Dr.きのこるの きのこ部屋にようこそ!
Dr.きのこるの もう、ゴールしてもいいよね・・・?

もうゴールしました。
はてなブログへ引っ越しましたので、ブログ記事が読めない場合は、こちら にどうぞ。
 
  • 16 Jul
    • トランプ=橋下?小泉?という話

      先週公開していなかったのを、金曜日から3本連続であげようかなと思っていましたが、忘れていたので止めました。まあいつもどおりどうでもいい話です。それより本家の方を更新しないとね。パソコンの調子が悪くなって、新しいのどれにしようかな~とか、考えていたら全く時間が取れなくなった&やる気が無くなりました。 屋山太郎さんが過去に鳩山さんを持ち上げて、今度は反省して橋下さんに期待をかける姿を、本物のバカだ的なものを見たのですが、そもそもなんですけど、支持する政治家というのは階級階層によって根本的に異なるもの。正解なんてないわけですよね。各々が考える正解を選べばいいだけで、他人から間違えたなんだなんて気にする必要性がないんですよね。そして誰々を支持していたからお前はアホだなんて、言うのも根本的におかしい。 「あなたの階級・階層は~でしょ、それなら~を支持するはずなのに、なんでその政党に入れているの?」という問いの仕方ならわかりますけどね。また、己なら、そういう話で、階級・階層を理解せずに間違った投票行動をしている人がいても、「あなたバカですね、あなたの階級・階層を考えたら自民じゃなくて民主(民進党)を支持しないとダメでしょうに、肉屋を支持する豚ですか?」なんて言わないですよね(その時のテンションで、不特定多数につぶやくツイッターとかなら別ですよ?まあ普段からそんなことしていないと思いますけどね。そんな時のもたまにはあるでしょう。そんなことはおいといて、リアルで政治の話になった時にそんなふうな話の進め方はしないという意味で)。 「じゃあ次からは自民じゃなくて、民進党に入れたらいかがですか?」で終わるだけ。政治クラスタというか、政治厨といいますか、そういう人は自分が知っているからといって、知らない人に「お前はこんなことも知らないのかと!」相手を罵る人がいますからね。まあ人のふり見てなんちゃらでなく、気をつけたいことでありますが、ちょっと詳しくなったら知識の乏しい物を平気で叩くミリオタのような手合にはなりたくないということですね。 「かつてA(=政治家の名前)を支持していた。反省している」なんていう必要はないんですよ。その時その時で、人というのは色々考えが変わる生き物なんですから。10年も20年も経てば、その時代も変わるし本人の環境も変わる。そして当然信奉する理念や思想も変化していくものなんですからね。かつて間違った票を入れた・支持をしていたから~といってその政治家を叩くのは、昔の恋人を平気であんな奴!といってしまうそれに近いものがある気がしますね(別に片山さつきさんのことではないですよ(笑))。 で、本題。古い話ですが、トランプさんが共和党の代表になってヒラリーさんと大統領選をやっていますが、誰もトランプさんを小泉さんと比べていない。「子供でもわかる言葉を喋る」政治家がどれほど人気を得ることができるかということを日本は既に経験しているというツイートを見て、そのとおりだなと思いました。 トランプ=橋下だ!というの昔見た記憶がありますが、トランプ=小泉の方が適切ですよね。既得権益への価値観は真逆なんでしょうけどね。トランプさんはプロ政治家の不信をバネに素人の怒り・大衆の怒りで政治のトップにつこうとしていますが、まあアホな理屈を掲げているだけに、何にもできずに終わるでしょうね。 トランプ=小泉と書きましたけど、そんなキャッチーなわかりやすい図式で語る気はもちろんなく、前述の「わかり易い言葉」=サルでもわかる言葉以外は、そこまで共通性はないですよね。清和会の傍流とは言え、世襲政治家・太子党の系譜の小泉と、ビジネス界から政治キャリアのない人間の殴りこみは全く違いますからね。(レーガンみたいな俳優系の人はいても、ビジネス系の大統領っていましたっけか?そういうバックグラウンドを持つファミリーくらいはブッシュみたいにいくらでもいそうですけど、どうだったかな?) 橋下さんは弁護士系であり、一応学があるわけですよね。アメリカでも弁護士≒政治家みたいなところがあって、弁護士が政界に進出してもあまり違和感はないですし、まあトランプとは違うでしょうね。行政のスリム化というのと、外部の敵=貧困の原因みたいな図式も似て非なるものという気がしますしね。 まあ橋下さんは頭が良くても、ジャックナイフみたいな性格で、あらゆる相手に喧嘩売りまくって触るものみな傷つけていたわけですが。ジャックナイフといえば千原Jrさんですが、だいたい同じ年齢というか、世代ですよね。橋下さんも尾崎豊やチェッカーズの歌などの影響を受けたんですかね? そんなことを考えて、橋下スタイルの源流はそこか?と今更ふと思った。あの歳になっても、無駄な喧嘩が好きというのは、団塊世代の暴走老人に通じるものがある気がする。現代っ子とは真逆のメンタリティですよねぇ。プロレス・ボクシング世代の空気をヤンキー文化世代で受け継いでいるのかも?なんてふと思いましたね。 まあ、そんなどうでもいい話でした。

      20
      1
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 保育園落ちた日本死ねの話と子供を二人以上産んで、産めなければ寄付しての話

      公開したと思っていたら日程間違っていたので、今頃公開。土日に上げる予定だったのがズレてしまいました。まあどうでもいい話なのでどうってことないのですが。 保育士不足=需要がある。それなのになぜ賃金が上がらないのか?それは賃金アップに必要な収益アップが不可能だから。収益を上げる=費用を上げれば利用できる人は限られる。当然不可能。市場に任せていて解決されないたぐいの話というものを見て思ったことです。 要するに、予算をつけないかぎり解決しない問題なわけです。社会構造が変わって、働くママさんのためにそこに予算をつければいいだけなんですね。必要なくなったものの予算を削って、分配を変えればいいだけの話。政治が他の予算を削ってでも、保育士への賃金補助に当てる予算を作れないという問題にもっと注目していいと思うんですよね。政治家としての能力もさることながら、有権者がそういう政治家を育てることもそうだし、賃金補助を積極的にやる議員・政党に一票入れるよ!っていうメッセージを打ち出せないこともポイントですよね。わかりやすく言うとSEALDsみたいな団体作って、政治団体じゃなくてもいいですけど、「ママーズ」的なのを作って、そういう活動に熱心な議員を応援する。それだけでかなり変わるはずなんですよね。 保育園落ちた、日本死ね―もそうなんだけど、じゃあ保育園に自分の子供を入れる事ができるようなシステムを作る政治家・政党に一票入れているのか?って話ですからね。保育園落ちた(保育園充実させる政党・政治家がいない)日本死ね!なら、言ってもいいと思うんですけどね…。まあ短絡的というかなんというか、それじゃあ支持・共感・賛同は頭打ちでしょうね。 まあ、そういう政治家出てこいや!ボランティアでずっと面倒見たる!とか、ワイが政治家になって保育園受け入れ枠増やしたる!日本ぶっ生き返す!くらいのことは言って欲しいですよね。民進党でもどこでも良いですけど、標語で「保育園に子供を行かせられた!日本生き返った!」と言えるくらいのことはやってほしいですね。 子は二人以上産んで、来を産めない人は寄付を 。 ―という問題発言がありました。これについて言論の自由であるという擁護があったが、言論の自由というのは相互的なもであり、校長が全校集会で一方的にスピーチするものとしては適切ではない。この中学校の全校集会で、生徒が校長に「再任用されてないで早く辞めろよ老害。後ろが詰まって若者が迷惑してんだよ」ぐらい言えるフラットな言論の機会を提供できていたというのであれば、「言論の自由」論は成立するが―的な指摘を見ましたが、誠にそのとおりだと思います。 今の社会を考えると二人生まないといけないというのは一見正しい話に思えますけど。「産めよテメーら」ではなく、子供を産める社会にするにはどうしたら良いかという論点・視点が足りないからダメなんでしょうね。こういう手合って、まあそのためにこうしろ!ああしろ!の強制で、自分が率先してこれをします!がない まあそういうことを主張するからには、私財を少子化対策のための基金にでも大半か全額寄付なさってから言うべきでしょうね。自分の社会への貢献・実績もないくせに、こういうことを言うから問題になるわけで。右だろうが左だろうが、バカ発言はだいたい自分はなにもしないくせに、上から立場の弱いものに押し付けるんですよねぇ。だから空気が読めない、嫌われるわけで。 あんまいい例えじゃないですけど、馬を水のませに川に連れて行っても馬が水を飲むかどうかは馬次第ということわざがあるように、コントロール出来ない領域ってのがあって、時代が変わるにつれて、それも変わるんですよね。年寄りにそれがわからない人はおどろくほど多い。産みにくい社会にしといて産めって発言するのは地雷ですよね。 空気・時代の変化が読めてない&社会を変えようとせず、弱い者・若い者に押し付けようとする。そういうパターンで今後も老害さんが、似た発言して炎上するんでしょうね。校長といえばサヨク問題発言の世代からすると、時代の変化を感じますね。まあバカ発言が左から右になっただけなんでしょうが(笑)。 ついでにこのネタに関係するので、山田太郎議員の話を。以前紹介しましたけど、児童ポルノや性犯罪被害に対するものかなんかで統一的な対策をとる部署がないという話。児童虐待や子供の貧困等の問題も多岐に渡って、議会で質問をするたびに担当大臣がコロコロ変わって答弁していると。これじゃあ問題の解決は一向に進まない。子供省設置の必要性があるという話。 子供省を作るのは大賛成なんですが、児ポやら「健全な子供を育てるために」という美しい標語を掲げて、子供をぶんなぐったり、変な圧力をかけていく省庁にあっという間に堕落しそうで怖いですよね…。今回の参議院選挙でもあれだけ活躍していた山田さんが当選危うい状況なだけに…。

      14
      1
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 厚切りジェイソンなど、海外の人の日本論

      仏女性ジャーナリストが「日本で女性が自由になれないのは男性がロリコンだから―という話がありました。 この日本人の男=ロリコンってのどこからきたんだろうか?論文なら、決定論にすぎるって即駄目出しされると思うんですけど、未だにロリコン原因説・決定論が根強いのはなぜなんでしょうね?まあ、こんなのはよくある話なのでどうでもいいのですが、次の話に繋げるので一応。 で、厚切りジェイソン氏が「感情的にならないでちゃんと討論できそうな人がいない」というツイートをしていたとか。というか厚切りさんとまともな人は絡んで会話をしようとは思わないでしょうね。 そもそもトップレベルを除いて、階層が低いとされるお笑い芸人に話しかける人は、階級・階層において同程度の人ということになりやすい。それを理解せずに、まともに討論できる人が…と嘆くのはマーケティング以前の問題でしょう。 例えば、学術クラスタと呼ばれる人を結構フォローしているのだけど、そういう方が厚切りさんをRTしたり、会話したりということを目にしたことがない(まあ、そもそも厚切りさんのツイートが回ってくることなんてないので、普段何を話しているかすら知らないんですけどね)。そりゃ有意義な討論が出来るわけないと思うんですけどね。討論できる人が厚切りさんに無条件に集まってくると考えている姿勢にまず疑問ですね。 テレビに出ているから、知名度がある。それで優秀な人が無条件によってくると思っているんでしょうかね?テレビ界に認められても、社会の上層・インテリが認めるわけではないということに気がついていないんでしょうか…?そもそも大声で叫ぶ芸風の人を尊敬する人はあんまりいないと思いますけどね。優秀なビジネスマンらしいですけど。 んで、まあ海外の人を連れて来て、日本の社会・現状を語ってもらうというのは、古くからやりつくされているわけですね。どんな人であろうと、自分が思う日本のここがおかしい!と語るのは自由だと思うし、是非やってほしいと思うのですが、どなたも先人を無視しているのはなぜなんですかね? 仏人女性にせよ、厚切りさんにせよ、もうそういう論は、過去に日本に来た人が一度は論じている・指摘しているわけですよね。そんなオリジナリティのないこと言っても、若くてそれを知らない人間以外にはウケないんですよ。先人の論をまず引用して、私が思うのは~とやらないと説得力がない。誰も先行研究を参照しないってのは不思議だと思うんですけど、何故なんですかね? 学者の意見などをひいて、こうこうこういう説がある。その上で~とやらない人の意見を聞いてどうするんでしょうかねぇ。まあ一発屋みたいに話題になれば、それでいいということかもしれませんが。

      17
      テーマ:
  • 02 Jul
    • 丸山議員の黒人・奴隷が大統領発言と福島伸享議員の話

      ブログに書いてなかったことが多すぎてどれ書いたのか覚えてませんが、まあそんなツイッターのまとめ直しを。こんな短編を5本くらい書いて予約投稿しときましょうか。 丸山議員がオバマ大統領、黒人は元奴隷という発言をして問題になりました(丸山和也・参院議員(自民)「黒人・奴隷がアメリカ大統領になっている )。アレは、プライベートな会話だったり、ちょっとした面白話をする時は問題ないでしょうが、公の場・議会でするようなものではない(憲法審査会ですけど)・許される類のものではない。というかそもそもそんな質問をすること自体が無意味というか…。特に議員たるものが委員会であんな質問をする事自体がナンセンス。私的な場ならインタレスティングでも、公的な場なら狂人ですよね、アレは。 あんなことを言われて、もし自分が答弁で応じなくてはいけない立場だったら、相当困っただろうなぁ(^ ^;)。こんな時どうすれば良いのかわからないの…状態ですよ、本当。ああいう自分の周囲でのみ通用する感覚・会話を平気で違う場所・公の場に持ち込むセンスがまさに保守オヤジって感じですよね。自分の常識が、プロフェッショナル・専門領域で通用するかしないか確かめようとしない、迷惑バカって一般でも珍しい話ではないんですけど、そういう手合がぎいんになってしまっているというのがね…。 憲政が麻痺している、機能不全に陥っているくらいなら、アメリカの51番目の州になってしまえ!といいたいのでしょうけど、市井の人間ならともかく議員が言うことじゃない。そもそもそういう主張をしたいのなら、憲法上どういう問題があるのかお聞きしたいじゃなくて自分で調べて、問題はないですね?と問いただすすべきでしょう。 三世代同居を推奨するという話がありまして、それによって祖母に子供の世話をさせることで、待機児童とか働く女性の問題をクリアしようと言うアホみたいな話がありました。安倍さんは自分が幼い頃から抱いている家庭観を今も引きずっているのでは?今時、65・70まで働いている女性は珍しく無いでしょうというツイートを見て思ったのですけど、安倍さんにかぎらず丸山議員とかああいう人達は、子供の頃の価値観を固定観念の領域を超えて、天地不変の常識として考えている気がしますね。大学くらいまでに身につけた知識・常識を全てそれが正しいことだと認識していそうでこわいですね…。 今の世の中、そういう成人くらいまでの自分の世間での常識や、学んだことが正しいと思い込んで、そこから一歩もでないような人が増えていそうですねぇ…。 議員レベル云々ついでにおまけで、民主党の福島伸享(のぶゆき)議員の話。予算委員会で「同人誌は価値が低い」という発言をして、それが真逆の意味に解釈されて話題になったと。この話を聞いて、普通に「同人誌を守ろうとするいい議員ですよ、皆さん応援しましょうね」―という話なら、ここまで話題にならなかったと思うんですよね。デマ→訂正という流れだからこそ、福島議員の知名度向上に繋がった。そういうことを考えると表現規制反対派・表現の自由を守る派にとっては、むしろ万々歳ではないかと思いました。 しかし、議員が国会で良い質問・議論をして、それがちゃんと評価されることは少なく、「特定の誰かが間違えた・歪曲した時」において、その議員に光があてられる。このことはもっと注目されてしかるべきだと思う。むしろ広めるためにわざと捏造したのでは?とすら思えてしまうレベル。 いいことをした時に褒めるという報道はなされず、問題があった時にのみ報道にスイッチが入る構造はいい加減なんとかしていただかないと困りますよね。政治への無関心を助長するようなことは法律で禁止して欲しいですね。報道規制になっちゃうので、3回政治家へのスキャンダルを報道したら1回は必ず政治家の功績を報道しないといけないとかですね。こんなアホみたいことを言わせるな恥ずかしい&嘆かわしい…(ため息)。

      13
      1
      テーマ:
  • 25 Jun
    • しつけで山林に置き去り、小林麻央・能年玲奈

      無理矢理にでもなんか書いとかないと忘れちゃうので、まとめて小ネタを。 しつけで山林に置き去りにした少年が奇跡的に生還するというニュースがありましたね。親が虐待だ何だと言われましたが、子供が人や車に向かって石を投げる問題のある子だったとか。そういうことを考えると一言で虐待とはいえないでしょうね。普段からその夫婦や子供がどういう環境だったかわからなければ、適切なしつけだったのか、虐待だったか論じるのは不可能でしょう。 まあそれでも問題のある子だからといって、そんなことをせずに、二重にも三重にも安全を確保した上で恐怖を与えるお仕置きはやれたでしょうからね。不用意・軽率であるという非難は免れないでしょう。それでもメディアで取り上げられたからといって、それに便乗して親がアホだ!とか叩くのはおかしな話ですけどね。メディアも衰弱して回復した少年の病院前に押しかけてましたが、そんなことで病院におしかけるなよ、他の人の迷惑だろう。アホかと思いましたね。助かった、それでもう終わりで何か続報がない以上、報道する必要はない。本当に報道に歯止めがかけられないのはなんとかしてほしいですね。 次に、小林麻央さんが乳がんだという報道がありました。海老蔵さんがそれについて云々かんぬんやってましたが、朝のテレビでチラッと見て、昼の街頭テレビでワイドショーがやってるの見て、夜帰ってきたら夜のニュースでまたやっている。「海老蔵さんの妻小林麻央氏が病気に」―この一行で終わる話を、何を延々やる必要があるのか…。しかもその次の日も一日中やっていました。その次の日はテレビ見る機会がなかったのでわかりませんが、ひょっとしてその後も報道していたのでしょうか…?どう考えてもやり過ぎでしょう。特に時間をかけてまで報道をすべき事柄ではない。そんなに時間をかける意味がわからない。 政府から選挙関連報道は、公平な報道をするようにという要請があってから、公平性が疑われて難癖つけられるのが嫌だから、報道時間が減ったという話がありました。結局、揉めるのがめんどくさいから当り障りのないことをテレビで流しておいて済ませようという傾向があるとしたら、それはもうメディアの役割をこなしているとはいえないでしょう。調査報道は一体どこへ行ったのか…。先人がテレビを見ると馬鹿になるということを言っていたのは本当でしたねぇ…。 最後にもう一つおまけに能年玲奈さんの話。興味深いので一本むこうで真面目な話として書きたかったのですが、いかんせん背景を知らないので、芸能事情に詳しくないので出来ませんでした。聞くところによると事務所独立を図って干されたとか。それに対して訴訟を検討しているとのこと。 芸能界の不健全な構造、事務所システムについてメスを入れるきっかけになるかもしれないと地味に注目しています。キャスターと言われる人々も、そもそもこの事務所制はおかしいのでは?と絶対に言わないでしょうからね。業界の仕組みを根本から変えるべきだろうとか、そういうことは絶対に言わないのはなぜなんでしょうか?まあ雇われサラリーマンになっているからなんでしょうけどね。 まあ、そんな芸能界と報道界がおかしいという話でした。 ※そうそう、忘れてました。海外でこの置き去り事件が大々的に取り上げられ、日本人の親は虐待を平気でするみたいなニュアンスで報じられていました。またアホみたいなこと言ってるなぁと思ったら、海外だと子供を一人で遊ばせておく事ができない。仮にそういうことをしたら虐待扱いされるとか聞いてへぇと思いましたね。親がちょっと眼を話した隙にすぐ誘拐されるとかなんとか。そういう犯罪事情があるらしいですね。そんな環境で自然と子どもたちだけで、あるいは独り遊び・探検ごっこなどをして育たない子供というのは怖いですね。

      14
      7
      テーマ:
  • 21 Jun
    • 笑点の新司会者 春風亭昇太に

      たまには何か書こうと思って、目についたので。歌丸師匠が健康上の理由で辞めるとなって、次の司会者は誰なのかと話題になりました。なってないのかな?単純に大喜利メンバーの中の誰かが自動的に昇格するだろうと思っていたら、伊集院光、高田文夫、所ジョージ、タモリなどメンバー外からの抜擢の可能性が上がっていたみたいです。 先代圓楽氏から現歌丸氏の司会変更しか知らない者にとっては、当然内部昇格だろうとおもいきや、談志さんがやったあとに、畑違いの人を連れてきた事例があるとか。なるほど、たしかにそうなってくると面白い話ですね。 というのも長寿番組で代わり映えしないメンバーで毎回やるよりも、思い切って別の畑違いの人材を連れて来て話題作りにするのも面白い。また女性を据えてみては?という話もあってはなおさら。仲間由紀恵や、壇蜜という名前が上がっていて、司会者には100%無理だが、内部昇格で空いた一つの椅子を埋めると考えると面白いなと思いました。 伊集院さんだったり、さんま・鶴瓶氏だったり、落語系の人は多い。そういうことを考えると、いろんな人が考えられるわけで、もしかしたらのIfを考える上では思考実験として非常に面白かったので盛り上がったのかもしれませんね。 先代圓楽さんが23年、歌丸さんが10年、現代日本政治からすると羨ましい長期政権なわけですね。外部招聘で短期で次々切り替える新しいスタイルに変える可能性もあり、内部昇格でまた10年以上の長期政権になる可能性もあったと。まあ、楽太郎・現圓楽になるのが順当と見られていたわけで、結局そういうお決まりのパターンだと思っていましたね。まあそんな興味あったわけでもないので、ああ違ったんだ、若手を抜擢したのかと関心しました。 笑点のメンバーはお約束の持ちネタで回すというスタイル。腹黒・犯罪者・ダジャレ&間抜け、そういうキャラを作ってそれを活かす。またはボケる・いじるというのが定番。腹黒キャラが司会に回って良いキャラの人が消えてしまえば、やりづらくなる。最近の若手メンバーはキャラ付け成功しているのでしょうか?そうでないとあの昔から続くお約束ボケ・ツッコミ・いじりが成立しなくなって面白くなくなっちゃいますからね。 笑点を見て面白いと思う人は少数派でしょうけど、面白く無いからこそ、ぬるい笑いだからこそ、老人や子供が見られる=内容がわかるわけですよね。ちゃんと理解できて、そこそこ面白いお決まりのネタをやるというのが笑点の現在に至る不死鳥番組の秘訣でしょうね。老人ホームや病院でやっているというイメージ以外にも親戚の集まりで誰もが理解できるという安心さは話のネタに最適ですからね。まあドラえもん・サザエさん的なね。 マツコさんが、交代してまたすぐ次の人だと困るから、その心配がない若い人を選んだんじゃ?とおっしゃってましたけど、そのとおりだという気がしますね。まあ、若いということでもしダメなら次の若手にチャンスを与える持ち回り制にしても良いかもしれませんね。すぐ司会を代えて、司会の資格失格の人だというキャラにしてもいいですしね。 落語って女性いないんですかね?女性入れても面白いと思いますけどね。まあ下手な芸人とか入れると空気・世界観壊れるのでやらないほうが良いとは思いますけどね。 実は、台本で誰が何を言うとか決められているとか、事前に作家が答えを考えているとビートたけしさんは言ってましたね。確かに毎回良く思いつくなぁとは思ってましたけど、そうなんですかね。キャラいじり以外はある程度事前に考えてはいるんでしょうけどね、全く一から百まで全部台本ではないと思いますね。お題聞いて、事前に考えておく。まるで浮かばない場合があるからその時のために、いくつかストックを教えてもらうことがあるくらいじゃないですかね? あと、笑点のレギュラーになると、それで地方周りのギャラが違うとかも聞きましたね。笑点利権があるとか。それならその利権を手放せませんから、外部招聘はないでしょうね。今の感じでずっと行くんじゃないでしょうか?

      16
      2
      テーマ:
  • 31 May
    • 渡辺喜美 おおさか維新から参院選比例立候補

      元みんなの党代表、渡辺喜美氏が大阪維新から比例で出馬するようです(選挙区ではしないのでしょうか?選挙区の調整がついていないだけなのかな?)。まあ、一時期飛ぶ鳥を落とす勢いだった二人、橋下さんと渡辺さんが今頃落ちぶれてから手を組むというのは、だったらはじめっからそうしとけという話ですが。 橋下さんは落ちぶれたわけではないですが、肝心要の大阪都構想が失敗してトップの地位を放り投げて一私人の地位に戻りましたので、まあ微妙な人ということには変わりがない。最近都知事候補として、名前が上がりましたが、そもそも大阪改革に尽力し続けてもう無理だとなって辞めたのに、「東京都知事やりまーす」なんてありえるわけ無いでしょうにね。大阪人大激怒になるでしょう、やるわけありませんよ。 そんなことはさておいて、党運営に失敗して、何もかも失った渡辺さんが今更おおさか維新の会ってどういうことなんでしょうね?わがまま放題というか、我が強いが故に組織を崩壊させた人だから、大阪維新でもしばらくしたら自己主張を貫いて党を混乱させるだろうという見方があるとかないとか。 まあ、それはいいとして、みんなの党と維新の党は元々政策にそれほど違いがなかった。合併して戦っていればどうなっていたのか?あそこの政党合併で失敗したからこその今があるわけですね。二人共(両党とも?)重要な決断を謝ったからこその今の窮地といえますね。 合併するなら、自分たちに都合のいい条件で、それがのめないなら別にあなた方はいりません、合併やらなくて結構です―という態度はわがままを通り越して、大局観の欠如。そして自分の組織を思うように動かさないと気がすまないというリーダー資質の欠如を意味しますね。 大組織の一幹部じゃやだ、中小規模でいいからトップで思うようにやれないと嫌だ。こういう考えはどういう思想に基づくものなのでしょうか?なんか昔そんなこと書いた気がしますが、まあいいですかね。改革派政治家は「ぼくのかんがえたさいきょうのせいじかいかく」を100%実行したがって、小異を飲めない・妥協ができない。そういう政治家が多いのは日本の政治にとってものすごい不安な傾向ですね。 敗北・失敗までも見据えて、失敗しても、自分の同輩・後輩・弟子が将来必ず改革をやり遂げてくれる。そのために自分は礎を作る。自分はタダでは死なない。最悪を考えて、これだけはやる。そういう思考ができていない気がします。要するに自己を過大評価しすぎているんですよね。 今のところ改革派ニューリーダーも出てきていませんし、参ったなぁというところですね。ニューリーダーにはぜひともこの失敗を活かして政治改革・政界改革に取り組んでいただきたいものです。

      17
      2
      テーマ:
  • 23 May
    • 堺・私立中 保護者会提訴

      堺・私立中:「保護者会退会で娘が疎外」父、賠償求め提訴 保護者会のあり方、運営に疑問を感じて退会したところ、学校に通う娘が式で保護者会から渡される花をもらえなくなった。特別給食の日は早退せざるを得なかった、よって訴えたという話のようですね。 PTAと違って、保護者会というのは学校外の組織のようです。学校外の組織であるため、学校は口を出せない。しかし公的行事に保護者会という単位で口を出しているのですから、保護者会という組織が強い影響力・決定権を持ってしまうのは問題では…? 思うに、こういった父母の互助会みたいなもので、組織の運営のあり方についていけない。参加できない・納得出来ないということがありうることだと初めから前提においていないことがおかしいですよね。組織というのは大きくなればなるほど、必ず方針の違いで割れる・もめるもの。統一できればそれにこしたことはないですが、円満離婚をちゃんとできるようにしておかないとダメですよね。 事情を知らないのでアレですが、なんとなく上の人が、「方針に従え!そうでなければ出てけ!」みたいな対応をとってしまったのではないでしょうか?従わなければ子供が苦しむ、孤立するのがいやなら従えというのは、子供を「人質」にとっている以外の何物でもない=脅迫ですよね、これ。まあ正確な背景を知りませんので、そういう見方で断定するのは正しくないと思うのですが、あまり聞いて気持ちのいい話ではありませんよね。 そもそも通っている生徒がそういう運営の問題で、特定の生徒が行事に参加できないなんていう目にあっているのを見たら、ひくでしょうにねぇ。仮にその親が問題ある親だとしても、親の揉め事を子供の世界に持ち込むなよ…とドンびきするんじゃないでしょうか? そういうことを保護者でやっていて、「いじめはダメだよ!」なんていっても説得力の欠片もないですよね…。それをスルーする教師も同じ。教科を教える講師としてはよくても、教育をする立場の人間としては失格になるのでは…? あと、2万円という提訴額があれですね。まあ和解で組織運営のあり方の改善を求めるからなんでしょうね。こういうことをすれば、こんだけ損失があるから、ウチもこういうことが起こらないようにしようという例の反応・学習を他の組織に期待するのとは、ちょっと違うということなんでしょうけど。保護者会は学校外ですし、学校の責任になり得ないので。まあ、あるとすれば文科省でしょうかね?交渉材料として1000万とかふっかけといて、保護者会の強硬な態度が改まれば金額をガクッと下げるとかのほうが良いのかも?法定戦術なんかよくわからないので効果あるか知りませんけど。 世の中のPTA・保護者会には似たようなトラブル・事件があるのでしょうか?なんとなく上流・上層の子が通っているところにありがちな気がしましたね。保護者会が特別に給食を提供とかあんまり聞かないですしね。あと保護者会に納得できずに、退会してその上でサービス受けようなんておかしい。それがいやなら会に従え―という筋違いのコメントがあって驚きましたね。なんでもかんでも先にある既存の組織に従えという奴隷的なメンタリティが本当に根強いんでしょうかねぇ…。 部活のおかしさについて全国的に署名運動が起こったように、保護者会の閉鎖的な運営について問われるようなことになるかもしれませんねぇ。

      10
      2
      テーマ:
  • 14 May
    • 東京五輪招致に不正疑惑

      東京オリンピック招致に買収疑惑 高まる報道不信 名指しされたJOC・電通の反応は あまりにも何も書いていなかったので、適当に目についたニュースでも更新しときたいと思います。書くほどのことでもないんですが備忘録としてね。陸上競技のトップが当時のオリンピックの委員でもあり、不正が発覚してついでに東京五輪のそれも芋づる式に発覚したということのようですね。 まあ言うまでもなく、五輪もサッカーのワールドカップも飲ませ・食わせ・抱かせの賄賂の世界。五輪の招致活動で勝った=裏金・ダーティマネーをばらまいたに決まっている。やってないと考える人のほうが少数でしょう。 シンガポールのペーパーカンパニーに「コンサルタン料」名目でお金を通して、それを要人にばらまいたんでしょうね。これまでそういうことをやってこずに招致活動に失敗してきた日本からすると成長した証でしょう。まじめにやってたら損をする、だったら不正して得をしようとするに決まっているでしょうからね。 まあ日本といえば底値をつかむ、流れを読めないバカなんて一時言われたものですが、ようやくこういう不正にメスがはいった頃に手を出したということにもなるのでしょうかね?それこそ五輪剥奪で再選定というシステムを導入でもしない限り、この問題は永久に続くわけです。むしろ今までクリーンだった五輪・ワールドカップなんて殆ど無いでしょうからね。 巨額のマネーが動くビッグビジネスチャンスでありながら、不正に罰則がない。ならば招致活動がやりたい放題になるのは当たり前ですね。 JOCとしては適切云々言ってますが、「適切に賄賂をばらまいた」ということでしょうね。このことについて散々叩いて、選挙で自民党が負けるということになるでしょうか?政治資金云々に厳しいことを考えれば、ひょっとしたら?という気もしますが、基本メディアはオリンピックで儲けたいもの、「不正で決まった五輪なんかやるな!ふざけやがって!辞退しろ!ウチは報道しないぞ!」という強行な態度で報じているところなんてないでしょう。ならば野党も追求に熱心にならないのではないでしょうか? どちらかというと、自民党というのは開発で利権に絡んで美味しい思いをする政党で、それに伴い不正を行うわけで、五輪を自民党政権にやらせたら、こういう不正よりももっとインチキなことをされるというのは想定がつくはず。東京五輪のエンブレムがどうした、球場の費用がどうした云々ありましたが、色んな利権が雪だるま式に膨らみ、コネ利権も絡んでスキャンダルが出るのは当たり前でしょう。 こういうことが嫌だ!という人は自民党に入れなければいいだけの話ですね。 まあ、いつもの自民批判はおいといて(笑)、電通が関与しているとわかったのに、日本の報道機関ではそれが報じられなかったとか。まあ、またジャニーズでの報道の歪み同様、こういうことがあるうちは健全な報道空間・報道の自由があるとはいえませんね。押し紙を整理した朝日さん、是非電通を追求してみたらいかがでしょうか?朝日再生第一弾で、電通叩きキャンペーでもやったら読者増えると思いますよ。

      15
      3
      テーマ:
  • 26 Apr
    • バドミントン裏カジノの不祥事の話

      スポーツ・武術・身体論の部屋でバドミントン桃田と清原事件の類似性、及び西本拳太選手の代表指定解除は卑怯な魔女狩り ーという話を書いたのでリンクを。本当はこっちに書くつもりの時事ネタだったのですが、話題が増えたのであっちで書きました。そういえば身体論とか全然書いてないや。ストックが秘伝のメモとかあって1ヶ月以上放置して公開していないというね。まあたまには更新しておきたいので、こっちでも書いた扱いにしようかなと。本当長々書いたので。珍しく書いたその日にこっちでもリンクを貼りました。 しかしブログページ設定めんどくさいから適当なのにしておいたら、目次をコマンドでつけたら、中見出しにリボン見たいのがついていて、ちょっとひくなぁ…。めんどくさいから変えないんですけどね。

      14
      4
      テーマ:
  • 22 Apr
    • パナマ文書でキャメロン辞任か?

      パナマ文書の流出で政治家・企業・著名人の「脱税」が発覚して世界的に話題になっています。中でも注目度が高いのが、キャメロン首相のこの疑惑でしょう。ビル・エモット氏などは、この件は大した展開に結びつくことはないと見ているようですが、どうでしょうか?(参照、「英首相辞任はない」 英エコノミスト誌元編集長に聞く ) というのも、合法であれ、「節税」であれ、「脱税」には違いない。少なくとも昨今の格差の話題に敏感な国民にとって、英首相・イギリスのトップが収めるべき税金を納めていなかったということになれば、タダでは済まないはずです。 民主主義国家において一番重い罪は、汚職でも横領でも殺人でもなんでもなく、「脱税」なわけです。政治資金問題云々で日本のように騒いでいるのではなく、「脱税」と思われることだから人々の関心が集まっているわけですね。民主主義国家は各個人の納税によって成り立っている。その納税を怠るようなことがあれば、我らが素晴らしき民主主義国家が成り立たなくなる・崩壊してしまうという共通の意識・理解があります。もし脱税をしたら、特に社会の上層にある人間がそんなことをしたらどうなるか?特別な責任/重い責任を社会の上層が果たすからこそ、国が成り立っている。その責務を放り出すようなことを果たして国民が認めるのだろうか?現にアイスランドの首相は辞任するまでに至っている。 ーとまあ、書きましたが、合法であり、金額も大したことがない。デモが発生したとはいえ、ン万人・ン十万人を動員するものでもないのならば、さほど深刻な結果にならないかもしれません。もともとクリーンな政治家ということでもあるようですしね。ただ、次の選挙では票を入れないということに繋がる可能性はあるので、注目するとしたらそちらなのでしょうか? 「脱税」=けしからん=辞めるべきーとなってもEU離脱云々を抱えている時期に、果たして首相を辞任に追い込んでしまっていいか?政治的空白を招くのが合理的なのか?という計算が働くことは十分にありえますからね。英政治に詳しいのでなんともいえません。 脱税=民主主義の原則から、英首相辞任と簡単なストーリーでまとめられれば、英がEUから離脱するよりも前に、本人が保守党から離島するほうが早いことになるなんて一体誰が思ったことか…なんていうオチで終わらせられたんですけどね。 まあ今回のことで、タックスヘイブン対策ということを世界的に取り組みましょうという話になってはいますが、そんな簡単にできるならとっくにやってるはずで、イタチごっこになるようですね。納めるべき税金がなくなれば、弱者にしわ寄せが行くのは当然。これも格差問題で重要なテーマになっていく気がしますね。 日本では政治家などは出てこなかったようですが、企業などはあるのだとか。これで企業が一気に潰れることでもならないと、タックスヘイブンのリスク・コストを考えてそれを利用するのは止めようとならないのではないでしょうか?

      14
      2
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 合同労組、埼玉の高校生がアルバイトで労働協約を締結

      埼玉の高校生が「労働協約」で対抗できた理屈 3月半ばの話ですが、書くのを忘れていて、いきなり思い出したので。高校生アルバイトがブラックアルバイト対策として、労働組合のブラックバイトユニオンを通じて会社と団体交渉をし、賃金未払いは1分単位とすることなどを含んだ労働協約を結んだという話ですね。 これにより賃金未払い500万が支払われることになったと。1分単位で計算して払うようにするのはやり過ぎだという声も上がったようですが、それは多少そう思うのですが、これまでそういう非道行為をしてきたツケなんでしょうね。ユニオンの人が、こういうことをしなかったら未払賃金500万は帰ってこなかったという事実を強調していますが、まことにそのとおりでしょう。 ちゃんと労働者に対価を払わなければ、こういうことになる。そういうことがわかって良いのではないでしょうか?労組が存在しなくても合同労組という形で、交渉ができる。今後、この合同労組というのがバイト中心の職場で広がっていくことになるのではないでしょうか? 特に民進党はこれをやって未来の票田を築かなくてはなりません。共産党に先を越されることがないように。儲けになるなら過払い金のように、弁護士がほっといても参入してくれるでしょうけど、未だ枚挙に暇がないほどこういう話を聞かないということは儲かるようなことではないのでしょう。弁護士議員が目立つ民進党さんは是非、率先して弁護士を送り込んで組織化を図るべきでしょうね。 社員が1・2人くらいで他はアルバイトばかりで回っている職場なんかはいくらでもありますから、今後このようなケースが増えていくのではないでしょうか?5年後どうなっているか、注目したいですね。

      16
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 小林よしのり、仲国人観光客は目障り発言について

      外国人観光客は目障りだ という小林よしのり氏の発言があり、案の定それに対する反発がありました(※参照小林よしのり「外国人観光客は目障り」発言への反応まとめ )。 これについて、中国人に対するレイシズムだ、ヘイトスピーチではないか?という声がやはりあったんですが、これはそうではないでしょう。 文章読むと、「マナーの悪い中国人」は目障りだと書いてある、逆に言うと、「マナーの良い中国人」なら問題ないよということです。つまり中国人なんかクズで気持ち悪いから中国人であるだけでアウト、全員日本に来るなということではないですから、レイシズムにはあたらないでしょう。 ただ、軽率な発言であることには違いが無いでしょう。「マナーの悪い」というところをもっと強調しなくてはならないですし、そうじゃなかったら是非来てよね!大歓迎だよ!ということも書いていない。レイシズム云々に敏感な昨今の流れを考えると軽率極まりないと言えるでしょう。 また観光客はそんなに大事か?景観が崩れる、高級消費地・一等地というのは空気込みで成立する。そういう空気を乱す場違いな存在は来るなという意見なのですが、これは正論とはいえ、典型的な上流社会の人間の発想ですね。 それが悪い、間違っているというわけではなく、貧乏人・観光でメシ食ってる人間から言わせれば、そんなマナーがどうこうよりも、自分たちのメシの種の方が大事。そりゃマナー良いほうが良いでしょうが、お客様第一。少なくとも小林よしのりよりも、お金を落としてくれる中国人観光客のほうが大事でしょう。 拝金主義云々の批判が氏の主張に元から強いのですが、勝者・強者の目線・発想ですよね。いかに民草を食わせるかという発想がない。あえて民草と書いたのは上流階級・階層にはそういう発想が必要不可欠だから。小林よしのりには弱者や下層階級に対するノブレス・オブリージュがない。 表現規制や薬害エイズやオウムやらで日本社会にただならぬ貢献をしてきたのは事実。しかしそれは言論人として、あくまで仕事を通じた結果。仕事とはまるで関係のないところで、下流・下層に対するそういった救済・ケアはきっとやってないんじゃないかと思います。 最近、日本に侍はいても「士」がいない。立派な個人はいても上流階級・上層として下層を助ける!というメンタリティを持った人間があまりにも少ないという話をチラッと書きましたが、そういう話もこの話と共通しているんでしょうね。 また高嶋ちさ子氏を取り上げて、上層の人間には中層・下層の人間の常識がわからない。価値観が異なって当たり前という話を書きましたが、社会の上層にいる小林よしのりの常識が我々中層・下層とことなるのは当たり前。そのことについて、あまりあーだこーだ過剰に反応するのはそもそもおかしなことだと思います。階層が違えば思想が違うのは当然ですからね。銀座とか麻布の高級寿司店で、下品な・マナーの悪い中国人観光客を目にする頻度、またそういった高級ブランド店などで目にする頻度は多いでしょう。となれば、それについて我慢ならん!と感じる頻度も多くなるわけですね。 この事について言えば、当然中国人観光客のマナーの悪さという話・テーマが残るわけです。では、マナーの悪い観光客についてどうすべきなのか?条例で罰金でもとって取り締まるのか?またそうすることでいいのか?そういうことになるのでしょうけど、個人的にどうすべきなのかということについてはなんともいえません。わかりません。 昔は日本人が金持ちになって多少似たようなことをヨーロッパでやらかしていました。それについては英語の教科書でマナーの悪いことはやめようね!という注意喚起が国家ぐるみでなされたと思うのですが、中国はどうなのか?中国人のマナーの悪さについては共産党が神経をとがらせているなんていう話を、たまに聞きますが、10年後・20年後には改善されると見ていいことなのでしょうか?(こんなのがありました。中国政府がマナー向上に本腰、中国人観光客17人をブラックリストに―中国紙 ) 花見マナーが悪いという話がありましたね。桜シーズンも”爆害” 中国人観光客の花見マナーがやっぱり問題になってた まあ花見なんて習慣無いですから、自由気ままに振る舞うでしょうからね。そもそもあんまり豊かな時代が長くないので洗練されていない、田舎マナーのまま来るからこうなるのは当然なんでしょうね。 そんなことがやはり書いてあるものがありましたね。中国人観光客のマナーはやっぱり悪い? 「爆買い」ブームの裏側 いずれにせよ時間が経ってみないとわからないですね。 また、中国人マナーが悪い!目障りだ!と言って、中国経済がダメになって、ざまあだとか、メシウマだとか言ってられないのは御存知の通り。そのようなマナーの悪い中国人がいなくなったら日本の経済もかなり冷え込み、消費税増税なんか目じゃないくらいの影響を受けるでしょう。そのことについても色々考えておかなくてはならないわけで。 少なくとも小林よしのりがレイシストだ云々で終わる話じゃないと思うんですけどね…。  

      11
      テーマ:
  • 26 Mar
    • ブログ記事更新のお知らせ(2016/02)

      2月(?)に書いたブログ記事です。告知するの忘れていました。3月分の告知もすぐ近いうちにやりたいと思います。まあ、誰か見に来るか怪しい感じがしますが。前回告知しても全然人来なかったっぽいんで(^ ^;)。まあ、あっちのオフィシャルのリンク経由アクセスのところを見ているだけなので、正確なところはわからないんですけどね。あと3回くらい書いて、反応がないっぽいなら、こういうのを書くのは止めましょうかね。 【新しく書いたもの】 過去の菅談話に見る日韓外交の「お恵み」の構造 今月の読んだ本(2015/12) 兵庫県警の「組織内殺人」を許すべからず 清原事件について、問題は覚醒剤でも刺青でもなくヤクザ 漫画の話(2016/02) リクドウの表現について+α(ゴールデンカムイとプリマックス) 今月の読んだ本(2016/01) 新釈漢文大系〈5〉荀子 上 【再掲】 【読後感想】 中国の資本主義について 【アノミー】 エヴァンゲリオンと村上春樹、あとよつばと! ヨーロッパ覇権以前:もうひとつの世界システム(下) ジャネット・L.アブー=ルゴド著 対中脅威から、韓国に竹島を譲歩して関係改善を図ることは有益なのか? 竹島放棄より、日韓同盟が外交戦略上・国益上有益になる 【洋書】 China Rising: 著David C. Kang 【洋書】 The New Silk Road: How a Rising Arab World 【自殺論とアノミー】 人類が直面する諸問題はすべてアノミーである! 書評―『日本警察の正体』『「正義」を叫ぶ者こそ疑え』 天木直人さんのさらばシリーズ 『さらば外務省』『さらば小泉純一郎』『さらば日米同盟』 小室直樹著、『日本国民に告ぐ』 一・二章 小室直樹著、『日本国民に告ぐ』 三・四・五章 小室直樹著、『日本国民に告ぐ』 六章 『私(ノンキャリア)とキャリアが外務省を腐らせました』 小林 祐武 小室直樹の中国分析、ソ連分析を応用して考える―中国経済は深刻な危機にある ソ連崩壊と比較して中国経済分析続き 歴史を鑑にすることはマルクス主義ではありえない ソ連崩壊のロジックが中国にあてはまるか比較分析 ソ連・ロシア分析から ノブレスオブリージュ   小室博士のロシア・ソ連分析② ソ連は独に敗れていた 弱いソ連こそ暴発のリスク   ロシア・ソ連分析③ 大韓航空機事件 露の欧・日への劣等感 ソ連≠共産主義モデル… 新しく書いたもの7本しかないですね。でも、再掲したものも、ちょくちょく手を加えてあるので、よろしければ覗いてやって下さい。10/10頃は小室直樹シリーズを手がけていたので、結構充実したものを書いていますね。清原事件について書いたものは一番アクセスが有りました。読んでない方がいらっしゃったらオススメです。リクドウ・ゴールデンカムイの漫画のやつは結構気合入れて書いたんですけど、伸びませんでしたね。 最近、だんだん暖かくなってきましたね。やはり3月になってくると、湿度が上がってきたんでしょう。ストーブ炊くと汗かくようになってきました。あといつもの森に行くと、虫が出てきました。啓蟄という節句(季節分類?目安だったかなんだったか?)がありますが、実際啓蟄でも虫全然見ませんでしたからね。そこから2週間位してから虫達がやる気出してくる感じですね。あと初めて、たぬきを見ました。たぬきやキジがいるらしいということは看板を見て知っていましたが、キジは見たことあったんですけど、たぬきは初めて見たのでちょっと感動しましたね。 そういえば、 2016年 3ヶ月連続で更新中 こんなのが来ましたね。あまり他所様のを見に行ってないからか、見たことないんですけど、こういうのをアメブロをやるようになったんですね。まあ、今更こんなシステム始められてもなぁ…という気がしますけど。そもそもこれをブログに載せてどう話を広げろという気もしますね。 いずれまた話をすると思いますが、はてなブックマークというものを使ってちょいちょいつぶやくようになっています。はてなブックマークユーザーがいらっしゃったら、ブックマークしていただきたいですね。 [壁]|ω・`)チラッ

      17
      3
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 浅羽裕樹先生の新聞記事へのコメント

      慰安婦問題をめぐる意外と知らない韓国人の本音 : 読売新聞 浅羽裕樹先生の新聞の分析へのコメント。短いのでまあ、こっちに一応載っけておこうかな感。 対北に使われた「不可逆」という言葉の違いが気になると前々から書いてますが、この合意ではどういう意味を持つのか。まあ「蒸し返し」の対義語みたいな軽い感じなのかな? 反日世論で染まっているとおもいきや、実際は世代別などで反発の度合いはまるで違うと。特に野党が政争の道具にしているというべきか、野党支持層には反対の意見が多い。今回の合意は問題を解決させるというトップの意志によって生まれたが、野党が政権を取れば合意は消えるリスクが高いのかも…。 最終的・不可逆という言葉は両国間の阻害要因にしないという意味だから、合意段階といえども、今後も強い力学として両国間の外交に反映するだろう。「誘導」することが可能とあるけども、日本政府がその問題解決のために韓国内のメディアに声をかけたりするのだろうか?うーん、韓国政府に任せるような気が…。日本政府に出来ることは自ずと限られて、それが出来るのは大部分において韓国政府なんじゃないかな?と思いましたが、どうなんでしょうか。

      7
      2
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 君津・祖父母殺害事件への産経の的はずれな指摘

      1月末の古い話ですが、まあなんにも更新しないよりマシなので、小ネタです。産経の?な記事へのツッコミですね。 【視線】君津・祖父母殺害の高校生は「父性なき時代」のモンスターか 社会部次長・酒井孝太郎 http://www.sankei.com/column/news/16118/clm1601180007-n1.html… これへの感想。まあバカなこと言ってますよね。父性がなければアノミーになることはあるが、全てが該当するわけではないだろうに。親は何をしていた!?―じゃなくて、こういう人間を作りだす社会の問題をまず論じなくてはならない。 または、色々彼の家族関係や地域・学校などでの状況などを取材し尽くして、結果、どうも親子関係が原因のようだと結論を持っていかなくてはならないでしょう。ろくに調べもせずにここに原因を求めて、強引に自説を展開するのは無理がありすぎる。 大体伊藤博文は貧しいといえど、下級士族ですからね。普通の教育を施される人間じゃないですからね。そんな人間を事例にあげられても…。今、そんな教育やったら普通に逆効果になるって思わないんですかねぇ? 文末に、「罪はその子にあるのではなく、両親や教師や社会にある」とありますが、その中に「報道にある」ってちゃんとつけくわえて書いてください。たまに産経に出てくるアホくさいものがカチンとくるのは、自分のことを棚に上げて上から目線で論じる無能上司に重なるからなんでしょうね、きっと。 産経はこういう記事を書く人たまーに出てきますよね。そういうひとが多いんでしょうね。国際面はいいこと書く人いるなーってイメージですけど、それ以外アレなんでしょうかね。

      12
      テーマ:
  • 21 Mar
    • Google囲碁とかAI小説とか

      圧勝「囲碁AI」が露呈した人工知能の弱点 :日本経済新聞 以前、将棋の話を書いた覚えがありますが、今度は囲碁。AlphaGoというGoogleが開発した人工知能と対決して、コンピューター側が圧勝と。プロ囲碁棋士に勝つのにはまだまだ時間がかかるのでは?と言われていたようですが、人工知能の発展のスピードが速まっているということでしょう。 それだけなら別に取り上げるまでもないのですが、言うまでもなくドローンや、自動運転などのコンピューター技術と関わってくる。人工知能の成長が早ければ早いほど、コンピューター制御による自動化という技術開発・革新は早まる。現実社会の変革に関わってきますからね。 そういう関係でソフトバンクのペッパーというロボットがあるんでしょうね。正直、あんな気持ち悪いの誰が買うんだよと思っていますが、あれが売れる・売れない別にして、ああいう分野に手を出すことで将来の人工知能関係のためになるでしょうね。まあコケても投資になる、次の次を見据えているということでしょう。あんなもんに手を出して大丈夫か…と思っていましたが、AIによる社会変革が近い将来起こりうることを考えるとちゃんと戦略があるんでしょうね。 あと、パワースーツみたいな運動をサポートするようなものにもつながってくるでしょうしね。ロボット技術は。 人工知能が小説執筆 文学賞で選考通過 ―なんていうのもありました。まあ、今の段階だと8割人間、2割がAIだとか。文学=創作ジャンルではまだまだでしょうね。というか無数の羅列・パターン判断をするだけで、果たして人を感動させるようなものができるかと言われると疑問ですよね。短歌とか俳句も、その人間あってのものですから、作品の背景・書き手のキャラがポイントなのにAIが作りましたでは意味がないでしょうね。40代男性が寂しい・切ない気持ちを、この情景に合わせて詠むとか設定を入力でもするんでしょうかね? 既存のものをなぞることは出来ても、怒りなら怒りにまつわることしか表現できない。これまで怒りを表現するもの・ことを笑いで表わされるものを使って表現した!革新的・斬新的な表現だ!みたいな、既存価値観の転換や破壊を迫るものというのが文学で最も大きいという気がするのですが、そういうのはまず無理でしょうね。 高岡さんは、「機械が作った楽曲は人をまるで感動させることがなかった。それは身体がないから。身体性のないものに芸術・創作は出来ない。コンピューターには身体がない。人を感動させる・魂を震わせるものは無理だ」ということをおっしゃってましたが、多分そうなると思いますね。 村上春樹風とか、東野圭吾風とか、その人が書くとしたら~という作品は出来ても、結局模倣・二番煎じ止まりになるんじゃないでしょうかね?むしろどちらが本人が書いたものか、読み手の審美眼を問うような時代がきそうですけどね。

      8
      テーマ:
  • 12 Mar
    • キモチ悪い役立たずでも救う物語が必要

      何も書くことないので、いつもの様にテキトーなネタを。1月半ばにやっていたラピュタを見て思ったことです。林原めぐみさんがラジオでラピュタ収録していた当時、田中真弓さん(クリリン・ルフィの中の人)が妊娠中で産まれる、といいながらアフレコをやっていたと言っていたとか。 子供を産むとき「バルス!」って言って出産したという話にすれば、持ちネタで鉄板になるな。んで生まれた子供に「波流守」って名前をつけようかどうか迷ったとかにすれば、講演で延々食っていけるだろう(笑)。 ツイッター見てて思ったけど、まあラピュタ好きが多いですよねぇ。宮崎アニメ基本的に嫌いなんで、まあ見ないですよね。何が面白いかわからないので。「もののけ姫」は大好きですけどね。コマンドーなんかはネタとして何回でも見たいというのわかりますけどね、ラピュタは全くわからんなぁ。みんな本当に見てるの?ってレベル。バルスの時だけ見てるのかな? 「空から女の子が!」の反対は、「地中からオッサン」って聞いて、吹き出したので、もう一から全部ひっくり返したホラーパロディを作って欲しい。『地中の牢獄タピュラ』とか。親方!の部分を含めたら、「使い女!地中からオッサンが続々と湧き出ているぞ!」かな?(笑)。 んでバルスのつぶやきが少なくて、バルス離れがどうしたとかそういう話がありました。そりゃ何回も普通テレビの前にいて、つぶやくことなんてしないでしょ。テレビに張り付いて実況する固定的な人が一定数いて、後は浮動票・浮動層。何回もやってりゃそりゃ飽きますよ。ツイッター出てすぐの頃に便乗するとかしないと意味がない。テレビで「バルス!しましょう」なんて煽ってたみたいですね。そういうことをしてどれくらいの影響力があるかチェックしたかったんでしょうけど、まあ流れに乗るのが遅い、ネット世論というかツイッターくらいしか知らないですけど、移り気な世論を察知できてないですよね。 で、この流れで言いたかったこと、気づいたことがありました。物語の一つのパターン、ヒロイン・お姫様の救出譚なわけですね。美しい女性を助けるという古典的パターンなわけですが、そんな中攫われたのが「かわいいお姫様」じゃないと助けに行く気がしない的なものがあって、それを見てふと思ったんですよね。 ピーチ姫はかわいいor美人だから攫われるんじゃなく、「攫われるから、美人orかわいいヒロインになる」。もう攫われる度に、自分に酔ってそう(笑)。マリオも「オレ、ヒーローだな~」って思ってて助けてますよね。 まあ悪から無実のか弱き女性を助ける!というのが、強烈な動機になるわけですよね。では、美女・お姫様じゃなかったらどうなるのか?キモくて冴えないオッサンが集団で誘拐されたらどうなのか?今の社会のメンタリティを変えるためにそういった「キモいオッサンを、ヒーロー達がめんどくさがりながらも、しぶしぶ嫌がりながらも、救出する」という作品作らないとダメだという気がしますよね。 こんなやつ助けてどうするんだっていうクズでも助ける。そうじゃないと後藤さんの時に出てきた自己責任だ!!みたいなトンチンカンな世論・空気は変わらない気がしますよね。変な自制・自粛精神を変化させるにはそういった作品が出てくるのが大事なのではないかとふと思いました。 まあ墨子なんか攻められて危機にある城を救いながら、きたねージジイあっちいけ!と追い払われるという話がありますが、それに文句ひとつ言わないみたいなね。それだけだと、墨子がカッコイイだけになっちゃうので、まわり回って結局墨子のためになったという話にして教訓譚とすべきでしょうかね。 本来の意味での情けは人のためならず―という精神が死んで社会の救助作用が働かなくなっている時代だからこそ、そういう精神を駆り立てる作品が見たいですねぇ。 ※忘れていました。それこそバス事故の際、未来のある学生が犠牲になったという視点ばかりで報道されて、行く場所のない必死で働いていたと考えられる還暦近い運転手の存在が(自己の責任があるとはいえ)まるで案じられることがなかったようなことではいけないわけですね。そりゃ未来ある若者や子供が大事に決まってますけど、普通のオッサン・おばさんがまともな環境で生きるのが難しくなっているという現状を見過ごしてはならないでしょうね。

      14
      2
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 北朝鮮の水爆などの話。今のモンスター安倍晋三を産んだのは誰か?

      更新したと思ったら忘れてました。土日には更新しておこうと思ったんですけどね。北朝鮮の話。 国連の北朝鮮制裁決議は本当に「最強」?――核・ミサイルを止められない5つの理由 ―などにあるように、制裁に実効性は殆ど無いでしょう。というかあったら核実験に踏みきれないでしょうからね。イラクやイランの時の制裁と較べて緩すぎる。段階があるのでゆるいこと自体は良いとしても、次のミサイル・核実験で確実に軍事制裁を与えられるリスクが有るレベルにまで持っていかないとダメなんですよね、本来は。 国連憲章42条では必要ならば軍事制裁をするとなっており、この42条を今回の制裁で明文化していない。ということはまあそういうことですね。あとは有志連合でやるしかない。米日韓どこにも、そういう強い意志はないですから、軍事制裁の可能性はゼロ、そりゃ北朝鮮は挑発し続けますね。 そろそろ人道支援を厳格化でもしないと行けない段階ですよね。罪のない一般人民が苦しむことになるとしても人道支援の分、軍事開発に国家予算を割り振れてしまうのですからね。 水爆だろうがなんだろうが、結局体制の保障なので、あんまり深い意味は無いでしょう。核弾道の小型化を先にやるべきだと思うのですが、違うのでしょうか?まあそういう専門的な話は軍事分野の方にお任せするとして、これによって北との関係が進展することは、まずなくなりました。 何回も言ってますけど、金正日がそうしたように、トップについて日が浅い金正恩は権力掌握手段のために、強硬外交にでます。ですから、まあ事前に予想がつ区分けですね、このような北の態度は。 安倍晋三という政治家が一躍注目されるようになったのは、北との外交での強行的な態度。拉致問題での交渉で一旦拉致された人達を返す云々という話で、そのような判断を家族たちに委ねるべきではないとしました。そもそも一旦北に返すという話・交渉過程がおかしなことでしたが、安倍晋三の決断は交渉を停滞させることになっても、国民・世論の支持を得ました。 蓮池氏が、 拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々/講談社 このような本を出して、安倍晋三は拉致問題を自身の利益のために利用したと批判しました。そして民主党の緒方林太郎氏から「拉致を使ってのし上がったのか」と国会で問いただされると、私はそんなことはしていない。嘘があったなら議員をやめるというようなことを言ったようです。 安倍氏の心情・本心として、「拉致を利用してやろうヘッヘッヘ」なんて思惑はおそらく無いでしょう。単純に国際力学・外交力学を知らないだけで、実力がないので拉致問題を解決できるわけがないのです。実力の欠如=裏切りに蓮池氏の目に映ったということでしょうね。まあ政治家・政治とは結果責任なので、当事者の蓮池氏に取って見れば、「拉致問題を利用した」ということになるのでしょうけど。 いずれにせよ、今回の北の強行な態度により、政府としては拉致問題を進めようがないので、これについて安倍晋三を叩くのは筋違いになるので、万々歳というところでしょうか。野党で「拉致問題を解決するためには軍事制裁しかない、安倍晋三は外交をわからないバカだ」という主張をする政党が出てこないかぎり、自民・安倍(当時の小泉外交)外交を糾弾されて、国民から信頼を失うということはまずありえないでしょう。 本来なら、ここで話は終わるところですが、外交への無知・無理解というのは何も自民・安倍首相に限った話ではなく、野党も同じ。当時社民党を中心とした、北の主張に賛同する・肩を持つような政党がおおっぴらに存在し、「拉致などない!」と言ったこと、同じくそのような主張を肯定していた新聞があったこと。彼らの責任もまた大きいことを我々は忘れるべきではないでしょう。 今の安倍晋三のようなモンスターを産んだのは、かのような無知・無責任な人々であるのですから、その反省無くして安倍を叩くという態度に出るならちゃんちゃらおかしい。少なくとも何故北を支持したのか、拉致はないと考えていたのかという総括をすべきでしょうね。

      14
      テーマ:
  • 02 Mar
    • おおさか維新、足立康史議員 郷原氏に暴言

      おおさか維新の足立康史議員について、以前、元秘書に「残業代払えなんてふざけるな!」という話題を取り上げました。この事自体については、足立議員に一定の理があるのですが、その物言いについては疑問がある。また何かやらかすのではないか?と書いた記憶があります。 2月24日の衆院予算委の公聴会で、公述人として出席した郷原信郎氏に対し、「専門家ではなく政治屋。予算委の場で売名行為をした」と暴言を浴びせたとのこと。これにより民主・維新両党から微罰動議を出されたと。 経緯は郷原信郎氏のブログ に書かれていたので、読んだが、甘利氏の事件、あっせん利得について、郷原氏がまさにこのケースがあたるということを話したら自民の平沢議員を中心に、山下議員、そして件の足立議員が郷原氏の陳述人としての正当性がないという攻撃に出たようですね。 自分たちの大臣が「攻撃」されたら、公平ではない!民主党の手先だ!と言い出すのはどういう神経をしているのか…。まあ自民の人は組織防衛、仲間を守るという意味でそういう行動に出たのはともかくとして、おおさか維新の足立氏が自民ベッタリの擁護を見せるというのはどういうことなのでしょうか? また足立氏は1月ごろの国会質問で安倍首相に「秋に国会を開かないで、外交をよくやった」と安倍総理におべんちゃらを使っていました。国会議員が憲法違反をして、国会を開かない内閣を、緊急性があったわけでもないのに外交をよくやった!なんていうセンスがすごいですね。国会答弁がYou tubeにありました。映像はこちら(www.youtube.com/watch?v=yJmNNXaYR8… )ご参照あれ。 臨時国会を開かなくてよかったねって本当に言ってますね。「責任野党」の名の下に安倍さんに媚を売っていく当時、なんでこんなことをするのか?とおもいきや、元官僚で行き場がない。おおさか維新も橋下さんがいなくなって、大阪でならともかく、それ以外では当選する可能性が小さい。つまり今から自民・安倍氏にこびを打ってパイプを作っておこうという算段なんでしょうね。まあいわば「偽装野党(議員)」ということでしょう。 おべんちゃらというか太鼓持ちというか、すごい良いキャラしてるなぁ(笑)と、当時見ていて思いましたが、今回の郷原さんの件で、完全にアウト・危険リスト入りですね。この人は当選させてはならない手合の議員でしょう。政治をやりたい!改革したい!というよりも生き残りたい、権力・おいしい地位にありつきたいというタイプなんでしょう。なので、こういう行動に出るとしか考えられないですね。 そうでなかったら、本当に「敵」「味方」思考で、「悪」が美しい日本を汚しにかがっているという危険な思考をしている人でしょう。まあいずれにせよアウト。残業代ふざけるなとか、腰が軽そうな人なので、多分またなんか問題発言・行動で辞職しそうな気がします―と、当時つぶやいていたら、ゲンダイに政治資金問題を取り上げられていましたね(公述人に暴言 おおさか維新・足立議員のデタラメ政治資金 )。 次の選挙に通るかどころか、辞職に追い込まれるかもしれませんね。おおさか維新の方でも早いところ彼を切らないと、イメージダウンを避けられないでしょうね。

      15
      1
      テーマ:

プロフィール

Dr.きのこる

性別:
きのこの中のきのこ、たまにぬこ
血液型:
血液型って知ってどうするの?気にする人は多分、関係持てない
自己紹介:
MMRの「問題は~による陰謀だったんだよ!」 >ΩΩΩ「な、なんだって~!」はやりません。 右・...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Dr.きのこるの部屋にようこそ。時事ニュースから情報分析と、気になった出来事・書評がメインになります。何の因果か起お越しになった方、記事を読んでコメントの一つでもつけていただければ幸いです。古い、新しく関係なくコメント歓迎です。PC上誤字・脱字が多いのは許して下しあm(_ _)m

ランキング

総合ランキング
62247 位
総合月間
63126 位
政治・経済
186 位
歴史・仏像
264 位

ランキングトップへ

CSSレイアウト

最近のコメント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。