1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-22 01:54:15

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

テーマ:政治経済

2月22日

いまだに、

国の借金は約1000兆円!

国民一人当たりにすると約830万円!

と言うくそインチキなことが、

あたかも常識かのような話となり、

緊縮財政や消費増税が国是と言うインチキ情報には終始一貫反対の立場を取り、

政治経済の記事を時々更新しています。

 

本屋でたまたまストレイトなタイトルの本を見つけました。

アマゾンのこの本の紹介を転載します。

内容紹介

「日本のネットベースの国債は200兆円以下」「国には借金はあるが金融資産が大半の600兆円以上の資産を持つ」……なんでこんな常識を、新聞やテレビは伝えないのか?
田中角栄の金脈問題では、立花隆氏がそれを解明した業績に対し、「そんなことは、みんな知っていた」と言い放った大マスコミの記者たち……消費税増税や金融緩和では、財務省や日銀の思惑を忖度して「ヨイショ記事」ばかりを書いてきた。なぜ「官報複合体」は、かくも強固に結束しているのか?
税率さえ上げれば税収が下がっても気にしない財務省に支配された大マスコミが日本経済をダメに見せている……そのカラクリを全て満天下に!

内容(「BOOK」データベースより)

財務省のHPに載る700兆円の政府資産は一体、誰の物なのか!?33のQ&Aでスッキリわかる日本の実力。それを隠し続けてきたセコ過ぎる理由も!

著者について

上念 司
上念司(じょうねん・つかさ)
1969年、東京都に生まれる。中央大学法学部法律学科卒業。大学時代は弁論部の辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーに勤務したあと独立。2007年、勝間和代氏と「株式会社監査と分析」を設立し、取締役・共同事業パートナーに就任。2011年の東日本大震災に際しては勝間氏と共に「デフレ脱却国民会議」を設立し、事務局長に就任。震災対策として震災国債を日本銀行の買いオペ対象とすることを要求。白川方明総裁までの日本銀行の政策を強く批判してきた。また、2013年5月の参議院予算委員会で開かれた公聴会では、「私たちが一番恐れるべきはデフレだ。アベノミクスの第1の矢は極めて正しい」と発言した。
著書には、『デフレと円高の何が「悪」か』 『「日銀貴族」が国を滅ぼす』 (以上、光文社新書)、『日本再生を妨げる 売国経済論の正体』 『全国民必読 経済ニュースのウソを見抜け!』 『ユーロ危機で日本は復活する!』 『異次元緩和の先にあるとてつもない日本』(以上、徳間書店)、『経済で読み解く大東亜戦争』『経済で読み解く明治維新』(以上、ベストセラーズ)などがある

 

この話題で最近もう1冊読んだのは次の本です。

 

とにかく、私のようなバカでも、

日本の財政破たん論は嘘だっていうことが分かります。

まだデフレを脱却したとは言えない状況下で、

経済も景気も国民生活にも悪影響を与える消費増税や緊縮財政を進めることなど、

あり得ないにもかかわらず、

日本財政は破たん!破綻!・・・・と流す!流す!嘘インチキを・・・・

仕事上の、また保身のためのポジショントークだと思いますが、

ここまでの状況がなぜ終始一貫続くのかは??????

 

野党だって、

このようなインチキ財政破たん論に正面切って反対すれば、

まだしも浮上する可能性もあるのに、

第一野党の民進党だって、

民主党政権時代に消費増税を決めて、

緊縮財政まっしぐらだったんだから、

まさにびっくりガーングラサンえーんびっくりガーングラサンえーん!!!!!!

2014年消費増税した安倍政権の大失政を叩けないんだからショボーンムキーショボーンムキーショボーン

 

消費増税関連記事をご一読ください。

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017/2/21

「消費増税ショックで「日本の貧困化」が進行しています。」
From 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

日本経済にも「春」が訪れてきているような記事も配信されている今日この頃ですが…

 
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13071030X10C17A2EN2000/
客観的なマクロ経済データを踏まえれば、決して「楽観」できない状況にあることが明確に見えて参ります。

もちろん日本経済は、2013年のアベノミクスの第二の矢である10兆円補正予算の執行によって確かに「成長」することができました。2013年には名目1.7%、実質2.0%の成長率(暦年)が記録され、物価も確かに下落傾向から上昇傾向へと転じました。

しかし、2014年4月の消費増税が、そんな日本経済に大きな「冷や水」を浴びせかけます。消費増税によって消費が冷え込むと同時に、世帯収入も低迷、結果、成長率が大きく低迷していくことになります。

・・・とはいえ、昨年2016年の成長率を確認すると、名目1.0%、実質1.3%と、かつてよりは低い水準ではありますが、未だに成長しているように「見えて」います。

しかし、これにはトリックが隠されています。

そもそもGDPは、内需と外需(純輸出)の合計で表されます。その「サイズ」でいえば、外需のサイズは全体の1.3%にしかすぎません。つまり、その大半が「内需GDP」なのです。

で、この「内需GDP」に着目すると、10兆円の補正予算が行われた2013年の成長率は、名目も実質も2.4%であった一方、昨年2016年の成長率は実質で0.5%にまで低迷しているのです。

そしてなんと、名目でいえば、-0.04%と「マイナス成長」に陥ってしまっているのです!

こうした内需GDPの「マイナス成長」をもたらしたのはもちろん、2014年の消費税増税。

ついてはコチラのグラフをご覧ください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=983916955042581&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=3

このグラフは、2011年から今日までの四半期毎の内需GDPの成長率を(外需も合わせたトータルのGDPの成長率:青点線と一緒に)表したものです。

ご覧の様に、アベノミクスが始められた2013年から、内需GDP成長率は少しずつ上昇していきます。

そして、消費増税直前の2014年1-3月期には、実に4%を超える成長率を記録します。

しかし、消費増税が導入されて以降、内需成長率は着実に低下していきます。そして、昨年2016年に突入してからはほぼ0成長の領域に突入し、4-5月期、7-9月期は、「マイナス成長」に至ることになります。

こうして、2016年の内需GDPは、トータルとして「マイナス成長」を記録することになったのです。

こんなに低い内需GDP成長率が継続しているのは、民主党政権下で東日本大震災が起こった2013年の第一四半期から第三四半期の頃ぶりのこと。

つまり、今の日本経済は、「東日本大震災クラスの経済被害を被った状況」とほぼ同様の状況にある、という次第です。

繰り返しますが、その背景には、消費増税によって消費が大きく冷え込んでしまった、という事実があります。

ただし、人間は食べないと生きていけません。

したがって、消費が冷え込んだとしても、「食費」だけは大きく減らすことはできません。だから私たちは、消費増税以降、食費を削る代わりに「食費以外」の消費を縮小せざるを得なくなるのです。

そうなると必然的に上昇するのが「エンゲル係数」(出費に占める食費支出の割合)。

こちらのグラフをご覧ください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=982123588555251&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=3

ご覧の様に、消費増税が行われた2014年4月以降、我が国のエンゲル係数は、尋常でないスピードで急速に上昇しているのです!

言うまでもなく、エンゲル係数は、その国の国民の貧困さのレベルを表すものであり、したがって、発展途上国か先進国かによって大きく異なるものです。

エンゲル係数は国民の貧困さが高い発展途上国は必然的に高く、裕福な国民が多い先進国では低いのです。

この点を加味すると、このデータは、我が国は今、消費増税以降、急速に「貧困化」が進んでいるという事を示しています。つまり、消費増税が我が国の「後進国化」をもたらしている、という次第です。

冒頭で引用したような「楽観論」がどうやらわが国には存在しているようなのですが、以上のデータを踏まえるなら、わが国は決して楽観できるような状況ではないのです。

こうした客観的な事実に基づいた、適切かつ大胆な経済政策が展開されんことを、心から祈念したいと思います。

PS.「適切かつ大胆な経済政策」の具体的な中身については、コチラを是非、ご参照ください。

https://goo.gl/xkQukg

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-21 01:49:30

ファクタリングのご質問、ご案内のための面談

テーマ:資金調達

2月21日

このブログでもお伝えしましたが、

最近、ご利用されるかどうか検討段階のお客様に対する、

説明会的な面談をよくさせていただいています。

なぜなら、以前と比較すれば認知度が高まってきたとは思いますが、

まだまだファクタリングによる資金調達について、

お客様にご理解いただいていないことが多いからです。

このため誤解や誤った利用方法、

あるいは利用してはいけない、

ファクタリング会社と言いながら実態はヤミ金の見分け方など、

ファクタリングの正しいご利用をご案内させていただく面談を、

時間が許す限り行わせていただいています。

 

・リスケしているけど利用できるの?

・税金の滞納があるけど利用できるの?

・今ある売掛金で本当にファクタリングできるの?

・ファクタリングでどのぐらいの金額の資金調達ができるの?

・継続的利用をしたいけど利用可能?

・2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは?

・融資とファクタリングは違いは?

・設立間もない会社だけど利用できるの?

・手数料の高いファクタリングを利用しているけど、乗換は可能なの?

・どのような契約内容になるの?

・高い手数料のファクタリング依存から抜け出たいけど、どうすればいいの?

などなど・・・

この面談では様々なご相談をオープンにいただいています。

実際ご案内後、利用される方もいらっしゃいますし、

自社には向かない資金調達だと理解されてご利用されないケースもあります。 

今後ともこのようなご案内やご質問のための面談を、

できるだけ行っていきたいと思っています。

 

面談は希望するけど、東京にはそうそう簡単に行けないと思われる場合は、

電話によるご案内も可能です。

ただ、電話もちゃんとしたご案内をしたいので、

時間の予約をしていただくようにしています。

ご希望の際はメールで電話相談の予約をお願いいたします。

面談のご予約も合わせて、

メール:bhycom@gmail.com あるいはnakayama@zaimu-kaikei.or.jp までご連絡ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-20 00:58:43

ヤミ金でお金を借りた時のもう一つのリスク 悪質業者の検索

テーマ:ブログ
2月20日
ヤミ金でもうまく利用すれば大丈夫!
助かった!!
ちゃんと返せば問題ない!!!
と思われていらっしゃる方もいらっしゃると思います。。
でも、ヤミ金の利用は、高い調達コスト、不法な回収だけでなく、
次の資金調達、要は将来起こり得る資金調達が非常に難しくなる弊害があります。
不動産担保がモノを言う不動産融資でさえ借換が難しくなる事例は、
 
私も90年代のバブル崩壊時に数百億円の負債を抱えて破裂した時、
今から思うと良かったと思うのは、
係争した銀行以外の債務がゼロだったことです。
だから身の危険もなく、大変は大変でしたが、
今から思えば、現在の普通の生活に結果としてつながったのだと思います。
なぜなら、その頃の自分は、
バブルが崩壊して投資した不動産がすべて損失の発生原因となって、
はっきり言って、不動産市況の回復が待てない限られた時間では、
10億円調達できたとしても、
正常化は難しかったと思います。
だから、もしヤミ金からお金を借りていたら、
それがたとえ1億円2億円でも、
その場しのぎの後ろ向きの資金調達でしかなく、
経営の正常化は難しいから、
債務をさらに膨らませることにつながったと思います。
要は赤字補てんを高利の融資で調達したら、
結果としてさらに大変になる典型的な状況であったと思います。
ヤミ金で1億円も2億円も借りて、
返せなくなったら、
物騒な話ですが、
どのようなことになったのか・・・・・
言わずもがなです。
 
だから、このような経験があるから、
実はファクタリングサービスをさせていただいている時も、
利用されてはいけないお客様には実行させていただいてはいけないと、
ひょっとしたらお節介かもしれませんが、
NGとさせていただいているのです。
 
はっきり言って、この間逮捕されたような、
ファクタリングとは名ばかりで実態はヤミ金のようなところは、
業者が一番悪いけど、利用された方にも問題があります。
簡単言うと、他人のことだから言えるのかもしれませんが、
要はヤミ金も利用する人がいなければ成り立ちません。
確かに、本当に業績が上向いていて、
そのヤミ金から調達した増加運転資金で、
事故がなければビジネスが成就して良かったと言うことになるかもしれません。
でも、何らかの理由で売掛先からの入金が遅れた時は、
多くの場合、かなり厄介なことになります。
そして何よりも、ヤミ金でも反社認定されたところと取引があると、
マジで将来的な資金調達は本当に難しくなります。
 
実際、ファクタリングングのご利用客を見ていて思うのは、
売上が伸びたことで資金繰りが一時詰まった方の場合、
要は前向きな資金調達でお困りの方の場合、
やはり冷静で、私どもをご利用される時も、
非常に冷静かつ慎重です。
条件面や契約内容に対してもすごく配慮されているのが分かります。
でも、赤字補てんにつながる、
どちらかと言うと債務者に追い詰められているような状態のお客様の場合は、
何はともあれ、いつまでにいくら調達しなければならないと、
増加運転資金の調達のお客様と比較すると、
条件面や契約内容よりも、
とにかく調達することが最優先で、
冷静さを失われている方が多いようにお見受けします。
 
中には、どうしてこんなところを利用されたのかと質問すると、
FAXや電話営業で知ったと、
簡単に利用され、大変な目に遭ったお客様もいらっしゃいますが、
失礼ながら脇が甘すぎます。
ヤミ金の利用は、将来の資金調達の重大な阻害要因になると同時に、
万一返済が遅れるようなことが起きたり、
返済できなくなった時、一生を失うようなことも、
オーバーではなくあり得ます。
超リアルタイムな情報ではないかもしれませんが、
悪質な業者の検索サイトもありますので、
ヤバいところかもしれないと感じられたら、
連絡する前に、チェックされてみられるくらいの慎重さが大切です。
余計なおせっかいかもしれませんが、
ヤミ金利用は絶対にされないようにと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>