ころころラボ通信☆ころころ歯ぶらし

TVCMや新聞広告で大人気の「ころころ歯ぶらし」

歯と歯ぐきに関する知識やエクササイズ。
また「ころころ歯ぶらし」の使い方や交換時期など
お口の健康を保つ情報を京都やまちやのころラボスタッフよりお届けします☆


テーマ:
昨日に引き続き、
今日は「怖い歯周病は歯磨きで予防」についてお届けします。



昨日の、
正しい歯ブラシを選ぶことの重要性
については↑をクリックしてください\(^O^)/




ころラボBlogでも何度もお教えしている、
「プラーク」

プラークはもう何かご存知ですよね?

口の中には常に300~500種類ほどの
細菌が住んでいるのですが、
歯磨きが十分でないとそれらの細菌が
歯の表面に付きプラーク(歯垢)となります。


歯周病は、このプラーク内の細菌が増殖して
歯肉周辺に炎症を起こし、
最終的には歯を支える骨も溶かしてしまう
怖い病気です。





プラークは細菌を増殖するだけではなく
放置すると石灰化して、
歯磨きでは落とせない歯石となってしまいます。

歯周病は出血や口臭などを引き起こし、
最終的には歯が抜け落ちてしまうだけではなく
全身に影響を及ぼすので予防・治療が大切です。

最近の研究結果では、
歯周病細菌は
全身の疾患と関係がある
ことがわかってきました。


≪糖尿病≫
歯周病の炎症が血糖をコントロールする
ホルモン・インスリンの機能を低下し、
糖尿病を悪化させます。


≪冠動脈心疾患≫

歯周病の炎症は動脈硬化を進ませたり、
歯周病菌が心臓に運ばれ
細菌性心内膜症になる恐れもあるのです。


≪肺炎≫
食べ物や飲み物が誤って気管支に入った時、
一緒に歯周病菌が気管支から肺に侵入し
肺炎を引き起こすこともあります。


≪早期低体重児出産≫
母親が歯周病をわずらっていると、
血液中に入った歯周病菌が胎盤を刺激し、
胎児の成長を妨げることも判明しているのです。






歯周病を予防・改善するためには
自分に合った歯ブラシを選び、
毎日、毎食後の歯ブラシを行うことが大切です!!



どうでしたか?
歯周病は現代病の一つとまで言われています。

このBlogを読んでいるあなた様は本当に大丈夫ですか?

不安だな~と思ったら今からでも遅くありません!
「ころころ歯ぶらし」で歯周病予防対策を♪


少しでもこのBlogを読んで皆様のお口トラブルがなくなれば
ころラボスタッフは嬉しい限りです\(^O^)/

明日7月ラストの日は、
「自分に合った歯ブラシの選び方」についてお伝えいたします。



※最近増えています!!
 「ころころ歯ぶらし」の類似品には
   くれぐれもご注意くださいビックリマーク




 


京都やまちや
なたまめ茶・薬用 なたまめ柿渋歯磨き・ころころ歯ぶらしのご注文はこちら
URL:http://www.yamachiya.co.jp/
フリーダイヤル:0120-21-8018


京都やまちやのFacebookはコチラ ‼︎
「いいねグッド!」お願いします。
URL:https://www.facebook.com
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。