取り組む姿を
見せてあげるようになったのです。

 

するとたちどころに、お子さんはおもちゃに興味を持ち、
見違えるように、いきいきと遊びを再開しました。

 

知育玩具の遊びは、
勉強と同じ仕組みで子どもの能力を伸ばします。

一つだけ違うのは、「自ら喜んで」向き合う主体性。」

知育玩具の遊びを通してこそ、主体的に学ぶ力が根っこから育つのです。

 

 

2017年、時代はますます混沌としています。

しかし、私たちは、子どもたちに生きる根っこを
おもちゃで作ってあげることができるのです。

 

あなたもインストラクターになって

子ども達の遊ぶ力を引き出すおもちゃの与え方を

日本中に広めませんか?

 

知育玩具インストラクター養成コース

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メリー・クリスマス!

 

きっと今頃、大勢の子どもたちが

 

サンタさんからのプレゼントに目をキラキラ輝かせていることでしょう。


 img_8495

 

 

日本中、世界中のすべての子どもたちに、

 

おもちゃで幸せになってほしい。

 

日本知育玩具協会の願いです…♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、NHKニュースおはよう日本内の「まちかど情報室」にて、
「知育玩具の与え方を学べる新しいサービス」

として 

日本知育玩具協会が開講する講座が紹介されました。


▼ NHKの密着取材を受けた講座はコチラ ▼

知育玩具インストラクター 2級養成講座


 


子どもの意欲、想像力を知育玩具の選び方、与え方を
おもちゃをたっぷり使って学ぶ講座として紹介されました。



子育て中の親や、保育士さんを中心に人気を集めている講座です。



1日の講座を通じて 
おもちゃ、絵本と子どもの発達、主体性や意欲、社会性の伸ばし方を理論的に学びます。

ディレクターも内容の濃さに驚嘆していました。



講座を受講したお母さんと、そのお子さんへの密着取材も行われ、
おもちゃで子育てがどう変わるのか全国の方にご覧いただくことができました。

密着取材に協力してくれたのは、知育玩具インストラクター・マイスターの川合祐子さん。

日本知育玩具協会 知育玩具マイスター

川合 裕子

⇒講師紹介ページはこちら


講座受講前、周囲の子育てとのギャップや、
お子さんが遊びに向かわないおもちゃがあることへの不安や疑問を抱えていたそうです。

今回取り上げられたおもちゃは、知育玩具ホームスタディ教材。
密着取材を受けた川合さんとお子さんの変化のきっかけも、このホームスタディでした。



▼ 知育玩具ホームスタディ教材はコチラ ▼
知育玩具インストラクター®1級ホームスタディ|一般社団法人 日本知育玩具協会

jate-chiikukyozai

※クリックすると協会認定事務局カルテットの商品詳細ページに飛びます。
質、量、バランス

が揃った知育玩具によって構成されている、 《 知育玩具ホームスタディ教材 》
高い想像力を持った子どもたちが

小学校に入って、さらに能力を伸ばし、想像性を発揮するためには、

この3つが揃った知育玩具が、必要不可欠なのです。
実は

遊ぶ力、想像力が伸び盛りの川合さんのお子さんに足りなかったのは、

おもちゃの適性な量だったのです。

講座で得た知識とホームスタディでの実践的な学びによって、

お子さんはのびのびと遊びの中で想像力を発揮するようになり

川合さん自身も
子育てに自信を持つことができるようになりました。

今ではお子さんとのコミュニケーションが豊かになり、

ゆとりを持ってお子さんの成長を見守ることができるようになっているとのことです。

 

◆NHKニュース「まちかど情報室」紹介の講座とおもちゃご紹介◆

≪ 近日開催予定の講座 ≫

【愛知・刈谷市】1月7日(土)知育玩具 2級養成講座

【東京・銀座校】1月15日(日)知育玩具 2級養成講座

【東京・銀座校】1月9日(月・祝)ベビートイ・インストラクター 2級養成講座

【岐阜・岐阜市】1月21日(土)ベビートイ・インストラクター 2級養成講座

【愛知・刈谷校】1月28日(土)ベビートイ・インストラクター 2級養成講座

≪ 取材されたおもちゃ ≫

取材は、述べ2日、18時間にも及びました。

しっかり取材されながら

放送時間の関係上、あまり触れられなかった知育玩具もありますので、
ブログでご紹介させていただきます。

※クリックすると協会認定事務局カルテットの商品詳細ページに飛びます。

  ⇒ NHKまちかど情報室 取材おもちゃ一覧

 

 皆さんも是非この機会に、おもちゃとお子さんの関係を振り返り、幸せな子育てを実現してください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)