千里眼

テーマ:

近所なのでこの店舗の前の道はよく通るんですが、

 

ここ5年くらいでその店舗はラーメン屋が入ってはつぶれ

 

(短かったお店はおそらく半年ももたなかったと思います)、

 

私が知っている限り、4店舗のラーメン店がつぶれていったはずです。

 

そんな鬼門のテナントに入ったお店が、「千里眼」。

 


okamoooさんのブログ を見て、興味を引いたので行ってみました。

 

こちらのお店は完全に「ラーメン二郎」インスパイア系です。

 

 


東京グルメの戯言
 


ラーメンにトッピングは「にんにく・カラメ・辛揚げ」にしました。

  

これでも野菜増しにはしてないのですが、普通でも野菜は多めです。

 

麺は当然極太ですが、本家二郎よりも食べやすく感じました。


「辛揚げ」ってのがおそらくこの店のオリジナル。

 

揚げ玉に唐辛子がかかっているのでしょうか。 

 

麺といっしょに食べるとピリッとパンチが効いてアクセントになってます。 

 

スープもなかなかよいですね。

 

 

最近二郎フリークな私なんですが、近所にこんなお店ができたのは

 

うれしい限りです。

 

潰れずに是非長~くやっていてほしいものです。

 

 

 

 

店名  千里眼

住所  目黒区駒場4-6-8 佐藤ビル 1F

TEL  03-3481-5773

時間  11:30-14:30  17:00-22:00(火曜~土曜) 

     11:30-14:30  17:00-21:00(日・祝日)

定休日 月曜日

 


 

 


 


AD

萬鳥

浅草に行きました。

 

夜の浅草に行ったのは初めてですね。

 

 

浅草に行ったら行ってみたかったお店が「萬鳥」。

 

他にも行きたいお店があったけど、浅草に引っ越した方の引っ越し祝い

 

を兼ねて伺いました。

 

 

フレンチ出身の方がやっている焼鳥屋さん。

 

メニューにもビストロの要素がたっぷりあります。

 

鳥レバーのパテとかいろいろ。

 

 

焼鳥はブレス産若鳥とかホロホロ鳥とかフランスの鴨とか・・・・

 

洋物鳥のオンパレードですね。 もちろん伊達鳥とか国産もありましたが。

 

 

ジビエももうすぐ終わりの時期ですが、うまいことありつけました。

 

「山ハトの焼鳥」はお肉にしっかりと味があってジューシー。

 

ワインもリーズナブルな面白いのを飲ませてもらいました。


〆の「ささみの漬け丼」が旨かったなー。 


 

大阪にいた時通っていた都島の「うずら屋」って焼鳥屋もこんな感じの


お店だったので、思い出しました。

 



東京グルメの戯言

↑はトイレの壁紙の写真。

 

指までさされ見つめられて恥ずかしい(笑)。

 

 

浅草に来たらまた行ってみたいお店です。

 

 

 

 

店名  萬鳥 浅草本店

住所  東京都台東区西浅草2-2-13

TEL  03-3845-4430

時間  17:00-23:30

定休日 水曜日



 




AD

カーサベッキア

テーマ:

ランチでは何度か訪問してましたが、 

 

夜は初めて。 久々一人イタリアンしてしまいました。

 

代々木上原の「カーサ ベッキア」。

 


東京グルメの戯言
 

 

前菜とパスタとメインとデザートの4800円のコースに「ニンニクと

 

生ハムのスープ」を追加して。

 

 

前菜は「ホワイトアスパラのソテー」。

 

もうホワイトアスパラですか!? 季節の変わり目を感じますね。

 

 

パスタは手打ちのものを。

 

「黒トリュフ風味のチーズと鶏レバーのペーストを詰めたラビオリ

 

ポルチーニのソース」。
 

これはグラスでいただいた白ワインにも合っていておいしかったです。

 

 

スープは熱すぎて口の中が少しやけどしてしまいました(泣)。

 

 

メインは「鹿肉のソテー ラズベリーソース」。

 

これはちょっとビミョー。 火入れが強すぎて焼きすぎのような・・・

 

 

お客さんも地元の方が多そうな雰囲気で、しっかり地元に根付いている

 

だなあと思いました。

 

 

もうひとつ残念だったのはグラスワインの値付け。

 

お料理のお値段に比べるとちょっと高いかも!?

 

 

ちょっと期待しすぎた感があるので肩すかしを食らった気はしますが、 

 

雰囲気も含めフレンドリーでほっこりするお店ですね。


 

わざわざ遠方から来るほどでもないけど、地元にあったらたまに

 

寄りたくなるお店ですね。(って代々木上原歴6年目な私は初めてでしたが汗2) 

 

 

 

店名  カーサベッキア

住所  渋谷区代々木上原渋谷区上原1-34-10

TEL  03-3468-4280

時間  11:30-14:00  17:00-22:00

定休日 月曜日

 


AD

青空

テーマ:

銀座の寿司屋連発です(汗)。

 

1年半ぶりに電話がかかって来た方が、

 

「銀座の青空の予約が取れたので行きませんか?」

 

というお誘いがあり、行ってきました。

 


東京グルメの戯言
 

写真汚くてすいません。

 

  

あの「すきやばし次郎」で修行されて、若干33歳で8丁目で

 

独立をされて、丸3年。

 


銀座の若手のお寿司屋さんでは今一番勢いのあるお店では

 

ないでしょうか!?

 


おまかせの握りで。

 

 

まず目を惹いたのが、大将のお寿司を握っている姿の美しさ。

 

男前でもあるので、歌舞伎役者の方がお寿司を握っているよう。

 

背筋が伸びて凛としたその姿に惚れ惚れしてしまいました。

 


おいしかったのは車エビとカスゴですかね。

 

マグロもいいものを使ってます。

 

めちゃくちゃ感動ってのはなかったけど、お寿司を出すタイミングや

 

リズム感は絶妙でした。

 

 

握り15~6貫とビール1杯と熱燗2合でお勘定は18000円。

 

 

この場所でこれはCPいいですね。

 

 

さすがにまた来たいお店です。

 

やはり銀座のレベルは高い!!

 

 

 

 

店名  青空

住所  中央区銀座8-5-8 銀座かわばたビル 3F

TEL  03-3573-1144

時間  17:00-24:00(平日) 17:00-22:30(土曜)

定休日 日曜・祝日

 



 


鮨 青木

テーマ:


東京グルメの戯言
 


またまた寿司屋開拓。

 

先日行った「くろ寿」さんの2軒となりのビルにある、

 

有名な「鮨 青木」に行ってきました。

 

 

最初のご挨拶は、「いらっしゃいまし~。」と、老舗な感じですね。

 

長~い白木のカウンターは圧巻です。 


おまかせで。

 

つまみは一皿に三種、蒸しあわび、カキ、イカの印籠詰め。

 

どれも江戸前の仕事。 満足なスタートです。

 

 

握りはちょっと大きめのシャリとネタのバランスが最高ですし、

 

これぞ握りの技術でしょうか、シャリの具合がとてもよいです。

 

たまたまお客がはけてラッキーだったようで、すべてお弟子さん

 

ではなく、大将の握りだったからかもしれません。

 

ネタはトロの質がすごくよかったと思いました。

 

あと赤貝もよかったなあ~。

 

 

お寿司は握りの技術の差が如実に出るんだなあってことを改めて

 

思い知らされた夜でした。

 

 

 

 

店名  鮨 青木

住所  中央区銀座6-7-4 銀座タカハシビル 2F

TEL  03-3289-1044

時間  12:00-14:00 17:00-22:00(月~金) 

 17:00-21:00(土日) 

定休日 年末・年始 ゴールデンウィーク



くろ寿

テーマ:

新年最初の寿司屋開拓。

 

銀座6丁目の「くろ寿」さんへ行ってきました。

 



東京グルメの戯言

 

予約もしないで、飛び込みで入りましたが、温かく迎えてくれた。

 

おまかせで。

 

 

つけ台とお客様側のカウンターがフラットで仕切るものが

 

ないので、すごく大将が近く感じる。

 

 

お料理と握りが不規則に代わる代わる出てきた。

 

 

シャリは固めで小ぶりなお寿司です。 あまり特長はないですね。

 

サヨリがよかったです。

 

 

大将はお若い方ですが、銀座っぽくない雰囲気というか(失礼!)、

 

甲高くよく笑う方です。 銀座にはあまりいないフレンドリーな方だと

 

思います。

 

 

そして、「これはまだ試作品なんですが・・・」と出してくれたのが、

 

いなりの握り。  袋にシャリを詰めるのではなく、完全に握って。

 

これはちょっといなりをつまみたいときにはちょうどいいサイズ。

 

 

気に入ったので、おみやで握ってもらいました。

 

 

お会計はビール小瓶1本と熱燗2本とお土産まで入れて、

 

15000円と銀座ではかなりリーズナブルなお値段ですね。

 

 

ちょっと応援したくなるお店でした。

 

 

 

 

店名  くろ寿

住所  中央区銀座6-7-6 西六ビル2F

TEL  03-3571-4196

時間  11:30-14:00  18:00-22:30

定休日 日曜・祝日


すっぽん 田一

テーマ:

新宿の夜へ。

 

南口から少し歩いた「すっぽん 田一」というお店に。

 

 


東京グルメの戯言
 

 

高級食材のすっぽんをえらくリーズナブルに提供してくれるお店。

 

先付から雑炊まで8品でなんと!! 7140円 のコース。

 

すっぽんは佐賀産の「はがくれすっぽん」らしいですが、

 

これはよく知りません(汗)。一般的にすっぽんは愛知が有名ですよね。

 

 

すっぽんの丸鍋ももちろんありますが、やはりちょっと量は少なめ。

 

すっぽんのジュレをかけたパスタとか一風変わった料理もあり、


すっぽんの出汁のおでんとかもあり・・・

 

 

いろいろ工夫してこの値段で提供しているところに価値があると

 

思います。

 

すっぽん入門編にはおもしろいお店ではないでしょうか!?

 

 

 

 

店名  すっぽん 田一

住所  渋谷区代々木2-15-12 クランツ南新宿1F

TEL  03-5304-0939

時間  11:30-14:00 18:00-22:30 (月~金)

     17:00-22:00(土・日・祝日)

定休日 無休





熊吉 渋谷店

テーマ:

小学校時代の友達と新年会。

 

というわけで、私のセレクトしたお店は「熊吉 渋谷店」。

 

 

代々木八幡の本店が良かったので、こちらに行ってみました。

 


東京グルメの戯言
 


熊本料理が中心のお店。

 

馬のレバ刺しが新鮮旨い!! 

 

あとは定番「からしレンコン」やら、桜ユッケやら。

 

 

昔話で盛り上がり、終電逃してしまった(泣)。

 

駅からちょっと遠いけど、ディープな渋谷エリアですよね、

 

この辺りは。 探索し甲斐がありそうです。

 

 

 

店名  熊吉 渋谷店 

住所  渋谷区宇田川町41-28 茂木ビル 2F

TEL  03-3463-0050

時間  17:00-1:00(月~金)  17:00-24:00(土・日・祝日)

定休日 無休

 

 

 

 


王十里

テーマ:

銀座で焼肉店開拓。

 

今回は「王十里」へ行ってきました。

 

 

店員さんは日本語がいまひとつおぼつかない韓国の方ばかり。 

 

でも店内はほぼ満席でどの席も盛り上がっております。

 

 

そして名物(らしい)、特製ホルモンをオーダー。

 

こちらは最初にオーダーしたら追加はできない代物。

 

理由はわからないけど、人数分オーダー。(ついでにミノも)。

 



東京グルメの戯言
 

 

網のまわりに焼いているのが「ホルモン」で中心の方が「ミノ」。

 

ひとつひとつが巨大です!!

 

これらを店員さんがすべて焼いてくれます。

 

これは新鮮で旨いし、店員さんの焼き方が焼きすぎず、レアすぎず、


絶妙でした。 インパクトありますねー。

 

 

あとの特上カルビとかは普通においしい。特にインパクトはありません。

 

 

 

お値段はまあ高くもなく安くもなく。 一人8000円くらいですか。

 

 

ホルモンだけを目当てにまた来たいですね。

 

 

 

 

店名  王十里

住所  中央区銀座4-8-11 善隣ビル1F

TEL  03-3536-5866

時間  17:00-24:30(月~金)  17:00-23:00(土・祝日)

定休日 日曜日


 


めずらしく映画の話を

テーマ:

海外旅行の行き帰りの飛行機の中で4本の映画を見ました。


 

パブリック・エネミー


個人的に好きな映画です。マイケル・マン監督らしい作品でした。

ジョーニー・デップはハマり役だと思います。

 


サロゲート」


日本はこれから公開みたいですね。 ブルース・ウィルス

のズラがキモかった。いかにもハリウッド的映画で個人的

に好きになれない作品です。

 


引き出しの中のラブレター


唯一の邦画。 不覚にも泣いてしまいました。

仲代達矢が好演。 「フットボールアワー」の

岩尾の九州弁はいただけなかったが、なかなか

いい味出してました。 個人的に中島知子の演技は好きでないなあ、どのドラマも。



THIS IS IT


マイケル・ジャクソンのプロフェッショナリズムと完璧主義ぶりは脱帽。

またスタッフに対する腰の低さも意外ってか!?

マイケルをリアルに知らない世代はこの作品を見て どう思うんだろう??