歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

歯科医師国家試験の本格的(?)勉強サイトです。必修や衛生系、勉強方法も語ります。歯科医師国家試験対策の家庭教師・個別指導・講義・無料カウンセリングも実施します。研修医講座・進路相談など国試合格後も応援します。

NEW !
テーマ:

血液凝固因子に関する話です。

 

先日もブログで書いたとおり、

 

肉納豆はもう古い!( ゚Д゚)ゴルァ!

 

、、、と思います。

 

ビタミンK依存性凝固因子を覚えるなら

 

Ⅶ Ⅸ Ⅹ Ⅱ

 

の順番です。

 

これってねえ、、、半減期が短い順番なんですね。

 

 

では血液凝固因子に関する問題を検討してみます。

 

109A-8を見てみましょう。

 

こたえは b です。

 

まあ、クイズ的な問題です。

 

でもちょっと気をつけていただきたいのは選択肢eです。

 

Ⅱ(プロトロンビン) → Ⅱa(トロンビン)

 

に変化しますが、選択肢eの薬はⅡaに直接作用する薬物のことを言っています。

 

トロンビンに直接作用(阻害)する薬がありまして、これをトロンビン直接阻害薬といいます。

 

トロンビン直接阻害薬の一般名はダビガトランといいます。

(商品名:プラザキサ)

 

最近患者さんでも処方されている方が多くなってきましたね。

 

ダビガトランについては以前もブログで取り上げたことがありますが、血液凝固因子に関する問題は第110回でも出題されると思います。

 

血液凝固因子は生化・薬理・口腔外科で横断的に出題可能です。

最近の国試は横断的に出題されますからね。

 

要注意ですよ!

 

しっかりと理解・記憶しておきましょう。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
第110回歯科医師国家試験まで

あと193日です!





今日はエンドの話題です。

第110回国試では抜髄の術式問題(天蓋除去とか、リーマー、ファイルのISO規格とか)もあやしいですよね。

さて、今回は抜髄後の自発痛について考えます。

「歯の神経を抜いたのに、なんで痛みが出るのだろう(´・ω・`)」

と患者さんは感じるようです。
患者さんからの信頼を失う原因となる非常に嫌なケースです。

抜髄後に生じる自発痛の原因は、

1、残髄
2、リーマー・ファイルの根尖孔からの突き出しによる歯根膜炎
3、咬合起因による歯根膜炎


以上の3点が考えられます。

以下コメントしていきますね!

1、残髄がある場合には、残存している歯髄組織が感染することで、自発痛が生じることがあります。
この場合には、浸潤麻酔をして、歯髄組織を除去して根管内を注意深く洗浄します。
(症状によっては、抗菌薬とNSAIDsを投薬することもあります。)


2、根尖孔からの突き出しで歯根膜炎が起こり、自発痛が生じることがあります。

この場合には、拡大せずに、根管内を念入りに洗浄することで対処します。

根尖孔からの突き出しの場合には、抗菌薬とNSAIDsを投薬した方がよいです。


3、抜髄操作をした場合には、歯根膜に物理的な刺激が加わるので、歯根膜に軽度の炎症が生じています。
そこで、抜髄した歯に刺激が加わらないようにするために、咬合を落として、咬合圧がかからないようにすることが必要です。

咬合を落とさない場合には、咬合圧が原因となって、自発痛が生じることがあります。

咬合圧が原因で自発痛が生じた場合には、抜髄した歯を削合して、咬合圧がかからないようにします。

あと、抗菌薬とNSAIDsを投薬すると、痛みが早く消失することが多いです。

(注)上記1~3が複合的になっていることもあります)



2のシチュエーションでは、根尖孔を破壊していることも考えられるので、予後が悪くなる場合があります。

以前も書きましたが、根管長測定をしっかり行い、作業長の設定をきちんと設定することが大事です。

作業長の設定をきちんとすることで、根尖孔の破壊や器具の突き出しを防止することができるからです。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

dentalkokushiです。

ポケモンGOが大流行中です。

調べたところ、ピカチュウには歯があるようです。

もしかしたら、齲蝕や歯周疾患があるかもしれません。

ちょっと心配です(´・ω・`)ノ

でもピカチュウは動物(?)だから、獣医師が治療をするべきで、歯科医師が治療をしてはいけないのかもしれません。
気になるところです。


えー、話題を変えますw


今の国試は過去問だけでは合格できません。

でも、過去問は国試の貴重な貴重なエッセンスなんです。
したがって、合格のためには過去問を検討することが必須です。

んで、

過去問を検討する際には、

・選択肢ひとつひとつの意味の検討

・問題のパッケージとしての検討

の2つの視点が必要です。

「この問題の特別なシチュエーションだから、この選択肢が解答として選択される」ということがあるのです。

状況が多少変化しただけで、解答が変化する(解答にならなくなる)ということがあるわけです。

国試の過去問解説集には、このような視点で解説されていることがほとんどありませんが、上記2つの視点を考えながら検討しないと、点数に結びつきません。

受験回数が多い方は、

なんでこんなに勉強しているのに合格できないのだろう・・・

と思っている方もいるでしょう。


ちょっとした方向性のズレが結果に結びつかないということがあります。

合格者が無意識に実行していることは、表面に出てこないのです。
( ↑ ここ、かなり重要です。)

当たり前の視点・当たり前の知識は当たり前過ぎて誰も言ってくれないのです。
私dentalkokushiが言うところの「ドーナツのど真ん中」の部分です。

合格できないのは知識が足りないせいだと思って、どんどんマニアックな知識を覚えると知識のドーナツ化現象を招きます。

合格できない理由は、ちょっとした視点・ちょっとした知識が不足しているせいなのかもしれません。

あとはちょっとした論理的な思考でしょうか。
これって、意外と重要だと思います。

このあたりは国試勉強のノウハウです。

私dentalkokushiが主宰している「スパルタゼミ」では選択肢の切り方、問題文の読み方などのノウハウの伝授、過去問集の解説の補足を行って総合的な受験指導を実施しています。
汎用性のある実力を身につけていただくために、全体像を重視した学習、ロジックを重視した指導を実施しています。

あ、ゴロ合わせ嫌いです(笑)
私dentalkokushiが語呂合わせが嫌いな理由は、、、考えなくなるからですよ。

あとテクニック(笑)って言葉も嫌い。
抽象的で意味不明だからです。

というわけで、ちょっとだけ言っておくと血液凝固因子の「肉納豆」はもうやめた方がいいような。

覚えるなら、医学的に意味がある

Ⅶ Ⅸ Ⅹ Ⅱ

の順番で覚えましょう。

語呂合わせ嫌いだけど、あえていうなら(笑)

なくとにー

なくとにゃー

かなw

猫が鳴いている場面を想像してくださいませ。

なんで、この順番がよいのか、、、、理由は長くなるので書かないw

続きは「スパルタゼミ」で(笑)

受講生の方は今度の授業の際に聞いてくださいまし ヽ( ・∀・)ノ




・「スパルタゼミ」(歯科医師国家試験対策の個別指導・家庭教師)&に関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。

・歯科医師国家試験の勉強方法に関する無料カウンセリングは随時実施しています!

・執筆、集団講義のご依頼、出張でのご指導、現役生のご指導も承っております。

perico-endo ★ memoad.jp
(★をアットマークにして送信してください)



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはdentalkokushiです。

近くにポケモンがいるそうです

・・・・(´・ω・)???

ポケモンGOの話でした。

早速インストールしてみましたw


・・・・すみません、話題変えます(´・ω・`)ノ


おとといの20日にフラックスの横断整理に関する記事をアップしました。
ちょっと補足をしておきますね。

ホウ砂は、、、、寒天印象材にも含まれますね。

(注)寒天印象材に添加されているホウ砂は寒天印象材の強度を向上させる目的があります。
したがって、寒天印象材に含まれるホウ砂をフラックスと呼ぶことは適切ではありません。
フラックスとは物質を融解しやすくするために添加される物質の総称だからです。
でも、一緒に扱った方が整理ができて、記憶に残りやすいと思いますので、補足しました。


寒天印象材に含まれるホウ砂はわずか0.2%程度なので、微量です。

あ、付け足しをしておくと、ホウ砂は石膏の硬化を遅延させる物質です。
ホウ砂は石膏の硬化遅延材でもありますね。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

第110回歯科医師国家試験まで

あと199日です!

200日切りましたよー

心身ともに健康に頑張っていきましょう。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!


勉強のコツ
っていろいろありますが。。。。

基本的には

1、繰り返しやること→単純暗記系はこれしかないです。でも、今の歯科医師国家試験では単純暗記で解答できる問題が減少しています。したがって、「繰り返しやる」だけでは通用しないことが多いわけです。


2、教えてもらうこと→誰かにコメントしてもらうことで、自分が気が付かなかった「新発見」があったりします。他人に言われると教科書やテキストの文章が浮かび上がって見えることってないですか??

教えてもらった方が勉強のポイントもノウハウも早く簡単にわかるので、国試合格の近道だったりする
わけです。(時間短縮のため)

でも、教えてもらうためには時間とお金がかかります。
ここは費用対効果をどのように考えるか、、という価値判断が影響します。


3、横断的に整理して理解すること→知識がぶつ切りになると、頭に入りづらくなります。知識を横断的に整理すると理解しやすくなって、結果的に記憶に残りやすくなります。

日頃の勉強でも知識を横断的に整理することをこころがけるとよいと思います。

パソコン(ワードかな?)にメモ書きを残しておいて、定期的に特定の単語で「検索」を書けると同じ単語がかぶっているところが炙りだされますよね。
パソコンを使ったほうが横断整理しやすいです。

今の歯科医師国家試験では横断的に問題が作成されることが多くなっているので、知識をぶつぎりにしないように整理することが重要です。

特に最近の衛生系の出題は横断的に聞いてくる問題が増加しています。

インプラントに関する問題も横断的に聞いていますよね。

私dentalkokushiは受講生の皆様に横断的に理解していただくように、工夫した授業をするようにしています。


というわけで、、、、今回は意外と忘れがちなフラックスについて横断整理してみます!

①鋳造時に用いるフラックス
   ↓
溶湯の表面を被覆して酸化を防止する。金属酸化物の吸収・除去をする。
使用する合金の種類に合わせてフラックスを変える必要があります。
金合金、金銀パラジウム合金ではホウ砂を使います。
公的医療保険のクラウン、ブリッジ、インレーをメタルで作成する場合には、金銀パラジウム合金を使用するのが普通なので必然的にホウ砂を使用することが多くなるわけです。

ホウ砂以外のフラックスもありえます。
銀合金ではホウフッ化カリウムやフッ化カリウム、塩化カリウムを使います。
(ここでフッ化物が登場するんですね!)

あ、フラックスの溶融点は使用する合金の溶融点よりも低くなければなりませんね。

②ろう付けで使うフラックス
  ↓
基本的に①と同じで、酸化防止です。
あとは、ろうの母合金に対する流動性をよくするために酸化被膜の除去をして、ろうの表面張力を小さくする目的もあります。
ようするに、「ぬれ」をよくするということです。

ろう付けで使うフラックスはホウ砂やフッ化物があります。
フッ化物を使うのは、コバルトクロム合金やニッケルクロム合金などの酸化物が安定していて除去が難しい合金で使います。
(理由:フッ化物は腐食性が高いから、酸化物除去に有効)

クロムがポイントですね。

ちなみに

アンチフラックスとは。。。

ろうが不必要な場所に流れないようにするものです。
黒鉛を使いますね。


③陶材に含まれているフラックス
歯科用陶材にはフラックスが含まれています。
この理由は、陶材の焼成温度を下げるためです。

あたりまえですが、メタルフレームの鋳造後に陶材を盛っていくわけなので、陶材の焼成温度は合金の溶融点よりも低くなければなりませんね!

陶材にフラックスをまぜて、陶材の焼成温度を下げているわけです。





 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。